YAMADA Satoru

J-GLOBAL         Last updated: Apr 11, 2019 at 16:13
 
Avatar
Name
YAMADA Satoru
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Dentistry
Degree
PhD(Osaka University)
Research funding number
40359849

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Howait M, Albassam A, Yamada C, Sasaki H, Bahammam L, Azuma MM, Cintra LTA, Satoskar AR, Yamada S, White R, Kawai T, Movila A
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   202(7) 2035-2043   Apr 2019   [Refereed]
Masumoto R, Kitagaki J, Fujihara C, Matsumoto M, Miyauchi S, Asano Y, Imai A, Kobayashi K, Nakaya A, Yamashita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Journal of periodontal research      Mar 2019   [Refereed]
Suzuki S, Fukuda T, Nagayasu S, Nakanishi J, Yoshida K, Hirata-Tsuchiya S, Nakao Y, Sano T, Yamashita A, Yamada S, Ohta K, Shiba H, Nishimura F
Scientific reports   9(1) 3825   Mar 2019   [Refereed]
Venkataiah VS, Handa K, Njuguna MM, Hasegawa T, Maruyama K, Nemoto E, Yamada S, Sugawara S, Lu L, Takedachi M, Murakami S, Okura H, Matsuyama A, Saito M
Scientific reports   9(1) 921   Jan 2019   [Refereed]
Masumoto R, Kitagaki J, Fujihara C, Matsumoto M, Miyauchi S, Asano Y, Imai A, Kobayashi K, Nakaya A, Yamashita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Journal of periodontal research      Oct 2018   [Refereed]
Fujihara C, Kanai Y, Masumoto R, Kitagaki J, Matsumoto M, Yamada S, Kajikawa T, Murakami S
Journal of cellular physiology      Oct 2018   [Refereed]
Handa K, Abe S, Suresh VV, Fujieda Y, Ishikawa M, Orimoto A, Kobayashi Y, Yamada S, Yamaba S, Murakami S, Saito M
Archives of oral biology   90 53-60   Jun 2018   [Refereed]
Masumoto R, Kitagaki J, Matsumoto M, Miyauchi S, Fujihara C, Yamashita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Journal of periodontal research   53(2) 200-209   Apr 2018   [Refereed]
Ikeno Shuko, Nemoto Eiji, Kanaya Sousuke, Suto Mizuki, Sakisaka Yukihiko, Shimauchi Hidetoshi, Yamada Satoru
Nihon Shishubyo Gakkai Kaishi (Journal of the Japanese Society of Periodontology)   60(1) 13-25   Mar 2018
<p>Berberine, which is an extract of Coptis Rhizome, has been used in Chinese Medicine for the prevention and treatment of oral diseases. Recent studies have suggested that berberine is useful for inducing bone regeneration. It is known that undif...
Maruyama K, Sakisaka Y, Suto M, Tada H, Nakamura T, Yamada S, Nemoto E
Frontiers in physiology   9 802   2018   [Refereed]
Miyauchi S, Kitagaki J, Masumoto R, Imai A, Kobayashi K, Nakaya A, Kawai S, Fujihara C, Asano Y, Yamashita M, Yanagita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Journal of dental research   96(3) 339-346   Mar 2017   [Refereed]
Anzai J, Nagayasu-Tanaka T, Terashima A, Asano T, Yamada S, Nozaki T, Kitamura M, Murakami S
PloS one   11(7) e0158485   2016   [Refereed]
Kashiwagi Y, Takedachi M, Mori K, Kubota M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Oral diseases   22(6) 578-584   Sep 2016   [Refereed]
Kitagaki J, Miyauchi S, Asano Y, Imai A, Kawai S, Michikami I, Yamashita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
PloS one   11(8) e0160765   2016   [Refereed]
Yamada S, Ozaki N, Tsushima K, Yamaba S, Fujihara C, Awata T, Sakashita H, Kajikawa T, Kitagaki J, Yamashita M, Yanagita M, Murakami S
Journal of dental research   95(9) 1026-1033   Aug 2016   [Refereed]
Kubota M, Yanagita M, Mori K, Hasegawa S, Yamashita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
PloS one   11(5) e0155594   2016   [Refereed]
Yamaba S, Yamada S, Kajikawa T, Awata T, Sakashita H, Tsushima K, Fujihara C, Yanagita M, Murakami S
Journal of dental research   94(12) 1706-1714   Dec 2015   [Refereed]
Awata T, Yamada S, Tsushima K, Sakashita H, Yamaba S, Kajikawa T, Yamashita M, Takedachi M, Yanagita M, Kitamura M, Murakami S
Journal of dental research   94(10) 1417-1424   Oct 2015   [Refereed]
Kawahara T, Yamashita M, Ikegami K, Nakamura T, Yanagita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
PloS one   10(5) e0125590   2015   [Refereed]
Mori K, Yanagita M, Hasegawa S, Kubota M, Yamashita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Journal of dental research   94(8) 1149-1157   Aug 2015   [Refereed]
Kitagaki J, Miyauchi S, Xie CJ, Yamashita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Journal of periodontal research   50(2) 248-255   Apr 2015   [Refereed]
Yamada S, Tauchi T, Awata T, Maeda K, Kajikawa T, Yanagita M, Murakami S
Journal of dental research   93(9) 891-897   Sep 2014   [Refereed]
Kajikawa T, Yamada S, Tauchi T, Awata T, Yamaba S, Fujihara C, Murakami S
Journal of dental research   93(4) 400-405   Apr 2014   [Refereed]
Hou J, Yamada S, Kajikawa T, Ozaki N, Awata T, Yamaba S, Fujihara C, Murakami S
Journal of periodontal research   49(2) 260-267   Apr 2014   [Refereed]
