SUGIMOTO Kazushi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 18, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
SUGIMOTO Kazushi
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Law, Department of Law
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
助手, 法学学術院(法学部), 早稲田大学
 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
専任講師, 法学部法律学科, 国士舘大学
 
Apr 2010
 - 
Mar 2014
准教授, 法経学部法学科, 千葉大学
 
Apr 2014
 - 
Mar 2017
准教授, 大学院専門法務研究科(法経学部・法政経学部兼務), 千葉大学
 
Apr 2017
 - 
Sep 2017
准教授, 大学院社会科学研究院, 千葉大学
 
Oct 2017
   
 
教授, Faculty of Law, Department of Law, Hosei University
 

Education

 
Apr 1997
 - 
Mar 2002
法学部, 早稲田大学
 
Apr 2002
 - 
Mar 2004
法学研究科, 早稲田大学
 
Apr 2004
 - 
Mar 2007
法学研究科, 早稲田大学
 

Awards & Honors

 
Jun 2017
「破産管財人による所有権留保付動産の換価―前提となる法的問題の検討」・「フランスにおける物的担保法制と倒産法制の関係」, 平成28年 第10回 トリプルアイ・高木賞(倒産・再生法制研究奨励金)一般個人部門高木賞特別賞, 倒産・再生法制研究奨励金運営委員会
 
Jun 2008
「破産における『現存額主義』と一部弁済処遇の関係に関する覚書(1)~(6・完)」, 平成19年度 第1回 トリプルアイ・高木賞(倒産・再生法制研究奨励金懸賞論文)一般個人部門高木賞, 倒産・再生法制研究奨励金運営委員会
 

Published Papers

 
再生計画案の内容―再生債権の弁済期間および弁済率に関する計量分析
杉本 和士
NBL   (1003) 54-65   Jun 2013
民事再生法判例の概観
杉本 和士
中島弘雅=多比羅誠=須藤英章編『民事再生法判例の分析と展開』(金融・商事判例増刊1361号)   (1361) 18-25   Mar 2011
危機企業のガバナンス問題
岩村充=長野聡=杉本和士
季刊・企業と法創造   7(1(通巻23号)) 55-63   Apr 2010
産業再生機構の果たした役割
岩村 充=杉本 和士=長野 聡
季刊・企業と法創造   7(1(通巻23号)) 15-23   Apr 2010
戦後企業倒産処理法制の変遷
杉本 和士
季刊・企業と法創造   7(1(通巻23号)) 24-34   Apr 2010
不動産譲渡担保における差押えと第三者異議の訴えに関する一考察―最二判平成18・10・20本誌1256号24頁を契機に―
杉本 和士
金融・商事判例   (1287) 2   Mar 2008
Law of Civil Procedure and Bankruptcy
KATO Tetsuo, SUGIMOTO Kazushi
Waseda bulletin of comparative law   (25)    Mar 2007
民事手続法および倒産法に関する日本法紹介(英文機関紙)
KATO Tetsuo, SUGIMOTO Kazushi
Waseda bulletin of comparative law   (25)    Mar 2007   [Refereed][Invited]
破産における「現存額主義」と一部弁済処遇の関係に関する覚書(6・完)
杉本 和士
早稲田大学大学院法研論集   (119) 107-133   Sep 2006
破産における「現存額主義」と一部弁済処遇の関係に関する覚書(5)
杉本 和士
早稲田大学大学院法研論集   (117) 141-166   Mar 2006
Law of Civil Procedure and Bankruptcy
KATO Tetsuo, SUGIMOTO Kazushi
Waseda bulletin of comparative law   (24)    Mar 2006
民事手続法および倒産法に関する日本法紹介(英文機関誌)
KATO Tetsuo, SUGIMOTO Kazushi
Waseda bulletin of comparative law   (24)    Mar 2006   [Refereed][Invited]
破産における「現存額主義」と一部弁済処遇の関係に関する覚書(4)
杉本 和士
早稲田大学大学院法研論集   (116) 127-153   Dec 2005
破産における「現存額主義」と一部弁済処遇の関係に関する覚書(3)
杉本 和士
早稲田大学大学院法研論集   (115) 111-134   Sep 2005
破産における「現存額主義」と一部弁済処遇の関係に関する覚書(2)
杉本 和士
早稲田大学大学院法研論集   (113) 75-97   Mar 2005
Law of Civil Procedure and Bankruptcy
KATO Tetsuo, SUGIMOTO Kazushi
Waseda bulletin of comparative law   (23)    Jan 2005
民事手続法および倒産法に関する日本法紹介(英文機関紙)
KATO Tetsuo, SUGIMOTO Kazushi
Waseda bulletin of comparative law   (23)    Jan 2005   [Refereed][Invited]
破産における「現存額主義」と一部弁済処遇の関係に関する覚書(1)
杉本 和士
早稲田大学大学院法研論集   (112) 71-93   Dec 2004

