有働 恵子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 15:51
 
アバター
研究者氏名
有働 恵子
 
ウドウ ケイコ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4e7cf2e83dfdb01acbf074a0f1c0e4e2.html
所属
東北大学
部署
災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 環境変動リスク研究分野
職名
准教授
学位
博士(工学)(筑波大学)
科研費研究者番号
80371780

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年12月
 - 
現在
国土交通省東北地方整備局 阿武隈川水系河川整備委員会  委員
 
2016年6月
 - 
現在
土木学会 Coastal Engineering Journal  Editor
 
2014年4月
 - 
現在
土木学会 海洋開発委員会  委員兼幹事
 
2013年2月
 - 
現在
仙台市広瀬川清流保全審議会  委員
 
2011年4月
 - 
現在
土木学会東北支部 東日本大震災に関する学術合同調査委員会  委員
 

受賞

 
2018年11月
土木学会海岸工学委員会 Coastal Engineering Journal Award (Annual best paper award) Projections of Future Beach Loss in Japan Due to Sea-Level Rise and Uncertainties in Projected Beach Loss
 
2015年5月
公益財団法人インテリジェント・コスモス学術振興財団 第14回インテリジェント・コスモス奨励賞
 
2008年5月
財団法人建設工学研究振興会 建設工学奨励金 漂砂―飛砂複合輸送による砂浜変形過程の解明
 
2001年12月
土木学会 第56回土木学会年次学術講演会優秀講演者表彰
 

論文

 
Detection of Coastal Damage using Differences in Automatically Generated Digital Surface Models (DSMs): Application to the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake Tsunami
Keiko Udo, Yuriko Takeda, and Shunichi Koshimura
Journal of Coastal Research   85 696-700   2018年   [査読有り]
Assessing Future Coastline Change in the Vicinity of Tidal Inlets via Reduced Complexity Modelling
Janaka Bamunawala, Roshanka Ranasinghe, Ad van der Spek, Shreedhar Maskey, and Keiko Udo
Journal of Coastal Research   85 636-640   2018年   [査読有り]
Projections of Future Beach Loss due to Sea Level Rise for Sandy Beaches along Thailand’s Coastlines
Sompratana Ritphring, Chatuphorn Somphong, Keiko Udo, and So Kazama
Journal of Coastal Research   85 541-545   2018年   [査読有り]
Analysis of Wind Field over an Artificial Straight Dune by LES Simulations
Tsukasa Kuribayashi and Keiko Udo
Journal of Coastal Research   85 301-305   2018年   [査読有り]
Analysis of Beach Recovery After the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Based on Shoreline Extraction by ISODATA
Kaoru Tojo and Keiko Udo
Journal of Coastal Research   85 171-175   2018年   [査読有り]

Misc

 
2011年津波による海浜変形・回復・復興
有働恵子
   2016年2月
地形変動
菅原大助,後藤和久,有働恵子
土木学会東日本大震災報告書      2016年
海浜・河口地形変化
有働恵子
東日本大震災東北支部学術合同調査委員会報告書      2013年
東北地方太平洋沖地震津波による仙台湾南部海岸の侵食とその回復過程
有働恵子
水環境学会誌   36(2) 40-43   2013年

書籍等出版物

 
The 2011 Japan Earthquake and Tsunami: Reconstruction and Restoration
V. C. Hoang, H. Tanaka, Y. Mitobe, K. Udo, A. Mano (担当:共著, 範囲:6. The Yamamoto Coast Over Five Years; The Reconstruction of an Embankment with Tsunami-Induced Embayment, pp 387-403)
Springer International Publishing   2017年   
Tsunamis and Earthquakes in Coastal Environments - Significance and Restoration
Keiko Udo, Kaoru Tojo, Yuriko Takeda, Hitoshi Tanaka, Akira Mano (担当:共著, 範囲:Chapter8: Characteristics of Shoreline Retreat Due to the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami and Its Recovery After Three Years, pp113-123)
Springer International Publishing   2016年   ISBN:978-3-319-28526-9
Post-Tsunami Hazard, Serious erosion of the southern Sendai Coast due to the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami and its recovery process
Kontar Y, Y. Kaneda, and V. Santiago-Fandino (担当:共著)
2015年   
Tsunami Events and Lessons Learned; Environmental and Societal Significance
Kontar, Y., V. Santiago-Fandino, and T. Takahashi (eds.) (担当:共著, 範囲:pp 225-236)
2014年   
東日本大震災を分析する
真野明,有働恵子,田中仁 (担当:共著, 範囲:第3部 第3章 津波による海岸堤防の破堤メカニズム――沿岸水路の加災・減災効果 154頁~164頁)
明石書店   2013年   