Yanagita M, Kojima Y, Kubota M, Mori K, Yamashita M, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Journal of dental research   93(1) 89-95   Jan 2014   [Refereed]
Sharma P, Yamada S, Lualdi M, Dasso M, Kuehn MR
Cell reports   3(5) 1640-1650   May 2013   [Refereed]
YAMABA Satoko, MATSUMOTO Wataru, IYAMA Mitsuyoshi, HIGASHIYAMA Yayoi, MATSUI Miki, YAMAGUCHI Taishi, OZAKI Nobuhiro, KOJIMA Yuko, OHARA Hiroyuki, KAJIKAWA Tetsuhiro, OZASA Masao, KITAMURA Masahiro, KASHIWAGI Yoichiro, MIKI Koji, TAUCHI Takushi, TAKEDACHI Masahide, KITAGAKI Jirota, YAMASHITA Motozo, YANAGITA Manabu, NOZAKI Takenori, YAMADA Satoru, SHIMABUKURO Yoshio, MIYAZATO Kousuke, MURAKAMI Shinya, KURIHARA Akiko, SHIMA Miwako, KUBOTA Mikiko, NISHIMURA Makoto, YAMAMOTO Atsushi, YOSHIOKA Eri
The Japanese Journal of Conservative Dentistry   56(1) 40-47   Feb 2013
Purpose: The purpose of this study was to evaluate the efficacy of supportive periodontal therapy (SPT) for the tooth survival of periodontitis patients. Methods: Two hundred and sixty-eight periodontal patients who had been maintained for 10 year...
Yanagita M, Mori K, Kobayashi R, Kojima Y, Kubota M, Miki K, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
European journal of oral sciences   120(5) 408-414   Oct 2012   [Refereed]
Hou J, Yamada S, Kajikawa T, Ozaki N, Awata T, Yamaba S, Murakami S
Biochemical and biophysical research communications   426(4) 643-648   Oct 2012   [Refereed]
Yanagita M, Kojima Y, Mori K, Yamada S, Murakami S
Biomedical research (Tokyo, Japan)   32(4) 285-291   Aug 2011   [Refereed]
Yanagita M, Hirano H, Kobashi M, Nozaki T, Yamada S, Kitamura M, Murakami S
Journal of medical case reports   5 329   Jul 2011   [Refereed]
Shimabukuro Y, Terashima H, Takedachi M, Maeda K, Nakamura T, Sawada K, Kobashi M, Awata T, Oohara H, Kawahara T, Iwayama T, Hashikawa T, Yanagita M, Yamada S, Murakami S
Journal of cellular physiology   226(3) 809-821   Mar 2011   [Refereed]
Kitamura M, Akamatsu M, Machigashira M, Hara Y, Sakagami R, Hirofuji T, Hamachi T, Maeda K, Yokota M, Kido J, Nagata T, Kurihara H, Takashiba S, Sibutani T, Fukuda M, Noguchi T, Yamazaki K, Yoshie H, Ioroi K, Arai T, Nakagawa T, Ito K, Oda S, Izumi Y, Ogata Y, Yamada S, Shimauchi H, Kunimatsu K, Kawanami M, Fujii T, Furuichi Y, Furuuchi T, Sasano T, Imai E, Omae M, Yamada S, Watanuki M, Murakami S
Journal of dental research   90(1) 35-40   Jan 2011   [Refereed]
Yanagita M, Kojima Y, Kawahara T, Kajikawa T, Oohara H, Takedachi M, Yamada S, Murakami S
Oral diseases   16(8) 812-817   Nov 2010   [Refereed]
Fujihara C, Yamada S, Ozaki N, Takeshita N, Kawaki H, Takano-Yamamoto T, Murakami S
The Journal of biological chemistry   285(36) 28286-28297   Sep 2010   [Refereed]
Shimabukuro Y, Ueda M, Ozasa M, Anzai J, Takedachi M, Yanagita M, Ito M, Hashikawa T, Yamada S, Murakami S
Journal of endodontics   35(11) 1529-1535   Nov 2009   [Refereed]
Terashima Y, Shimabukuro Y, Terashima H, Ozasa M, Terakura M, Ikezawa K, Hashikawa T, Takedachi M, Oohara H, Yamada S, Murakami S
Journal of cellular physiology   216(3) 640-650   Sep 2008   [Refereed]
Tomoeda M, Yamada S, Shirai H, Ozawa Y, Yanagita M, Murakami S
Biochemical and biophysical research communications   371(2) 191-196   Jun 2008   [Refereed]
Shimabukuro Y, Ichikawa T, Terashima Y, Iwayama T, Oohara H, Kajikawa T, Kobayashi R, Terashima H, Takedachi M, Terakura M, Hashikawa T, Yamada S, Murakami S
Matrix biology : journal of the International Society for Matrix Biology   27(3) 232-241   Apr 2008   [Refereed]
Yamada S, Tomoeda M, Ozawa Y, Yoneda S, Terashima Y, Ikezawa K, Ikegawa S, Saito M, Toyosawa S, Murakami S
The Journal of biological chemistry   282(32) 23070-23080   Aug 2007   [Refereed]
Yamada S, Ozawa Y, Tomoeda M, Matoba R, Matsubara K, Murakami S
Journal of dental research   85(5) 447-451   May 2006   [Refereed]
Shimabukuro Y, Ueda M, Ichikawa T, Terashi Y, Yamada S, Kusumoto Y, Takedachi M, Terakura M, Kohya A, Hashikawa T, Murakami S
Journal of endodontics   31(11) 805-808   Nov 2005   [Refereed]
Yamaguchi T, Sharma P, Athanasiou M, Kumar A, Yamada S, Kuehn MR
Molecular and cellular biology   25(12) 5171-5182   Jun 2005   [Refereed]
Yamada S, Nakajima H, Kuehn MR
Biochemical and biophysical research communications   316(2) 580-587   Apr 2004   [Refereed]
Kusumoto Y, Hirano H, Saitoh K, Yamada S, Takedachi M, Nozaki T, Ozawa Y, Nakahira Y, Saho T, Ogo H, Shimabukuro Y, Okada H, Murakami S
Journal of periodontology   75(3) 370-379   Mar 2004   [Refereed]
Hashikawa T, Takedachi M, Terakura M, Saho T, Yamada S, Thompson LF, Shimabukuro Y, Murakami S
Journal of dental research   82(11) 888-892   Nov 2003   [Refereed]
Yamada S, Murakami S, Matoba R, Ozawa Y, Yokokoji T, Nakahira Y, Ikezawa K, Takayama S, Matsubara K, Okada H
Gene   275(2) 279-286   Sep 2001   [Refereed]
Genetic dissection of nodal function in patterning the mouse embryo.
