後藤 慎介

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/23 03:19
 
アバター
研究者氏名
後藤 慎介
 
ゴトウ シンスケ
通称等の別名
Shin G. Goto、ゴトウ/シンスケ
ハンドル
ごとうしんすけ
eメール
shingotosci.osaka-cu.ac.jp
URL
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/aphys/index.html
所属
大阪市立大学
部署
理学研究科 生物地球系専攻
職名
教授
学位
博士(地球環境科学)(北海道大学), 博士(地球環境科学)(北海道大学)
その他の所属
大阪市立大学
科研費研究者番号
70347483
ORCID ID
0000-0002-4431-7531

研究分野

 
 

経歴

 
2016年9月
 - 
現在
大阪市立大学 大学院理学研究科 教授
 
2010年10月
 - 
2016年9月
大阪市立大学 大学院理学研究科 准教授
 
2002年4月
 - 
2010年9月
大阪市立大学 大学院理学研究科 講師
 
2000年4月
 - 
2002年2月
Ohio State University Department of Entomology Postdoc
 

学歴

 
1997年4月
 - 
1999年12月
北海道大学 地球環境科学研究科 生態環境科学
 
 
 - 
1997年
北海道大学 地球環境科学研究科 生態環境科学
 
 
 - 
1995年
北海道大学 理学部 生物学科 動物学専攻
 

委員歴

 
2014年
 - 
現在
Royal Entomological Society  Editor, Physiological Entomology
 
2018年
 - 
2019年
日本昆虫学会  代議員
 
2012年
 - 
2019年
日本昆虫学会  編集諮問委員
 
2016年
 - 
2018年
日本動物学会  近畿支部委員
 
2016年
 - 
2019年
日本比較生理生化学会  評議員
 
2013年
 - 
2018年
日本時間生物学会  評議員
 
2017年
 - 
2018年
日本昆虫学会  評議員
 
2017年
 - 
2018年
日本昆虫学会  将来問題検討委員
 
2015年
 - 
2016年
日本昆虫学会  日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会運営委員
 
2014年
 - 
2015年
Royal Entomological Society  Editorial Board, Physiological Entomology
 
