山本 崇

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/05 08:48
 
アバター
研究者氏名
山本 崇
 
ヤマモト タカシ
URL
http://www.nabunken.go.jp
所属
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所
部署
都城発掘調査部
職名
主任研究員
学位
博士(文学)(立命館大学), 修士(文学)(立命館大学)
科研費研究者番号
00359449

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
 - 
現在
奈良文化財研究所 主任研究員
 
2005年
 - 
2009年
立命館大学文学部 非常勤講師
 
2002年
 - 
2008年
奈良文化財研究所 研究員
 
2001年
 - 
2002年
立命館大学文学部 非常勤講師
 
1996年
 - 
1999年
立命館大学文学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
2000年
立命館大学 文学研究科 史学専攻日本史専修
 
 
 - 
1994年
立命館大学 文学部 史学科日本史学専攻
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本古文書学会  編集委員
 
2003年4月
 - 
2015年3月
条里制・古代都市研究会  委員
 
2005年4月
 - 
現在
木簡学会  委員
 
1999年4月
 - 
2005年3月
木簡学会  幹事
 

論文

 
歴史史料としての日本霊異記
山本 崇
瀬間正之編『『記紀』の可能性』古代文学と隣接諸科学第10巻   242-273   2018年4月   [査読有り][招待有り]
古代木簡のなかの七世紀木簡
山本 崇
犬飼隆編『古代の文字文化』古代文学と隣接諸科学第4巻   285-313   2017年7月   [査読有り][招待有り]
その後の藤原京―藤原宮京の退顚過程
山本 崇
都城制研究(9) 都城の廃絶とその後(奈良女子大学古代学学術研究センター編集・発行)   27-46   2016年3月   [招待有り]
『古語拾遺』嘉禄本・暦仁本解題
山本 崇
古語拾遺(新天理図書館善本叢書 第1期国史古記録第4巻)   1-16   2015年10月   [査読有り][招待有り]
菅原行幸考―平城遷都前夜のヤマト盆地北部
山本 崇
舘野和己編『日本古代のみやこを探る』勉誠出版   73-97   2015年6月   [査読有り]
書誌
山本 崇
『考証日本霊異記 上』(本郷真紹監修・山本崇編集)   410-425   2015年3月
鳥取県良田平田遺跡の出土文字資料
山本崇・高尾浩司・藤井裕之(共著)
奈良文化財研究所紀要2014   52-53   2014年6月
書評 高島英之著『出土文字資料と古代の東国』
山本 崇
日本歴史   (787)    2013年12月   [査読有り]
近年の木簡調査研究の動向
山本 崇
考古学ジャーナル   (649) 9-13   2013年11月
(イラスト監修・解説)「称徳朝の御斎会 天平神護3年(769)正月8日―宮の中枢空間大極殿が仏堂へ一変」
山本 崇
週間朝日百科 新発見!日本の歴史―12号 女帝と「怪僧」の人物像   (12) 8-9   2013年9月
オシテフミ考―大宝令制以前の文書について
山本 崇
『文化財論叢4』(奈良文化財研究所編)   425-442   2012年10月   [査読有り]
藤原宮木簡の樹種
山本崇・藤井裕之(共著)
奈良文化財研究所紀要2012   117-118   2012年6月
壬申の乱と飛鳥寺西の広場―小墾田兵庫をめぐって
山本崇(単著)
明日香風   (122) 8-13   2012年4月   [招待有り]
廃都後の平城宮―奈良時代末から平安時代初期までの平城旧宮
山本崇(単著)
都城制研究(6) 都城の廃絶とその後(奈良女子大学古代学学術研究センター編)   63-76   2012年3月   [招待有り]
平安時代の即位儀とその儀仗―文安御即位調度図考
山本崇(単著)
