川村 賢二

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/18 01:56
 
アバター
研究者氏名
川村 賢二
 
カワムラ ケンジ
通称等の別名
Kawamura Kenji
URL
http://polaris.nipr.ac.jp/~kawamura/
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系・気水圏研究グループ
職名
准教授
学位
博士(理学)(東北大学)
その他の所属
海洋研究開発機構
科研費研究者番号
90431478
ORCID ID
0000-0003-1163-700X

プロフィール

南極やグリーンランドで掘削されたアイスコアに閉じ込められた過去の空気を取り出して分析し、過去の気候や温室効果ガスの変動を復元し、それらの時間関係をもとにした環境変動メカニズムの解明を目指して研究しています。気候・氷床モデルに入力・比較データを提供するなど、データとモデルの連携も進めています。

極域観測歴:
(1)グリーンランドノースグリップ深層掘削プロジェクト(2001)
(2)グリーンランドNEEM深層掘削プロジェクト(2010)
(3)第57次南極地域観測隊(H128アイスコア中層掘削)(2015)
(4)グリーンランドEGRIP深層掘削プロジェクト(2017)
(5)第59次南極地域観測隊(越冬隊)(ドームふじ第2期アイスコア輸送、ドームふじ周辺雪氷調査)(2017-2019)

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
国立極地研究所 准教授
 
2007年
 - 
2011年
国立極地研究所 助教
 
2006年
 - 
2007年
東北大学大学院理学研究科 大気海洋変動観測研究センター 助手
 
2004年
 - 
2006年
米国 スクリップス海洋学研究所 ポスドク地球化学研究員
 
2002年
 - 
2004年
スイス連邦 ベルン大学 ポスドク研究員
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2001年3月
東北大学 理学研究科 地球物理学専攻 博士課程後期
 
1994年
 - 
1996年
東北大学 理学研究科 地球物理学専攻 博士課程前期
 
1990年
 - 
1994年
東北大学 理学部 天文及び地球物理学科第二
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
第3期ドームふじ観測計画 代表
 
2014年9月
 - 
現在
日本雪氷学会 極域雪氷分科会  幹事長
 
2010年
 - 
現在
日本地球科学連合大会「アイスコアと古環境モデリング」セッションコンビーナ
 
2008年
 - 
現在
日本学術会議・環境学委員会・地球惑星科学分科会合同IGBP・WCRP合同分科会・PAGES小委員会  委員
 
2006年
 - 
現在
ドームふじアイスコアコンソーシアム  運営委員(副委員長、事務局長、気体解析グループ副幹事,年代研究グループ副幹事)
 
