谷田 守

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/27 04:12
 
アバター
研究者氏名
谷田 守
 
タニダ マモル
URL
http://www.ritsumei.ac.jp/lifescience/bm/satomi/index.html
所属
金沢医科大学
部署
医学部 医学科
学位
博士(医学)

経歴

 
2008年4月
   
 
立命館大学 助教
 

受賞

 
2017年7月
金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Intragastric injection of Lactobacillus casei strain Shirota suppressed spleen sympathetic activation by central corticotrophin-releasing factor or peripheral 2-deoxy-d-glucose in anesthetized rats.
 
2015年
金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Soy isoflavone affects the autonomic nervous system in a tissue-specific manner in anesthetized rats.
 
2011年6月
平成22年度日本ビフィズス菌センター研究奨励賞
受賞者: 谷田 守,
 
2012年2月
2011年度立命館大学生命科学部若手教員奨励賞
受賞者: 谷田 守,
 
2010年8月
協和発酵バイオシーズコンテスト2010
受賞者: 谷田 守,
 

論文

 
Soy isoflavone affects the autonomic nervous system in a tissue-specific manner in anesthetized rats
M.Tanida, K.Imanishi, M.Komatsu, J.Satomi, N.Yamamoto, M.Wang, Y.Kurata, T.Shibamoto
Experimental biology and medicine (Maywood, N.J.)   239:477?483    2014年
Olfactory stimulatory with grapefruit and lavender oils change autonomic nerve activity and physiological function.
(K.Nagai), A.Niijima, Y.Horii, J.Shen, M.Tanida
Autonomic neuroscience : basic & clinical.   185:29-35    2014年
Mouse anaphylactic shock is caused by reduced cardiac output, but not by systemic vasodilatation or pulmonary vasoconstriction, via PAF and histamine.
M.Wang, T.Shibamoto, M.Tanida, Y.Kuda, Y.Kurata
Life sciences.   116:98-105    2014年
Major contribution of vasospasm-induced coronary blood flow reduction to anaphylactic ventricular dysfunction assessed in isolated blood-perfused rat heart
Y.Kuda, Y.Kurata, M.Wang, M.Tanida, T.Shibamoto
Cardiology journal.   21:11-17    2014年
Leptin inhibits amyloid β-protein fibrillogenesis by decreasing GM1 gangliosides on the neuronal cell surface through PI3K/Akt/mTOR pathway.
(N.Yamamoto), M.Tanida, R.Kasahara, K.Sobue, K.Suzuki
Journal of neurochemistry   131:323-332    2014年

書籍等出版物

 
Evidence-based Anticancer Materia Medica ・ An evidence-based Perspective of Lentinus Edodes (Shiitake Mushroom) for Cancer Patients (Chapter 14).
2011年   
Evidence-based Anticancer Materia Medica ・ An evidence-based Perspective of Lentinus Edodes (Shiitake Mushroom) for Cancer Patients (Chapter 14).
2011年   

講演・口頭発表等

 
運動の肥満ラットの肝臓虚血再灌流障害への効果 ?摘出肝での検討-
芝本利重, 山本悠貴, 九田裕一, 谷田 守, 王 墨飛, 倉田康孝
第22回日本病態生理学会総会   2012年   
Hepatic sympathetic nerve is not involved in rat anaphylactic portal hypertension
M.Wang, M.Tanida, T.Shibamoto, Y.Kurata
The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan   2013年   
Possible role of afferent vagal nerve in effects of glutamate on autonomic nerve activity
M.Tanida, T.Shibamoto
The 90th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan   2013年   
ラットのアナフィラキシー低血圧における交感神経系の役割
谷田 守, 倉田康孝, 芝本利重
第28回日本Shock学会総会   2013年   
Exercise attenuates ischemia-reperfusion injury of nonalcoholic fatty liver of the OLETF rat.
T.Shibamoto, M.Tanida, M.Wang, Y.Kurata
The 37th Congress of the International Unions of Physiological Sciences,   2013年   

競争的資金等の研究課題

 
摂食調節因子nesfatin-1による脂肪組織交感神経活性化機構の解析
文部科学省: 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 谷田 守
骨格筋ホルモンによる自律神経調節機構の解明
その他: 
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 谷田 守
国際実験生物学会2016に参加することへの助成
その他: 
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 谷田 守
血糖調節における自律神経調節機構の解明と糖尿病予防
その他: 
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 谷田 守
カテキン投与による求心性消化器自律神経系への作用
その他: 
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 谷田 守