Lowe LA, Yamada S, Kuehn MR
Development (Cambridge, England)   128(10) 1831-1843   May 2001   [Refereed]
Lowe LA, Yamada S, Kuehn MR
Genesis (New York, N.Y. : 2000)   26(2) 118-120   Feb 2000   [Refereed]

Misc

 
炎症歯根膜におけるPLAP-1の発現
平井 麻絵, 竹立 匡秀, 下村 純平, 沢田 啓吾, 山本 智美, 森本 千晶, 岩山 智明, 山田 聡, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   60(春季特別) 114-114   May 2018
B細胞特異的CD40分子が骨恒常性維持機構に及ぼす影響
藤原 千春, 金井 優, 北垣 次郎太, 山田 聡, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   148回 150-150   May 2018
歯周病モデルマウスを用いたPLAP-1の機能解析
木下 昌毅, 山田 聡, 津島 賢一朗, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   148回 44-44   May 2018
チタン製メンブレンを用いた新規細胞培養法の開発
向阪 幸彦, 丸山 顕太郎, 張井 玉, 石幡 浩志, 根本 英二, 佐々木 啓一, 山田 聡, 初澤 毅
生体医歯工学共同研究拠点成果報告書   平成29年度 105-105   Apr 2018
Nakamura Tomomi, Murakami Shinya, Yamashita Motozo, Kawahara Takanobu, Hashimoto Yuhei, Kajikawa Tetsuhiro, Yamada Satoru, Kitagaki Jirota, Maeda Kenichiro, Kitamura Masahiro
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2011(0) 38-38   Apr 2011
Ozaki Nobuhiro, Yamada Satoru, Fujihara Chiharu, Tauchi Takushi, Kajikawa Tetsuhiro, Awata Toshihito, Yamaba Satoko, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2011(0) 37-37   Apr 2011
歯根膜細胞の骨芽細胞への分化におけるparaoxonase 1の役割
北垣 次郎太, 枡本 梨沙, 松本 昌大, 宮内 静香, 藤原 千春, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-1134]   Dec 2017
Kajikawa Tetsuhiro, Yamada Satoru, Fujihara Chiharu, Tauchi Takushi, Ozaki Nobuhiro, Awata Toshihito, Yamaba Satoko, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2011(0) 36-36   Apr 2011
歯周炎の最新分子生物学 Loeys-Dietz症候群モデルマウスを用いた侵襲性歯周炎の分子病態解析
山田 聡
日本歯周病学会会誌   59(秋季特別) 132-132   Nov 2017
Kojima Yuko, Yanagita Manabu, Mori Kenta, Nozaki Takenori, Yamada Satoru, Kitamura Masahiro, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2011(0) 34-34   Apr 2011
周期的伸展刺激を受容した歯根膜細胞はNLRP3インフラマソーム抑制因子を産生する
王 祝愉, 根本 英二, 丸山 顕太郎, 須藤 瑞樹, 多田 浩之, 山田 聡
日本歯周病学会会誌   59(秋季特別) 196-196   Nov 2017
Yamada Satoru, Nozaki Takenori, Kitamura Masahiro, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2011(0) 140-140   Sep 2011
日本人における侵襲性歯周炎の疾患関連遺伝子探索
枡本 梨沙, 北垣 次郎太, 松本 昌大, 宮内 静香, 藤原 千春, 黒田 智子, 田内 拓史, 小笹 匡雄, 柏木 陽一郎, 沢田 啓吾, 山下 元三, 柳田 学, 竹立 匡秀, 山田 聡, 野崎 剛徳, 北村 正博, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   59(秋季特別) 200-200   Nov 2017
Mori Kenta, Yanagita Manabu, Kojima Yuko, Kubota Mikiko, Yamada Satoru, Kitamura Masahiro, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2011(0) 70-70   Sep 2011
ゲノムワイドアプローチを用いた日本人における侵襲性歯周炎の疾患関連遺伝子探索
枡本 梨沙, 北垣 次郎太, 松本 昌大, 宮内 静香, 小笹 匡雄, 東山 弥生, 竹立 匡秀, 藤原 千春, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   147回 57-57   Oct 2017
Kashiwagi Yoichiro, Yanagita Manabu, Yamada Satoru, Kitamura Masahiro, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2011(0) 82-82   Sep 2011
細胞外マトリックスを基盤とした疾患生物学 細胞外マトリックスによる歯周組織の恒常性維持と破綻の分子メカニズム
山田 聡
Journal of Oral Biosciences Supplement   2017 178-178   Sep 2017
塩基性線維芽細胞成長因子(FGF-2)投与により歯周組織再生が認められた症例
北村 正博, 野崎 剛徳, 山田 聡, 村上 伸也