2008年
 - 
現在
NEEM Project, EGRIP Project  Gas Consortium Member
 
2012年
 - 
2016年
地球環境史学会  評議委員
 
2013年
 - 
2014年
日本地球惑星科学連合(JpGU)  選挙管理委員
 
2012年
   
 
IPICS Open Science Conference, Science Committee, 委員
 
2011年
   
 
European Research Council  Advanced Grant Reviewer
 

受賞

 
2017年8月
日本第四紀学会 日本第四紀学会学術賞 氷床コア中の気体分析による高精度年代測定法の確立と氷期-間氷期サイクルの研究
 
2015年10月
日本気象学会 堀内賞 極域氷床コア及びフィルン空気を基にした過去の大気組成・気候の復元と変動メカニズムの研究
 
2011年
日本雪氷学会 平田賞
 
2011年
泉萩会(東北大学理学部物理系同窓会) 森田記念賞
 

論文

 
Suganuma, Y., Haneda, Y., Kameo, K., Kubota, Y., Hayashi, H., Itaki, T., Okuda, M., Head, M.J., Sugaya, M., Nakazato, H., Igarashi, A., Shikoku, K., Hongo, M., Watanabe, M., Satoguchi, Y., Takeshita, Y., Nishida, N., Izumi, K., Kawamura, K., Kawamata, M., Okuno, J., Yoshida, T., Ogitsu, I., Yabusaki, H., Okada, M.
Quat. Sci. Rev.   191 406-430   2018年5月   [査読有り]
Ryu Uemura, Hideaki Motoyama, Hideaki Motoyama, Valérie Masson-Delmotte, Jean Jouzel, Kenji Kawamura, Kenji Kawamura, Kumiko Goto-Azuma, Kumiko Goto-Azuma, Shuji Fujita, Shuji Fujita, Takayuki Kuramoto, Takayuki Kuramoto, Motohiro Hirabayashi, Motohiro Hirabayashi, Takayuki Miyake, Hiroshi Ohno, Hiroshi Ohno, Koji Fujita, Ayako Abe-Ouchi, Ayako Abe-Ouchi, Yoshinori Iizuka, Shinichiro Horikawa, Shinichiro Horikawa, Makoto Igarashi, Keisuke Suzuki, Toshitaka Suzuki, Yoshiyuki Fujii
Nature Communications   9    2018年12月
© 2018 The Author(s). The δD temperature proxy in Antarctic ice cores varies in parallel with CO 2 through glacial cycles. However, these variables display a puzzling asynchrony. Well-dated records of Southern Ocean temperature will provide crucia...
Bernhard Bereiter, Bernhard Bereiter, Bernhard Bereiter, Kenji Kawamura, Kenji Kawamura, Kenji Kawamura, Jeffrey P. Severinghaus
Rapid Communications in Mass Spectrometry   32 801-814   2018年5月
Copyright © 2018 John Wiley & Sons, Ltd. Rationale: The global ocean constitutes the largest heat buffer in the global climate system, but little is known about its past changes. The isotopic and elemental ratios of heavy noble gases (krypton an...
Bernhard Bereiter, Bernhard Bereiter, Bernhard Bereiter, Sarah Shackleton, Daniel Baggenstos, Daniel Baggenstos, Kenji Kawamura, Kenji Kawamura, Kenji Kawamura, Jeff Severinghaus
Nature   553 39-44   2018年1月
© 2018 Macmillan Publishers Limited, part of Springer Nature. All rights reserved. Little is known about the ocean temperature's long-term response to climate perturbations owing to limited observations and a lack of robust reconstructions. Althou...
Julien Emile-Geay, Nicholas P. McKay, Darrell S. Kaufman, Lucien Von Gunten, Jianghao Wang, Kevin J. Anchukaitis, Nerilie J. Abram, Jason A. Addison, Mark A.J. Curran, Mark A.J. Curran, Michael N. Evans, Benjamin J. Henley, Zhixin Hao, Belen Martrat, Belen Martrat, Helen V. McGregor, Raphael Neukom, Gregory T. Pederson, Barbara Stenni, Kaustubh Thirumalai, Johannes P. Werner, Chenxi Xu, Dmitry V. Divine, Dmitry V. Divine, Bronwyn C. Dixon, Joelle Gergis, Ignacio A. Mundo, Takeshi Nakatsuka, Steven J. Phipps, Cody C. Routson, Eric J. Steig, Jessica E. Tierney, Jonathan J. Tyler, Kathryn J. Allen, Nancy A.N. Bertler, Jesper Björklund, Brian M. Chase, Min Te Chen, Ed Cook, Rixt De Jong, Kristine L. DeLong, Daniel A. Dixon, Alexey A. Ekaykin, Alexey A. Ekaykin, Vasile Ersek, Helena L. Filipsson, Pierre Francus, Mandy B. Freund, Massimo Frezzotti, Narayan P. Gaire, Narayan P. Gaire, Konrad Gajewski, Quansheng Ge, Hugues Goosse, Anastasia Gornostaeva, Martin Grosjean, Kazuho Horiuchi, Anne Hormes, Katrine Husum, Elisabeth Isaksson, Selvaraj Kandasamy, Kenji Kawamura, Kenji Kawamura, K. Halimeda Kilbourne, Nalan Koç, Guillaume Leduc, Hans W. Linderholm, Andrew M. Lorrey, Vladimir Mikhalenko, P. Graham Mortyn, Hideaki Motoyama, Andrew D. Moy, Andrew D. Moy, Robert Mulvaney, Philipp M. Munz, David J. Nash, David J. Nash, Hans Oerter, Thomas Opel, Anais J. Orsi, Dmitriy V. Ovchinnikov, Trevor J. Porter, Heidi A. Roop, Casey Saenger, Masaki Sano, David Sauchyn, Krystyna M. Saunders, Krystyna M. Saunders, Marit Solveig Seidenkrantz, Mirko Severi, Xuemei Shao, Marie Alexandrine Sicre, Michael Sigl, Kate Sinclair, Scott St George, Jeannine Marie St Jacques, Jeannine Marie St Jacques, Meloth Thamban, Udya Kuwar Thapa, Elizabeth R. Thomas
Scientific Data   4    2017年7月
Reproducible climate reconstructions of the Common Era (1 CE to present) are key to placing industrial-era warming into the context of natural climatic variability. Here we present a community-sourced database of temperature-sensitive proxy record...
Gavin A. Schmidt, Jeff Severinghaus, Ayako Abe-Ouchi, Richard B. Alley, Wallace Broecker, Ed Brook, David Etheridge, Kenji Kawamura, Ralph F. Keeling, Margaret Leinen, Kate Marvel & Thomas F. Stocker
Nature   547 E16-E17   2017年7月   [査読有り]
Anais J. Orsi, Kenji Kawamura, Valerie Masson-Delmotte, Xavier Fettweis, Jason E. Box, Dorthe Dahl-Jensen, Gary D. Clow, Amaelle Landais, Jeffrey P. Severinghaus
Geophysical Research Letters      2017年4月   [査読有り]
Dome Fuji Ice Core Project Members (corresponding authors: Kawamura, K., Motoyama, H. and Abe-Ouchi, A.)
Science Advances   3 e1600446   2017年2月   [査読有り]
PARRENIN, F., FUJITA, S., ABE-OUCHI, A., KAWAMURA, K., MASSON-DELMOTTE, V., MOTOYAMA, H., SAITO, F., SEVERI, M., STENNI, B., UEMURA, R. and WOLFF, E.W.
Journal of Glaciology      2016年8月   [査読有り]
Past Interglacials Working Group of PAGES
Reviews of Geophysics   54 162-219   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
川村 賢二
雪氷 : 日本雪氷協會雜誌   74(1) 79-82   2012年1月
川村 賢二
環境技術 = Environmental conservation engineering   40(4) 206-212   2011年4月