立命館文学   (624) 103-118   2012年1月   [査読有り]
東面北門周辺の出土木簡と宮内省・中務省
山本崇(単著)
藤原宮木簡三(解説)(奈良文化財研究所編(責任編集・山本崇)、奈良文化財研究所史料第88冊)   22-29   2012年1月
紹介 奥野中彦著『荘園史と荘園絵図』
山本崇(単著)
日本史研究   (587) 75   2011年7月   [査読有り][招待有り]
史料からみた第一次大極殿院地区
山本崇(単著)
平城宮発掘調査報告17−第一次大極殿院地域の調査2(奈良文化財研究所編、奈良文化財研究所学報第84冊)   253-298   2011年3月
紹介 沖森卓也著『日本古代の文字と表記』
山本崇(単著)
日本史研究   (576) 80   2010年8月   [査読有り][招待有り]
平城京の建設―条坊と条里
山本崇(単著)
季刊考古学   (112) 23-28   2010年8月   [招待有り]
平城宮木簡の樹種
山本崇・藤井裕之(共著)
奈良文化財研究所紀要2010   66-67   2010年6月
第一次大極殿院地区の変遷と出土木簡
山本崇(単著)
平城宮木簡七(解説)(奈良文化財研究所編(責任編集・山本崇)、奈良文化財研究所史料第85冊)   56-73   2010年3月
平城宮の宮殿
山本崇(単著)
月刊文化財   (556) 15-19   2010年1月   [招待有り]
紹介 春名宏昭著『平城天皇』
山本崇(単著)
古代文化   61(3) 146   2009年12月   [査読有り][招待有り]
男鹿市小谷地遺跡の木簡
五十嵐祐介・高橋学・山本崇(共著)
秋田県埋蔵文化財センター研究紀要   (23) 30-37   2009年3月
木簡出土点数の推移─『全国木簡出土遺跡・報告書綜覧』補考─
山本崇(単著)
科学研究費補助金基盤研究(S)「推論機能を有する木簡など出土文字資料の文字自動認識システムの開発」(研究代表者渡辺晃宏)研究成果報告書』   108-114   2008年3月   [招待有り]
胡桃館遺跡の出土木簡
山本崇(単著)
鷹巣地方史研究   (61) 1-9   2007年10月   [招待有り]
こけら経の製作技法―第86次調査出土の中世木簡
山本崇(単著)
奈良文化財研究所紀要2007   3   2007年6月
斑鳩地域の発掘調査と地割
山本崇・鶴見泰寿・平田政彦・大林潤(共著)
法隆寺若草伽藍跡発掘調査報告(奈良文化財研究所編、奈良文化財研究所学報第76冊)   195-218   2007年3月
難波津の歌の新資料―姫路市辻井廃寺出土木簡の再釈読
山本崇(単著)
奈良文化財研究所紀要2006   48   2006年6月
書評 佐藤信編『西大寺古絵図の世界』
山本崇(単著)
日本歴史   (695) 99-101   2006年4月   [査読有り]
胡桃館遺跡出土木簡の再釈読について
山本崇・高橋学(共著)
秋田県埋蔵文化財センター研究紀要   (20) 55-69   2006年3月   [招待有り]
鷹巣町胡桃館遺跡出土の木簡
山本崇・高橋学(共著)
秋田県埋蔵文化財センター研究紀要   (19) 63-75   2005年3月   [招待有り]
書評 井上和人著『日本古代都城制条里制の実証的研究』
山本崇(単著)
条里制・古代都市研究   (20) 126-131   2004年12月   [査読有り][招待有り]
御斎会とその舗設―大極殿院仏事考
山本崇(単著)
奈良文化財研究所紀要2004   34-37   2004年6月
袴狭遺跡出土木簡と但馬国豊岡盆地の条里
山本崇(単著)
木簡研究   (24) 208-223   2002年11月   [査読有り]
書評 山尾幸久著『筑紫君磐井の戦争―東アジアのなかの古代国家―』
山本崇(単著)
立命館史学   (21) 102-109   2000年11月   [査読有り]
秋篠庄と京北条里
山本崇(単著)
続日本紀研究   (324) 1-18   2000年2月   [査読有り]
淳和院考−平安前期の院について
山本崇(単著)
立命館史学   (20) 1-26   1999年11月   [査読有り]
宇多院宣旨の歴史的前提
山本崇(単著)
古文書研究   (48) 1-19   1998年10月   [査読有り]

