南野 徹

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/19 14:21
 
アバター
研究者氏名
南野 徹
 
ミナミノ トオル
eメール
t_minaminoyahoo.co.jp
URL
http://www.med.niigata-u.ac.jp/car/
所属
新潟大学
部署
大学院医歯学総合研究科 循環器内科
職名
教授
学位
博士(医学)(東京大学)
その他の所属
日本学術振興会学術システム研究センター

研究分野

 
 

経歴

 
2018年
 - 
現在
日本学術振興会学術システム研究センター研究員(兼任)
 
2015年
 - 
現在
北里大学大学院客員教授
 
2012年9月
 - 
現在
新潟大学 大学院医歯学総合研究科 循環器内科学 教授
 
2011年10月
 - 
2015年3月
科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)
 
2011年8月
 - 
2013年7月
文部科学省学術調査官(兼任)
 
2010年
 - 
2012年
千葉大学 大学院 医学研究院 循環病態医科学 講師
 
2007年10月
 - 
2011年3月
科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)
 
2001年8月
 - 
2009年12月
千葉大学医学部循環器内科助手(助教)
 
2000年4月
 - 
2001年3月
帝京大学医学部第3内科助手
 
1997年4月
 - 
2000年3月
ハーバード大学医学部リサーチフェロー
 
1994年4月
 - 
1997年3月
東京大学医学部研究生
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東部地域病院循環器科医師
 
1991年4月
 - 
1992年3月
国立習志野病院内科医師
 
1989年6月
 - 
1991年3月
千葉大学医学部内科研修医
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1989年3月
千葉大学 医学部 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本内科学会  評議員・支部長
 
 
 - 
現在
日本循環器学会  FJCS・評議員
 
 
 - 
現在
日本心臓病学会  FJCC・理事
 
 
 - 
現在
日本抗加齢医学会  副理事長
 
 
 - 
現在
日本心血管内分泌学会  理事
 
 
 - 
現在
日本血管生物医学会  理事
 
 
 - 
現在
日本心脈管作動物質学会  理事
 
 
 - 
現在
日本腫瘍循環器学会  理事
 
 
 - 
現在
American Heart Association  FAHA
 
 
 - 
現在
European Society of Cardiology  FESC
 
 
 - 
現在
Asian Pacific Society of Cardiology  FAPSC
 
 
 - 
現在
International Society of Heart Research  理事
 
 
 - 
現在
日本心不全学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本心臓リハビリテーション学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本高血圧学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本動脈硬化学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本肺高血圧学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本脈管学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本臨床分子学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本老年医学会  代議員
 

受賞

 
2011年
日本医師会研究奨励賞
 
2010年
ベルツ賞(1等賞)
 