2013年
 - 
2014年
日本昆虫学会  庶務幹事
 
2013年
   
 
Royal Entomological Society  Guest Editor, Physiological Entomology
 
2012年
 - 
2017年
日本動物学会  広報委員
 
2012年
 - 
2015年
日本応用動物昆虫学会  編集委員
 
2012年
 - 
2015年
日本動物学会  近畿支部委員
 
2011年
 - 
2012年
日本動物学会  日本動物学会第53回大会準備委員
 
2009年
 - 
2010年
日本動物学会  近畿支部委員
 
2009年
   
 
日本比較生理生化学会  CompBiol 2009(第34回日本比較内分泌学会大会・日本比較生理生化学会第31回大会合同大会)準備委員
 
2008年
 - 
現在
昆虫の季節適応談話会  世話人
 
2007年
 - 
2008年
日本動物学会  近畿支部幹事
 
2007年
 - 
2008年
日本動物学会  近畿支部広報委員
 
2014年
 - 
現在
Royal Entomological Society  Editor, Physiological Entomology
 
2012年
 - 
2020年
日本昆虫学会  編集諮問委員
 
2013年
 - 
2020年
日本時間生物学会  評議員
 
2018年9月
 - 
2020年9月
日本昆虫学会  将来問題検討委員長
 
2018年9月
 - 
2020年
日本昆虫学会  代議員
 
2016年
 - 
現在
日本動物学会  近畿支部委員
 

受賞

 
2010年
日本昆虫学会若手奨励賞
 
2012年
日本地質学会第119年学術大会優秀ポスター賞
 
2009年
日本古生物学会第158回例会 優秀ポスター賞
 

論文

 
Rozsypal J., Moos M., Goto S. G.
BULLETIN OF ENTOMOLOGICAL RESEARCH   108(4) 487-493   2018年8月   [査読有り]
Shimizu Yuta, Mukai Ayumu, Goto Shin G.
JOURNAL OF INSECT PHYSIOLOGY   106 147-152   2018年4月   [査読有り]
Harada, E., Goto, S.G.
Cell Stress & Chaperones   22(6) 823-831   2017年11月   [査読有り]
Kawakami, H., Goto, S.G., Murata, K., Matsuda, H., Shigeri, Y., Imura, T., Inagaki, H., Shinada, T.
Journal of Venomous Animals and Toxins including Tropical Diseases   23(1)    2017年5月   [査読有り][招待有り]
Transcriptome analysis of the brain under diapause and non-diapause conditions in the blowfly, Protophormia terraenovae.
Hase, H., Koukai, M., Hamanaka, Y., Goto, S.G., Tachibana, S.-I., Shiga, S.
Physiological Entomology   42 282-289   2017年   [査読有り][招待有り]
Matsumoto, K., Suetsugu, Y., Tanaka, Y., Kotaki, T., Goto, S.G., Shinoda, T., Shiga, S.
Journal of Insect Physiology   96 21-28   2017年   [査読有り]
Miyazaki Y, Watari Y, Tanaka K, Goto SG
Journal of Insect Physiology   86 54-59   2016年3月   [査読有り]
Mukai, A., Goto, S.G.
Applied Entomology and Zoology   51 185-194   2016年   [査読有り]
Omura, S., Numata, H., Goto, S.G.
Biological Rhythm Research   47 937-945   2016年   [査読有り]
ナミハダニの休眠とその誘導機構
後藤慎介
植物防疫   70(3) 15-20   2016年   [査読有り][招待有り]
Goto, S.G.
Journal of Comparative Physiology B   186 969-984   2016年   [査読有り][招待有り]
Mukai A, Goto S.G.
Applied Entomology and Zoology   51(2) 185-194   2016年   [査読有り]
Kobelkova A, Goto SG, Peyton JT, Ikeno T, Lee RE Jr, Denlinger DL
Journal of insect physiology   81 90-96   2015年10月   [査読有り]
後藤慎介,遠藤淳
比較生理生化学   32 109-117   2015年   [査読有り][招待有り]
Goto S.G, Takekata H.
Current Opinion in Insect Science   7 92-97   2015年   [査読有り]
Goto S.G, Lee R.E, Denlinger D.L.
Biological Bulletin   229(1) 47-57   2015年   [査読有り]
Takekata H, Numata H, Shiga S, Goto SG
Journal of insect physiology   68 16-22   2014年9月   [査読有り]
Hori Y, Numata H, Shiga S, Goto SG
Journal of comparative physiology. A, Neuroethology, sensory, neural, and behavioral physiology   200 161-167   2014年2月   [査読有り]
Ikeno T, Numata H, Goto SG, Shiga S
The Journal of experimental biology   217(3) 453-462   2014年2月   [査読有り]
Harada E, Lee R.E, Denlinger D.L, Goto S.G.
Polar Biology   37(8) 1213-1217   2014年   [査読有り]
Hori Y, Numata H, Shiga S, Goto S.G.
Journal of Comparative Physiology A: Neuroethology, Sensory, Neural, and Behavioral Physiology   200(2) 161-167   2014年   [査読有り]
Ito C, Goto SG, Numata H
Zoological science   30 760-766   2013年9月   [査読有り]
Takekata, H., Goto, S.G., Satoh, A., Numata H.
Biological Rhythm Research   45 229-233   2013年   [査読有り]
Ikeno T, Ishikawa K, Numata H, Goto S.G
Physiological Entomology   38(2) 157-162   2013年   [査読有り]
Goto S.G, Lee K.-Y, Hardie J
Physiological Entomology   38(2) 95-95   2013年   [査読有り]
Ito C, Goto S.G, Numata H
Zoological Science   30(9) 760-766   2013年   [査読有り]
Tanaka A, Kuga Y, Tanaka Y, Goto S.G, Numata H, Shiga S
Physiological Entomology   38(3) 192-201   2013年   [査読有り]
Goto S.G.
Entomological Science   16(1) 1-16   2013年   [査読有り]
Takekata H, Matsuura Y, Goto SG, Satoh A, Numata H
Biology letters   8 488-491   2012年8月   [査読有り]
Miyazaki Y, Goto SG, Tanaka K, Saito O, Watari Y
Journal of insect physiology   57 1249-1258   2011年9月   [査読有り]
Goto SG, Philip BN, Teets NM, Kawarasaki Y, Lee RE Jr, Denlinger DL
Journal of insect physiology   57 1106-1114   2011年8月   [査読有り]
Ikeno T, Numata H, Goto SG
Biochemical and biophysical research communications   410 394-397   2011年7月   [査読有り]
Ikeno T, Numata H, Goto SG
Journal of insect physiology   57 935-938   2011年7月   [査読有り]
Ikeno T., Katagiri C., Numata H., Goto S.G.
Insect Molecular Biology   20(3) 409-415   2011年6月   [査読有り]
Ito C, Goto SG, Tomioka K, Numata H
Journal of biological rhythms   26 14-23   2011年2月   [査読有り]
ショウジョウバエの耐寒性と膜脂質
-
低温科学   69 145-149   2011年   [査読有り][招待有り]
Ikeno T, Katagiri C, Numata H, Goto S.G
Insect Molecular Biology   20(3) 409-415   2011年   [査読有り]
Goto S.G, Katagiri C
Entomological Science   14(2) 224-229   2011年   [査読有り]
Ito C, Goto S.G, Tomioka K, Numata H
Journal of Biological Rhythms   26(1) 14-23   2011年   [査読有り]
Ikeno T, Tanaka SI, Numata H, Goto SG
BMC biology   8 116   2010年9月   [査読有り]
Kawakami Y, Numata H, Ito K, Goto S.G
Journal of Heredity   101(1) 20-25   2010年   [査読有り]
Muguruma F, Goto S.G, Numata H, Shiga S
Cell and Tissue Research   340(3) 497-507   2010年   [査読有り]
Goto S.G, Udaka H, Ueda C, Katagiri C
Biochemical and Biophysical Research Communications   391(2) 1251-1254   2010年   [査読有り]
Tokuda Y, Ikeno T, Goto S, Numata H, Ezaki Y
