松田 厚範

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 15:49
 
アバター
研究者氏名
松田 厚範
 
マツダ アツノリ
URL
http://ion.ee.tut.ac.jp/
所属
豊橋技術科学大学
部署
工学研究科 電気・電子情報工学系
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪府立大学)

プロフィール

1987年 3月 大阪府立大学大学院工学研究科博士前期課程応用化学専攻修了
1987年 4月  日本板硝子株式会社入社
1997年 4月  大阪府立大学工学部機能物質科学科 助手
2000年 10月 同大学院工学研究科物質系専攻機能物質科分野 講師
2002年 9月  豊橋技術科学大学工学部 物質工学系 助教授
2006年 10月 豊橋技術科学大学工学部 物質工学系 教授
2010年 4月  豊橋技術科学大学 大学院工学研究科
電気・電子情報工学系 教授  (大学の組織改編による)
2013年 10月 豊橋技術科学大学 国際教育センター長(兼務)
2014年 10月 同学長補佐(国際担当) 
2018年 4月 同副学長(国際担当)
2018年 4月 同グローバル工学教育推進機構 機構長 現在に至る

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1997年
日本板硝子(株)
 
1997年
 - 
2002年
大阪府立大学
 
2002年
   
 
豊橋技術科学大学
 

学歴

 
 
 - 
1987年
大阪府立大学 工学研究科 応用化学専攻
 
 
 - 
1985年
大阪府立大学 工学部 応用化学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本セラミックス協会基礎科学部会  役員
 
2017年
 - 
現在
Editorial Member of ASEAN Engineering Journal Part B
 
2017年
 - 
現在
日本学術振興会(JSPS)  学術システムセンター(RCSS)「工学系科学専門調査班 」専門研究員(材料工学担当)
 
2014年
 - 
2016年
ニューガラスフォーラムNEW GLASS誌編集委員会  委員長
 
2013年
 - 
現在
独立行政法人国際協力機構「アセアン工学系高等ネットワーク・フェーズ3」プロジェクト国内支援委員会  委員
 
2013年
 - 
現在
Member of Editorial Board of Sol-Gel Science and Technology
 
2012年
 - 
現在
近畿化学協会  エレクトロニクスコミュニケーション編集委員
 
2012年
 - 
現在
近畿化学協会エレクトロニクス部会  運営幹事
 
2012年
 - 
現在
近畿化学協会エレクトロ二クスコミュニケーション  編集委員
 
2012年
 - 
現在
一般社団法人「東三河セーフティーネット」理事
 
2012年
 - 
現在
日本学術振興会産学協力研究委員会「先端セラミックス」第124委員会  委員
 
2012年
 - 
現在
日本学術振興会産学協力研究委員会「アモルファス・ナノ材料」第147委員会委員
 
2012年
 - 
2013年
ニューガラスフォーラムガラス科学技術研究会  主査
 
2012年
 - 
現在
独立行政法人国際協力機構「アセアン工学系高等教育ネットワーク・フェーズ3」プロジェクト「材料工学分野」  幹事大学代表
 
2012年
 - 
現在
ファインセラミックス薄膜特性の外部環境影響の評価方法に関する標準化」委員会  委員
 
2012年
 - 
現在
粉末粉体冶金協会  参事
 
2012年
 - 
現在
日本セラミックス協会東海支部  幹事
 
2012年
 - 
現在
Journal of Sol-Gel Science and Technology  Member of Editorial Board
 
2003年
 - 
現在
日本ゾル-ゲル学会  理事
 
1997年
 - 
現在
プラナリゼーション加工/CMP応用技術専門委員会  委員
 

受賞

 
2018年6月
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会  優秀発表賞
受賞者: :連名者の一人として受賞 松田厚範、Irna Puteri Shahbudin
 
2018年3月
豊橋技術科学大学  学生表彰
受賞者: :連名者の一人として受賞 松田厚範、重田雄一朗、松崎達也、辰巳舞帆
 
2018年3月
豊橋技術科学大学 研究活動表彰
 
2018年3月
Journal of the Ceramic Society of Japan Cover image of Ceramics Society
受賞者: :連名者の一人として受賞 松田 厚範
 
2017年12月
平成29年度日本セラミックス協会  東海支部学術研究発表会 優秀講演賞
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 都築圭太 小笠原亮太
 
2017年11月
無機マテリアル学会    第135回学術講演会 講演奨励賞  
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 重田雄一郎
 
2017年9月
日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム セッション優秀賞
受賞者: 連名の一人として受賞 松田厚範 武藤浩行 河村剛 松崎達也 
 
2017年6月
Award for National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2017
受賞者: 連名の一人として受賞 松田厚範 武藤浩行 河村剛 井上颯太
 
2017年6月
Award for National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2017
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 蒲生浩忠
 
2017年6月
一般社団法人粉体粉末冶金協会 平成29年春季大会  優秀講演発表賞 静電相互作用作業と利用した複合粒子連続製造技術
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 武藤浩行 河村剛 辰巳舞帆
 
2017年6月
東海若手セラミスト懇話会 ベスト質問賞
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 前川啓一郎
 
2017年6月
公益財団法人 日本セラミックス協会  フェロー表彰証
 
2017年5月
粉体粉末冶金協会 第41回研究進歩賞 ナノ粉末を用いた複合粒子設計による界面微構造制御技術の確立
受賞者: 武藤浩行・河村剛・松田厚範
 
2017年3月
一般財団法人 表面技術協会  学術奨励講演賞 LbL法アシスト複合めっきによる金属-絶縁体コンポジット薄膜の作製
受賞者: 連名の一人として受賞 松田厚範 奈良工業高等専門学校 渡邉佳孝
 
2017年3月
一般社団法人 電気学会東海支部 電気学会東海支部長賞 中温無加湿燃料電池の高性能化に向けた電極三相界面の設計-
受賞者: 連名の一人として受賞 松田厚範 河村剛 前田啓一郎
 
2017年3月
豊橋技術科学大学  研究活動表彰
 
2017年2月
豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学専攻特別発表会 特別研究発表賞
受賞者: 連名の一人として受賞 松田厚範 河村剛 飯盛仁
 
2017年1月
Cover image of Ceramics Japan 第52巻
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村 剛 荒木雄一
 
2016年12月
豊橋技術科学大学 高専連携教育研究プロジェクト進捗状況報告会 優秀プレゼンテーション賞
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 山本紗矢香(米子高専・電気情報工学科))
 
2016年12月
豊橋技術科学大学   電気・電子情報工学系 最優秀卒業研究発表賞
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 武藤浩行 河村剛 前川啓一郎 野々村航希
 
2016年11月
東海若手セラミスト懇話会 ベスト質問賞
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 武藤浩行 河村剛 桒名崇矢 飯盛仁
 
2016年11月
National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2016 Award for National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2016
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 武藤浩行 河村剛 野々村航希
 
2016年11月
International Conference on Advances in Materials and Processing Technologies (AMPT 2016) Certificate of Appreciation to Plenary Speaker
 
2016年10月
National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2016 Award for National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2016
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 藤田浩輔 
 
2016年9月
日本生物工学会  第22回生物工学論文賞
 
2016年9月
日本セラミックス協会行事企画委員会  第29回秋季シンポジウム特定セッション「ケミカルデザイン」 感謝状
 
2016年9月
日本セラミックス協会行事企画委員会 第29回秋季シンポジウム合同セッション「マテリアルプロセッシング」 感謝状
受賞者: 松田厚範、武藤浩行
 
2016年8月
4th IGNITE conference and the 2016 international conference on advanced informatics (ICAiCTA 2016), Certificate of Appreciation
 
2016年6月
日本学術振興会 先進セラミックス 第124委員会  ポスター発表優秀賞
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 東翔太
 
2016年6月
日本セラミックス協会  Award of the Outstanding Reviews Published in the JCerSJ in 2015
 
2016年5月
粉体粉末冶金協会  優秀講演発表賞
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 飯盛仁
 
2016年5月
日本セラミックス協会 2016年年会優秀ポスター賞
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 荒木優一
 
2015年12月
豊橋技術科学大学  研究活動表彰
 
2015年11月
日本ゾル-ゲル学会第13回討論会 ベストポスター賞 Au/SiO2-TiO2光触媒における紫外光・可視光同時照射時の光触媒特性
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 奥野照久
 
2015年11月
National Institute for Materials Science (NIMS) Award for National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2015
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 武藤浩行 河村剛 松崎達也
 
2015年10月
The 9th International Conference on the Science and Technology for Advanced Ceramics Silver Poster Award Photocatalysis of Au nanorod-deposited mesoporous SiO2-TiO2 under ultraviolet to near infrared light
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 奥野照久
 
2015年9月
The 9th International Symposium on Advances in Technology Education Lectureship Award
 
2015年8月
日本セラミックス協会 第47回ガラス部会夏季若手セミナー、 Excellent Presentation Award 金ナノ粒子の表面プラズモン共鳴を利用したマルチ波長応答型光触媒のキャリア挙動
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 奥野照久
 
2015年8月
5th International Conference on Recent Advances in Materials, Minerals & Environment (RAMM), Best Poster Award Formation of highly crystallized ZnO nanostructures on RF sputtered Zn films by hot-water treatment for dye-sensitized solar cells
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 Wai Kian Tan
 
2015年6月
National Institute for Materials Science (NIMS) Award for National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2015
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 平原栄人 相山滉太
 
2015年2月
豊橋技術科学大学  電気・電子情報工学専攻 最優秀特別研究発表賞 静電相互作用を利用したナノ物質の集積化技術の確立と材料設計
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 江藤英次
 
2015年12月
豊橋技術科学大学  高専連携プロジェクト進捗状況報告会 超高感度磁気センサーへの応用を目指したジョセフソン接合デバイスの簡易作製
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 田中聖也(米子高専))
 
2015年12月
豊橋技術科学大学   電気・電子情報工学系 卒業研究発表会 優秀発表賞 液相加振法によるLiI-Li2S-P2S5系固体電解質の調製と特性評価
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 平原栄人
 
2014年12月
無機マテリアル学会 第129回学術講演会最優秀講演奨励賞 ITOナノ粒子分散高分子ナノ複合材料の光学特性
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田 厚範 河村 剛 江藤英次
 
2014年12月
豊橋技術科学大学  研究活動表彰
 
2014年12月
日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 優秀講演賞 PTC特性を有する炭素ナノ複合材料の開発
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 武藤浩行 河村剛 佐藤允彦
 
2014年12月
International Conference of Global Network for Innovative Technology (IGNITE) 2014 Best Recommended Paper Award Formation of iron oxides nanoporous in ethylene glycol with potassium hydroxide addition
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 Monna Rozana
 
2014年11月
無機マテリアル学会第129回学術講演会 最優秀講演奨励賞 ITOナノ粒子分散高分子ナノ複合材料の光学特性
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛  江藤英次
 
2014年11月
National Institute for Materials Science (NIMS) Award for National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2014
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 的場有亮
 
2014年10月
National Institute for Materials Science (NIMS) Award for National Institute for Materials Science (NIMS) Internship Program 2014
受賞者: 連名者の一人として受賞 松田厚範 河村剛 上山駿
 