Misc

 
木簡の古都学19 都の造営過程の詳細も
山本 崇
朝日新聞週末別冊「be」   (2018年9月1日)    2018年9月   [依頼有り]
山田道の調査―第193・194次
諫早直人・大澤正吾・山本亮・森川実・山本崇・芝康次郎・山崎健・木村史明・村田泰輔・田村朋美・大賀克彦・西山和宏(共著)
奈良文化財研究所紀要2018   110-144   2018年6月   [依頼有り]
飛鳥寺北方の調査―第188-9次、第192-1・9次
土橋明梨紗・尾野善裕・石田由紀子・山本崇(共著)
奈良文化財研究所紀要2018   106-109   2018年6月   [依頼有り]
藤原京右京二条一坊・醍醐環濠の調査―第192-4~6次
山本崇・張祐榮・尾野善裕・土橋明梨紗・清野孝之・山崎健(共著)
奈良文化財研究所紀要2018   95-100   2018年6月   [依頼有り]
木簡の古都学7 長い札や付札も
山本 崇
朝日新聞週末別冊「be」   (2018年5月26日)    2018年5月   [依頼有り]
木簡の古都学5 黎明期から多種多様だった
山本 崇
朝日新聞週末別冊「be」   (2018年5月12日)    2018年5月   [依頼有り]
木簡の古都学3 日本書紀の修飾を明かす
山本 崇
朝日新聞週末別冊「be」   (2018年4月21日)    2018年4月   [依頼有り]
木簡の古都学2 明治や戦前にみつかったものも
山本 崇
朝日新聞週末別冊「be」   (2018年4月14日)    2018年4月   [依頼有り]
漆紙文書の追加報告
山本 崇・前岡孝彰(共著)
豊岡市立歴史博物館 館報(平成28年度)   37-38   2017年11月   [依頼有り]
本誌未掲載出土事例略報(六) 東京・芝神谷町町屋跡遺跡
山本 崇
木簡研究   (39) 150   2017年11月   [依頼有り]
本誌未掲載出土事例略報(六) 東京・旧芝離宮庭園
山本 崇
木簡研究   (39) 149   2017年11月   [依頼有り]
一九七七年以前出土の木簡(三九) 奈良・飛鳥寺
山本 崇
木簡研究   (39) 145-146   2017年11月   [依頼有り]
一九七七年以前出土の木簡(三九) 奈良・和田廃寺
山本 崇
木簡研究   (39) 144-145   2017年11月   [依頼有り]
もうひとつの長屋王墓―『日本霊異記』を歩く2
山本 崇
コラム作寶樓   (122)    2017年7月   [査読有り][依頼有り]
藤原宮東方官衙南地区・東南官衙地区の調査―第188-7次
山本崇・張祐榮・清野孝之・和田一之輔(共著)
奈良文化財研究所紀要2017   111-116   2017年6月
藤原宮朝堂院の調査―第189次
大澤正吾・山本亮・諫早直人・山本崇・西山和宏(共著)
奈良文化財研究所紀要2017   84-102   2017年6月
豊橋市普門寺所蔵僧永意起請の文化財科学的調査
山本崇・浦蓉子・脇谷進一郎・高妻洋成・星野安治(共著)
奈良文化財研究所紀要2017   50-51   2017年6月
探検奈文研163文物の儀是に備われり―藤原宮の幢幡シリーズ下
山本 崇
読売新聞〈奈良版〉2017年1月29日朝刊      2017年1月
本誌未掲載出土事例略報(五) 東京・江戸城跡北の丸公園地区遺跡
山本 崇
木簡研究   (38) 203   2016年11月   [依頼有り]
本誌未掲載出土事例略報(五) 東京・外神田一丁目遺跡
山本 崇
木簡研究   (38) 203   2016年11月   [依頼有り]
本誌未掲載出土事例略報(五) 東京・飯田町遺跡
山本 崇
木簡研究   (38) 202   2016年11月   [依頼有り]
釈文の訂正と追加(一九) 奈良・坂田寺跡
山本 崇
木簡研究   (38) 198-200   2016年11月   [依頼有り]
釈文の訂正と追加(一九) 奈良・石神遺跡
山本 崇
木簡研究   (38) 196-197   2016年11月   [依頼有り]
一九七七年以前出土の木簡(三八) 静岡・甑塚古墳中世墓
竹内直文・山本 崇(共著)
