XIE Guoqiang

J-GLOBAL         Last updated: Feb 16, 2018 at 19:54
 
Avatar
Name
XIE Guoqiang
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Philosophy in Engineering(Niigata University)

Committee Memberships

 
Jan 2015
 - 
Today
International Journal of Metallurgical & Materials Engineering  Editorial Board Member
 
Dec 2014
 - 
Today
Journal of Functional Materials  Editorial Board Member
 
Jan 2014
 - 
Today
Advances in Alloys and Compounds  Editorial Board Member
 
Sep 2013
 - 
Today
Advances in Materials  Editorial Board Member
 
Sep 2013
 - 
Today
International Journal of Materials Science and Applications  Editorial Board Member
 

Awards & Honors

 
Jul 2016
Fabrication and characterization of biodegradable Mg-based bulk metallic glasses, Outstanding Poster Award (The 23rd International Symposium on Metastable, Amorphous and Nanostructured Materials (ISMANAM-2016)), The 23rd International Symposium on Metastable, Amorphous and Nanostructured Materials (ISMANAM-2016)
 
Nov 2012
粉末冶金法による生体用ポーラスTi基及びMg基金属ガラスの開発, The 10th PM Research Promotion Exhibition Award of Japan Powder Metallurgy Association, 日本粉末冶金工業会
Winner: 謝国強、秦風香、朱勝利、木村久道
 
Nov 2012
Microstructure and properties of porous Ni-free Ti-based bulk metallic glasses fabricated by spark plasma sintering, Best Poster Presentation (The 3rd International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials (AMDI-3)), The 3rd International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials (AMDI-3)
Winner: 謝国強、秦風香、朱勝利、関一郎
 
Dec 2004
2004 Chinese Foreign Student Research Encouragement Prize of Japan-China Science and Technology Exchange Association (JCSTEA), 日中科学技術交流協会
 
May 1996
熱処理したU-Zr合金の組成と構造に関する研究, The 2nd prize in the 10th young scientist theses competition of China Institute of Atomic Energy (CIAE), 中国原子能科学研究院
 

Published Papers

 
G.Q. Xie, D.V. Louzguine, H. Kimura, A. Inoue, F. Wakai
Appl. Phys. Lett.   92(12) Paper No.121907   May 2008   [Refereed]
G. Q. Xie, D. V. Louzguine, H. Kimura, A. Inoue
Appl. Phys. Lett.   90(24) Paper No.241902   Jun 2007   [Refereed]
G. Q. Xie, M. Song, K. Furuya, D. V. Louzguine and A. Inoue
Appl. Phys. Lett.   88(26) Paper No. 263120   Jun 2006   [Refereed]
G.Q. Xie, Q.S. Zhang, D.V. Louzguine, W. Zhang and A. Inoue
J. Nanosci. Nanotechno.   7(9) 3286-3293   Sep 2007   [Refereed]
G. Q. Xie, M. Song, K. Mitsuishi and K. Furuya
Appl. Phys. A-Mater.   79(8) 1843-1846   Aug 2004   [Refereed]

Misc

 
O. Ohashi and G.Q. Xie
Journal of Light Metal Welding & Construction   46(1) 2-8   Jan 2008
This paper was also selected into Welding International, Vol. 22(10), 2008, pp.680-685.