論文

 
Elshater R.E, Kawamura G, Fakhry F, Meaz T, Amer M.A, Matsuda A.
Measurement: Journal of the International Measurement Confederation   132 272-281   2019年   [査読有り]
Rahmat S.T, Hong C.Y, Budiman F, Tan W.K, Kawamura G, Matsuda A, Lockman Z.
Journal of Physics: Conference Series   1082(1)    2018年   [査読有り]
Isa N, Kian T.W, Kawamura G, Matsuda A, Lockman Z.
Journal of Physics: Conference Series   1082(1)    2018年   [査読有り]
Rahmat S.T, Chin O.Y, Tan W.K, Kawamura G, Matsuda A, Lockman Z.
Journal of Physics: Conference Series   1082(1)    2018年   [査読有り]
Soo S.-K, Le A.T, Pung S.-Y, Sreekantan S, Matsuda A, Huynh D.P.
Applied Physics A: Materials Science and Processing   124(11)    2018年   [査読有り]
Matsuda R, Hirahara E, Phuc N.H.H, Muto H, Tsukasaki H, Mori S, Matsuda A.
Journal of the Ceramic Society of Japan   126(10) 826-831   2018年   [査読有り]
Thi L.A, Pung S.Y, Sreekantan S, Matsuda A, Phu H.D.
Journal of Physics: Conference Series   1082(1)    2018年   [査読有り]
Amer M.A, Matsuda A, Kawamura G, Meaz T, El-Shater R, Fakhry F.
Key Engineering Materials   765 KEM 24-29   2018年   [査読有り]
Tan W.K, Oura K, Kawamura G, Boccaccini A.R, Matsuda A.
ECS Transactions   82(1) 51-58   2018年   [査読有り]
Amer M.A, Matsuda A, Kawamura G, El-Shater R, Meaz T, Fakhry F.
Journal of Alloys and Compounds   735 975-985   2018年   [査読有り]
Kawamura G, Ohara K, Tan W.K, Muto H, Yamaguchi K, Boccaccini A.R, Matsuda A.
Materials Letters   227 120-123   2018年   [査読有り]
Bashirom N, Kian T.W, Kawamura G, Matsuda A, Razak K.A, Lockman Z.
Nanotechnology   29(37)    2018年   [査読有り]
Ya K.Z, Kumazawa K, Kawamura G, Muto H, Matsuda A.
Journal of the Ceramic Society of Japan   126(10) 789-793   2018年   [査読有り]
Matsuda A, Kawamura G.
Handbook of Sol-Gel Science and Technology: Processing, Characterization and Applications   2177-2203   2018年   [査読有り]
Kawamura G, Arai T, Muto H, Matsuda A.
Catalysis Science and Technology   8(7) 1813-1818   2018年   [査読有り]
Nbelayim P, Kawamura G, Abdel-Galeil M.M, Tan W.K, Wei X, Muto H, Matsuda A.
Journal of the Ceramic Society of Japan   126(3) 139-151   2018年   [査読有り]
Chida S, Miura A, Rosero-Navarro N.C, Higuchi M, Phuc N.H.H, Muto H, Matsuda A, Tadanaga K.
Ceramics International   44(1) 742-746   2018年   [査読有り]
Tan W.K, Kawamura G, Matsuda A.
Two-Dimensional Nanostructures for Energy-Related Applications   296-331   2017年   [査読有り]
Nyein N, Zulkifli M.A, Kian T.W, Matsuda A, Lockman Z.
Solid State Phenomena   264 SSP 152-155   2017年   [査読有り]
Rozana M, Tan W.K, Matsuda A, Lockman Z.
AIP Conference Proceedings   1865    2017年   [査読有り]
Pascal Nbelayim, Go Kawamura, Wai Kian Tan, Hiroyuki Muto, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda, Atsunori Matsuda
Scientific Reports   7(1)    2017年12月   [査読有り]
© 2017 The Author(s). The use of plasmonic nanoparticles (NPs) in dye-sensitized solar cells (DSSCs) in an effort to enhance their power conversion efficiencies (PCEs) increases light absorbance of the cells but also affect their electron dynamics...
Amer M.A, Matsuda A, Kawamura G, El-Shater R, Meaz T, Fakhry F.
Journal of Magnetism and Magnetic Materials   439 373-383   2017年   [査読有り]
Nguyen Huu Huy Phuc, Tokoharu Yamamoto, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
Inorganic Chemistry Frontiers   4(10) 1660-1664   2017年10月   [査読有り]
© the Partner Organisations 2017. A one-pot synthesis of Li 2 S-P 2 S 5 -LiI solid electrolyte precursors in a short time of 30 min is demonstrated by using ethyl propionate as a solvent. Li 2 S, P 2 S 5 and LiI powders were shaken for different t...
Wai Kian Tan, Takuya Ito, Go Kawamura, Hiroyuki Muto, Zainovia Lockman, Atsunori Matsuda, Atsunori Matsuda
Materials Today Communications   13 354-358   2017年12月   [査読有り]
© 2017 Facile controlled formation of well-dispersed Au-nanoparticles (Au-NPs) decorated on high aspect ratio ZnO nanowires (NWs) was demonstrated. Au-NPs decorated ZnO NWs obtained exhibited a significant enhancement of 75% in power conversion ef...
Matsuda A, Tatsumisago M.
Handbook of Sol-Gel Science and Technology: Processing, Characterization and Applications   505-530   2018年   [査読有り]
Bashirom N, Zulkifli M.A, Subagja S, Kian T.W, Matsuda A, Lockman Z.
AIP Conference Proceedings   1958    2018年   [査読有り]
Kawamura G, Ohara K, Tan W.K, Goto T, Nakamura Y, Inoue M, Muto H, Yamaguchi K, Boccaccini A.R, Matsuda A.
Science and Technology of Advanced Materials   19(1) 535-542   2018年   [査読有り]
Hassanein A, Salahuddin N, Matsuda A, Hattori T, Elfiky M.
Electroanalysis   30(3) 459-465   2018年   [査読有り]
Kazushi Hayashi, Yuya Wada, Yasutaka Maeda, Tsubasa Suzuki, Hisatoshi Sakamoto, Wai Kian Tan, Go Kawamura, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
Journal of the Electrochemical Society   164(9) A2049-A2055   2017年1月   [査読有り]
© 2017 The Electrochemical Society. The electrochemical performance of porously sintered iron-based negative electrodes was examined to assess their suitability for application to high performance alkaline rechargeable batteries. Atomized iron-bas...
Prima E.C, Nuruddin A, Yuliarto B, Kawamura G, Matsuda A.
New Journal of Chemistry   42(14) 11616-11628   2018年   [査読有り]
Mohamed M. Abdel-Galeil, Mohamed M. Abdel-Galeil, Hanaa S. El-Desoky, Enass M. Ghoneim, Atsunori Matsuda
Journal of the Electrochemical Society   164(14) H1003-H1012   2017年1月   [査読有り]
© 2017 The Electrochemical Society. All rights reserved. Two types of mesoporous carbon (MC and MC - ) were prepared. MC was synthesized using the prepared SBA-15 as a hard template and sucrose as the carbon source. While, MC - has been fabricated...
Wei X, Nbelayim P.S, Kawamura G, Muto H, Matsuda A.
Nanotechnology   28(13)    2017年   [査読有り]
Azuma S, Aiyama K, Kawamura G, Muto H, Mizushima T, Uchikoshi T, Matsuda A.
Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan   125(4) 287-292   2017年   [査読有り]
Azuma S, Yamada H, Kawamura G, Muto H, Mizushima T, Matsuda A.
Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan   125(4) 317-321   2017年   [査読有り]
Hassanein A, Salahuddin N, Matsuda A, Kawamura G, Elfiky M.
Materials Science and Engineering C   80 494-501   2017年   [査読有り]
Nyein N, Tan W.K, Kawamura G, Matsuda A, Lockman Z.
AIP Conference Proceedings   1865    2017年   [査読有り]
Phuc N.H.H, Hirahara E, Morikawa K, Muto H, Matsuda A.
Journal of Power Sources   365 7-11   2017年   [査読有り]
Rozana M, Soaid N.I, Kian T.W, Kawamura G, Matsuda A, Lockman Z.
Nanotechnology   28(15)    2017年   [査読有り]
Nbelayim P, Sakamoto H, Kawamura G, Muto H, Matsuda A.
Thin Solid Films   636 273-282   2017年   [査読有り]
Phuc N.H.H, Morikawa K, Mitsuhiro T, Muto H, Matsuda A.
Ionics   23(8) 2061-2067   2017年   [査読有り]
Nyein N, Tan W.K, Kawamura G, Matsuda A, Lockman Z.
Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry   343 33-39   2017年   [査読有り]
Rozana M, Abdul Razak K, Yew C.K, Lockman Z, Kawamura G, Matsuda A.
Journal of Materials Research   31(12) 1681-1690   2016年   [査読有り]
Phuc N.H.H, Morikawa K, Totani M, Muto H, Matsuda A.
Solid State Ionics   285 2-5   2016年   [査読有り]
Suzuki K, Owen R, Mok J, Mochihara H, Hosokawa T, Kubota H, Sakamoto H, Matsuda A, Tashiro Y, Futamata H.
Journal of Bioscience and Bioengineering   122(3) 322-328   2016年   [査読有り]
Rozana M, Soaid N.I, Kawamura G, Kian T.W, Matsuda A, Lockman Z.
AIP Conference Proceedings   1733    2016年   [査読有り]
Wei X, Kawamura G, Muto H, Matsuda A.
Thin Solid Films   608 16-20   2016年   [査読有り]
Okuno T, Kawamura G, Muto H, Matsuda A.
Journal of Solid State Chemistry   235 132-138   2016年   [査読有り]
Taib M.A.A, Tan W.K, Okuno T, Kawamura G, Jaafar M, Razak K.A, Matsuda A, Lockman Z.
AIP Conference Proceedings   1733    2016年   [査読有り]
Daiko Y, Takahashi E, Gueguen Y, Muto H, Matsuda A, Yazawa T, Rouxel T, Iwamoto Y.
Solid State Ionics   286 96-101   2016年   [査読有り]
Matsuda A, Muto H, Phuc N.H.H.
Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy   63(11) 976-980   2016年   [査読有り]
Phuc N.H.H, Totani M, Morikawa K, Muto H, Matsuda A.
Solid State Ionics   288 240-243   2016年   [査読有り]
Budiman F, Bashirom N, Tan W.K, Razak K.A, Matsuda A, Lockman Z.
Applied Surface Science   380 172-177   2016年   [査読有り]
Kawamura G, Ikeda K, Ito T, Muto H, Lim P.B, Inoue M, Matsuda A.
Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan   124(2) 150-154   2016年   [査読有り]
Taib M.A.A, Kawamura G, Matsuda A, Jaafar M, Razak K.A, Lockman Z.
Key Engineering Materials   701 28-32   2016年   [査読有り]
Go Kawamura, Hayato Ohmi, Wai Kian Tan, Zainovia Lockman, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
Nanoscale Research Letters   10(1)    2015年12月   [査読有り]
© 2015, Kawamura et al.; licensee BioMed Central. Abstract: Dye-sensitized solar cells composed of a photoanode of Ag nanoparticle (NP)-deposited TiO<inf>2</inf> nanotube (TNT) arrays were fabricated. The TNT arrays were prepared by anodizing Ti f...
Teruhisa Okuno, Go Kawamura, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
Journal of Sol-Gel Science and Technology   74(3) 748-755   2015年6月   [査読有り]
© 2015, Springer Science+Business Media New York. Abstract: A mesoporous SiO<inf>2</inf> template containing TiO<inf>2</inf> nanocrystals is synthesized via a sol–gel route, and Au nanoparticles (NPs) are deposited in the tubular mesochannels of t...