木簡研究   (38) 194-195   2016年11月   [依頼有り]
一九七七年以前出土の木簡(三八) 奈良・藤原京跡右京七条一坊
山本 崇
木簡研究   (38) 191-192   2016年11月   [依頼有り]
二〇一五年出土の木簡 奈良・藤原宮跡
山本 崇
木簡研究   (38) 14-15   2016年11月   [依頼有り]
藤原京右京九条二・三坊、瀬田遺跡の調査(飛鳥藤原第187次)
山本 崇
奈文研ニュース   (61) 2   2016年6月
藤原京右京九条二・三坊、瀬田遺跡の調査―第187次
山本崇・金宇大(共著)
奈良文化財研究所紀要2016   84   2016年6月
藤原宮大極殿院の調査―第186次
廣瀬覚・清野陽一・大澤正吾・山本亮・川畑純・森川実・大谷育恵・山本崇(共著)
奈良文化財研究所紀要2016   62-74   2016年6月
観勒以後―7世紀の暦と時刻制度
山本 崇
キトラ古墳と天の科学(飛鳥資料館図録第63冊)   21-26   2015年10月   [依頼有り]
飛鳥寺の刻書瓦
清野孝之・山本崇・東野治之(共著)
奈良文化財研究所紀要2015   52-55   2015年6月
藤原宮木簡の樹種2
山本崇・藤井裕之(共著)
奈良文化財研究所紀要2015   105-106   2015年6月
因幡・伯耆の古代木簡
山本 崇
しまねの古代文化   (22) 95-101   2015年3月
因幡国・伯耆国関係古代木簡集成(稿)
山本 崇(編)
しまねの古代文化   (22) 129-140   2015年3月
鳥取の古代木簡集成
山本 崇・高尾浩司
木簡からみた古代の山陰―木簡と地域社会の諸相』木簡学会出雲特別研究集会研究集会資料集   17   2014年8月
『日本霊異記』を歩く
山本 崇
コラム作寶樓   (36)    2013年12月
官道の整備と外国使節の往来
山本 崇
飛鳥藤原京への道(飛鳥資料館図録第59冊)   25-30   2013年10月   [依頼有り]
一九七七年以前出土の木簡(三三) 滋賀・北大津遺跡
濱修・山本崇(共著)
木簡研究   (33) 144-146   2011年11月   [依頼有り]
「内裏」「続日本紀」など25項目
山本崇(単著)
図説 平城京事典(奈良文化財研究所編)      2010年12月   [依頼有り]
本誌未掲載出土事例略報(六) 東京・港区No.19遺跡
山本 崇
木簡研究   (39) 150   2017年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
愛知県・静岡県関係古代木簡集成(稿)
山本 崇・藤間 温子(共編) (担当:共編者)
木簡学会   2018年6月   
考証日本霊異記 中
本郷真紹監修・駒井匠編集(共著) (担当:共著)
法藏館   2018年3月   
飛鳥・藤原京を読み解く―古代国家誕生の軌跡
奈良文化財研究所編 (担当:共著, 範囲:山本 崇「第2章 飛鳥・藤原の木簡を紐解く」)
2017年10月   
壬申の乱の時代―美濃国・飛驒国の誕生に迫る
岐阜県博物館編 (担当:分担執筆, 範囲:山本 崇「癸未年荷札の再釈読」)
岐阜県博物館   2017年9月   
飛鳥藤原宮発掘調査報告Ⅴ-左京六条三坊の調査
奈良文化財研究所編(共著) (担当:共著, 範囲:山本 崇「第Ⅳ章-H 墨書土器「香山」とその字形」)
2017年3月   
普門寺と国境のほとけ
豊橋市美術博物館 (担当:共著, 範囲:山本 崇・星野安治(共著)「僧永意起請木札の年代測定」)
豊橋市美術博物館   2017年1月   
飛鳥むかしむかし 国づくり編(朝日選書550)
奈良文化財研究所編 (担当:共著)
朝日新聞出版   2016年10月   
飛鳥むかしむかし 飛鳥誕生編(朝日選書549)
奈良文化財研究所編 (担当:共著)
朝日新聞出版   2016年8月   
坂田寺出土建築部材調査報告書
奈良文化財研究所編 (担当:共著, 範囲:山本 崇「第Ⅳ章関連調査 3墨書資料調査」)
奈良文化財研究所   2016年3月   
古語拾遺(新天理図書館善本叢書 第1期国史古記録第4巻)
