赤堀 俊和

J-GLOBALへ         更新日: 10/07/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
赤堀 俊和
 
アカホリ トシカズ
URL
http://biomat.imr.tohoku.ac.jp/
所属
旧所属 東北大学 金属材料研究所 生体材料学研究部門
職名
准教授
学位
博士(工学)(豊橋技術科学大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2007年
   
 
日本金属学会 まてりあ編集委員会  編集委員
 
2008年
   
 
軽金属学会東北支部  幹事
 

受賞

 
2004年
奨励賞
 
2004年
奨励賞
 
2004年
論文賞
 
2004年
Best Poster Presentation Award
 
2005年
技術開発賞
 

Misc

 
Fracture characteristics of fatigued Ti-6Al-4V ELI as an implant material
Mater. Sci. Eng. A-Struct. Mater. Prop. Microstruct. Process.   243 237-243   1998年
日本金属学会誌   62(2) 140-149   1998年
Small Fatigue Crack Behavior of Biomedical Ti-6Al-7Nb with Relating Microstructure
Proc. 6th Japan Int. SAMPE Symp., Ed. T. Tanimoto and T. Morii, October 26-29, (1999)   ,1225-1228    1999年
Small Fatigue Characteristics of Ti-6Al-7Nb
Proc. Fatiguea'99, June 8-12, 1999,Beijing, China   ,353-358    1999年

書籍等出版物

 
Dental Precision Casting of Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr Using Calcia Mold
Materials Science Forum   2005年   
Development of Ti-30 mass% Ta Alloy for Biomedical Applications
Materials Science Forum   2005年   
Influence of Bone Structure on Mechanical Properties of Bovine and Swine Compact Bones
Materials Science Forum   2005年   
Mechanically multifunctional properties and microstructure of new beta type titanium alloy, Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr, for biomedical applications
Frontiers in Materials Research (Springer)   2008年   

Works

 
生体用金属材料の疲労試験方法に関する研究
2007年

競争的資金等の研究課題

 
新しい生体用ジルコニウム合金の創製
その他の研究制度
研究期間: 2007年   
加工熱処理による生体用チタン系およびジルコニウム系合金の高力学機能化
その他の研究制度
研究期間: 2008年   
加工熱処理による生体用β型チタン合金の高機能性付与
その他の研究制度
研究期間: 2006年   
生体用金属材料の高力学機能化
科学研究費補助金
研究期間: 2000年   
生体用金属材料の表面修飾処理
研究期間: 2004年