Tetsuo Uchikoshi, Eiji Eto, Harue T. Suzuki, Chika Matsunaga, Kiyoshi Kobayashi, Tohru S. Suzuki, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
Key Engineering Materials   654 255-260   2015年1月   [査読有り]
© (2015) Trans Tech Publications, Switzerland. The surface modification of Gd doped ceria (GDC) and Sr- and Mg-codoped lanthanum gallate (LSGM) powders with cationic and anionic polyelectrolytes, Poly(diallyldimethylammonium chloride) (PDDA) and p...
Go Kawamura, Atsunori Matsuda
Nippon Seramikkusu Kyokai Gakujutsu Ronbunshi/Journal of the Ceramic Society of Japan   123(1439) 517-522   2015年1月   [査読有り]
© 2015 The Ceramic Society of Japan. All rights reserved. In this review, research on the preparation and characterization of TiO<inf>2</inf>-containing nanocomposites is considered. The preparations of nanocomposites by solgel and anodization met...
Mohamed M. Ghoneim, Hanaa S. El-Desoky, Atsunori Matsuda, Toshiaki Hattori, Mohamed M. Abdel-Galeil, Mohamed M. Abdel-Galeil
RSC Advances   5(69) 56086-56097   2015年1月   [査読有り]
© The Royal Society of Chemistry 2015. Mesoporous carbon (MC) was synthesized using a mesoporous SiO<inf>2</inf> template material (SBA-15) and sucrose as the carbon source. SBA-15, MC as well as commercially obtained multi-walled carbon nanotubes...
M. M. Abdel-Galeil, M. M. Abdel-Galeil, M. M. Ghoneim, H. S. El-Desoky, T. Hattori, A. Matsuda
Journal of the Electrochemical Society   162(8) H541-H550   2015年1月   [査読有り]
© 2015 The Electrochemical Society. The voltammetric behavior of Ciprofloxacin (CIP) was investigated in different buffer solutions using cyclic voltammetry. It exhibited a single irreversible anodic peak with shift in peak potential with pH value...
Reda E. El-Shater, Reda E. El-Shater, Mohamed M. Abdel-Galeil, Mohamed M. Abdel-Galeil, Go Kawamura, Atsunori Matsuda
Journal of Nanomaterials   2015    2015年1月   [査読有り]
© 2015 Reda E. El-Shater et al. A titanium dioxide (P25) film was deposited by cast coating as conductive photoelectrode and subsequently immersed in dye solution (N719) to fabricate the photoanode of dye-sensitized solar cells (DSSCs). A plastic ...
Tan W.K, Kawamura G, Muto H, Abdul Razak K, Lockman Z, Matsuda A.
Journal of Luminescence   158 44-49   2015年   [査読有り]
Formation of Aligned Iron Oxide Nanopores asCr Adsorbent Material
M.Rozana, K.A.Razak, G Kawamura, A Matsuda,and Z. Lockman
Advanced Materials Research   1087(3) 460-464   2015年2月   [査読有り]
Ismail W.N.W, Matsuda A.
Defence S and T Technical Bulletin   8(1) 9-16   2015年   [査読有り]
Hayashi K, Sakamoto H, Matsuda A.
R and D: Research and Development Kobe Steel Engineering Reports   65(2) 82-86   2015年   [査読有り]
Adrian Ashari, Darren John Leclere, Go Kawamura, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
Journal of the Ceramic Society of Japan   122(1430) 886-888   2014年10月   [査読有り]
©2014 The Ceramic Society of Japan. All rights reserved. The benefits of branched TiO 2 nanotubes in comparison their non-branched counterparts with respect to dye sensitized solar cells (DSSC) were studied. The branched nanotubes were produced by...
Go Kawamura, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
Frontiers in Chemistry   2(NOV)    2014年1月   [査読有り]
� 2014 Kawamura, Muto and Matsuda. Metal nanowires (NWs) have attracted much attention because of their high electron conductivity, optical transmittance, and tunable magnetic properties. Metal NWs have been synthesized using soft templates such...
Taku Tsuneishi, Takuma Esaki, Hisatoshi Sakamoto, Kazushi Hayashi, Go Kawamura, Hiroyuki Muto, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda, Atsunori Matsuda
Key Engineering Materials   616 114-119   2014年1月   [査読有り]
Hydroxide ion conductors containing KOH were prepared for application in an all-solid-state Fe-air battery. ZrO 2 and Mg-Al layered double hydroxide (LDH) were employed as the matrix materials. The ionic conductivity and conducting ion species we...
X. Wei, I. Mogami, G. Kawamura, H. Muto, A. Matsuda
Key Engineering Materials   616 77-81   2014年1月   [査読有り]
The flip-flop property is an attractive phenomenon on the surface of Nafion® thin film. The sulfonic groups which are hydrophilic can change the wettability of the surface by lift up or curling down. In this study, an applied voltage makes the con...
S. Azuma, S. Azuma, G. Kawamura, H. Muto, H. Muto, N. Kakuta, A. Matsuda, A. Matsuda
Key Engineering Materials   616 129-133   2014年1月   [査読有り]
Visible-light responsive photoanodes for water splitting into hydrogen and oxygen were fabricated via NiTi-layered double hydroxide (NiTi-LDH, [Ni 1-x Ti x (OH) 2 ] 2x+ (A n- )2 x/n •mH 2 O]) and NiTi-LDH/graphene composite prepared by homogeneo...
Syahriza Ismail, Monna Rozana, Dede Miftahul Anwar, Go Kawamura, Atsunori Matsuda, Zainovia Lockman
Advanced Materials Research   1024 104-107   2014年1月   [査読有り]
Self-aligned ZrO 2 nanotube (ZNT) arrays were produced by anodization of Zr in aqueous sulphate/fluoride and ethylene glycol (EG)/fluoride electrolytes. The morphologies of the oxide produced were compared. It appears that the nanotubes formed in...
A.Matsuda, H.Sakamoto, T.Kishimoto, K.Hayasi,T.Kugiyama, H.Muto
Solid State Ionics   262 188-191   2014年9月   [査読有り]
Tsuneishi T, Sakamoto H, Hayashi K, Kawamura G, Muto H, Matsuda A.
Journal of Asian Ceramic Societies   2(2) 165-168   2014年   [査読有り]
M. Rozanna, M.A.Azhar, G.Kawamura, K.A.Razak, A.Matsuda, and Z.Lockman
Advanced Materials Research   1024 99-103   2014年   [査読有り]
Phuc N.H.H, Okuno T, Matsuda A, Muto H
Journal of the European Ceramic Society   34(4) 1009-1015   2014年   [査読有り]
Okuno T, Kawamura G, Muto H, Matsuda A
Journal of Materials Science and Technology   30(1) 8-12   2014年   [査読有り]
Tan W.K, Li L.C, Razak K.A, Kawamura G, Muto H, Matsuda A, Lockman Z
Journal of Nanoscience and Nanotechnology   14(4) 2960-2967   2014年   [査読有り]
Daiko Y, Takahashi E, Hakiri N, Muto H, Matsuda A, Rouxel T, Sangleboeuf J.-C, Mineshige A, Yazawa T
Solid State Ionics   254 6-10   2014年   [査読有り]
Hamagami J.-I, Araki R, Onimaru S, Kawamura G, Matsuda A
Key Engineering Materials   582 210-213   2014年   [査読有り]
Kawamura G, Ema T, Sakamoto H, Wei X, Muto H, Matsuda A
Applied Surface Science   298 142-146   2014年   [査読有り]
Anodic Stripping Voltammetry Determination of Lead ions using Highly Sensitive Modified Electrodes Based on Multi-walled Carbon Nanotube
M.M.Abdel-Galeil, H.S.El-Desoky, T.Hattori, and A.Matsuda
Journal of Chemistry and Biochemistry   2(2) 25-43   2014年   [査読有り]
Phuc N.H.H, Okuno T, Hakiri N, Kawamura G, Matsuda A, Muto H
Journal of Nanoparticle Research   16(1)    2014年   [査読有り]
Tan W.K, Abdul Razak K, Lockman Z, Kawamura G, Muto H, Matsuda A
Journal of Solid State Chemistry   211 146-153   2014年   [査読有り]
Kawamura G, Okuno T, Muto H, Matsuda A
Journal of Nanoscience and Nanotechnology   14(3) 2225-2230   2014年   [査読有り]
Atsunori Matsuda, Srimala Sreekantan, Warapong Krengvirat, Warapong Krengvirat
Journal of Asian Ceramic Societies   1(3) 203-219   2013年1月   [査読有り]
Titania nanotube arrays have attracted significant scientific interests due to the interrelation of material functional properties with a controllable nanostructure. Superior properties of well-aligned TiO 2 nanotube arrays, such as vectorial pat...
Kawamura G, Yoshimura R, Ota K, Oh S.-Y, Hakiri N, Muto H, Hayakawa T, Matsuda A
Journal of the American Ceramic Society   96(2) 476-480   2013年   [査読有り]
Matsuda A, Sakamoto H, Mohd Nor M.A.B, Kawamura G, Muto H
Journal of Physical Chemistry B   117(6) 1724-1730   2013年   [査読有り]
Soo M.T, Kawamura G, Muto H, Matsuda A, Lockman Z, Cheong K.Y
Microporous and Mesoporous Materials   167 198-206   2013年   [査読有り]
Rubaba O, Araki Y, Yamamoto S, Suzuki K, Sakamoto H, Matsuda A, Futamata H
Journal of Bioscience and Bioengineering   116(1) 106-113   2013年   [査読有り]
Tan W.K, Lockman Z, Abdul Razak K, Kawamura G, Muto H, Matsuda A
International Journal of Energy Research   37(15) 1992-2000   2013年   [査読有り]
Kawamura G, Yoshimura R, Ota K, Oh S.Y, Muto H, Hayakawa T, Matsuda A
Optical Materials   35(11) 1879-1881   2013年   [査読有り]
Soo M.T, Kawamura G, Muto H, Matsuda A, Lockman Z, Cheong K.Y
Ceramics International   39(SUPPL.1)    2013年   [査読有り]
Tan W.K, Abdul Razak K, Lockman Z, Kawamura G, Muto H, Matsuda A
Materials Letters   91 111-114   2013年   [査読有り]
Krengvirat W, Sreekantan S, Mohd Noor A.-F, Negishi N, Kawamura G, Muto H, Matsuda A
Materials Chemistry and Physics   137(3) 991-998   2013年   [査読有り]
Hamagami J.-I, Onimaru S, Araki R, Kawamura G, Matsuda A
Key Engineering Materials   566 249-252   2013年   [査読有り]
Matsuda A, Tan W.K, Furukawa S, Muto H
Materials Science in Semiconductor Processing   16(5) 1232-1239   2013年   [査読有り]
Tan W.K, Razak K.A, Lockman Z, Kawamura G, Muto H, Matsuda A
Solid State Communications   162 43-47   2013年   [査読有り]
Tan W.K, Abdul Razak K, Lockman Z, Kawamura G, Muto H, Matsuda A
Optical Materials   35(11) 1902-1907   2013年   [査読有り]
Matsuda A, Sakamoto H, Kishimoto T, Hayashi K, Kugimiya T, Muto H
Solid State Ionics   262 188-191   2013年   [査読有り]
Oh S.-Y, Kikuchi T, Kawamura G, Muto H, Matsuda A
Applied Energy   112 1108-1114   2013年   [査読有り]