Books etc

 
マイクロ波による金属ガラスの加熱. [in “最新マイクロ波エネルギーと応用技術”, Edited by 吉川昇, 産業技術サービスセンター]
G.Q. Xie, D.V. Louzguine (Part:Joint Work, 第4章第2節、pp.411-416)
Nov 2014   ISBN:978-4-915957-94-9
A detailed review on fabrication and characterization of the metal nano-sized branched structures. [in “Handbook of Research on Functional Materials: Principles, Capabilities and Limitations”, Edited by Victor Manuel de Matos Lobo, Apple Academic Press]
G.Q. Xie, M. Song, K. Furuya, A. Inoue (Part:Joint Work, Chapter 5, pp.255-274)
Jun 2014   ISBN:978-1-926895-65-9
Key concepts on growth and characterization of metal nano-sized branched structures. [in “Key Engineering Materials, Volume 1: Current State-of-the-Art on Novel Materials”, Edited by D. Balköse, D. Horak, L. Šoltés, A.K. Haghi and G. E. Zaikov, Apple Acad
G.Q. Xie, M. Song, K. Furuya, A. Inoue (Part:Joint Work, Chapter 13, pp.185-207)
May 2014   ISBN:978-1-926895-73-4
Fabrication and corrosion of Ti-based metallic glasses. [in “Titanium Alloys: Formation, Characteristics and Industrial Applications”, Edited by L.C. Zhang and C. Yang, Nova Science Publishers]
F.X. Qin, G.Q. Xie, S.L. Zhu, X.M. Wang, Z.H. Dan (Part:Joint Work, Chapter 8, pp.175-199)
May 2013   ISBN:978-1-62808-314-9
ISBN: 978-1-62808-329-3 (eBook)
“Electron-beam-induced deposition”, in “Encyclopedia of Nanotechnology”, Edited by Bharat Bhushan
G.Q. Xie
Springer   May 2012   ISBN:978-90-481-9750-7
ISBN 978-90-481-9751-4 (eBook),
DOI: 10.1007/978-90-481-9751-4

Conference Activities & Talks

 
レーザー積層造形した Co-33Cr-5Mo-0.4N 合金の疲労特性に及ぼす熱処理の影響
蘇亜拉図、新家光雄、野村直之、成田健吾、中本貴之、木村貴広、謝国強、千葉晶彦
日本金属学会2015年春期(第156回)大会   18 Mar 2015   
塩素フリーフラックスによるチタンの溶融還元条件の精査
関一郎、山浦真一、謝国強、藤代芳伸
日本金属学会2015年春期(第156回)大会   18 Mar 2015   
生体適合NiおよびBeフリーTi基バルク金属ガラスの改善と特性評価
謝国強、朱勝利、秦風香、王巍、高久田和夫、塙隆夫、松下伸広、塚本雅裕
日本金属学会2015年春期(第156回)大会   18 Mar 2015   
チタン基金属ガラス合金(Ti40Zr10Cu34Pd14Sn2)の生体適合性
国分亮、王巍、高久田和夫、謝国強
特異構造金属・無機融合高機能材料開発共同研究プロジェクト第5回6大学6研究所連携プロジェクト公開討論会   2 Mar 2015   
陽極酸化法によるZr基金属ガラス表面の生体活性化処理
松戸亮、武末江莉、勝又健一、松下伸広、生駒俊之、田中順三、謝国強、新家光雄
特異構造金属・無機融合高機能材料開発共同研究プロジェクト第5回6大学6研究所連携プロジェクト公開討論会   2 Mar 2015   

Social Contribution

 
中国大連理工大学・セミナー
[Others]  21 Aug 2014
Development of Mg-based bulk metallic glasses and Mg alloys for application as biodegradable materials
中国大連理工大学・セミナー
[Others]  11 Aug 2013
Development of metallic glasses for application as biomaterials
Texas A&M University, USA・セミナー
[Others]  21 Oct 2010
Phase transformation and irradiation effects in materials induced by electron or ion irradiation
中国湘譚大学・セミナー
[Others]  10 Jul 2009
Fabrication and characterization of metallic glassy matrix composites and porous bulk metallic glass by spark plasma sintering process
中国華北電力大学・セミナー
[Others]  24 Nov 2008
電子/イオン照射によるナノ構造体の創製と特性評価

