服部 文夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:16
 
アバター
研究者氏名
服部 文夫
 
ハットリ フミオ
所属
立命館大学
部署
情報理工学部情報理工学科
職名
教授
学位
博士(情報学)(京都大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学

経歴

 
2004年4月
   
 
総合理工学院情報理工学部・教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
早稲田大学 理工学部 電子通信学科
 
 
 - 
1975年
早稲田大学大学院 理工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
2001年
京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻
 

委員歴

 
 
   
 
人工知能学会 理事
 
 
   
 
電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究専門委員会委員長
 
 
   
 
日本ソフトウェア科学会 監事
 

論文

 
Kenta Oku and Fumio Hattori
Intelligent Systems Reference Library "Tourism Informatics"   90 15-30   2015年8月
セレンディピティ指向情報推薦のためのフュージョンベース推薦システム
奥健太,服部文夫
知能と情報(日本知能情報ファジィ学科誌)   25(1)    2013年2月
地域限定性スコアに基づく位置情報付きコンテンツからの地域限定語句の抽出
奥健太,西崎剛司,服部文夫
情報処理学会論文誌:データベース   5(3) 97-116   2012年3月
Bridging the Semantic Gap in Distant Communication - Providing Complementary Knowledge within a Context –
Aye, N., Hattori, F., and Kuwabara, K.
Int. Journal of Intelligent Information and Database Systems   4(3) 195-211   2010年
Socialware for People with Cognitive Disabilities
Hattori, F., Kuwabara, K., Kuwahara, N., Abe, S., Yasuda, K.
Studies in Computational Intellignce "Advances in Cognitive Informatics and Cognitive Computing"   323(Chapter.10) 193-207   2010年

書籍等出版物

 
わかりやすいエージェント通信
坂間保雄、森原一郎
オーム社   1998年   

講演・口頭発表等

 
Tweet-mapping method for tourist spots based on now-tweets and spot-photos
9th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES-2015)   2015年9月9日   
メタデータ類似度および音響的距離とセレンディピティとの関係分析
第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集 (DEIM 2015)   2015年3月4日   
Mapping Geotagged Tweets to Tourist Spots for Recommender Systems
3rd International Conference on Advanced Applied Informatics (IIAI 2014)   2014年9月3日   
行動パターンに基づく行動プランの生成
第12回情報技術科学フォーラム(FIT2013)   2013年9月4日   
言語障害者のための会話エージェント -トピックリストを用いた会話-
第12回情報技術科学フォーラム(FIT2013)   2013年9月4日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ユーザ生成Webコンテンツを用いたデジタル地図上の経路への主観的特徴情報の付与
財団法人日本デジタル道路地図協会研究助成
研究期間: 2010年 - 2010年
オントロジーマッピングによる情報協創システムの研究
JST地域イノベーション創出総合支援事業シーズ発掘試験研究
研究期間: 2009年 - 2009年
多言語共生社会における医療対話支援のための多言語対話用例プラットフォームの構築
戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE) 地域ICT振興型研究開発
研究期間: 2008年 - 2009年