Misc

 
Nurulhuda Bashirom, Khairunisak Abdul Razak, Tan Wai Kian, Atsunori Matsuda, Zainovia Lockman
Solid State Phenomena   264 SSP 224-227   2017年1月
© 2017 Trans Tech Publications, Switzerland. Anodisation of zirconium, Zr at 40 V for 60 min in 0.1 wt.% NH4F/ethylene glycol (EG) added to it 1 ml, 2 ml or 3 ml of water resulted in the formation of self-aligned ZrO 2 nanotube (ZNT) arrays. Water...
J. C. Ng, C. Y. Tan, B. H. Ong, Atsunori Matsuda
Procedia Engineering   184 587-594   2017年1月
© 2017 Published by Elsevier Ltd. Direct methanol fuel cells (DMFCs) have been found to be an efficient power source for portable electronic products that uses methanol as fuel. The intermediate species, carbon monoxide (CO) that forms owing to th...
Nyein Nyein, Nyein Nyein, Wai Kian Tan, Go Kawamura, Astunori Matsuda, Zainovia Lockman
Nanotechnology   27    2016年7月
� 2016 IOP Publishing Ltd. Self-organized, 23 μm-thick anodic TiO 2 nanotube (TNT) arrays were formed in sodium hydroxide/fluoride/ethylene glycol (EG) electrolyte at 60 V for 60 min. The presence of sodium hydroxide (NaOH) in the fluoride/EG el...
Nyein, Zainovia Lockman, Astunori Matsuda, Go Kawamura, Wai Kian Tan, Than Zaw Oo
AIP Conference Proceedings   1733    2016年7月
© 2016 Author(s). In this study, highly ordered TiO 2 nanotube arrays were prepared by anodic oxidation of titanium foil in fluoride -EG electrolyte containing a small amount of potassium hydroxide, KOH at 60 V for 30 min. This electrolyte resulte...
Kazushi Hayashi, Yasutaka Maeda, Tsubasa Suzuki, Hisatoshi Sakamoto, Toshihiro Kugimiya, Wai Kian Tan, Go Kawamura, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
ECS Transactions   75 111-116   2016年1月
We have developed sintered porous iron negative electrodes used for iron-based rechargeable batteries such as iron-Air and nickel- iron batteries. The water-Atomized iron powders having a diameter of a several tens micrometers were mixed with poly...
Activities of Global Technolgy Education in NUT-KOSEN-TUT
W.K.Tan,P.B.Lim,M.Umemoto, and A.Mastuda
The 9th International Symposium on Advances in Technology Education   Transactions of ISATE 2015 16-18   2015年9月
The Assessment of Cr(VI) Removal by Iron Oxide Nanosheets and Nanowires Synthesized by Thermal Oxidation of Iron in Water Vapour
F. Budiman, T.W.Kain, K.A.Razak, A.Matsuda,and Z.Lockman
Procedia Chemistry   19 586-593   2015年4月   [査読有り]
Formation of Anodic Iron Oxides Nanoporous in Ethylene Glycol with KOH Addition
M.Rozana, K.A.Razak, Z.Lockman,T.W.Kian, G.Kawamura, and A.Matsuda
International Conference of Global Network for Innovative Technology(IGNITE2014)   2014-03-35-0057 242-244   2014年12月
Formation of Nanoporous WO3 Anodic Film for Electrochromeic Devices by Anodic Oxidation of W
Ng Chai Yan, Khairunisak, Abdul Razak, Tan Wai Kain, Go Kawamura, Atsunori Matsuda
International Conference of Global Netwark for Innovative Technology(IGNITE2014)   2014-003-35-0078 249-251   2014年12月
Modification of TiO2 Nanotubes with CeO2 Nanoparticles Potential Application in Photocatalysis
N.Nyein, Z.Lockman, A.Matsuda, and T.Z.Oo
International Conference of Global Network for Innovative Technology(IGNITE2014)   2014-03-29-0010 210-213   2014年12月
2D/3D Integration of Fine Particles using Electrostatic Adsorption Technique
T.kamaki,A.Maeda,H.Muto,and A.Matsuda
International Confence of Global Network for Innovative Technology (IGNITE 2014)   264-267   2014年12月
TiO2 Nanotube Arrays Deposited with Ag Nanoparticles for Electrodes of Dye-Sensitized Solar Cells
G.Kawamura, H.Ohmi, W.K.Tan, H.Muto, and A.Matsuda
International Conference of Global Network for Innovative Technolgy(IGNITE2014) Proceeding book   2014-02-11-0036 127-131   2014年12月
Facile Method for Preparation of Nano MoS2
N.H.H.Phuc, T.Okuno, N.Hakiri,G.Kawamura, A.Matsuda, and H.Muto
21st Annual International Conference on Composites or Nano Engineering(ICEE-21)   589-590   2013年7月   [依頼有り]
O. Rubaba, Y. Araki, S. Yamamoto, K. Suzuki, H. Sakamoto, A. Matsuda and H. Futamata
J. Phys.: Conf. Ser   (433) 012022   2013年4月   [査読有り]
H. Muto
ECS Transactions   50 165   2012年10月   [依頼有り]
Low Voltage Electrowetting of Different Kinds of Droplets on Dielectric Multilayer Systems
X. Wei, G. Kawamura, H. Muto and A. Matsuda
The Second International Symposium on Technology for Sustainability      2012年9月   [依頼有り]
The 4th International Congress on Applied Energy
A10274 3438   2012年4月   [依頼有り]
Dye-Sensitized Solar Cells Performance of Zinc Oxide Nanorod Arrays Formed via Low-Temperature Hydrothermal Growth of Sol-Gel Derived Seed Layers
T. W. Kian, Z. Lockman, K. A. Razak, G. Kawamura, H. Muto, and A. Matsuda
The 4th International Congress on Applied Energy(ICAE)   A10274 3438   2012年4月   [依頼有り]
Bimetallic Transition Oxide Nanotubes Photoelectrode for the Production of Hydrogen from Water
W. Krengvirat, S. Sreekantan, A. F. M. Noor, N. Negishi, G. Kawamura, H. Muto, and A. Matsuda
The 4th International Congress on Applied Energy   A10302 3221   2012年4月   [依頼有り]
Proton Conductive Composite Electrolytes Consisting of K2PO4 and H3PW12O40 and Their Application for Fuel Cells
S-Y. Oh, T. Kikuchi, G. Kawamura, H. Muto, and A. Matsuda
The 4th International Congress on Applied Energy   A10253 1085   2012年4月   [依頼有り]
Titanium Dioxide Nanotubes as Catalyst Support Formed by Anodic Process
D. M. Anwar, S. Ismail, S. N. Qurratu, A. A. Aziz, A. Matsuda, W. Wildan, P. S. Yong, K. A. Razak and Z. Lockman
Conference Paper on 20th Scientific Conference of the Microscopy Society of Malaysia (EMSM), Proceedings   1   2011年12月   [依頼有り]
Formation of Oxide Nanotubes as Catalysts Support for Ammonia Production
D. M. Anwar, S. Ismail, A. Matsuda, G. Kawamura, K. A. Razak, W. Wildan, K. Y. Cheong1 and Z. Lockman
Conference paper on The First one Baja Colloquium, Proceedings   22   2011年12月   [依頼有り]
S. Iping, Z. Lockman, S. D. Hutagalung, A. Kamsul and A. Matsuda
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   18 082022   2011年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ゾル-ゲル法による超撥水・超親水表面の創製
松田 厚範
防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング,評価・応用、(株)情報情報協会ISBN:978-4-86104-718-3   2018年8月   
液相加振法による固体電解質および三元系正極活物複合体の調整と電気化学的特性
松田 厚範
月刊MATERIAL STAGE vol.18、No.1   2018年4月   
ゾル―ゲル法と温水処理法による超親水性膜の形成
松田 厚範
超親水 親油性表面の技術、サイエンステクノロジー、ISBN 978-4-86428-171-3   2018年3月   
金属ナノ粒子とセラミックス多孔体の異方性複合体の作製およびその特徴
河村剛・松田厚範 (担当:共著, 範囲:セラミックデータブック2017/18、工業と製品Vol.45、No.99、pp.148-151)
株式会社テクノプラザ (工業製品技術協会)   2017年12月   
イオン電導性複合体
松田 厚範 (担当:共著, 範囲:「 新材料・新素材シリーズ、ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向」第36章、pp.346-358)
シーエムシー出版   2017年7月   
液相加振法による硫化物系固体電解質の 調製と全固体リチウムイオン電池への応用
松田厚範 (担当:共著, 範囲:車載テクノロジー「全固体電池の最新開発動向と自動車への応用可能性」 Vol.4, No.5、 pp10-13)
技術情報協会   2017年6月   
液相加振法によるLi₂S-PS₂S₅系固体電解質のワンポット合成
松田厚範・Nguyen Huu Huy Phuc (担当:共著, 範囲:「全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発」pp.17-21)
技術情報協会   2017年2月   
電気泳動堆積法によるLiイオン二次電池正極複合体の作製と界面設計技術 
松田厚範・武藤浩行 (担当:共著, 範囲:「全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発」第3節、pp.166-170)
技術情報会   2017年2月   
ゾル-ゲル法と交互積層法による超撥水化・水中撥油化技術
松田厚範,・河村剛 (担当:共著, 範囲:「超親水・超撥水化のメカニズムと品質向上~測定評価ノウハウ・産業活用事例・現場の課題Q&A~」第3項、pp.182-191)
情報機構   2017年2月   
セラミックス多孔体と金属ナノ粒子の複合化による機能強化及び新機能発現
河村 剛・武藤浩行・松田厚範 (担当:共著, 範囲:セラミックス、第52巻、1月号、pp11-14)
2017年1月   
Formation of Nanoporous alpha-Fe2O3 Thin film as Photoanode by Anodic Oxidation on Iron
Monna Rozana, Atsunori Matsuda, Go Kawamura, Wai Kian Tan, and Zainovia Lockman (担当:共著, 範囲:Two- Dimensional Nanostructures for Energy-Related Applications-2, pp. 240-331)
CRC press   2016年12月   
Design of ZnO Nano-Architectures and Its Applications
Wai Kian Tan, Go Kawamura,and Atsunori Matsuda (担当:共著, 範囲:Two- Dimensional Nanostructures for Energy-Related Applications-2, pp. 240-331 (total: 403 pages))
CRC press   2016年12月   
Electrophoretic Sol-Gel Deposition
Atsunori Mtsuda annd Masahoro Tats7umosago (担当:共著, 範囲:「Handbook of Sol-Gel Science and Technology」26pades,ISBN:978-3-319-32100-4 doi:10.1007/978-3-319-19454-7₋14-1)
