MIURA Satoshi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 9, 2019 at 13:03
 

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Jun 2016
 - 
May 2018
日本測地学会  評議員
 
Apr 2016
 - 
Mar 2018
日本地震学会  代議員
 
Apr 2013
 - 
Mar 2015
日本測地学会  評議員
 
Apr 2008
 - 
Mar 2011
日本地震学会  代議員
 
Apr 2009
 - 
Mar 2010
日本地震学会公益法人移行推進委員会  委員
 

Awards & Honors

 
Jan 2008
高速広域レイヤ-2網によるリアルタイム地震観測波形データ交換システムの構築, JGN2アワード(アプリケーション賞), 独立行政法人情報通信研究機構
Winner: 東京大学,東北大学,京都大学,九州大学,名古屋大学,北海道大学,広島大学,防災科学研究所
 
Mar 2014
平成25 年度日本地震学会論文賞, 日本地震学会
 
Jul 2013
日本測地学会坪井賞(団体賞), 日本測地学会
Winner: 東北大学大学院理学研究科地震・噴火予知研究観測センター海陸測地観測グループ(代表:藤本博己)
 

Published Papers

 
Extremely early recurrence of intraplate fault rupture following the Tohoku-Oki earthquake
Yo Fukushima, Shinji Toda, Satoshi Miura, Daisuke Ishimura, Jun’ichi Fukuda, Tomotsugu Demachi & Kenji Tachibana
Nature Geoscience   https://doi.org/10.1038/s41561    Aug 2018   [Refereed]
超伝導重力計とgPhoneの比較観測
三浦 哲・金 娧希・池田 博・田村 良明
東濃地震科学研究所報告   38 141-145   Mar 2017
Muto, J., B. Shibazaki, T. Iinuma, Y. Ito, Y. Ohta, S. Miura, and Y.Nakai
Geophys. Res. Lett.   43 4971-4978   2016   [Refereed]
Iinuma, T., R. Hino, N. Uchida, W. Nakamura, M. Kido, Y. Osada and S. Miura
Nature Communications   7    2016   [Refereed]
Progress in the Project for Development of GPS/Acoustic Technique Over the Last 4 Years
Kido, M., H. Fujimoto, R. Hino, Y. Ohta, Y. Osada, T. Iinuma, R. Azuma, I. Wada, S. Miura, S. Suzuki, F. Tomita, M., Imano
International Association of Geodesy Symposia      2015   [Refereed]
Ohta, Y, T. Kobayashi, R. Hino, T. Demachi, S. Miura
International Association of Geodesy Symposia      2015   [Refereed]
Tanaka Y., T. Sato, Y. Ohta, S. Miura, J.T.Freymueller, and V. Klemann
J. Geodynamics   84 55-61   2015   [Refereed]
Fukuda, J., A. Kato, K. Obara, S. Miura, T. Kato
Geophys. Res. Lett.   41 7493-7500   Nov 2014   [Refereed]
Tanaka Y., T. Sato, Y. Ohta, S. Miura, J.T.Freymueller, V. Klemann
J. Geodynamics   84 55-61   Oct 2014   [Refereed]
Tsushima, H., R. Hino, Y. Ohta, T. Iinuma, S. Miura
Geophys. Res. Lett.   41(3390) 3397   May 2014   [Refereed]

Misc

 
GPS observation in the Tohoku District, Japan -Results of 1988 operarions-
Miura, S. , S. Nakao, K. Hashimoto, T. Sato, S. Hori, E. Murakami, K. Tachibana, T. Kono, K. Nida , A. Takagi
Proc. of the GPS Workshop 1989   106-113   1989
GPS observation in Tohoku District, northeastern Japan -Results of 1988-1989-
Miura, S. , S. Nakao, K. Hashimoto, T. Sato, S. Hori, E. Murakami, K. Tachibana, T. Kono, K. Nida
Proc. of the Japanese Symp. on GPS(1989)   46-54   Apr 1989
GPS observation in Tohoku District, northeastern Japan -Results of 1989-1990-
Miura, S. , K. Hashimoto, T. Sato, S. Hori, E. Murakami, K. Tachibana, T. Kono , K. Nida
Proc. of the Japanese Symp. on GPS(1991)   157-166   Apr 1991
GPSによる東北日本弧の広域地殻変動
三浦 哲, 橋本恵一, 佐藤俊也, 堀修一郎, 村上栄寿, 立花憲司, 河野俊夫, 仁田交市
月刊地球   14 436-441   Apr 1992
Preliminary analyses of the 1992 Sagami Bay GPS campaign using the Bernese GPS software
Miura, S., T. Sato, K. Tachibana, Y. Sumino, J. Endo, K. Goto, T. Moriguchi , M. Otsu
Proc. Japanese Symp. on GPS(1993)   5-9   Apr 1993

