早野 俊哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/08 02:44
 
アバター
研究者氏名
早野 俊哉
 
ハヤノ トシヤ
所属
立命館大学
部署
生命科学部生命医科学科
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1985年3月
東京大学 理学部 生物化学科
 
 
 - 
1987年3月
東京大学大学院 理学系研究科 生物化学専攻
 

論文

 
Kanayama M, Hayano T, Koebis M, Maeda T, Tabe Y, Horie S, Aiba A.
Prostate   77(15) 1489-1498   2017年9月
Progerin impairs vascular smooth muscle cell growth via the DNA damage response pathway
Kinoshita D, Nagasawa A,.Shimizu I, Ito TK, Yoshida Y, Tsuchida M, Iwama A, Hayano T, Minamino T
Oncotarget   8(21) 34045-34056   2017年5月
Oktarianti R., Senjarini K., Hayano T., Fatchiyah F., Aulanni'am.
J Infect Public Health   8(6) 575-582   2015年6月
Human nucleolar protein Nop52 (RRP1/NNP-1) is involved in site 2 cleavage in internal transcribed spacer 1 of pre-rRNAs at early stages of ribosome biogenesis
Yoshikawa H., Ishikawa H., Izumikawa K., Miura Y., Hayano T., Isobe T., Simpson R. J., Takahashi N.
Nucleic Acids Res.   43(11) 5524-5536   2015年6月
Miyazawa N, Yoshikawa H, Magae S, Ishikawa H, Izumikawa K, Terukina G, Suzuki A, Nakamura-Fujiyama S, Miura Y, Hayano T, Komatsu W, Isobe T, Takahashi N
Genes Cells   19(4) 273-286   2014年4月

書籍等出版物

 
生体の科学 「真核生物におけるリボソーム生合成過程」
医学書院   2012年   
分子間相互作用解析ハンドブック・リバースタグ/ダブルタグ法
羊土社   2007年   
バイオテクノロジージャーナル・プロテオーム研究なるほどQ&A:分子間相互作用解析
羊土社   2006年   
機能性タンパク質複合体のスナップショット解析:プロテオミクスの手法を用いたリボソーム生合成過程の研究
早野俊哉、高橋信弘 細胞工学
秀潤社   2006年   
「図・写真で観るタンパク構造・機能解析実験実践ガイド」 遺伝子医学MOOK別冊・表面プラズモン共鳴を利用したタンパク質の機能解析
野俊哉、浅野和信、橋本せつ子、高橋信弘
メディカルドゥ社   2005年   

講演・口頭発表等

 
特定のがん細胞で形成される新規核内RNA顆粒の構成因子の探索
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月30日   
核内RNA顆粒であるSam68構造体とDBC1構造体の機能解析
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月30日   
BAFの機能発現における二量体形成およびDNA結合能の重要性
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月29日   
早老症へのBAFの関与
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月29日   
BAFの機能制御におけるリン酸化の役割
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月29日   

担当経験のある科目

 

特許

 
2004/029079 : タンパク質複合体の精製方法、アッセイ方法、精製装置およびアッセイ装置