Misc

 
【判例評釈】A4,5,7,20,22
杉本 和士
高橋宏志ほか編『民事訴訟法判例百選[第5版]』(別冊ジュリ226号・有斐閣)      Nov 2015   [Refereed][Invited]
【立法紹介】企業倒産法制の改革―企業の経営難予防及び倒産手続の改正に関する2014年3月12日のオルドナンス第326号及びその適用に関する2014年6月30日のデクレ第736号
杉本 和士
日仏法学   (28) 225-231   Jul 2015   [Invited]
【判例評釈】信託契約の解約により再生債務者が取得した解約金支払債権を受働債権とする相殺の可否(最高裁平成26年6月5日第一小法廷判決民集68巻5号462頁)
杉本 和士
法学教室(判例セレクト2014〔Ⅱ〕)   (414) 35-35   Mar 2015   [Invited]
【判例評釈】「〔最高裁民訴事例研究 四四一〕権利能力のない社団を債務者とする金銭債権を有する債権者が、当該社団の構成員全員に総有的に帰属し、当該社団のために第三者がその登記名義人とされている不動産に対して仮差押えをする場合における申立ての方法(最高裁平成二二年(許)第四三号、平成二三年二月九日第二小法廷決定、破棄自判)
杉本 和士
法学研究(慶應義塾大学)   87(9) 203-221   Sep 2014   [Refereed][Invited]
東京三弁護士会(倒産法部)合同シンポジウム「『倒産と担保』―現代的課題の解決・倒産法改正を見据えて―第2部 パネルディスカッション―担保抹消制度・中止(禁止)制度を巡る諸問題」
髙井章光=富永浩明=永井和明=杉本和士
NBL   (1029) 103-1026   Jul 2014   [Invited]
【判例評釈】強制執行停止のため担保として金銭を供託した債務者の更生手続と権利の処遇(最高裁平成25年4月26日第二小法廷決定民集67巻4号1150頁)
杉本 和士
平成25年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊1466号)   148-149   Apr 2014   [Invited]
【判例評釈】「〔最高裁民訴事例研究 四三六〕平二二5(民集六四巻四号一一〇七頁) 自動車の売買代金の立替払をした者が、販売会社に留保されていた自動車の所有権の移転を受けたが、購入者に係る再生手続が開始した時点で自動車につき所有者としての登録を受けていないときに、留保した所有権を別除権として行使することの可否 自動車引渡請求事件(最高裁平成二二年六月四日第二小法廷判決)」
杉本 和士
法学研究(慶應義塾大学)   86(10) 90-112   Oct 2013   [Refereed][Invited]
【対談】アメリカ法からみる担保権の実行制度の意義
青木 則幸=杉本 和士
早稲田法学   88(3) 225-236   Aug 2013   [Invited]
【判例評釈】「A11 小規模個人再生手続開始後の詐害行為取消権(東京高判平成22年12月22日)」
杉本 和士
伊藤眞=松下淳一編『倒産判例百選[第5版]』(別冊ジュリスト216号)   (216) 215   Jul 2013   [Invited]
【判例評釈】「72 民事再生手続中の詐害行為取消権行使の可否(東京地裁平成19年3月26日判決)」
杉本 和士
伊藤眞=松下淳一編『倒産判例百選[第5版]』(別冊ジュリスト216号)   (216) 146-147   Jul 2013   [Invited]
【判例評釈】「16 株主総会決議不存在確認訴訟が提起された株式会社の破産と訴えの利益(最高裁平成21年4月17日第二小法廷判決)」
杉本 和士
伊藤眞=松下淳一編『倒産判例百選[第5版]』(別冊ジュリスト216号)   (216) 34-35   Jul 2013   [Invited]
【判例評釈】連棟式一棟建物の区分所有住戸部分の収去土地明渡しの強制執行の対象部分には隣接住戸部分の区分所有権者が共有持分権を有する共有部分である梁,支柱等が含まれており,右隣接住戸部分の区分所有権者は強制執行の目的物について譲渡又は引渡しを妨げる権利を有する第三者に当たるとして,右隣接住戸部分の区分所有権者の第三者異議の訴えが認容された事例(大阪高判23・3・30)
杉本 和士
判例時報(判例評論)   (2154号(No.643)) 156(10)-164(18)   Aug 2012   [Invited]
【判例評釈】再生債権を自働債権とする相殺の民事再生法上の相殺禁止該当性(否定)(東京地判平成21・11・10)(※WEB掲載2011年7月19日(文献番号 z18817009-00-150080668))
杉本 和士
速報判例解説 Vol. 10 新・判例解説Watch(法学セミナー増刊)   10    Mar 2012   [Invited]
【判例評釈】届出のない再生債権である過払利息返還請求権と再生計画の定めによる権利変更(最判平成23・3・1)
杉本 和士
法学教室(判例セレクト2011〔Ⅱ〕)   (378) 35-35   Mar 2012   [Invited]
【判例評釈】「68 不動産引渡命令に基づく代替執行の可否(名古屋高裁平成13年2月28日決定)」
杉本 和士
