佐藤 和道

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 21:19
 
アバター
研究者氏名
佐藤 和道
 
サトウ カズミチ
所属
早稲田大学
部署
坪内博士記念演劇博物館
職名
招聘研究員
学位
博士(文学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
早稲田大学演劇博物館 招聘研究員
 
2006年4月
 - 
2009年3月
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
早稲田大学大学院 文学研究科 日本語・日本文学(博士後期課程)
 
2005年4月
 - 
2003年3月
早稲田大学大学院 教育学研究科 国語教育(修士課程)
 
1999年4月
 - 
2003年3月
早稲田大学 第一文学部 英文学
 

Misc

 
〈小袖曽我〉考―曽我兄弟の舞と母親の視点―
佐藤 和道
観世   86(3) 27-34   2019年3月   [依頼有り]
紫明の芸術書紹介『世阿弥の言葉一〇〇選』
佐藤 和道
紫明   (35) 98-98   2014年8月   [依頼有り]
紫明の芸術書紹介『平成関西能楽情報』
佐藤 和道
紫明   34 87-87   2014年3月   [依頼有り]
書評 松岡心平著『能大和の世界』
佐藤 和道
能と狂言   10 127-130   2012年4月
『能囃子番組之留』に見る豊橋の能
佐藤 和道
東海能楽研究会年報   16 5-7   2012年3月
川崎千虎と明治初期の能
佐藤和道
東海能楽研究会年報   15 1-3   2011年3月
初代万蔵の初舞台―享保期加賀藩の能―
佐藤和道
東海能楽研究会年報   14 6-7   2010年3月
世阿弥発見―吉田東伍と『世阿弥十六部集』
佐藤和道
観世   76(5) 26-33   2009年5月
曽我伝承に基づく能--『曽我物語』との関係を中心に (軍記・語り物研究会例会・大会発表要旨)
佐藤和道
軍記と語り物   45 119-123   2009年3月

委員歴

 
2013年4月
 - 
2018年3月
名古屋市芸術祭  伝統芸能部門審査委員
 

論文

 
近代における海外日本人居留民と能楽
佐藤 和道
能と狂言   16 70-89   2018年6月   [招待有り]
アクティブラーニング型学習で古典芸能を学ぶ
佐藤 和道
つれづれ   (33) 10-13   2018年5月
元禄・享保期の田原藩の能楽
佐藤 和道
東海能楽研究会年報   (22) 6-8   2018年3月
戦時下の能楽―『忠霊』『皇軍艦』を中心に―
佐藤 和道
演劇学論集   65 1-17   2017年11月   [査読有り]
メディアと能楽―レコード・ラジオ・トーキー
佐藤 和道
能楽研究叢書6 近代日本と能楽   133-161   2017年3月   [招待有り]
編集 宮本圭造
発行 法政大学能楽研究所 共同利用・共同研究拠点「能楽の国際・学際的研究拠点」
国語教科書と能楽(続)
佐藤 和道
能楽研究   (41) 55-90   2017年3月
鴻山文庫蔵『能囃子出勤覚』人物考察
佐藤 和道
東海能楽研究会年報   (21) 6-9   2017年3月
国語教科書と能楽
佐藤 和道
能と狂言   (14) 78-92   2016年9月   [招待有り]
鴻山文庫蔵『乱舞帳』人物考察
佐藤 和道
東海能楽研究会年報第20号   (20) 11-13   2016年3月
資料紹介 鴻山文庫蔵『乱舞帳』『能囃子出勤覚』
佐藤 和道
東海能楽研究会二十周年記念論集   101-123   2015年12月

書籍等出版物

 
高校生の音楽2 研究資料編
佐藤 和道 (担当:分担執筆, 範囲:能『敦盛』)
教育芸術社   2018年4月   
能・狂言を学ぶ人のために
佐藤 和道 (担当:分担執筆, 範囲:付録3.伝書解題p.270-p.278)
世界思想社   2012年3月   
演劇博物館80周年記念 名品 図録
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館   2008年10月   
世阿弥発見100年―吉田東伍と能楽研究の歩み―(図録)
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館   2009年3月   

講演・口頭発表等

 
名古屋能楽堂正月特別講演事前学習講座〈翁・三輪〉
佐藤 和道
名古屋能楽堂正月特別講演事前学習講座   2018年12月15日   
能楽の「大衆化」―梅若流の活動を中心に
佐藤 和道
日本演劇学会全国大会   2018年7月1日   
田原藩の能楽
佐藤 和道
能楽学会第17回大会   2018年5月20日   
近代中国における能楽享受-上海・北京・天津・青島- [招待有り]
佐藤 和道
第30回 能楽フォーラム 〔能楽学会関西例会〕 近代の演能空間② -いま考える「外地演能」-   2018年3月21日   
名古屋能楽堂3月定例公演 事前学習講座〈巻絹〉 [招待有り]
佐藤 和道
平成29年度 名古屋能楽堂3月定例公演 事前学習講座   2018年2月17日   
田原藩の能楽
佐藤 和道
東海能楽研究会10月例会   2017年10月29日   
近代における海外日本人居留民と能楽
佐藤 和道
能楽学会第16回大会   2017年6月4日   
名古屋能楽堂正月特別講演事前学習講座〈翁・楊貴妃〉 [招待有り]
佐藤 和道
名古屋能楽堂事前解説講座   2016年12月17日   
戦時下の能楽―〈忠霊〉〈皇軍艦〉を中心に
佐藤 和道
日本演劇学会全国大会   2016年7月2日   
学校教育における能楽の問題分析と提言
佐藤 和道
能楽学会東京2月例会   2016年2月29日   

Works

 
美術館・歴史博物館活動基盤整備支援事業「日本の伝統文化にふれよう」冊子執筆(狂言:p.6-p.7)
2009年
『平家物語大事典』(大津 雄一, 日下 力, 佐伯 真一, 櫻井 陽子 編・東京書籍・2010/11/17)項目執筆(大仏供養・忠度・太刀掘・経政・経盛・知章・二度掛・鵺・藤戸)
2010年

競争的資金等の研究課題

 
学校教育における能楽の分析と刷新―伝統文化教育のモデルケース確立をめざして
法政大学能楽研究所共同利用・共同研究拠点 能楽の国際的・学際的研究拠点: 
研究期間: 2015年6月 - 2016年3月    代表者: 佐藤 和道
戦時下における能楽の実態解明―大衆化の進展と植民地における享受(研究課題番号:26901001)
(独)日本学術振興会: 科学研究費補助金:奨励研究・哲学・芸術学
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 佐藤 和道
近代の能楽享受に与えたレコード・ラジオの影響に関する研究(研究研究課題番号:24901003)
科学研究費補助金: 奨励研究・哲学・芸術学
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 佐藤 和道
近世・近代における能楽囃子の変遷-大鼓葛野流・小鼓幸流を中心に(研究課題番号:20720065)
科学研究費補助金: 若手研究(B)・日本文学
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 佐藤 和道