IZUMI Shin-ichi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 10, 2019 at 14:15
 
Avatar
Name
IZUMI Shin-ichi
E-mail
izumismed.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/c74ac5253069b46f10cdc4eeb6e65533.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Biomedical Engineering Department of Biomedical Engineering
Job title
Professor
Degree
博士(Keio University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2009
 - 
Today
教授, 東北大学大学院医工学研究科リハビリテーション医工学分野
 
Aug 2002
 - 
Today
教授, 東北大学大学院医学系研究科肢体不自由学分野
 

Education

 
 
 - 
Mar 1983
Faculty of Medicine, Keio University
 

Committee Memberships

 
Oct 2011
 - 
Today
日本学術会議  連携会員
 
Jun 2008
 - 
Today
日本リハビリテーション医学会  理事
 
Apr 2008
 - 
Today
日本嚥下医学会  理事
 
Jun 2006
 - 
Today
日本リハビリテーション医学会  専門医会幹事
 
Apr 2006
 - 
Today
日本臨床神経生理学会  学会認定医(筋電図・神経伝導分野)
 
Apr 2005
 - 
Today
日本臨床神経生理学会  評議員
 
Apr 2001
 - 
Today
日本末梢神経学会  評議員
 
Jan 2010
 - 
Dec 2011
日本ニューロリハビリテーション学会  理事
 

Awards & Honors

 
Jun 2014
通所サービスを利用する高齢者の主観的疲労感と栄養状態との関連, 第51回日本リハビリテーション医学会最優秀賞, 日本リハビリテーション医学会
Winner: 佐藤舞、鈴鴨よしみ、出江紳一
 
Oct 2009
高次脳機能障害を呈すびまん性軸索損傷患者に対する拡散テンソル画像の有用性検討, 第4回リハビリテーション科専門医会優秀演題賞, リハビリテーション科専門医会
Winner: 杉山謙、近藤健男、大内田裕、鈴鴨よしみ、遠藤実、渡邉裕志、新藤恵一郎、出江紳一
 
第4回リハビリテーション科専門医会
May 2008
contraversive pushingを呈した脳卒中症例の責任病巣と経過, 日本理学療法学術大会大会長賞, 日本理学療法学術大会
Winner: 阿部浩明、近藤健男、鈴鴨よしみ、藤原悟、出江紳一
 
第43回日本理学療法学術大会(福岡)公募型シンポジウム「脳科学と理学療法」
Aug 2001
日本リハビリテーション医学会論文賞, 日本リハビリテーション医学会
Winner: 有田元英, 出江紳一, 高橋修, 木村彰男, 千野直一
 

