阿部 惇

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:20
 
アバター
研究者氏名
阿部 惇
 
アベ アツシ
所属
立命館大学
部署
OIC総合研究機構
職名
上席研究員
学位
博士(工学)(東北大学)
その他の所属
立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
1963年4月
 - 
1964年3月
東北大学電気通信研究所助手[西澤潤一研究室]
 
1969年4月
 - 
1973年10月
松下電器産業(株)中央研究所で、研究員として研究開発/事業化
 
1973年11月
 - 
1989年7月
松下電器産業㈱中央研究所・材料研究所で、研究室室長、主任研究員、主幹研究員等の管理職として下記の研究開発を推進
 
1989年8月
 - 
1990年3月
松下電器産業㈱技術本部技術統括室参事[技術本部技術経営担当]
 
1990年4月
 - 
1993年4月
松下電器産業㈱本社技術企画室参事[全松下グループ技術経営担当]
 

学歴

 
 
 - 
1963年3月
東北大学 工学部 通信工学科
 
 
 - 
1966年3月
東北大学大学院 工学研究科 修士課程 電気及通信工学専攻
 
 
 - 
1969年3月
東北大学大学院 工学研究科 博士課程 電気及通信工学専攻
 

委員歴

 
2009年1月
 - 
2009年2月
NEDO  NEDO産業技術研究助成事業平成18年度第1回公募提案審査委員会技術委員会
 
2006年1月
 - 
2006年3月
三菱総研  MOTアクレディティーション検討委員会委員,三菱総研
 
2004年5月
 - 
2006年3月
NEDO  NEDO産業技術研究助成事業採択審査委員会技術委員
 
2004年4月
   
 
NEDO  NEDO「テーマ公募事業に係わる申請書の事前書面審査ピアレビュア」
 
2003年12月
 - 
2003年12月
経産省  経産省「起業家育成プログラム等導入促進事業 MOT人材育成プログラム」立命館大学MOT教材開発プロジェクトチームによる実証型講義の評価委員
 

論文

 
遅れを生む組織構造の特徴と問題点
阿部 惇
研究開発リーダー   13(12) 10-15   2017年3月
将来有望な新事業の継続的創出のためのロードマッピング経営とシナリオプランニング経営の融合
阿部 惇
研究開発リーダー   12(12) 42-45   2016年3月
科学知識の爆発とプロセスイノベーション:青色発光ダイオード製品開発研究の定量分析
品川啓介、玄場公規、阿部‘惇
研究 技術 計画   29(2/3) 200-213   2014年9月
事業に緒びつく新規テーマ発掘のポイントと新規事業創出のための考え方(後篇)
阿部 惇
研究開発リーダー   11(3)    2014年6月
事業に結びつく新規テーマ発掘のポイントと新規事業創出のための考え方(前編)
阿部 惇
研究開発リーダー   11(2) 51-58   2014年5月

書籍等出版物

 
役員が納得する効果的・効率的なロードマップの作り方と留意点:新規R&Dテーマを設定するための経営層への効果的な説明・説得の仕方
技術情報協会   2017年5月   
ロードマッピングとシナリオプランニングの融合により豊かで明るい未来を考えよう:"未来予測”による研究開発テーマの決め方
技術情報協会   2016年7月   
市場開拓,開発テーマ発掘のためのマーケティングの具体的手法と経験事例集:顧客ニーズや市場環境を的確に把握するための技術者,研究者,開発担当者のためのマーケットリサーチと分析評価の具体的手法:技術情報,特許情報を傭醗的に解析するには
技術情報協会   2016年7月   
ボトムアップ研究 その仕掛けと工夫:ボトムアップを促す組織風土とテーマ創出の仕掛け:ボトムアップによるテーマ創出の仕掛け:研究者・技術者の自主性を促すマネジメント・風土
技術情報協会   2015年3月   
研究開発テーマの“遅れ”対策と効率化ノウハウ:研究開発テーマが遅れる原因-遅れを生む人と組織:組織:遅れを生む組織構造の特徴と問題点
技術情報協会   2013年12月   

講演・口頭発表等

 
(企業の継続・成長のための新製品・新事業戦略)
(財)海外技術者研修協会関西研修センター 2008年度中国IT産業向け企業経営研修コース   2009年3月2日   
(ものづくり経営の本質)
(財)海外技術者研修協会関西研修センター 2008年度中国IT産業向け企業経営研修コース    2009年2月26日   
「技術経営(MOT)で勝ち組企業へ~新事業創出と人材育成~」
(財)社会経済生産性本部 技術経営研究センター 2009年前期 技術経営課題解決研究会 「製品開発マネジメントとロードマッピング実践研究部会(第1回)」   2009年2月4日   
ビジネスモデルのフレームワークの研究~統一されたフレームワークとキラーコンポーネントの探求
第41回日本経営システム学会全国研究発表大会   2008年12月7日   
進化論視点によるオープンイノベータの分析
第41回日本経営システム学会全国研究発表大会   2008年12月6日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
「ビジネスモデル論」
その他   2016年9月
「メガトレンド」
その他   2016年7月
「豊かで明るい“ものづくりの未来”を考えよう~自ら明るい未来を構想できなければ明るい未来はやってこない。夢は見るものではなく叶えるもの~」
その他   2016年7月
ロードマッピング手法を用いた新商品開発&新事業育成の方策例」
その他   2016年6月
「ニチコンの永続的成長・発展のために MOT(技術経営)が果たすべき役割~ 明るい未来を自ら構想できなければ、明るい未来はやってこない~」
その他   2016年5月

特許

 
2890528 : 焦電型赤外線固体撮像装置
2137349 : 高周波スパツタリング方法
2689644 : 焦電型赤外線検知装置
2687545 : マトリツクス型赤外線固体撮像装置の駆動方法
2663568 : マトリツクス型赤外線固体撮像装置の製造方法