2010年
日本循環器学会佐藤賞
 
2009年
第1回千葉医学会賞
 
2008年
第13回いのはな同窓会賞学術賞
 
2007年
日本心血管内分泌学会高峰譲吉研究奨励賞
 
2003年
日本心臓財団高血圧と血管代謝最優秀賞
 
2003年
動脈硬化Update研究助成奨励賞
 
2003年
成人血管病研究振興財団岡本研究奨励賞
 
2003年
猪之鼻奨学会研究奨励賞
 
2002年
日本心血管内分泌代謝学会若手研究奨励賞
 
2002年
日本心臓病学会YIA優秀賞
 
2002年
日本心臓財団高血圧と血管代謝優秀賞
 
2001年
日本臨床分子医学会学術奨励賞
 

論文

 
Yokoyama M, Shimizu I, Nagasawa A, Yoshida Y, Katsuumi G, Wakasugi T, Hayashi Y, Ikegami R, Suda M, Ota Y, Okada S, Fruttiger M, Kobayashi Y, Tsuchida M, Kubota Y, Minamino T
Journal of molecular and cellular cardiology      2019年2月   [査読有り]
Okura Y, Takayama T, Ozaki K, Tanaka H, Seki H, Takenouchi T, Sato N, Minamino T
International journal of clinical oncology   24(2) 196-210   2018年9月   [査読有り]
Sato A, Yagihara N, Hasegawa Y, Otuki S, Iijima K, Izumi D, Minamino T
International heart journal   60(1) 199-203   2019年1月   [査読有り]
Takano T, Tanaka K, Ozaki K, Sato A, Iijima K, Yanagawa T, Izumi D, Ozawa T, Fuse K, Sato M, Tanabe N, Minamino T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82(12) 3037-3043   2018年11月   [査読有り]
Hasegawa Y, Watanabe H, Ikami Y, Otsuki S, Iijima K, Yagihara N, Sato A, Izumi D, Minamino T
Journal of cardiovascular electrophysiology      2019年1月   [査読有り]
Ikegami R, Shimizu I, Sato T, Yoshida Y, Hayashi Y, Suda M, Katsuumi G, Li J, Wakasugi T, Minokoshi Y, Okamoto S, Hinoi E, Nielsen S, Jespersen NZ, Scheele C, Soga T, Minamino T
Cell reports   24(11) 2827-2837.e5   2018年9月   [査読有り]
Furuuchi Ryo, Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Hayashi Yuka, Ikegami Ryutaro, Suda Masayoshi, Katsuumi Goro, Wakasugi Takayuki, Nakao Masaaki, Minamino Tohru
PLOS ONE   13(8) e0202051   2018年8月   [査読有り]
Si Sha, Nakajima-Takagi Yaeko, Iga Takahito, Tsuji Mayoko, Hou Libo, Oshima Motohiko, Koide Shuhei, Saraya Atsunori, Yamazaki Satoshi, Takubo Keiyo, Kubota Yoshiaki, Minamino Tohru, Iwama Atsushi
EXPERIMENTAL HEMATOLOGY   63 41-51   2018年7月   [査読有り]
Sakaguchi Y, Ozaki K, Takano T, Namba H, Tanaka K, Yanagawa T, Ozawa T, Minamino T
Journal of cardiology cases   18(2) 60-64   2018年8月   [査読有り]
Katsuumi Goro, Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Hayashi Yuka, Ikegami Ryutaro, Suda Masayoshi, Wakasugi Takayuki, Nakao Masaaki, Minamino Tohru
INTERNATIONAL HEART JOURNAL   59(4) 837-844   2018年7月   [査読有り]
Okura Yuji, Ishigaki Sumika, Sakakibara Satoko, Yumoto Chika, Hashitate Mitsue, Sekine Chika, Fujita Tomomi, Takayama Tsugumi, Ozaki Kazuyuki, Sato Nobuaki, Minamino Tohru
INTERNATIONAL HEART JOURNAL   59(4) 750-758   2018年7月   [査読有り]
Kayamori Hiromi, Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Hayashi Yuka, Suda Masayoshi, Ikegami Ryutaro, Katsuumi Coro, Wakasugi Takayuki, Minamino Tohru
INTERNATIONAL HEART JOURNAL   59(3) 607-613   2018年5月   [査読有り]
Teratani Toshiaki, Tomita Kengo, Suzuki Takahiro, Furuhashi Hirotaka, Irie Rie, Nishikawa Makoto, Yamamoto Junji, Hibi Toshifumi, Miura Soichiro, Minamino Tohru, Oike Yuichi, Hokari Ryota, Kanai Takanori
JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   128(4) 1581-1596   2018年4月   [査読有り]
Katsuumi Goro, Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Minamino Tohru
FRONTIERS IN CARDIOVASCULAR MEDICINE   5 18   2018年3月   [査読有り]
Otuki Sou, Izumi Daisuke, Suda Masayoshi, Sato Akinori, Hasegawa Yuki, Yagihara Nobue, Iijima Kenichi, Chinushi Masaomi, Fuse Ichiro, Minamino Tohru
JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   71(1) 102-104   2018年1月   [査読有り]
Ikegami Ryutaro, Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Minamino Tohru
CIRCULATION JOURNAL   82(1) 10-16   2018年1月   [査読有り]
Ozawa Takuya, Suda Masayoshi, Ikegami Ryutaro, Takano Toshiki, Wakasugi Takayuki, Yanagawa Takao, Tanaka Komei, Ozaki Kazuyuki, Hirono Satoru, Minamino Tohru
INTERNATIONAL HEART JOURNAL   59(1) 21-26   2018年1月   [査読有り]
Kinoshita M, Furukawa Y, Uchiyama S, Imada K, Namba K, Minamino T
Biochemical and biophysical research communications   496(1) 12-17   2018年1月   [査読有り]
Takayama Tsugumi, Ozawa Takuya, Sanada Akiko, Watanabe Tohru, Ito Masahiro, Hirono Satoru, Aizawa Yoshifusa, Minamino Tohru
INTERNAL MEDICINE   57(6) 823-827   2018年3月   [査読有り]
Watanabe Hiroshi, Minamino Tohru
INTERNAL MEDICINE   57(16) 2285-2286   2018年8月   [査読有り]
Ikegami Ryutaro, Ozaki Kazuyuki, Ozawa Takuya, Hirono Satoru, Ito Masahiro, Minamino Tohru
INTERNAL MEDICINE   57(10) 1421-1424   2018年5月   [査読有り]
Kayamori H, Kashimura T, Horii Y, Kanazawa T, Fujita T, Kubota N, Ikami Y, Takano T, Okubo T, Hoyano M, Yanagawa T, Ozawa T, Ozaki K, Minamino T.
Circ J.   82(11) in press-in press   2018年10月   [査読有り]
Iijima Kenichi, Ishida Naoko, Izumi Daisuke, Minamino Tohru
EUROPACE   19(12) 2014-2014   2017年12月   [査読有り]
南野 徹
Intern Med.   in press(21) in press-in press   2018年11月   [査読有り]
Nishiuchi Suguru, Makiyama Takeru, Aiba Takeshi, Nakajima Kenzaburo, Hirose Sayako, Kohjitani Hirohiko, Yamamoto Yuta, Harita Takeshi, Hayano Mamoru, Wuriyanghai Yimin, Chen Jiarong, Sasaki Kenichi, Yagihara Nobue, Ishikawa Taisuke, Onoue Kenji, Murakoshi Nobuyuki, Watanabe Ichiro, Ohkubo Kimie, Watanabe Hiroshi, Ohno Seiko, Doi Takahiro, Shizuta Satoshi, Minamino Tohru, Saito Yoshihiko, Oginosawa Yasushi, Nogami Akihiko, Aonuma Kazutaka, Kusano Kengo, Makita Naomasa, Shimizu Wataru, Horie Minoru, Kimura Takeshi
CIRCULATION-CARDIOVASCULAR GENETICS   10(6)    2017年12月   [査読有り]
Gene-Based Risk Stratification for Cardiac Disorders in LMNA Mutation Carriers in Japan
Nishiuchi Suguru, Aiba Takeshi, Makiyama Takeru, Nakajima Kenzaburo, Yagihara Nobue, Ishikawa Taisuke, Onoue Kenji, Murakoshi Nobuyuki, Watanabe Ichiro, Ohkubo Kimie, Watanabe Hiroshi, Ohno Seiko, Doi Takahiro, Shizuta Satoshi, Minamino Tohru, Saito Yoshihiko, Oginosawa Yasushi, Nogami Akihiko, Aonuma Kazutaka, Kusano Kengo, Makita Naomasa, Shimizu Wataru, Horie Minoru, Kimura Takeshi
CIRCULATION   136    2017年11月   [査読有り]
Moriya Junji, Minamino Tohru
FRONTIERS IN CARDIOVASCULAR MEDICINE   4 65   2017年10月   [査読有り]
Endothelial p53 Regulates Vascular Function Under Hyperglycemic and Hypoxic Conditions
Nagasawa Ayako, Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Tsuchida Masanori, Minamino Tohru
CIRCULATION   136    2017年11月   [査読有り]
Aoyama Naoyoshi, Nishinari Makoto, Ohtani Shinichi, Kanai Akifumi, Noda Chiharu, Hirata Mitsuhiro, Miyamoto Akira, Watanabe Masafumi, Minamino Tohru, Izumi Tohru, Ako Jyunya
HEART AND VESSELS   32(9) 1099-1108   2017年9月   [査読有り]
Gamma-Aminobutyric Acid Signaling in Brown Adipose Tissue Promotes Systemic Metabolic Dysfunction in Obesity
Ikegami Ryutaro, Shimizu Ippei, Yoshida Yoko, Hayashi Yuka, Suda Masayoshi, Katsuumi Goro, Wakasugi Takayuki, Minamino Tohru
CIRCULATION   136    2017年11月   [査読有り]
Suda Masayoshi, Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Hayashi Yuka, Ikegami Ryutaro, Katsuumi Goro, Wakasugi Takayuki, Yoshida Yutaka, Okuda Shujiro, Soga Tomoyoshi, Minamino Tohru
PLOS ONE   12(8) e0182422   2017年8月   [査読有り]
Kinoshita Daisuke, Nagasawa Ayako, Shimizu Ippei, Ito Takashi K., Yoshida Yohko, Tsuchida Masanori, Iwama Atsushi, Hayano Toshiya, Minamino Tohru
ONCOTARGET   8(21) 34045-34056   2017年5月   [査読有り]
Otuki Sou, Hasegawa Kanae, Watanabe Hiroshi, Katsuumi Goro, Yagihara Nobue, Iijima Kenichi, Sato Akinori, Izumi Daisuke, Furushima Hiroshi, Chinushi Masaomi, Aizawa Yoshifusa, Minamino Tohru
JOURNAL OF ELECTROCARDIOLOGY   50(3) 277-281   2017年5月   [査読有り]
Sonoda Keiko, Ohno Seiko, Otuki Sou, Kato Koichi, Yagihara Nobue, Watanabe Hiroshi, Makiyama Takeru, Minamino Tohru, Horie Minoru
EUROPACE   19(4) 644-650   2017年4月   [査読有り]
Watanabe Hiroshi, Minamino Tohru
CIRCULATION JOURNAL   80(12) 2423-2424   2016年12月   [査読有り]
Chapter 2. Peripheral Blood Mononuclear Cells for Limb Ischemia.
南野 徹
Springer publication   25-42   2017年   [査読有り]
Hasegawa Kanae, Watanabe Hiroshi, Hisamatsu Takashi, Ohno Seiko, Itoh Hideki, Ashihara Takashi, Hayashi Hideki, Makiyama Takeru, Minamino Tohru, Horie Minoru
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   223 540-542   2016年11月   [査読有り]
Diabetes and adipocyte dysfunction. Diabetes and Aging-related Complications.
南野 徹
Springer publication   69-84   2017年   [査読有り]
Sato Akinori, Hasegawa Yuki, Minamino Tohru
EUROPACE   18(11) 1734   2016年11月   [査読有り]
The role of p53 induced cellular senescence in age related disorders.
Katsuumi G, Shimizu I, Yoshida Y, Minamino T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   74(9) 1491-1496   2016年9月   [査読有り]
Yagihara Nobue, Watanabe Hiroshi, Barnett Phil, Duboscq-Bidot Laetitia, Thomas Atack C., Yang Ping, Ohno Seiko, Hasegawa Kanae, Kuwano Ryozo, Chatel Stephanie, Redon Richard, Schott Jean-Jacques, Probst Vincent, Koopmann Tamara T., Bezzina Connie R., Wilde Arthur A. M., Nakano Yukiko, Aiba Takeshi, Miyamoto Yoshihiro, Kamakura Shiro, Darbar Dawood, Donahue Brian S., Shigemizu Daichi, Tanaka Toshihiro, Tsunoda Tatsuhiko, Suda Masayoshi, Sato Akinori, Minamino Tohru, Endo Naoto, Shimizu Wataru, Horie Minoru, Roden Dan M., Makita Naomasa
JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   5(9)    2016年9月   [査読有り]
Cardiac Mitofusin1 Level Predicts the Response to the Treatment of Heart Failure Among Patients With Idiopathic Dilated Cardiomyopathy
Watanabe Tohru, Shimizu Ippei, Jiao Shuang, Kashimura Takeshi, Yoshida Yohko, Hanawa Haruo, Ozaki Kazuyuki, Minamino Tohru
CIRCULATION   134    2016年11月   [査読有り]
Shimizu Ippei, Minamino Tohru
JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   97 245-262   2016年8月   [査読有り]
Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Minamino Tohru
HYPERTENSION RESEARCH   39(7) 483-491   2016年7月   [査読有り]
Watanabe Tohru, Shimizu Ippei, Jiao Shuang, Kashimura Takeshi, Yoshida Yohko, Hanawa Haruo, Ozaki Kazuyuki, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   22(9) S162   2016年9月   [査読有り]
Tahara Nobuhiro, Dobashi Hiroaki, Fukuda Keiichi, Funauchi Masanori, Hatano Masaru, Ikeda Satoshi, Joho Shuji, Kihara Yasuki, Kimura Takeshi, Kondo Takahisa, Matsushita Masakazu, Minamino Tohru, Nakanishi Norifumi, Ozaki Yukio, Saji Tsutomu, Sakai Satoshi, Tanabe Nobuhiro, Watanabe Hiroshi, Yamada Hidehiro, Yoshioka Koichiro, Sasayama Shigetake
CIRCULATION JOURNAL   80(6) 1478-1483   2016年6月   [査読有り]
Kashimura Takeshi, Watanabe Tohru, Fujiki Shinnya, Hayashi Yuka, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   22(9) S180   2016年9月   [査読有り]
Watanabe Tohru, Kashimura Takeshi, Kodama Makoto, Tanaka Komei, Fujiki Shinya, Hayashi Yuka, Obata Hiroaki, Hanawa Haruo, Minamino Tohru
INTERNATIONAL HEART JOURNAL   57(3) 317-322   2016年5月   [査読有り]
Sonoda Keiko, Watanabe Hiroshi, Hisamatsu Takashi, Ashihara Takashi, Ohno Seiko, Hayashi Hideki, Horie Minoru, Minamino Tohru
ANNALS OF NONINVASIVE ELECTROCARDIOLOGY   21(1) 30-40   2016年1月   [査読有り]
Watanabe Hiroshi, Minamino Tohru