Published Papers

 
Mori T, Izumi S, Suzukamo Y, Okazaki T, Iketani S
Eur Geriatr Med      Sep 2019   [Refereed]
Honda K, Sekiguchi Y, Muraki T, Izumi SI
Journal of biomechanics   86 204-209   Mar 2019   [Refereed]
Nakao M, Oshima F, Maeno Y, Izumi S
Dysphagia      Jan 2019   [Refereed]
Suzuki Y, Muraki T, Sekiguchi Y, Ishikawa H, Yaguchi H, Suzuki Y, Morise S, Honda K, Izumi SI
Gait & posture   67 207-212   Jan 2019   [Refereed]
The Effects of a Mouthpiece for Dysphagia Rehabilitation on the Swallowing Function
Hedeki OYAMA, Hiroyasu KANETAKA, Mitsurou IGARI, Kouichi YABUKI, Kazuyoshi YAMAGUCHI, Shigeto KOYAMA, Shin-ichi IZUMI
The Japanese Journal of Dysphagia Rehabilitation   22(3) 237-248   Dec 2018   [Refereed]
Mohara M, Kawasaki T, Owada R, Imai T, Kanetaka H, Izumi SI, Tsukiyama K, Nakamura K
Neuroscience letters   685 42-49   Oct 2018   [Refereed]
Trial Manufacture of Magnetic Stimulation Coil to Induce the Contraction of Suprahyoid Muscles
Hitoshi MORI, Kenji YASHIMA, Hiroyuki KOSUKEGAWA, Shinichi IZUMI, Toshiyuki TAKAGI
Biomechanisms   24 79-88   Aug 2018   [Refereed]
Aizu N, Oouchida Y, Izumi SI
Neurology   91(8) e751-e758   Aug 2018   [Refereed]
Takeuchi N, Mori T, Suzukamo Y, Izumi SI
Cyberpsychology, behavior and social networking   21(6) 381-387   Jun 2018   [Refereed]
Sekiguchi Y, Muraki T, Owaki D, Honda K, Izumi SI
Gait & posture   62 378-383   May 2018   [Refereed]
Mori T, Takeuchi N, Izumi SI
Gait & posture   59 193-198   Jan 2018   [Refereed]
Nagai M, Tanaka N, Oouchida Y, Izumi SI
Case reports in medicine   2018 8934253   2018   [Refereed]
Taki H, Nagatani Y, Matsukawa M, Kanai H, Izumi SI
The Journal of the Acoustical Society of America   142(4) 2322   Oct 2017   [Refereed]
出江紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(9) 704-709   Sep 2017   [Refereed]
自動車シートの背もたれ下部の支持が脊柱アライメントと身体負担に及ぼす影響
小山秀紀,本田啓太,関口雄介,石川博明,村木孝行,太田誠,平山健太,伊藤智,桜井篤実,出江紳一
人間工学   53(5) 157-166   Aug 2017   [Refereed]
Sekiguchi Y, Kato T, Honda K, Kanetaka H, Izumi SI
Clinical biomechanics (Bristol, Avon)   47 7-13   Aug 2017   [Refereed]
身体への注意に着目した脳内身体表現の定量的評価
大内田裕,会津直樹,出江紳一
日本再生医療学会雑誌   16(suppl) 141-141   Mar 2017   [Refereed]
出江紳一
病院   76(3) 239-241   Mar 2017   [Refereed]
反復経頭蓋磁気刺激を用いたリハビリテーション
竹内直行,出江紳一
BRAIN and NERVE   63(3) 227-238   Mar 2017   [Refereed]
H Abe,K Shimoji,Y Nagamine,S Fujiwara,S Izumi
Neural Plasticity   2017    Feb 2017   [Refereed]
浅尾章彦,阿部玄治,佐藤洋介,出江紳一
臨床神経生理学   45(1) 10-17   Feb 2017   [Refereed]
ニューロモジュレーション
出江紳一
BioClinica   32(1) 20-25   Jan 2017   [Refereed]
脳内身体表現に着目したリハビリテーションの可能性
大内田裕,出江紳一
臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション   54-57   Sep 2016   [Refereed]
出江紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   53 671-675   Sep 2016   [Refereed]
N Takeuchi,S Izumi,J Ota,J Ueda
Neural Plasticity   2016    Sep 2016   [Refereed]
【コーチング】 コーチングのエビデンス、学問としてのコーチング コーチングのエビデンス
出江 紳一
治療   98(9) 1458-1462   Sep 2016   [Refereed]
虚弱高齢者における疲労と嚥下機能
中尾真理,出江紳一
Monthly Book ENTONI 知っておきたい!高齢者の摂食嚥下障害―基本・管理・診療―<増大号>   196 6-10   Aug 2016   [Refereed]
ラット骨格筋に対する高頻度反復末梢性磁気刺激の安全性の検討 筋組織学的検査と血液生化学検査を用いた検討
鈴木 啓太, 平岡 崇, 椿原 彰夫, 伊藤 智崇, 出江 紳一, 八島 建樹, 岩知道 伸久
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   6 56-63   Aug 2016   [Refereed]
【知っておきたい!高齢者の摂食嚥下障害-基本・管理・診療-】 虚弱高齢者における疲労と嚥下機能
中尾 真理 出江 紳一
ENTONI   (196) 6-10   Aug 2016   [Refereed]
Jiang Q, Qin X, Kawane T, Komori H, Matsuo Y, Taniuchi I, Ito K, Izumi S, Komori T
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research   31(7) 1391-1404   Jul 2016   [Refereed]
急性期リハビリテーションの今
出江紳一
リハビリテーション・エンジニアリング   31(2) 38-41   May 2016   [Refereed]
【Festina Lente!ゆっくり急げ-急性期にしかできない支援-】 急性期リハビリテーションの今
出江 紳一
Rehabilitation Engineering   31(2) 38-41   May 2016   [Refereed]
八島 建樹 高木 敏行 出江 紳一 永富 良一 浅尾 章彦 森 仁 阿部 利彦
バイオメカニズム学会誌   40(2) 103-109   May 2016   [Refereed]
頸椎椎弓形成術前後の筋力が頸部痛に及ぼす影響
西崎 香苗 深澤 貴裕 池上 仁志 出江 紳一
日本脊髄障害医学会雑誌   29(1) 20-23   May 2016   [Refereed]
H Ishikawa,T Muraki,S Morise,Y Sekiguchi,N Yamamoto,E Itoi,S Izumi
Eur J Appl Physiol   2016    Apr 2016   [Refereed]
Mori, Takayuki Takeuchi, Naoyuki Suzuki, Sakiko Miki, Mika Kawase, Tetsuaki Izumi, Shin-Ichi
J Int Med Res      Feb 2016   [Refereed]
Takeuchi, Naoyuki Mori, Takayuki Suzukamo, Yoshimi Tanaka, Naofumi Izumi, Shin-Ichi
BMC Neurosci   17 9-9   Feb 2016   [Refereed]
中野渡 達哉 鈴鴨 よしみ 神先 秀人 沖井 明 菅 俊光 出江 紳一
理学療法学   43(1) 30-37   Feb 2016   [Refereed]
コミュニケーショントレーニングが医療現場の組織活性に及ぼす影響
岡本 智子 鈴鴨 よしみ 出江 紳一
医療の質・安全学会誌   11(1) 39-46   Jan 2016   [Refereed]
Hanawa, Sugiko Sugiura, Motoaki Nozawa, Takayuki Kotozaki, Yuka Yomogida, Yukihito Ihara, Mizuki Akimoto, Yoritaka Thyreau, Benjamin Izumi, Shinichi Kawashima, Ryuta
Soc Cogn Affect Neurosci   11(1) 66-77   Jan 2016   [Refereed]
Oouchida, Yutaka Sudo, Tamami Inamura, Tetsunari Tanaka, Naofumi Ohki, Yukari Izumi, Shin-Ichi
Neurosci Res   104 38-43   Dec 2015   [Refereed]
中高齢者脊柱後彎症における歩行時姿勢の検討
鎌田 久美 小澤 浩司 関口 雄介 相澤 俊峰 出江 紳一 井樋 栄二
運動器リハビリテーション   26(4) 414-418   Dec 2015   [Refereed]
ロービジョン者の社会参加にはADLだけでなく心理的適応が影響する
鈴鴨 よしみ 出江 紳一 小野 峰子
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(12) 795-795   Dec 2015   [Refereed]
抹消神経連続パルス磁気刺激の製品化
出江紳一、八島建樹
BIOClinica   30(12) 45-49   Oct 2015   [Refereed]
【リハビリテーション医学の最前線】 末梢神経連続パルス磁気刺激の製品化
出江 紳一 八島 建樹
BIO Clinica   30(12) 1169-1173   Oct 2015   [Refereed]
磁気刺激の臨床応用と治療効果 片麻痺の治療を目的とした磁気刺激装置の評価に用いるガイドライン作成への取組み
出江 紳一
臨床神経生理学   43(5) 395-395   Oct 2015   [Refereed]
運動に連動した連合性ペア磁気刺激が運動記憶に及ぼす影響に関する予備的検討
浅尾 章彦 阿部 玄治 佐藤 洋介 田中 尚文 金高 弘恭 小山 秀紀 森 和美 森 仁 阿部 利彦 八島 建樹 佐藤 眞平 小助川 博之 高木 敏行 出江 紳一
臨床神経生理学   43(5) 471-471   Oct 2015   [Refereed]
Ishikawa, Hiroaki Muraki, Takayuki Sekiguchi, Yusuke Ishijima, Takahiro Morise, Shuhei Yamamoto, Nobuyuki Itoi, Eiji Izumi, Shin-Ichi
J Electromyogr Kinesiol   25(5) 723-730   Oct 2015   [Refereed]
深頸部膿瘍後の重度嚥下障害に舌骨喉頭のマッサージと他動運動が有効と考えられた一例
佐藤 豊展 加藤 健吾 香取 幸夫 河本 愛 石井 亮 近藤 健男 出江 紳一
嚥下医学   4(2) 268-268   Sep 2015   [Refereed]
脊柱後彎症における歩行時姿勢の検討
鎌田 久美 小澤 浩司 関口 雄介 相澤 俊峰 出江 紳一 井樋 栄二
日本整形外科学会雑誌   89(8) S1637-S1637   Sep 2015   [Refereed]
Sekiguchi, Yusuke Muraki, Takayuki Tanaka, Naofumi Izumi, Shin-Ichi
Gait Posture   42(3) 348-353   Sep 2015   [Refereed]
下位胸髄損傷による完全対麻痺患者に装具歩行リハビリテーションを導入した1例
関 慎太郎 近藤 健男 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(8-9) 564-564   Aug 2015   [Refereed]
