泉 武夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/04 16:44
 
アバター
研究者氏名
泉 武夫
 
イズミ タケオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/c19062f42e635c0652735781100ce7f1.html
学位
博士(文学)(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 大学院文学研究科 歴史科学専攻 美術史学講座 東洋・日本美術史分野 教授
 
1984年
 - 
2006年
京都国立博物館 文部技官 美術室員(1984-1989),主任研究官(1990-2000),資料管理室長(2001-2003),教育室長(2004-2006)
 
1979年
 - 
1984年
大阪市立美術館 学芸員
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東北大学 文学研究科 美学美術史
 
 
 - 
1976年
東北大学 文学部 
 

委員歴

 
2009年
   
 
特別展「朝鮮王朝の絵画と日本」仙台展実行委員会 委員
 
2015年
   
 
美術史学会  常任委員
 
2009年
 - 
2012年
美術学会  常任委員
 
2008年
 - 
2009年
美術史学会  委嘱委員
 
2002年
 - 
2003年
美術史学会  委嘱委員
 

受賞

 
1989年
國華賞
 

Misc

 
十体阿弥陀像の成立
泉武夫
佛教藝術   (165) 28-47   1986年
伝船中湧現観音像の図像と修法
泉武夫
美術史   (157) 1-12   2004年
五大力菩薩像をめぐる基盤的考察―試論―
泉武夫
國華   (1310) 7-25   2004年
図像の力―黄不動尊の造形的環境
泉武夫
日本美術史の水脈   252-278   1993年
青不動―画像と行法をめぐる形と意味―
泉武夫
講座日本美術史3   47-80   2005年

書籍等出版物

 
仏画の尊容表現
中央公論美術出版   2010年   
仏画の造形
吉川弘文館   1995年   
絵は語る2仏涅槃図―大いなる死の造形―
平凡社   1994年   
国宝釈迦金棺出現図
便利堂   1992年   
美術館へ行こう み仏の絵に近づく
新潮社   1998年   

講演・口頭発表等

 
仏画からみた写実技法、および絹目の問題
鹿島美術財団東京美術講演会   2012年   
中世の兜率天弥勒—もうひとつの浄土信仰
2011年度美術史学会東支部大会シンポジウム「救済と霊源」   2011年   
栖雲寺の画像をめぐって
日本に現存するマニ教絵画の諸問題   2011年   
平安後期から鎌倉前期の仏教儀礼における図像・画像の役割ー可視と不可視の間でー
前近代の日本におけるあらたな法会・儀礼学の構築をめざしてーことば・ほとけ・図像の交響   2011年   
東アジア宗教におけるイメージ・図像・象徴への美術史的アプローチ
印度学宗教学会学術大会   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
日本仏画における皆金色技法の成立と表現史に関する基礎的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2004年