徳山 英利

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/04 13:55
 
アバター
研究者氏名
徳山 英利
 
トクヤマ ヒデトシ
eメール
tokuyamamail.pharm.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4d4bfe65cfe518ffb3fd35362e512ef1.html
所属
東北大学
部署
大学院薬学研究科・薬学部 分子薬科学専攻 分子制御化学講座 医薬製造化学分野
職名
教授
学位
博士(理学)(東京工業大学)
ORCID ID
0000-0002-6519-7727

研究分野

 
 

経歴

 
2006年5月
 - 
現在
東北大学 大学院薬学研究科 教授
 
2003年2月
 - 
2006年4月
東京大学 大学院薬学系研究科 助教授
 
2002年10月
 - 
2006年3月
JST さきがけ研究21「合成と制御」領域 研究者 兼任
 
2001年4月
 - 
2003年1月
東京大学 大学院薬学系研究科 講師
 
1995年11月
 - 
2001年3月
東京大学 薬学部 助手
 
1994年10月
 - 
1995年11月
ペンシルバニア大学化学科 博士研究員
 
1995年4月
 - 
1995年10月
日本学術振興会海外特別研究員
 
1992年4月
 - 
1995年3月
日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1994年9月
東京工業大学 理工学研究科 博士課程 
 
1990年4月
 - 
1992年3月
東京工業大学 大学院理工学研究科 修士課程 
 
1986年4月
 - 
1990年3月
東京工業大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2016年6月
 - 
現在
公益財団法人アステラス病態代謝研究会  理事 選考委員長
 
2017年4月
 - 
2019年3月
公益財団法人 東京生化学研究会  選考委員
 
2012年9月
 - 
2016年5月
公益財団法人アステラス病態代謝研究会  学術委員
 
2007年4月
 - 
2012年8月
財団法人 病態代謝研究会  評議員
 

受賞

 
2018年11月
International Congress on Pure & Applied Chemistry Langkawi, Symposium Award
 
2017年11月
第12回アジア先端有機化学国際会議 Lectureship Award (China)
 
2015年8月
International Society of Heterocyclic Chemistry International Society of Heterocyclic Chemistry, Alan R. Katritzky Junior Award in Heterocyclic Chemistry
 
2014年11月
日本薬学会 日本薬学会学術振興賞
 
2014年12月
有機合成化学協会 有機合成化学協会企業冠賞(第一三共・創薬有機化学賞)
 
2011年4月
長瀬科学技術振興財団 長瀬科学技術振興財団研究奨励賞
 
2009年12月
アジア最先端有機化学国際会議 第四回アジア最先端有機化学国際会議Lectureship Award to China
 
2009年12月
アジア最先端有機化学国際会議 第四回アジア最先端有機化学国際会議Lectureship Award to Thailand
 
2007年4月
文部科学省 平成19年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(若手科学者賞)
 
2006年11月
万有生命科学振興国際交流財団 Banyu Young Chemist Award 2006
 
2006年10月
日本学術振興会アジア最先端有機化学Project 第一回アジア最先端有機化学国際会議 Lectureship Award to Taiwan
 
2005年11月
万有生命科学振興国際交流財団 Banyu Young Chemist Award 2005
 
2003年3月
日本薬学会 日本薬学会奨励賞
 
2002年2月
有機合成化学協会 2001年度有機合成化学協会三共研究企画賞
 
1999年10月
第41回天然有機化合物討論会組織委員会 第41回天然有機化合物討論会奨励賞
受賞者: 徳山英利、山下徹、M. T. Reding、鏑木洋介、福山透
 

