髙間 康史

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/16 12:16
 
アバター
研究者氏名
髙間 康史
 
タカマ ヤスフミ
URL
http://krectmt3.sd.tmu.ac.jp/~takama
所属
首都大学東京
部署
システムデザイン学部
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)

経歴

 
2005年4月
 - 
2014年3月
首都大学東京 システムデザイン学部 准教授
 
1999年4月
 - 
2002年3月
 東京工業大学大学院総合理工学研究科助手
 
2002年4月
 - 
2005年3月
- 東京都立科学技術大学工学部助教授
 

学歴

 
 
 - 
1999年
東京大学 工学系研究科 電子情報工学
 
 
 - 
1994年
東京大学 工学部 電子工学科
 

受賞

 
2016年11月
ISCIIA2016 Best Paper Award
 
2007年
日本知能情報ファジィ学会論文賞
 
2002年
日本ファジィ学会奨励賞
 
2002年
日本ファジィ学会論文賞
 
2000年
国際会議IIZUKA2000優秀論文賞
 

論文

 
Yasufumi Takama,Suzuto Shimizu,Hiroshi Ishikawa 0004
Joint Proceedings of the ACM IUI 2018 Workshops co-located with the 23rd ACM Conference on Intelligent User Interfaces (ACM IUI 2018), Tokyo, Japan, March 11, 2018.      2018年   [査読有り]
Yasufumi Takama,Yu-Sheng Chen,Ryori Misawa,Hiroshi Ishikawa 0004
JACIII   22(4) 506-513   2018年7月   [査読有り]
Ping-Chieh Cheng,Kenichiro Kobayashi,Takehiko Hashimoto,Kazunori Saito,Yasufumi Takama
Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, TAAI 2017, Taipei, Taiwan, December 1-3, 2017   108-111   2017年   [査読有り]
Yasufumi Takama,Koichi Yamaguchi,Lieu-Hen Chen,Hiroshi Ishikawa 0004
Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, TAAI 2017, Taipei, Taiwan, December 1-3, 2017   104-107   2017年   [査読有り]
Lieu-Hen Chen,Hao-Ming Hung,Chun-Yu Chen,Hsiao-Kuang Wu,Yasufumi Takama,Toru Yamaguchi
Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, TAAI 2017, Taipei, Taiwan, December 1-3, 2017   72-75   2017年   [査読有り]

Misc

 
清水 勝太, 高間 康史
JSAI大会論文集   2018(0) 3F2OS12b02-3F2OS12b02   2018年
<p>学術論文は,知識創発にとって重要な情報源の1つである.近年では,インターネットの普及に伴い,Webで大量の学術論文が流通しており,多くの研究者が電子的にそれらを利用している.流通する論文などの研究情報の量と人間の処理能力のギャップが増大し,読むべき論文の選択が研究者にとって以前よりも負荷の大きい作業になっている.その結果,選択基準の一つとして論文や学術雑誌の評価指標が利用されている.しかし,多くの研究評価指標は論文の被引用数をもとに算出されることなどから,研究の内容評価に用いられるこ...
柴田 祐樹, 高間 康史
JSAI大会論文集   2018(0) 1E202-1E202   2018年
<p>観光案内では, 訪問すべきスポットだけでなく移動経路もまた利用者にとって重要な情報である. しかしながら経路と観光スポットを同時に決めることは難しく, 一般化された手法は十分に研究されていない. 巡回セールスマン問題 (TSP) を拡張し, ノード (スポット) に重みを追加することで観光案内に適応させた研究は多くあるが, その定式化は複雑なものとなっている. 本稿ではすべての要素を辺に対して割り当てることでより簡潔な定式化を提案する. また, 定式化された問題に対して焼きなまし法を...
高見 玲, 高間 康史
JSAI大会論文集   2018(0) 1P201-1P201   2018年
<p>近年, 様々な分野において時系列的特徴を持つデータが普及している. これらのデータからの知識形成のため, 視覚的分析インタフェースが研究されている. 本稿では, 可視化対象の操作結果に基づき, 背後に存在するモデルやパラメータを操作し, ユーザにフィードバックするアプローチに着目する. しかし, 時系列データに対してこれらのアプローチを適用する場合に, データ自身の変化とユーザ操作による変化の時間軸上での衝突や, 時間軸と空間軸の間におけるインタラクションの衝突, 異なる可視化手法間...
白井 佑, 服部 俊一, 高間 康史
JSAI大会論文集   2018(0) 4Pin142-4Pin142   2018年
<p>本稿では,QOL向上や健康維持のための行動推薦を想定し,電力データから居住者のライフパターンを分析する.近年,スマートメータの普及に伴い電力データの活用が注目されている.その1つとしてQOL向上や高齢者の長期的な見守りの観点から,電力データを用いた居住者の行動推定や,ライフパターンの分析が研究されている.関連研究として不在・在宅推定,用途分解と言った行動推定や電力データをクラスタ分析し幾つかのライフパターンに分け新たな知見を得ようとするものがあげられる.しかし,前者は居住者の行動を特...
岡久 太一, 高間 康史
JSAI大会論文集   2018(0) 1C2OS8a01-1C2OS8a01   2018年
<p>本稿ではローカルデータと公開データを統合利用可能なコンテクスト検索エンジンを提案する.「動向に関する問い」というタスクを対象としたコンテクスト検索エンジンが研究されている.公開可能なデータを収集したものが検索可能であるが,ユーザはプライバシー保護などの問題で外部に公開できないようなデータを所持している場合も多い.このようなローカルデータを公開データと統合利用可能にすることで,データからの新たな価値創造など,その有効活用につながると考える.非公開データ自体を共有することなく,データの利...

書籍等出版物

 
高間 康史
森北出版   2017年   ISBN:9784627853515
Kelly Diane, 上保 秀夫, 神門 典子, 阿部 明典, 加藤 恒昭, 清田 陽司, 高間 康史, 西原 陽子, 森 辰則
丸善出版   2013年   ISBN:9784621086629
原島 文雄, 山口 亨, 久保田 直行, 高間 康史
コロナ社   2008年   ISBN:9784339024296
大澤 幸生, 矢田 勝俊, 高間 康史, 砂山 渡, 山田 雄二
大澤幸生   2008年   
石塚 満, 土肥 浩, 大澤 幸生, 高間 康史, 松尾 豊
石塚満   2007年