Onlaine version   2016年11月   
交互積層法による中空粒子の合成
片桐清文・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「新材料・新素材シリーズ 中空微粒子の合成と応用」第1章、pp.11-20)
シーエムシー出版   2016年11月   
Sol-Gel Nano-Micropatterning Process
Atsunori Matsuda and Go Kawamura (担当:共著, 範囲:Handbook of Sol-Gel Science and Technology-2 ISBN: 978-3-319-32100-4, 28 pages,)
Online version   2016年11月   
複合体電解質膜の設計と次世代燃料電池への応用
松田厚範・Bao Jin Xiao (担当:共著, 範囲:「ケミカルエンジニアリング」Vol.61,No.1,pp.59-64)
2016年1月   
ゾル-ゲル法を用いた超撥水表面の作製
河村剛・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「超撥水 超撥油 滑液性表面の技術」第2章,第3節,pp.51-60)
サイエンス&テクノロジー   2016年1月   
光照射を利用した微細構造の形成
河村剛・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「シランカップリング剤の使いこなし ノウハウ集 ~反応メカニズムから被覆率・反応状態の解析まで~」第8章、第5節、pp.293-296)
技術情報協会   2016年1月   
ナノ構造負極を用いた鉄空気二次電池
林和志・坂本尚敏・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「KOBE STEEL ENGINEERING REPORTS」(特集:電子・電気材料/機能性材料および装置)vol. 65、No. 2、pp.82-86)
神戸製鋼技報   2015年9月   
無機有機コンポジット電解質膜の作製と次世代・中温無加湿燃料電池への応用
松田厚範・包 金小 (担当:共著, 範囲:「Energy Device」(特集:発電効率に大きく影響!燃料電池の水分コントロール技術)Vol.2, No.7, pp.24-28)
技術情報協会   2015年9月   
ナノ物質集積複合化
武藤浩行
62SIP革新的設計生産技術公開シンポジウム2015   2015年9月   
プロトン伝導性複合体の創製と次世代燃料電池への応用
松田 厚範 (担当:共著, 範囲:「電材ジャーナル、テクニカルレポート」第623号、pp.15-20)
電気機能材料工業会   2014年10月   
ゾル-ゲル法・交互積層法による表面撥水・親水化技術
河村剛・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「塗装工学」vol. 49、No. 10、pp.343-350)
日本塗装技術協会    2014年10月   
塩化銀ナノ結晶を含む無機-有機ハイブリッド膜の書換可能なホログラム形成機構の解明
松田 厚範 (担当:共著, 範囲:「N.S.G. Foundation for Materials Science report」32、pp.211-215)
(公財)日本板硝子材料工学助成会   2014年8月   
無機-有機ハイブリッド膜を用いたマイクロナノパターニングプロセス
河村剛・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「ウェットプロセスによる精密薄膜コーティング技術」第2部,第3章,第5節 (pp.134-137))
技術情報協会   2014年8月   
金属/空気二次電池の将来像と求められる研究開発テーマ
松田厚範 (担当:共著, 範囲:「10年後の市場・技術予測とそこから読み解く必然の研究開発テーマ」第1章、第1節[20]、pp.134-137)
技術情報協会   2014年8月   
CNT導電ナノチャンネルの導入のための材料設計
松田厚範
武藤浩行 カーボンナノチューブ応用最前線、シーエムシー   2014年6月   
GaをドープしたZnOナノ粒子の物性評価と結晶構造解析
松田厚範 奥山哲也・山崎有司・松山清・武藤浩行
久留米工業高等専門学校紀要   2014年4月   
ホログラム記録用ゾル-ゲルハイブリッド
河村剛・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「ゾル-ゲル法の最新応用と展望」第4章,pp.217-221)
シーエムシー出版   2014年2月   
CuPcナノ柱状構造の作製
前川侑大・前田篤志・武藤浩行・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「信学技報」vol.113、pp.83-86)
一般社団法人 電子情報通信学会   2013年11月   
全固体型鉄-空気二次電池における構成部材と要求特性
松田厚範 (担当:共著, 範囲:「次世代蓄電池の【最新】材料技術と性能評価」第5章,第4節,pp572-279.)
技術情報協会    2013年12月   
マイクロ・ナノパターニングとホログラム形成
河村剛・松田厚範 (担当:共著, 範囲:「シルセスキオキサン材料の最新技術と応用」第2章,pp.181-190)
シーエムシー出版   2013年12月   
ゾル-ゲル法によるマイクロ・ナノパターニングとホログラム形成
松田厚範 (担当:共著, 範囲:「オプト・エレクトロニクス・エネルギー分野のおける精密加工・微細構造形成技術-材料・プロセス最適化、トラブル対策-」pp.494-500)
技術情報協会   2013年   
金属ナノロッドの2次元ヘキサゴナルメソ細孔への形状選択的析出と新規超薄型波長選択偏光子への展開(報告)
河村剛
Annual Report of The Murata Science Foundation   2013年   
液相法による機能性薄膜の創製と光・環境分野への応用
松田 厚範
新東技報、第30号   2012年12月   
三次元CNTナノネットワーク導入による透明導電性材料設計
松田厚範、武藤浩行、羽切教雄
エムシー出版   2012年11月   
ゾル‐ゲル法による超撥水・超親水化技術
松田 厚範
㈱技術情報協会   2012年5月   
超高密度ホログラム記録材料の設計および特性評価 河村剛2012.4.20).
河村 剛
化学と教育(レーダー)   2012年4月   
静電相互作用を利用したナノアセンブリ技術の確立と導電性高分子複合材料の開発
松田 厚範 武藤浩行、羽切教雄
機能材料4月号   2012年4月   
超高密度ホログラム記録材料の設計および特性評価
河村剛
化学と教育(レーダー)   2012年4月   
水素ガスセンサ
濱上寿一・松田厚範
「イオン伝導体の材料技術と測定方法」   2011年   
無機固体酸複合体とその複合化
松田 厚範
「イオン伝導体の材料技術と測定方法」   2011年   
プロトン伝導性コア/シェル粒子のイオニクス素子への応用
松田 厚範
「コア/シェル粒子の粒径/膜厚コントロールとその評価」   2011年   
リン酸2水素セシウムとグアニンからなる高プロトン伝導性複合体のメカノケミカル合成
呉松烈
村田学術振興財団Annual Report   2011年   
塩基性温水処理を伴うゾル‐ゲル法によって合成したBaZrO3光触媒
Niki Prastomo
村田学術振興財団Annual Report   2011年   
ヘテロポリ酸‐オキソ酸塩系複合体のメカノケミカル合成とプロトンダイナミックス
松田厚範、大幸裕介
村田学術振興財団Annual Report   2011年   
ガラスの機械的性質
逆井基次
ニューガラス大学院 基礎課程テキスト   2011年   
プロトン伝導性オキソ酸塩‐ヘテロポリ酸系ナノ複合体
松田 厚範
ケミカルエンジニヤリング   2011年   
微構造を自由にデザインできる複合材料製造技術の開発
武藤浩行・羽切教雄・河村剛
OHM, ナノテク・材料科学   2011年   
複合系ナノプロトニクス材料の設計
松田 厚範
Electrochemistry   2011年   
粘弾性圧子力学の構築とミクロ領域におけるレオロジー計測(Feature Article)
逆井基次
Nihon Reoroji Gakkaishi   2011年   
イオン伝導性の高いナノ領域を導入した新しいプロトン伝導性固体電解質(解説)
松田厚範・大幸裕介
マテリアルインテグレ-ション   2011年   
プロトン伝導性コア/シェル粒子のイオニクス素子への応用「コア/シェル粒子」 (松田厚範)
技術情報協会   2011年   
ゾル-ゲル法によるガラス・セラミックス・無機有機複合体
松田 厚範
2010年   
酸化チタン光触媒を利用した薄膜電気化学素子の研究開発
大幸裕介, 松田厚範
Material Stage   2010年   
個別要素法による粒子集合体の大変形機構の解明
村田航平, 武藤浩行, 河村剛, 松田厚範, 逆井基次
材料   2010年   
任意の構造と特性をデザインできるナノコンポジット創製方法
武藤浩行
繊維科学   2010年   
メソポーラスシリカ中で寸法と方向を制御された金ナノロッド
河村剛
村田学術振興財団Annual Report   2010年   
ゾル-ゲルマイクロ・ナノパターニング(松田厚範)
松田 厚範
pp. 153-166 (2010) シーエムシー   2010年   
無機-有機ハイブリッド中での銀光析出・熱解離とホログラム材料への応用(河村剛・松田厚範)
「セラミックデータブック2010/11年版」工業製品技術協会   2010年   
Preparation of Proton Conductive Heteropoly Acid-Based Composites by Mechanical Milling and Layer-by-Layer Assembly
Y. Daiko and A. Matsuda
Fast Proton-Ion Transport Compounds   2010年   
ゾル-ゲルマイクロ・ナノパターニング
松田 厚範
ゾル-ゲル法技術の最新動向   2010年   
交互積層法を利用したコアシェル粒子・中空カプセルの作製と機能材料への応用
片桐清文・大幸裕介・武藤浩行
コアシェル粒子の設計・合成技術・応用の展開   2010年   
無機-有機ハイブリッド中での銀光析出・熱解離とホログラム材料への応用
河村剛, 松田厚範
セラミックデータブック2010年版   2010年   
ゾル-ゲル法によるガラスのハイブリッド化技術(松田厚範)
「ガラスの加工技術と製品応用」, 第11章1節, pp. 487-511 (情報機構.   2009年   
基本合成プロセス(松田厚範 2章 分担担当)
「無機機能材料」, pp. 5-36 東京化学同人.   2009年   
複合酸化物ゲルのメカノケミカル処理による新規Al:Ti=1:1微結晶の生成(松田厚範)
「セラミックデータブック2009/10年版」, 37巻, 91号, pp. 121-124 工業製品技術協会.   2009年   
Sulfonated Poly(Ether-Ether Ketone) as Matrices for Proton Conductive Inorganic-Organic Composite Membranes for Fuel Cells Systems(S. Y. Oh, H. Muto, M. Sakai, A. Matsuda)
「ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2009」, pp. 68-71 (2009) 繊維工業技術振興会   2009年   
ナノイオニクス-最新技術とその展望(松田厚範)
「表面高密度欠陥型ナノプロトニクス材料のメカノケミカル合成」, pp. 181-190 シーエムシー.   2008年   
ゼータ電位制御による機能性コア-シェル粒子の作製 (大幸裕介, 松田厚範)
「【分野別】ゼータ電位利用集~基礎/測定/解釈・濃厚/非水系・分散安定等~」, pp. 220-226 情報機構.   2008年   
薄膜コーティング~ゼータ電位による交互積層膜の評価~(大幸裕介, 松田厚範)
「ゼータ電位利用集~メカニズムと測定/解釈・分散安定性の評価を目指して~」, pp. 242-249 情報機構.   2008年   
無機-有機ハイブリッド ナノレベル積層(松田厚範)
「セラミックデータブック2008年版」, 第36巻, 第90巻, pp. 144-148 工業製品技術協会.   2008年   
A. Matsuda and M. Sakai, Micropatterning and Indentation Contact Rheology of Sol-Gel Derived Hybrid Coatings
Handbook of Nanoceramics and Their Based Nanodevices, Volume 2, Chapter 4, pp. 85-115 American Scientific Publishers.   2007年   
ゲル膜温水処理による親水化(松田厚範)
「ぬれと(超)撥水、(超)親水技術、そのコントロール-実用化および表面処理・試験評価・商品展開-」, pp. 244-253 技術情報協会.   2007年   
セラミックスにおける材料設計技術(松田厚範)
「図解適用事例にみる高分子材料の最先端技術」, pp. 56-65 工業調査会.   2007年   
シルセスキオキサンの合成と応用展開(松田厚範)
「マイクロパターニング」, pp. 218-234 シーエムシー.   2007年   
ゾル-ゲル法による成膜とマイクロパターニング(松田厚範)
超微細パターニング技術 - 次世代のナノ・マイクロパターニングプロセス」, 第4章, pp. 29-36サイエンス&テクノロジー.   2006年   
光触媒 酸化チタン(松田厚範11.1.章 分担担当)
「現代無機材料科学」, pp. 147-154 化学同人.   2006年   
ゾル-ゲル法による撥水・親水表面の作製と応用(松田厚範)
「撥水・親水・撥油・親油・防汚剤の開発とコーティング・薄膜の作製技術およびそのメカニズム」, 第2章5節, pp. 131-142 情報機構.   2006年   
Sol-Gel Ionics(A. Matsuda)
in "Solid State Ionics for Batteries" Springer   2005年   
Proton Conductiong Composites Materials(A. Matsuda)
in "Solid State Ionics for Batteries" Springer   2005年   
ゾル-ゲル法によるマイクロパターニング(松田厚範)
「ゾル-ゲル法のナノテクノロジーへの応用」シーエムシー   2005年   
Electrophoretic Coating (A. Matsuda and M. Tatsumisago)
in "Handbook on Sol-Gel Techniques for Glass Producers and Users", Kluwer Academic Publishers   2004年   
Electrophoretic Sol-Gel Deposition(A. Matsuda and M. Tatsumisago)
in "Hand Book of Sol-Gel Science and Technology", Kluwer Academic Publishers   2004年   
Sol-Gel Micropatterning Process(A. Matsuda)
in "Hand Book of Sol-Gel Science and Technology",Kluwer Academic Publishers   2004年   
ゾル-ゲル法による有機・無機ナノハイブリッドの創製(松田厚範)
「有機・無機ナノ複合材料の新局面」エヌ・ティ・エス   2004年   
電気泳動電着法による透明厚膜(松田厚範・辰巳砂昌弘)
「目的を達成するためのゾル-ゲル法における構造制御ノウハウ集」技術情報協会   2003年   
微細パターニングによる光学素子(松田厚範)
「目的を達成するためのゾル-ゲル法における構造制御ノウハウ集」技術情報協会   2003年   
ゾル-ゲル法により作製したプロトン伝導性無機-有機複合体電解質シート(松田厚範・忠永清治・辰巳砂昌弘)
「燃料電池および各種部材における最先端開発技術と信頼性評価」技術情報協会   2003年   
ゾルーゲル技術による新機能(松田厚範・忠水清治・南 努)
「ナノマテリアルの最新技術」シーエムシー   2001年   
Prepareation and Application of Nanocomposite Films via Sol-Gel Process with Hot Water Treatment (A. Matsuda, K. Tadanaga and T. Minami)
in "Recent Research Developments in Materials Science" Research Signpost   2001年   
ゾル−ゲル法の新展開(松田厚範・南 努)
「 セラミックデータブック2000年版」工業製品技術協会   2000年   
Liquid Phase Synthesis of a Li3PS4 Solid Electrolyte Precursor
松田 厚範 (担当:共著, 範囲:pp.261-272、(Total Pages: 286)、)
Advances in Chemistry Research   2018年1月   

