論文

査読有り
2020年

精度保証理論に基づいた連立一次方程式に対する高信頼な数値解の出力法

日本応用数理学会論文誌
  • 落合 涼太
  • ,
  • 寺尾 剛史
  • ,
  • 尾崎 克久

30
1
開始ページ
71
終了ページ
121
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11540/jsiamt.30.1_71
出版者・発行元
一般社団法人 日本応用数理学会

<p>概要. 連立一次方程式の数値解の精度を保証する手法は多く提案されている.これらの手法ではまず数値解を求め,次に得られた数値解の誤差上限を求める.本論文では,先に誤差上限に対する目標を与え,それを満たす数値解を出力する精度保証理論に基づく手法を提案する.真値に最も近い浮動小数点数,真値以上で最小の浮動小数点数と真値以下で最大の浮動小数点数の一方または両方を得ることを目標とする.</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11540/jsiamt.30.1_71
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007815865

エクスポート
BibTeX RIS