上原敏夫=長谷部由起子=山本和彦編『民事執行・保全判例百選[第2版]』(別冊ジュリスト208号)   (208)    Mar 2012   [Invited]
【判例評釈】代位弁済者が原債権を財団債権・共益債権として破産手続・再生手続外で行使することの可否(最判平成23・11・22,最判平成23・11・24)
杉本 和士
金融・商事判例   (1387) 2-7   Mar 2012
【紹介】Loïc CADIET et Guy CANIVET (dir.), 1806 – 1976 – 2006 De la commémoration d’un code à l’autre: 200 ans de procédure civile en France, Litec, 2006.
杉本 和士
民事訴訟雑誌   (57) 205-214   Mar 2011   [Invited]
【判例評釈】代位弁済者が原債権を共益債権として再生手続外で行使することの可否(大阪高判平成22・5・21)
杉本 和士
中島弘雅=多比羅誠=須藤英章編『民事再生法判例の分析と展開』(金融・商事判例増刊1361号)   (1361) 54   Mar 2011   [Invited]
「時効法改正のための諸提案をめぐる座談会 下」
時効研究会(代表・金山直樹)
法律時報   (1021) 100-107   May 2010
「時効法改正のための諸提案をめぐる座談会 上」
時効研究会(代表・金山直樹)
法律時報   (1020) 90-98   Apr 2010
【判例評釈】販売用不動産に対する担保権消滅の可否(東京高裁平成21年7月7日決定)
杉本 和士
平成21年度重要判例解説(ジュリスト1398号)   (1398) 159-160   Apr 2010   [Invited]
【判例評釈】金融機関と顧客との取引履歴が記載された明細表の文書提出義務(平成19・12・11最高裁第三小法廷決定)
杉本 和士
潮見佳男ほか編『金融・消費者取引判例の分析と展開』(金融・商事判例増刊1336号)   (1336) 20-25   Mar 2010   [Invited]
【判例評釈】集合債権譲渡担保対象債権の一部に対する民事再生法31条所定の担保権実行手続中止命令の類推適用の可否および「不当な損害」の判断―大阪高決平成21・6・3本誌1321号30頁―
杉本 和士
金融・商事判例   (1330) 2-10   Dec 2009   [Invited]
【時効研究会座談会】2008年度私法学会シンポジウム「消滅時効法の改正に向けて」を振り返って
金山直樹ほか
NBL   (912) 64-75   Sep 2009
【判例評釈】検察庁が保管する不起訴記録中の文書を対象とする文書提出命令の申立てを却下した原決定が是認された事例(平成12・12・21最高裁第一小法廷決定)
杉本 和士
西口元=春日偉知郎編『文書提出等をめぐる判例の分析と展開』(金融・商事判例増刊1311号)   (1311) 104   Mar 2009   [Invited]
【判例評釈】司法警察員作成の送致書,書類目録および関係書類追送書が民訴法220条3号後段所定のいわゆる法律関係文書に該当しないとされた事例(平成13・7・13最高裁第二小法廷決定)
杉本 和士
西口元=春日偉知郎編『文書提出等をめぐる判例の分析と展開』(金融・商事判例増刊1311号)   (1311) 106   Mar 2009   [Invited]
【判例評釈】連帯保証人の破産手続において,根抵当権が複数口の債権を担保し,そのうちの一部の債権についてのみ抵当不動産である主債務者所有建物並びに主債務者および物上保証人共有土地の任意売却によって全額弁済された場合の現存額主義の適用範囲―大阪高判平成20・5・30本誌1298号28頁―
杉本 和士
金融・商事判例   (1305) 21-31   Dec 2008
【判例評釈】譲渡担保権者の債権者が被担保債権の弁済期後に目的不動産を差し押さえた場合において設定者が第三者異議の訴えにより強制執行の不許を求めることの可否(平成18・10・20最高裁第二小法廷判決)
杉本 和士
近江幸治=西口元編『譲渡担保判例の分析と展開』(金融・商事判例増刊1286号)   (1286) 60   Mar 2008   [Invited]
【判例評釈】譲渡担保に供された原因債権の支払いのために振り出された手形の取立てにより譲渡担保権者が取得した不当利得返還請求権が民事再生法119条6号所定の共益債権に当たるとされた事例(平成14・8・26東京地裁民事第40部判決)
杉本 和士
近江幸治=西口元編『譲渡担保法判例の分析と展開』(金融・商事判例増刊1286号)   (1286) 178   Mar 2008   [Invited]
【判例評釈】反訴請求債権を自働債権とし本訴請求債権を受働債権とする相殺の抗弁の許否(最判平成18.4.14)
杉本 和士
早稲田法学   83(2) 143-161   Jan 2008
【判例評釈】共同相続人間における相続人の地位不存在確認の訴えと固有必要的共同訴訟(最判平成16.7.6)
杉本 和士
早稲田法学   82(2) 161-174   Mar 2007
フランス海外事情視察
山野目章夫=白石智則=杉本和士
法科大学院要件事実教育研究所報   (3) 99-130   Apr 2006   [Invited]

