本橋 令子

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/30 02:59
 
アバター
研究者氏名
本橋 令子
 
モトハシ レイコ
eメール
armotohipc.shizuoka.ac.jp
URL
http://www.agr.shizuoka.ac.jp/bs/motohashi/index.html
所属
静岡大学
部署
農学部 - 応用生命科学科
職名
教授
学位
博士(農学)(東京大学)
その他の所属
静岡大学静岡大学

研究分野

 
 

論文

 
A Heterocomplex of Iron Superoxide Dismutases Defends Chloroplast Nucleoids against Oxidative Stress and Is Essential for Chloroplast Development in Arabidopsis.
20(11) 3148-3162   2008年11月
The FOX hunting system: an alternative gain-of-function gene hunting technique
45 974-985   2006年1月
An Arabidopsis chloroplast-targeted Hsp101 homologue, APG6, has an essential role in chloroplast development as well as heat-stress response
48 249-260   2006年1月
How to teach “gene", “DNA" and “Genetically modified organisms" ?
58 107-116   2006年1月
A resource of 5814 Dissociation transposon-tagged and sequence-indexed lines of Arabidopsis transposed from start loci on chromosome 5
46(7) 1149-1153   2005年1月

Misc

 
An Arabidopsis chloroplast-targeted Hsp101 homologue, APG6, has an essential role in chloroplast development as well as heat-stress response
PLANT JOURNAL   48 249 –260   2006年
The FOX hunting system: an alternative gain-of-function gene hunting technique
PLANT JOURNAL   45 974 –985   2006年
How to teach “gene”, “DNA” and “Genetically modified organisms” ?
東京学芸大学紀要 自然科学系   58 107-116   2006年
ITO Takuya, MOTOHASHI Reiko, KUROMORI Takashi, NOUTOSHI Yoshiteru, SEKI Motoaki, SEKI Motoaki, KAMIYA Asako, MIZUKADO Saho, SAKURAI Tetsuya, SHINOZAKI Kazuo, SHINOZAKI Kazuo
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   46(7) 1149-1153   2005年
蛋白質核酸酵素 増刊号
共立出版      2005年

書籍等出版物

 
ベーシックマスター植物生理学
本橋令子 (担当:共著)
株式会社オーム社   2009年2月   
「植物の生化学・分子生物学」
本橋令子
学会出版センター   2004年1月   
蛋白質核酸酵素 増刊号
本橋令子,明賀史純,篠崎一雄 (担当:共著)
共立出版   2005年11月   
アカデミアにおけるキャリア形成に大切なこと
本橋 令子
細胞工学 第88巻 第4号   2010年11月   
シロイヌナズナのトランスポゾンタグラインを用いたアルビノ原因遺伝子の解析
本橋 令子
日本光合成研究会会報 第37号   2003年6月   

講演・口頭発表等

 
シロイヌナズナの核コード葉緑体タンパク質遺伝子変異体のFT-ICRMS(フーリエ変換イオンサイクロトロン型質量分析)による植物代謝産物変化の網羅的解析
本橋令子,佐藤将一,明賀史純,飯泉治子,太田大策,及川彰,篠崎一雄
日本植物生理学会   2005年3月   
Analysis of pale-green mutant apg6 using Ac/Ds transposon system in Arabidopsis
Fumiyoshi Myouga,Reiko Motohashi,Takashi Kuromori,Noriko Nagata,Kazuo Shinozaki
15th International Conference on Arabidopsis Research   2004年7月   
マイクロアレイを用いた葉緑体機能変異体の解析
佐藤将一,本橋令子,豊田哲朗,小長谷明彦,篠崎一雄
日本分子生物学会   2004年12月   
ale-green表現型を示すシロイヌンズナHsp101ホモログ変異体apg6の機能解析
明賀史純,本橋令子,黒森崇,永田典子,篠崎一雄
日本分子生物学会   2004年12月   
シロイヌンズナにおけるトランスポゾンAc/Dsを用いたpale green変異体apg6の機能解析
明賀史純,本橋令子,黒森崇,永田典子,篠崎一雄
2004年度大阪大学蛋白質研究所セミナー 葉緑体と分解のダイナミックス   2004年11月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
クロモプラスト分化の鍵タンパク質の探索とその分化メカニズムの解明
基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
シロイヌナズナのトランスポゾンタグラインを用いた葉緑体タンパク質の網羅的解析
若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月
シロイヌナズナのタグラインを用いた核コードの葉緑体タンパク質遺伝子の網羅的解析 
若手研究(A)
研究期間: 2005年4月 - 2008年1月
プロテオーム解析によるナス科作物のクロモプラスト分化機能解明
基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
病害虫応答に関与する新規葉緑体機能の探索
基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月