日本臨床歯周病学会会誌   35(1) 161-161   Jun 2017
Loeys-Dietz症候群モデルマウスにおけるPorphyromonas gingivalis投与による歯周組織破壊
津島 賢一朗, 山田 聡, 木下 昌毅, 阪下 裕美, 粟田 敏仁, 山羽 聡子, 北垣 次郎太, 藤原 千春, 斎藤 正寛, 村上 伸也, 森崎 隆之
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   146回 52-52   May 2017
Kawahara Takanobu, Yamashita Motozo, Hashimoto Yuhei, Kajikawa Tetsuhiro, Nakamura Tomomi, Maeda Kenichiro, Yamada Satoru, Kitamura Masahiro, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2010(0) 65-65   Sep 2010
鈴木 美麻, 山下 元三, 池上 久仁子, 中村 友美, 柳田 学, 野崎 剛徳, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   59(春季特別) 125-125   Apr 2017
YAMADA Satoru
Nihon Shishubyo Gakkai Kaishi (Journal of the Japanese Society of Periodontology)   51(1) 19-26   Mar 2009
エクソーム解析を用いた日本人侵襲性歯周炎の疾患関連遺伝子探索
宮内 静香, 北垣 次郎太, 枡本 梨沙, 黒田 智子, 田内 拓史, 小笹 匡雄, 柏木 陽一郎, 沢田 啓吾, 山下 元三, 柳田 学, 竹立 匡秀, 山田 聡, 野崎 剛徳, 北村 正博, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   59(春季特別) 130-130   Apr 2017
HISHIKAWA Yoshiro, HASHIKAWA Tomoko, IWAYAMA Tomoaki, YAMADA Satoru, SHIMABUKURO Yoshio, SHIBATA Yasuko, ABIKO Yoshimitsu, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌   51(春季特別) 27-27   May 2008
危険因子 歯周病
山田 聡
動脈硬化予防   16(1) 94-95   Mar 2017
TERASHIMA Hiroaki, SHIMABUKURO Yoshio, TERASHIMA Yoshimitsu, ICHIKAWA Tomoo, YAMADA Satoru, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌   51(春季特別) 155-155   May 2008
私たちのからだを守る免疫のしくみ 免疫はどのようにつくられる?
藤原 千春, 北垣 次郎太, 山田 聡, 村上 伸也, 大阪大学歯学部附属病院近未来歯科医療センター「口の難病」プロジェクト
歯界月報   (787) 49-53   Feb 2017
Yamada Satoru, Izumi Yuuichi, Ito Koichi, Nakagawa Taneaki, Arai Takashi, Yoshie Hiromasa, Yamazaki Kazuhisa, Fukuda Mitsuo, Noguchi Tosihide, Shibutani Tosiaki, Takashiba Shogo, Furuichi Yasushi, Kurihara Hidemi, Nagata Toshihiko, Yokota Makoto, Hamachi Takafumi, Maeda Katsumasa, Hirofuji Takao, Sakagami Ryuuji, Hara Yoshitaka, Machigashira Miho, Ioroi Kazuo, Fujii Takeo, Kitamura Masahiro, Murakami Shinya, Kawanami Masamitu, Kunimatsu Kazushi, Shimauti Hidetoshi, Yamada Satoru, Ogata Yorimasa, Oda Shigeru
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2008(0) 82-82   Apr 2008
タバコ煙濃縮物およびニコチンの全身投与がマウス実験的歯周炎の病態形成に及ぼす影響
久保田 実木子, 柳田 学, 長谷川 詩織, 辰巳 真理, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   145回 151-151   Oct 2016
Kitamura1 Masahiro, Oda Shigeru, Izumi Yuuichi, Ito Koichi, Nakagawa Taneaki, Arai Takashi, Yoshie Hiromasa, Yamazaki Kazuhisa, Fukuda Mitsuo, Noguchi Toshihide, Shibutani Toshiaki, Furuichi Yasushi, Takashiba Shogo, Kurihara Hidemi, Nagata Toshihiko, Yokota Makoto, Hamachi Takafumi, Maeda Katsumasa, Hirofuji Takao, Sakagami Ryuuji, Hara Yoshitaka, Machigashira Miho, Fujii Takeo, Ioroi Kazuo, Yamada Satoru, Murakami Shinya, Kawanami Masamitsu, Kunimatsu Kazushi, Shimauchi Hidetoshi, Sasano Takashi, Yamada Satoru, Yorimasa Ogata
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2008(0) 81-81   Apr 2008
歯根膜細胞の骨芽細胞分化に対するSMPD3の効果
北垣 次郎太, 宮内 静香, 枡本 梨沙, 藤原 千春, 山下 元三, 柳田 学, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   145回 152-152   Oct 2016