JOURNAL OF HUMAN GENETICS   61(1) 57-60   2016年1月   [査読有り]
Ozaki Kazuyuki, Okubo Takeshi, Tanaka Komei, Hosaka Yukio, Tsuchida Keiichi, Takahashi Kazuyoshi, Oda Hirotaka, Minamino Tohru
INTERNAL MEDICINE   55(23) 3413-3420   2016年   [査読有り]
南野 徹
Inflamm Regen.   36 16-16   2016年   [査読有り]
Hayashi Yuka, Hanawa Haruo, Jiao Shuang, Hasegawa Go, Ohno Yukako, Yoshida Kaori, Suzuki Tomoyasu, Kashimura Takeshi, Obata Hiroaki, Tanaka Komei, Watanabe Tohru, Minamino Tohru
INFLAMMATION   38(6) 2288-2299   2015年12月   [査読有り]
Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Minamino Tohru
DIABETES   64(12) 3984-3986   2015年12月   [査読有り]
Higashi Yukihito, Azuma Nobuyoshi, Takeishi Yasuchika, Minamino Tohru, Kihara Yasuki, Node Koichi, Sata Masataka, Fukumoto Yoshihiro, Origasa Hideki, Matsuo Hiroshi, Naritomi Hiroaki, Fujita Masatoshi, Shimizu Wataru
INTERNATIONAL HEART JOURNAL   56(6) 632-638   2015年11月   [査読有り]
Takayama Tsugumi, Okura Yuji, Okada Yoshinobu, Honma Keiichi, Nashimoto Atsushi, Sato Nobuaki, Yokoyama Akira, Minamino Tohru
INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   20(5) 872-877   2015年10月   [査読有り]
Peripheral Gamma-aminobutyric Acid(gaba) Signaling in Brown Adipose Tissue Induces Metabolic Dysfunction in Obesity
Ikegami Ryutaro, Shimizu Ippei, Sato Takeshi, Jiao Shuang, Yoshida Yohko, Suda Masayoshi, Hayashi Yuka, Katsuumi Goro, Kayamori Hiromi, Minamino Tohru
CIRCULATION   132    2015年11月   [査読有り]
[Anti-hypertensive therapies in patients with heart disease].
Tanaka K, Minamino T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73(11) 1871-1875   2015年11月   [査読有り]
Yoshida Yohko, Shimizu Ippei, Katsuumi Goro, Jiao Shuang, Suda Masayoshi, Hayashi Yuka, Minamino Tohru
JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   85 183-198   2015年8月   [査読有り]
Fujiki Shinya, Obata Hiroaki, Kashimura Takeshi, Tanaka Komei, Hanawa Haruo, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   21(10) S164-S165   2015年10月   [査読有り]
Nagao Satomi, Watanabe Hiroshi, Sobue Yoshihiro, Kodama Makoto, Tanaka Junichi, Tanabe Naohito, Suzuki Eiichi, Narita Ichiei, Watanabe Eiichi, Aizawa Yoshifusa, Minamino Tohru
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   189 1-5   2015年6月   [査読有り]
Yoshida Yohko, Shimizu Ippei, Goro Katsuumi, Suda Masayoshi, Hayashi Yuka, Jiao Shuang, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   21(10) S177   2015年10月   [査読有り]
Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Minamino Tohru
INTERNATIONAL HEART JOURNAL   56(3) 255-259   2015年5月   [査読有り]
Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   21(10) S189-S190   2015年10月   [査読有り]
Suzuki Hirofumi, Kayama Yosuke, Sakamoto Masaya, Iuchi Hiroyuki, Shimizu Ippei, Yoshino Takuya, Katoh Daisuke, Nagoshi Tomohisa, Tojo Katsuyoshi, Minamino Tohru, Yoshimura Michihiro, Utsunomiya Kazunori
DIABETES   64(2) 618-630   2015年2月   [査読有り]
Sumida Tomokazu, Naito Atsuhiko T., Nomura Seitaro, Nakagawa Akito, Higo Tomoaki, Hashimoto Akihito, Okada Katsuki, Sakai Taku, Ito Masamichi, Yamaguchi Toshihiro, Oka Toru, Akazawa Hiroshi, Lee Jong-Kook, Minamino Tohru, Offermanns Stefan, Noda Tetsuo, Botto Marina, Kobayashi Yoshio, Morita Hiroyuki, Manabe Ichiro, Nagai Toshio, Shiojima Ichiro, Komuro Issei
NATURE COMMUNICATIONS   6 6241   2015年2月   [査読有り]
Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Minamino Tohru
INTERNATIONAL HEART JOURNAL   56(4) 474   2015年7月   [査読有り]
Ohno Yukako, Hanawa Haruo, Jiao Shuang, Hayashi Yuka, Yoshida Kaori, Suzuki Tomoyasu, Kashimura Takeshi, Obata Hiroaki, Tanaka Komei, Watanabe Tohru, Minamino Tohru
TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   235(1) 69-79   2015年1月   [査読有り]
Iijima Kenichi, Chinushi Masaomi, Saitoh Osamu, Hasegawa Kanae, Sonoda Keiko, Yagihara Nobue, Sato Akinori, Izumi Daisuke, Watanabe Hiroshi, Furushima Hiroshi, Aizawa Yoshifusa, Minamino Tohru
INTERNAL MEDICINE   54(10) 1175-1182   2015年   [査読有り]
Watanabe Tohru, Kashimura Takeshi, Obata Hiroaki, Minamino Tohru
INTERNAL MEDICINE   54(17) 2273   2015年   [査読有り]
Tagawa Minoru, Nanba Hitomi, Suzuki Hiromi, Nakamura Yuichi, Uchiyama Hiroko, Ochiai Sachie, Terunuma Masahiro, Yahata Kazuaki, Minamino Tohru
INTERNAL MEDICINE   54(18) 2343-2349   2015年   [査読有り]
Nakagomi Atsushi, Okada Sho, Yokoyama Masataka, Yoshida Yohko, Shimizu Ippei, Miki Takashi, Kobayashi Yoshio, Minamino Tohru
NPJ AGING AND MECHANISMS OF DISEASE   1 15009   2015年   [査読有り]
Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Suda Masayoshi, Minamino Tohru
CELL METABOLISM   20(6) 967-977   2014年12月   [査読有り]
Cardiac 12-Lipoxygenase-Induced Oxidative Stress Promotes the Development of Diabetic Card iomyopathy
Kayama Yosuke, Suzuki Hirofumi, Sakamoto Masaya, Shimizu Ippei, Nagoshi Tomohisa, Minamino Tohru, Yoshimura Michihiro
CIRCULATION   130    2014年11月   [査読有り]
Shimizu Ippei, Yoshida Yohko, Suda Masayoshi, Hayashi Yuka, Shuang Jiao, Ikegami Ryutaro, Katsuumi Goro, Kayamori Hiromi, Walsh Kenneth, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S148   2014年10月   [査読有り]
Yoshida Yohko, Shimizu Ippei, Katsuumi Goro, Suda Masayoshi, Hayashi Yuka, Ikegami Ryutaro, Kayamori Hiromi, Jiao Shuang, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S150-S151   2014年10月   [査読有り]
Kayamori Hiromi, Shimizu Ippei, Yokoyama Masataka, Yoshida Yohko, Suda Masayoshi, Hayashi Yuka, Shuang Jiao, Ikegami Ryutaro, Katsuumi Goro, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S151   2014年10月   [査読有り]
Kashimura Takeshi, Watanabe Tohru, Obata Hiroaki, Hanawa Haruo, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S156   2014年10月   [査読有り]
Obata Hiroaki, Izumi Toru, Mitsuma Wataru, Tomii Asako, Sakai Katsuyuki, Uehara Akifumi, Watanabe Tohru, Kashimura Takeshi, Hanawa Haruo, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S160   2014年10月   [査読有り]
Suzuki Hiroshi, Hoshina Satoshi, Ozawa Junichi, Sato Akinori, Minamino Tohru, Aizawa Yoshifusa, Saitoh Akihiko
PEDIATRICS INTERNATIONAL   56(5) 774-776   2014年10月   [査読有り]
Jiao Shuang, Hanawa Haruo, Hayashi Yuka, Ohno Yukako, Suzuki Tomoyasu, Kashimura Takeshi, Obata Hiroaki, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S173   2014年10月   [査読有り]
Hamada Nobuyuki, Fujimichi Yuki, Iwasaki Toshiyasu, Fujii Noriko, Furuhashi Masato, Kubo Eri, Minamino Tohru, Nomura Takaharu, Sato Hitoshi
JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   55(5) 831-846   2014年9月   [査読有り]
Ohno Yukako, Hanawa Haruo, Shuaung Jiao, Hayashi Yuka, Suzuki Tomoyasu, Watanabe Tohru, Obata Hiroaki, Kashimura Takeshi, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S178   2014年10月   [査読有り]
Kitada Kento, Nakano Daisuke, Ohsaki Hiroyuki, Hitomi Hirofumi, Minamino Tohru, Yatabe Junichi, Felder Robin A., Mori Hirohito, Masaki Tsutomu, Kobori Hiroyuki, Nishiyama Akira
JOURNAL OF DIABETES AND ITS COMPLICATIONS   28(5) 604-611   2014年9月   [査読有り]
Watanabe Tohru, Kashimura Takeshi, Kayamori Hiromi, Tanaka Koumei, Obata Hiroaki, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S197   2014年10月   [査読有り]
Ito Takashi K., Yokoyama Masataka, Yoshida Yohko, Nojima Aika, Kassai Hidetoshi, Oishi Kengo, Okada Sho, Kinoshita Daisuke, Kobayashi Yoshio, Fruttiger Marcus, Aiba Atsu, Minamino Tohru
PLOS ONE   9(7) e102186   2014年7月   [査読有り]
Fujiki Shinya, Obata Hiroaki, Kashimura Takeshi, Watanabe Ritsuo, Ogawa Osamu, Hanawa Haruo, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(10) S210   2014年10月   [査読有り]
Yoshida Yohko, Hayashi Yuka, Suda Masayoshi, Tateno Kaoru, Okada Sho, Moriya Junji, Yokoyama Masataka, Nojima Aika, Yamashita Masakatsu, Kobayashi Yoshio, Shimizu Ippei, Minamino Tohru
PLOS ONE   9(6) e100359   2014年6月   [査読有り]
Yokoyama Masataka, Okada Sho, Nakagomi Atsushi, Moriya Junji, Shimizu Ippei, Nojima Aika, Yoshida Yohko, Ichimiya Harumi, Kamimura Naomi, Kobayashi Yoshio, Ohta Shigeo, Fruttiger Marcus, Lozano Guillermina, Minamino Tohru
CELL REPORTS   7(5) 1691-1703   2014年6月   [査読有り]
[Relationship between vascular senescence and impaired circadian rhythmicity].
Hayashi Y, Suda M, Yoshida Y, Minamino T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   72(8) 1419-1423   2014年8月   [査読有り]
NOVEL STRATEGY FOR THERAPEUTIC ANGIOGENSIS
Minamino Tohru
JOURNAL OF GENE MEDICINE   16(7-8) 211   2014年7月   [査読有り]
Maida Yoshiko, Yasukawa Mami, Okamoto Naoko, Ohka Seii, Kinoshita Keita, Totoki Yasushi, Ito Takashi K., Minamino Tohru, Nakamura Hiromi, Yamaguchi Satoko, Shibata Tatsuhiro, Masutomi Kenkichi
MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY   34(9) 1576-1593   2014年5月   [査読有り]
Suzuki Tomoyasu, Hanawa Haruo, Jiao Shuang, Ohno Yukako, Hayashi Yuka, Yoshida Kaori, Kashimura Takeshi, Obata Hiroaki, Minamino Tohru
JOURNAL OF CARDIAC FAILURE   20(4) 268-277   2014年4月   [査読有り]
Katsuumi Goro, Shimizu Wataru, Watanabe Hiroshi, Noda Takashi, Nogami Akihiko, Ohkubo Kimie, Makiyama Takeru, Takehara Naofumi, Kawamura Yuichiro, Hosaka Yukio, Sato Masahito, Fukae Satoki, Chinushi Masaomi, Oda Hirotaka, Okabe Masaaki, Kimura Akinori, Maemura Koji, Watanabe Ichiro, Kamakura Shiro, Horie Minoru, Aizawa Yoshifusa, Makita Naomasa, Minamino Tohru
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   172(2) 519-522   2014年3月   [査読有り]
Sato Akinori, Watanabe Hiroshi, Sonoda Keiko, Chinushi Masaomi, Tsuda Takashi, Izumi Daisuke, Furushima Hiroshi, Minamino Tohru
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   172(1) E111-E113   2014年3月   [査読有り]
Zhu Weidong, Shiojima Ichiro, Ito Yuzuru, Li Zhi, Ikeda Hiroyuki, Yoshida Masashi, Naito Atsuhiko T., Nishi Jun-ichiro, Ueno Hiroo, Umezawa Akihiro, Minamino Tohru, Nagai Toshio, Kikuchi Akira, Asashima Makoto, Komuro Issei
NATURE   506(7487) 254   2014年2月   [査読有り]
Morimoto YV, Minamino T
Biomolecules   4(1) 217-234   2014年2月   [査読有り]
Kashimura Takeshi, Kodama Makoto, Watanabe Tohru, Tanaka Komei, Hayashi Yuka, Ohno Yukako, Obata Hiroaki, Ito Masahiro, Hirono Satoru, Hanawa Haruo, Minamino Tohru
PACE-PACING AND CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY   37(2) 197-206   2014年2月   [査読有り]
Inhibition of Endothelial p53 Improves Metabolic Abnormalities Related to Dietary Obesity
Yokoyama Masataka, Okada Sho, Nakagomi Atsushi, Moriya Junii, Shimizu Ippei, Nojima Aika, Yoshida Yohko, Kobayashi Yoshio, Minamino Tohru
CIRCULATION   128(22)    2013年11月   [査読有り]
Efficacy of Bepridil to Prevent Ventricular Fibrillation in Early Repolarization Syndrome
Katsuumi Goro, Shimizu Wataru, Watanabe Hiroshi, Noda Takashi, Nogami Akihiko, Ohkubo Kimie, Takehara Naofumi, Kawamura Yuichiro, Hosaka Yukio, Makiyama Takeru, Sato Masahito, Fukae Satoki, Chinushi Masaomi, Oda Hirotaka, Okabe Masaaki, Kimura Akinori, Maemura Koji, Watanabe Ichiro, Kamakura Shiro, Horie Minoru, Aizawa Yoshifusa, Makita Naomasa, Minamino Tohru
CIRCULATION   128(22)    2013年11月   [査読有り]

