黒木 玄

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:03
 
アバター
研究者氏名
黒木 玄
 
クロキ ゲン
eメール
kurokimath.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/3b69ab71ce97485f816dd6aa0b15fbb2.html
所属
東北大学
部署
大学院理学研究科・理学部 数学専攻
職名
助教
学位
博士 (数理学)(名古屋大学), 理学修士(東北大学)

研究分野

 
 

論文

 
Regularity of quantum tau-functions generated by quantum birational Weyl group actions
Gen Kuroki
arXiv      2012年6月   [査読有り]
to appear in Communications in Mathematical Physiscs
Quantum groups and quantization of Weyl group symmetries of Painlevé systems
Gen Kuroki
Advanced Studies in Pure Mathematics   61 289-325   2011年   [査読有り][招待有り]
Proceedings of "Exploring New Structures and Natural Constructions in Mathematical Physics". Edited by K. Hasegawa, T. Hayashi, S. Hosono, and Y. Yamada.
黒木玄, 武部尚志
J. Phys. A   34(11) 2403-2413   2001年4月   [査読有り]
Wakimoto modules and Knizhnik-Zamolodchikov-Bernard equations. Gauge theory and integrable models
黒木玄, 武部尚志
Progr. Theoret. Phys. Suppl.   (135) 138-148   1999年4月   [査読有り]
Bosonization and integral representation of solutions of the Knizhnik-Zamolodchikov-Bernard equations
黒木玄, 武部尚志
Comm. Math. Phys.   204(3) 587-618   1999年4月   [査読有り]

Misc

 
[東北大学オープンキャンパス・数学クイズ] 999・・・9を素数で割ると
黒木玄
数学セミナー   18-23   2009年8月

講演・口頭発表等

 
Painleve系とそのτ函数の正準量子化
日本数学会2015年度秋季総合分科会   2015年9月13日   
無限可積分系セッション特別講演
互いに素なm,nに対するA_{m-1}型とA_{n-1}型の拡大アフィンWeyl群の直積の双有理作用の量子化
日本数学会2013年度年会   2013年3月20日   
量子Weyl群双有理作用のSato-Wilson表示
日本数学会2012年度秋季総合分科会   2012年9月18日   
Weyl群双有理作用とτ函数の量子化―量子化されたτ函数の正則性
日本数学会2012年度年会   2012年3月26日   
http://arxiv.org/abs/1206.3419
量子dilogarithm恒等式の作り方
量子可積分系の新展開   2010年12月19日   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
量子パンルヴェ系の表現論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2004年8月 - 現在
量子可積分系の表現論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1996年4月 - 現在
共形場理論の表現論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1988年6月 - 現在
アフィンLie代数の表現論
科学研究費補助金
研究期間: 1990年4月 - 現在
トロイダルソリトン系の佐藤理論
科学研究費補助金
研究期間: 2000年4月 - 現在

社会貢献活動

 
緑丘プレ大学講座
【その他】  2010年10月13日
岩手県立盛岡第三高等学校で開講された「緑丘プレ大学講座」で70分の講義を2回行なった。内容は「数学上達のコツ」から始まり、Conway-Coxeter frieze について話し、クラスター代数を紹介して終わった。最新の数学理論であるクラスター代数の話を「ディンキン数学」の一例として高校生に紹介した。
平成26年度第27回秋田県理数科合同研修会
【その他】  2014年11月17日
秋田県理数科合同研修会は秋田県内の高校理数科の生徒を数百人集めて大学研究者等による講義や生徒による発表会を行なう研修会である。その研修会で数学の講義を受け持った。
平成25年度第26回秋田県理数科合同研修会
【その他】  2013年11月19日
秋田県理数科合同研修会は秋田県内の高校理数科の生徒を数百人集めて大学研究者等による講義や生徒による発表会を行なう研修会である。その研修会で数学の講義を受け持った。
平成24年度第25回秋田県理数科合同研修会
【その他】  2012年11月15日
秋田県理数科合同研修会は秋田県内の高校理数科の生徒を数百人集めて大学研究者等による講義や生徒による発表会を行なう研修会である。その研修会で数学の講義を受け持った。
高校生のための仙台数学セミナー
【その他】  2012年8月16日 - 2012年8月18日
川井数理科学財団はジブラルタ生命保険株式会社と東北大学大学院理学研究科数学専攻の協賛を得て「高校生のための仙台数学セミナー」を開催している。2012年度のセミナーで講義と演習を受け持った。

その他

 
1996年1月   楕円曲線上の共形場理論と量子化積分系
アフィンLie代数のゲージ対称性を持つ楕円曲線上の二種類の共形場理論について研究した。その片方は捻られたWZW模型であり、もう片方はKZB方程式を基礎方程式に持つ通常のWZW模型である。どちらも楕円函数を用いて具体的に記述される。臨界レベルのWZW模型は量子可積分系を記述しているので、結果的に以上の二種類の模型は臨界レベルで楕円函数係数のある種の量子可積分系を記述している。この研究によって共形場理論と楕円函数係数の量子可積分系を繋げることができた。