TAUCHI Takushi, YAMADA Satoru, MAEDA Kenichiro, OZAWA Yasuhiro, YONEDA Shinya, FUJIHARA Chiharu, KAJIKAWA Tetsuhiro, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY   50(秋季特別) 45-45   Oct 2007
FGF-2は歯根膜細胞のCD40誘導性炎症反応を抑制する
藤原 千春, 山田 聡, 北垣 次郎太, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   145回 157-157   Oct 2016
HISHIKAWA Yoshiro, HASHIKAWA Tomoko, YAMADA Satoru, SHIMABUKURO Yoshio, SHIBATA Yasuko, ABIKO Yoshimitsu, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY   50(春季特別) 31-31   May 2007
PLAP-1によるTLR2およびTLR4を介した免疫応答制御機構の解明
山羽 聡子, 山田 聡, 村上 伸也
大阪大学歯学雑誌   61(1) 5-7   Oct 2016
YONEDA Shinya, YAMADA Satoru, TOMOEDA Miki, HUJIHARA Chiharu, TAUCHI Takushi, NOZAKI Takenori, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY   50(春季特別) 34-34   May 2007
Loeys-Dietz症候群モデルマウスを用いた歯周病の分子病態解析
津島 賢一朗, 山田 聡, 粟田 敏仁, 山羽 聡子, 阪下 裕美, 木下 昌毅, 竹立 匡秀, 北垣 次郎太, 山下 元三, 柳田 学, 野崎 剛徳, 北村 正博, 齋藤 正寛, 村上 伸也, 森崎 隆之
日本歯周病学会会誌   58(秋季特別) 113-113   Sep 2016
TERASHIMA Hiroaki, SHIMABUKURO Yoshio, TERASHIMA Yoshimitsu, UEDA Maki, ICHIKAWA Tomoo, TERAKURA Mami, YAMADA Satoru, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY   50(春季特別) 35-35   May 2007
脂肪分化による脂肪分化調節機構の解明
阪下 裕美, 山田 聡, 津島 賢一朗, 木下 昌毅, 藤原 千春, 梶川 哲宏, 粟田 敏仁, 山羽 聡子, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   58(秋季特別) 114-114   Sep 2016
FUJIHARA CHIHARU, Yamada Satoru, Yoneda Shinya, Tauchi Takushi, Kajikawa Tetsuhiro, Ozawa Yasuhiro, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2007(0) 53-53   Aug 2007
マウス実験的歯周炎モデルにおけるタバコ煙濃縮物およびニコチンの影響
久保田 実木子, 柳田 学, 長谷川 詩織, 森 健太, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   144回 17-17   Jun 2016
エクソーム解析を用いた日本人侵襲性歯周炎の疾患関連遺伝子探索
宮内 静香, 北垣 次郎太, 山下 元三, 柳田 学, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   144回 55-55   Jun 2016
SHIMABUKURO Yoshio, UEDA Maki, TERASHIMA Yoshimitsu, TERAKURA Mami, HASHIKAWA Tomoko, YAMADA Satoru, TERASHIMA Hiroaki, ICHIKAWA Tomoo, MURAKAMI Shinya
The Japanese Journal of Conservative Dentistry   50(2) 146-161   Apr 2007
We studied the effects of FGF-2 on the production of hyaluronan and heparan sulfate, glycosaminoglycan, by human dental pulp cells (HDPC). HDPC were isolated from healthy dental pulp of the first premolar teeth of individuals undergoing tooth extr...
microRNA-34aによるヒト歯根膜細胞の老化制御
池上 久仁子, 山下 元三, 鈴木 美麻, 久保田 実木子, 三木 康史, 柳田 学, 野崎 剛徳, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   58(春季特別) 118-118   Apr 2016
歯根膜細胞におけるPLAP-1による低酸素応答の制御
山本 智美, 竹立 匡秀, 岩山 智明, 森本 千晶, 平井 麻絵, 沢田 啓吾, 粟田 敏仁, 山田 聡, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   58(春季特別) 119-119   Apr 2016
柳田 学, 森 健太, 久保田 実木子, 長谷川 詩織, 三木 康史, 粟田 敏仁, 沢田 啓吾, 山下 元三, 野崎 剛徳, 山田 聡, 北村 正博, 島袋 善夫, 村上 伸也
日本歯科保存学雑誌   59(1) 93-102   Feb 2016
目的:TLR3はウイルス由来二本鎖RNAを認識して免疫担当細胞からのI型Interferon(IFN)産生を誘導し,抗ウイルス免疫応答に関与すると考えられている.歯肉上皮細胞においてもTLR3の発現が報告されているが,歯周病原細菌のLPSのリガンドであるTLR2やTLR4と比較すると,その詳細はほとんど検討されていない.本研究では,歯肉上皮細胞に発現するTLR3を介した刺激に対して,タバコ煙主成分であるニコチンがどのような影響を及ぼすかの検討を行った.方法:当研究室で樹立した歯肉上皮細胞株...