Books etc

 
岡伸浩ほか編著『破産管財人の財産換価』
杉本 和士 (Part:Joint Work, 「破産管財人による所有権留保付動産の換価―前提となる法的問題の検討」)
商事法務   Nov 2015   ISBN:978-4-7857-2361-3
池田真朗=中島弘雅=森田修編『動産債権担保―比較法のマトリクス』
杉本 和士 (Part:Joint Work, 「フランス物的担保法制・倒産法制の概観」(大澤慎太郎=白石大=杉本和士=原恵美の共著),「フランスにおける物的担保法制と倒産法制の関係」)
商事法務   Aug 2015   ISBN:978-4-7857-2323-1
La preuve (Journées Pays-Bas/Belgique Travaux de l'association Henri Capitant)
SUGIMOTO Kazushi (Part:Joint Work, Rapport japonais par Naoki KANAYAMA et Kazushi SUGIMOTO)
Éditeurs BRUYLANT et LB2V   Apr 2015   ISBN:978-2-8027-5012-3
中島弘雅=岡伸浩編『民事訴訟法判例インデックス』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「159一部請求と既判力」,「160一部請求と訴訟上の信義則」,「161一部請求と既判力―明示があるとされた事例」)
商事法務   Jan 2015   ISBN:978-4-7857-2244-9
中央大学真法会編『司法試験論文式問題と解説〔平成26年〕』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「解説 倒産法」273-279頁)
Dec 2014   ISBN:978-4-587-23328-0
松嶋英機=伊藤眞=園尾隆司編『専門訴訟講座⑧倒産・再生訴訟』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「〔第2部・第1章〕『支払不能』・『支払停止』概念の意義と機能」)
民事法研究会   Nov 2014   ISBN:978-4-89628-978-7
「倒産と担保・保証」実務研究会編『倒産と担保・保証』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「非典型担保に対する担保権実行手続中止命令に関する諸問題―集合債権譲渡担保を中心として」171-187頁)
商事法務   May 2014   ISBN:978-4-7857-2182-4
山本和彦ほか編『新基本法コンメンタール民事執行法』
杉本 和士 (Part:Contributor, 民事執行法第104条から第111条までの逐条解説298-310頁)
日本評論社   Apr 2014   ISBN:978-4-535-40260-7
栂善夫先生・遠藤賢治先生古稀祝賀『民事手続における法と実践』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「請負契約における瑕疵修補に代わる損害賠償債権と報酬債権に関する実体法と訴訟法―最二小判平成18年4月14日民集60巻4号1497頁再読―」175-194頁)
成文堂   Mar 2014   ISBN:978-4-7923-2655-5
山本和彦=山本研編・民事再生研究会著『民事再生法の実証的研究』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「第9章 再生計画案の内容」171-186頁)
商事法務   Mar 2014   ISBN:978-4-7857-2174-9
園尾隆司=多比羅誠編『倒産法の判例・実務・改正提言』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「13. 劣後債権」261-285頁)
弘文堂   Jan 2014   ISBN:978-4-335-35578-3