講演・口頭発表等

 
めっき亜鉛担持集電体を用いた亜鉛/空気電池の作製と特性評価
和田優矢・林和志・Wai Kian Tan・河村剛・武藤浩行・松田厚範
第59回電池討論会   2018年11月27日   
全固体リチウムイオン二次電池の構築に向けたグラファイト負極の作製と特性評価
山本 常春・Nguyen Huu Huy Phuc・武藤 浩行・松田 厚範
第59回電池討論会   2018年11月27日   
大気中で硫化水素を発生しないLi3SbS4-LiI 系固体電解質の水系イオン交換法による作製
松田麗子・小久保拓実・Nguyen Huu HuyPhuc・武藤浩行・松田厚範
第59回電池討論会   2018年11月27日   
高エネルギーX線回折を用いたLi2S-P2S5固体電解質の液相合成機構解明
高橋勝國・山本健太郎・Nguyen Huu HuyPhuc・尾原幸治・内山智貴・作田敦・林晃敏・辰巳砂昌・武藤浩行・松田厚範・内本喜晴
第59回電池討論会   2018年11月27日   
静電相互作用による無機微粒子の集積化
野々村 航希・井上 颯太・横井 敦史・Tan Wai Kian・河村 剛・松田
無機マテリアル学会 第137回講演会   2018年11月15日   
ADセラミックス膜の作製手法の開発と微構造制御
Tan Wai Kian ・重田 雄一朗・横井 敦史・河村 剛・松田厚範・武藤 浩行
無機マテリアル学会 第137回講演会   2018年11月15日   
High ionic conductivity of multiphase Na3SbS4
Hirotada Gamo, Nguyen Huu Huy Phuc, Reiko Matsuda, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
The 5th International Conference on Electronic Materials and Nanotechnology for Green Environment   2018年11月11日   
Preparation of Li7P2S8I solid electrolyte and its application in all-solid-state lithium ion batteries with graphite anode
Tokoharu Yamamoto, Nguyen Huu Huy Phuc, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
The 5th International Conference on Electronic Materials and Nanotechnology for Green Environment   2018年11月11日   
Plasmonic Enhanced Co-exist Ag & Au Nanoparticles Decorated ZnO Nanowire Arrays for Dye-Sensitized Solar Cells
Wai Kian Tan, Takuya Ito, Go Kawamura, Zainovia Lockman, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
The 5th International Conference on Electronic Materials and Nanotechnology for Green Environment   2018年11月11日   
Liquid phase synthesis and fine structure observation of BaTiO3-CoFe2O4 nanocomposites
Kentaro Oura, Go Kawamura, Wai Kian Tan, Kazuhiro Yamaguchi, Hiroyuki Muto, Atsunori Matsuda
The 5th International Conference on Electronic Materials and Nanotechnology for Green Environment   2018年11月11日   
Liquid Phase Fabrication of Multiferroic Nanocomposite Using Anodic Alumina Template
Go Kawamura, Kazuhiro Ohara, Wai Kian Tan, Taichi Goto, Yuichi Nakamura, Mitsuteru Inoue, Hiroyuki Muto, Kazuhiro Yamaguchi, Aldo Boccaccini, Atsunori Matsuda
The 5th International Conference on Electronic Materials and Nanotechnology for Green Environment   2018年11月11日   
親水・超撥水技術の基礎と効果的な応用(講演依頼)
松田 厚範
日本テクノセンターセミナー、配布資料pp.1-162、   2018年10月26日   
レーザー直接造形を可能とする集積原料粉末の開発
桒名崇矢、松崎達也、 Tan Wai Kian、河村剛、松田厚範、武藤浩行
第56粉末に関する討論会   2018年9月25日   
液相加振法によって調整したLi2S-P2S5-Lil系固体電解質の乾燥条件と導電率
山本常春・Nguyen Huu Huy Phuc・武藤浩行・松田厚範
2018年電気化学秋季大会   2018年9月25日   
水溶液系イオン交換法によるLi4SnS4-Li3SbS4系リチウムイオン伝導体の調製と特性評価
小久保拓実・松田麗子・Nguyen Huu Huy Phuc・武藤浩行・松田厚範
2018年電気化学秋季大会   2018年9月25日   
液相法による硫酸水素塩-ヘテロポリ酸複合体の作製と中温無加湿燃料電池への応用
松原直大・前川啓一郎・ジョゼイヤ・河村剛・武藤浩行・松田厚範
2018年電気化学秋季大会   2018年9月25日   
液相から調整したNa3SbS4-NaCl系固体電解質の構造と特性評価
蒲生浩忠・Nguyen Huu Huy Phuc・松田麗子・武藤浩行・松田厚範
018年電気化学秋季大会   2018年9月25日   
A Panchromatic Absorbing Natural Dye with Potential for High Performance DSSC
Pascal Nbelayim, Go Kawamura, Wai Kian Tan , Hiroyuki Muto and Atsunori Matsuda
ICG Annual Meeting 2018   2018年9月23日   
ゾル-ゲル法を用いた成膜/微細パターニングについて
松田 厚範
機能性高分子材料研究会平成30年度第1回研究会   2018年9月11日   
Effect of Mixing Alkali Metal ions for Proton Conducting Hydrogen Sulfate Phosphotungtstic acid Composites
Kyaw Zay Ya, Takuya Kikuchi, Pascal Nbelayim, Go Kawamura, Wai K. Tan, Hiroyuki Muto, and Atsunori Matsuda
Advanced Energy Materials (AEM) 2018   2018年9月10日   
Facil formation of Fe3O4 decorated carbon paper and its application for all solid state Fe-air battery
Wai Kian Tan, Yasutaka Maeda, Go Kawamura,Hiroyuki Muto,and Atsunori Matsuda
Advanced Energy Materials (AEM) 2018   2018年9月10日   
BaTiO3-CoFe2O4系マルチフェロイックナノ複合体の液相合成と微構造観察
大浦健太郎・Wai Kian Tan・河村剛・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2018年9月5日   
高分子3Dプリンタにより作製した骨格構造を利用したマクロ構造制御されたセラミック添加高分子複合材料の開発
小笠原亮太・TAN Wai Kian・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2018年9月5日   
複合集積顆粒を用いた傾斜材料の微構造制御
井上颯太・野々村航希・Tan Wai Kian・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2018年9月5日   
静電相互作用を利用した 真球状単分散複合集積顆粒の作製と複合材料の微構造設計
野々村航希・井上颯太・Tan Wai Kian・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2018年9月5日   
Controlled optical properties of nanocomposites films formed by aerosol deposition method
Tan Wai Kian・Yokoi Atsushi・Kawamura Go・Matsuda Atsunori・Muto Hiroyuki
日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2018年9月5日   
Cs+-Substituted Silicotungstic Acid Prepared by Wet Mechanical Milling and its Doping to PBI Membranes for High Temperature PEFCs
K. Z. Ya, W. K. Tan, G. Kawamura, H. Muto, and A. Matsuda
山梨大学第8回国際燃料電池ワークショップ2018   2018年8月23日   
Mixed Alkali Metal Ions in Hydrogen Sulfate-Phosphotungstic Acid Composites for Proton Conduction for Fuel Cell Application
P. Nbelayim, K. Z. Ya, G. Kawamura, W. K. Tan, H. Muto, and A. Matsuda
山梨大学第8回国際燃料電池ワークショップ2018   2018年8月23日   
Controlled optical properties of nanocomposites films formed by aerosol deposition method
Tan Wai Kian・Yokoi Atsushi・Kawamura Go・Matsuda Atsunori・Muto Hiroyuki
日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム   2018年8月15日   
Composite Cathode of NMC particles and Li3PS4-LiI Electrolytes Prepared using the SEED Method for All-Solid-State Lithium Batteries
Reiko Matsuda・Eito Hirahara・Nguyen Huu Huy Phuc・Hiroyuki Muto MATSUDA Atsunori
The 4th International Conference on Innovative and Sustainable Material Engineering (ISME2018   2018年8月15日   
Design Nanocomposite Membranes for Next Generation High Temperature Polymer Electrolyte Fuel Cells
松田 厚範
The 4th International Conference on Innovative and Sustainable Material Engineering (ISME2018)   2018年8月15日   
BaTiO3-CoFe2O4系マルチフェロイックナノ複合体の液相合成と微構造観察
大浦健太郎・河村剛・Tan Wai Kian・武藤浩行・松田厚範・Aldo R. Boccaccini
日本ゾル-ゲル学会第16回討論会   2018年8月7日   
液相法によるリチウムイオン電導性Li3PS4の作製と生成メカニズム
松田麗子・N.H.H.Phuc・平原栄人・武藤浩行・松田厚範
日本ゾル-ゲル学会第16回討論会   2018年8月7日   
豊橋技術科学大学マレーシア教育拠点(ペナン校)の取組事例、及びパネルディスカッション
松田 厚範
(独)大学支援機構・学位授与機構、大学大学質保証フォーラム「国境を超える大学」   2018年8月6日   
ゾル−ゲル法の基礎と機能性材料作製への応用と新展開
松田 厚範
サイエンス&テクノロジーセミナー   2018年7月26日   
静電相互作用を利用した湿式造粒法の確立
井上颯太・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
湿式メカノケミカル法による無機固体酸高分散コンポジット電解質膜の作製と特性評価
松原直大・前川啓一郎・Kyaw Zay Ya・河村剛・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
Na塩を出発原料とした水溶液系イオン交換法によるLi4SnS4固体電解質の調製と特性評価
小久保拓実・松田麗子・Nguyen Huu Huy Phuc・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
水溶液からNa3SbS4固体電解質の調製と構造・特性評価
蒲生浩忠・Nguyen Huu Huy Phuc・松田麗子・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
TiO2ナノチューブアレイ-CoFe2O4ナノ粒子複合体の作製と評価
Irna Puteri Shahbudin・大浦健太郎・Tan Wai Kain・河村剛・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
KOH-ZrO2固体電解質/鉄負極界面設計による全固体型鉄/空気電池の作製と評価
浅見健太・W.K.Tan・河村剛・武藤浩行・坂本尚敏・林和志・松田厚範
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
局所ネック架橋構造を有する多孔質セラミックスの作製
都築圭太・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
セラミック直接造形のための原料粉末開発
桒名嵩矢・松崎達也・Tan Wai Kain・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
KOH-ZrO2固体電解質担持亜鉛を負極に用いた全固体型亜鉛/空気電池の作製と特性評価
和田優矢・TAN Wai Kian・河村剛・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
液相加振法により合成したLi2S-P2S5-LiI系固体電解質の電気化学特性
山本常春・Nguyen Huu Huy Phuc・平原栄人・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
液相法を駆使したBaTiO3-CoFe2O4系マルチフェロイックナノ複合体の合成と微構 造観察
大浦健太郎・Wei Xing・Tan Wai Kian・河村剛・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月28日   
3Dテンプレートを用いた複合材料のマクロ組成制御
小笠原亮太・TAN Wai Kian ・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会東海支部 第56回東海若手セラミスト懇話会2018年夏期セミナー   2018年6月27日   
液相法による硫化物系電解質の調製と全固体リチウム電池への応用
松田 厚範
情報情報協会セミナー   2018年6月14日   
表面電荷の精密制御による微粒子の集積化
野々村航希・飯盛仁・横井敦史・河村剛・松田厚範、武藤浩行
粉体粉末治金協会 平成30年度春季大会 第121回講演大会   2018年5月14日   
セラミックスのレーザー直接3D造形のための粒子設計
桒名崇矢・松崎達也・Tan Wai Kian・河村剛・松田厚範・武藤浩行
粉体粉末治金協会 平成30年度春季大会 第121回講演大会   2018年5月14日   
超親水・超撥水化技術の基礎から様々なアプローチ・応用展開まで
松田 厚範
情報機構セミナー   2018年4月25日   
超親水および超撥水化技術の基礎と開発動向・応用展開
松田 厚範
R&D支援センターセミナー   2018年4月19日   
銀ナノ粒子-酸化亜鉛ナノ粒子積層膜の光電導
田実瑳紀・藤野正家・河村剛・松田厚範
第65回応用物理学会 春季学術講演会   2018年3月17日   
水系イオン交換法による Li3SbS4-LiI 系固体電解質の作製と特性評価
松田麗子・小久保拓実・Nguyen Huu Huy Phuc・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
液相法による BaTiO3-CoFe2O4系マルチフェロイックナノ複合体の合成と微構造観 察
大浦健太郎・Wei Xing・Wai.Kian Tan・河村剛・武藤浩行・松田厚範
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
表面電荷制御による複合顆粒の作製
野々村航希・飯盛仁・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
局所架橋構造を有する新規多孔質材料の開発
都築圭太・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
レーザー直接造形のための原料粉末設計
桒名崇矢・松崎達也・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
KOH-ZrO2固体電解質担持亜鉛を負極に用いた亜鉛/空気電池の作製と特性評価
和田優矢・Wai Kian Tan・河村剛・武藤浩行・松田厚範・坂本尚敏・林和志
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
無機固体酸の三相界面応用による中温無加湿燃料電池の高性能化
前川啓一郎・松原直大・熊澤圭祐・Kyaw Zay Ya・河村剛・武藤浩行・服部敏明・
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
Deposition and Characterization of CdSe and TiO2 Nanocomposite by Electrophoretic Deposition for Quantum Dots Sensitized Solar Cell
Hay Mar Aung Kyaw・Khatijah A. Yaacob・Ahmad Fauzi Mohd Noor・Go Kawamura・Atsunori Matsuda
The 6th International Symposium on Advanced Ceramics (ISAC-6)   2018年3月12日   
Comparison of anhydrous protic conduction of xCHS•(100-x)WSiA composite materials synthesized by dry and wet ball milling
Kyaw Zay Ya・Go Kawamura・Hiroyuki Muto・Atsunori Matsuda
The 6th International Symposium on Advanced Ceramics (ISAC-6)、 Abstracts C12-17、Katahira Sakura Hall   2018年3月12日   
Liquid Phase Synthesis of Sulfide-Based Solid Electrolyte for All-Solid-State Lithium Ion Batteries (Invited)
Atsunori Matsuda・Nguyen Huu Huy Phuc・Reiko Matsuda・Hiroyuki Muto
The 6th International Symposium on Advanced Ceramics (ISAC-6)   2018年3月12日   
Fast Preparation of Li3PS4 Solid Electrolyte Using Methyl Propionate as Synthesis Medium
Nguyen Huu Huy Phuc・Muto Hiroyuki・Matsuda Atsunori
The 6th International Symposium on Advanced Ceramics (ISAC-6)   2018年3月11日   
アトマイズ鉄粉を用いたアルカリ二次電池用負極の充放電特性詳細解析
林和志・坂本尚敏・田内裕基・後藤裕史・和田優矢・浅見健太・Tan Wai Kian・
電気化学会第85回大会   2018年3月9日   
KOH-ZrO2固体電解質を用いた全固体型鉄/空気電池の二次電池化
浅見健太・Wai Kian Tan・河村剛・武藤浩行・坂本尚敏・林和志・松田厚範
電気化学学会第85回大会   2018年3月9日   
Synthesis of Li3PS4 – Li3PO4 solid electrolytes by liquid-phase shaking
Nguyen Huu Huy Phuc・山本常春・武藤浩行・松田厚範
2018電気化学会第85大会   2018年3月9日   
水溶液からのNa3SbS4-NaCl系電解質の調製とキャラクタリゼーション
蒲生 浩忠1、Nguyen Huu Huy Phuc1、松田 麗子、武藤 浩行、松田 厚範
2018電気化学会第85大会   2018年3月9日   
SEED法によるNMC/LPS正極複合体粒子の調製と全固体リチウム電池への適用
松田 麗子1、平原 栄人1、Nguyen Huu Huy Phuc1、武藤 浩行1、松田 厚範
2018電気化学会第85大会   2018年3月9日   
AD法において成膜初期段階に観察されるアンカー層形成機構と基盤材質の関係
重田雄一朗・上山駿・河村剛・松田厚範・武藤浩行
第56回セラミックス基礎科学討論会   2018年1月12日   
Bending Strength Test for Porous Ceramics with Various Pore Structure
S.Honda・H.Ohnishi・T.Ono・H.Kita・M.Takahashi・Y.Takahashi・S.Tananaka・ S.Taruta・T.Mitsuoka・H.Muto・K.Ysuda・S.Ymamamoto・Y.Yoshizawa
42ND International Conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites、Conference Program   2018年1月21日   
Weibull Statistics for Strength Data of Porous Ceramics-ISO Proposal (Invited)
K.Yasuda・N.Okabe・M.Takahashi・S.Honda・H.Kita・S.Tanaka・T.Akatsu・ S.Taruta・H.Muto・H.Miyazaki・N.Shinohara・S.Yamamoto・T.Ono・H.Ohnishi・ Y.Takahashi・T.Mitsuoka・M.Takanashi・I.Kawashima・A.Sugai・M.Asayama
42ND International Conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites、Conference Program、ICACC-S9-027-2018   2018年1月21日   
Performance enhancement of medium-temperature anhydrous fuel cells by incorporation of proton conductive material to the three-phase interface
前川啓一郎・Kyaw Zay Ya・河村剛・服部敏明・武藤浩行・松田厚範
42ND International conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites、Conference Program、ICACC-GYIF-008-2018   2018年1月21日   
静電相互作用を利用した高速表面電荷制御システムの構築
辰巳舞帆・野々村航希・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
第56回セラミックス基礎科学討論会   2018年1月11日   
液相法によるBaTO3-CoFe2O4ナノ周期構造複合薄膜の作製と評価
小原一紘・河村剛・Wai.Kian Tan・後藤太一・高木宏幸・中村雄一・武藤浩行・山口一弘・松田厚範
第56回セラミックス基礎科学討論会   2018年1月11日   
PBIコンポジット電解質膜の高出力化と中温無加湿燃料電池特性評価
熊澤圭祐・河村剛・服部敏明・武藤浩行・松田厚範
第56回セラミックス基礎科学討論会   2018年1月11日   
レーザー局所加熱焼結に利用するための複合粒子設計
松崎達也・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
第56回セラミックス基礎科学討論会   2018年1月11日   
静電相互作用を用いた原料粉末の複合化・顆粒化と複合材料の微構造制御
松本直也・横井敦史・井上颯太・野々村航希・河村剛・松田厚範・武藤浩行
第56回セラミックス基礎科学討論会   2018年1月11日   
液相加振法により合成したLi2S-P2S5およびLi2S-P2S5-LiI系固体電解質の力学特性評価
相山滉太・Nguyen Huu Huy Phuc・山田英登・武藤浩行・松田厚範
第56回セラミックス基礎科学討論会   2018年1月11日   
液相法を用いた活物質-固体電解質複合体の作製とリチウムイオン電池特性
平原栄人・Nguyen Huu Huy Phuc・松田麗子・武藤浩行・松田厚範
第56回セラミックス基礎科学討論会   2018年1月11日   
AuTiO2プラズモニック光触媒におけるキャリア指導の考察
新井倫基・河村剛・武藤浩行・松田厚範
第56回セラミックス基礎討論会   2018年1月11日   
Ag nanoparticle-deposited anodized titania nanotube arrays for electrodes of dye-sensitized solar cells
河村剛・Wai.Kian Tan・Z.Lockman・武藤浩行・松田厚範
42ND International Conference and Exposition on Advanced Ceramics and Composites、Conference Program、ICACC-S9-027-2018   2018年   
Advanced Materials for Next Generation Power Sources
松田厚範
Regional Conference on Materials & ASEAN Microscopy Conference 2017 (RCM & AMC 2017)   2017年12月12日   
湿式微粉砕処理による無機固体酸高分散コンポジット電解質膜の作製と燃料電池特性
松原直大・前川啓一郎・熊澤圭祐・Kyaw Zay Ya・河村剛・武藤浩行・松田厚範
平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会   2017年12月9日   
新規Liイオン伝導体の調製と特性評価
小久保拓実・松田麗子・N.H.H. Phuc・武藤浩行・松田厚範
平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会   2017年12月9日   
新規Naイオン伝導体の調製と特性評価
蒲生浩忠・N.H.H. Phuc・松田麗子・武藤浩行・松田厚範
平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会   2017年12月9日   
三次元造形物をテンプレートとした複合材料の組織制御
小笠原亮太・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会   2017年12月9日   
静電相互作用を利用した複合顆粒作製と構造設計
井上颯太・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
2017年12月9日   
BaTiO3ナノチューブアレイおよびCoFe2O4ナノ粒子の作製と複合化
Irna Puteri・大浦健太郎・W.K. Tan・河村剛・武藤浩行・松田厚範
平成29年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会   2017年12月9日   
局所架橋構造を有する高強度多孔質材料の開発
都築圭太・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
2017年12月9日   
Liquid Phase Preparation and Characterization of (100-x)Li3PS4-xLil Solid Electrolytes
N.H.H.Phuc・平原栄人・武藤浩行・松田厚範
第43回固体イオニクス討論会   2017年12月5日   
Comparison on proton conduction of CsHSO4-H4SiW12O40 composite composite materials Prepared by dry and wet mechanical ball milling
Kyaw Zay Ya・Go Kawamura・Hiroyuki Muto・Atsunori Matsuda
2017年11月22日   
Liquid Phase Synthesis of Li3PS4 Solid Electrolyte Precursor
N.H.H. Phuc・Hiroyuki Muto・Atsunori Matsuda
2017年11月22日   
AD法によるナノ物質複合セラミック厚膜の作製
重田雄一郎・上山駿・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
無機マテリアル学会第135回学術講演会   2017年11月16日   
静電相互作用を用いたアルミナ微粒子の湿式造粒
野々村航希・飯盛仁・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
無機マテリアル学会第135回学術講演会   2017年11月16日   
付加製造技術に利用可能なセラミックス原料粉末の開発に関する基礎検討
桒名崇矢・松崎達也・横井敦史・河村剛・松田厚範・武藤浩行
粉体粉末冶金協会平成29年度秋季大会   2017年11月9日   
Intergrated composite particle-Fabrication device and applications
H.Muto・G.kawamura・A.Matusda
JSPM International Conference on Powder Metallurgy~.60th Anniversary~ (Memorial Lecture of JSPM Award) Program   2017年11月6日   
Fast Synthesis of Li2S-P2S5-LiI Solid Electrolytes Precursors
N.H.H.Phuc・山本常春・平原栄人・松田麗子・河村剛・武藤浩行・松田厚範
第58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会   2017年11月2日   
豊橋技術科学大学機能性材料科学研究室の紹介
松田厚範・武藤浩行・河村剛 .
第58回ガラスおよびフォトニクス材料討論会   2017年11月2日   
Trend and Future of Next Generation Medium Temperature Fuel Cells
Atsunori Matsuda (Plenary talk)
The 5th International Conference on Engineering, Energy, and Environment, ICEEE 2017   2017年11月1日   