Terashima Hiroaki, Shimabukuro Yoshio, Terashima Yoshimitsu, Terakura Mami, Ichikawa Tomoo, Hashikawa Tomoko, Yamada Satoru, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2006(0) 70-70   Mar 2006
Manabu YANAGITA, Satoru YAMADA, Masahiro KITAMURA, Yoshio SHIMABUKURO, Shinya MURAKAMI, Kenta MORI, Mikiko KUBOTA, Shiori HASEGAWA, Koji MIKI, Toshihito AWATA, Keigo SAWADA, Motozo YAMASHITA, Takenori NOZAKI
The Japanese Journal of Conservative Dentistry   59(1) 93-102   2016
&emsp;Purpose: TLR3 expressing in immune cells senses double-strand RNA derived from virus, induces type Ⅰ interferon production and contributes to anti-viral immune responses. Although TLR3 is also reported to be expressed in gingival epithelial ...
Suzuki Shigeki, Yamada Satoru, Tomoeda Miki, Yoneda Shinya, Fujiwara Chiharu, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2006(0) 71-71   Mar 2006
【高齢社会と口腔の健康】 歯周病と全身疾患とのかかわり
山田 聡
保団連   (1200) 18-23   Dec 2015
組織の恒常性維持と再生 歯周組織恒常性維持の分子基盤
山田 聡
日本歯周病学会会誌   48(秋季特別) 49-49   Sep 2006
Tomoeda Miki, Yamada Satoru, Ozawa Yasuhiro, Yoneda Shinya, Fujiwara Chiharu, Tauchi Takushi, Murakami Shinya
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2006(0) 30-30   Sep 2006
ゲノムワイドアプローチによる日本人侵襲性歯周炎の疾患関連遺伝子探索
北垣 次郎太, 宮内 静香, 今井 敦子, 朝野 仁裕, 河合 伸治, 道上 郁美, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回 [1P0785]-[1P0785]   Dec 2015
YAMADA SATORU
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2006(0) 7-7   2006
KOBAYASHI Ryohei, YANAGITA Manabu, ITO Masako, KASHIWAGI Yoichiro, NOZAKI Takenori, YAMADA Satoru, SHIMABUKURO Yoshio, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY   48(秋季特別) 58-58   Oct 2005
Koide Yoko, Kobayashi Makoto, Okutsu Tomohiko, Mitsui Masaru, Matsuzaki Yumi, Yamada Satoru, Murakami Shinya, Yamamoto Matsuo
Program and Abstracts of Annual Meeting of the Japanese Society of Periodontology   2006(0) 37-37   Sep 2006
日本人侵襲性歯周炎患者のヒトエクソーム解読と遺伝子多型解析
北垣 次郎太, 宮内 静香, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   143回 43-43   Nov 2015
TERASHIMA Yoshimitsu, SHIMABUKURO Yoshio, TERASHIMA Hiroaki, TERAKURA Mami, ICHIKAWA Tomoo, HASHIKAWA Tomoko, YAMADA Satoru, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY   48(秋季特別) 60-60   Oct 2005
歯肉上皮細胞におけるTLR3を介したTLR2発現上昇の機構
森 健太, 柳田 学, 久保田 実木子, 長谷川 詩織, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   143回 78-78   Nov 2015
SUZUKI Shigeki, YAMADA Satoru, KITAGAKI Jirota, MAEDA Kenichiro, TOMOEDA Miki, YONEDA Shinya, MURAKAMI Shinya
日本歯周病学会会誌   46(秋季特別) 91-91   Sep 2004
マウス実験的歯周炎モデルにおけるタバコ煙濃縮物およびニコチンの影響
久保田 実木子, 柳田 学, 長谷川 詩織, 森 健太, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   57(秋季特別) 118-118   Aug 2015
TERASHIMA Yoshimitsu, IKEZAWA Kazuhiko, MAEDA Kenichiro, HASHIKAWA Tomoko, YAMADA Satoru, SHIMABUKURO Yoshio, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY   47(春季特別) 20-20   May 2004
FGF-2歯周組織再生試験(プラセボ対照・第III相検証的試験) 安全性評価
山田 聡, 川浪 雅光, 古市 保志, 藤井 健男, 國松 和司, 島内 英俊, 小方 頼昌, 山本 松男, 中川 種昭, 吉沼 直人, 小笠原 健文, 和泉 雄一, 金指 幹元, 山崎 和久, 吉江 弘正, 福田 光男, 高柴 正悟, 栗原 英見, 永田 俊彦, 横田 誠, 坂上 竜資, 濱地 貴文, 原 宜興, 野口 和行, 大前 政利, 所司 慶太, 北村 正博, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   57(秋季特別) 124-124   Aug 2015
TOMOEDA Miki, YAMADA Satoru, OZAWA Yasuhiro, MAEDA Kenichiro, SUZUI Shigeki, MURAKAMI Shinya
日本歯周病学会会誌   46(春季特別) 146-146   Apr 2004
FGF-2検証的試験 大阪大学歯学部附属病院での症例
野崎 剛徳, 黒田 智子, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   57(秋季特別) 124-124   Aug 2015
ANDO Shoji, KITAMURA Masahiro, KOBAYASHI Sachiko, TERAKURA Mami, YAMADA Satoru, NOZAKI Takenori, SAHO Teruyuki, SHIMABUKURO Yoshio, MURAKAMI Shinya
日本歯周病学会会誌   46(春季特別) 176-176   Apr 2004
ゲノムワイドアプローチによる日本人侵襲性歯周炎の疾患関連遺伝子探索
宮内 静香, 北垣 次郎太, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   142回 63-63   Jun 2015
老化歯根膜細胞における細胞外基質蛋白の発現変動
池上 久仁子, 山下 元三, 中村 友美, 柳田 学, 野崎 剛徳, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   142回 67-67   Jun 2015
KITAMURA Masahiro, TERAKURA Mami, KOBAYASHI Sachiko, YAMASHITA Motozo, OKUDA Kouzo, HAYASHI Takashi, YAMADA Satoru, OGO Hideji, TAKAYAMA Shinichi, SAHO Teruyuki, NOZAKI Takenori, HIRANO Hiroyuki, SHIMABUKURO Yoshio, MURAKAMI Shinya, OKADA Hiroshi
日本歯科保存学雑誌   46(5) 613-618   Oct 2003
10年以上メインテナンスを行っている歯周病患者97名(男40名,女57名,初診時平均46.9歳).平均残存歯数は,初診時26.1本,再評価時25.4本,メインテナンス開始時23.9本で,開始10年後は21.8本であった.喪失歯数は初診時からメインテナンス開始までが平均2.2本,開始後は年間平均0.2本であった.メインテナンス開始後10年間で残存歯の8.8%を喪失したが,原因の9割は歯周病で,残りは歯根破折,齲蝕等であった.厚生労働省医政局歯科保健課「平成11年歯科疾患実態調査報告」と比較す...