書籍等出版物

 
低温環境の科学事典
河村公隆 他編(編集者、執筆者)
朝倉書店   2016年7月   
地球温暖化−そのメカニズムと不確実性
日本気象学会地球環境問題委員会編(分担執筆)
朝倉書店   2014年12月   
新版 雪氷辞典
日本雪氷学会編(分担執筆)
古今書院   2014年3月   
地球温暖化の事典
国立環境研究所地球環境研究センター編著(査読および作図協力)
丸善出版   2014年3月   
アイスコア ~地球環境のタイムカプセル~
藤井理行、本山秀明、東久美子、飯塚芳徳、伊村智、植村立、川村賢二、神田啓史、河野美香、藤田秀二、堀内一穂、三澤啓司、望月優子 (担当:共著, 範囲:1-7節「大気組成の復元」、2-5節「過去数十万年の気候と環境の変化」、コラム「アイスコアの同じ深さで氷と空気の年代が違う」、コラム「ミランコビッチ・サイクル」の計約30頁)
成山堂   2011年3月   

講演・口頭発表等

 
State dependence of climatic instability over the past720,000 years from Antarctic ice cores and climate modelling [招待有り]
Kenji Kawamura (DomeFuji Ice Core Project)
2017年9月   
南極ドームふじ氷床コアから探る過去72万年間における気候の不安定性と平均状態の関係
川村賢二、本山秀明、阿部彩子、ドームふじアイスコアコンソーシアム
日本第四紀学会   2017年8月   
南極氷床と気候の変動及び相互作用に関する研究展望
川村賢二、杉山慎、植村立、本山秀明、澤柿教伸、飯塚芳徳、堀内一穂、青木周司、東久美子、藤田秀二、関宰、平林幹啓、大藪幾美
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月   
南極ドームふじアイスコアの解析から得られた過去72万年間における気候の不安定性と平均状態の関係
川村賢二、阿部彩子、本山秀明、ドームふじアイスコアプロジェクト
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月   
100万年超を目指した深層アイスコア掘削と気候復元研究
川村賢二、アイスコアコンソーシアム
日本地球惑星科学連合大会   2017年5月   
Updates on O2/N2dating of the Dome Fuji ice core, and some analyses on Terminations
Kenji Kawamura, Ikumi Oyabu, Shuji Aoki and Takakiyo Nakazawa
Second QUIGS Workshop “Glacial Terminations:Timing & Shape”   2016年10月   
南極ドームふじ近傍における次期深層氷床コア掘削
川村賢二,本山秀明,東久美子, 藤田秀二, 古川晶雄, 中澤文男, 青木周司, 東信彦, 阿部彩子, 飯塚芳徳, 植村立, 内田努, 大野浩, 亀田貴雄, 鈴木利孝, 高田守昌, 平林幹啓, 藤田耕史, 福井幸太郎, 堀彰, 堀内一穂, 的場澄人, 宮本淳
雪氷研究大会   2016年9月   
アイスコアから見る過去8回の氷期サイクルにおける気候の不安定性と平均状態の関係 〜続報〜
川村賢二,本山秀明,阿部彩子, ドームふじアイスコア研究プロジェクト
雪氷研究大会   2016年9月   
南極観測における今後6カ年のアイスコア関連計画
川村 賢二、本山 秀明、東 久美子、藤田 秀二、ドームふじアイスコアコンソーシアム
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月25日   
80万年を超える深層アイスコア掘削による気候復元研究
川村 賢二、藤田 秀二、東 久美子、本山 秀明、ドームふじアイスコアコンソーシアム
日本地球惑星科学連合大会   2016年5月24日   
極域氷床コア及びフィルン空気を基にした過去の大気組成・気候の復元と変動メカニズムの研究 [招待有り]
川村賢二
日本気象学会2015年秋季大会・堀内賞受賞記念講演   2015年10月29日   
川村 賢二, 北村 享太郎, Dallmayr Remi, 東 久美子, 青木 周司, 中澤 高清
日本気象学会2015年秋季大会   2015年10月28日   
アイスコアを中心とした南極気候・氷床研究の現状と展望 [招待有り]
川村賢二、阿部彩子、藤田秀二、東久美子、本山秀明、植村立、飯塚芳徳
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月24日   
極域アイスコアからみた退氷期と間氷期 [招待有り]
川村賢二、青木周司、中澤高清、Jeffrey P. Severinghaus、Daniel Baggenstos、阿部彩子、齋藤冬樹、ドームふじ氷床コア研究プロジェクト
日本第四紀学会2014年大会   2014年9月5日   
アイスコアによる古気候解析に関わる諸課題 [招待有り]
川村 賢二
「地球流体現象の疎構造」研究集会   2014年3月14日   
氷床コアと海底コアの年代同期 [招待有り]
川村賢二、青木周司、中澤高清、阿部彩子、齋藤冬樹
古海洋・古気候に関するシンポジウム   2014年1月8日   
氷床コア分析による過去のCO2の復元 [招待有り]
川村賢二
日本気象学会秋季大会シンポジウム「二酸化炭素研究の新展開」   2013年11月20日   
Climatic forcing and glacial cycles over the last 700,000 years viewed from Antarctica [招待有り]
K. Kawamura, S. Aoki, T. Nakazawa
International CAWSES-II Symposium   2013年11月18日   