論文

 
Chie Otsuka, Yuko Wakahara, Kohki Okabe, Juri Sakata, Masaki Okuyama, Akinobu Hayashi, Hidetoshi Tokuyama, Seiichi Uchiyama
Macromolecules   52    2019年10月   [査読有り]
Mohammad AbdulHai Siddique, Kimio Satoh, Ryo Kurosawa, Nobuhiro Kikuchi, Md. Elias-Al-Mamun, Junichi Omura, Taijyu Satoh, Masamichi Nogi, Shinichiro Sunamura, Satoshi Miyata, Hirofumi Ueda, Hidetoshi Tokuyama, Hiroaki Shimokawa
Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology      2019年9月   [査読有り]
内山 聖一, 徳山 英利
ファルマシア   55(8) 770-774   2019年8月   [査読有り][招待有り]
昨今、ナノゲルに関する研究が少しずつ盛んになっている。昨年には、われわれの研究グループも世界初となるカチオン性ラジカル重合開始剤を開発し、細胞毒性の無いナノゲル状の蛍光性温度センサーを報告している。本解説では、このナノゲルに焦点をあて、無機ナノ粒子と比較しながら、特徴的な物理的・化学的性質を紹介する。また、最近の論文誌で報告されたナノゲルの応用研究の中から、薬学分野に関連するものを取り上げ、現在の方向性と達成度を概観する。
T. Imaizumi, Y. Yamashita, Y. Nakazawa, K. Okano, J. Sakata, H. Tokuyama
Organic Letters   21    2019年   [査読有り]
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   67(8) 872-876   2019年   [査読有り]
D. Kawauchi, H. Ueda, H. Tokuyama
European Journal of Organic Chemistry   15 2056-2060   2019年   [査読有り]
T. Satoh, T. Adachi, K. Okano, J. Sakata, H. Tokuyama
Heterocycles   99 310-323   2019年   [査読有り]
N. Sugisawa, S. Ohnuma, H. Ueda, M. Murakami, K. Sugiyama, K. Ohsawa, K. Kano, H. Tokuyama, T. Doi, J. Aoki, M. Ishida, K. Kudoh, T. Naitoh, S. V. Ambudkar, M. Unno
Mol. Pharmaceutics   15 4021-4030   2018年   [査読有り]
S. Itabashi, M. Shimomura, M. Sato, H. Azuma, K. Okano, J. Sakata, H. Tokuyama
Synlett   29 1786-1790   2018年   [査読有り]
K. Sugimoto, H. Fujiwara, A. Takada, D.-G. Kim, H. Ueda, H. Tokuyama
Heterocycles   97 1028-1049   2018年   [査読有り]
K. Ojima, A. Yangchum, P. Laksanacharoen, K. Tasanathai, D. Thanakitpipattana, H. Tokuyama, M. Isaka
Journal of Antibiotics   351-358   2018年   [査読有り]
S. Uchiyama, T. Tsuji, K. Kawamoto, K. Okano, E. Fukatsu, T. Noro, K. Ikado, S. Yamada, Y. Shibata, T. Hayashi, N. Inada, M. Kato, H. Koizumi, H. Tokuyama
Angewandte Chemie International Edition   57 5413-5417   2018年   [査読有り]
N. Miyamoto, Y. Nakazawa, T. Nakamura, K. Okano, S. Sato, Z. Sun, H. Isobe, H. Tokuyama
Synlett   513-518   2018年   [査読有り]
H. Hakamata, S. Sato, H. Ueda, H. Tokuyama
Organic Letters   19(19) 5308-5311   2017年9月   [査読有り]
Y. Yoshii, H. Tokuyama, D. Y.-K. Chen
Angewandte Chemie International Edition   56 12277-12281   2017年8月   [査読有り]
S. Sato, A. Hirayama, T. Adachi, D. Kawauchi, H. Ueda, H. Tokuyama
Heterocycles   94(10) 1940-1957   2017年8月   [査読有り]
植田浩史、徳山英利
化学と教育   65(4) 190-191   2017年4月   [査読有り]
H. Tokuyama, K. Yamada, H. Fujiwara, J. Sakata, K. Okano, M. Sappan, M. Isaka
The Journal of Organic Chemistry   82(1) 353-371   2017年   [査読有り]
http://apps.webofknowledge.com/full_record.do?product=UA&search_mode=GeneralSearch&qid=3&SID=Z1b6lYz8Ny79dEAI34c&page=1&doc=8

