鮫島 玲子

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 02:47
 
アバター
研究者氏名
鮫島 玲子
 
サメシマ レイコ
通称等の別名
齋藤
eメール
sameshima.reikoshizuoka.ac.jp
所属
静岡大学
部署
農学部 - 生物資源科学科
職名
准教授
学位
博士(農学)(東北大学)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2003年
 日本学術振興会 特別研究員(PD)
 

学歴

 
 
 - 
1998年
九州大学 農学研究科 農芸化学専攻
 
 
 - 
2001年
東北大学 農学研究科 農学専攻
 
 
 - 
1996年
九州大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
2020年12月
日本微生物生態学会第19期評議員
 
2018年4月
 - 
2020年3月
日本土壌肥料学会中部支部  会計幹事
 
2016年11月
 - 
2018年11月
日本土壌肥料学会  代議員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本土壌肥料学会中部支部  支部幹事(事務局)
 
2015年1月
 - 
2016年12月
日本微生物生態学会第16期評議員
 

受賞

 
2004年11月
優秀発表賞 (ポスター賞) (課題名:15N-N2O投与よるダイズ根粒菌のN2O吸収・N2発生機構の解明)
 

論文

 
Thermogravimetric evaluation of chitin degradation in soil: implication for the enhancement of ammonification of native organic nitrogen by chitin addition
[責任著者]Akihiro Saito [共著者]Yuta Kumeta,Kaori Inami,Kozue Ishimaru,Yasushi Yammazaki,Reiko Sameshima-Saito
Soil Science and Plant Nutrition   (vol)((num)) (xxx)-(zzz)   2018年3月   [査読有り]
Effect of Flooding and the nosZ Gene in Bradyrhizobia on Bradyrhizobial Community Structure in the Soil
[責任著者]Yuichi Saeki [共著者]Misato Nakamura,Maria Luisa T. Mason,Tsubasa Yano,Sokichi Shiro,Reiko Sameshima-Saito
Microbes and Environments   32(2) 154-163   2017年6月   [査読有り]
Genetic diversity of indigenous soybean-nodulating Bradyrhizobium elkanii from southern Japan and Nueva Ecija, Philippines
[責任著者]Yuichi Saeki [共著者]Maria Luisa Tabing Mason,Shota Matsuura,Apolinario Laxamanana Domingo,Sokichi Shiro,Reiko sameshima-Saito
Plant and Soil   417((num)) 349-362   2017年4月   [査読有り]
Temperature-Dependent Expression of NodC and Community Structure of Soybean-Nodulating Bradyrhizobia
[責任著者]Yuichi Saeki [共著者]Sokichi Shiro,Chika Kuranaga,Akihiro Yamamoto,Reiko Sameshima-Saito
Microbes and Environments   31(1) 27-32   2016年3月   [査読有り]
Chitosan degradation and associated changes in bacterial community structures in two contrasting soils
[責任著者]Akihiro Saito [共著者]Reiko Sameshima-Saito,Ami Sawaguchi,Shota Ono,Masaru Oomura,Kaori Inami
Soil Science and Plant Nutrition   (vol)((num)) (xxx)-(zzz)   2015年6月   [査読有り]

Misc

 
最近の脱窒糸状菌研究の動向と今後の展望
鮫島(齋藤) 玲子
土と微生物   (vol)68((num)1) (xxx) 15-(zzz)20   2014年4月
部門別進歩総説特集 第3部門 土壌生物 その2 群集構造,畑地,窒素代謝(総説)
   2008年12月
Symbiotic Bradyrhizobium japonicum reduces N2O surrounding soybean root system via nitrous oxide reductase
[責任著者]Sameshima-Saito [共著者]R.,Chiba,K.,Hirayama,J.,Itakura,M.,Mitsui,H.,Eda,S.,K. Minamisawa
APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   72(4) 2526-2532   2006年4月
Correlation of Denitrifying capability with the existence of nap, nir, nor and nos genes in diverse strains of soybean bradyrhizobia
[責任著者]Reiko Sameshima-Saito [共著者]Kaori Chiba,,Kiwamu Minamisawa
Microbes Environ   21(3) 174-184   2006年3月
New method of denitrification analysis of Bradyrhizobium field isolates by gas chromatographic determination of 15N-N2
[責任著者]Sameshima-Saito [共著者]R.,Chiba,K.,,Minamisawa,K
APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   70(5) 2886-2891   2004年5月

書籍等出版物

 
土壌微生物学
豊田剛己(編集者) (担当:分担執筆, 範囲:窒素循環を担う微生物 5.1 窒素無機化,5.3 脱窒)
朝倉書店   2018年8月   
食と微生物の事典
鮫島 玲子 (担当:共著)
朝倉書店   2017年7月   
通信の時代と現在の間
鮫島玲子 (担当:共著)
博友社   2010年5月   

講演・口頭発表等

 
静岡の水田より単離したダイズ根粒菌脱窒能欠損株のゲノム解析
篠原一輝、山田裕太、森内良太、鮫島玲子
日本土壌肥料学会中部支部第98回例会   2018年11月   
茶草場農法が土壌微生物群集と窒素循環に及ぼす影響
鮫島玲子 園田咲
日本微生物生態学会第32回大会   2018年7月   
静岡の水田より単離したダイズ根粒菌Bradyrhizobium diazoefficiens脱窒能欠損株に関する研究
鮫島 玲子,山田祐大,篠原一輝,城惣吉,佐伯雄一
環境微生物系学会合同大会2017   2017年8月   
過剰施肥茶園土壌で高頻度に単離されるPhialosimplex属及びPenicillium属高脱窒活性糸状菌に関する研究
篠原一輝,園田咲,浅井辰夫,高橋冬実,鮫島 玲子
環境微生物系学会合同大会2017   2017年8月   
茶園土壌に添加したササ・ススキの分解に伴う土壌理化学性と微生物群集構造の変化
鮫島 玲子,園田咲,浅井辰夫,高橋冬実,小杉徹
日本微生物生態学会第31回横須賀大会   2016年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
世界農業遺産「茶草場農法」の土壌肥料学的評価
静岡大学男女共同参画推進室: 
研究期間: 2013年12月 - 2016年3月
糸状菌生態研究の基盤構築と糸状菌の硝化・脱窒能の解明による窒素循環系の新提案
基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月   
糸状菌生態研究の基盤構築と糸状菌の硝化・脱窒能の解明による窒素循環系の新提案
基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月   
糸状菌生態研究の基盤構築と糸状菌の硝化・脱窒能の解明による窒素循環系の新提案
基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月   
多孔質体における微生物の三次元配置と活性発現の関係
萌芽研究
研究期間: 2006年4月