Climatic and atmospheric histories over the past 700,000 years from the Dome Fuji deep ice core, Antarctica [招待有り]
K. Kawamura, S. Aoki, T. Nakazawa, K. Matsumoto, H. Nakata, H. Matsusima, Y. Kikuchi, H. Motoyama, Y. Fujii, O. Watanabe
G-COE 2012 Symposium   2012年9月25日   
Timing of insolation forcing, CO2 and sea level changes around the current and last four interglacial periods
Kawamura, K; Aoki, S; Nakazawa, T; Abe-Ouchi, A; Saito, F;
AGU Fall Meeting   2013年   
川村賢二, 青木周司, 中澤高清, 鈴木香寿恵, 阿部彩子
日本第四紀学会講演要旨集   2013年8月22日   
川村賢二, 川村賢二, 北村享太郎, DALLMAYR Remi
第4回極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2013年   
川村賢二, 川村賢二, 青木周司, 中澤高清, 阿部彩子, 阿部彩子, 阿部彩子, 東久美子
第4回極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2013年   
川村賢二
日本第四紀学会講演要旨集   2012年8月20日   
Accurate age scale of the Dome Fuji ice core, Antarctica from O2/N2 ratio of trapped air
Kawamura, K; Aoki, S; Nakazawa, T; Suzuki, K; Parrenin, F;
EGU General Assembly   2012年   
Lack of deep air convection in firn at Dome Fuji in the last glacial maximum from precise measurements of krypton isotopes
Kawamura, K; Severinghaus, JP;
AGU Fall Meeting   2012年   
川村賢二
雪氷研究大会講演要旨集   2011年9月1日   
川村賢二, 青木周司, 中澤高清, 阿部彩子, 齋藤冬樹
日本第四紀学会講演要旨集   2011年8月20日   
Multi-millennial-scale climatic variations in Antarctica and their relation with orbital changes for the last eight glacial periods
Kawamura, K;
AGU Fall Meeting   2011年   
高村近子, 川村賢二, 小端拓郎
極域科学・宙空圏・気水圏・生物・地学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2011年   
川村賢二
極域科学・宙空圏・気水圏・生物・地学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2011年   
川村賢二, 青木周司, 中澤高清
極域科学・宙空圏・気水圏・生物・地学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)   2011年   
Timing and duration of the last five interglacial periods from an accurate age model of the Dome Fuji Antarctic ice core
Kawamura, K; Aoki, S; Nakazawa, T; Abe-Ouchi, A; Saito, F;
AGU Fall Meeting   2010年   
Multi-millennial-scale climate variability in Antarctica during the past seven glacial periods
Kawamura, K;
AGU Fall Meeting   2009年   
川村賢二
日本第四紀学会講演要旨集   2008年8月20日   
Mean Ocean Temperature Deduced from Kr and Xe Covaries with Atmospheric CO2
Headly, MA; Kawamura, K; Severinghaus, JP;
AGU Fall Meeting   2008年   
Phasing of orbital forcing and Antarctic climate over the past 470,000 years from an extended Dome Fuji O2/N2 chronology
Kawamura, Kenji; Matsushima, Hirohisa; Aoki, Shuji; Nakazawa, T;
AGU Fall Meeting   2007年   
Kinetic gas fractionation by air convection in polar firn
Severinghaus, JP; Kawamura, K;
AGU Fall Meeting   2007年   
川村賢二, 松島寛尚, 石戸谷重之, 青木周司, 中澤高清, 菅原敏
極域気水圏シンポジウムプログラム・講演要旨   2007年   
Northern Hemisphere Forcing of Climatic Cycles Over the Past 360,000 Years Implied by Absolute Dating of Antarctic Ice Cores