Biological Journal of the Linnean Society   101(1) 184-192   2010年   [査読有り]
Tagaya J, Numata H, Goto S.G
Entomological Science   13(3) 311-319   2010年   [査読有り]
Kashiyama K, Ito C, Numata H, Goto S.G
Comparative Biochemistry and Physiology - A Molecular and Integrative Physiology   156(4) 416-421   2010年   [査読有り]
Goto, S.G., Numata, H.
Applied Entomology and Zoology   44(4) 603-609   2009年11月   [査読有り]
Zhang B, Numata H, Mitsui H, Goto S.G
Medical and Veterinary Entomology   23(4) 443-447   2009年   [査読有り]
Kashiyama K, Seki T, Numata H, Goto S.G
Molecular Biology and Evolution   26(2) 299-311   2009年   [査読有り]
Goto S.G, Numata H
Journal of Insect Physiology   55(5) 401-407   2009年   [査読有り]
Kawakami Y, Goto S.G, Ito K, Numata H
Journal of Insect Physiology   55(1) 70-77   2009年   [査読有り]
Udaka H, Goto S.G, Numata H
Applied Entomology and Zoology   43(4) 547-551   2008年   [査読有り]
Goto S.G, Doi K, Nakayama S, Numata H
Entomological Research   38(1) 17-23   2008年   [査読有り]
Ito C, Goto S.G, Shiga S, Tomioka K, Numata H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105(24) 8446-8451   2008年   [査読有り]
Bo Z, Numata H, Mitsui H, Goto S.G
Insect Science   15(3) 225-228   2008年   [査読有り]
Udaka H, Mori M, Goto S.G, Numata H
Invertebrate Biology   126(2) 154-162   2007年   [査読有り]
Goto S.G, Han B, Denlinger D.L
Journal of Insect Physiology   52(11-12) 1213-1218   2006年   [査読有り]
Tachibana S.-I, Numata H, Goto S.G
Journal of Insect Physiology   51(6 SPEC. ISS.) 641-647   2005年   [査読有り]
昆虫の羽化リズムにおける温度周期の重要性-土中で蛹化するハエ類を例に- 
渡康彦・瀧巌・松井崇明・齋藤治・後藤慎介・田中一裕
芦屋大学論叢   43 119-130   2004年   [査読有り]
Goto S.G, Kimura M.T
Gene   326(1-2) 117-122   2004年   [査読有り]
Goto S.G, Denlinger D.L
Journal of Insect Physiology   48(8) 803-816   2002年   [査読有り]
Goto S.G
Gene   270(1-2) 259-264   2001年   [査読有り]
Goto S.G, Kimura M.T
Molecular Phylogenetics and Evolution   18(3) 404-422   2001年   [査読有り]
Daibo S, Kimura M.T, Goto S.G
Gene   278(1-2) 177-184   2001年   [査読有り]
Faunal and ecological surveys on Drosophilid flies in a subtropical island of Japan, Iriomote-jima
Hirai, Y., Goto, S.G., Yoshida, T., Kimura, M.T.
Entomological Science   3 273-284   2000年   [査読有り]
Goto S.G
Journal of Insect Physiology   46(7) 1111-1120   2000年   [査読有り]
Goto S.G, Kitamura H.W, Kimura M.T
Molecular Phylogenetics and Evolution   15(1) 147-156   2000年   [査読有り]
Goto S.G, Yoshida T, Beppu K, Kimura M.T
Biological Journal of the Linnean Society   68(3) 429-441   1999年   [査読有り]
Goto S.G, Yoshida K.M, Kimura M.T
Journal of Insect Physiology   44(10) 1009-1015   1998年   [査読有り]
Goto S.G, Kimura M.T
Journal of Insect Physiology   44(12) 1233-1239   1998年   [査読有り]
The effect of age, sex and diapause on desiccation tolerance in Drosophila triauraria
Goto, S.G., Tagawa, M., Kimura, M.T.
Japanese Journal of Entomology   65 362-368   1997年   [査読有り]
Shimizu, Y., Tamai, T., Goto, S.G.
Insect Biochemistry and Molecular Biology   102 75-83   2018年11月   [査読有り]
Rozsypal J., Moos M., Goto S. G.
BULLETIN OF ENTOMOLOGICAL RESEARCH   108(4) 487-493   2018年8月   [査読有り]
Shimizu Yuta, Mukai Ayumu, Goto Shin G.
JOURNAL OF INSECT PHYSIOLOGY   106 147-152   2018年4月   [査読有り]
Harada, E., Goto, S.G.
Cell Stress & Chaperones   22(6) 823-831   2017年11月   [査読有り]
Kawakami, H., Goto, S.G., Murata, K., Matsuda, H., Shigeri, Y., Imura, T., Inagaki, H., Shinada, T.
Journal of Venomous Animals and Toxins including Tropical Diseases   23(1)    2017年5月   [査読有り][招待有り]
Matsumoto, K., Suetsugu, Y., Tanaka, Y., Kotaki, T., Goto, S.G., Shinoda, T., Shiga, S.
Journal of Insect Physiology   96 21-28   2017年   [査読有り]
Transcriptome analysis of the brain under diapause and non-diapause conditions in the blowfly, Protophormia terraenovae.
Hase, H., Koukai, M., Hamanaka, Y., Goto, S.G., Tachibana, S.-I., Shiga, S.
Physiological Entomology   42 282-289   2017年   [査読有り][招待有り]
Omura, S., Numata, H., Goto, S.G.
Biological Rhythm Research   47 937-945   2016年   [査読有り]
Miyazaki, Y., Tanaka, K., Watari, Y., Goto, S.G.
Journal of Insect Physiology   86 54-59   2016年   [査読有り]
Mukai, A., Goto, S.G.
Applied Entomology and Zoology   51 185-194   2016年   [査読有り]
Kobelkova, A., Goto, S.G., Peyton, J.T., Ikeno, T., Lee, R.E. Jr., Denlinger, D.L.
Journal of Insect Physiology   81 90-96   2015年   [査読有り]
Takekata, H., Numata, H., Shiga, S., Goto, S.G.
Journal of Insect Physiology   68 16-22   2014年   [査読有り]
Harada, E., Lee, R.E. Jr., Denlinger, D.L., Goto, S.G.
Polar Biology   37 1213-1217   2014年   [査読有り]
Hori, Y., Numata, H., Shiga, S., Goto, S.G.
Journal of Comparative Physiology A   200 161-167   2014年   [査読有り]
Ikeno, T., Numata, H., Goto, S.G., Shiga, S.
Journal of Experimental Biology   217 453-462   2014年   [査読有り]
Ito, C., Goto, S.G., Numata, H.
Zoological Science   30 760-766   2013年   [査読有り]
Takekata, H., Goto, S.G., Satoh, A., Numata H.
Biological Rhythm Research   45 229-233   2013年   [査読有り]
Ikeno, T., Ishikawa, K., Numata, H., Goto, S.G.
Physiological Entomology   38 157-162   2013年   [査読有り][招待有り]
Tanaka, A., Kuga, Y., Tanaka, Y., Goto, S.G., Numata, H., Shiga, S.
Physiological Entomology   38 192-201   2013年   [査読有り][招待有り]
Takekata, H., Matsuura, Y., Goto, S.G., Sato, A., Numata, H.
Biology Letters   8 488-491   2012年   [査読有り]
Ikeno T., Katagiri C., Numata H., Goto S.G.
Insect Molecular Biology   20(3) 409-415   2011年6月   [査読有り]

