小南 陽亮

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 02:40
 
アバター
研究者氏名
小南 陽亮
 
コミナミ ヨウスケ
URL
https://wwp.shizuoka.ac.jp/ecol-edu-lab/
所属
静岡大学
部署
教育学部 - 教科教育学専攻
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1999年
 森林総合研究所研究員
 
1999年
 - 
2001年
 森林総合研究所室長
 
2001年
 - 
2004年
 森林総合研究所チーム長
 
2004年
 - 
2007年
 静岡大学教育学部助教授
 
2007年
   
 
- 静岡大学教育学部教授
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2022年3月
委員・ふじのくに生物多様性地域戦略推進会議
 
2018年2月
 - 
2020年3月
委員長・静岡市立南中学校地域 小中一貫教育準備委員会
 
2016年4月
 - 
2020年3月
委員・静岡市環境審議会
 
2015年12月
 - 
2018年3月
委員・静岡県生物多様性地域戦略策定委員会
 
2013年4月
 - 
2020年3月
評議員・静岡市立南中学校・学校評議員会
 

論文

 
[責任著者]小南 陽亮 [共著者]村松悠矢,宮崎静里奈,森島彩衣,藤本潔
教科開発学論集   (6) 105-115   2018年3月   [査読有り]
[責任著者]小南 陽亮 [共著者]本多和仁,加藤英明,延原尊美,雪田聡
静岡大学教育実践総合センター紀要   (28) 117-120   2018年2月   [査読有り]
[責任著者]小南 陽亮 [共著者]村松悠矢
教科開発学論集   (4) 81-88   2016年3月   [査読有り]
カミツキガメChelydra serpentina (Testudines, Chelidridae)の消化管内容物から確認されたクサガメMauremys reevesii( Testudines, Geoemydidae)の記録
[責任著者]加藤英明 [共著者]石黒真帆,白輪剛史,小南陽亮
東海自然誌   (vol)(8) 1-3   2015年5月   [査読有り]
[責任著者]小南 陽亮 [共著者]青木啓一郎
教科開発学論集   (vol)(3) 101-112   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
ドラスティックイベントに対する生態系応答の予測におけるLTERの有用性
[責任著者]齊藤哲 [共著者]佐藤保,小南陽亮,真鍋徹,西村尚之,永松大
CGER-REPORT長期生態系モニタリングの現状と課題   5-8   2008年2月
管理状態の異なる針葉樹人工林における混交林化予測および有用性評価のための簡易手法の開発
[責任著者]齊藤哲 [共著者]小南陽亮,永松大,梶本卓也,荒木眞岳,大谷達也
森林総合研究所交付金プロジェクト研究成果集   (11) 32-39   2006年9月
暖温帯のスギ人工林における広葉樹類の定着(解説)
[責任著者]齊藤哲 [共著者]佐藤保,永松大,小南陽亮
森林総合研究所九州支所年報   (16) 16   2004年10月
西南日本では強風がどこでどれぐらい吹いているか(解説)
[責任著者]齊藤哲 [共著者]小南陽亮
平成15年度森林総合研究所研究成果選集   22-23   2004年8月
屋久島と九州の照葉樹林(解説)
小南陽亮
生命の島   (67) 85-88   2004年6月

書籍等出版物

 
大学的静岡ガイド ーこだわりの歩き方ー
小南陽亮ほか35名 (担当:分担執筆, 範囲:「静岡における里山の自然とその保全・利用」(小南陽亮))
昭和堂   2019年3月   
木のタネ検索図鑑 −同定・生態・調査法−
小南 陽亮,田内裕之,八木橋勉,酒井敦,高橋一秋ほか3名 (担当:共著, 範囲:「木のタネ標本館」(小南陽亮、竹下慶子、田内裕之、八木橋勉)の執筆および全体の編集(小南陽亮、田内裕之、八木橋勉))
文一総合出版   2016年8月   
微地形学
小南 陽亮,藤本 潔ほか22名 (担当:分担執筆, 範囲:第I部・論説1「中部日本太平洋岸の里山植生の現状と微地形 ーナラ枯れ被害を受けた愛知県「海上の森」の事例」(藤本潔・小南陽亮))
古今書院   2016年3月   
世界遺産の自然の恵み
増澤武弘、中静透、可知直毅、湯本貴和、松田裕之 (担当:共編者, 範囲:全体の編集を分担)
文一総合出版   2013年4月   
日本樹木誌
小南 陽亮,渡邊定元ほか35名 (担当:分担執筆, 範囲:「タブノキ」(小南陽亮))
日本林業調査会   2010年6月   

講演・口頭発表等

 
立地環境と履歴の異なる里山間での植 生構造の比較研究−愛知県海上の森と静岡県遊木の森の事例−
宮崎静里奈,藤本潔,小南陽亮
日本地理学会   2017年3月   
愛知県「海上の森」におけるナラ枯れ被害およびその後の森林動態と微地形との関係
藤本潔,小南陽亮
日本地理学会   2015年3月   
消化管内容物分析によるカミツキガメの食性評価
石黒真帆,加藤英明,小南陽亮
日本生態学会中部地区大会   2014年12月   
毎木データを活用した里山二次林の構造と生物多様性の学習
村松悠矢,中村圭佑,小南陽亮
日本生態学会中部地区大会   2014年12月   
種子散布制限が温帯林の種の共存にもたらす効果
正木隆,中静透,柴田銃江,小南陽亮,永松大
58回日本生態学会大会   2011年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
中等教育における森林観測データを活用した探求モデルの開発と効果の検証
基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
里山を活用した生物多様性教育の学習モデル開発
基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月