Kawamura, K; Parrenin, F; Uemura, R; Vimeux, F; Severinghaus, JP; Nakazawa, T; Aoki, S; Jouzel, J; Matsumoto, K; Nakata, H;
AGU Fall Meeting   2006年   
What Controls the Pacing of 100-ky Glacial Cycles?
Raymo, ME; Kawamura, K; Lisiecki, L; Thompson, WG; Severinghaus, JP;
AGU Fall Meeting   2006年   
Evidence of deep air convection in firn at Vostok, Antarctica in the Penultimate Glacial Maximum from precise measurements of Kr isotopes
Severinghaus, JP; Kawamura, K; Headly, M;
AGU Fall Meeting   2006年   
Ice mill: First CO2 measurements with a new extraction method
Geophysical Research Abstracts   2006年   
菅原敏, 川村賢二, 石戸谷重之, 石島健太郎, 橋田元, 青木周司, 中沢高清
極域気水圏シンポジウムプログラム・講演要旨   2005年11月   
Krypton and xenon as indicators of convective zone thickness in firn at Megadunes, Antarctica
Kawamura, K; Severinghaus, JP;
AGU Fall Meeting   2005年   
Krypton and Xenon as indicators of convective zone thickness in firn at Megadunes, Antarctica
Eos Trans. AGU   2005年   
Close resemblance between local summer insolation, O2/N2 and total air content from the Dome Fuji ice core, Antarctica
Kawamura, K; Nakazawa, T; Aoki, S; Fujii, Y; Watanabe, O; Severinghaus, JP;
AGU Fall Meeting   2004年   
Close resemblance between local summer insolation, O2/N2 and total air content from the Dome Fuji ice core, Antarctica
Eos Trans. AGU   2004年   
Variation of the CO2 concentration for the past 320,000 years deduced from the Dome Fuji deep ice core, Antarctica
Proceedings of the 6th International Carbon Dioxide Conference   2001年   
川村 賢二, 青木 周司, 中澤 高清, 橋田 元, 藤井 理行, 鈴木 啓助, 山田 知充
大会講演予講集   2000年5月24日   
川村賢二, 青木周司, 中沢高清, 橋田元, 藤井理行, 鈴木啓助, 山田知充
日本気象学会大会講演予稿集   2000年5月   
中沢高清, 川村賢二, 青木周司, 渡辺興亜
日本気象学会大会講演予稿集   2000年5月   
川村 賢二, 中澤 高清, 青木 周司, 藤井 理行, 渡辺 興亜
大会講演予講集   1997年10月   
川村賢二, 中沢高清, 青木周司, 藤井理行, 渡辺興亜
日本気象学会大会講演予稿集   1997年10月   
音無 香織, 中澤 高清, 青木 周司, 川村 賢二, 町田 敏暢, 成田 英器, 渡辺 興亜
大会講演予講集   1997年5月   
音無香織, 中沢高清, 青木周司, 川村賢二, 町田敏暢, 成田英器, 渡辺興亜
日本気象学会大会講演予稿集   1997年5月   
川村 賢二, 中澤 高清, 青木 周司, 町田 敏暢, 藤井 理行, 渡辺 興亜
大会講演予講集   1996年5月21日   
川村賢二, 中沢高清, 青木周司, 町田敏暢, 藤井理行, 渡辺興亜
日本気象学会大会講演予稿集   1996年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
熱-水-物質の巨大リザーバ:全球環境変動を駆動する南大洋・南極氷床
文部科学省 科学研究費補助金: 新学術領域研究
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 川村 賢二
南極氷床と気候の変動及び相互作用
文部科学省 科学研究費補助金: 新学術領域研究(計画研究)
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 川村 賢二
南極氷床コア高解像度大気組成分析に基づく退氷期における気候・海洋・氷床変動の解明(国際共同研究強化)
科研費 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 川村 賢二
科研費基盤A
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 堀内 一穂
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 川村 賢二