Books etc

 
The Seismogenic Zone of Subduction Thrust Faults
Hasegawa, A., N. Uchida, T. Igarashi, T. Matsuzawa, T. Okada, S. Miura, and Y. Suwa (Part:Joint Work, Asperities and quashi-static slips on the subducting plate boundary east off Tohoku, NE Japan, pp.451-475)
Columbia University Press   Aug 2007   
海洋調査フロンティア 海を計測する―増補版―
三浦 哲・他 (Part:Joint Work)
海洋調査技術学会   Apr 2004   
Application of GPS and Other Space Geodetic Techniques to Earth Sciences
Satoshi Miura, Sadato Ueki, Toshiya Sato, Kenji Tachibana, and Hiroyuki Hamaguchi (Part:Joint Work, Crustal deformation associated with the 1998 seismo-volcanic crisis of Iwate Volcano, Northeastern Japan, as observed by a dense GPS network, pp.1003-1008)
Terra Scientific Publishing Company, Tokyo   Apr 2000   
Slow Deformation and Transmission of Stress in the Earth
Satoshi Miura, Hiroshi Ishii, and Akio Takagi (Part:Joint Work, Migration of Vertical Deformations and Coupling of Island Arc Plate and Subducting Plate, pp.125-138.)
American Geophysical Union   Apr 1989   
弾性体力学―変形の物理を理解するために―
中島 淳一・三浦 哲 (Part:Joint Work)
Jul 2014   

Conference Activities & Talks

 
蔵王山のAMT観測と全磁力繰り返し観測
市來雅啓・海田俊輝・出町知嗣・平原聡・中山貴史・佐藤真樹子・山本希・三浦哲・森山多加志・他11名
CA研究会2017   Jan 2017   
電磁気学的に観た蔵王山の2014-2016年の活動と地殻構造
市來雅啓・海田俊輝・出町知嗣・平原聡・中山貴史・佐藤真樹子・山本希・三浦哲・森山多加志・他11名
日本火山学会2016年度秋季大会   13 Oct 2016   
N型地震の振動特性から推定された吾妻山浅部熱水系の時間発展
鳥本達矢・ 山本希・三浦哲・植木貞人
日本火山学会2016年秋季大会   13 Oct 2016   
Block Rotation and Intra-plate Deformation in Java, Indonesia based on GPS observations
Kuncoro, H., S. Miura, I. Meilano, S. Susilo
日本地球惑星科学連合2016年大会   22 May 2016   
蔵王山における人工地震構造探査
山本 希・三浦 哲・市來 雅啓・青山 裕・筒井 智樹・江本 賢太郎・平原 聡・中山 貴史・鳥本 達矢・ほか12名
日本地球惑星科学連合2016年大会   22 May 2016   

Works

 
LPAS (a software to log and transfer Long period data)
Software   Oct 2005
com2rnx (a software to log GPS data)
Software   May 2001

Research Grants & Projects

 
火山性地殻変動観測による噴火発生機構の研究
The Other Research Programs
Project Year: Apr 2013 - Today
米国アラスカ州南部における後氷期地殻隆起の総合測地観測と粘弾性構造の推定
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Dec 2011 - Today
米国アラスカ州南部における後氷期地殻隆起の総合測地観測と粘弾性構造の推定
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2005 - Mar 2008

Social Contribution

 
釜石市地震研究公開セミナー講演
[Others]  2 Feb 2001
講演
不明の車 探査開始 内陸地震で東北大チーム
[Others]  河北新報  7 Aug 2009
地雷探査で実績のある東北大東北アジア研究センターの佐藤源之教授(電波応用工学)の研究グループは6日、独自の金属探知システムを使い、岩手・宮城内陸地震で行方不明になった山形県金山町の農業高橋伸好さん=不明当時(56)=と妻美也子さん=同(50)=が乗っていた軽トラックの探査を始めた。初日はそれらしき反応はなかった。3、4日程度行う予定。

 栗原市との共同調査で、不発弾を見つける金属探知機に高性能GPSを付け、金属物の位置を特定する。誤差10センチ以内の精度があり、深さ約3メートルまでの探査...
日本学術会議測地学研究連絡委員会
[Others]  Dec 2002
講演
大地震に備える〜地震探求・宮城県沖地震を考える
[TV or radio appearance, Contribution]  仙台放送  Apr 2008
仙台放送製作によるWebページに12回にわたって「宇宙から大地の動きをはかる」と題して一般向けの解説をおこなった.
2003年宮城県北部地震シンポジウム 地震から6ヶ月-震源域の地盤調査・地震災害調査で何が解明されたか
[Others]  Jan 2004
講演

Others

 
Apr 2012   東北地方太平洋沖で発生する 地震・津波の調査観測
平成23 年3 月11 日に発生した東北地方太平洋沖地震については、M9.0 というこれまでに日本圏内で観測された最大の地震であり、現在でも活発な余震活動や余効変動が継続している。今後も大きな余震やそれに伴う津波が発生する可能性が高いことから、今回の地震の震源域に隣接する領域を含めた広い陸海域での調査観測や研究を行い、今回の地震のような巨大な海溝型地震や津波の発生メカニズム等の解明を図り、防災・減災に資する情報を収集する必要がある。そのため、東北地方太平洋沖地震の震源域およびその周辺域において、地震・津波の調査観測を行い、本海域で今後発生する地震・津波の規模や発生確率等の評価の高度化に資することを目的とする。調査観測の結果から、正確な地殻活動や地殻構造を把握し、また、過去の地震・津波の発生履歴を明らかにする。さらに、それらの成果から、現状評価の高度化、地震・津波発生履歴の高精度化を目指す。そのため、①海底自然地震観測、②地殻構造調査、③海底堆積物調査、④海底地形調査、⑤東北地方太平洋沖で発生する地震・津波の調査観測の管理・運営の計5つのサブテーマを実施する。
Apr 2005
米国アラスカ州南部における後氷期地殻隆起の総合測地観測と粘弾性構造の推定
Apr 2005   GPS/A海底地殻変動観測におけるGPSキネマティック解析の誤差要因の定量的研究
GPS/A海底地殻変動観測におけるGPSキネマティック解析の誤差要因の定量的研究