小宮山 伸之

J-GLOBALへ         更新日: 14/10/17 10:09
 
アバター
研究者氏名
小宮山 伸之
 
コミヤマ ノブユキ

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
埼玉医科大学 医学部 医学部 国際医療センター 心臓内科 教授
 
2004年
 - 
2007年
埼玉医科大学 医学部心臓内科 教授
 
2007年
   
 
- 埼玉医科大学 医学部国際医療センター 心臓内科 教授
 

委員歴

 
1999年
   
 
日本脈管学会  評議員
 

受賞

 
1996年
Cardiovascular Medicine Award for Excellence in Clinical Research (Stanford University School of Medicine)
 
2010年
Moderated complex case competition. Endovascular intervention I (Transcatheter Cardiovascular Therapeutics Asia Pacific 2010)
 

Misc

 
不安定プラークの血管内超音波所見と安定化
月刊循環器CIRCULATION(医学出版)   3(1) 54-63   2013年1月
Kojima T, Miyauchi K, Yokoyama T, Yokoyama K, Kurata T, Suwa S, Kawamura M, Tamura H, Okazaki S, Inoue K, Fujiwara Y, Sumiyoshi M, Tanimoto K, Nakazato Y, Yamagishi S, Hiro T, (Komiyama N), ◎Daida H
75 1071-1079   2011年3月
Clinical trial PIGEON-MS
CIRCULATION up-to-date   6(1) 74-77   2011年1月
書評。『チャートでわかる実践IVUS, OCT & FFR』
内科   106(7) 102   2010年7月
PCIにIVUSは本当に必要か? Grey-scale IVUSはPCIに必要か?
Coronary Intervention   6(3) 140-146   2010年3月

書籍等出版物

 
冠動脈血栓吸引、末梢保護
循環器疾患最新の治療2012-2013   2012年5月   
糖尿病におけるプラーク退縮と心血管事故の関連
『PCIのストラテジー』、南江堂   2011年2月   
硝酸薬/他の血管拡張薬
循環器治療薬ファーストブック。南江堂   2010年4月   
虚血性心疾患
循環器治療薬ファーストブック。南江堂   2010年4月   
冠動脈血栓溶解療法
循環器疾患最新の治療 2010-2011。南江堂   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
Very late sirolimus-eluting stent thrombosis beyond 4 years after implantation.
第18回日本心血管インターベンション治療学会 CVIT2009学術集会   2006年   
心筋梗塞患者でのsalvageした心筋と先行する虚血症状との関連の調査
第18回日本心血管画像動態学会   2008年   
健診における携帯心電計使用の有効性の検討
第36回日本総合健診学会   2008年   
健診におけるLDLコレステロールとHDLコレステロールの測定意義について~高感度CRP値との関係からの再考察~
第36回日本総合健診学会   2008年   
Ischemic preconditioning increases myocardial salvage evaluated by cardiac magnetic resonance in patients with acute myocardial infarction who underwent revascularization
第72回日本循環器学会学術集会   2008年   

所属学協会

 
 

Works

 
座談会 長期予後改善を目指す冠動脈疾患の治療戦略(内科)
2007年10月
厚生労働科学研究費補助 循環器病等総合研究事業「冠動脈不安定粥腫の同定とその効果的破綻予防、治療法の開発に関する多施設研究」
2004年4月 - 2007年3月

競争的資金等の研究課題

 
血管内超音波法を用いたヒト血管組織性状診断アルゴリズムを開発
受託研究
研究期間: 2004年   
血管内超音波法を用いたヒト血管組織性状診断アルゴリズムを開発
受託研究
研究期間: 2004年   
メタボリック症候群を合併した安定狭心症患者におけるピオグリタゾンによる冠動脈粥腫退縮効果の検討
研究期間: 2006年   
急性冠症候群におけるピオグリタゾンによる冠動脈粥腫安定化の検討
研究期間: 2006年   
冠動脈硬化症を合併した糖尿病症例におけるロスバスタチンによる冠循環機能改善効果の検討
その他の研究制度
研究期間: 2007年 - 2009年