天理図書館編(山本崇解題執筆) (担当:共著, 範囲:山本 崇「『古語拾遺』嘉禄本・暦仁本解題」執筆)
八木書店   2015年10月   ISBN:978-4-8406-9554-1 C3321
キトラ古墳と天の科学
奈良文化財研究所飛鳥資料館編(共著) (担当:共著, 範囲:山本 崇「観勒以後―7世紀の暦と時刻制度」)
飛鳥資料館   2015年10月   
考証日本霊異記 上
本郷真紹監修・山本崇編集 (担当:編者)
法藏館   2015年3月   ISBN:978-4-8318-5697-5
歴史の証人 木簡を究める
奈良文化財研究所編(共著) (担当:共著, 範囲:山本 崇「木簡を広げる―古代以外の、さまざまな地域の木簡」)
クバプロ   2014年8月   
全国木簡出土遺跡・報告書綜覧Ⅱ
山本 崇(編)
木簡学会   2014年2月   
飛鳥藤原京への道(飛鳥資料館図録第59冊)
奈良文化財研究所飛鳥資料館編(共著)
奈良文化財研究所飛鳥資料館   2013年10月   
藤原宮木簡三(奈良文化財研究所史料第88冊)
奈良文化財研究所編(山本崇責任編集)
奈良文化財研究所   2012年1月   ISBN:978-4-902010-75-6
平城宮発掘調査報告17−第一次大極殿院地域の調査2(奈良文化財研究所学報第84冊)
奈良文化財研究所編(共編著)   2011年3月   ISBN:978-4-902010-99-2
木簡黎明―飛鳥に集う古の文字たち(飛鳥資料館図録第53冊)
奈良文化財研究所飛鳥資料館(山本崇責任編集)
奈良文化財研究所飛鳥資料館   2010年10月   
木簡から古代がみえる(岩波新書新赤版1256)
岩波書店、木簡学会編(共著)   2010年6月   ISBN:978-4-00-431256-7
伊場木簡と日本古代史
伊場木簡から古代史を探る会編(共著)
六一書房   2010年3月   ISBN:978-4-947743-85-5
平城宮木簡七(奈良文化財研究所史料第85冊)
奈良文化財研究所編(山本崇責任編集)
奈良文化財研究所   2010年3月   ISBN:978-4-902010-75-6
鳥居松遺跡第5次 伊場大溝編
(財)浜松市文化振興財団発行、浜松市教育委員会・浜松市生活文化部生涯学習課文化財担当編(共著)   2009年12月   
日本古代の郡衙遺跡
条里制・古代都市研究会編(共編著)
雄山閣   2009年3月   ISBN:978-4-639-02076-9
胡桃館遺跡埋没建物部材調査報告書(北秋田市文化財調査報告書第10集)
北秋田市教育委員会発行、奈良文化財研究所編(共編著)   2008年3月   ISBN:978-4-902010-65-7
伊場遺跡総括編─文字資料・時代別総括(伊場遺跡発掘調査報告書第12冊)
浜松市教育委員会発行、浜松市生涯学習課(文化財担当)・奈良文化財研究所共編(鈴木敏則・渡辺晃宏・山本崇共編著)   2008年3月   
西大寺食堂院跡・右京北辺発掘調査報告
奈良文化財研究所編(共編著)   2007年3月   ISBN:978-4-902010-49-7
禁野本町遺跡3(枚方市文化財調査報告書49)
(財)枚方市文化財研究調査会発行、西村健司・下村節子・山本崇(共編著)   2006年3月   
大極殿関係史料(稿)(二)編年史料
奈良文化財研究所編(山本崇責任編集)
奈良文化財研究所   2005年2月   
和国の教主 聖徳太子(日本の名僧1)
本郷真紹編(共著)
吉川弘文館   2004年11月   ISBN:978-4-642-07845-0
全国木簡出土遺跡・報告書綜覧
山本崇・寺崎保広(共編)
木簡学会発行   2004年2月   
奈良の寺―世界遺産を歩く―(岩波新書新赤版841)
奈良文化財研究所編(共著)
岩波書店   2003年6月   ISBN:4-00-430841-0
大極殿関係史料(稿)(一)儀式書編
奈良文化財研究所編(山本崇責任編集)
奈良文化財研究所   2003年2月   
奈良新発見―今に生きる歴史を歩く
奈良県歴史教育者協議会編(共著)
かもがわ出版   1999年8月   ISBN:978-4-87699-459-5