中央大学真法会編『司法試験論文式問題と解説〔平成25年〕』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「解説 倒産法」295-299頁)
Nov 2013   ISBN:978-4-587-23327-3
園尾隆司=小林秀之編『条解民事再生法〔第3版〕』
杉本 和士 (Part:Contributor, 民事再生法84条,85条,86条)
弘文堂   Apr 2013   ISBN:978-4-335-35560-8
飯倉一郎=加藤哲夫編『演習ノート民事執行法・民事保全法〔第4版〕』
櫻井 孝一=杉本 和士 (Part:Contributor, 「4 違法執行に対する救済」・「14 請求異議訴訟・執行文関係訴訟」を執筆)
法学書院   Sep 2012   ISBN:978-4-587-31114-8
フランス法律用語辞典〔第3版〕
Termes juridiques研究会・訳 (Part:Joint Translation)
三省堂   Jun 2012   ISBN:978-4-385-15754-2
加藤哲夫=中島弘雅編『ロースクール演習倒産法』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「〔21〕配当と終結」・「〔26〕再生債務者とその財産,財産評定」)
法学書院   May 2012   ISBN:978-4-587-04065-9
松川正毅ほか編『判例にみるフランス民法の軌跡』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「27 医師の説明義務と証明責任(破毀院第1民事部1997年2月25日判決)」・「28 契約上の義務に関する証拠方法(破毀院民事部1938年2月14日判決)」 )
法律文化社   May 2012   ISBN:978-4-589-03429-8
櫻井孝一編『演習ノート破産法〔第5版〕』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「91 信託と破産」を執筆)
法学書院   Oct 2010   ISBN:978-4-587-31144-5
事業再生研究機構編『民事再生の実務と理論』
杉本 和士 (Part:Contributor, 第2章「24 再生手続における少額債権弁済許可制度に関する試論」を執筆)
商事法務   Jun 2010   ISBN:978-4-7857-1772-8
飯倉一郎=加藤哲夫編『演習ノート民事訴訟法〔第5版〕』
杉本 和士 (Part:Contributor, 「33 訴えの利益」,「87 判決の変更」を執筆))
法学書院   Apr 2010   ISBN:978-4-587-31104-9
金山直樹編『消滅時効法の現状と改正提言』(別冊NBL122号)
杉本 和士 (Part:Contributor, 第1編第7章「時効における実体法と訴訟法」を執筆)
商事法務   Oct 2008   ISBN:978-4-7857-7094-5
山本克己=山本和彦=瀬戸英雄編『新破産法の理論と実務』
上野 泰男=杉本 和士(81),勅使川原 和彦=杉本 和士(114,115) (Part:Contributor, 「81 転得者に対する否認」,「114 多数債務者関係―全部義務者の破産と破産債権」及び「115 多数債務者関係―主債務者の破産と保証人・物上保証人」を執筆)
判例タイムズ社   May 2008   ISBN:978-4-89186-146-9
遠藤賢治ほか編『事件記録に学ぶ税務訴訟』
杉本 和士 (Part:Contributor, 第3編第4章第1~5,第5章,第8章を執筆)
判例タイムズ社   May 2008   ISBN:978-4-89186-145-2
櫻井孝一=加藤哲夫=西口元編『倒産処理法制の理論と実務』
加藤 哲夫=杉本 和士 (Part:Contributor, 「5 各倒産手続の開始要件」を執筆)
経済法令研究会   Aug 2006   ISBN:978-4-7668-0800-1