歯根膜細胞におけるPLAP-1による低酸素応答の制御
山本 智美, 竹立 匡秀, 沢田 啓吾, 山羽 聡子, 森本 千晶, 山田 聡, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   142回 68-68   Jun 2015
SUZUKI Shigeki, YAMADA Satoru, OZAWA Yasuhiro, MAEDA Kenichiro, TOMOEDA Miki, NOZAKI Takenori, KITAMURA Masahiro, MURAKAMI Shinya
日本歯周病学会会誌   45(秋季特別) 85-85   Sep 2003
肥満病態形成に対するPLAP-1の関与
阪下 裕美, 山田 聡, 津島 賢一朗, 梶川 哲宏, 粟田 敏仁, 山羽 聡子, 竹立 匡秀, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   142回 69-69   Jun 2015
UEDA Maki, SHIMABUKURO Yoshio, HASHIKAWA Tomoko, TAKEDACHI Masahide, TERAKURA Mami, ICHIKAWA Tomoo, TERASHIMA Yoshimitu, HIGUCHI Takahiro, YAMADA Satoru, IKEZAWA Kazuhiko, MURAKAMI Shinya
日本歯科保存学雑誌   46(春季特別) 7-7   May 2003
津島 賢一朗, 山田 聡, 粟田 敏仁, 山羽 聡子, 阪下 裕美, 竹立 匡秀, 北垣 次郎太, 山下 元三, 柳田 学, 野崎 剛徳, 北村 正博, 齋藤 正寛, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   57(春季特別) 111-111   Apr 2015
寺島 祥充, 池澤 一彦, 樋口 高広, 市川 朋生, 山田 聡, 島袋 善夫, 村上 伸也
日本歯科保存学雑誌   46(春季特別) 50-50   May 2003
OZAWA Yasuhiro, YAMADA Satoru, NAKAHIRA Yo, MAEDA Kenichiro, SUZUKI Sigeki, YOKOKOJI Takayoshi, IKEZAWA Kazuhiko, MURAKAMI Shinya
日本歯周病学会会誌   45(春季特別) 115-115   Apr 2003
阪下 裕美, 山田 聡, 津島 賢一朗, 山羽 聡子, 粟田 敏仁, 梶川 哲宏, 竹立 匡秀, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   57(春季特別) 111-111   Apr 2015
PLAP-1遺伝子多型が歯根膜細胞の機能に与える影響
梶川 哲宏, 山田 聡, 村上 伸也
大阪大学歯学雑誌   59(2) 69-70   Apr 2015
歯根膜細胞における低酸素誘導因子によるPLAP-1発現制御
山本 智美, 竹立 匡秀, 沢田 啓吾, 山羽 聡子, 森本 千晶, 山田 聡, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   141回 60-60   Oct 2014
ANDO Shoji, HIRANO Hiroyuki, YAMADA Satoru, MURAKAMI Shinya, OKADA Hiroshi
炎症・再生 : 日本炎症・再生医学会雑誌 = Inflammation and regeneration   21(6) 645-651   Nov 2001
CD44分子を介してGFを刺激することにより誘導されるリンパ球-ヒト歯肉線維芽細胞(GF)間接着において,リンパ球上のCD43分子がいかなる機構により接着制御を担っているのかについて検討した.細胞接着亢進はCD44分子上の特定のエピトープに限らず,GF上のCD44分子が抗体により刺激されることにより生じる現象であることが示された.この共培養系に,抗ヒトCD43mAbである3S-B2を添加することにより,CD44分子刺激により生じる異種細胞間接着が阻害され,CD44分子刺激により誘導されるK...