講演・口頭発表等

 
木簡からみた古代兵庫 [招待有り]
山本 崇
平成30年度兵庫県生活文化大学考古学講座   2018年9月7日   
日本霊異記の大安寺説話を読む 第3回 日本霊異記の中の大安寺②―大安寺僧の活動 [招待有り]
山本 崇
大安寺歴史講座Ver.8   2018年4月21日   
日本霊異記の大安寺説話を読む 第2回 日本霊異記の中の大安寺①―大安寺の信仰 [招待有り]
山本 崇
大安寺歴史講座Ver.8   2018年1月27日   
日本霊異記の大安寺説話を読む 第1回 大安寺と日本霊異記―史料としての霊異記 [招待有り]
山本 崇
大安寺歴史講座Ver.8   2017年12月16日   
山田道の調査と出土木簡
山本 崇
木簡学会第39回研究集会   2017年12月2日   
高解像多焦点画像連続撮影システムを用いた文化財のイメージング―木製品の年輪年代学への応用を中心に
星野安治・米延仁志・浦蓉子・山本崇
保存科学研究集会2016   2017年3月3日   
七世紀木簡をよむ [招待有り]
山本 崇
泉北教養講座講演会   2017年1月21日   
飛鳥・藤原の木簡を紐解く [招待有り]
山本 崇
第8回奈良文化財研究所東京講演会「飛鳥むかしむかし」   2016年11月13日   
2015年全国出土の木簡
山本 崇
木簡学会第37回研究集会   2015年12月6日   
その後の藤原京―藤原宮京の退顚過程 [招待有り]
山本 崇
第9回都城制研究集会「古代都城のその後と古都へのまなざし」   2015年2月11日   
2014年全国出土の木簡
山本 崇
木簡学会第36回研究集会   2014年12月6日   木簡学会
木簡調査研究におけるこけら経~堀切遺跡出土経をめぐって [招待有り]
山本 崇
うなづき友学館特別講演会   2014年9月28日   
因幡・伯耆の古代木簡 [招待有り]
山本 崇
島根県古代文化センターシンポジウム「よみがえる古代からのメッセージ~木簡が語る古代社会の実像」   2014年9月8日   
2013年全国出土の木簡
山本 崇
木簡学会第35回研究集会   2013年12月8日   木簡学会
木簡を広げる―古代以外の、さまざまな地域の木簡
山本 崇
奈良文化財研究所東京講演会「歴史の証人 木簡を究める」   2013年9月22日   奈良文化財研究所
上宮王家と斑鳩の歴史的・地理的特質 [招待有り]
山本 崇
斑鳩文化協議会・和々塾   2013年8月4日   斑鳩文化協議会・和々塾
古代宮廷の宴―木簡が語る食材 [招待有り]
山本崇(単独)
奈良の食文化研究会例会   2012年5月   奈良の食文化研究会
2011年全国出土の木簡
山本崇(単独)
木簡学会第33回研究集会   2011年12月   木簡学会
平安時代の即位儀とその儀仗―文安御即位調度図考 [招待有り]
山本崇(単独)
日本史研究会古代史部会例会   2011年12月   日本史研究会古代史部会
廃都後の平城宮―奈良時代末から平安時代初期までの平城旧宮 [招待有り]
山本崇(単独)
都城制研究集会   2011年2月   都城制研究集会
木簡は語る―木簡からみた令前の文書行政 [招待有り]
山本崇(単独)
第198回飛鳥塾講義   2010年12月18日   飛鳥塾
北大津遺跡の調査と木簡の再釈読
近藤滋・大橋信弥・山本崇(共同)
木簡学会第32回研究集会   2010年12月4日   木簡学会
平城宮のありさま [招待有り]
山本崇(単独)
