HASHIDA Toshiyuki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 22, 2018 at 21:26
 
Avatar
Name
HASHIDA Toshiyuki
E-mail
hashidarift.mech.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/2d6dcebf5ee189965037752f51bb243d.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Fracture and Reliability Research Institute Division of New Energy Systems Science Laboratory for Earth Energy Systems Research
Job title
Professor
Degree
工学博士(東北大学大学院)

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Today
東北大学 教授 (工学研究科) 大学院重点化による配置換
 
Jun 1998
 - 
Mar 1999
東北大学 教授 (工学部)
 
Apr 1991
 - 
Sep 1992
米国ミシガン大学 客員研究員
 
Jan 1991
 - 
May 1998
東北大学 助教授 (工学部)
 
Apr 1989
 - 
Dec 1990
東北大学 講師 (工学部)
 

Education

 
 
 - 
Mar 1985
機械工学, Graduate School, Division of Engineering, 東北大学大学院
 
 
 - 
Mar 1980
Faculty of Engineering, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2011
 - 
Today
日本ファインセラミックス協会「固体酸化物形燃料電池セル用セラミックス材料の特性試験方法」委員会  委員
 
Apr 2006
 - 
Today
財団法人大阪科学技術センター付属ニューマテリアルセンター 耐熱コーティングの特性評価試験法の標準化本委員会  委員
 
Apr 2005
 - 
Today
The ISRM Committee on Core-based Mode II Fracture Toughness Testing Methods  Working Group Organizer
 
Dec 2004
 - 
Today
The ASTM Subcommittee on Advanced Ceramics Applications  Scientific Committee Member
 
Apr 2017
 - 
Feb 2018
一般社団法人 日本ファインセラミックス協会 新エネルギー等国際標準開発平成27年度「固体酸化物形燃料電池セル用セラミックス材料の  界面強度に関する国際標準化」委員会  界面強度評価試験法委員会(WG1)委員
 

Awards & Honors

 
Mar 2015
2015 Journal of Materials Chemistry A Hot Paper, Journal of Materials Chemistry A
Winner: Jingxiang Xu, Shandan Bai, Yuji Higuchi, Nobuki Ozawa, Kazuhisa Sato, Toshiyuki Hashida, and Momoji Kubo
 
Jingxiang Xu, Shandan Bai, Yuji Higuchi, Nobuki Ozawa, Kazuhisa Sato, Toshiyuki Hashida, and Momoji Kubo, A, Multi-Nanoparticle Model Simulations of the Porosity Effect on Sintering Processes in Ni/YSZ and Ni/ScSZ by Molecular Dynamics Method, J. ...
Oct 2009
日本粉末冶金工業会 第7回PM研究促進展奨励賞, 日本粉末冶金工業会
Winner: 大森 守,山本 剛,橋田 俊之,大久保 昭,木村久道
 
Mar 2007
Fellow of The Japan Society of Mechanical Engineers (JSME Fellow), 日本機械学会
 
認定番号 70045
Nov 2006
Optimization of Reaction Time for Bonding Hydroxyapatite Ceramics and Titanium by Hydrothermal Hot-pressing, Best Poster Award, The Sixth Asian Bioceramics Symposium 2006 (ABC 2006)
Winner: T. Onoki, M. Tanaka, K. Hosoi, E. Yasuda and T. Hashida
 
Proceedings of the Sixth Asian Bioceramics Symposium 2006 (ABC 2006), November 9-10, 2006, Sofitel Central Plaza Bangkok, Thailand, (2006), pp. 264-267. (Poster No. =PB 29)
Nov 2006
A New Method for Evaluating Degradation of Solid Oxide Fuel Cell Under Operating Conditions by Combining the Electrochemical Measurement with Non-destructive Test, Best Paper Award, Asian Symposium on Materials and Processing 2006 (ASMP 2006)
Winner: Kazuhisa Sato, Shintaro Kyotani, Toshiyuki Hashida, Hirokazu Moriya, Tatsuya Kawada, Keiji Yashiro, Takashi Nakamura, Hiroo Yugami, Junichiro Mizusaki
 
Organized by Japan Society of Mechanical Engineers, Division of Materials and Processing, and National Metal and Materials Technology Center, NSTDA.