Misc

 
QT短縮症候群の病態と治療
八木原 伸江, 渡部 裕, 南野 徹
循環器内科   84(6) 713-720   2018年12月
慢性期に生じたCRTDの右室リード穿孔を心エコーで診断できた1例
小林 紘子, 大久保 健志, 松浦 芳, 菅井 綾里, 齋藤 優紀, 水野 幸子, 加藤 靖彦, 星山 良樹, 田中 智美, 中坊 亜由美, 高山 亜美, 南野 徹
超音波検査技術   43(6) 752-752   2018年12月
冠動脈高度石灰化病変に対する戦略的アプローチ old and new 冠動脈石灰化の分子病理と次世代治療の探求
小澤 拓也, 池上 龍太郎, 須田 将吉, 柳川 貴央, 樋口 浩太郎, 中村 裕一, 畑田 勝治, 松原 琢, 佐久間 真由美, 遠藤 直人, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本冠疾患学会雑誌   (Suppl.) 103-103   2018年11月
【脂肪の量と質を制御する 脂肪毒性の新たなメカニズムを理解してメタボ克服に挑む】 老化による制御
池上 龍太郎, 清水 逸平, 吉田 陽子, 南野 徹
実験医学   36(16) 2739-2743   2018年10月
加齢や肥満に伴い体内の脂肪は質的・量的変容を示し、メタボリックシンドロームや糖尿病を発症する基盤が形成される。高齢者や肥満者の脂肪組織には老化細胞が蓄積し、脂肪が機能不全に陥る主要なメカニズムを担うことが明らかになってきた。細胞老化の抑制、および老化細胞の除去を標的としたアプローチは、加齢や肥満に伴う脂肪機能不全を抑制し、全身の代謝障害に対する新しい治療法となる可能性がある。(著者抄録)
心肺運動負荷試験を用いた急性心筋梗塞退院時の運動処方の検討
高山 亜美, 尾崎 和幸, 柏村 健, 星山 良樹, 南野 徹
臨床病理   66(補冊) 146-146   2018年10月
心エコー図上肺高血圧症を疑う症例の検討
田中 智美, 中坊 亜由美, 小林 紘子, 水野 幸子, 斎藤 優樹, 菅井 綾里, 飯塚 ともよ, 大久保 健志, 南野 徹
超音波医学   45(Suppl.) S801-S801   2018年4月
ループスアンチコアグラントを効率的に検出するスクリーニングテストとしての希釈プロトロンビン時間アッセイ(Dilute prothrombin time assay as a screening test to effectively detect lupus anticoagulant)
松田 将門, 森山 雅人, 星山 良樹, 南野 徹
臨床病理   66(補冊) 176-176   2018年10月
【知っておきたい遺伝性不整脈】 カテコラミン感受性多形性心室頻拍(CPVT)
渡部 裕, 南野 徹
臨床検査   62(9) 1072-1079   2018年9月
<文献概要>Point ●カテコラミン感受性多形性心室頻拍(CPVT)は,交感神経活性を高める精神的ないしは肉体的なストレスにより心室頻拍を発症して,突然死をきたしうる.●遺伝性不整脈のなかでも,CPVTは極めて致死性の高い疾患である.●運動ないしはカテコラミン刺激によって誘発される多源性の心室性期外収縮,二方向性心室頻拍や多形性心室頻拍によって診断される.●致死性が高いために,ストレス回避のための生活制限とβ遮断薬を中心とした薬物療法が,全ての症例において推奨される.
重症大動脈弁狭窄症を合併し心破裂を生じた急性心筋梗塞の1例
松尾 佑治, 尾崎 和幸, 高野 俊樹, 渡邊 達, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 南野 徹
心臓   50(9) 1041-1046   2018年9月
症例は82歳の女性。2年前に大動脈弁狭窄症(弁口面積1.0cm2)と診断され、経過観察されていた。今回、心不全を合併した前壁中隔の急性心筋梗塞を発症した。心エコーでは前壁中隔から心尖部の左室壁運動は低下し、左室-大動脈弁の最大圧較差は50mmHgであり、low-flow low-gradientと考えられた。緊急冠動脈造影では左前下行枝の完全閉塞を認め、経皮的冠動脈形成術にて再灌流を得た。クレアチンキナーゼは13109IU/Lまで上昇、心不全、循環動態の管理に難渋し、人工呼吸器や大動脈内バ...
心室細動を生じ、冠攣縮および器質的冠動脈狭窄を合併した右冠動脈左冠尖起始の一例
布施 拓也, 松尾 聖, 高野 俊樹, 大久保 健志, 萱森 裕美, 八木原 伸江, 飯嶋 賢一, 保屋野 真, 柳川 貴央, 和泉 大輔, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   66回 EP-060   2018年9月
高位肋間におけるJ点上昇と致死性不整脈リスクに関する検討
長谷川 祐紀, 渡部 裕, 大槻 総, 飯嶋 賢一, 八木原 伸江, 佐藤 光希, 和泉 大輔, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   66回 O-078   2018年9月
バルーン肺動脈形成術における3D CTの有用性の検討
井神 康宏, 酒井 亮平, 久保田 直樹, 高野 俊樹, 大久保 健志, 萱森 裕美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   66回 O-112   2018年9月
糖尿病合併症としての心不全を検証する 心不全における過剰なインスリンシグナルの意義
清水 逸平, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   66回 S17-2   2018年9月
虚血性心疾患患者におけるアキレス腱厚と臨床的特徴の関係
高野 俊樹, 大久保 健志, 高山 亜美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   66回 O-179   2018年9月
造血幹細胞制御における血管ニッチストレスシグナルの役割(The impact of hematopoietic insults on bone marrow vascular niche)
司 沙, 中島 やえ子, 伊賀 隆史, 辻 真世子, 侯 立波, 大島 基彦, 小出 周平, 更屋 敦則, 山崎 聡, 田久保 圭誉, 久保田 義顕, 南野 徹, 岩間 厚志
臨床血液   59(9) 1576-1576   2018年9月
心不全発症メカニズムから見た高血圧治療戦略
南野 徹
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   41回 EL1-EL1   2018年9月
抗セマフォリン3Eワクチンによる新規糖尿病治療法の開発
吉田 陽子, 清水 逸平, 中神 啓徳, 南野 徹
肥満研究   24(Suppl.) 154-154   2018年9月
新規血管老化関連分子SAGPを標的とした抗老化治療
須田 将吉, 清水 逸平, 吉田 陽子, 林 由香, 勝海 悟郎, 池上 龍太郎, 南野 徹
肥満研究   24(Suppl.) 164-164   2018年9月
褐色脂肪細胞でのGABAシグナリングは肥満における全身的な代謝機能不全を亢進する(GABA signaling in brown adipose tissue promotes systemic metabolic dysfunction in obesity)
清水 逸平, 池上 龍太郎, 吉田 陽子, 南野 徹
肥満研究   24(Suppl.) 201-201   2018年9月
肥満に伴う褐色脂肪組織の白色化における血液凝固第Xa因子の意義
林 由香, 清水 逸平, 吉田 陽子, 池上 龍太郎, 勝海 悟郎, 須田 将吉, 藤木 伸也, 南野 徹
肥満研究   24(Suppl.) 225-225   2018年9月
細胞老化を標的とした循環代謝制御
南野 徹
血管   41(3) 1-7   2018年9月
細胞老化に重要なシグナル分子であるp53がどのように老化や加齢に伴う疾患の病態生理に関与しているかについて、以下の項目に分けて概説した。1)寿命制御からみたp53依存性細胞老化シグナル、2)血管老化とp53、3)心老化とp53、4)脂肪老化と糖尿病、5)脂肪老化と心不全、6)血管老化と糖尿病、として述べた。また、様々な加齢関連疾患に応用可能であることが示唆される、老化シグナルを標的とした抗老化治療について述べた。
【循環器疾患診療のFuture Topics-血管疾患診療のFuture Topics】 血管疾患のアンチエイジング治療
仲尾 政晃, 清水 逸平, 南野 徹
心臓   50(8) 873-877   2018年8月
Cabrol graftと両側冠動脈の吻合部狭窄に対して待機的PCIを施行したMarfan症候群の1例
山口 祐美, 尾崎 和幸, 高野 俊樹, 高山 亜美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 岡本 竹司, 小澤 拓也, 柏村 健, 名村 理, 南野 徹
心臓   50(8) 902-907   2018年8月
症例は60歳、男性。幼少期にMarfan症候群と診断され、25歳時にStanford Aの急性大動脈解離に対してCabrol手術を施行された。6年前に施行したCTでgraftと両側冠動脈の吻合部狭窄を指摘されたが無症候であり経過観察となった。半年前より労作時呼吸困難を自覚、うっ血性心不全を発症し入院となった。心不全の治療後に冠動脈造影検査を施行し、graftと両側冠動脈の吻合部に99%狭窄を認めた。graftが胸骨の後面に位置していること等から再開胸術による危険性を考慮し、段階的に経皮的冠...
老化制御研究からみた健康寿命延伸の展望
南野 徹
人間ドック   33(2) 222-222   2018年8月
慢性的な交感神経シグナルの活性化は骨髄 血管内皮老化を介し心不全を増悪させる
勝海 悟郎, 清水 逸平, 吉田 陽子, 須田 将吉, 林 由香, 池上 龍太郎, 焦 爽, 南野 徹
Anti-aging Science   9(2) 98-98   2017年12月
下壁由来の心室期外収縮が心室細動のトリガーと考えられたBrugada症候群の1例
久保田 直樹, 長谷川 祐紀, 佐藤 光希, 松尾 聖, 八木原 伸江, 飯嶋 賢一, 和泉 大輔, 南野 徹
心臓   50(Suppl.1) 75-82   2018年8月
52歳男性。早朝に胸部不快のため受診し心房細動を指摘された。観察中に下方軸の心室期外収縮(PVC)から心室細動(VF)をきたし心肺蘇生を受けた。心電図では下壁誘導と左胸部誘導に広くJ波を認めた。器質的心疾患はなく、冠動脈造影では有意狭窄や冠攣縮誘発性は認めなかった。Pilsicainide負荷で右胸部誘導のCoved型ST上昇を認め、Brugada症候群と診断した。皮下植込み型除細動器の植込み術直後とその3週間後に、今度は上方軸のPVCからVFをきたした。Isoproterenol負荷、P...
褐色脂肪不全を介した新たな心不全発症機序の解明
吉田 陽子, 清水 逸平, 南野 徹
Anti-aging Science   9(2) 112-112   2017年12月
【体内時計とアンチエイジングupdate】 概日リズムと循環器疾患
萱森 裕美, 南野 徹
アンチ・エイジング医学   14(4) 494-499   2018年8月
ワーファリンおよび直接経口抗凝固薬内服患者におけるPCI施行時のヘパリン適正量の検討
松尾 聖, 柳川 貴央, 井神 康宏, 久保田 直樹, 高野 俊樹, 萱森 裕美, 大久保 健志, 保屋野 真, 小澤 拓也, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   27回 PP16-2   2018年8月
繰り返すステント内再狭窄にPCSK9阻害薬が有効であった一例
高野 俊樹, 酒井 亮平, 井神 康弘, 久保田 直樹, 萱森 裕美, 大久保 健志, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   27回 MO307-MO307   2018年8月
ATP持続投与中のPd/Paのゆらぎは不完全な充血を示唆する
保屋野 真, 久保田 直樹, 井神 康宏, 酒井 亮平, 高野 俊樹, 大久保 健志, 萱森 裕美, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   27回 MO512-MO512   2018年8月
CTEPH病変におけるIVUSとOCTの計測値の比較検討
嶋貫 誠, 中村 友哉, 佐藤 倫, 大内 裕貴, 岡田 隆, 長谷川 進, 西塔 毅, 高野 俊樹, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   27回 CO061-CO061   2018年8月
凝固検査の標準化における遠心条件の重要性 5mL採血管の遠心条件の検討
松田 将門, 森山 雅人, 鈴木 健史, 小宮山 豊, 末武 司, 星山 良樹, 西條 康夫, 南野 徹
日本検査血液学会雑誌   19(学術集会) S130-S130   2018年6月
子宮頸癌に対する化学療法中に早期発症した治療関連急性前骨髄球性白血病の1症例
佐藤 未来, 松田 将門, 星山 良樹, 布施 香子, 南野 徹, 増子 正義
日本検査血液学会雑誌   19(学術集会) S149-S149   2018年6月
大動脈弁位人工弁狭窄の診断に苦慮した1例
菅井 綾里, 小林 紘子, 飯塚 ともよ, 齋藤 優紀, 水野 幸子, 加藤 靖彦, 星山 良樹, 大久保 健志, 田中 智美, 中坊 亜由美, 高山 亜美, 南野 徹