Misc

 
昆虫の季節適応研究の現状と今後の展開
後藤慎介
北隆館・昆虫と自然   (700) 20-23   2017年   [依頼有り]
「マイクロピペットの使い方」「コオロギの交尾行動と闘争行動の観察」「原生動物の生理」
後藤 慎介
生物学実験への招待(大阪市立大学理学部生物学科編)      2014年   [査読有り][依頼有り]
昆虫の光周性に時計遺伝子は関わるか?
後藤慎介
北隆館・昆虫と自然   10    2013年   [依頼有り]
生物学実験室・実験で知る自然環境と人間(都市環境とセミの生活)
後藤慎介
大阪市立大学基礎教育実験棟・情報発信誌BEEBER   9 5-5   2013年   [依頼有り]
ショウジョウバエの耐寒性と膜脂質
低温科学   145-149   2011年   [査読有り][依頼有り]
Shin G. Goto, Sakiko Shiga, Hideharu Numata
Photoperiodism: The Biological Calendar      2010年5月
© 2010 by Oxford University Press, Inc. All rights reserved.This chapter proposes that some circadian clock genes may be responsible for photoperiodism. Many studies have shown the importance of the brain for photoperiodism, and thus these genes m...
「ショウジョウバエの耐寒性とHsp」「ショウジョウバエ」「ニクバエ」
「昆虫の耐寒性 ―その仕組みと調べ方―」 岡山大学出版会      2010年   [査読有り][依頼有り]
「耐寒性」「光周性」
後藤 慎介
分子昆虫学   -goto1030   2009年   [査読有り][依頼有り]
ショウジョウバエの冬への適応と進化
「耐性の昆虫学」 東海大学出版会      2008年   [査読有り][依頼有り]
昆虫の羽化リズムにおける温度周期の重要性-土中で蛹化するハエ類を例に- 
芦屋大学論叢      2006年
遺伝子から見た耐寒性
「休眠の昆虫学」 東海大学出版会      2004年   [査読有り][依頼有り]
動物生理学-環境への適応 [原書第5版]第7章:体温調節.
東京大学出版会   
動物生理学-環境への適応 [原書第5版]第6章:温度効果.
東京大学出版会   
Dedicated issue: photoperiodic induction of diapause and seasonal morphs
Hahn, D.A., Goto, S.G.
Physiological Entomology   42 199-199   2017年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Photoperiodism, Insects
Goto, S.G., Matsumoto, K. (担当:共著)
Elsevier・The Encyclopedia of Reproduction 2nd Edition   2018年   ISBN:9780128118993
ヒトとハエの甘味感度 ~ヒトの甘味官能テストとキンバエ類の吻伸展テスト~
後藤慎介
大阪公立大学出版会・生物学実験への招待   2017年   ISBN:978-4-907209-67-4
生物時計で季節を知る
池野知子・後藤慎介 (担当:共著)
共立出版・研究者が教える動物実験 第1巻感覚   2015年   ISBN:978-4-320-05772-2
生物時計が季節を知らせる
後藤慎介
共立出版・研究者が教える動物実験 第1巻感覚   2015年   ISBN:978-4-320-05772-2
「マイクロピペットの使い方」「コオロギの交尾行動と闘争行動の観察」「原生動物の生理」「昆虫のボディプラン:カイコ幼虫の解剖」
後藤慎介
大阪公立大学出版会・生物学実験への招待   2014年   ISBN:978-4-907209-17-9
「光周性」「耐寒性」「南極で昆虫のリズムを調べる」「RNA干渉」
後藤慎介
北隆館・昆虫の時計   2014年   ISBN:978-4832607590
Insect Photoperiodism.
Goto, S.G., Numata, H. (担当:共著)
CRC Press・ Insect Molecular Biology and Ecology   2014年   ISBN:9781482231885
生物学辞典第5版
後藤慎介 (担当:共著)
岩波書店   2013年   ISBN:9784000803144
「ショウジョウバエの耐寒性とHsp」「ショウジョウバエ」「ニクバエ」
後藤慎介 (担当:共著)
岡山大学出版会・昆虫の耐寒性―その仕組みと調べ方―   2010年   ISBN:978-4-904228-14-2
生きものなんでも相談 
後藤慎介 (担当:共著)
大阪公立大学出版会・OMUPブックレットNo.25   2009年   ISBN:978-4-901409-60-5
「光周性」「耐寒性」
後藤慎介
共立出版・分子昆虫学   2009年   ISBN:9784320056954
Photoperiodism in insects: Photoreception of light and the role of clock genes.
Goto, S.G., Shiga, S.& Numata, H. (担当:共著)
Oxford University Press・Photoperiodism: The Biological Calendar   2009年   ISBN:9780195335903
ショウジョウバエの冬への適応と進化
後藤慎介
東海大学出版会・耐性の昆虫学   2008年   ISBN:9784486017905
第6章:温度効果 & 第7章:体温調節.
後藤慎介(翻訳)    (担当:単訳)
東京大学出版会・動物生理学-環境への適応 [原書第5版]   2007年   ISBN:978-4-13-060218-1
遺伝子から見た耐寒性
後藤慎介
東海大学出版会・休眠の昆虫学   2004年   ISBN:4486016424
Photoperiodism, Insects
Goto, S.G., Matsumoto, K. (担当:共著)
Elsevier・The Encyclopedia of Reproduction 2nd Edition   2018年   ISBN:9780128118993

