村岡 修

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/23 15:36
 
アバター
研究者氏名
村岡 修
 
ムラオカ オサム
所属
近畿大学
部署
薬学部 医療薬学科
職名
教授

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1978年
大阪大学 薬学研究科 
 

論文

 
Tanabe G, Manse Y, Ogawa T, Sonoda N, Marumoto S, Ishikawa F, Ninomiya K, Chaipech S, Pongpiriyadacha Y, Muraoka O, Morikawa T
The Journal of organic chemistry   83(15) 8250-8264   2018年8月   [査読有り]
Donglin Fu, Xuemin Rao, Jinyi Xu, Genzoh Tanabe, Osamu Muraoka, Xiaoming Wu, Weijia Xie
Tetrahedron Letters   59 2876-2879   2018年7月
© 2018 The first total syntheses of naturally occurring cyclodepsipeptides Hikiamides A–C are described. The key linear pentapeptide precursors, prepared efficiently via Fmoc-solid-phase synthesis, were cyclized in dilute solution to provide the t...
Qi Miao, Yunzhi Li, Jinyi Xu, Aijun Lin, Genzoh Tanabe, Osamu Muraoka, Xiaoming Wu, Weijia Xie
European Journal of Organic Chemistry   2018 1443-1448   2018年3月
© 2018 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Syntheses of amorfrutin C, a natural product with potent antitumor activity, as well as pseudo-amorfrutin A were accomplished. Protected 2,4-dihydroxybenzoic acid derivative 5 was used as a commo...
Hiroaki Shimada, Yuichi Urabe, Yuhei Okamoto, Zheng Li, Atsushi Kawase, Toshio Morikawa, Toshio Morikawa, Pengfei Tu, Osamu Muraoka, Osamu Muraoka, Osamu Muraoka, Masahiro Iwaki, Masahiro Iwaki, Masahiro Iwaki
Journal of Functional Foods   39 91-95   2017年12月
© 2017 Elsevier Ltd Echinacoside (ECH) and acteoside (ACT), the major constituents of Cistanche tubulosa, suppress the increase in postprandial blood glucose level. Although ECH and ACT have been reported to weakly inhibit α-glucosidases, the unde...
Morikawa T, Imura K, Akagi Y, Muraoka O, Ninomiya K
Journal of natural medicines   72(1) 317-325   2017年10月   [査読有り]
Taira N, Katsuyama Y, Yoshioka M, Muraoka O, Morikawa T
International journal of molecular sciences   19(4)    2018年4月   [査読有り]
Morikawa T, Manse Y, Koda M, Chaipech S, Pongpiriyadacha Y, Muraoka O, Ninomiya K
Journal of natural medicines   72(2) 542-550   2018年3月   [査読有り]
Morikawa T, Hachiman I, Ninomiya K, Hata H, Sugawara K, Muraoka O, Matsuda H
Journal of natural medicines   72(2) 464-473   2018年3月   [査読有り]
Ishikawa F, Jinno K, Kinouchi E, Ninomiya K, Marumoto S, Xie W, Muraoka O, Morikawa T, Tanabe G
The Journal of organic chemistry   83(1) 185-193   2018年1月   [査読有り]
Nakamura K, Muraoka O
Bioscience trends   11(6) 688-693   2018年1月   [査読有り]

Misc

 
二宮清文, 二宮清文, LUO Fenglin, 柴谷華苗, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 石川文洋, 田邉元三, 田邉元三, 森川敏生, 森川敏生
天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集   22nd 129‐131   2018年10月
二宮清文, 二宮清文, 井上尚樹, 中西勇介, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生
天然薬物の開発と応用シンポジウム講演要旨集   22nd 126‐128   2018年10月
肉豆く衣の糖消費促進活性成分
宮坂 賢知, 二宮 清文, 八幡 郁子, 村岡 修, 森川 敏生
和漢医薬学会学術大会要旨集   35回 136-136   2018年9月
二宮清文, 坂本裕介, 田邉元三, 田邉元三, 村岡修, 森川敏生
日本生薬学会年会講演要旨集   65th 244-244   2018年8月
二宮清文, 二宮清文, 宮坂賢知, 八幡郁子, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生
日本生薬学会年会講演要旨集   65th 242-242   2018年8月
長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生
日本生薬学会年会講演要旨集   65th 90-90   2018年8月
二宮清文, 羅鳳琳, 柴谷華苗, 杉田秀美, 村岡修, 森川敏生
日本生薬学会年会講演要旨集   65th 243-243   2018年8月
二宮清文, 二宮清文, 井上尚樹, 柴谷華苗, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生
日本生薬学会年会講演要旨集   65th 174-174   2018年8月
長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生
日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集   24th 102   2018年5月
長友暁史, 長友暁史, 二宮清文, 二宮清文, 松本亜衣, 松本亜衣, 児玉高幸, 川上宏智, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2018 ROMBUNNO.3A19a03 (WEB ONLY)   2018年3月
杉田秀美, 二宮清文, 村木謙一, 佐伯竣介, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 森川敏生
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2018 ROMBUNNO.3A19a02 (WEB ONLY)   2018年3月
井上尚樹, 二宮清文, 二宮清文, 柴谷華苗, 佐々木佑人, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生, 森川敏生
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2018 ROMBUNNO.3A19a01 (WEB ONLY)   2018年3月
機能性成分のマルチインテイクによる疾病予防と健康増進への貢献 生活習慣病の予防・改善に資する機能性食品成分の探索
森川 敏生, 村岡 修
日本薬学会年会要旨集   138年会(1) 188-188   2018年3月
宮坂賢知, 二宮清文, 八幡郁子, 村岡修, 森川敏生
和漢医薬学会学術大会要旨集   35th 136   2018年
二宮清文, 柴谷華苗, 末吉真弓, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 森川敏生
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th(2) ROMBUNNO.27PA‐pm171-199   2018年3月
二宮清文, 宮坂賢知, 八幡郁子, 村岡修, 森川敏生
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th(2) ROMBUNNO.27PA‐pm172S-199   2018年3月
井上尚樹, 二宮清文, 中西勇介, 松浦豪之, 植松一貴, 村岡修, 森川敏生
和漢医薬学会学術大会要旨集   35th 130-130   2018年9月
白戸美希, 萬瀬貴昭, 二宮清文, 丸本真輔, 石川文洋, 村岡修, 森川敏生, 田邉元三, 田邉元三
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th(2) ROMBUNNO.27PA‐pm093-186   2018年3月
森川敏生, 村岡修, 森川敏生, 村岡修
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th ROMBUNNO.S29‐1   2018年
島田紘明, 卜部裕一, 岡本雄平, 李征, 川瀬篤史, 森川敏生, 森川敏生, 村岡修, 村岡修, 村岡修, 岩城正宏, 岩城正宏, 岩城正宏
生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集   39th 56‐57   2017年10月