八島 建樹 高木 敏行 出江 紳一 小助川 博之 森 仁 阿部 利彦
バイオメカニズム学会誌   39(3) 163-168   Aug 2015   [Refereed]
有症候性と無症候性腱板断裂患者における肩甲骨下方回旋筋群の活動特性の違い 超音波エラストグラフィを用いた筋活動評価
石川 博明 村木 孝行 永元 英明 塩田 有規 峯田 光能 山本 宣幸 井樋 栄二 出江 紳一
日本整形外科超音波学会学術集会プログラム・抄録集   27回 83-83   Jul 2015   [Refereed]
リハビリテーション中に脱力発作を繰り返し、経鼻的持続陽圧呼吸療法導入にて症状消失した高齢女性の一例
角田 浩 横道 弘直 南家 俊介 小池 加保児 松尾 英史 位田 剣 殿塚 規雄 筒井 美穂 出江 紳一 本郷 道夫
日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集   40回 265-265   Jul 2015   [Refereed]
中高年の脊柱変形障害に対する新しい運動療法、装具の開発
小澤 浩司 関口 雄介 出江 紳一 井樋 栄二
運動器リハビリテーション   26(2) 243-243   Jun 2015   [Refereed]
中高年脊柱後彎症の歩行解析
鎌田 久美 関口 雄介 小澤 浩司 相澤 俊峰 出江 紳一 井樋 栄二
運動器リハビリテーション   26(2) 248-248   Jun 2015   [Refereed]
脊柱後彎症に対する体幹深層筋群の筋力トレーニングを中心としたリハビリテーション訓練前後の歩行解析 介入の前後を比較した予備的研究
関口 雄介 小澤 浩司 井樋 栄二 出江 紳一
運動器リハビリテーション   26(2) 249-249   Jun 2015   [Refereed]
佐藤 豊展 小川 武則 加藤 健吾 近藤 健男 遠藤 佳子 出江 紳一
言語聴覚研究   12(2) 94-103   Jun 2015   [Refereed]
回復期リハ病棟退院後、経鼻的持続陽圧呼吸療法導入にてADLがさらに改善した左大腿骨転子下骨折の一例
角田 浩 杉山 謙 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S194-S194   May 2015   [Refereed]
脳卒中急性期病院での総合的リハビリテーションの効果
近藤 健男 鈴鴨 よしみ 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S231-S231   May 2015   [Refereed]
サリドマイド胎芽病者の平衡機能について
小林 毅 鈴鴨 よしみ 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S288-S288   May 2015   [Refereed]
脳幹脳炎後に聴覚障害を有した患者に経頭蓋直流電気刺激を施行した一例
森 隆行 竹内 直行 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S333-S333   May 2015   [Refereed]
切断リハビリの現状に関する専門医会SIG掲示板でのWebアンケート調査
古澤 義人 樫本 修 笠井 史人 木下 篤 河津 隆三 菊地 尚久 陳 隆明 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S424-S424   May 2015   [Refereed]
要介護高齢者の生活空間評価は生存率に影響を及ぼすか
金谷 さとみ 鈴鴨 よしみ 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(Suppl.) S450-S450   May 2015   [Refereed]
出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   52(3) 198-201   Mar 2015   [Refereed]
Takeuchi, Naoyuki Mori, Takayuki Nishijima, Kazunori Kondo, Takeo Izumi, Shin-Ichi
J Clin Neurophysiol   32(1) 44-50   Feb 2015   [Refereed]
頸椎椎弓形成術後の頸部痛に対する頸部屈筋群の影響(第3報)
西崎 香苗 深澤 貴裕 相原 悠美子 池上 仁志 出江 紳一
脊髄機能診断学   35(1) 180-187   Jan 2015   [Refereed]
Muraki, Takayuki Ishikawa, Hiroaki Morise, Shuhei Yamamoto, Nobuyuki Sano, Hirotaka Itoi, Eiji Izumi, Shin-ichi
J Shoulder Elbow Surg   24(1) 120-126   Jan 2015   [Refereed]
Takeuchi, Naoyuki Izumi, Shin-Ichi
Front Hum Neurosci   9 349-349   2015   [Refereed]
Kudo, Tada-Aki Kanetaka, Hiroyasu Mochizuki, Kentaro Tominami, Kanako Nunome, Shoko Abe, Genji Kosukegawa, Hiroyuki Abe, Toshihiko Mori, Hitoshi Mori, Kazumi Takagi, Toshiyuki Izumi, Shin-Ichi
PLoS One   10(4) e0124024-e0124024   2015   [Refereed]
日本の嚥下障害リハビリテーションの歴史と現状からみる中国へのポジティブな影響
宮本 明 出江 紳一 東嶋 美佐子 南場 芳文 金谷 佳和 千葉 恒 栗本 由美 宮本 陳敏
神戸国際大学紀要   (87) 81-90   Dec 2014   [Refereed]
脳卒中後のpusher syndrome 出現率と回復における半球間差異
阿部 浩明 近藤 健男 出江 紳一
理学療法学   41(8) 544-551   Dec 2014   [Refereed]
医療リスクマネジメント 医療安全にコーチングを活用する 東北大学病院での取り組み報告
出江 紳一
Astellas Square: 明日の医療を考える   10(6) 22-23   Dec 2014   [Refereed]
タブレットのロービジョン補助具としての有用性に関する研究(第1報)
鈴鴨 よしみ 小野 峰子 山村 麻里子 高津 育美 浅野 紀美江 阿曽沼 早苗 吉村 尚子 横山 貴子 陳 進志 三宅 拓 山縣 祥隆 出江 紳一 安藤 伸朗 外園 千恵
日本ロービジョン学会誌   14 S21-S21   Nov 2014   [Refereed]
Izumi, Shin-Ichi Saitoh, Eiichi
PM R   6(11) 1044-1047   Nov 2014   [Refereed]
Sato, M Sugiyama, K Kondo, T Izumi, S-I
Spinal Cord   52 Suppl 3 S14-S15   Nov 2014   [Refereed]
三次元動作解析装置と連動した運動トリガ型経頭蓋磁気刺激が脳卒中患者の運動パフォーマンスに与える効果
阿部 玄治 鈴木 栄三郎 小山 秀紀 金高 弘恭 佐藤 眞平 小助川 博之 森 和美 森 仁 阿部 利彦 八島 建樹 高木 敏行 出江 紳一
臨床神経生理学   42(5) 319-319   Oct 2014   [Refereed]
書痙を有する患者に経頭蓋直流電気刺激を施行した1例
森 隆行 竹内 直行 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   51(8-9) 593-593   Aug 2014   [Refereed]
下肢切断患者における足運動イメージ感覚運動リズム
竹内 直行 森 隆行 近藤 健男 出江 紳一 西嶋 一智
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   51(8-9) 593-593   Aug 2014   [Refereed]
投球動作時の最大肘内反トルクに関連する肩関節運動の検討
村木 孝行 神事 努 山本 宣幸 井樋 栄二 出江 紳一
JOSKAS   39(4) 328-328   Jul 2014   [Refereed]
野球選手を対象とした肘離断性骨軟骨炎推定システム東北地域版の開発
村木 孝行 亀山 顕太郎 石井 壮郎 有阪 芳乃 石川 博明 永元 英明 黒川 大介 高橋 博之 山本 宣幸 井樋 栄二 出江 紳一
JOSKAS   39(4) 492-492   Jul 2014   [Refereed]
田中 尚文 出江 紳一 橋場 龍進 飛嶋 良太 橋場 紘子 平山 麻子
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   51(6) 383-383   Jun 2014   [Refereed]
脊柱後彎症に対する短期集中型のリハビリテーション訓練の効果について 介入の前後を比較した予備的研究
関口 雄介 小澤 浩司 金子 雅明 相澤 俊峰 橋本 功 菅野 晴夫 出江 紳一 井樋 栄二
運動器リハビリテーション   25(2) 171-171   Jun 2014   [Refereed]
脳卒中急性期病院での作業療法部門開設の効果
道又 顕 近藤 健男 出江 紳一
日本作業療法学会抄録集   48回 PD 4-P4-2   Jun 2014   [Refereed]
視野狭窄によるロービジョン者の視覚探索課題における反応時間と眼球運動
王 尹容 鈴鴨 よしみ 出江 紳一
日本作業療法学会抄録集   48回 PCI-20-14   Jun 2014   [Refereed]
【痙縮に対する医学的治療と理学療法】 痙縮に対する理学療法評価
関口 雄介 佐藤 房郎 関 慎太郎 西嶋 一智 近藤 健男 出江 紳一
理学療法   31(6) 583-594   Jun 2014   [Refereed]
【ミラーニューロン】 リハビリテーションにおけるミラーニューロンの臨床応用
大内田 裕 出江 紳一
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   66(6) 655-663   Jun 2014   [Refereed]
[The mirror neuron system in motor and sensory rehabilitation].
Oouchida, Yutaka Izumi, Shinichi
Brain Nerve   66(6) 655-663   Jun 2014   [Refereed]
通所サービスを利用する高齢者の主観的疲労感と栄養状態との関連
佐藤 舞 鈴鴨 よしみ 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   51(Suppl.) S430-S430   May 2014   [Refereed]
介護支援専門員の訪問リハビリテーション提供に関わる要因の検討
五日市 貴子 鈴鴨 よしみ 出江 紳一
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   4(2013) 39-46   Jan 2014   [Refereed]
療法士養成校学生に対するコミュニケーションスキル習得を目指した授業の効果
金高 恵子 鈴鴨 よしみ 角井 俊幸 道又 顕 出江 紳一
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   4(2013) 47-54   Jan 2014   [Refereed]
生体肝移植後にcritical illness polyneuropathyを発症した4例のリハビリテーション
新藤 恵一郎 杉山 謙 西嶋 一智 古澤 義人 近藤 健男 出江 紳一
Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science   4(2013) 67-72   Jan 2014   [Refereed]
角井 俊幸 大内田 裕 出江 紳一
総合リハビリテーション   41(11) 1045-1052   Nov 2013   [Refereed]
電気生理検査による機能障害の評価 脳卒中後運動麻痺と経頭蓋磁気刺激
竹内 直行 出江 紳一
Journal of Clinical Rehabilitation   22(10) 1020-1027   Oct 2013   [Refereed]
肩腱板断裂患者の症状の有無と肩関節運動様式の関連について
村木 孝行 山本 宣幸 佐野 博高 井樋 栄二 出江 紳一
肩関節   38(1) 103-103   Sep 2013   [Refereed]
脳可塑性がもたらすリハビリテーション医学へのインパクト 脳卒中後運動麻痺に対する非侵襲的脳刺激
竹内 直行 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   50(9) 723-731   Sep 2013   [Refereed]
リハ医のモヤモヤ解決!こんなときどうする? コミュニケーションがうまくいかない
出江 紳一
Journal of Clinical Rehabilitation   22(7) 700-703   Jul 2013   [Refereed]
Yatsugi, Sawa Suzukamo, Yoshimi Izumi, Sinichi
Nihon Koshu Eisei Zasshi   60(7) 387-395   Jul 2013   [Refereed]