超音波検査技術   43(Suppl.) S167-S167   2018年6月
凝固検査の標準化における遠心条件の重要性 5mL採血管の遠心条件の検討
松田 将門, 森山 雅人, 鈴木 健史, 小宮山 豊, 末武 司, 星山 良樹, 西條 康夫, 南野 徹
日本検査血液学会雑誌   19(学術集会) S130-S130   2018年6月
子宮頸癌に対する化学療法中に早期発症した治療関連急性前骨髄球性白血病の1症例
佐藤 未来, 松田 将門, 星山 良樹, 布施 香子, 南野 徹, 増子 正義
日本検査血液学会雑誌   19(学術集会) S149-S149   2018年6月
エイジング・サイエンス・フォーラム-老化と疾病のメカニズム- 老化シグナルと心血管代謝ネットワーク
南野 徹
日本老年医学会雑誌   55(Suppl.) 34-34   2018年5月
老化を科学する 老化からみた生活習慣病診療の展望
南野 徹
新潟医学会雑誌   132(5) 161-166   2018年5月
加齢が動脈硬化の独立したリスクファクターであることは、疫学的研究から証明されている。しかし、どのようなメカニズムによって心血管系が老化し、これらの変化を引き起こしているのかは、未解明な点が多い。そこで私は、老化研究を「細胞レベルの老化が個体老化の一部の形質、特に病的な形質を担う」という仮説に基づいて進めることにした。これらの老化シグナルが、重要な役割を担っており、動脈硬化や心不全、糖尿病の病態生理に深く関与していることを示唆するデータを得ているので紹介する。(著者抄録)
輸血後鉄過剰症に対する検査部からのアナウンス体制構築の検討
菅井 貴裕, 松田 将門, 星山 良樹, 南野 徹
日本輸血細胞治療学会誌   64(2) 403-403   2018年4月
代謝異常からみた心不全の分子メカニズム 心不全における、心筋・全身の代謝的リモデリングの意義
清水 逸平, 南野 徹
日本内分泌学会雑誌   94(1) 232-232   2018年4月
代謝異常からみた心不全の分子メカニズム 心不全における、心筋・全身の代謝的リモデリングの意義
清水 逸平, 南野 徹
日本内分泌学会雑誌   94(1) 232-232   2018年4月
細胞内代謝を標的とした生活習慣病の診断・治療法の開発
南野 徹
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2017年度 230-231   2018年3月
Niigata Cancer Center Registryにおける2015年の心血管疾患有病率と2030年迄の癌専門施設別予測(Prevalence of Cardiovascular Disease in 2015 in Niigata Cancer Center Registry and Future Projections until 2030 for Each Cancer Site)
大倉 裕二, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ02-3   2018年3月
不整脈症候群で心臓が構造的に正常な患者における心筋症の原因遺伝子変異の特定(Identification of Mutations in Causative Genes for Cardiomyopathies in Patients with Arrhythmia Syndromes and Structurally Normal Heart)
八木原 伸江, 渡部 裕, 蒔田 直昌, 堀江 稔, 清水 渉, 大野 聖子, 長谷川 奏恵, 相庭 武司, 田中 敏博, 角田 達彦, 重水 大智, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ046-2   2018年3月
肺動脈性肺高血圧症における肺動脈平滑筋細胞のP53の役割(The Role of P53 in Pulmonary Arterial Smooth Muscle Cells in Pulmonary Arterial Hypertension)
若杉 嵩幸, 清水 逸平, 吉田 陽子, 池上 龍太郎, 須田 将吉, 勝海 悟郎, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ052-7   2018年3月
内皮細胞のp53は重大な血管機能制御因子の役割を果たす(Endothelial p53 Plays a Role of Critical Vascular Function Regulator)
長澤 綾子, 清水 逸平, 横山 真隆, 吉田 陽子, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ056-4   2018年3月
ProgerinはDNA損傷応答経路を介して血管平滑筋細胞増殖機能障害に関与している(Progerin is Involved in an Impairment of Vascular Smooth Muscle Cell Growth via the DNA Damage Response Pathway)
長澤 綾子, 清水 逸平, 吉田 陽子, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ056-5   2018年3月
Semaphorin 3Eに対するワクチン接種による治療は食餌性肥満マウスのブドウ糖不耐性を改善する(Vaccination Therapy against Semaphorin 3E Ameliorates Glucose Intolerance in Diet-induced Obese Mice)
氏家 葵, 清水 逸平, 吉田 陽子, 中神 啓徳, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ070-5   2018年3月
Prevalence of Cardiovascular Disease in 2015 in Niigata Cancer Center Registry and Future Projections until 2030 for Each Cancer Site(和訳中)
大倉 裕二, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ02-3   2018年3月
Identification of Mutations in Causative Genes for Cardiomyopathies in Patients with Arrhythmia Syndromes and Structurally Normal Heart(和訳中)
八木原 伸江, 渡部 裕, 蒔田 直昌, 堀江 稔, 清水 渉, 大野 聖子, 長谷川 奏恵, 相庭 武司, 田中 敏博, 角田 達彦, 重水 大智, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ046-2   2018年3月
The Role of P53 in Pulmonary Arterial Smooth Muscle Cells in Pulmonary Arterial Hypertension(和訳中)
若杉 嵩幸, 清水 逸平, 吉田 陽子, 池上 龍太郎, 須田 将吉, 勝海 悟郎, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ052-7   2018年3月
Endothelial p53 Plays a Role of Critical Vascular Function Regulator(和訳中)
長澤 綾子, 清水 逸平, 横山 真隆, 吉田 陽子, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ056-4   2018年3月
Progerin is Involved in an Impairment of Vascular Smooth Muscle Cell Growth via the DNA Damage Response Pathway(和訳中)
長澤 綾子, 清水 逸平, 吉田 陽子, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ056-5   2018年3月
Vaccination Therapy against Semaphorin 3E Ameliorates Glucose Intolerance in Diet-induced Obese Mice(和訳中)
氏家 葵, 清水 逸平, 吉田 陽子, 中神 啓徳, 南野 徹
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ070-5   2018年3月
細胞内代謝を標的とした生活習慣病の診断・治療法の開発
南野 徹
先進医薬研究振興財団研究成果報告集   2017年度 230-231   2018年3月
【心臓と血管の慢性炎症(生活習慣病)】 心血管代謝疾患におけるSASP因子の役割
南野 徹
別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患   7(1) 69-73   2018年2月
ほとんどの体細胞には分裂寿命があり、一定の回数分裂後、不可逆的な細胞周期停止状態、すなわち細胞老化に陥る。また、酸化ストレスなどによってDNA損傷が生じると、分裂回数には依存せず、細胞老化がおこることもある。いずれの場合にも、DNAダメージ反応やp53依存性細胞老化シグナルの活性化が関与している。最近、このような細胞老化シグナルが、加齢に伴う様々な疾患の病態に関与していることが明らかとなってきた。そこで本稿では、細胞老化がどのように老化や加齢に伴う心血管代謝疾患の病態生理に関与しているかに...
反転膜小胞を用いた細菌べん毛軸構造のin vitroでの構築(In vitro reconstitution of the bacterial flagellar assembly by using the inverted membrane vesicles)
寺島 浩行, 巽 千夏, 川本 晃大, 南野 徹, 今田 勝巳
日本細菌学雑誌   73(1) 38-38   2018年2月
各種抗凝固療法における血管損傷時の凝固系の反応の検討
大槻 総, 和泉 大輔, 須田 将吉, 佐藤 光希, 長谷川 祐紀, 八木原 伸江, 飯嶋 賢一, 池主 雅臣, 南野 徹
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 163-163   2018年2月
早期再分極における心房細動発症リスクの検討
長谷川 祐紀, 渡部 裕, 大槻 総, 飯嶋 賢一, 八木原 伸江, 佐藤 光希, 和泉 大輔, 南野 徹
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 203-203   2018年2月
虚血性心疾患患者におけるアキレス腱厚と臨床的特徴の関係
高野 俊樹, 大久保 健志, 萱森 裕美, 高山 亜美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 242-242   2018年2月
誌上ディベート 睡眠薬の是非 概日リズムと生活習慣病の観点からみた睡眠薬の適正使用
須田 将吉, 清水 逸平, 南野 徹
アンチ・エイジング医学   13(6) 819-823   2018年1月
心血管代謝ネットワークによって制御される生活習慣病の病態生理 健康長寿を目指した老化関連疾患の治療方策
南野 徹
血管   41(1) 25-25   2018年1月
動脈硬化と老化
池上 龍太郎, 清水 逸平, 吉田 陽子, 南野 徹
内分泌・糖尿病・代謝内科   46(1) 61-65   2018年1月
「生老病死」の分子生物学 加齢関連性疾患に対するseno-therapyの有望性(The potential of seno-therapy for age-associated disease)
須田 将吉, 南野 徹
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3PW20-1]   2017年12月
反転膜小胞を用いた細菌べん毛III型分泌装置によるタンパク質輸送のin vitro再構成
寺島 浩行, 川本 晃大, 巽 千夏, 難波 啓一, 南野 徹, 今田 勝巳
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [4LT17-04(3P   2017年12月
【循環器の最先端基礎研究から臨床応用へ】 心臓における老化シグナルの意義
清水 逸平, 南野 徹
心臓   49(12) 1208-1212   2017年12月
肥満に伴う褐色脂肪組織の白色化における血液凝固第Xa因子の意義
林 由香, 清水 逸平, 吉田 陽子, 須田 将吉, 池上 龍太郎, 勝海 悟郎, 萱森 裕美, 若杉 嵩幸, 仲尾 政晃, 南野 徹
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1382-1382   2017年12月
劇症型心筋炎に対する外科的補助循環治療の経験
萱森 裕美, 柏村 健, 井神 康宏, 酒井 亮平, 大久保 健志, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 尾崎 和幸, 南野 徹, 中村 制士, 大西 遼, 岡本 竹司, 青木 賢治, 榛澤 和彦, 名村 理, 土田 正則