講演・口頭発表等

 
ホソヘリカメムシの武器形質の光周性と時計遺伝子の役割
洲崎雄,後藤慎介
第62回日本応用動物昆虫学会大会   2018年3月   
ホソヘリカメムシの卵巣発達と脂質蓄積量の光周反応を制御する内分泌経路
間野玄雄,後藤慎介
第62回日本応用動物昆虫学会大会   2018年3月   
都市環境におけるニクバエの光周性
向井歩,山口幸紀,北村文,後藤慎介
第62回日本応用動物昆虫学会大会   2018年3月   
ナンキョクユスリカの卵と幼虫における温度反応
吉田美月,David L. Denlinger,Richard E. Lee Jr.,後藤慎介
第62回日本応用動物昆虫学会大会   2018年3月   
UPLC-MS/MSを用いたカメムシ類の幼若ホルモンの構造決定
松本 圭司,児玉彩,小滝豊美,品田哲郎,後藤慎介 
第62回日本応用動物昆虫学会大会   2018年3月   
市川葵,沼田英治,後藤慎介 [招待有り]
休眠を利用したヒロズキンバエ幼虫の低温保存に向けて
第5回日本マゴットセラピー症例検討   2017年12月5日   
Effect of photoperiod on gene expression and spatial distribution of caudodorsal cell hormone in the hermaphroditic freshwater snail, Lymnaea stagnalis
角田宇海,志賀向子,後藤慎介
日本比較生理生化学会 第39回福岡大会   2017年11月   
キイロショウジョウバエが羽化する時間帯を決定する温度要因―前日の最高温度の影響―
渡康彦,宮崎洋祐,後藤慎介,田中一裕
第24回(2017年度)日本時間生物学会学術大会   2017年10月   
cycle RNAiがチャバネアオカメムシの概日歩行活動リズムと幼若ホルモン生合成および卵巣発達を制御する光周性に及ぼす影響
玉井貴章,後藤慎介
第24回(2017年度)日本時間生物学会学術大会   2017年10月   
麻酔薬イソフルランがキョウソヤドリコバチの光周性に及ぼす影響
向井歩,後藤慎介
第24回(2017年度)日本時間生物学会学術大会   2017年10月   
網羅的遺伝子発現解析によるマングローブスズの概潮汐リズム関連遺伝子の探索
武方宏樹,橘真一郎,後藤慎介
第24回(2017年度)日本時間生物学会学術大会   2017年10月   
日本列島におけるシバスズの頭幅の緯度クライン-40年前との比較
松田直樹,田中一裕,渡康彦,新谷喜紀,後藤慎介,西村知良,泉洋平,沼田英治
日本昆虫学会第77回大会   2017年9月   
キョウソヤドリコバチ幼虫休眠時の発育停止と細胞分裂停止
向井歩,後藤慎介
日本昆虫学会第77回大会   2017年9月   
ホソヘリカメムシのオートファジーと越冬
松崎真二,間野玄雄,橘真一郎,後藤慎介
日本動物学会第88回富山大会   2017年9月   
ホソヘリカメムシの脂質蓄積量と卵巣発達の光周反応は別の内分泌経路で制御される
間野玄雄,後藤慎介
2017年動物学会近畿支部会春季研究発表会   2017年5月   
Shimizu, Y., Tamai, T., Goto, S.G. [招待有り]
Physiological and molecular mechanisms underlying embryonic diapause in the band-legged ground cricket Dianemobius nigrofasciatus
Third FAO/IAEA Research Coordination Meeting on "Dormancy Management to Enable Mass-rearing and Increase Efficacy of Sterile Insects and Natural Enemies"   2017年5月   
イソフルランがキョウソヤドリコバチの概日時計に及ぼす影響
向井歩,後藤慎介
第61回日本応用動物昆虫学会大会   2017年3月   
カメムシ類の幼若ホルモン:クサギカメムシおよびタガメの場合
小滝豊美,後藤慎介,松本圭司,品田哲朗,志賀向子,門司麻衣子,沼田英治
第61回日本応用動物昆虫学会大会   2017年3月   
山口幸紀,後藤慎介
ナミニクバエの光周性における臨界日長の地理系統差と光周測時機構
第61回日本応用動物昆虫学会大会   2017年3月   
玉井貴章,後藤慎介,志賀向子
チャバネアオカメムシ光周性内分泌機構における時計遺伝子cycleおよびアラタ体抑制因子 MIP/ASTのはたらき
第61回日本応用動物昆虫学会大会   2017年3月   
渡康彦,宮崎洋祐,後藤慎介,田中一裕
キイロショウジョウバエの羽化時計―前日の高温と低温の効果
第61回日本応用動物昆虫学会大会   2017年3月   
ナガメの幼若ホルモンの同定と休眠への関与
児玉彩,松本圭司,品田哲郎,後藤慎介
第63回日本応用動物昆虫学会大会   2019年3月   
日本列島におけるマダラスズ体サイズの緯度クライン―約50年前との比較
松田直樹,藤田諭,田中一裕,渡康彦,新谷喜紀,後藤慎介,西村知良,泉洋平,沼田 英治
第63回日本応用動物昆虫学会大会   2019年3月   
カメムシ類における幼若ホルモン構造の網羅的な解析 [招待有り]
松本圭司,嘉糠洋陸,齊木選射,沼田英治,小滝豊美,品田哲郎,後藤慎介
第7回昆虫ホルモン談話会:篠田徹郎博士退職記念集会「幼若ホルモン研究のこれまでとこれから」   2019年3月   
チャバネアオカメムシの光周性機構:概日時計遺伝子cycとアラタ体抑制因子遺伝子Mipの役割
玉井貴章,志賀向子,後藤慎介
日本動物学会第89回札幌大会   2018年9月   
休眠を利用したヒロズキンバエ幼虫の低温保存に向けて [招待有り]
市川葵,沼田英治,後藤慎介
第5回日本マゴットセラピー症例検討   2017年12月5日   
Physiological and molecular mechanisms underlying embryonic diapause in the band-legged ground cricket Dianemobius nigrofasciatus [招待有り]
Shimizu, Y., Tamai, T., Goto, S.G.
THIRD FAO/IAEA RESEARCH COORDINATION MEETING ON Dormancy Management to Enable Mass-rearing and Increase Efficacy of Sterile Insects and Natural Enemies   2017年5月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 後藤 慎介
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 志賀 向子
オオクロコガネ成虫の活動には二日周期のリズムがみられる。本研究はこのユニークな行動に注目して概日時計の関与という観点からこのリズムの至近要因を明らかにし、野外観察から究極要因を探る糸口を探すことを目的とする。本年度は、大阪府大和川河川敷(34°35′N、 135°30′E)に生息するオオクロコガネを対象に以下の結果を得た。1)活動リズムの測定:フェロモントラップによりオスを採集し、25℃一定の下12h明期12h暗期の明暗条件、恒暗条件下で活動を記録した。その結果、各個体は明暗サイクルのもと...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 後藤 慎介
ハエ目昆虫の幼虫の光受容器としては脳とBolwig's organ(BO)が考えられる.昨年に引き続きナミニクバエにおいて,脳による光受容の可能性を検討するために,脳移植を行った.脳移植に関してはシリアカニクバエについて成功例があるものの,より小さなナミニクバエでは報告がない.ナミニクバエにおいて,脳の移植に伴って非休眠運命も移植される個体も見られたものの,移植後の生存率が低く,十分な結果が得られなかった.そこで移植する場所や傷の位置,傷の付け方や治癒の時間と方法について詳細に検討したもの...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 江崎 洋一
Flabellum(F.) magnificumの骨格には,多元的時間背景を有する成長線が刻まれている.時間的多元性は,骨格構造の多元性に反映される.骨格は, Sr/Ca比, Ba/Ca比, Mn/Ca比変化として,海洋表層から深層域の環境(栄養塩量や熱水活動など)変動を記録している.「軟体部活動度の周期性の検出」や概日時計遺伝子のクローニングに成功し,今後,半世紀におよぶ海洋環境の復元が可能である.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 沼田 英治
ホソヘリカメムシでは、概日時計遺伝子period、cycle、哺乳類型cryptochrome、Clockから構成される概日時計が光周性に必須であることが明らかになった。また、視葉の色素拡散因子免疫陽性ニューロンが光周性に関与することも示唆された。チャバネアオカメムシでは、脳間部、脳側方部を含む脳領域が幼若ホルモン合成を抑制することで休眠の制御にかかわることが証明され、血リンパ中から幼若ホルモン分子を検出する方法として、高速液体クロマトグラフィーとマススペクトルの組み合わせによる分析法を確...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 志賀 向子
ルリキンバエにおける脳間部、脳側方部内神経分泌細胞の生殖休眠調節における役割について調べた。脳側方部に免疫陽性を示すFMRFアミド様ペプチドが、休眠中にアラタ体の幼若ホルモン合成を抑制することが示唆された。休眠と非休眠条件でエクジステロイド量と卵黄たんぱく質遺伝子の発現量が大きく異なることがわかった。脳間部は卵黄たんぱく質発現の調節に関わるが、エクジステロイド量の調節には不可欠ではないことがわかった。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 沼田 英治
マングローブスズの成虫は約12.5時間周期の明瞭な概潮汐活動リズムを示し、それに加えて昼間の活動を抑制する概日リズムを示す。前者では水没刺激が、後者では明暗サイクルが同調因子になっている。昨年度、マングローブスズの概日時計遺伝子periodをクローニングし、その一部配列に相当する2本鎖RNAを合成し、成虫に注射することによってperiod遺伝子の発現抑制(RNA干渉法)を行った。その結果、概潮汐活動リズムの発現およびその自由継続周期には影響はなかったが、それを修飾する概日リズムが消え、主観...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 後藤 慎介