Misc

 
小幡紘輝, 鈴鴨よしみ, 小野峰子, 小林禎, 只埜弓美, 宮武ミドリ, 出江紳一
眼科臨床紀要   12(3) 187‐193-193   Mar 2019
目的:社会の高齢化に伴い視覚障害者が増加する中、地域の相談支援従事者はロービジョン者の抽出に重要な役割を果たす。本研究は、視覚の専門家ではない相談支援従事者が、行動特性の観察を通してロービジョンの可能性がある者をどの程度抽出可能かを明らかにすることを目的とした。対象:地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、障害者相談支援事業所に所属する相談支援従事者が、担当するケース中で16のロービジョン行動特性に該当する者の数を回答した。結果:調査に参加した相談支援従事者195名の総担当ケース6,72...
Marino Menozzi, Nadia Neumayer, Ying-Yin Huang, Akihisa Watanabe, Hideki Oyama, Goroh Fujimaki, Hiroyuki Kondo, Shin-ichi Izumi, Kageyu Noro
Zeitschrift für Arbeitswissenschaft   73(1) 23-34   Mar 2019   [Refereed]
会津 直樹, 大内田 裕, 村木 孝行, 山本 宣幸, 出江 紳一
理学療法ジャーナル   53(2) 201-205   Feb 2019
会津直樹, 大内田裕, 村木孝行, 山本宣幸, 出江紳一
理学療法ジャーナル   53(2) 201‐205-205   Feb 2019
<文献概要>一側上肢に生じた複合性局所疼痛症候群(complex regional pain syndrome:CRPS)に対し,理学療法介入を実施した結果,疼痛および自己身体への無視様症状が軽減し,疼痛と皮膚温との間に一定の関係がみられたので報告する.患側手の皮膚温が高く,患肢の無視様症状を呈したCRPS患者1名を対象に,理学療法介入として段階的運動イメージと関節可動域練習(range of motion exercise:ROM ex)を行い,評価として疼痛の強度をNumerical ...
Kumi Kamata, Hiroshi Ozawa, Yusuke Sekiguchi, Toshimi Aizawa, Shinichi Izumi, Eiji Itoi
Journal of Orthopaedic Science      Jan 2019
© 2019 Back ground: Patients with spinal kyphosis were radiographically evaluated while standing. However, the spino-pelvic alignment during walking is different. This study examined the spino-pelvic-lower extremity alignment during walking by a t...
出江 紳一, 森 隆行, 木村 浩彰
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   56(3) 251-251   2019
原陽介, 瀧宏文, 永富良一, 出江紳一, 香取幸夫
電子情報通信学会技術研究報告   118(383(MICT2018 59-67)(Web)) 19 (WEB ONLY)   Jan 2019
Yosuke Hara, Yukio Katori, Shigeaki Okumura, Hirofumi Taki, Hiroki Umeda, Tatsuya Uechi, Fumihiko Kawamura, Yoichi Haga, Ryoichi Nagatomi, Shin Ichi Izumi
2018 IEEE 20th International Conference on e-Health Networking, Applications and Services, Healthcom 2018      Nov 2018
© 2018 IEEE. We investigate the potential of through-transmission ultrasound in noninvasive aspiration detection for bedside rehabilitation. In the present study, we used through- transmission ultrasound to investigate the waveform change in recei...
【「食べること」を老健施設が支える〜摂食嚥下・栄養改善の取り組み〜】 集い、語り、動く 摂食嚥下の地域リハビリテーション
出江 紳一
老健: 全国老人保健施設協会機関誌   29(8) 18-18   Oct 2018
亜急性期脳卒中上肢麻痺に対するGraded Repetitive Arm Supplementary Program(GRASP)による上肢使用頻度と脳活動の変化 加速度計とfMRIを用い縦断的変化を確認した一症例
大瀧 亮二, 大内田 裕, 須藤 珠水, 笹原 寛, 三澤 正和, 富樫 昂也, 斎藤 佑規, 竹村 直, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(秋季特別号) S396-S396   Oct 2018
リハビリテーション医療・臨床研究における医師・理学療法士の連携 コーチングを活用した多職種協働とイノベーション人材育成
出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(秋季特別号) S226-S226   Oct 2018
脳卒中片麻痺の新しい理解と治療法の開発
出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(秋季特別号) S143-S143   Oct 2018
森仁, 森仁, 八島建樹, 小助川博之, 出江紳一, 高木敏行
バイオメカニズム   24 79‐88   Aug 2018
竹内直行, 出江紳一
Journal of Clinical Rehabilitation   27(6) 510‐516-516   Jun 2018
西崎香苗, 深澤貴裕, 池上仁志, 出江紳一
日本脊髄障害医学会誌   31(1) 104‐106   Jun 2018
【片麻痺の課題指向型リハビリテーションの潮流】 オーバービュー 課題指向型リハビリテーションの歴史的展開
竹内 直行, 出江 紳一
Journal of Clinical Rehabilitation   27(6) 510-516   Jun 2018
神出 真緒, 関口 雄介, 本田 啓太, 加藤 智久, 鈴木 貴弘, 金高 弘恭, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 3-KP   May 2018
本田 啓太, 関口 雄介, 神出 真緒, 加藤 智久, 鈴木 貴弘, 金高 弘恭, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 3-KP   May 2018
関口 雄介, 本田 啓太, 神出 真緒, 加藤 智久, 鈴木 貴弘, 金高 弘恭, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 3-KP   May 2018
角田 浩, 室谷 嘉一, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 2-6   May 2018
宮内 名帆, 森 隆行, 出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) 1-IP   May 2018
脳疾患に対するリハビリテーション治療の現状と展望 脳卒中ニューロリハビリテーション治療法の組合せ効果
出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) S377-S377   May 2018
佐藤 豊展, 近藤 健男, 柴本 勇, 出江 紳一
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌   22(1) 12-19   Apr 2018
【はじめに】頭部挙上訓練は、舌骨上筋群の筋力強化訓練として広く用いられているが、胸鎖乳突筋の筋活動が高く、早期に筋疲労を起こすことから施行することが困難な場合が多い。舌挙上は頭部挙上訓練に代わる喉頭挙上の訓練として有用であることが報告されているが、健常若年者を対象とした報告であり、健常高齢者を対象とした報告は筆者らが検索しうる限りみられない。そこで本研究では、舌挙上が喉頭挙上の改善を目指した訓練として用いることができるか、表面筋電図を用いて検討した。【方法】対象は健常若年者15名(27.1...
出江 紳一
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(特別号) S350-S350   May 2018
出江 紳一
医学のあゆみ   264(13) 1295-1301   Mar 2018
胸髄損傷により対麻痺を呈した2症例に対する磁気刺激の有効性
西崎 香苗, 深澤 貴裕, 池上 仁志, 出江 紳一
山梨医学   45 122-122   Feb 2018
出江 紳一
日本医療安全学会学術総会抄録集   4回 90-90   Feb 2018
Mari Nakao, Shinichi Izumi, Yuki Yokoshima, Yoshiko Matsuba, Yutaka Maeno
Disability and Rehabilitation      Jan 2018
© 2019, © 2019 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. Purpose: To determine the predictors of life-space mobility among patients with stroke 2 months after discharge from a post-acute rehabilitation unit. Materials and methods: T...
出江紳一
日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web)   24th S1 (WEB ONLY)   2018
出江紳一, 才藤栄一, 向野雅彦
医療の質の評価指標としてのICF評価セット(日本版)およびデータ収集ツールの作成 平成29年度 総括・分担研究報告書(Web)   201702004A0004 (WEB ONLY)   2018
出江紳一
Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   55(Supplement) ROMBUNNO.GODOSHIMPOJIUMU19,4(J‐STAGE)   2018
森仁, 加賀谷斉, 出江紳一, 八島建樹, 高木敏行
日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web)   24th S175 (WEB ONLY)   2018
原陽介, 香取幸夫, 瀧宏文, 中川敦寛, 芳賀洋一, 永富良一, 出江紳一
日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web)   24th S31‐S32 (WEB ONLY)   2018
出江紳一
日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web)   24th S17 (WEB ONLY)   2018
本田啓太, 関口雄介, 大脇大, 会津直樹, 出江紳一
日本ニューロリハビリテーション学会学術集会プログラム・抄録集   9th 59   2018
会津直樹, 大内田裕, 関口雄介, 本田啓太, 大脇大, 出江紳一
日本ニューロリハビリテーション学会学術集会プログラム・抄録集   9th 62   2018
関口雄介, 本田啓太, 大脇大, 出江紳一
日本ニューロリハビリテーション学会学術集会プログラム・抄録集   9th 65   2018
福司謙一郎, 関口雄介, 本田啓太, 大脇大, 野崎岳夫, 出江紳一
日本ニューロリハビリテーション学会学術集会プログラム・抄録集   9th 64   2018
長井真弓, 長井真弓, 大内田裕, 出江紳一, 出江紳一
日本ニューロリハビリテーション学会学術集会プログラム・抄録集   9th 66   2018
KATO Tomohisa, FUJII Takanao, NAKASHIMA Motomu, KANETAKA Hiroyasu, IZUMI Shinichi
The Proceedings of the Bioengineering Conference Annual Meeting of BED/JSME   2018(0)    2018
加藤智久, 藤井隆直, 中島求, 金高弘恭, 出江紳一
バイオエンジニアリング講演会講演論文集(CD-ROM)   30th 282   Dec 2017
医工連携に必要な人材の育成 事業化プロセスを通じた人財育成 アカデミック・サイエンス・ユニット(ASU)×バイオデザイン
中川 敦寛, 瀧 宏文, 永富 良一, 出江 紳一, 冨永 悌二
日本内視鏡外科学会雑誌   22(7) PD1-4   Dec 2017
出江紳一
日本リハビリテーション看護学会誌   7(1) 6‐11   Nov 2017
本田啓太, 関口雄介, 大脇大, 出江紳一, 出江紳一
バイオメカニズム学術講演会予稿集   38th 145‐146-146   Nov 2017
足底圧感覚情報を音情報としてFeedback(FB)するAuditory footが、脳卒中片麻痺患者の歩行時における外的モーメントに及ぼす影響について検討した。歩行補助具を使用せずに7m歩くことができる脳卒中片麻痺患者8名を対象とした。その結果、脳卒中片麻痺患者の歩行において、麻痺側単脚支持期前半の前額面における身体重心(CoM)周りの外的モーメントがAll条件で小さくなることが示された。麻痺側単脚支持期には非麻痺側方向、つまり遊脚側方向への外的モーメントが発生する。動的安定性を保つため...
NPO法人日本リハビリテーション看護学会第28回学術大会 患者エンパワーメントと患者安全に活かすコーチング
出江 紳一
日本リハビリテーション看護学会誌   7(1) 6-11   Nov 2017
弾性調整型股関節装具と足関節装具の組み合わせが脳卒中片麻痺患者の歩行に及ぼす効果について
関口 雄介, 大脇 大, 本田 啓太, 広井 典良, 福司 謙一郎, 野崎 岳夫, 出江 紳一
バイオメカニズム学術講演会予稿集   38回 159-160   Nov 2017
調整型弾性足関節装具(AO)と股関節装具(HO)を組み合わせが、脳卒中片麻痺患者の歩行速度と歩行中の麻痺側遊脚期における膝関節や股関節角度に及ぼす効果を検証した。脳卒中片麻痺患者10名(男性7名、女性3名、平均55±7歳)を対象とした。AOとAOHO条件では裸足条件と比較して麻痺側立脚中期において足部セグメントと下腿セグメントの前方回転の加速度、麻痺側立脚終期においては下腿セグメントの前方回転の加速度が有意に増加した。底屈方向に弾性を有するAOやAOHO条件においてフォアフットロッカーが可...
足底圧感覚の聴覚フィードバック装具が脳卒中片麻痺患者の歩行安定性に及ぼす影響
本田 啓太, 関口 雄介, 大脇 大, 出江 紳一
バイオメカニズム学術講演会予稿集   38回 145-146   Nov 2017
足底圧感覚情報を音情報としてFeedback(FB)するAuditory footが、脳卒中片麻痺患者の歩行時における外的モーメントに及ぼす影響について検討した。歩行補助具を使用せずに7m歩くことができる脳卒中片麻痺患者8名を対象とした。その結果、脳卒中片麻痺患者の歩行において、麻痺側単脚支持期前半の前額面における身体重心(CoM)周りの外的モーメントがAll条件で小さくなることが示された。麻痺側単脚支持期には非麻痺側方向、つまり遊脚側方向への外的モーメントが発生する。動的安定性を保つため...
弾性調整型股関節装具と足関節装具の組み合わせが脳卒中片麻痺患者の歩行に及ぼす効果について
関口 雄介, 大脇 大, 本田 啓太, 広井 典良, 福司 謙一郎, 野崎 岳夫, 出江 紳一
バイオメカニズム学術講演会予稿集   38回 159-160   Nov 2017
調整型弾性足関節装具(AO)と股関節装具(HO)を組み合わせが、脳卒中片麻痺患者の歩行速度と歩行中の麻痺側遊脚期における膝関節や股関節角度に及ぼす効果を検証した。脳卒中片麻痺患者10名(男性7名、女性3名、平均55±7歳)を対象とした。AOとAOHO条件では裸足条件と比較して麻痺側立脚中期において足部セグメントと下腿セグメントの前方回転の加速度、麻痺側立脚終期においては下腿セグメントの前方回転の加速度が有意に増加した。底屈方向に弾性を有するAOやAOHO条件においてフォアフットロッカーが可...
出江 紳一
日本リハビリテーション看護学会誌 = The Japanese journal of rehabilitation nursing   7(1) 6-11   Nov 2017
胸郭出口症候群関連所見と肩関節機能および胸椎可動性との関係
堀 雅隆, 村木 孝行, 関口 雄介, 石川 博明, 本田 啓太, 矢口 春木, 守屋 秀一, 永元 英明, 黒川 大介, 出江 紳一
日本肩関節学会抄録集   44回 413-413   Oct 2017