FGF-2存在下で分化した単球はM2マクロファージに類似した形質を有する
長谷川 詩織, 柳田 学, 久保田 実木子, 森 健太, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   141回 61-61   Oct 2014
歯根膜特異的分子PLAP-1はFGF-2の機能を促進する
粟田 敏仁, 山田 聡, 山羽 聡子, 阪下 裕美, 津島 賢一郎, 竹立 匡秀, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   56(秋季特別) 117-117   Sep 2014
70歳を対象にした歯周病罹患実態の調査
松井 美樹, 北村 正博, 柏木 陽一郎, 池永 有里, 川口 佳保里, 西原 千尋, 藤原 健太, 森永 泰樹, 鈴木 美麻, 平井 麻絵, 北垣 次郎太, 竹立 匡秀, 柳田 学, 山下 元三, 野崎 剛徳, 山田 聡, 池邉 一典, 前田 芳信, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   56(秋季特別) 122-122   Sep 2014
NAKAHIRA Yo, YAMADA Satoru, OZAWA Yasuhiro, MURAKAMI Shinya, OKADA Hiroshi
日本歯科保存学雑誌   44(春季特別) 39-39   Apr 2001
ヒト歯根膜細胞のストレス応答におけるオートファジーの関与
中村 友美, 山下 元三, 池上 久仁子, 柳田 学, 竹立 匡秀, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   140回 37-37   Jun 2014
老化ヒト歯根膜細胞におけるmicroRNA発現の網羅解析
池上 久仁子, 山下 元三, 中村 友美, 東山 弥生, 阪下 裕美, 山本 智美, 柳田 学, 野崎 剛徳, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   140回 39-39   Jun 2014
マウス実験的歯周炎モデルにおけるタバコ煙濃縮物及びニコチンの影響
久保田 実木子, 柳田 学, 森 健太, 長谷川 詩織, 山羽 聡子, 山下 元三, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   140回 66-66   Jun 2014
【サイトカイン治療か?細胞治療か?】歯周組織再生療法の肝を知る サイトカイン治療 歯周組織再生をめざしたサイトカイン治療 FGF-2製剤開発の現状
北村 正博, 野崎 剛徳, 山田 聡, 村上 伸也
The Quintessence   33(4) 0854-0858   Apr 2014
TLRを介したPLAP-1の炎症制御機構
山羽 聡子, 山田 聡, 粟田 敏仁, 阪下 裕美, 津島 賢一朗, 梶川 哲宏, 竹立 匡秀, 柳田 学, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   56(春季特別) 102-102   Apr 2014
YAMADA Satoru, OZAWA Yasuhiro, NAKAHIRA Yo, YOKOKOJI Takayoshi, TAKAYAMA Shin-ich, IKEZAWA Kazuhiko, MURAKAMI Shinya, OKADA Hiroshi
日本歯科保存学雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATIVE DENTISTRY   43(秋季特別) 26-26   Oct 2000
老化歯根膜におけるROS産生機構の解析
池上 久仁子, 山下 元三, 中村 友美, 山本 智美, 竹立 匡秀, 柳田 学, 山田 聡, 北村 正博, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   56(春季特別) 107-107   Apr 2014
肥満病態におけるPLAP-1の機能解析
阪下 裕美, 山田 聡, 梶川 哲宏, 粟田 敏仁, 山羽 聡子, 津島 賢一朗, 竹立 匡秀, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   56(春季特別) 109-109   Apr 2014
歯周組織における再生医療 基礎研究の最前線 組織修復と細胞移植による再生の可能性 歯周組織の恒常性維持と破綻の分子メカニズム
山田 聡
日本口腔科学会雑誌   63(1) 32-32   Jan 2014
歯周病を定期的にケアすれば多くの歯を残せる!!
北村 正博, 野崎 剛徳, 山田 聡, 村上 伸也
8020: はち・まる・にい・まる   (13) 132-133   Jan 2014
10年以上歯茎のケア(SPT)を受けている歯周病患者268人を対象に、保有菌数を現在から歯周病の治療前までさかのぼって調査し、平成17年の歯科疾患実態調査による年代別平均残存歯数と比較した。患者の平均残存歯数は、治療開始前(平均49.4歳)25.8本、歯周基本治療終了時25.2本、SPT開始時24.4本、SPT開始10年後22.3本であった。喪失歯数は治療開始時からSPT開始時迄の平均2年間で1.3本(0.65/年)であったが、SPT開始後は平均0.22/年に減少した。残存歯数20本以上の...
歯根膜特異的分子PLAP-1によるFGF-2機能の制御
粟田 敏仁, 山田 聡, 山羽 聡子, 阪下 裕美, 津島 賢一朗, 梶川 哲宏, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   139回 66-66   Oct 2013
歯根膜特異的分子PLAP-1による炎症制御機構解明
山羽 聡子, 山田 聡, 粟田 敏仁, 阪下 裕美, 津島 賢一朗, 梶川 哲宏, 柳田 学, 北村 正博, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   139回 67-67   Oct 2013
ヒトPLAP-1発現アデノウイルスの作製
梶川 哲宏, 山田 聡, 粟田 敏仁, 山羽 聡子, 阪下 裕美, 津島 賢一朗, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   55(秋季特別) 112-112   Sep 2013
プロテアソーム阻害剤ポルテゾミブの歯根膜細胞の石灰化制御
北垣 次郎太, 謝 成しょう, 中村 友美, 粟田 敏仁, 森 健太, 久保田 実木子, 阪下 裕美, 山本 智美, 池上 久仁子, 小笹 匡雄, 竹立 匡秀, 柳田 学, 山下 元三, 山田 聡, 村上 伸也
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   138回 121-121   May 2013
高齢双生児の歯周病における遺伝因子と環境因子の関与
三木 康史, 山下 元三, 北垣 次郎太, 池上 久仁子, 久保田 実木子, 粟田 敏仁, 梶川 哲宏, 竹立 匡秀, 柳田 学, 野崎 剛徳, 山田 聡, 久留島 悠子, 松田 謙一, 池邉 一典, 北村 正博, 前田 芳信, 村上 伸也, 大阪ツインリサーチグループ
特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集   138回 234-234   May 2013
山田 聡, 村上 伸也
日本歯周病学会会誌   46(1) 1-9   Mar 2004