多くの昆虫は、光周期を季節を示す情報として用いている。では光周期はどのように読み取られているのだろうか。本研究により、ナミニクバエでは、暗期の前半と後半に光を感受する時刻が存在し、その時刻に光が当たるかどうかによって長日と短日を判定していることがわかった。さらに、これら2つの時刻での光受容には、異なる光受容分子がかかわっていることが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 志賀 向子
昆虫の光周性に関わる神経機構を明らかにするため、本研究ではルリキンバエの生殖休眠を調節する光周性に関わるニューロンネットワークを形態学的に解析し、さらにそこに含まれる制御物質を探索した。これまでに明らかになっている概目時計ニューロン(小形PDFニューロン)から休眠調節ニューロン(脳側方部ニューロン)への神経連絡、そして生殖に重要な脳間部ニューロンに着目し以下の結果を得た。光周性ニューロンネットワークの形態学的解析:PERIOD免疫陽性細胞を調べた結果、脳内に5群の細胞体が染色された。また、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 沼田 英治
本研究は、ホソヘリカメムシとルリキンバエという、分類学的にも変態の経過も異なる2種の昆虫において、光周性における光受容器・光周時計・出力系の全貌を明らかにすることを目的とした。ホソヘリカメムシでは、光周性における光受容に重要な複眼中央部の視細胞群からの中枢への投射を解剖学的に調べ、次に出力系であるアラタ体に終末する2種類の脳ニューロンを同定した。そして、これらニューロンの選択的除去実験からアラタ体へ終末する脳側方部ニューロンが光周性において重要であること、さらに、二群の脳側方部ニューロンは...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 沼田 英治
アジアカブトエビの卵が暗黒下におかれると、決まった段階で胚の形態形成が停止し、光が照射されると即座に形態形成が再開される。本研究は、この現象を発生学的、生理学的に詳細に記述し、光応答にかかわる生理機構を明らかにすることを目的とする。昨年度は、発生を停止する発達段階が器官形成の初期段階にあたること、および発生の再開に青色光および紫外線が有効であることを明らかにし、成体で発現している新奇オプシン遺伝子3種をクローニングした。本年度は、RT-PCR法とRACE法を用いることで、さらに新奇2種の遺...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 後藤 慎介
本研究は光周性の発現に関与する分子を明らかにしようとするものである。短日で飼育されたナミニクバエSarcophaga(Parasarcophaga) similisは蛹で発育を停止して蛹休眠に入ることが知られている。一方、長日で飼育された場合は発育を続け成虫となる。昨年度までの研究により、胚から短日で飼育したワンダリング幼虫に数日(最低4日間)の水処理を行い、その間に長日を与えると、休眠への運命が消去されてほぼすべての個体が非休眠へと切り替わることが明らかになった。そこで本年度は次の実験を...
季節適応の分子機構
大阪の夜がどれだけ暗くなれば昆虫たちは惑わされなくなるのか
大学: 大阪市立大学戦略的研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
ハチとハエの光周性に関わる概日時計と日長測定機構の分子・神経生物学的解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
記入不可
民間企業: 受託研究
研究期間: 2009年6月 - 2010年6月    代表者: 後藤 慎介
シャーガス病媒介昆虫の産卵・変態を制御する技術開発
民間企業: 健康科学研究助成金
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
Winter Survival Mechanisms and Adaptive Genetic Variation in an Antarctic Insect
NSF: NSF
研究期間: 2014年7月 - 2019年7月
昆虫の概日時計―神経分泌細胞連関を中心とした光周性機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 志賀向子
土中温度環境への昆虫概日時計の適応機構を探る
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 宮崎洋祐
ハチとハエの光周性に関わる概日時計と日長測定機構の分子・神経生物学的解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
Dormancy Management to Enable Mass-rearing and Increase Efficacy of Sterile Insects and Natural Enemies
FAO/IAEA: Research coordination program
研究期間: 2014年2月 - 2019年2月
未解明海洋生物光合成色素の解析
大学: 大阪市立大学人工光合成研究拠点共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
昆虫光合成の分子解析
大学: 大阪市立大学人工光合成研究拠点共同研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
大阪の夜がどれだけ暗くなれば昆虫たちは惑わされなくなるのか
大学: 大阪市立大学戦略的研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
見えない光を用いた生物のニッチの開拓と多様化‐光地球生物学の創成‐
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 江崎洋一
ダミー科研費の分担という形で入力した場合はどうなる2017年1円2018年9円,総額10円
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年 - 2018年
土中温度環境への昆虫概日時計の適応機構を探る
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 宮崎 洋祐
本研究は,タマネギバエの羽化のタイミングを制御する概日時計と温度変化の関係に注目した。このハエは,地下2~20 cmで羽化し,概日時計を地温の変化に同調させる。土中では深くなるほど温度変化の時刻は遅れてゆくが,同時に1日の温度較差(最高温度と最低温度の差)も小さくなる。タマネギバエは,温度較差が小さくなるほど温度変化に対する羽化時刻を早めることで,どの深さにいても早朝に羽化できる。
従来,概日時計の温度変化に対する反応は,高温一定条件と低温一定条件を組み合わせた矩形波状24時間温度サイクル...
昆虫の概日時計―神経分泌細胞連関を中心とした光周性機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 志賀 向子
チャバネアオカメムシ:
1)抗Plast-MIP1抗体を用いて脳とアラタ体を含む後脳神経複合体の免疫組織化学染色をパラフィン切片で行った結果、脳間部、前大脳、視葉基部、食道下神経節に陽性細胞が存在し、比較的強く染まる細胞が頭部神経節内に約50個存在した。また、Fourier transform mass spectrometry (FT-MS)解析により、前大脳背側測方部からはPlast-MIP1-9に相当する分子イオンピークが、脳間部および側心体・アラタ体からはPlast-MIP1-5、...
見えない光を用いた生物のニッチの開拓と多様化‐光地球生物学の創成‐
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 江崎 洋一
今年度の研究では,紫外線照射量が極めて高い,潮間帯のタイドプールなどで特異的に生息する「造礁性イシサンゴ:Oulastrea crispata(キクメイシモドキ)」の軟体部と骨格部に注目し,紫外線吸収物質(MAAs)と黒色色素の検討を行った.
キクメイシモドキ軟体部のUV吸収強度測定,高速液体クロマトグラフィー(HPLC),液体クロマトグラフィー質量分析(LC-MS),核磁気共鳴(NMR)測定を通じて,軟体部から複数のMAAsが検出された.共生藻を欠く白化したキクメイシモドキ軟体部からもm...
同時雌雄同体動物における性的共食いの進化条件
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 中嶋 康裕
昨年度までの3年間の研究によって、キヌハダモドキGymnodoris citrinaが性的共食い(sexual cannibalism)を行うことを確認した。配偶行動中に配偶相手を捕食する性的共食いは、これまでカマキリ、コガネグモなど雌雄異体の陸上節足動物のみで知られていたが、本研究によって初めて、同時雌雄同体の海産軟体動物であるウミウシ類も行うことが確認された。しかし、陸上節足動物の例では、発生率が10-20%で、捕食される側の雄も配偶相手の産卵数を増やせることで繁殖成功を上げているのに...
ホソヘリカメムシの光周性の分子・神経機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 沼田 英治
短日で飼育して休眠に入り、そのまま短日に維持したものと長日に移したものの間では、幼若ホルモン合成酵素のうちjhamtの発現量に差がみられなかったが、mfeの発現量は後者において大きく上昇した。したがってmfeが光周性の内分泌出力系の鍵となる酵素の可能性が考えられる。また、幼若ホルモン受容体に関しては、上記の2条件間でmetの発現量には差がみられず、taiの発現量が後者で上昇した。さらに、幼若ホルモンのシグナル伝達系で重要なはたらきをする転写因子Kr-h1の発現量が長日に移すと上昇することは...
脱皮ホルモンの消失が休眠を誘導し耐寒性を強める分子機構-遺伝子カスケード-の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 神村 学
脱皮ホルモンの役割は、昆虫の脱皮・変態を引き起こすことだけではない。申請者は最近、脱皮ホルモン濃度を人為的に下げることにより、オオワタノメイガに幼虫休眠を誘導して、耐寒性を付与することに成功した。しかし、そのメカニズムの詳細は不明である。そこで本研究では、脱皮ホルモンの消失が休眠を誘導し耐寒性を強くする分子機構を解明することを目的として、①オオワタノメイガの休眠誘導過程で特異的に発現する遺伝子を探索した後、②遺伝子導入実験により休眠や耐寒性に実際に関与する遺伝子を同定し、さらに、③生理・生...
昆虫の光周性における母性効果の分子基盤