Books etc

 
訪問リハビリテーション7つの極意 プロフェッショナルになるための仕事の流儀
出江紳一 (Part:Supervisor)
Nov 2016   ISBN:978-4-86513-384-4
高次脳機能障碍者の自動車運転再開とリハビリテーション2
蜂須賀健研二,三村将,出江紳一,杉山謙,中島八十一,岡崎哲也,佐伯覚,白山靖彦,江上喜朗,松永勝也,宮崎渉,藤田佳男,山田恭平,長江和彦,吉野修,藤井彰,飯田真也,坂井英顕,横山喜孝,加藤德明,合志和晃
May 2015   
ICF Core Sets: Manual for Clinical Practice
出江紳一,山田深,大隅秀信,角田亘,園田茂,中馬孝容,向野雅彦
Mar 2015   
土肥信之,出江紳一,関勝 (Part:Joint Work)
Feb 2015   ISBN:9784263241738
リハビリテーション医学 第4版
公益社団法人 東洋療法学校協会(編) (Part:Joint Work)
医歯薬出版   Feb 2015   
事例でわかる摂食・嚥下リハビリテーション 現場力を高めるヒント
出江紳一、近藤健男、瀬田拓 (Part:Joint Editor, 編集)
中央法規   Mar 2011   ISBN:978-4805834497
医療・病院管理用語事典
出江紳一
市ヶ谷出版社   Jan 2011   ISBN:978-4-87071-285-0
事例でわかる摂食・嚥下リハビリテーション 現場力を高めるヒント
出江紳一,近藤健男,瀬田 拓 (Part:Joint Editor)
中央法規出版   Jan 2011   ISBN:978-4-8058-3449-7
出江紳一 (Part:Joint Editor, 編集)
南江堂   Jul 2010   ISBN:9784524265497
出江紳一、鈴鴨よしみ(編著)、辻 一郎(監修) (Part:Joint Editor)
中央法規   Nov 2009   ISBN:9784805849064
VCCIだより94号
出江紳一
一般財団法人 VCCI協会   Oct 2009   
リハビリテーションにおける評価法ハンドブック─障害や健康の測り方─
金成建太郎、近藤健男、道又 顕、出江紳一 (Part:Joint Work, 簡易上肢機能検査(STEF) 脳卒中上肢機能検査(MFT))
医歯薬出版   Sep 2009   
出江紳一 (Part:Editor)
医歯薬出版   May 2009   ISBN:9784263218594
最新整形外科学大系4リハビリテーション
出江紳一
中山書店   Jun 2008   
190-194
Monthly Book Medical Rehabilitation No.86
出江紳一 ed. (Part:Editor)
全日本病院出版会   Nov 2007   
里宇明元, 才藤栄一, 出江紳一 eds. (Part:Joint Editor)
先端医療技術研究所   Nov 2005   ISBN:4925089447

