沖 公祐

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/27 17:35
 
アバター
研究者氏名
沖 公祐
 
オキ コウスケ
所属
香川大学
部署
経済学部 経済と情報
職名
教授
学位
博士(経済学)(東京大学), 修士(経済学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
 - 
2006年
 東京大学大学院経済学研究科, 助手
 
2006年
 - 
2007年
 香川大学経済学部, 講師
 
2007年
 - 
2014年
 香川大学経済学部, 准教授
 
2012年
 - 
2013年
 ケンブリッジ大学経済学部, 客員研究員
 
2014年
   
 
- 香川大学経済学部, 教授
 

学歴

 
 
 - 
2003年
東京大学 経済学研究科 経済理論専攻
 
 
 - 
1997年
東京大学 経済学研究科 経済理論専攻
 
 
 - 
1995年
東北大学 経済学部 経済学科
 

受賞

 
2013年
経済理論学会奨励賞
 

Misc

 
書評:マルチェル・ムスト『アナザー・マルクス』
沖 公祐
週刊読書人      2019年2月
書評:青木孝平『他者の倫理学』
沖公祐
季刊 経済理論   55(1)    2018年4月
書評:W・シュトレーク『資本主義はどう終わるのか』
沖公祐
週刊読書人      2018年2月
書評:F・シェネ『不当な債務』
沖公祐
週刊読書人      2017年11月
資本と国家の弁証法――金融化に関する試論
沖公祐
現代思想   45(11)    2017年5月

書籍等出版物

 
「富」なき時代の資本主義――マルクス『資本論』を読み直す
沖 公祐
現代書館   2019年1月   
翻訳:グローバル資本主義の形成と現在(L.パニッチ&S.ギンディン 著)
作品社   2018年   
現代思想と政治――資本主義・精神分析・哲学(市田良彦・王寺賢太編)
平凡社   2016年   
現代の経済思想(橋本努編)
勁草書房   2014年   
翻訳:所有と進歩(R.ブレナー著)
日本経済評論社   2013年   

講演・口頭発表等

 
所有――所有は豊かさをもたらすか
経済学史学会第79回大会   2015年   
批判的実在論とマルクス経済学
政治経済学ワークショップ   2014年   
再生産論批判
「「現代思想」と政治」研究会   2014年   
剰余論序説
「「現代思想」と政治」研究会   2013年   
The Transition as Aleatory Encounter: Rethinking the Debate on Japanese Capitalism
Historical Materialism, 9th Annual Conference   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
資本主義経済の基礎理論