早坂 晴子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/04 16:43
 
アバター
研究者氏名
早坂 晴子
 
ハヤサカ ハルコ
eメール
hhayasakalife.kindai.ac.jp
URL
http://www.life.kindai.ac.jp/~hhayasaka/index.html
所属
近畿大学
部署
理工学部 生命科学科
職名
准教授
学位
博士 (医学)(大阪大学)
その他の所属
理工学総合研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2009年
 - 
2013年
大阪大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
 

論文

 
Takaoka Y, Uchinomiya S, Kobayashi D, Endo M, Hayashi T, Fukuyama Y, Hayasaka H, Miyasaka M, Ueda T, Shimada I, Hamachi I.
Chem   4(6) 1451-1464   2018年6月   [査読有り]
Kobayashi D, Endo M, Ochi H, Hojo H, Miyasaka M, Hayasaka H
Scientific reports   7(1) 8536   2017年8月   [査読有り]
Hata E, Sasaki N, Takeda A, Tohya K, Umemoto E, Akahoshi N, Ishii S, Bando K, Abe T, Kano K, Aoki J, Hayasaka H, Miyasaka M
International immunology   28(6) 283-292   2016年6月   [査読有り]
Takeda A, Kobayashi D, Aoi K, Sasaki N, Sugiura Y, Igarashi H, Tohya K, Inoue A, Hata E, Akahoshi N, Hayasaka H, Kikuta J, Scandella E, Ludewig B, Ishii S, Aoki J, Suematsu M, Ishii M, Takeda K, Jalkanen S, Miyasaka M, Umemoto E
eLife   5 e10561   2016年2月   [査読有り]
Kellermayer Z, Hayasaka H, Kajtár B, Simon D, Robles EF, Martinez-Climent JA, Balogh P
International reviews of immunology   35(6) 489-502   2015年7月   [査読有り]
Hayasaka H, Kobayashi D, Yoshimura H, Nakayama EE, Shioda T, Miyasaka M
PloS one   10(2) e0117454   2015年   [査読有り]
Bai Z, Cai L, Umemoto E, Takeda A, Tohya K, Komai Y, Veeraveedu PT, Hata E, Sugiura Y, Kubo A, Suematsu M, Hayasaka H, Okudaira S, Aoki J, Tanaka T, Albers HM, Ovaa H, Miyasaka M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   190(5) 2036-2048   2013年3月   [査読有り]
Umemoto E, Takeda A, Jin S, Luo Z, Nakahogi N, Hayasaka H, Lee CM, Tanaka T, Miyasaka M
PloS one   8(12) e83681   2013年   [査読有り]
Umemoto E, Otani K, Ikeno T, Verjan Garcia N, Hayasaka H, Bai Z, Jang MH, Tanaka T, Nagasawa T, Ueda K, Miyasaka M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   189(1) 191-199   2012年7月   [査読有り]
[Regulation of immune cell and cancer cell trafficking by multiple chemokines].
Hayasaka H, Okada M, Bai Z, Kuroda Y, Yoshida J, Miyasaka M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   83(10) 930-937   2011年10月   [査読有り]
癌の進展、転移に関与するリンフォイドケモカイン
実験医学 増刊号   29:263-268    2011年
Novel regulators of lymphocyte trafficking across high endothelial venules.
Umemoto E, Hayasaka H, Bai Z, Cai L, Yonekura S, Peng X, Takeda A, Tohya K, Miyasaka M
Critical reviews in immunology   31(2) 147-169   2011年   [査読有り]
CXC chemokine ligand 12 promotes CCR7-dependent naive T cell trafficking to lymph nodes and Peyer's patches.