Others

 
Apr 2014   組織制御による高強度・高導電性Cu基金属ガラス複合材料の開発
コネクタ材料としてりん青銅、コルソン(Cu-Ni-Si 系)合金、およびベリリウム銅が用いられている。中でも、ベリリウム銅は特に強度と導電性の要求が高い用途に採用されている。しかしながら、近年、自動車電装機器の高度化やパソコン、携帯電話等の情報機器の小型高機能化等の急速な進展により、構成部品の高度集積化と同時にインターフェイスである電気接点コネクタにも小型化・低背化が強く求められており、さらなる強度と導電性を示すCu合金の開発が望まれている。
本研究では、金属ガラスの持つ超粘性流動特性と超高強度に着目し、放電プラズマ焼結(SPS)法により高強度・高導電性を示す純Cuと金属ガラスとのCu基複合材料を開発することである。
Apr 2013   Development of porous Ti-based and Mg-based bulk metallic glasses
 治療のために体内へ埋入されるインプラント材料には二種類ある。一つ目は人工関節のように生体組織を恒久的に置換するTi系生体材料である。しかし、現在使用されている製品は約87%が欧米製品で占められている。一方で、国内医療機関からは、日本人の体形や生活様式にあった人工関節や使いやすい医療器具の開発への要望がある。二つ目は骨折固定材や縫合糸、血管や食道などの狭窄部位を拡張するためのステントなどのように、治癒するまでの期間のみ必要な材料である。現在Ti系生体材料が使用されているが、損傷した組織が修復した後にはこの材料が不要となるため、再度手術してこれを摘出して取り出す必要がある。このため、患者にとって大きな負担となり問題となっていた。この問題を改善するため、体内にて分解・吸収される生体吸収性材料の探査に関する研究が盛んに行われてきている。これまで、開発された生体吸収性材料は高分子およびセラミックス材料のみである。しかし、この材料は、機械的強度の不足から荷重負荷部位には使用できないことなどもあり、適応範囲が限られていた。そのため、これらよりも優れた機械的強度を持つ生体吸収性金属材料の開発が期待されている。
 本研究では、生体適合性に優れた低弾性率・高強度ポーラスTi 基金属ガラス材料、および生体内における分解速度および機械的特性の制御ができる医療用生体吸収性Mg基金属ガラスを開発することを目的としている。
Apr 2013   組織制御による高強度・高導電性Cu基金属ガラス複合材料の開発
コネクタ材料としてりん青銅、コルソン(Cu-Ni-Si 系)合金、およびベリリウム銅が用いられている。中でも、ベリリウム銅は特に強度と導電性の要求が高い用途に採用されている。しかしながら、近年、自動車電装機器の高度化やパソコン、携帯電話等の情報機器の小型高機能化等の急速な進展により、構成部品の高度集積化と同時にインターフェイスである電気接点コネクタにも小型化・低背化が強く求められており、さらなる強度と導電性を示すCu合金の開発が望まれている。
本研究では、金属ガラスの持つ超粘性流動特性と超高強度に着目し、放電プラズマ焼結(SPS)法により高強度・高導電性を示す純Cuと金属ガラスとのCu基複合材料を開発することである。
Feb 2013   粘性流動を利用して作製した生体吸収性マグネシウム系金属ガラス複合材を用いた歯科用組織再生材料の研究開発
 歯科用組織誘導法においては、組織再生までは被膜形状が維持され、再生後は生体に吸収されて取出し再手術不要が理想である。
 粘性流動状態を有するMg-Zn-Ca系金属ガラスと結晶質Fe(生分解抑制剤)を混合し、放電プラズマ焼結法を用いて、金属ガラス複合材を作製する。これを用いて、組織再生のための人工被膜、固定ピンを、切削加工・研磨により試作し、擬似体液中に浸漬して生体内生分解性を評価する。
 これらの研究開発により、歯科用組織再生材料として具備すべき、強度、延性、生分解性の最適化をはかり、理想的な材料を作製する。
Jul 2007   第4, 5族元素金属(Ta, Nb, Zr, V, Ti)と鉄鋼材料との異種金属接合に関する実用研究
株式会社SPFの委託による、第4, 5族元素金属(Ta, Nb, Zr, V, Ti)と鉄鋼材料との異種金属接合に関する接合界面の微細組織観察および実用化に関する研究である。