Published Papers

 
Mikio Fukuhara, Tomoyuki Kuroda, Fumihiko Hasegawa, Yasuyuki Shirai, Toshiyuki Hashida, and Kazuya Konno
Journal of Alloys and Compounds   776 757-762   Mar 2019   [Refereed]
Effect of graphitization on mechanical properties of untwisted carbon nanotube yarn and its strength development mechanism
Taesung KIM, Anri HAYASHI, Hidefumi NIKAWA, Keiichi SHIRASU, Go YAMAMOTO, Toshiyuki HASHIDA, Atsushi HOSOI and Hiroyuki KAWADA
Transactions of the JSME   84(860) 17-00585   Apr 2018   [Refereed]
Development of Numerical Methods for Estimating Fluid Flow Path in Fractured Geothermal Reservoir
Fuad Ikhwanda, Anna Suzuki, Toshiyuki Hashida
Proceedings of the 43rd Stanford Geothermal Workshop, Stanford University, Stanford, California, February 12-14, 2018, STG-TR-213   in CD ROM   2018   [Refereed]
Anna Suzuki, Sergei Fomin, Vladimir Chugunov , Toshiyuki Hashida
Water   10(2) 123-133   2018   [Refereed]
Dry-out phenomenon and flow behavior in rocks for CO2 geological storage,
Huong Nguyen Thi Thanh, Anna Suzuki, Satoshi Uehara, Toshiyuki Hashida
Proceedings of the 15th International Conference on Flow Dynamics, November 7-9, 2018, Sendai International Center, Sendai, Japan   in CD ROM   2018   [Refereed]

Misc

 
固体酸化物燃料電池の機械的特性のin situ測定,熱測定
雨澤浩史,佐藤一永,橋田俊之,川田達也
熱測定   40(1) 23-29   2013
SOFCの耐久性・信頼性向上のための構成材料の機械的基礎物性研究
佐藤一永,渡辺 智,雨澤浩史,川田達也,橋田俊之
セラミックス   48(3) 159-164   2013
CNT-セラミックス複合材料
山本剛, 大森守, 橋田俊之
工業材料   56(1) 10-11   2008
アスベストの有無を、簡単に、短時間で探知できるオンサイト技術
尾家慶彦, 前田直己, 橋田俊之
OHM   10 12-13   2007
カーボンナノチューブを利用したセラミックス基複合材料の製造
山本剛・大森守・橋田俊之・相澤養市・大久保昭・木村久道
ケミカルエンジニヤリング,(特集 ライセンス技術の開拓と展望)   52(10) 743-747   2007

Books etc

 
Mechanical and Fracture Properties of Carbon Nanotubes, Chapter 6 of Carbon Nantubes
Keiichi Shirasu, Go Yamamoto, Daniel Nelias and Toshiyuki Hashida (Part:Joint Work, Chapter 6)
IntechOpen   Apr 2018   ISBN:978-1-78923-053-6
Chapter 6 of Carbon Nantubes, edited by Mohammes Muzibur Rahman
Topical Themes in Energy and Resources, A Cross-Disciplinary Education and Training Program for Environmental Leaders
T. Hashida (Part:Joint Work, 第6章 (Geothermal Energy ) pp. 93-111)
Springer   2015   
高分子における劣化・破壊現象の写 真・データ事例集~原因特定と対策のために~
山本剛,白須圭一,野坂陽,橋田俊之 (Part:Joint Work, 第15章,第8節,"カーボンナノ チューブ/アルミナ複合材料の破面構造観察", pp. 573-578.)
技術情報協会   2014   
エレクトロニクス用途におけるコンポジット材料の混練・コンパウンド技術と分散・界面制御
山本剛,白須圭一,橋田俊之 (Part:Joint Work, 第10章,第3節(カーボンナノチューブを利用したセラミックス基複合材料の製造方法))
技術情報協会   Apr 2013   
Go Yamamoto and Toshiyuki Hashida (Part:Joint Work, Chapter 21, pp.483-502, Title:Carbon Nanotube Reinforced Alumina Composite Materials)
InTech   2012   ISBN:978-953-51-0711-8

Conference Activities & Talks

 
Significance of Nano-Scale Experimental Techniques for Development of Carbon Nanotube Reinforced Ceramics Matrix Composites
8th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics,   3 Nov 2013   
カーボンナノチュブを用いたセラミックス基複合材料の開発と応用展開
山本剛、白須圭一、野坂陽、橋田俊之
第1回カーボンナノチューブコンポジットワークショップ(主催:JST 先端的低炭素化技術開発「現実的CNTアプリケーション技術による革新的超軽量強化複合材料量産化技術の開発」プロジェクト)   29 Aug 2013   
カーボンナノチューブ/アルミナ複合材料の作製とその機械・電気的特性評価
橋田俊之, 山本剛,白須圭一,大森守,小野崇人,高木敏行
平成25年度 第1回 カーボンナノ材料研究会(主催:(財)大阪科学技術センター)   5 Jun 2013   
Investigation of Fracture Mechanism in Carbon Nanotube Reinforced Alumina Composites and Its Relation with Nanostructure
Keiichi Shirasu, Go Yamamoto, You Nozaka, Mamoru Omori, Toshiyuki Takagi and Toshiyuki Hashida
Eighth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2011)   9 Nov 2011   
Effect of carbon nanotube addition on tribological behavior of carbon nanotube/alumina composites in dry and humid conditions
G. Yamamoto, K. Shirasu, T. Takagi and T. Hashida
22nd European Conference on Diamond, Diamond‐Like Materials,Carbon Nanotubes and Nitrides   4 Sep 2011   