Bai Z, Hayasaka H, Kobayashi M, Li W, Guo Z, Jang MH, Kondo A, Choi BI, Iwakura Y, Miyasaka M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   182(3) 1287-1295   2009年2月   [査読有り]
リンパ球の動態制御機構
関西実験動物研究会会報   31:25-34    2009年
リンパ球の動態を制御する分子機構
リンパ学   32:44-48    2009年
Sayers RL, Sundberg-Smith LJ, Rojas M, Hayasaka H, Parsons JT, Mack CP, Taylor JM
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   28(12) 2115-2122   2008年12月   [査読有り]
Nakasaki T, Tanaka T, Okudaira S, Hirosawa M, Umemoto E, Otani K, Jin S, Bai Z, Hayasaka H, Fukui Y, Aozasa K, Fujita N, Tsuruo T, Ozono K, Aoki J, Miyasaka M
The American journal of pathology   173(5) 1566-1576   2008年11月   [査読有り]
がん転移研究の実験手法:癌細胞のリアルタイムケモタキシス観察法
金芳堂      2008年
特集「リンパ組織の構造と免疫細胞の動態制御」 リンパ球の動態制御機構
メディカルバイオ   2008年9月号 p. 48-53    2008年
Hayasaka H, Martin KH, Hershey ED, Parsons JT
Journal of cellular biochemistry   102(4) 947-954   2007年11月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
SASAKI Naoko, HATA Erina, UMEMOTO Eiji, HAYASAKA Haruko, MIYASAKA Masayuki
日本免疫学会総会・学術集会記録   2014年11月18日   
HATA Erina, SASAKI Naoko, TAKEDA Akira, UMEMOTO Eiji, HAYASAKA Haruko, MIYASAKA Masayuki
日本免疫学会総会・学術集会記録   2014年11月18日   
HATA Erina, SASAKI Naoko, TAKEDA Akira, UMEMOTO Eiji, HAYASAKA Haruko, MIYASAKA Masayuki
日本免疫学会総会・学術集会記録   2013年11月18日   
HAYASAKA Haruko, KOBAYASHI Daichi, MIYASAKA Masayuki
日本免疫学会総会・学術集会記録   2013年11月18日   
HATA Erina, UMEMOTO Eiji, HAYASAKA Haruko, MIYASAKA Masayuki
日本免疫学会総会・学術集会記録   2012年11月12日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 早坂 晴子
免疫応答の効率的な誘導には、免疫応答の「場」となる二次リンパ組織に免疫細胞を適切に動員することが重要である。ナイーブリンパ球は高内皮細静脈 (High endothelial venules: HEV) と呼ばれる特殊な血管から二次リンパ組織に入るが、これまでHEV形成の分子メカニズムは不明であった。私はHEV形成期におけるHEV内皮細胞分離技術の開発を行い、初めて胎生期HEV内皮細胞の遺伝子発現解析に成功し、選択的に発現する複数の転写因子を同定した。本年度は、HEV形成におけるこの転写因...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2014年    代表者: 嶋田 一夫
本総括班は、新学術領域研究「過渡的複合体」を円滑に進めるために、方針を策定し、企画調整を行った。具体的には、定期的に総括班会議を開催し、1年に一度全体班会議を開催した。総括班が中心となって領域内の共同研究を推進し、また試薬の共同購入を行い効率的な研究費の執行に努めた。領域の成果を社会に発信するため、領域主催のシンポジウムの開催、規模の大きな学会におけるワークショップの開催を行った。若手育成の目的で、チュートリアルコース開催の支援を行った。定期的にニュースレターを発行し、年度末には成果報告書...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 早坂 晴子
癌の進展、転移には、癌細胞自身の特性に加えて癌細胞をとりまく微小環境が重要である。最近、癌細胞自身あるいは転移先組織に発現する接着分子やケモカインが癌細胞の遠隔転移に関与する可能性が示唆されている。接着分子CD44は特定の癌細胞に発現し、ヒアルロン酸に結合することで癌転移に関与する可能性がある。一方ケモカインは間質細胞、血管内皮細胞、神経細胞など種々の細胞から産生され、特定のケモカインが特定の受容体に結合することで細胞応答性が調節される。本研究により、リガンドで誘導されるCD44の一過的構...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 早坂 晴子
リンパ節に存在する内皮細胞は主にリンパ管系内皮細胞、血管内皮細胞に大別され、血管内皮細胞はさらに形態的特徴や機能から HEV (高内皮細静脈)内皮細胞、非 HEV 内皮細胞に分類することができる。HEV 内皮細胞は、特異的な接着分子やケモカインを発現しリンパ球のホーミングを媒介するという点で、免疫系において重要な機能をもつ細胞である。 HEV 内皮細胞のホーミングにおける機能的解析は多数行われている一方、 HEV 内皮細胞がどこから発生し、機能的な細胞に分化するのかという点については未だ不...