NAJIMA Yoshinao

J-GLOBAL         Last updated: Sep 6, 2016 at 16:48
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Tohoku University Graduate School of Arts and Letters, Department of Linguistic Studies, Applied Japanese Linguistics,Applied Japanese Linguistics
 
2004
   
 
- Graduate school of Arts and Letters Tohoku University
 
2002
 - 
2004
Reserch Center for Higher Education, Tohoku University
 

Education

 
 
 - 
2002
Graduate School of Languages and Cultures, Nagoya University
 
 
 - 
1999
Himeji Dokkyo University
 
 
 - 
1988
Faculty of Economics, Ritsumeikan University
 

Committee Memberships

 
2013
 - 
2016
韓国日本語学会  一般理事
 
2013
   
 
日本語教育学会  理事
 
2012
   
 
小出記念日本語教育研究会  編集委員
 
2010
   
 
日本語用論学会  運営委員
 
2007
 - 
2012
日本語文法学会  学会誌委員
 

Awards & Honors

 
2000
大幸財団 学芸奨励助成
 

Misc

 
災害とコミュニケーション
名嶋義直
『ひつじ意味論講座第7巻 意味の社会性』(ひつじ書房)   175-198   2015
特定秘密保護法に関する記者会見記事の批判的談話分析— ミクロ面の分析を中心に —
名嶋義直
『文化』   78(3/4) 1-24   2015
2012年日本語教育国際研究大会(ICJLE2012)報告
名嶋義直
『日本語教育』154      2013
ノダ文に関する語用論的考察―韓国人日本語学習者の場合―
名嶋義直
日本語教育と日本研究における 双方向性アプローチの実践と可能性   269-280   2014
Sentence-Final Particles in Japnaese: Interrelation Meanings of Ka, Yone, Yo and Ne
NAJIMA Yoshinao
東北大学文学研究科研究年報   (63)    2014

Books etc

 
3.11 原発事故後の公共メディアの言説を考える
ひつじ書房   2015   
日本語教育 学のデザイン
凡人社   2015   
Noda no Imi/Kinou-from a View of Relevance Theory
Kurosio publishing   2007   
『今を生きる—東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言—1.人間として』
東北大学出版会   2012   ISBN:978-4-86163-192-4

Conference Activities & Talks

 
「反・脱原発」の談話行動について―社説の分析を通してー
第四回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム   2015   
原発事故の風化とメディアとの関係 -新聞記事が読者に与える影響-
日本科学者会議創立 50 周年記念行事 国際シンポジウム   2015   
「縁側で『こんにちは』」プロジェクト―共有・共感・共生の創生ーについて
第3回 国連防災世界会議   2015   
内閣府食品安全委員会」のリスク・コミュニケーションについて―批判的談話分析の観点から―,
脅威の社会に服従していいのか? リスクの社会を受け入れていいのか? リスク・コミュニケーション コミュニケーションの危機を語ろう   2015   
人はいかに新聞記事を読まされるかー批判的談話分析の検証ー
第二回 アジア未来会議   2014   

Works

 
言語研究者・言語教育者養成プログラム
2005 - 2007
A Critical study of Media Discourse from the perspective of post 3.11
2013
メディア言語の批判的研究
2013
コミュニケーションのための教材作成プロジェクト
2005 - 2009
国際シンポジウム 言語学者によるメディア・リテラシー研究の最前線ーポスト3.11の視点— プログラムと発表資料集
2015

Research Grants & Projects

 
A Pragmatic Study of Japanese
Project Year: 1997   
Critical Discourse Analysis
A PragmaticStudy of Japanese
現代日本語の言語形式を対象とした語用論的研究。特に、具体的な意味が薄く、抽象的・機能的意味を持つ言語形式が、日本語のコミュニケーションの中でどのように機能しているかを明らかにすることが研究テーマである。