Misc

 
アゾ系カチオン性ラジカル重合開始剤の開発
内山聖一、徳山 英利
化学   73(12) 47-52   2018年11月   [依頼有り]
薬学研究を志すきっかけ、恩師から受けたもの
徳山 英利
薬奨ニュース   (27) 8-8   2018年   [依頼有り]
H. Tokuyama
有機合成化学協会誌   73 1120-1129   2015年
Kentaro Okano, Hidetoshi Tokuyama, Tohru Fukuyama
Chemical Communications   13650-13663   2014年
不安定な七員環をいかにつくるか?ーアセチルアラノチンの全合成
徳山英利、岡野健太郎
化学   69(1) 68-69   2014年
岩間 雄亮, 岡野 健太郎, 徳山 英利
有機合成化学協会誌   71(9) 926-934   2013年
岡野健太郎、福山透、徳山英利
有機合成化学協会誌   68(10) 1036-1046   2010年
S. Yokoshima, H. Tokuyama, T. Fukuyama
The Chemcal Record   10 101-118   2010年
二量体型アルカロイド(+)-Haplophytineの全合成
徳山英利
ファルマシア   46 223-228   2010年
ついに合成!難攻不落のアザジラクチン
杉本健士、徳山英利
月刊 化学   62 70-71   2007年
徳山英利、鈴木雅士、福山透
有機合成化学協会誌   65 470-480   2007年
徳山英利、中村正治
有機合成化学協会誌   63 1893-1896   2005年5月
インドール合成の進展とその応用
徳山英利
現代化学増刊43「最新有機合成化学ーさまざまな元素の活用」      2005年
Palladium-Mediated Synthesis of Aldehydes and Ketones from Thiol Esters
T. Fukuyama, H. Tokuyama
Aldrichimica Acta   37 87-96   2004年
世界をリードする日本の化学、実用的な有機合成を目指すービンブラスチン全合成の考え方
福山 透、徳山英利
月刊現代化学   (7) 38-43   2004年6月
徳山英利
薬学雑誌   123(12) 1007-1021   2003年
Synthesis of 2,3-Disubstituted Indoles by Radical Cyclization of 2-Alkenylphenylisocyanide
H. Tokuyama and T. Fukuyama
The Chemical Record   2(1) 37-45   2002年12月
Pharmacokinetic and Toxicity Studies on Water-Miscible Fullerenes
E. Nakamura, S. Yamago, H. Tokuyama, K. Kuchi, S. Kananishi, K. Sueki, H. Nakahara, S. Enomoto, and F. Ambe
New Horizons in Organic Synthesis   207-212   1997年

書籍等出版物

 
Cutting-Edge Organic Synthesis and Chemical Biology of Bioactive Molecules
Hidetoshi Tokuyama (担当:分担執筆)
Springer   2019年7月   ISBN:978-981-13-6243-9
CSJ Current Review 27 天然有機化合物の全合成 独創的なものづくりの反応と戦略
徳山 英利 (担当:共編者)
化学同人   2018年   ISBN:978-4-7598-1387-6
アルカロイドの科学
徳山英利、梅原厚志 (担当:共著, 範囲:第10章インドールアルカロイドの合成 191頁〜218頁)
化学同人   2017年8月   ISBN:978-4-7598-1418-7
ジョーンズ有機化学(下)第5版
Maitland Jones, Jr., S. A. Fleming 著 奈良坂紘一、山本学、中村栄一監訳 大石茂郎、尾中篤、正田晋一郎、徳山英利訳 (担当:共著)
東京化学同人   2016年10月   ISBN:9784807908943
ジョーンズ有機化学(上)第5版
Maitland Jones, Jr., S. A. Fleming 著 奈良坂紘一、山本学、中村栄一監訳 大石茂郎、尾中篤、正田晋一郎、徳山英利訳 (担当:共編者)
東京化学同人   2016年3月   ISBN:9784807908936
有機合成実験法ハンドブック 第二版
有機合成化学協会編 (担当:共著)
丸善   2015年11月   ISBN:978-4621089484
大学院講義有機化学 II 第二版
野依良治ら (担当:共著)
東京化学同人   2015年10月   ISBN:978-4807908219
スタンダード薬学シリーズII 化学系薬学 I. 化学物質の性質と反応
日本薬学会編 (担当:共著)
東京化学同人   2015年2月   ISBN:978-4807917051
トップドラッグから学ぶ創薬化学
有機合成化学協会編 (担当:共著)
東京化学同人   2012年3月   ISBN:978-4807907762
天然物合成で活躍した反応: 実験のコツとポイント
有機合成化学協会編 (担当:共著)
化学同人   2011年10月   ISBN:978-4759814798
天然物全合成の最新動向
北泰行監修 (担当:共著)
シーエムシー出版   2009年   
天然物の全合成 2000〜2008(日本)
有機合成化学協会編 (担当:共著)
化学同人   2009年   
大学院講義有機化学演習編
野依良治ほか編 (担当:共著)
東京化学同人   2007年3月   
天然物化学ー植物編
山村庄亮、長谷川宏司 編 (担当:共著)
アイピーシー   2007年2月   
演習で学ぶ有機反応機構
福山透、徳山英利、菅敏幸、横島聡ら (担当:共著)
化学同人   2005年10月   
スタンダード薬学シリーズ 化学系薬学 I. 化学物質の性質と反応
日本薬学会編 (担当:共著, 範囲:第15章318〜328)
東京化学同人   2004年11月   
有機合成創造の軌跡126のマイルストーン
竜田邦明ら (担当:共編者)
2002年7月   