担当経験のある科目

 

Works

 
新規な超イオン伝導ガラスの創製とキャラクタリゼーション
1997年
ゾル-ゲル法による制御された組織を持つ酸化物コーティング膜の作製
1997年 - 1998年
ゾル-ゲル法による超撥水および超親水膜の作製と応用
1997年 - 1998年
液相より作製した薄膜の表面組織制御に関する研究
1999年 - 2000年
ゾル−ゲル法による透明厚膜の作製と微細加工プロセスへの応用
1993年 - 2000年

競争的資金等の研究課題

 
基盤研究A 次世代中温無加湿活動燃料電池システムの高性能化
日本学術振興会(JSPS): 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 松田 厚範
先進・革新蓄電池材料評価技術開発(第2期)
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO): 受託研究
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 松田 厚範
特別重点技術領域「次世代蓄電池」全固体電池チーム
科学技術振興機構(JST): 先端的低炭素化技術開発事業(ALCA)
研究期間: 2013年4月 - 2020年3月    代表者: チームリーダー:大阪府立大学、辰巳砂昌弘教授、全固体電池チームリーダー:松田厚範
表面プラズモン共鳴を利用した有機無機ハイブリッド太陽電池の高効率化
エレクトロニクス先端融合研究所: プロジェクト研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 松田 厚範
国別研修費、受託人件費
(独)国際協力機構: アセアン工学系高等教育ネットワークプロジェクト
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 松田 厚範
JSPS、学術システム研究センター(RCSS): 工学系科学専門調査班:材料工学担当
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 松田 厚範 (Researcher)
基盤研究A コンポジット電解質膜を用いた中温無加湿作動燃料電池システムの構築と信頼性評価, No. 26249097
Japan Society for the Promotion of Science (JSPS): (i) (2014-2017) (A.M.): 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 松田 厚範
コンポジット電解質膜を用いた中温無加湿茶道燃料電池システムの構築と信頼性評価
日本学術振興会(JSPS): 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 松田 厚範
(独)国際協力機構 H27、松田-Nyein、事務員): 中部国際センター アセアン工学系高等教育ネットワークプロジェクト「材料工学1」
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 松田 厚範
(独)国際協力機構 中部国際センター (JICA),: アセアン工学系高等教育ネットワークプロジェクト「材料工学2」
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 松田 厚範
銀ナノロッドの表面プラズモン共鳴を利用した高効率色素増感太陽電池の創製
(公財)立松財団: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 松田 厚範
波長選択型高効率光触媒への応用を目指した形状制御金属ナノ粒子含有メソポーラス酸化物の合成
(公財)日本板硝子材料工学助成会: 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 河村 剛
1多孔質酸化物電極を用いた高性能色素増感型全固体太陽電池の構築
豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所: プロジェクト研究
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 1松田 厚範
挑戦的萌芽研究、無加湿高プロトン伝導性無機-有機ハイブリッドのソフトメカノケミカル合成、No. 24656383
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 松田 厚範
外国人特別研究員奨励費(PD)、TiとZrの酸化物からなるナノ構造体を用いた新規な色素増感型太陽電池の開発、No. 24-02378
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 松田 厚範
光誘起電荷移動を利用した書換え可能ホログラム材料の開発、No. AS232Z02482C
科学技術振興機構(JST): 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 河村 剛
基盤研究(B)、無機固体酸ナノ複合体と芳香族ポリマーをベースとする中温作動燃料電池電解質膜の創製、No. 23360286(H23-H25、松田)
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 松田 厚範
金属ナノロッドの2次元ヘキサゴナルメソ細孔への形状選択的析出と新規超薄型波長選択偏光子への展開
(公財)村田学術振興財団: 寄付金
研究期間: 2012年3月 - 2013年4月    代表者: 河村 剛
局在表面プラズモン共鳴を利用した高効率色素増感太陽電池
(一財)東海産業技術振興財団: 寄付金
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 河村 剛
可逆的光化学反応を示す新規有機-無機ナノハイブリッド厚膜の作製と書き換え可能ホログラム記録材料への応用、
(財)小笠原科学技術振興財団、(2012) (G.K.): 寄付金
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 河村 剛
コンポジット電解質を用いた中温無加湿作動燃料電池の耐久性試験とスタックセルの構築、No. 41
科学技術振興機構(JST): 知財活用ハイウェイ(大学特許価値向上支援)
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 松田 厚範
高プロトン伝導性複合体電解質の特性評価とマイクロ燃料電池デバイスの要素技術開発(H23-H25、松田)
豊橋技術科学大学 ベンチャービジネスラボラトリー : ベンチャービジネスラボラトリー プロジェクト研究(松田、武藤) Venture Business Laboratory “Project Research”
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 松田厚範
基盤研究(B)、無機固体酸ナノ複合体と芳香族ポリマーをベースとする中温作動燃料電池電解質膜の創製、No. 23360286(H23-H25、松田)
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 松田 厚範
水酸化物イオン導電性固体電解質の合成と金属/空気電池への応用、,
(公財)豊秋奨学会: 寄付金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 松田 厚範
若手研究(B)、酸化物メソポーラス材料を用いた形状制御金属ナノ粒子の3次元規則配置と光・触媒特性、No. 22760539
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 河村 剛
(独)物質・材料研究機構: 共同研究
研究期間: 2012年       代表者: 松田 厚範
(独)産業総合研究所: 共同研究
研究期間: 2012年       代表者: 松田 厚範
基盤研究(B)、高効率型微生物燃料電池における微生物共生システムの解明、No. 22310045
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2010年3月    代表者: 二又(静岡大学)、分担:松田厚範
メカニカルミリング
研究期間: 2000年   
プロトン伝導性材料
研究期間: 1997年   
チタニアナノ微結晶分散薄膜
研究期間: 1993年   
光感応性無機-有機ハイブリッド材料の合成と記録材料への応用
研究期間: 1900年 - 1900年
光記録材の開発
無機固体酸ナノ複合体と芳香族ポリマーをベースとする中温作動燃料電池電解質膜の創製
微細加工プロセスの光素子への応用
チタニアナノ微結晶薄膜の応用
メカニカルミリングによる新規材料合成
挑戦的萌芽研究、無加湿高プロトン伝導性無機-有機ハイブリッドのソフトメカノケミカル合成
外部力学場による微粒子規則集積体の高速作製と配列機構の解明
代表者: 松田 厚範
TiとZrの酸化物からなるナノ構造体を用いた新規な色素増感型太陽電池の開発
高効率型微生物燃料電池における微生物共生システムの解明
静電吸着複合法によるナノ集積構造体の創製と微構造制御型機能性コンポジットの製造
(独)国際協力機構 中部国際センター アセアン工学系高等教育ネットワークプロジェクト「材料工学1」
豊秋奨学会、水酸化物イオン導電性固体電解質の合成と金属/空気電池への応用
三次元水素結合ネットワークに基づくナノプロトニクス材料の創製
代表者: 松田 厚範
酸化物メソポーラス材料を用いた形状制御金属ナノ粒子の3次元規則配置と光・触媒特性
代表者: 松田 厚範
連続界面をプロトン伝導層とした無機-有機複合体の作製と界面の伝導性評価
代表者: 松田 厚範
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、若手研究グラント、静電吸着複合法によるナノ集積構造体の創製と微構造制御型機能性コンポジットの製造
代表者: 松田 厚範
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)、コンポジット電解質を用いた中温無加湿作動燃料電池の連続運転特性評価
代表者: 松田 厚範
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)、光誘起電荷移動を利用した書換え可能ホログラム材料の開発
代表者: 松田 厚範
(独)国際協力機構 アセアン工学系高等教育ネットワークプロジェクト「材料工学2」
代表者: 松田 厚範
日本板硝子材料工学助成会、塩化銀ナノ結晶を含む無機‐有機ハイブリッド膜の書換可能なホログラム形成機構の解明
代表者: 松田 厚範
外部場誘起構造変化を利用した無機-有機ハイブリッドゲル膜の表面高機能化
代表者: 松田 厚範