書籍等出版物

 
吉川 雅之 (担当:監修)
シーエムシー出版   2012年4月   ISBN:4781305555

講演・口頭発表等

 
柴谷華苗, 二宮清文, 田邉元三, 筒井望, CHAIPECH Saowanee, CHAIPECH Saowanee, PONGPIRIYADACHA Yutana, 村岡修, 村岡修, 森川敏生
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2017年3月5日   
安藤恵里, 萬瀬貴昭, 田邉元三, 福田梨沙, 福田友紀, 筒井望, 三宅史織, 中屋友紀子, 山添晶子, 松本朋子, 松田久司, 二宮清文, 村岡修, 村岡修, 森川敏生
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2017年3月5日   
奥川修平, 奥川修平, 北川仁一朗, 北川仁一朗, 甕千明, 甕千明, 田邉元三, 亀井惟頼, 二宮清文, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 森川敏生
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2017年3月5日   
田邉 元三, 森川 敏生, 福田 梨沙, 福田 友紀, 萬瀬 貴昭, 二宮 清文, 松本 朋子, 眞野 みのり, 松田 久司, 村岡 修
日本薬学会年会要旨集   2017年3月   
Chakasaponin類の消化管がん細胞に対する細胞増殖抑制活性の構造活性相関
二宮 清文, 甕 千明, 西田 文香, 奥川 修平, 北川 仁一朗, 吉川 雅之, 村岡 修, 森川 敏生
日本薬学会年会要旨集   2017年3月   
長友 暁史, 西田 典永, 田中 幸雅[東], 吉川 雅之, 村岡 修, 二宮 清文, 森川 敏生
日本薬学会年会要旨集   2017年3月   
二宮 清文, 宮澤 聖也, 尾関 快天, 松尾 菜都子, 村岡 修, 菊地 崇, 山田 剛司, 田中 麗子, 森川 敏生
日本薬学会年会要旨集   2017年3月   
アルキルグリセリルアスコルビン酸誘導体の分子構造とメラニン産生抑制作用の関係
平 徳久, 勝山 雄志, 吉岡 正人, 村岡 修, 森川 敏生
日本薬学会年会要旨集   2017年3月   
長友暁史, 長友暁史, 西田典永, 田中幸雅, 吉川雅之, 村岡修, 村岡修, 二宮清文, 二宮清文, 森川敏生, 森川敏生
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   2017年   
アンデローバ(Carapa guianensis)の種子に含まれる新規リモノイド
田中 麗子, 樋口 渓一郎, 谷 佳美, 大森 頌子, 村岡 修, 菊地 崇, 山田 剛司
日本生薬学会年会講演要旨集   2016年8月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 村岡 修
報告者らは、1997年インドやスリランカの伝統医学であるアーユル・ヴェーダにおいて、糖尿病の特効薬として用いられている天然薬物、Salacia reticulata WIGHT(Celastraceae)の抽出エキスから、強力なα-glucosidase阻害作用を示す成分、salacinol(1)[Tetrahedron Lett.,8367(1997)]を単離し、絶対構造を含めたその新奇なスルホニウム硫酸分子内塩構造を明らかにしている。本研究では、化合物1の糖鎖上の置換基とその阻害活性と...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 村岡 修
報告者らは,1997年インドやスリランカの伝承医学であるアーユル・ヴェーダで,糖尿病の治療に用いられている天然薬物Kotala himbutu(Salacia reticulata)の抽出エキスから,強力なα-glucosidase阻害作用を示す成分,salacinol(1)[Tetrahedron Lett,8367(1997)]を単離し,絶対構造を含めたその新奇なスルホニウム硫酸分子内塩構造を明らかにしている.本研究では,1のα-glucosidase阻害活性についての構造活性相関を検...
Alpinia gatang 中の抗アレルギー成分 1'-Acetoxychavicol acetate の構造活性相関研究
スリランカ産天然薬物 Salacia reticulata WIGHT のα-glucosidase 阻害活性に関する研究