新潟医学会雑誌   131(12) 715-716   2017年12月
「生老病死」の分子生物学 加齢関連性疾患に対するseno-therapyの有望性(The potential of seno-therapy for age-associated disease)
須田 将吉, 南野 徹
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3PW20-1]   2017年12月
【エイジング研究】 多臓器連関としての老化
若杉 嵩幸, 清水 逸平, 吉田 陽子, 南野 徹
細胞   49(10) 487-490   2017年9月
老化とは、加齢とともに個体の生理機能が低下し、その結果外からの様々なストレスに対する適応能力が低下した状態を示す。肥満・糖尿病や心不全は加齢と共に増加する老化関連疾患であるが、その病態に細胞老化を介した機序が中心的役割を担うことがわかってきた。p53はがん抑制遺伝子として広く知られているが、今日、細胞老化促進因子としての側面が注目されている。肥満時には内臓脂肪の炎症により全身のインスリン抵抗性が生じるが、p53を介した内臓脂肪老化が主要な分子機序であることが明らかとなった。また、心不全時に...
肥満に伴う褐色脂肪組織の白色化における血液凝固第Xa因子の意義
林 由香, 清水 逸平, 吉田 陽子, 須田 将吉, 池上 龍太郎, 勝海 悟郎, 萱森 裕美, 若杉 嵩幸, 仲尾 政晃, 南野 徹
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1382-1382   2017年12月
致死的不整脈治療の進歩 心室細動に対する薬物療法
渡部 裕, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 S3-4   2017年9月
New Epidemic がん患者における心血管病の有病率と将来予測
大倉 裕二, 尾崎 和幸, 佐藤 信昭, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 O-111   2017年9月
大動脈弁置換術・心筋切除術後に残存した左室流出路狭窄に対して経皮的中隔心筋焼灼術が奏功した重症大動脈弁狭窄症の一例
山口 祐美, 五十嵐 聖, 仲尾 政晃, 高野 俊樹, 渡邊 達, 高山 亜美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 O-203   2017年9月
末梢性肺動脈狭窄症による肺高血圧症に合併したleft main compression syndromeの一例
松尾 聖, 仲尾 政晃, 山口 祐美, 渡邊 達, 高山 亜美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-012   2017年9月
メタボリックシンドロームと心血管病 新たな分子病態基盤と治療ターゲットの探索 老化疾患における褐色脂肪不全の意義
清水 逸平, 南野 徹
肥満研究   23(Suppl.) 153-153   2017年9月
褐色脂肪組織における末梢性GABAシグナルの意義
池上 龍太郎, 清水 逸平, 佐藤 岳史, 吉田 陽子, 林 由香, 須田 将吉, 勝海 悟郎, 若杉 嵩幸, 南野 徹
肥満研究   23(Suppl.) 226-226   2017年9月
抗セマフォリン3Eワクチンによる新規糖尿病治療法の開発
吉田 陽子, 氏家 葵, 清水 逸平, 南野 徹
肥満研究   23(Suppl.) 227-227   2017年9月
循環器内科学臨床実習における血管内治療シミュレーション実習の効果
伊藤 正洋, 澁谷 雅子, 鈴木 利哉, 中坊 亜由美, 田中 智美, 南野 徹
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5 56-61   2017年8月
診療参加型臨床実習の充実は医学教育における課題の一つである。新潟大学医学部循環器内科学講座では、平成27年度より医学科5年次の循環器内科学臨床実習において、血管内治療シミュレーション実習を開始した。実習は5-6名の学生グループを1名の教員が指導し、(1)主訴、心電図を基にした症例検討、(2)カテーテル手技の説明、(3)シミュレータを用いた冠動脈へのカテーテル挿入、冠動脈造影検査、(4)冠動脈内ステント留置を行うために必要な手技の理解、実施、(5)冠動脈病変へのステント留置、(6)振り返りを...
医学と医療の最前線 血管老化研究の最前線
池上 龍太郎, 清水 逸平, 吉田 陽子, 南野 徹
日本内科学会雑誌   106(8) 1652-1658   2017年8月
医学科5年生に対する血管内治療トレーニングシミュレータVISTを用いた循環器内科学クリニカルクラークシップ
伊藤 正洋, 澁谷 雅子, 鈴木 利哉, 高橋 昌, 中坊 亜由美, 南野 徹
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5 128-128   2017年8月
テストステロン減少が病態の顕性化に寄与したと考えられた高齢発症のQT延長症候群の1例
長谷川 祐紀, 坂口 裕太, 大槻 総, 飯嶋 賢一, 八木原 伸江, 佐藤 光希, 和泉 大輔, 池主 雅臣, 南野 徹
心臓   49(Suppl.1) 43-49   2017年8月
27歳時に片側睾丸摘出の既往がある61歳男性。母親とその姉妹2人が20歳頃に突然死している。失神や多形性心室頻拍(TdP)の既往はなかったが、50歳頃より検診でQT延長を指摘されていた。今回、運転中に初めて失神し搬送された。この際、著明なQT延長(QTc=666ms)とTdP頻発を認めた。器質的心疾患は認めず、家族歴から先天性QT延長症候群と考えられたが、本例では60歳代での心原性失神の初発であった。検診心電図では、QT延長は段階的に顕性化していた。本例では数日前からエフェドリン含む感冒薬...
もやもや病および末梢性肺動脈狭窄症による肺高血圧症に合併した左冠動脈主幹部病変の1例
五十嵐 聖, 仲尾 正晃, 山口 祐美, 高野 俊樹, 渡邊 達, 高山 亜美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 塙 晴雄, 南野 徹
新潟医学会雑誌   131(8) 509-509   2017年8月
慢性心不全で体外設置型補助人工心臓を導入した1症例
渡邊 達, 五十嵐 聖, 松尾 佑治, 南場 一美, 仲尾 政晃, 山口 祐美, 高野 俊樹, 高山 亜美, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹, 中村 制士, 大久保 由華, 岡本 竹司, 青木 賢治, 名村 理, 土田 正則
新潟医学会雑誌   131(8) 512-512   2017年8月
体外設置型補助人工心臓治療のSSI対策
名村 理, 大久保 由華, 中村 制士, 鳥羽 麻友子, 岡本 竹司, 青木 賢治, 榛澤 和彦, 土田 正則, 渡邊 達, 五十嵐 聖, 松尾 佑治, 仲尾 政晃, 山口 裕美, 高野 俊樹, 高山 亜美, 保谷野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
新潟医学会雑誌   131(8) 514-514   2017年8月
循環器内科学臨床実習における血管内治療シミュレーション実習の効果
伊藤 正洋, 澁谷 雅子, 鈴木 利哉, 中坊 亜由美, 田中 智美, 南野 徹
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5 56-61   2017年8月
診療参加型臨床実習の充実は医学教育における課題の一つである。新潟大学医学部循環器内科学講座では、平成27年度より医学科5年次の循環器内科学臨床実習において、血管内治療シミュレーション実習を開始した。実習は5-6名の学生グループを1名の教員が指導し、(1)主訴、心電図を基にした症例検討、(2)カテーテル手技の説明、(3)シミュレータを用いた冠動脈へのカテーテル挿入、冠動脈造影検査、(4)冠動脈内ステント留置を行うために必要な手技の理解、実施、(5)冠動脈病変へのステント留置、(6)振り返りを...
冠動脈疾患患者における、アキレス腱肥厚と臨床的特徴の関係
高野 俊樹, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 尾崎 和幸, 南野 徹
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   26回 MO323-MO323   2017年7月
医学科5年生に対する血管内治療トレーニングシミュレータVISTを用いた循環器内科学クリニカルクラークシップ
伊藤 正洋, 澁谷 雅子, 鈴木 利哉, 高橋 昌, 中坊 亜由美, 南野 徹
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5 128-128   2017年8月
CAGとIVUSを用いたロータブレータによる切削方向の観察と予測
嶋貫 誠, 岡田 隆, 大内 裕貴, 佐藤 倫, 坪谷 佳保, 長谷川 進, 西塔 毅, 尾崎 和幸, 小澤 拓也, 柳川 貴央, 保屋野 真, 高野 俊樹, 南野 徹
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   26回 CP067-CP067   2017年7月
心房細動 心房細動アブレーション治療 低左心機能症例での検討
佐藤 光希, 南野 徹
新潟医学会雑誌   131(7) 389-395   2017年7月
高周波カテーテルアブレーション(RFCA)は心房細動(AF)の治療として確立しており、国内外で広く行われている。低左心機能を合併したAF症例に対してRFCAを行い、その有効性を検討した。対象は当院でAFに対するRFCAを行われた症例のうち評価可能であった53例。初回心エコーで左室駆出率(LV-EF)が50%未満のLow-EF群(17例)と、50%以上のNormal-EF群(36例)に分けて比較した。Low-EF群にはNormal-EF群に比べて持続性AF症例が多く含まれ、初回心エコーにおい...
日本初!エイジング研究最先端! 老化シグナルと心血管代謝ネットワーク
南野 徹
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   17回 108-108   2017年6月
肥満において凝固因子Xaは褐色脂肪組織機能不全と全身代謝障害を誘発する(Coagulation factorXa induces brown adipose tissue dysfunction and systemic metabolic disorder in obesity)
林 由香, 清水 逸平, 吉田 陽子, 池上 龍太郎, 勝海 悟郎, 須田 将吉, 萱森 裕美, 南野 徹
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   17回 174-174   2017年6月
褐色脂肪組織における末梢性GABA(gamma-aminobutyric acid)の意義
池上 龍太郎, 清水 逸平, 佐藤 岳史, 吉田 陽子, 林 由香, 勝海 悟郎, 須田 将吉, 萱森 裕美, 南野 徹
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   17回 224-224   2017年6月
ボイセンベリーポリフェノールによる血管内皮機能改善効果の検討
古内 亮, 清水 逸平, 南野 徹
日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集   17回 235-235   2017年6月
新潟大学におけるTranslational Researchの現状 心不全、肥満研究におけるTranslational research
清水 逸平, 南野 徹
新潟医学会雑誌   131(6) 325-327   2017年6月
保存的に加療し良好に経過した原発性冠動脈解離に伴う急性心筋梗塞の1例
松尾 佑治, 土屋 浩気, 渡邊 達, 高野 俊樹, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 尾崎 和幸, 南野 徹
新潟医学会雑誌   131(6) 375-375   2017年6月
レフレル心内膜炎の2症例
山口 祐美, 五十嵐 聖, 仲尾 政晃, 松尾 佑治, 高野 俊樹, 渡邉 達, 保屋野 真, 柳川 貴央, 小澤 拓也, 柏村 健, 尾崎 和幸, 南野 徹
新潟医学会雑誌   131(6) 375-375   2017年6月
【アンチエイジング研究-世界の趨勢と日本】各領域におけるアンチエイジング研究 脳・心血管系のアンチエイジング研究 心血管系のアンチエイジング
須田 将吉, 南野 徹
医学のあゆみ   261(6) 607-612   2017年5月
われわれの細胞は一定の分裂増殖の後、不可逆的に分裂を停止する状態となり、この現象を細胞老化とよぶ。近年、細胞老化がさまざまな老化疾患の発症や進展に関与していることが明らかとなってきた。急性冠症候群症例の動脈硬化巣においても老化細胞が多く認められることが報告されている。細胞老化シグナルの鍵分子であるp53を抑制すると、動脈硬化や肥満、糖尿病といった加齢関連疾患の発症や進展が抑制されることも明らかとなっている。さらに近年、老化細胞を選択的に除去したマウスにおいて、個体の老化形質が抑制され、寿命...

