山谷 秀喜

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/15 03:24
 
アバター
研究者氏名
山谷 秀喜
所属
金沢医科大学

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
金沢医科大学 医学部 
 

論文

 
この患者では薬剤性腎障害に要注意!関連する要因を探る!-① 薬剤性腎障害を引き起こしやすい患者背景
山谷秀喜, 横山 仁
薬局   68(6) 2403-2407   2017年5月
Circulating and renal expression of HLA-G prevented chronic renal allograft dysfunction in Japanese recipients
Okushi Y, Okino K, Mukai K, Matsui Y, Hayashi N, Fujimoto K, Adachi H, Yamaya H, Yokoyama H
Clinical and Experimental Nephrology   21 932-940   2017年3月   [査読有り]
The long-term outcomes of hepatitis C virus core antigen-positive Japanese renal allograft recipients
K.Okino, Y.Okushi, K.Mukai, Y.Matsui, N.Hayashi, K.Fujimoto, H.Adachi, H.Yamaya, H.Yokoyama
Clinical and Experimental Nephrology   21 1113-1123   2017年3月   [査読有り]
H.Adachi, K.Nakayama, N.Hayashi, Y.Matsui, K.Fujimoto, H.Yamaya, H.Tonami, H.Yokoyama
PLoS one   11(10) e0163899-e0163899   2016年   [査読有り]
BACKGROUND:A few studies have investigated the role of adiponectin fraction for cardiovascular disease (CVD) in RTx recipients.;SUBJECTS AND METHODS:We studied 57 adult subjects (39 males, 18 females; 10 cadaveric donors) with at least three years...
Regulation of soluble Flt-1(VEGFR-1) production by hnRNP D and protein arginine methylation
T.Ikeda, Y.Yoshitomi, H.Saito, T.Shimasaki, H.Yamaya, T.Kobata, Y.Ishigaki, N.Tomosugi, Y.Yoshitake, H.Yonekura
Molecular and Cellular Biochemistry   413(1-2) 155-164   2016年   [査読有り]

Misc

 
30年間における腎移植260例の経験
   2005年
急性腎不全で発症した腎限局性サルコイドーシスの1例
   2005年
研究施設紹介 LABORATORY 2005金沢医科大学腎機能治療学(腎臓内科)
   2005年

書籍等出版物

 
総論2 薬剤性腎障害の疫学
横山 仁, 山谷秀喜 その他19名
診断と治療社   2016年2月   
各論3糸球体腎炎・ネフローゼ症候群に使用する免疫抑制薬
横山 仁, 山谷秀喜 その他19名
診断と治療社   2016年2月   
第2章病理・病態生理 病因 3.膜性腎症
横山 仁, 山谷秀喜, 林 憲史
最新医学社   2013年12月   
診断・検査 14血尿を認める糖尿病患者はどのように鑑別診断を進めればよいでしょうか?
山谷秀喜, 横山 仁
メディカルレビュー社   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
臨床腎臓病学
研究期間: 2006年