Research Grants & Projects

 
岩石、コンクリート、セラミックスの破壊靭性評価に関する研究
Project Year: Apr 1985 - Mar 1988
マイクロメカニックスに基づく繊維複合材料の開発
Project Year: Apr 1989 - Today
セラミックコーティングの耐熱衝撃・疲労性能評価に関する研究
Project Year: Apr 1986 - Today
固体酸化物型燃料電池の設計・作成と機械的特性評価に関する研究
Project Year: Apr 2001 - Today
超臨界岩体からの地殻エネルギー抽出に関する研究
Project Year: Sep 1997 - Today

Patents

 
特願2018-200621 : Materials for ultra-capacitors, and ultra-capacitors
特開2004-137119 : セメント系繊維複合材料 Fiber Reinforced Cementitious Composites
橋田俊之、宮外清貴、高島博之
特開2003-218579 : ハイドロキシアパタイト多孔質焼結体の製造方法 Production Method for Sintered Porous Hydroxyapatite Ceramics
中平 敦、村上隆幸、橋田俊之、細井和幸、小野木伯薫
特開2003-218579 : 軽量なセメント系電波吸収体およびその製造方法 Lightweight Electric Wave Absorbing Solids and Their Manufacturing Method
橋田俊之、佐藤源之、宮外清貴、高島博之
特開2003-211427 : 短繊維複合セメント系押出成形材料とその製造方法 Extrusion Molded Cementitious Composites by Discontinuous Fibers and Their Manufacturing Method
橋田俊之、宮外清貴、高島博之
特開2003-128452 : 短繊維補強セメント系押出成形材料 Discontinuous Fiber Reinforced Cementitious Composites Manufactured by Extrusion Molding
橋田俊之、宮外清貴、高島博之
特開2002-338319 : 短繊維補強セメント系押出成形材料 Discontinuous Fiber Reinforced Cementitious Composites Manufactured by Extrusion Molding
橋田俊之、宮外清貴、高島博之

Social Contribution

 
産業界主催研究活動紹介
[Others]  8 Aug 2017
株式会社 高純度化学研究所からの依頼を受けて,「準脆性材料の材料強度学的評価と応用に関する研究」を題目とする招待講演を2017年8月8日に行った.
文部科学省・先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業「社会の安全・安心のための先端的経年損傷計測・評価と破壊制御」
[Others]  1 Apr 2016 - 31 Mar 2017
課題選定評価委員会委員
公開講座「エネルギー資源・環境学」
[Others]  25 Aug 2015
エネルギー資源ならびにエネルギー環境に関する話題を,水素エネルギー,地殻エネルギー・物質,ならびに資源リサイクルの観点から講義を行い一般公開した.
文部科学省・先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業「社会の安全・安心のための先端的経年損傷計測・評価と破壊制御」
[Others]  25 Apr 2014 - 31 Mar 2015
課題選定評価委員会委員
東北大学イノベーションフェア2014
[Others]  28 Jan 2014
カーボンナノチューブ/アルミナセラミックス複合材料の作製と機械的特性評価に関するブース出展

Others

 
Jun 2017   SOFCセルスタック発電時の変形および応力解析技術に関する研究
SOFCセルスタック発電時の変形および応力評価を目的として,レーザー計測技術を用いた非破壊計測技術を開発する.
Aug 2016   地熱貯留層評価・管理技術開発のための注水涵養に伴う貯留層内変動把握に関する研究
柳津西山地熱貯留層を対象として,不連続き裂を考慮できるトレーサー応答数値シミュレーション法の開発と貯留層評価に関する研究を行う.
Sep 2012   固体酸化物燃料電池の機械的特性評価に関する研究
固体酸化物燃料電池の経年劣化損傷を小型試験法(スモールパンチ試験法)を用いて検出するための研究を行う.経年劣化した積層材料であるSOFC構成材料に対して,AE法を併用した材料強度学的試験法を開発し,劣化損傷を定量的に評価できる方法を提案する.
Apr 2012   固体酸化物型燃料電池の基礎と研究開発に関する学術指導
固体酸化物型燃料電池(SOFC)の基礎と研究開発に関して,一般的な事項とともに最先端の技術の現状について学術指導を行う.
Jul 2011   珪酸カルシウム系複合材料の材料強度に関する研究
珪酸カルシウム系複合材料を対象として,複合材料の作製とその機械的特性の評価に関する研究を行う.