国際学会・シンポジウム招待講演

 
2019年2月   Targeting Cellular Aging for Cardio-metabolic Disease.
The 3rd Annual 2019 International Hawaii Cardiovascular Symposium,
2019年1月   Targeting Cardiovascular Senescence through Senescence-associated Glycoprotein.
The 14th Annual Winter Research Meeting on Translational Heart Failure Research,
2018年11月   Novel Aspects of Direct Oral Anticoagulants.
Joint Session with AHA & The Japanese Circulation Society, Scientific Session 2018, American Heart Association,
2018年10月   Targeting metabolites for HF treatment.
The 62nd Annual Scientific Meeting of the Korean Society of Cardiology, JCS-KSC Joint Symposium: Drug Discovery for Heart Failure,
2018年10月   Targeting cellular aging for the treatment of cardio-metabolic disease.
Scott Lecturer Invitee, 9TH ANNUAL ALLIANCE FOR HEALTHY AGING CONFERENCE
2018年8月   White and brown adipose tissue as a therapeutic target for cardiovascular diseases.
ESC 2018 Symposium: Adipose tissue and cardiovascular disease. Joint with the Japanese Circulation Society,
2018年1月   Targeting cellular senescence in cardiovascular aging.
International Symposium Advances in Heart Failure
2018年6月   Targeting cellular aging for the treatment of cardiovascular diseases.
Symposium “Myocardial aging and cardiometabolic disorders”
2018年6月   Role of Cellular Aging in Cardio-metabolic Disease.
24th IUBMB Congress & 15th FAOBMB Congress (IUBMB SEOUL 2018),
2018年7月   Role of Cellular Aging in Cardio-metabolic Disease.
The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018) Symposium 63: Role of mitochondria and oxidative stress in metabolic syndrome,
2018年7月   Targeting cellular aging for the treatment of cardiovascular diseases.
BCVS 2018 Scientific Sessions Mitochondrion and Heart Failure,
2017年   DNA Damage and Diabetes.
DNA Damage Response and Cardio-metabolic Disease. AHA/Japanese Circulation Society Joint Session. AHA Scientific Sessions 2017
2017年   Cellular Senescence and Age-associated Diseases.
Keystone Symposia Conference Aging and Mechanisms of Aging-Related Disease
2017年   A potential role of p53 in metabolic remodeling of PAH lungs.
16th International 2017 Forum
2017年   Role of cellular senescence in cardio-metabolic disease.
Inha University Seminar 2017
2017年   A critical role of cellular senescence in metabolic and cardiovascular disease.
Pulse of Asia 2017
2017年   Hypertension, Diabetes, and Vascular Aging.
The 47th Annual Convention & Scientific Session of the Taiwan Society of Cardiology APSC-TSOC Joint Session
2017年   Cellular senescence in cardiovascular disease - The future.
European Society of Cardiology 2017
2017年   Pathophysiological mechanisms of heart failure in diabetes.
Joint with the Japanese Circulation Society. European Society of Cardiology 2017
2017年   A critical role of cellular senescence in metabolic and cardiovascular disease.
6th EU-US Conference on Repair of Endogenous DNA Damage
2017年   Hypertension, Diabetes, and Vascular Aging.
Hypertension Seoul 2017 The Korean Society of Hypertension
2017年   Metabolism, Adipose Tissue, and CVD.
INTERNATIONAL SYMPOSIUM Cardiometabolic risk and Vascular Disease -from Mechanisms to Treatment-
2016年   Role of senescence-induced inflammation in lifestyle-related disease.
The 14th Korea Japan Joint Symposium on Vascular Biology
2016年   Cellular senescence and cardio metabolic disease. Joint with the Japanese Circulation Society.
European Society of Cardiology 2016
2016年   Future direction for research in metabolism, adipose tissue and cardiovascular disease.
Metabolism, adipose tissue and cardiovascular disease. European Society of Cardiology
2016年   A critical role of cellular senescence in metabolic and cardiovascular disease.
The 1st International Symposium on Stem Cell Aging and Disease
2016年   A critical role of cellular senescence in metabolic and cardiovascular disease.
The 26th International Conference the Korean Society for Gerontology
2016年   A role of senescence-induced inflammation in metabolic and cardiovascular disease.
Joint Japan-Korea Young Investigator Conference on Autophagy
2016年   Roles of cellular aging signaling in lifestyle-related disease.
Is anti-senescence therapy feasible? Robert and Arlene Kogod Center-Successful Aging Monday Seminar
2016年   A critical role of cellular senescence in metabolic and cardiovascular disease.
International Symposium of the Center for Animal Disease Models 2016-Metabolic disease and Aging-
2015年   The functional implication of DNA damage in cardiometabolic disease.
The 59th Annual Scientific Meeting of the Korean Society of Cardiology
2015年   Therapeutic angiogenesis in Japan.
The 59th Annual Scientific Meeting of the Korean Society of Cardiology
2015年   Role of cellular aging in cardiovascular and metabolic disease.
The 59th Annual Scientific Meeting of the Korean Society of Cardiology
2015年   Role of senescence-associated inflammation in lifestyle-related disease.
2015 International Cell Senescence Association
2015年   Role of senescence-associated inflammation in lifestyle-related disease.
2015 Seoul Symposium on Obesity & Diabetes
2014年   The Efficacy of Combination Therapy in Patients with Pulmonary Hypertension.
13th International Pulmonary Hypertension Forum
2014年   Molecular analysis of fat accumulation from the aspect of aging signals.
International Symposium for the Study of Obesity
2013年   Lifespan regulatory system as a potential therapeutic target for cardiovascular disease.
International Association of Gerontology and Geriatrics
2013年   Role of senescence-associated inflammation in lifestyle-related disease.
International Society for Heart Research 2013
2013年   Circadian clock and cardiovascular aging.
IEEE EMBC 2013
2013年   Role of cellular aging signals in cardiovascular and metabolic disease.
American Heart Association Basic Cardiovascular Sciences 2013 Scientific Sessions
2013年   Role of cellular aging signals in lifestyle-related disease.
Harbin Medical University
2013年   The effect of thyroid function on clinical outcome in patients with heart failure.
ESC2013
2012年   Aging and cardiovascular disease.
American Heart Association International Forum, 2012 Scientific Session.
2010年   Aging signals involved in glucose homeostasis
JST Danish-Japanese Workshop “Molecular Diabetology”
2010年   Vascular aging and vascular injury: synonymous or analogous?
20th World Congress of the International Society of Heart Research
2010年   Cellular aging and lifestyle-related disease
7th Japanese-German Frontiers of Science Symposium
2009年   Role of p53 in heart failure.
17th Asian Pacific Congress of Cardiology. Symposium
2009年   Life style-related disease and cellular aging signal network
AVDRC International Symposium
2008年   Role of Cellular Aging in Cardiovascular Disease.
The Annual Spring Scientific Conference of the Korean Society of Lipidology and Atherosclerosis Symposium
2007年   Contribution of cellular senescence to cardiovascular disease.
The 10th Anniversary International Symposium Kangwon National University College of Medicine
2003年   Vascular cell senescence in human atherosclerosis. 13th International Symposium on Atherosclerosis.
Kyoto International Congress Series.