Conference Activities & Talks

 
破産手続と所有権留保―破産管財人による所有権留保付動産換価の前提問題 [Invited]
杉本 和士
第二東京弁護士会倒産法研究会(代表幹事:上野保弁護士)・月例会講演   15 Oct 2015   
Sûretés réelles et procédures collectives [Invited]
SUGIMOTO Kazushi
Journées franco-japonaises organisées par l’Association Henri Capitant, l’ARIDA et l’IRDA 7 et 8 septembre 2015 (Paris, IRJS, Salle des Professeurs), Le droit des sûretés : regards croisés   7 Sep 2015   
破産手続における「現存額主義」の歴史的系譜とその根拠・機能 [Invited]
杉本 和士
第85回日本民事訴訟法学会大会(於:明治大学)・個別報告   16 May 2015   
「倒産と担保」―現代的課題の解決・倒産法改正を見据えて―第2部 パネルディスカッション―担保抹消制度・中止(禁止)制度を巡る諸問題 [Invited]
髙井章光=富永浩明=永井和明=杉本和士
東京三弁護士会(倒産法部)合同シンポジウム(於:弁護士会館2階クレオABC)   23 Apr 2014   
【対談】アメリカ法からみる担保権の実行制度の意義 [Invited]
青木 則幸=杉本 和士
11 Dec 2012   

Research Grants & Projects

 
倒産手続における独占的担保に関する日仏比較法研究
日本学術振興会: 科学研究費(若手研究(B))16K17019
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): 杉本 和士
倒産手続の担い手-その変遷と展開の理論的分析
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究(B))25285028
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016    Investigator(s): 佐藤鉄男(中央大学)
民事再生手続の実証的研究にかかるフィージビリティ調査
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究(B))22330034
Project Year: Apr 2010 - Mar 2012    Investigator(s): 山本研(早稲田大学)