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 後藤 慎介
「母親が受けた光周期によって次世代の発生運命が変化する」という現象は多くの昆虫に見られるにもかかわらず,その分子基盤はいまだ不明である.本研究ではコオロギとハチを対象にその分子機構の解明に取り組んだ.その結果,Clk,perといった時計遺伝子が日長の判断に関わり,この判断が卵巣へと伝えられて特異な遺伝子発現を誘導し,これによって子世代の細胞分裂周期制御遺伝子や胚発生制御遺伝子の発現の変化が誘導されて,発生が停止することが考えられた.
ハエの休眠調節に関わる脳ニューロンと分子の特定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 志賀 向子
ハエの休眠調節に関わる脳ニューロンと分子を探すことを目的とした。長日高温、短日低温で飼育されたハエの脳から126,231のコンティグを得た。全コンティグの21%にGO termが付加され、そのうち、0.4%が短日・低温に応答して発現が有意に上昇した。qPCRにより光周期 および温度条件による発現量に違いが出る遺伝子が一つ見つかった。神経繊維の切断実験から、脳側方部ニューロンは、短日低温条件においてPLTを通して卵巣発達を抑制する信号を出し、休眠を誘導すると考えられた。脳側方部ニューロンが休...
微生物岩に認められるラミナの形成‐ミクロな構造中のマクロな情報‐
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 江崎 洋一
ストロマトライトを特徴づける「ラミナ」の形成様式は多様であり,時代的・堆積環境的に変化に富む.形成に関与する微生物類として,酸素発生型光合成バクテリアのみならず,酸素非発生型光合成バクテリアや化学合成バクテリアなどが考えられ,それらの代謝活動によって「鉱物(炭酸カルシウムなど)の沈殿作用」が生じている.「鉱物の溶解作用」や「組織の破壊(ミクライト化)作用」もラミナの形成に複合的に関わっている.各ラミナ形成の周期性は,それぞれ異なる時間間隔を示す.特徴的なラミナの集積様式(Conophyto...
昆虫の概日羽化リズムにおける温度較差反応を探る
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 渡 康彦
タマネギバエは地下20cmぐらいまでさまざまな深さで蛹化し、温度周期が重要な羽化の同調因子となる。最高温度と最低温度の較差は土中の深さとともに小さくなり最低温度の時間は遅れていくが、どの深さの蛹も早朝に羽化する。すなわち温度較差が小さくなるほど、羽化時刻を前進させている。本研究は以下のことを明らかにした。(1)全暗と比較して全明は時計と温度周期のカプリングを弱くする。(2)概日時計には、高温あるいは低温に反応して羽化時刻を遅らせる位相と早める位相がある。(3)8℃較差と1℃較差でのperi...
オオクロコガネの二日周期の活動リズム形成機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 志賀 向子
標識再補と活動記録によりオオクロコガネの概倍日リズムを調べた。成虫は野外の同じ樹に約2日の周期で繰り返し夜間に現れ摂食を行うこと、比較的狭い範囲に出現日をずらした2集団が同所的に存在することがわかった。また、本種は内因性の約二日周期のリズムを持ち、このリズムは24時間周期の明暗条件では2周期二一度時刻合わせをして同調すると考えられた。さらに、このリズムの形成には概日時計が関与する可能性が示された。
光周反応における「外的符合モデル」の実体の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 後藤 慎介
光周性において重要な「外的符合モデル」では、概日時計が重要な役割を果たす。外的符合モデルを適用できるナミニクバエ幼虫の脳には、2 つの概日時計細胞群(DNs と LNs)が存在することがわかった。概日時計タンパク質 PERIOD の発現を調べたところ、これら細胞群は光周期によって特徴的な発現振動パターンを示すことがわかった。この光周期による振動パターンの違いが外的符合モデルの光周測時に重要な役割を果たしていると考えられる。
深海サンゴ骨格に刻まれる1日-半世紀におよぶ海洋表層環境の復元-
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 江崎 洋一
Flabellum(F.) magnificumの骨格には,多元的時間背景を有する成長線が刻まれている.時間的多元性は,骨格構造の多元性に反映される.骨格は, Sr/Ca比, Ba/Ca比, Mn/Ca比変化として,海洋表層から深層域の環境(栄養塩量や熱水活動など)変動を記録している.「軟体部活動度の周期性の検出」や概日時計遺伝子のクローニングに成功し,今後,半世紀におよぶ海洋環境の復元が可能である.
カメムシの光周性と休眠を支配する中枢機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 沼田 英治
ホソヘリカメムシでは、概日時計遺伝子period、cycle、哺乳類型cryptochrome、Clockから構成される概日時計が光周性に必須であることが明らかになった。また、視葉の色素拡散因子免疫陽性ニューロンが光周性に関与することも示唆された。チャバネアオカメムシでは、脳間部、脳側方部を含む脳領域が幼若ホルモン合成を抑制することで休眠の制御にかかわることが証明され、血リンパ中から幼若ホルモン分子を検出する方法として、高速液体クロマトグラフィーとマススペクトルの組み合わせによる分析法を確...
神経分泌細胞による昆虫の休眠調節機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 志賀 向子
ルリキンバエにおける脳間部、脳側方部内神経分泌細胞の生殖休眠調節における役割について調べた。脳側方部に免疫陽性を示すFMRFアミド様ペプチドが、休眠中にアラタ体の幼若ホルモン合成を抑制することが示唆された。休眠と非休眠条件でエクジステロイド量と卵黄たんぱく質遺伝子の発現量が大きく異なることがわかった。脳間部は卵黄たんぱく質発現の調節に関わるが、エクジステロイド量の調節には不可欠ではないことがわかった。
昆虫の概潮汐リズムをもたらす分子および神経機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 沼田 英治
マングローブスズの成虫は約12.5時間周期の明瞭な概潮汐活動リズムを示し、それに加えて昼間の活動を抑制する概日リズムを示す。前者では水没刺激が、後者では明暗サイクルが同調因子になっている。昨年度、マングローブスズの概日時計遺伝子periodをクローニングし、その一部配列に相当する2本鎖RNAを合成し、成虫に注射することによってperiod遺伝子の発現抑制(RNA干渉法)を行った。その結果、概潮汐活動リズムの発現およびその自由継続周期には影響はなかったが、それを修飾する概日リズムが消え、主観...
ハエ目昆虫の光周性に関与する分子の特定と単離
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 後藤 慎介
多くの昆虫は、光周期を季節を示す情報として用いている。では光周期はどのように読み取られているのだろうか。本研究により、ナミニクバエでは、暗期の前半と後半に光を感受する時刻が存在し、その時刻に光が当たるかどうかによって長日と短日を判定していることがわかった。さらに、これら2つの時刻での光受容には、異なる光受容分子がかかわっていることが示唆された。
昆虫の光周性に関わるニューロンネットワークと制御物質の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 志賀 向子
昆虫の光周性に関わる神経機構を明らかにするため、本研究ではルリキンバエの生殖休眠を調節する光周性に関わるニューロンネットワークを形態学的に解析し、さらにそこに含まれる制御物質を探索した。これまでに明らかになっている概目時計ニューロン(小形PDFニューロン)から休眠調節ニューロン(脳側方部ニューロン)への神経連絡、そして生殖に重要な脳間部ニューロンに着目し以下の結果を得た。
光周性ニューロンネットワークの形態学的解析:PERIOD免疫陽性細胞を調べた結果、脳内に5群の細胞体が染色された。また...
昆虫の光周性における光受容器から出力系にいたる中枢機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 沼田 英治
本研究は、ホソヘリカメムシとルリキンバエという、分類学的にも変態の経過も異なる2種の昆虫において、光周性における光受容器・光周時計・出力系の全貌を明らかにすることを目的とした。
ホソヘリカメムシでは、光周性における光受容に重要な複眼中央部の視細胞群からの中枢への投射を解剖学的に調べ、次に出力系であるアラタ体に終末する2種類の脳ニューロンを同定した。そして、これらニューロンの選択的除去実験からアラタ体へ終末する脳側方部ニューロンが光周性において重要であること、さらに、二群の脳側方部ニューロン...
カブトエビ初期発生の光による制御機構の研究
科学研究費助成事業
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 沼田 英治
アジアカブトエビの卵が暗黒下におかれると、決まった段階で胚の形態形成が停止し、光が照射されると即座に形態形成が再開される。本研究は、この現象を発生学的、生理学的に詳細に記述し、光応答にかかわる生理機構を明らかにすることを目的とする。昨年度は、発生を停止する発達段階が器官形成の初期段階にあたること、および発生の再開に青色光および紫外線が有効であることを明らかにし、成体で発現している新奇オプシン遺伝子3種をクローニングした。本年度は、RT-PCR法とRACE法を用いることで、さらに新奇2種の遺...
ハエ目昆虫の光周性に関与する遺伝子の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 後藤 慎介
本研究は光周性の発現に関与する分子を明らかにしようとするものである。
短日で飼育されたナミニクバエSarcophaga(Parasarcophaga) similisは蛹で発育を停止して蛹休眠に入ることが知られている。一方、長日で飼育された場合は発育を続け成虫となる。昨年度までの研究により、胚から短日で飼育したワンダリング幼虫に数日(最低4日間)の水処理を行い、その間に長日を与えると、休眠への運命が消去されてほぼすべての個体が非休眠へと切り替わることが明らかになった。そこで本年度は次の実験...
ショウジョウバエの環境適応におけるヒートショックタンパク質の役割
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1998年 - 1999年