講演・口頭発表等

 
A Comprehensive Analysis Of Measured And Computed Depth Of Closure Around The Coast Of Japan
36th International Conference on Coastal Engineering 2018   2018年8月3日   
Analysis of Beach Recovery After the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Based on Shoreline Extraction by ISODATA
International Coastal Symposium 2018   2018年5月14日   
Detection of Coastal Damage using Differences in Automatically Generated Digital Surface Models (DSMs): Application to the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake Tsunami
International Coastal Symposium 2018   2018年5月14日   
Relationship between precipitation, river flow and Its turbidity: finestructure of water and turbidity data at an upper-most reach
The 10th Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2017年9月20日   
SEDIMENT BALANCE FROM MOUNTAINS TO COASTS IN JAPAN: WHAT IS THE CAUSE OF COASTAL EROSION IN THE PERIOD FROM 1950 TO 1990?
Coastal Dynamics 2017   2017年6月14日   
LES simulation of wind field over an artificial straight dune
European Geosciences Union General Assembly 2017   2017年4月25日   
Sediment balance from mountains to coasts in Japan: what is the cause of coastal erosion in the period from 1950 to 1990?
European Geosciences Union General Assembly 2017   2017年4月24日   
日本全国の河川から海岸への土砂供給ポテンシャルと砂浜侵食との関係
第63回海岸工学講演会   2016年11月16日   
2004年インド洋大津波と2011年東日本大震災による汀線変化特性の比較
第41回海洋開発シンポジウム   2016年6月24日   
日本全国の土砂生産強度と砂浜の現状との関係
日本地球惑星科学連合2016   2016年5月26日   
将来の砂浜消失予測と適応策
第60回水工学講演会   2016年3月14日   
Effects of Wind Turbulence on Sand Transport around a Dune
International Coastal Symposium (ICS) 2016   2016年3月8日   
砂丘周辺の飛砂フラックスと風向風速特性との関係
第62回海岸工学講演会   2015年11月11日   
津波による地形変化に及ぼす人工リーフの効果に関する研究
第40回海洋開発シンポジウム   2015年6月23日   
海浜変形予測とその問題点
第61回海岸工学講演会   2014年11月11日   
海面上昇による全国の砂浜消失将来予測における不確実性評価
第22回地球環境シンポジウム   2014年9月3日   
地中レーダ探査データを用いた砂浜堆積過程の可視化
宇宙・航行エレクトロニクス 第12回地下電磁計測ワークショップ 復興・遺跡調査   2013年11月22日   
東北地方太平洋沖地震津波による宮城県仙台湾南部海岸の海浜変形特性
第60回海岸工学講演会   2013年11月13日   
最新の海面水位予測データを用いた海面上昇による全国砂浜侵食量の将来予測
第21回地球環境シンポジウム   2013年9月17日   
砂丘斜面上の飛砂に関する現地観測,夏季の砂浜温熱環境に及ぼす海岸砂草の影響
第57回海岸工学講演会   2010年11月10日   
Estimation of climate change influence on aeolian sand flux at a beach
2010 Meeting of the Americas (AGU Joint Assembly)   2010年8月8日   
地中レーダ探査データを用いた茨城県波崎海岸の砂浜空間堆積過程の解析
第35回海洋開発シンポジウム   2010年6月   
現地海岸における飛砂量の高頻度観測,Rouse浮遊砂濃度分布式の飛砂への適用に関する研究
第56回海岸工学講演会   2009年11月   
地中レーダ探査データを用いた茨城県波崎海岸における砂浜堆積過程の解析
第34回海洋開発シンポジウム   2009年6月   
Field measurements of seasonal wind-blown sand transport flux using high-frequency sampling instrumentation
10th International Coastal Symposium   2009年4月   
圧電飛砂計を用いた飛砂フラックスの現地観測,茨城県青塚海岸における荒天時の底質粗粒化機構に関する研究
第55回海岸工学講演会   2008年11月12日   
Sand coarsening process in a backshore between headlands
31st International Conference on Coastal Engineering   2008年8月31日   
Short-term backshore coarsening process during a storm
33th International Geological Congress   2008年8月6日   
飛砂の限界摩擦速度に関する現地観測
第54回海岸工学講演会   2007年11月7日   
Long-term beach deformation under wave and wind actions
5th IAHR Symposium on River, Coastal and Estuarine Morphodynamics   2007年9月17日   
Short-term backshore processes under wave and wind actions
9th International Coastal Symposium   2007年4月16日   
後浜変形過程に及ぼす波の影響
第53回海岸工学講演会   2006年11月15日   
Temporal changes of backshore topography and sand grain size under wind and wave actions
30th International Conference on Coastal Engineering   2006年9月4日   
後浜の地形および底質粒径変化に及ぼす汀線変化の影響
第52回海岸工学講演会   2005年11月9日   
Experimental study on vegetation vibration on blown sand
29th international conference on coastal engineering   2004年9月19日   
植生領域の飛砂と風場に関する実験的研究
第50回海岸工学講演会   2003年11月18日   
植生領域の飛砂に関する実験的研究
第49回海岸工学講演会   2002年10月23日   
Long-term morphological change of backshore dunes
28th international conference on coastal engineering   2002年7月7日   
海岸砂丘の長期的な地形変動特性とその再現
第48回海岸工学講演会   2001年11月13日   
Morphological change of artificial backshore dunes
XXIX IAHR Congress   2001年9月16日   