Conference Activities & Talks

 
A case report of improved swallowing following tongue strength training in Dentatorubral-pallidluysian atrophy (DRPLA).
Nakao M. Izumi S. Maeno Y. Steele M. C.
第27回米国嚥下研究学会(Dysphagia Research Society 27th Annual Meeting   7 Mar 2019   
Change of Body-specific attention to the paretic limb in subacute stroke patients : Longitudinal study.
Ryoji Otaki, Yutaka Oouchida, Naoki Aizu , Tamami Sudo , Hiroshi Sasahara , Yuki Saito , Sunao Takemura , Shin-ichi Izumi
The 2nd International Symposium on Embodied-Brain Systems Science   5 Dec 2018   
千里ライフサイエンスセンター
Adaptive change of attention to prosthetic foot in process of walking rehabilitation in amputees.
Naoki Aizu , Yutaka Oouchida, Tamami Sudo, Shin-Ichi Izumi
5 Dec 2018   
千里ライフサイエンスセンター
Effect of treadmill training with auditory feedback on dynamic stability during gait in patients with chronic hemiparesis: A randomized controlled trial.
Yusuke Sekiguchi, Dai Owaki , Keita Honda, Naoki Aizu, Shin-ichi Izumi
5 Dec 2018   
千里ライフサイエンスセンター
コーチングを活用した多職種協働とイノベーション人材育成
出江紳一
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会   2 Nov 2018   
仙台国際センター
脳卒中片麻痺の新しい理解と治療法の開発 [Invited]
出江紳一
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会   2 Nov 2018   
仙台国際センター
亜急性期脳卒中上肢麻痺に対するGraded Repetitive Arm Supplementary Program(GRASP)による上肢使用頻度と脳活動の変化 ?加速度計とfMRIを用い縦断的変化を確認した一症例?
大瀧亮二, 大内田裕, 須藤珠水, 笹原寛, 三澤正和, 富樫昂也, 斎藤佑規, 竹村直, 出江紳一
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会   2 Nov 2018   
仙台国際センター
The effect of the immersiveness of VR to motor control of stroke patients
Sudo T, Oouchida Y, Aizu N, Izumi S.
第41回日本神経科学大会シンポジウム「Virtual realityの現状とその臨床応用」   26 Jul 2018   
EMG biofeedback training improves motor impairment of mental disease:A case study of Conversion disorder
Yutaka Oouchida, Max Ortiz-Catalan, Tamami Sudo, Tetsunari Inamura, Yukari Ohki, Shin-ichi Izumi
40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   17 Jul 2018   
Hawaii Convention Center
脳卒中片麻痺者の麻痺足の身体特異性注意の特性
会津直樹、大内田裕、関口雄介、本田啓太、大脇大、出江紳一
第9回 日本ニューロリハビリテーション学会学術集会   12 May 2018   
アイーナ(いわて県民情報交流センター)
慢性期脳卒中患者における二重課題歩行中の前頭部脳血流と認知及び歩行変動の関係
森隆行,竹内直行,出江紳一
第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会   28 Oct 2017   
大阪国際会議場
国際生活機能分類を用いた生活機能の標準化指標作成の取り組み
向野雅彦,斉藤栄一,山田深、園田茂,水間正澄,出江紳一
第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会   28 Oct 2017   
大阪国際会議場
脳卒中片麻痺患者における模倣運動、両手運動中の麻痺肢筋活動比較
佐藤洋介、大内田裕、出江紳一
第42回日本リハビリテーション医学会東北地方会   9 Sep 2017   
霞城セントラル
非流暢性失語症患者の喚語困難に対する右Broca相同領域と補足運動野への経頭蓋磁気刺激
大内田裕、森隆行、会津直樹、長井真弓、出江紳一
motor control研究会   24 Aug 2017   
中京大学
義足歩行獲得における義足に向けられる注意の適応的変化
会津直樹、大内田裕、須藤珠水、出江紳一.
motor control研究会   24 Aug 2017   
中京大学
医学教育に活かすコーチング研修の取り組みとスキル自己評価の推移
佐藤明香、鈴鴨よしみ、加賀谷豊、出江紳一
第49回日本医学教育学会大会   18 Aug 2017   
Symposium 3S06e Virtual reality and its clinical application (Virtual realityの現状とその臨床応用)
Sudo T, Oouchida Y, Aizu N, Izumi S.
第41回日本神経科学大会シンポジウム「Virtual realityの現状とその臨床応用」, 神戸コンベンションセンター (2018)   26 Jul 2017   
神戸コンベンション
右前腕新規切断例に対する対向3指電動義手「Finch」の使用経験
泉山祐美、古澤義人、出江紳一、西嶋一智.
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会   8 Jun 2017   
身体表現性障害の運動障害に対する神経機能的診断と筋電フィードバックを用いたリハビリの一例
古澤義人、泉山祐美、大内田裕、出江紳一.
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会   8 Jun 2017   
摂食嚥下リハビリテーションupdate 診断・評価から治療・ケアまで
出江紳一
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会   8 Jun 2017   
多職種連携におけるコーチングの有用性
出江紳一
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会   8 Jun 2017   
浴室空間における動作解析から捉える安全性について
出江紳一
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会   8 Jun 2017   
Categorization of Gait Patterns Based on Ankle and Hip Stiffness in Patients with Hemiparesis Due to Stroke
Yusuke Sekiguchi, Takayuki Muraki, Dai Owaki, Keita Honda,? Shin-Ichi Izumi.
Gait and clinical movement analysis society 2017 annual conference   23 May 2017   
Effect of Unilateral Hip Orthosis Stiffness on Gait in Healthy Individuals.
Yusuke Sekiguchi, Dai Owaki, Keita Honda, Kenichiro Fukushi, Noriyoshi Hiroi, Takeo Nozaki, Shin-Ichi Izumi.
Gait and clinical movement analysis society 2017 annual conference   23 May 2017   
反復末梢神経磁気刺激によるニューロモデュレーション
第31回日本ニューロモデュレーション学会   6 May 2017   
コーチングによる医工学アントレプレナーシップ教育
第56回日本生体医工学会大会   3 May 2017   
東北大学
複合性局所疼痛症候群(CRPS)の患肢に向ける身体性注意の計測
会津直樹、須藤珠水、大内田裕、出江紳一
第41回日本リハビリテーション医学会東北地方会   11 Mar 2017   
仙台市情報・産業プラザ
身体への注意に着目した脳内身体表現の定量的評価
大内田裕,会津直樹
第16回日本再生医療学会総会   7 Mar 2017   
身体性と神経可塑性に立脚した感覚運動リハビリテーション [Invited]
出江紳一
第67回群馬大学保健学公開セミナー   3 Feb 2017   
患者エンパワーメントに活かすコーチング
第28回日本リハビリテーション看護学会学術大会   26 Nov 2016   
A new system for exercise of upper extremity of patients after stroke with using peripheral nerve magnetic stimulation device
Biomedical Engineering Ecosystenm Symposium   5 Oct 2016   
National Cheng Kung University(国立成功大学)
脳内身体表現の変容をターゲットとするリハビリテーション
平成28年度京都府リハビリテーション教育センター第7回座学研修会   1 Oct 2016   
運動企図と末梢神経磁気刺激によるニューロモデュレーション
第32回ライフサポート学会大会   4 Sep 2016   
左前頭前野は教師生徒間の教育理解情報統合に関与する
竹内直行、森隆行、鈴鴨よしみ、出江紳一
第40回日本リハビリテーション医学会東北地方会   3 Sep 2016   
A Case Study of Long-Term Walking Rehabilitation Using a Prosthesis That Transforms Sensory Modalities for Stroke Patients
Dai Owaki, Yusuke Sekiguchi, Keita Honda, Akio Ishiguro, Shinichi Izumi
EMBC’16   16 Aug 2016   
The effect of imitative learning and bimanual training in chronic hemiplegia
Sato Y, Oouchida Y, Sudo T, Izumi S
the 10th International Conference on Complex Medical Engineering   4 Aug 2016   
Maladaptive change of attention to paretic hand in patients with chronic stroke
Aizu N, Oouchida Y, Sudo T, Izumi S
the 10th International Conference on Complex Medical Engineering   4 Aug 2016   
Effect evaluation of flexible change of self-body appearance on body representation in the brain-Development of a virtual reality platform for research on body representation
T. Inamura, S. Unenaka, S. Shibuya, Y. Ohki, Y. Oouchida, S. Izumi
The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering   4 Aug 2016   
3次予防としてのリハビリテーションに重点を置いた地域包括脳卒中予防システム構築の試み
角田浩、室谷嘉一、出江紳一
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
骨格筋への磁気刺激と作業療法(OT)を併用した上肢機能訓練の効果検討
吉田翔太、道又顕、宮本さやか、八島建樹、出江紳一
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
音楽の併用がボタン押しの運動関連電位に与える影響
中島淑恵、美馬達哉、大寺雅子、出江紳一
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
人工股関節置換術後の転倒関連自己効力感と主観的脚長差が影響を及ぼすのはどの機能的アウトカムか?
中野渡達哉、鈴鴨よしみ、沖井明、菅俊光
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
高齢者における手すりの使用が浴槽跨ぎ動作時のutilized frictionに及ぼす影響
関口雄介、本田啓太、加藤智久、金高弘恭、出江紳一
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
身体重心運動からみた浴槽跨ぎ動作における加齢の影響と手すりの役割
本田啓太、関口雄介、加藤智久、金高弘恭、出江紳一
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
クモ膜下出血急性期リハビリテーションの有効性に関する検討
近藤健男,出江紳一
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
大腿骨近位部骨折術後リハビリテーションへの参加状況と認知機能および情動との関連
田中尚文、武田賢二、相澤恵子、荒井香澄、相澤健大、岡本康平、市川信通、大浪更三、出江紳一
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
安価な汎用型下肢免荷装具の開発
関慎太郎、出江紳一、近藤健男、佐々木和典
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
患者教育に活かすコーチング
出江紳一
第53回日本リハビリテーション医学会   9 Jun 2016   