講演・口頭発表等

 
心不全発症メカニズムから見た高血圧治療戦略 [招待有り]
南野 徹
第41回日本高血圧学会総会   2018年9月14日   
老化制御研究からみた健康寿命延伸の展望 [招待有り]
第59回日本人間ドック学会   2018年8月31日   
老化からみた心臓リハビリテーションの展望 [招待有り]
第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会   2018年7月15日   
心不全の代謝異常と分子病態からみた心臓リハビリテーションの展望 [招待有り]
第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会   2018年7月15日   
糖尿病と心不全(臨床) 循環器疾患における糖尿病のトータルマネジメントを考える−基礎から臨床へ− [招待有り]
第248回日本循環器学会 関東甲信越地方会   2018年6月9日   
老化シグナルと心血管代謝ネットワーク [招待有り]
第60回日本老年医学会学術集会   2018年6月14日   
The potential of seno-therapy for atherosclerotic disease. [招待有り]
第82回日本循環器学会シンポジウム   2018年3月25日   
老化から見た心血管代謝疾患の治療方策 [招待有り]
第247回日本循環器学会関東甲信越地方会   2018年2月10日   
健康長寿を目指した老化関連疾患の治療方策  [招待有り]
第47回日本心脈管作動物質学会   2018年2月9日   
Future perspectives of basic research for cardiovascular and metabolic disease.
第81回日本循環器学会学術集会 シンポジウム   2017年   
糖尿病の治療方策を老化の観点から考える
第81回日本循環器学会学術集会 シンポジウム   2017年   
老化シグナルと心血管代謝ネットワーク
第17回日本抗加齢医学会総会   2017年   
血管細胞老化シグナル制御と糖代謝異常
第59回日本糖尿病学会   2016年   
老化シグナルによって制御される心血管代謝ネットワーク 
第37回日本循環制御医学会総会シンポジウム   2016年   
老化からみた脂質異常症の治療方策
第22回日本心臓リハビリテーション学会ランチョンセミナー   2016年   
血管の老化を防ぐには?
日本抗加齢協会アンチエイジングセミナー   2016年   
老化からみた生活習慣病の治療方策
第30回日本エイズ学会学術集会・総会イブニングセミナー   2016年   
糖尿病の治療方策を老化の観点から考える
第20回日本心血管内分泌代謝学会・第33回国際心臓研究学会日本部会・第20回日本適応医学会学術集会 アフタヌーンセミナー1   2016年   
再生医療の現状と今後の展望 総論(最近の動向)
日本循環器学会第6回プレスセミナー   2015年   
Molecular mechanisms of cardiovascular aging. 
第79回日本循環器学会 Asian Session   2015年   
血圧変動からみた高血圧治療 
第56回日本神経学会学術集会ランチョンセミナー   2015年   
Role of senescence-associated inflammation in lifestyle-related disease
第15回日本抗加齢医学会総会シンポジウム   2015年   
心血管代謝老化制御による生活習慣病の治療方策
第38回日本高血圧学会総会シンポジウム   2015年   
分子生物学の新技術から捉えた 「生老病死」の最前線
第38回日本分子生物学会年会ワークショップ   2015年   
老化シグナルによって制御される加齢関連疾患の発症メカニズムの解明
第23回日本血管生物医学会学術集会シンポジウム    2015年   
心血管系の老化のメカニズム
第24回日本老年医学会九州地方会   2014年   
健康寿命は延伸可能か?
第14回日本抗加齢医学会シンポジウム   2014年   
細胞老化シグナルによる炎症制御と疾患
第18回日本適応学会シンポジウム   2014年   
老化再生からみた循環器疾患治療
第32回日本臨床化学会甲信越支部総会シンポジウム   2014年   
老化の観点から生活習慣病を考える
第135回日本内科学会信越地方会特別講演   2014年   
A critical role of senescence-induced inflammation in cardiovascular disease.
第18回日本心不全学会 日本_台湾セッション    2014年   
A critical role of senescence-induced inflammation in metabolic and cardiovascular disease.
第43回日本免疫学会 シンポジウム    2014年   
Cardiac-adipose vicious cycle is critically involved in the development of heart failure
第77回日本循環器学会・学術集会 シンポジウム   2013年   
Cellular aging signal network and lifestyle-related disease
第77回日本循環器学会・学術集会 ミートザエキスパートセッション   2013年   
臓器連関とインスリン感受性
第86回日本内分泌学会総会シンポジウム   2013年   
血管老化とNO
第13回日本抗加齢医学会ランチョンセミナー   2013年   
心_脂肪連関による心不全発症のメカニズム
第17回日本心臓リハビリテーション学会シンポジウム   2013年   
老化シグナルネットワークによる循環代謝制御
第86回日本生化学会大会シンポジウム   2013年   
次世代の血管新生治療の開発
第12回日本再生医療学会総会 シンポジウム   2013年   
血管老化シグナルネットワークによる循環代謝制御
第21回日本血管生物医学会シンポジウム   2013年   
老化からみた心血管治療としてのスタチンの有用性
第17回日本心不全学会学術集会 ランチョンセミナー   2013年   
Cardiovascular aging and circadian clock
第76回日本循環器学会・学術集会 シンポジウム   2012年   
Lifespan regulatory system and cardiovascular disease
第76回日本循環器学会・学術集会 シンポジウム   2012年   
Lifespan regulatory system as a potential therapeutic target for cardiovascular disease
第76回日本循環器学会・学術集会 シンポジウム   2012年   
臓器間ネットワークによる循環代謝制御
第85回日本内分泌学会総会シンポジウム   2012年   
次世代の血管新生治療の開発
第60回日本輸血・細胞治療学会総会シンポジウム   2012年   
Akt1による寿命調節機構
第12回日本抗加齢医学会総会シンポジウム   2012年   
脂肪老化制御と生活習慣病
第12回日本抗加齢医学会総会 研究助成記念講演   2012年   
老化、細胞死と循環代謝性疾患
第21回日本Cell Death学会シンポジウム   2012年   
Regulation of Cardiovascular Metabolism by the Aging Signal Network.
第35回日本高血圧学会シンポジウム   2012年   
臓器間老化シグナル制御と生活習慣病
第16回日本心血管内分泌代謝学会シンポジウム   2012年   
老化シグナルネットワークによる循環代謝制御
第33回日本肥満学会シンポジウム   2012年   
高血圧と血管老化のメカニズム
第20回日本血管生物医学会シンポジウム   2012年   
How might cellular senescence contribute to organismal aging?
第75回日本循環器学会・学術集会 Topics(中止)   2011年   
Cardiac inflammation and heart failure
第84回日本薬理学会シンポジウム(中止)   2011年   
脂肪老化制御と心血管代謝
日本薬学会第131年会 シンポジウム(中止)   2011年   
末梢血単核球を用いた血管新生治療の効果と分子機序
第59回日本日本輸血・細胞治療学会総会シンポジウム(中止)   2011年   
細胞老化シグナルによる寿命制御と加齢関連疾患
第84回日本内分泌学会 教育講演   2011年   
細胞老化シグナルと生活習慣病
第100回日本病理学会 ワークショップ   2011年   
老化からみた生活習慣病
第14回日本抗加齢医学総会 シンポジウム   2011年   
Lifestyle-related disease and cellular aging signal network
第63回日本細胞生物学会 シンポジウム   2011年   
Role of adipose senescence in lifestyle-related disease
第43回日本動脈硬化学会総会・学術集会 シンポジウム   2011年   
寿命制御と細胞老化シグナル、加齢関連疾患の発症メカニズム
第33回日本基礎老化学会 シンポジウム   2011年   
次世代血管新生治療開発の展望
第52回日本脈管学会 シンポジウム   2011年   
Molecular mechanism of cardiovascular aging and regeneration
第74回日本循環器学会総会・学術集会 Plenary Session   2010年   
脂肪老化制御とインスリン抵抗性
第53回日本糖尿病学会年次学術集会 Symposium   2010年   
心血管系の再生と老化のメカニズム
第10回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム   2010年   
老化シグナルと心血管代謝
第52回日本老年医学会学術集会・総会 Aging Science Forum   2010年   
Another phase of therapeutic angiogenesis for cardiovascular disease.
第74回日本循環器学会総会・学術集会 Plenary Session   2010年   
心血管代謝と老化制御
第63回日本酸化ストレス学会 シンポジウム   2010年   
Cardiovascular aging and circadian rhythm
Neuro 2010 シンポジウム   2010年   
分子標的医薬による血管新生治療の開発
第51回日本脈管学会 シンポジウム   2010年   
老化シグナルによる心血管代謝制御
2010年度日本農芸化学学会 若手シンポジウム   2010年   
Lifestyle-related disease and cellular aging signal network
第18回日本血管生物医学会シンポジウム   2010年   
老化シグナルと心血管制御メカニズム
第38回日本心脈管作動物質学会   2009年   
p53 as a new therapeutic target for heart failure
第73回日本循環器学会総会・学術集会 KSC-JCS Joint Symposium   2009年   
Impact of Cellular Aging on Cardiovascular Regeneration
第73回日本循環器学会総会・学術集会   2009年   
Role of Cellular Aging in Cardiovascular and Metabolic Disease
第73回日本循環器学会総会・学術集会   2009年   
老化シグナルと心血管制御ネットワーク
第52回日本糖尿病学会年次学術集会 Featured Symposium   2009年   
抗老化からみた生活習慣病治療
第9回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム   2009年   
Long-term outcome of therapeutic neovascularization using peripheral blood mononuclear cells for limb ischemia
第73回日本循環器学会総会・学術集会   2009年   
血管再生治療のUpdateと次世代治療法の開発
第54回透析医学会学術集会・総会 ランチョンセミナー   2009年   
心血管代謝と老化制御
第17回日本血管生物医学会 シンポジウム   2009年   
バージャー病に対する血管新生療法
第50回日本脈管学会総会 シンポジウム   2009年   
生活習慣病と老化シグナルネットワーク
第32回日本分子生物学会年会ワークショップ   2009年   
老化分子p53による新たな心不全発症メカニズム
第72回日本循環器学会 日本心臓核医学会ジョイントセミナー   2008年   
再生医療の最前線 血管再生療法の臨床研究と次世代の再生治療を目指した基礎研究
第24回日本医工学治療学会 シンポジウム   2008年   
血管年齢のアンチエイジングを目指して 老化シグナル制御による生活習慣病の治療戦略
第8回日本抗加齢医学会 シンポジウム   2008年   
健康な老年期を送るための更年期医学(Pre-Geriatric Medicine)を考える サクセスフルエイジング達成を目標に 血管の老化は制御可能か?
第50回日本老年医学会学術集会 若手企画シンポジウム   2008年   
高齢者冠動脈疾患の予防と対策 老化による動脈硬化形成の分子機序
第50回日本老年医学会学術集会イブニングセミナー   2008年   
Therapeutic neovascularization using peripheral mononuclear cells.
第40回日本動脈硬化学会総会シンポジウム   2008年   
抗老化からみた高血圧の治療戦略
第12回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 ランチョンセミナー   2008年   
老化シグナルによる心血管制御メカニズム
第12回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 シンポジウム   2008年   
p53 as a novel target for the treatment of heart failure.
The 25th Annual Meeting of the International Society for Heart Research   2008年   
Cardiovascular aging and circadian rhythm.
第31回日本分子生物学会年会シンポジウム   2008年   
血管老化とアンジオテンシンII
第30回日本高血圧学会総会 シンポジウム   2007年   
心血管代謝と老化シグナル
第10回日本組織工学会 パネルディスカッション   2007年   
p53の血管新生抑制作用による心不全発症のメカニズム
第30回日本分子生物学会年会 ワークショップ   2007年   
血管再生療法の新たなる展開.
第15回日本形成外科学会基礎学術集会 シンポジウム   2006年   
老化因子制御による血管治療の開発
第47回日本老年学会学術集会 シンポジウム   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
新規老化関連分子を標的とした糖尿病大血管合併症治療法の開発 
AMED: 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 南野 徹
内因性老化細胞除去システムの分子機構の解明
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 南野 徹
学術研究動向調査費 「循環器内科学関連、代謝および内分泌学関連」「循環器内科学、代謝および内分泌学分野に関する学術研究動向−老化制御から紐解く循環器・代謝疾患の新たなる研究展開−」
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 南野 徹
細胞内代謝を標的とした生活習慣病の診断・治療法の開発
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 南野 徹
(橋渡し研究戦略的推進プログラム)(シーズA)非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の新たなバイオマーカーと標的治療の開発
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 南野 徹
実験老化モデルを基盤とした加齢関連因子の臨床的検証
研究期間: 2015年       代表者: 南野 徹
血管ニッチによって制御されるステムセルエイジングと加齢関連疾患発症機序の解明
研究期間: 2014年       代表者: 南野 徹
生活習慣病に対する老化マーカーの有用性に関する研究
研究期間: 2013年       代表者: 南野 徹
脳由来神経栄養因子による摂食脂肪蓄積制御機構の解明
研究期間: 2013年       代表者: 南野 徹
p53依存性老化シグナル活性化による生活習慣病発症機序の解明
研究期間: 2012年       代表者: 南野 徹
炎症の慢性化機構の解明と制御 長寿・老化マウスを用いた慢性炎症機構の解明
研究期間: 2011年       代表者: 南野 徹
ハッチンソンギルフォード早老症候群の病態解明に関する基盤研究
研究期間: 2011年       代表者: 南野 徹
中枢・末梢組織の脳由来神経栄養因子による摂食脂肪蓄積制御機構の解明
研究期間: 2011年       代表者: 南野 徹
脳—心相互作用による新しい心不全病態メカニズムの解明
研究期間: 2009年       代表者: 南野 徹
細胞老化・個体老化シグナル制御による心血管治療法の開発に関する基盤研究
研究期間: 2009年       代表者: 南野 徹
細胞治療の作用メカニズム解明による新規再生治療の開発
科学研究費補助金
研究期間: 2007年   
老化シグナルにより制御される代謝ネットワークの解明
JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)
研究期間: 2007年   
老化分子p53による心血管代謝制御メカニズムに関する基盤研究
科学研究費補助金
研究期間: 2001年   
老化シグナル制御による生活習慣病治療法の開発
研究期間: 1999年       代表者: 南野 徹
血管老化マウスの確立と血管老化治療の開発
研究期間: 1994年       代表者: 南野 徹

特許

 
特願2016-167679 : 老化細胞除去薬及び医薬組成物
南野 徹
特願2015-202418 : 非アルコール性脂肪性肝炎マーカー及びその使用
南野 徹、清水逸平
大門 雅夫, 南野 徹, 橋本 謙二, 小室 一成
小室 一成, 南野 徹, 森谷 純治, 古閑 比佐志, 岡田 光浩
大門 雅夫, 南野 徹, 橋本 謙二, 小室 一成
大門 雅夫, 南野 徹, 橋本 謙二, 小室 一成
大門雅夫、南野徹、橋本謙二、小室一成