特許

 
第5065399号 : ニクバエ類およびクロバエ類昆虫の卵巣発達期および産卵用培地,飼育方法,および医療用昆虫
沼田英治,三井秀也,後藤慎介
ニクバエ類およびクロバエ類昆虫の卵巣発達期および産卵用培地,ニクバエ類およびクロバエ類昆虫の飼育方法,および医療用昆虫
第5065399号 : ニクバエ類およびクロバエ類昆虫の卵巣発達期および産卵用培地,飼育方法,および医療用昆虫
沼田英治,三井秀也,後藤慎介
ニクバエ類およびクロバエ類昆虫の卵巣発達期および産卵用培地,ニクバエ類およびクロバエ類昆虫の飼育方法,および医療用昆虫

社会貢献活動

 
出前授業
【講師】  (市立東高校)  2013年7月16日
「動物にとっての水の役割~海,砂漠,南極~」のタイトルで行った。◆関係組織:内閣府男女共同参画局
出前授業
【講師】  (北野高校)  2013年6月1日
「南極の昆虫が持つ時計」のタイトルで行った。◆関係組織:大阪市立大学、大阪市博物館協会
マスメディア活動
【】  2010年4月 - 2011年3月
ラジオ出演
共同通信.2018年の夏の暑さが昆虫に及ぼす影響
【取材協力】  2018年8月24日 - 2018年8月27日
西宮市生涯学習大学・宮水学園
【講師】  2018年