平成22年度遷都1300年特別企画「平城京遷都の真実」講義   2010年8月22日   NHK文化センター名古屋教室
平城宮大極殿院とその木簡―平城遷都一三〇〇年 [招待有り]
山本崇(単独)
金鶏会   2010年8月6日   金鶏会
2008年全国出土の木簡
山本崇(単独)
木簡学会第30回研究集会   2008年12月7日   木簡学会
木簡にみる都のくらし、但馬のくらし [招待有り]
山本崇(単独)
第1回特別展「遙かなる平城京」記念講演   2008年3月1日   但馬国府・国分寺館
2007年全国出土の木簡
山本崇(単独)
木簡学会第29回研究集会   2007年12月2日   木簡学会
平城京の地割(条坊)と条里の地割 [招待有り]
山本崇(単独)
平城京はいかに造られたか〜平城遷都1300年講座?講義   2007年11月10日   朝日カルチャー奈良
奈良・万葉の魅力 [招待有り]
山本崇(単独)
「万葉を愛した人物中村一作展」記念講演   2007年11月4日   高松市歴史資料館
木簡調査の100年―全国出土木簡の追跡から
山本崇(単独)
奈良文化財研究所第99回公開講演会講演   2006年10月28日   奈良文化財研究所
秋田県胡桃館遺跡と出土木簡
榎本剛治・高橋学・山本崇・吉川真司(共同)
木簡学会第27回研究集会   2005年12月4日   木簡学会
2005年全国出土の木簡 附.2002年以前全国出土の木簡(拾遺)その2
山本崇(単独)
木簡学会第27回研究集会   2005年12月3日   木簡学会
大嘗宮の発掘調査―奈良時代の儀式を掘る [招待有り]
山本崇(単独)
「南都の考古学」講義   2005年11月26日   奈良市生涯学習センター
平城京と農村 [招待有り]
山本崇(単独)
世界遺産講座「平城京の世界」講義   2003年12月21日   なら奈良館
2003年全国出土の木簡 附.2002年以前全国出土の木簡(拾遺)
山本崇(単独)
木簡学会第25回研究集会   2003年12月7日   木簡学会
袴狭遺跡出土木簡と但馬国豊岡盆地の条里
山本崇(単独)
木簡学会但馬特別研究集会   2002年7月6日   木簡学会
平安前期の庄園―初期庄園論をめぐって―
山本崇(単独)
続日本紀研究会例会   2001年5月25日   続日本紀研究会
秋篠庄と京北条里―京北班田図考― [招待有り]
山本崇(単独)
早雲の会講義   1999年7月10日   早雲の会
京北班田図考
山本崇(単独)
歴史文化学会大会   1999年6月26日   歴史文化学会
秋篠庄と京北条里
山本崇(単独)
続日本紀研究会例会   1999年4月2日   続日本紀研究会
宇多院宣旨の歴史的前提
山本崇(単独)
日本古文書学会大会   1997年10月5日   日本古文書学会
鷺森浩幸氏の近業をめぐって
山本崇(単独)
日本史研究会古代史部会例会   1997年4月15日   日本史研究会古代史部会
太上天皇尊号の儀の展開
山本崇(単独)
日本史研究会古代史部会例会   1996年12月16日   日本史研究会古代史部会
太上天皇制展開過程の研究―尊号宣下制を中心として―
山本崇(単独)
立命館史学会例会   1995年10月   立命館史学会
詔書式の変化と平安初期国家
山本崇(単独)
日本史研究会古代史部会例会   1994年5月16日   日本史研究会古代史部会

競争的資金等の研究課題

 
呪符木簡の時代的地域的特質からみた「木に文字を記す文化」の史的考究
科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 山本 崇