Independence of kinesthetic short-term memory for movement from verbal short-term memory
魏 海涛、田中 尚文、出江 紳一
10th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congressが   29 May 2016   
The effect of trunk on dynamic stability during gait at different walking speeds.
Honda K, Sekiguchi Y, Izumi SI
Gait and Clinical movement analysis society 2016 annual conference   17 May 2016   
Characteristics of kinetic coordination in lower limb during gait in patients with hemiparesis
Sekiguchi Y, Owaki D, Honda K, Izumi SI
Gait and Clinical movement analysis society 2016 annual conference   17 May 2016   
A new system for exercise of upper extremity of patients after stroke with using paeipheral nerve magnetic stimulation device [Invited]
IZUMI Shin-ichi
The 5th Korea-Japan NeuroRehabilitation Conference(   20 Mar 2016   
A new system for exercise of upper extremity of patients after stroke with using paeipheral nerve magnetic stimulation device
The 5th Korea-Japan NeuroRehabilitation Conference   19 Mar 2016   
Samsung Medical Center
身体性の理解に基づくリハビリテーションと末梢神経磁気刺激装置の開発
第197回 総合南東北病院 Medical Conference   17 Dec 2015   
一人称視点による模倣運動を利用した運動・感覚リハビリテーション
出江紳一、大内田裕
第39回日本高次脳機能障害学会学術総会   10 Dec 2015   
片麻痺の治療を目的とした磁気刺激装置の評価に用いるガイドライン作成への取組み
第26回磁気刺激法の臨床応用と安全性に関する研究会   5 Nov 2015   
Mental transformation of body parts in manipulating the somatotopic representation
T. Sudo, Y. Oouchida, S.-I. Izumi, K. Mogi
Society for Neuroscience 2015   17 Oct 2015   
Immersive virtual reality system towards cloud based neurorehabilitation.
T Inamura, Y Oouchida, S Izumi
The 9th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2015)   18 Jul 2015   
The effects of transcranial direct current stimulation on child with involuntary movement after hypoxic encephalopathy: single case study
M Nagai, Y Oouchida, S Izumi
The effects of transcranial direct current stimulation on child with involuntary movement after hypoxic encephalopathy: single case study   18 Jul 2015   
Mental transformation of bodily self: spatial and temporal aspects of imitation
T Sudo, Y Oouchida, S Izumi, K Mogi
The effects of transcranial direct current stimulation on child with involuntary movement after hypoxic encephalopathy: single case study   18 Jul 2015   
摂食嚥下障害が生活の質に与える影響:患者立脚型アウトカム指標の開発
内藤真理子、鈴鴨よしみ、瀬田拓、村田和弘
第52回日本リハビリテーション医学会   28 May 2015   
療法士への転倒関連自己効力感拡大に関する教育が療法士に与える満足感に下肢人工関節置換患者において療法士に対しておこなった転倒自己効力感に関する教育の効果について
菅俊光、沖井明、中野渡達哉、深瀬裕子、鈴鴨よしみ
第52回日本リハビリテーション医学会   28 May 2015   
回復期リハ病棟退院後、経鼻的持続陽圧呼吸療法導入にてADLがさらに改善した大腿骨転子下骨折の一例
角田浩、杉山謙、出江紳一
第52回日本リハビリテーション医学会   28 May 2015   
要介護高齢者の生活空間評価は生存率に影響を及ぼすか
金谷さとみ、鈴鴨よしみ、出江紳一
第52回日本リハビリテーション医学会   28 May 2015   
サリドマイド胎芽病者の平衡機能について
小林毅、鈴鴨よしみ、出江紳一
第52回日本リハビリテーション医学会   28 May 2015   
脳幹脳炎後に聴覚障害を有した患者に経頭蓋直流電気刺激を施行した一例
森隆行、竹内直行、出江紳一
第52回日本リハビリテーション医学会   28 May 2015   
切断リハビリの現状に関する専門医会SIG掲示板でのWebアンケート調査
古澤義人、樫本修、笠井史人、木下篤、河津隆三、菊地尚久、陳隆明、出江紳一
第52回日本リハビリテーション医学会   28 May 2015   
脳卒中急性期病院での総合的リハビリテーションの効果
近藤健男、鈴鴨よしみ、出江紳一
第52回日本リハビリテーション医学会   28 May 2015   
リハビリテーション支援機器の現状と未来
精密加工研究会第88回例会   22 May 2015   
Specific exercises and heel lift improve functional and patient-perceived leg length discrepancy after total hip arthroplasty: a randomized controlled trial.
Nakanowatari T, Suzukamo Y, Izumi SI.
WCPT Congress 2015(17th World Confederation for Physical Therapy Congress 2015 in Singapore)   1 May 2015   
ICFコアセット日本語版出版の今日的意義と普及への期待—わが国のリハビリテーション分野におけるビジョン—
出江紳一
第4回ICFシンポジウム   8 Mar 2015   
下位胸髄損傷による完全対麻痺患者に装具歩行リハビリテーションを導入した1例
関慎太郎、近藤健男、出江紳一.
第37回日本リハビリテーション医学会東北地方会   7 Mar 2015   
身体性システム科学とリハビリテーション
第12回群馬リハビリテーション医学研究会   26 Feb 2015   
運動に関する短期記憶と視空間性短期記憶の独立性の検討
魏 海涛、田中 尚文、出江 紳一.
第6回日本ニューロリハビリテーション学会   21 Feb 2015   
脳卒中片麻痺患者の脱力動作に対する検討
長井真弓、大内田裕、出江紳一.
第6回日本ニューロリハビリテーション学会   21 Feb 2015   
脳卒中リハビリテーションの基本
出江紳一
第1回京都リハビリテーション医学研究会学術集会   8 Feb 2015   
嚥下障害の早期発見と予防
出江紳一
第38回日本嚥下医学会学術講演会   6 Feb 2015   
医学と工学で未来を切り拓く
市民のためのサイエンス講座2015   31 Jan 2015   
The influence of social interaction to life space in the patients after total hip arthroplasty.
Suzukamo Y, Wu L, Okii A, Nakanowatari T, Izumi SI, Suga T.
AOCPRM2014(4th Asia-Oceanian Conference of Physical Medicine and Rehabilitation)   11 Dec 2014   
Clinical utility of diffusion tensor imaging for evaluating diffuse axonal injury with hemiparesis.
Sugiyama K, Kondo T, Suzukamo Y, Oouchida Y, Izumi SI.
AOCPRM2014(4th Asia-Oceanian Conference of Physical Medicine and Rehabilitation)   11 Dec 2014   
Imitation movement reduced phantom limb pain in bilateral lower limb amputation.
Oouchida Y, Aizu N, Sugiyama K, Suzuki Y, Suzuki E, Izumi SI.
AOCPRM2014(4th Asia-Oceanian Conference of Physical Medicine and Rehabilitation)   11 Dec 2014   
医療組織になぜコーチングを導入するのか
出江紳一
飯伊リハビリテーション研究会   22 Nov 2014   
「医療機器安全のための臨床コーチングの基本
出江紳一
医療機器安全管理研修会2014   9 Nov 2014   
ロービジョン者用日常生活活動評価尺度の開発
小野峰子、鈴鴨よしみ、陳進志、高津育美、山縣祥隆、丹治弘子、鮫島智子、中村永江、出江紳一.
第15回日本ロービジョン学会学術総会   1 Nov 2014   
ロービジョン者がタブレットを使用する際の留意点が示唆された3症例.
山村麻里子、横山貴子、外園千恵、吉村尚子、小野峰子、阿曽沼早苗、高津育美、陳進志、山縣祥隆、浅野紀美江、安藤伸郎、出江紳一、鈴鴨よしみ.
第15回日本ロービジョン学会学術総会   1 Nov 2014   
タブレットのロービジョン補助具としての有用性に関する研究(第2報).
鈴鴨よしみ、小野峰子、山村麻里子、高津育美、浅野紀美江、阿曽沼早苗、吉村尚子、横山貴子、陳進志、三宅琢、山縣祥隆、出江紳一、安藤伸朗、外園千恵.
第15回日本ロービジョン学会学術総会   1 Nov 2014   
加齢は肩甲骨周囲筋群の筋厚と筋活動に影響するか?
森瀬脩平、村木孝行、石島孝樹、石川博明、関口雄介、出江紳一
第41回日本肩関節学会   24 Oct 2014   
腱板修復術後患者における腱板の腫脹と疼痛の関係
石川博明、村木孝行、山本宣幸、井樋栄二、出江紳一
第41回日本肩関節学会   24 Oct 2014   
Education and Research in Graduate School of Biomedical Engineering
16th International Conference of the Society for Medical Innovation and Technology   18 Sep 2014   
摂食嚥下障害のリハビリテーション
出江紳一
福島県生涯教育講座学術講演会   24 Jul 2014   
リーダーが病院を変える 〜変革者たちの軌跡と挑戦〜
出江紳一
メディカルコーチング研究会   19 Jul 2014   
非侵襲的脳刺激による神経機能回復
出江紳一
杏林医学会第9回例会講演会・第7回イブニングセミナー   18 Jul 2014   
後弯症に対する短期集中型のリハビリテーション訓練の効果について-介入の前後を比較した予備的研究-
関口雄介,小澤浩司,金子雅明,相澤俊峰,橋本功,菅野晴夫,出江紳一,井樋栄二.
第26回日本運動器科学会   5 Jul 2014   
The Effect of Pulsed Magnetic Stimulation on Neuritogenesis in PC12 Cells.
HIroyasu Kanetaka, Tada-aki Kudo, Toshihiko Abe, Hitoshi Mori, Kazumi Mori, Genji Abe, Hiroyuki Kosukegawa, Toshiyuki Takagi, Shin-Ichi Izumi
国際複合医工学会   27 Jun 2014   
Non-Invasive Brain Stimulation for Motor Recovery after Stroke: Mechanisms and Future Views.
Shin-Ichi Izumi, Naoyuki Takeuchi
国際複合医工学会   27 Jun 2014   
The Effect of Imitation Movement on Motor Impairment after Brain Damage: Clinical Application of Mirror Neuron System.
Yutaka Oouchida, Shin-Ichi Izumi
国際複合医工学会   27 Jun 2014   
Developtment of Virtual Reality Interface for Phantom Limb Pain Based on Modeling of Change of Body Scheme.
Tetsunari Inamura, Yutaka Oouchida, Hajime Asama, Ota Jun, Shin-Ichi Izumi
国際複合医工学会   27 Jun 2014   
大学院医工学研究科の使命
出江紳一
第53回日本生体医工学会   24 Jun 2014   
Immeadiate effects of fast repeated squat on gait in patients with hemiparesis.
Sekiguchi Y, Muraki T, Izumi SI.
Gait and Clinical Movement Analysis Society 2014 meeting   24 Jun 2014   
Eye movement pattern and response time of visual searching task in low vision patients with concentric visual field constriction.
Wang I, Suzukamo Y, Izumi SI.
第16回国際作業療法士連盟大会   18 Jun 2014   