講演・口頭発表等

 
AgNTf2-Mediated Amination/Cyclization Cascade and Application to Total Synthesis of (+)-Pestalazine B [招待有り]
徳山 英利
International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018   2018年10月31日   
医薬品・電子材料で注目されるヘテロ環の化学 [招待有り]
徳山 英利
日本化学会産学交流委員会主催「化学技術基礎講座 製品開発に必要な有機合成化学の基礎」   2018年9月5日   
Total Synthesis of (–)-Isoschizogamine via the Late-Stage C-H Functionalization [招待有り]
徳山 英利
The 4th International Symposium on C-H Activation (ISCHA4)   2018年8月31日   
革新的カップリング反応の開発を基盤とする二量体型中分子アルカロイドの高効率全合成 [招待有り]
徳山 英利
新学術領域研究「中分子戦略」第6回成果報告会   2018年6月1日   
フタロシアニン金属触媒を用いた生物活性物質の合成 [招待有り]
徳山 英利
新学術領域研究「精密制御反応場」第4回公開シンポジウム   2018年1月10日   

競争的資金等の研究課題

 
革新的連続反応プロセスの開発を基盤とする高次構造天然物の合成研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 徳山 英利
生体模倣型フタロシアニン金属触媒の精密設計を基盤とする高難度空気酸化の開発と応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 徳山 英利
二量体型中分子アルカロイドの高収束性合成を実現する革新的カップリング反応の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 徳山 英利
独創的骨格構築法と酸化反応の開発を基盤とする複雑なアルカロイドの全合成研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 徳山 英利
革新的カップリング反応の開発を基盤とする二量体型中分子アルカロイドの高効率全合成
日本学術振興会: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 徳山 英利

その他

 
2007年4月   アミナール構造を有するアルカロイドの合成
二核性インドールアルカロイドであるハプロフィチンの全合成研究を行う。アミナール構造を有する構造の転位反応を鍵工程として検討する。
2007年4月   硫黄官能基の特徴を活用した新規官能基変換反応の開発
ジアルキルチオカーボネートと有機亜鉛試薬を用いたPd触媒によるone-pot非対称ケトンの合成反応の検討を行う。
2007年4月   高次構造を有する抗腫瘍性アルカロイドの合成研究」
歪んだビフェニルを含む中員環構造を有するhaouamine類の実践的合成法の確立を目的とし、遷移金属触媒を用いた多置換ベンゼン環の構築反応の開発の検討を行う。
2002年10月   天然物の構造モチーフを基盤とした機能性化合物の開発
ポリチアゾリン等の天然に見られる複素環の繰り返し構造をもとに、その合成手法の開発、立体構造の解析を通して特異な立体構造をもとにした機能性分子の開発を行う。
2002年4月   新規ビンブラスチン誘導体の合成
既に達成したビンブラスチン合成法に関して、誘導体合成への適用が容易な改良法の検討を行った。