HIRAOKA Kazuhisa

J-GLOBAL         Last updated: Dec 8, 2018 at 03:14
 
Avatar
Name
HIRAOKA Kazuhisa
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Policy Science, Department of Policy Science
Job title
Professor
Other affiliation
Ritsumeikan UniversityRitsumeikan University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1993
大阪市立大学大学院経済学研究科
 

Published Papers

 
公共施設等総合管理計画と学校統廃合
『住民と自治』   (665) 8-12   Sep 2018
日本における条件不利地域自治体支援策と自治体財政
平岡和久
政策科学   25(1) 1-22   2017
震災によるアスベスト飛散・曝露リスクと自治体の対策
平岡和久・南慎二郎
『政策科学・別冊・アスベスト特集号』   39-62   Jul 2017
地方創生政策下における自治体間連携をめぐる現状と課題
自治と分権   (68) 76-86   Jul 2017
農山漁村における戦略的移住政策の可能性-島根県海士町と奈良県奥大和地区の事例を素材として-
平岡和久・江成穣
政策科学   24(3) 395-418   Mar 2017

Books etc

 
都道府県出先機関の実証研究:自治体間連携と都道府県機能の分析
水谷利亮・平岡和久
法律文化社   May 2018   
いまから始める地方自治
上田道明・栗本裕見・桑原武志・大西弘子・柏原誠・水谷利亮・平岡和久
法律文化社   Feb 2018   
東日本大震災 復興の検証
綱島不二雄・岡田知弘・塩崎賢明・宮入興一他
合同出版   Jun 2016   
地方消滅論・地方創生政策を問う
岡田知弘・榊原秀訓・永山利和・平岡和久、他9名
自治体研究社   Oct 2015   
新しい時代の地方自治像と財政
編著者:平岡和久 共著者:森裕之、荒井文昭、山崎洋介、藤井えりの、田中きよむ、遠藤宏一、霜田博史、鶴田廣巳
自治体研究社   May 2014   ISBN:978-4-88037-614-1

Conference Activities & Talks

 
日本における条件不利地域自治体支援策と自治体財政
日本地方財政学会第25回大会「日韓セッション」   20 May 2017   
震災によるアスベスト飛散・曝露リスクと自治体の対策
環境経済・政策学会2016年大会   11 Sep 2016   
シンポジウム「人口減少時代の『地方創生』と地方における自治体の役割」におけるコーディネーター
日本地方財政学会第24回大会   21 May 2016   
「二重行政」と自治体間連携の検討-京都、大阪、愛媛の事例をもとにして-
四国財政学会・研究会   14 May 2016   
地方財政制度改革の現状と課題
日本財政法学会2016年学術大会   19 Mar 2016   

Teaching Experience

 

Works

 
講演「安倍政権下の地方財政と政策分析」
The Others   May 2018 - May 2018
学輪IIDA共通カリキュラム構築プロジェクト会議「地域経営論フィールドスタディ」の実施報告
The Others   Jan 2018 - Jan 2018