Patents

 
阿部利彦,森仁,八島建樹,森和美,高木敏行,出江紳一,永富良一,金高弘恭
阿部利彦、高木敏行、出江紳一、永富良一、中里信和、八島和美、松坂義哉、市原敏晶、石井賢治
阿部利彦、高木敏行、出江紳一、永富良一、八島芳信、中里信和

Social Contribution

 
平成29年度日本学術会議東北地区会議公開学術講演会
[Others]  25 Nov 2017
超高齢社会 元気に、楽しく生きる知恵 ─医歯学と工学の融合技術の挑戦─
超高齢社会の生活を支えるリハビリテーション機器の開発
第16回日本再生医療学会総会
[Others]  7 Mar 2017 - 9 Mar 2017
高校生学会体験企画特別セミナー
日本リハビリテーション医学会市民公開講座
[Others]  21 Mar 2015
脳科学とリハビリテーション ~先端的システム工学による融合
科学の力「脳の中のからだ」
[Informant]  朝日新聞  2 Feb 2015
東北大学・読売新聞共同プロジェクト 市民のためのサイエンス講座2015
[Others]  31 Jan 2015
医学と工学が融合して新しい未来をつくる ~医療の最前線から~「医学と工学で未来を切り拓く」
STR Medical Conference
[Others]  22 Oct 2014
急性期リハビリテーションの処方と実践
仙台西多賀病院講演
[Others]  22 Oct 2014
リハビリテーションの処方と実践
第2回チーム医療を促進する会
[Others]  29 Jul 2012
平成24年度大学改革推進等補助金「チーム医療推進のための大学病院職員人材育成システムの確立」プログラムとの共催
第75回七栗リハビリテーションセミナー
[Others]  20 Jul 2012
身体性を基盤とするリハビリテーション治療戦略の展開
コーチングで医療者育成 自ら考え行動する力を
[Others]  中日新聞  10 Jul 2012
第6回宮城県ADL評価講習会
[Others]  19 May 2012
FIMの実際の評価法
東八幡平病院特別講義
[Others]  5 Jan 2011
脳の非侵襲的刺激による麻痺の治療
弘前大学医学部保健学科Faculty Development
[Others]  17 Dec 2010
医療分野の教育に活かすコーチング
コーチ協会第12会年次大会
[Others]  4 Dec 2010
医療分野におけるコーチングの構造と効果に関する実証研究
東北大学医学部医学科Faculty Development「基礎医学実習及び研究指導における指導者養成FD」
[Others]  15 Nov 2010 - 29 Nov 2010
コーチング技法.東北大学医学部医学科Faculty Development「基礎医学実習及び研究指導における指導者養成FD」
東北鍼灸マッサージ師連合会交流会
[Others]  16 Oct 2010
医療に活かすコーチング
第8回東北摂食・嚥下研究会
[Others]  10 Oct 2010
摂食・嚥下アプローチの拡がり〜全ての臨床現場で”食べる可能性”を求めて〜
日本大学松戸歯学部大学院特別講義
[Others]  27 May 2010
摂食・嚥下障害のリハビリテーション
第5回ADL評価講習会
[Others]  15 May 2010
FIMの実際の評価法
第2回元気!健康!フェアinとうほく
[Others]  27 Feb 2010 - 28 Feb 2010
脳卒中のリハビリテーション~神経ネットワークの再生.【ここまで進んだ リハビリの現在】
常葉学園静岡リハビリテーション専門学校第40回臨床実習指導者研修会
[Others]  13 Dec 2009
臨床実習指導に活かすコーチング
2009年・脳卒中市民公開講座「脳梗塞その時どうする」
[Others]  15 Nov 2009
脳梗塞のリハビリテーション
富山県高志リハビリテーション病院
[Others]  24 Oct 2009
リハビリテーション医学の面白さ
第7回東北摂食・嚥下リハビリテーション研究会
[Others]  18 Oct 2009
摂食・嚥下アプローチ 〜東北・この地域からの発信〜
第4回ADL評価講習会
[Others]  17 Oct 2009
FIMの実際の評価法
第5回大崎神経内科勉強会
[Others]  1 Jul 2009
神経リハビリテーションのコントラバシー
第3回ADL評価講習会
[Others]  23 May 2009
FIMの実際の評価法
シリーズ生きる6 脳を刺激する、東北大学の新世紀(東北大学・東日本放送共同企画番組)
[TV or radio appearance, Contribution]  東日本放送  10 Nov 2008
第5回ドライマウス研究会 アドバンスコース講習会
[Others]  26 Oct 2008
難病患者への対処:リハビリテーションやコーチングの有用性を含めて
第6回東北摂食・嚥下リハビリテーション研究会
[Others]  19 Oct 2008
摂食・嚥下アプローチの基本に立ち、チーム編成と施設間連携を考える 〜地域でつながり、深めあうために〜
第2回ADL評価講習会
[Others]  18 Oct 2008
FIMの実際の評価法
秋田県立脳血管研究センター
[Others]  19 Sep 2008
脳卒中片麻痺のリハビリテーション―最近の知見―
日本リハビリテーション医学会 専門医・認定臨床医生涯教育研修会<中部・東海地方会>
[Others]  30 Aug 2008
脳卒中リハビリテーションにおける経頭蓋時期刺激の応用
第1回上肢の神経機能回復セミナー
[Others]  8 May 2008
片麻痺上肢における経頭蓋磁気刺激を併用した運動学習
第1回ADL評価講習会
[Others]  5 Apr 2008
FIMの実際の評価法
神経難病患者療養支援者研修会
[Others]  19 Feb 2008
難病療養者・家族を支えるためのコーチング
一般医家に役立つ運動器(骨関節)のリハビリテーション研修会
[Others]  15 Dec 2007
運動器機能障害の評価とリハ処方
第5回東北摂食・嚥下リハビリテーション研究会
[Others]  14 Oct 2007
摂食・嚥下リハビリテーションの普及と向上 〜コアチームから全体へ〜
[日本国内] 放送大学
[Others]  Oct 2007
リハビリテーション講座
[日本国内] 第176回内科懇話会
[Others]  30 Jun 2007
肢体不自由リハビリテーションについて
[日本国内] 栗原市地域リハビリテーション講演会
[Others]  28 Mar 2007
一般病院におけるリハビリテーションの役割について
[日本国内] 平成19年度南多摩保険医療圏地域リハビリテーション支援センター主催第1回学術講演会
[Others]  8 Mar 2007
脳卒中と磁気刺激について
[日本国内] 第36回 日本臨床神経生理学会学術大会 教育講演
[Others]  29 Nov 2006 - 1 Dec 2006
経頭蓋磁気刺激のリハビリテーションへの応用
第4回東北摂食・嚥下リハビリテーション研究会
[Others]  8 Oct 2006
摂食・嚥下リハビリテーション 〜総論から各論へ〜
[日本国内] 第5回仙台市地域包括支援センター職員研修会
[Others]  23 Aug 2006
介護予防ケアマネジメントのためのコーチング研修
[日本国内] 第70回医師会勉強会
[Others]  22 Jun 2006
高齢者のリハビリテーションと介護予防
[日本国内] みやぎ県南中核病院
[Others]  19 Jun 2006
脳卒中の急性期リハビリテーション
[日本国内] 第3回嚥下食普及連携会議 2006.3.23
[Others]  23 Mar 2006
嚥下食の臨床評価について
[日本国内] 第14回日本神経学会東北地方会生涯教育講演会
[Others]  18 Mar 2006
神経内科医が知っておくべきリハビリテーションの知識
[日本国内] 第7回宮城県歯科医師国民健康保険組合健康講話会
[Others]  26 Nov 2005
摂食嚥下障害の原因とそのリハビリ
第3回東北摂食・嚥下リハビリテーション研究会
[Others]  23 Oct 2005
摂食・嚥下リハビリテーションの展開
[日本国内] 第76回慶応義塾大学医学部生涯教育研修セミナー
[Others]  25 Jun 2005
脳卒中リハビリテーション治療の新展開
[海外・国際] The 2nd Forum of Physiatrist Branch of the Chinese Medical Doctor Association and the 4th Youth Conference of Chinese Association of Rehabilitation Medicine
[Others]  14 May 2005
Postgraduate training and certification of physiatrists/rehabilitation physicians in Japan: the past, present, and future
[日本国内] 第2回東北文化学園大学作業療法学科同窓会
[Others]  19 Mar 2005
作業療法の研究と可能性
[日本国内] 仙台歯科医師会研修会
[Others]  23 Feb 2005
リハビリテーションの基礎
[日本国内] 平成16年度 東北大学公開講座 障害科学の進歩と将来展望
[Others]  4 Dec 2004
身体と生活の不自由について. —難病患者の在宅リハビリテーション—
[日本国内] 脳卒中フォーラム in 仙台2004
[Others]  1 Dec 2004
最近の脳卒中事情 リハビリテーションの実情と問題点
[日本国内] 日本リハビリテーション医学会専門医・認定臨床医生涯教育研修会
[Others]  20 Mar 2004
リハビリテーション医学教育カリキュラムと生涯教育について
[日本国内] 青森県高齢者等地域リハビリテーション支援センター平成15年度特別講演・事例検討会
[Others]  20 Dec 2003
リハビリテーション医学の進歩—脳の非侵襲的刺激による治療について—
[日本国内] 第26回東北脳血管障害懇話会
[Others]  6 Dec 2003
脳卒中の急性期リハビリテーション
[日本国内] 平成15年度 東北大学公開講座 障害科学の進歩と将来展望
[Others]  22 Nov 2003
身体と生活の不自由について
[日本国内] 第10回ニューロロジストフォーラム
[Others]  1 Nov 2003
経頭蓋磁気刺激による中枢性運動障害の評価と治療
[日本国内] 第120回臨床集談会
[Others]  18 Sep 2003
摂食・嚥下障害のリハビリテーション
[日本国内] 第3回旭中央病院講演会(地域リハビリテーション支援センター研修会)
[Others]  18 Jul 2003
リハビリテーション医学の未来
[日本国内] 仙台市医師会研修会
[Others]  16 Jul 2003
障害者の就労とリハビリテーション

Others

 
Jun 2016   低疲労着座理論の構築
人間性に基づいた人体各部位の疲れにくい最適な支持ならびに適度な筋収縮によって血行を促し、疲労を改善し易い指示について調べる。この新しいテクニカルアプローチにより、誰もが疲れにくいと感じることができる座らせ方と指示の仕方の理論を構築する。
Jun 2016   歩行解析に基づく人間-機械IF・制御技術の研究
菓子運動機能の計測・歩行定量化指標の確立および、歩行安定制御に向けたセンサー浮きウェアラブルアシストデバイスンによるデータ解析とDB構築
Apr 2016   ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いたリハビリテーション機器の開発
脳卒中後遺症に対して、資格介入によるリハビリ補助を目的とした機器を開発する
Feb 2016   摂食・嚥下障害リハビリ用マウスピースの研究開発及び性能評価
マウスピースの性能を評価するために、摂食・嚥下障害のある患者20名程度を対象に、マウスピースを装着した際の生理的な影響、安全性試験の実施、及びマウスピース装着による舌筋力増強時の生体反応の解析を行う。マウスピースのスペック最適化のために、マウスピース装着時の舌筋力増強訓練の効果を把握し、その性能評価、変更・改良点を提示する。
Feb 2016   摂食・嚥下障害リハビリ用マウスピース研究開発及び性能評価
マウスピースの性能を評価するために、摂食・嚥下障害のある患者20名程度を対象に、マウスピースを装着した際の生理的な影響、安全性試験の実施、及びマウスピース装着による舌筋力増強時の生体反応の解析を行う。マウスピースのスペック最適化のために、マウスピース装着時の舌筋力増強訓練の効果を把握し、その性能評価、変更・改良点を提示する。