社会貢献活動

 
第3期ドームふじ氷床コア掘削について/新学術領域研究「南極の海と氷床」について
【講師】  弘前大学  南極中継  2018年5月21日
第3期ドームふじ氷床コア掘削について
【講師】  弘前大学  南極中継  2018年5月8日
南極 春の学校
【講師, 運営参加・支援】  新学術領域「南極の海と氷床」  南極中継  2018年3月
3000mのタイムカプセル:南極の氷から分かる過去の気候変動
【講師】  高知大学海洋コア総合研究センター・国立極地研究所 合同公開シンポジウム「南極:大陸・海・氷床を探る」  2017年7月26日
3000 mのタイムカプセル ―極地の氷が語る地球環境の過去と未来―
【講師】  慶應義塾大学 自然科学研究教育センター講演会  2017年7月4日
南極氷床コアから見る地球環境の変動 --- 3000mのタイムカプセル ---
【講師】  南極OB会宮城支部  南極観測60周年記念講演会 南極から探る宇宙と地球  2017年6月
南極氷床コアから見る地球環境の変動
【講師】  南極OB会(南極観測60周年記念事業委員会)、国立極地研究所、 公益財団法人日本極地研究振興会  南極観測60周年記念講演会  2017年1月22日
南極やグリーンランドのアイスコアから知る過去の気候や氷床の変動
【講師】  一橋大学  極地研究所訪問見学  2016年12月
グリーンランドのアイスコアから知る過去の気候や氷床の変動
【講師】  立川市協働講座(市民​交流大学)  2015年2月
3000mのタイムカプセル〜南極氷床コアから読み解く地球温暖化〜
【講師】  磐城高校  スーパーサイエンスハイスクール研修  2015年2月

研究集会・コンビーナなど

 
2017年9月   新学術領域「熱-水-物質の巨大リザーバ:全球環境変動を駆動する南大洋・南極氷床」キックオフミーティング開催
2017年9月   第3期ドーム計画および南極新学術氷床班 合同キックオフミーティング 「深層氷床掘削・解析・観測・モデリングによる南極氷床と気候の変動及び相互作用の解明に向けて」開催
日本地球科学連合大会「アイスコアと古環境変動」セッションコンビーナ(2010年〜)
2016年9月   雪氷学会スペシャルセッション「アイスコア:掘削プロジェクトおよび研究の到達点と展望」
2015年9月   極地研研究集会「南極雪氷科学の展開による新たな古環境復元とメカニズム理解にむけて」
2015年4月   ISAR4 session on Arctic paleoclimate and polar amplification
2012年   研究集会「極域からさぐる第四紀の地球気候変動史」幹事
2012年   研究集会「氷床コアからさぐる第四紀の地球気候変動史」幹事
2009年   2nd International Symposium on the Dome Fuji Ice Core and Related Topics, Tokyo (2009)
2008年   先進プロジェクト研究集会 幹事