石黒 章夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/24 11:06
 
アバター
研究者氏名
石黒 章夫
 
イシグロ アキオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/412af4deac1e393f57647d0bf6a734e5.html
所属
東北大学
部署
電気通信研究所 ブレインウェア研究開発施設 自律分散制御システム研究部
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2007年
   
 
日本機械学会  校閲委員
 
2006年
 - 
2007年
計測自動制御学会東北支部  評議員
 
2006年
 - 
2007年
計測自動制御学会自律分散システム部会  主査
 
2005年
 - 
2006年
計測自動制御学会自律分散システム部会  副主査(平成18年1月~平成18年12月)
 

受賞

 
2012年
2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2012)JTCF Novel Technology Paper Award for Amusement Culture Finalist
 
2012年
The International Conference on Biomimetic & Biohybrid Systems (Living Machines 2012)Best Paper Award
 
2011年
第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会優秀講演賞
 
2011年
NTF Award Finalist for Entertainment Robots and Systems
 
2010年
第20回日本数理生物学会,最優秀ポスター賞
 

Misc

 
非対称相互作用から生み出されるコト
加納剛史,大須賀公一,川勝年洋,石黒章夫
第27回自律分散システム・シンポジウム予稿集   125-130   2015年
交通量の変動に適応可能な交通信号の自律分散制御
加納剛史,杉山雄規,石黒章夫
第27回自律分散システム・シンポジウム予稿集   173-178   2015年
クモヒトデのレジリアントな振る舞いに内在する「コト」の究明
佐藤英毅,小野達也,加納剛史,青沼仁志,松坂義哉,石黒章夫
第27回自律分散システム・シンポジウム予稿集   89-93   2015年
力積予測に基づく交通信号の自律分散制御
加納剛史,杉山雄規,石黒章夫
第20回交通流のシミュレーションシンポジウム予稿集   47-50   2014年
非対称相互作用に起因する秩序形成のミニマルモデル
加納剛史,大須賀公一,川勝年洋,石黒章夫
第20回交通流のシミュレーションシンポジウム予稿集   11-14   2014年

書籍等出版物

 
50 Years of Artificial Intelligence: Essays Dedicated to the 50th Anniversary of Artificial Intelligence
Springer   2008年   ISBN:ISSN:0302-9743
ロボット研究者からのメッセージ
オーム社   2007年   
粘菌~驚くべき生命力の謎~
誠文堂新光社   2007年   
DISTRIBUTED AUTONOMOUS ROBOTIC SYSTEMS 6
Springer   2007年   
Intelligent Autonomous Systems 9
IOS Press   2006年   

講演・口頭発表等

 
非対称相互作用から生み出されるコト
第27回自律分散システム・シンポジウム   2015年   
交通量の変動に適応可能な交通信号の自律分散制御
第27回自律分散システム・シンポジウム   2015年   
クモヒトデのレジリアントな振る舞いに内在する「コト」の究明
第27回自律分散システム・シンポジウム   2015年   
Order formation through asymmetric interactions
International Conference on Mathematical Modeling and Applications (ICCMA2014) –crowd dynamics-   2015年   
力積予測に基づく交通信号の自律分散制御
第20回交通流のシミュレーションシンポジウム   2014年   

Works

 
大自由度を有するアメーバ型・ヘビ型・多脚型ロボットの自律分散制御則の設計と実験的検証
2008年 - 2013年
身体構造の適応的改変を作り出す多重フィードバックル ープの解明
2008年 - 2009年

特許

 
可変弾性機素とこれを用いた関節,車両,及び動的吸振装置
特許公開2007-40450