競争的資金等の研究課題

 
衛星画像計測による沿岸被害把握技術の開発
研究期間: 2014年4月 - 現在
巨大津波前後の海浜変形およびその後の回復特性の解明
研究期間: 2011年4月 - 現在
2011年津波による海浜侵食特性
研究期間: 2011年3月 - 現在
気候変動の砂浜への影響評価と適応策立案
受託研究
研究期間: 2010年4月 - 現在
波および風作用下の海浜変形過程の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2003年4月 - 現在

社会貢献活動

 
オランダ トゥエンテ大学 招待講演
【その他】  2017年11月7日
講演題目:”Past and future beach erosion in Japan”
オランダ デルフト工科大学 土木・地球科学科 招待講演
【その他】  2017年7月3日
講演題目:”Past and future beach erosion in Japan”
女性のための防災リーダー養成講座
【その他】  2016年11月19日
日本における水害のこれまでとこれからに関する講演
土木学会全国大会 研究討論会「気候変動への適応研究推進に向けて!」
【その他】  2016年9月7日
砂浜消失に着⽬した気候変動影響評価・適応策研究の今後に関する講演
第60回水工学講演会アゲールシンポジウム 招待講演
【その他】  2016年3月14日
講演題目「将来の砂浜消失予測と適応策」

その他

 
2017年4月   直線状海岸砂丘上における風場特性に関する研究
直線状海岸砂丘上における風場特性に関する研究を行う
2016年11月   砂浜消失リスクに関する総合的研究
高波,津波,気候変動等による砂浜消失リスクを総合的に評価する
2015年11月   気候変動適応技術社会実装プログラム
気候変動に伴う日本全国の将来の砂浜消失予測を行いこれに対する適応策を立案する
2015年7月   タイ国における統合的な気候変動適応戦略の共創推進に関する研究
気候変動に伴うタイ全土の将来の砂浜消失予測を行いこれに対する適応策を立案する
2015年4月   砂浜消失リスクに関する総合的研究
砂浜消失リスクに関する総合的研究