特許

 
特開2018-156938 : ナトリウムイオン導電性固体電解質の製造方法、ナトリウムイオン導電性固体電解質前駆体および懸濁液
松田 厚範
特許 第6234917号 : 金属-空気二次電池用負極材料、及びこれを備える金属-空気二次電池
発明者:松田厚範,武藤浩行,河村剛,前田康孝,鈴木翼
特許権者:株式会社神戸製鋼所・国立大学法人豊橋技術科学大学
登録日:2017.11.2
特許 第6083610号 : 複合粒子製造装置および複合粒子の製造方法
発明者:武藤浩行・羽切教雄・松田厚範・河村剛
特許権者:国立大学法人豊橋技術科学大学
登録日:2017.2.3
特許 第6033208号(P6033208) : 二次電池用電解質膜、接合体、金属-空気全固体二次電池、及びその接合体の製造方法 
発明者:坂本尚敏・林和志・松田厚範・武藤浩行・河村剛・江崎拓真、 出願人:株式会社神戸製鋼所、国立大学法人豊橋技術科学大学
特許権者:株式会社神戸鉄鋼所・国立大学法人豊橋技術科学大学
登録日:2016.11.4
特許 第5975968号(P5975968) : 吸収性物品用複合化材料
発明者:木村明寛・武藤浩行・羽切教雄・吉川英世・松田厚範・河村剛
特許権者:ユニ・チャーム株式会社
登録日:2016.7.29
特許 第5952540号(P5952540) : 固体電解質材料およびこれを用いた金属-空気全固体二次電池
発明者:林和志・富久勝文・松田厚範・河村剛・坂本尚敏
特許権者:株式会社神戸製鋼所・国立大学法人豊橋技術科学大学
登録日:2016.6.17
特許 第5871238号(P5871238) : プロトン伝導体及びプロトン伝導体の製造方法
発明者:呉松烈・吉田敏宏・河村剛・松田厚範・武藤浩行・内堀大輔
特許権者:国立大学法人豊橋技術科学大学
登録日:2016.1.22
特許 第5802189号 : 固体電解質材料およびこれを用いた金属-空気全固体二次電池固体電解質材料およびこれを用いた金属-空気全固体二次電池
林和志、富久勝文、松田厚範、武藤浩行、河村剛、常石琢
特許権者:株式会社神戸製鋼所、国立大学法人豊橋技術科学大学
登録日:2015.9.4
特許 Patent No.: US9,115,251, B2 : ELECTROLYTE MEMBRAV, FUEL CELL, AND ELECTROLYTE MEMBRAN MANUFACTURING METHOD
発明者:松田厚範・呉松烈・吉田敏宏・河村剛・濱上寿一・逆井基次 出願人:国立大学法人豊橋技術科学大学
特許権者:国立大学法人豊橋技術科学大学
登録日:2015.8.25
特許 第5739831号 : 空気電池用材料及びこれを用いた全固体空気電池
発明者:林和志・富久勝文・松田厚範・坂本尚敏・岸本昂之・河村剛・武藤浩行
特許権者:株式会社神戸製作所、豊橋技術科学大学
登録日:2015.5.1
特許 第5674158号 : 電解質膜、燃料電池、及び電解質膜の製造方法
松田厚範・呉松烈・吉田敏宏・河村剛・濱上寿一・逆井基次
特許権者:国立大学法人豊橋技術科学大学
登録日:2015.1.9
特開昭63-156040 : 非晶質薄膜の製造方法
特開昭63-156040
光磁気ディスク基板
公開前放棄
特開平1-308847 : ガラス基板
特開平1-308847
特開平2-148002 : 光学部品
特開平2-148002
特開平2-157701 : レンズアレイ
特開平2-157701
特開平2-217337 : 膜付きガラス基板の製造方法
特開平2-217337
特開平2-271934 : 光ディスク基板
特開平2-283638 : 1微細パターン付き基板の製造方法
松田 厚範
特開平2-283638 特開平4-47541
特開平3-5345 : 着色薄膜の製造方法
特開平3-5345
特開平3-159925 : ガラス体の製造方法
特開平3-159925
読み出し専用光ディスク
特開平3-30132
読み出し専用光ディスク
特開平3-30133
読み出し専用光ディスク
特開平3-40243
読み出し専用光ディスク
特開平3-40244
微細パターン付き基板およびその製造方法
特開平3-189938
特開 平3-199043 : 反射防止膜およびその形成方法
特開平3-199043
特開 平3-214440 : 光ディスク基板の製造方法
特開平3-214440
特開 平3-228219 : 磁気ディスク体およびその製造方法
特開平3-228219
特開 平3-232116 : ガラス製磁気ディスク基板の製造方法
特開平3-232116
特開 平4-305833 : 微細パターン付基板の製造方法
特開平4-305833
光ディスク用溝付きガラス基板
公開前放棄
微細パターン付基板の製造方法及び装置
特開平4-321953
塗布溶液およびそれを用いた凹凸パターン形成方法
特開平4-345675
基板上に微細凹凸パターンを形成する方法
特開平6-94907
基板上に微細な凹凸パターンを形成する方法
特開平6-114334
特開 平6-126243 : 撥水性被膜を基体に形成する方法
特開平6-126243
特開 平6-228755 : 基板上に撥水性被膜を形成する方法
特開平6-228755
特開 平6-242303 : 平板状レンズアレイおよびその製造方法
特開平6-242303
特開 平6-300902 : 平板型レンズアレイ及びそれを用いた光学表示パネル
特開平6-300902
記録媒体
特開平7-29165
特開平7-29207 : 記録媒体及びその製造方法
特開
特開 平7-281007 : 平板型レンズアレイおよびその製造方法/平板型レンズアレイを用いた液晶表示素子
特開平7-281007
特開 平7-281165 : 平面基板の貼り合わせ方法および平板型レンズアレイの製造方法
特開平7-281165
特開 平8-36151 : 平面基板の貼り合わせ方法
特開平8-36151
特開 平8-86901 : 平板レンズアレイおよびそれを用いた液晶表示素子 
特開平8-86901
特開 平8-95015 : 液晶表示装置
特開平8-95015
特開 平8-136704 : 平板型マイクロレンズおよびそれを用いた液晶表示素子 
特開平8-136704
特開 平8-170193 : 金属酸化物膜付き基体の製造方法 
特開平8-170193
特開 平8-171003 : 平板型レンズアレイおよびその製造方法 
特開平8-171003
微小凹部付きガラス基板およびその製造方法
公開前放棄(平成7年5月10日)
特開 平8-179299 : 平板型レンズアレイおよびそれを用いた液晶表示素子 
特開平8-179299
平板マイクロレンズアレイを用いた液晶表示装置
特開平8-271878
特開 平8-269790 : コロイダルシリカ電着膜の製造方法およびコロイダルシリカ電着膜付き基体 
特開平8-269790
光錯乱体およびその製造方法 
特開平8-334608
微小凹部付きガラス基板及びこのガラス基板を用いた平板型マイクロレンズアイ
特開平9-43404
液晶表示素子の製造方法
特開平9-80407
特開 平9-90360 : 平板型マイクロレンズアレイの製造方法及びこの平板型マイクロレンズアレイを用いた液晶表示素子の製造方法
特開平9-90360
平板型マイクロレンズ用ガラス基板及び平板型マイクロレンズ
公開前放棄(平成8年1月24日)
平板型マイクロレンズ
特開平10-39110
平板型マイクロレンズ
特開平10-39111
平板型マイクロレンズの製造方法
特開平10-39112
平板型マイクロレンズ 公開番号:WO99/38035 出願国:米英仏独
基礎出願特願平8-19194、8-191935、8-191936 PCT/JP98/00264
特開 平11-209896 : 透明厚膜の製造方法及び透明厚膜付き基体
特開平11-209896
特願 平10-360642 : 平板印刷板原版およびそれを用いた印刷刷版作製方法
特願平10-360642
特願特願平11-015702 : 微細凹凸パターン付き基板
特願平11-015702
アナターゼ型チタニアおよびアナターゼ型チタニアを含む複合酸化物の低温合成方法 出願国:日本、米国、EPC(英、独、仏)
PCT/JP99/00477
プロトン伝導性材料の製造方法
特願平11-064160
親水性皮膜の形成方法および塗装物品
特願平11-075539
親水性皮膜の形成方法および塗装物品
特願平11-077644
親水性皮膜の形成方法および塗装物品
特願平11-079481
親水性皮膜の形成方法および塗装物品
特願平11-079482
表面微細凹凸組織の低温形成法および当該組織を有する基体
特願平11-193858
膨らみパターンの形式方法および当該パターンを有する基体
特願平11-312088
パターン膜被覆物品の製造方法および感光性組成物
特願2000-002881
特願 2002-75952 : 所定表面形状を有する物品の製造方法
特願2000-049387
特願 2000-068286 : 超撥水性を有する被覆物及びその製造方法
特願2000-068286
特願 2000-078042 : 平版印刷版原版およびそれを用いた印刷刷版作製方法
特願2000-078039
親水性皮膜の形成方法、および、塗装物品
特願2000-078043
特願 2000-078044 : 親水性皮膜の形成方法、及び、塗装物品
特願2000-078044
特願 2000-133345 : リチウムイオン伝導性有機-無機コンポジット
特願2000-133345
特願 2000-192579 : 撥水性と易洗浄性を併せ持つガラス製品
特願2000-192579
特願 2000-272720 : ホスホシリケートゲル、プロトン伝導性材料および製造方法
特願2000-272720
特願 2000-289215 : ポリシロキサン、その製造方法およびプロトン伝導性材料
特願2000-289215
特願 2000-289528 : 透明薄膜とその製造方法
特願2000-289528
特願 2000-289531 : 光学複合体膜とその製造方法ならびにその光学複合体
特願2000-289531
特願 2000-334324 : 撥水性及び親水性を有する被覆物及びその製造方法
特願2000-334324
所定表面形状を有する物品の製造方法 指定国:米加英独仏伊中台(台湾はPCTとは別途出願)
基礎出願特願2000-049387、出願番号PCT/JP01/01255
特願2002-048973 : 光学素子の製造方法
特願2001-057223
特願2001-341506 : 電界発光体の製造方法および電界発光体、電界発光表示装置
特願2001-341506
ホスホシリケートゲル、プロトン伝導性材料およびその製造方法
特願2001-329216
特願 2002-53480 : チタニアナノシート配向薄膜とその製造方法およびチタニアナノシート配向薄膜を備えた物品
特願2002-53480
特願 2002-054642 : ナノ物質の集積化技術を用いた透明導電性複合材料の開発
出願人:株式会社神戸製鋼所、国立大学法人豊橋技術科学大学
特願2002-054642、
光学膜被服物品
特願2002-62040
特願 2002-80443 : プロトン伝導性材料およびその製造方法
特願2002-80443
特開 2004-074006 : チタニアナノ微結晶分散薄膜パターンとその製造方法およびその薄膜パターンを備えた物品 科学技術振興事業団
特開2004-074006
特開 2004-249266 : チタニアナノ微結晶膜とこのパターンを備えた物品並びにその製造方法 独立行政法人 科学技術振興機構
特開2004-249266
特開 2004-262157 : レンズの製造方法 日本板硝子株式会社
特開2004-262157
特開 2004-266068 : 多孔質シリカ系薄膜の製造方法 宇部日東化成株式会社 他
特開2004-266068
特開 2004-269349 : 高洗浄性被膜を有する基体及び高洗浄性被膜の形成方法 大阪府 他
特開2004-269349