泉 康雄

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/01 22:38
 
アバター
研究者氏名
泉 康雄
 
イズミ ヤスカツ
所属
大阪市立大学
部署
大学院医学研究科 臨床医科学専攻
職名
客員准教授
学位
医学博士(大阪市立大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
大阪市立大学 医学研究科 生理系薬理学
 
 
 - 
1994年
滋賀医科大学 医学部 医学科
 

受賞

 
1999年
日本循環薬理学会 Young Investigator Award
 
1997年
日本高血圧学会 Young Investigator Award
 
2005年
心脈管作動物質学会 奨励賞
 

論文

 
Nakagawa T, Furukawa Y, Hayashi T, Nomura A, Yokoe S, Moriwaki K, Kato R, Ijiri Y, Yamaguchi T, Izumi Y, Yoshiyama M, Asahi M
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension      2019年8月   [査読有り]
Yamaguchi T, Watanabe A, Tanaka M, Shiota M, Osada-Oka M, Sano S, Yoshiyama M, Miura K, Kitajima S, Matsunaga S, Tomita S, Iwao H, Izumi Y
Journal of pharmacological sciences   139(2) 112-119   2019年2月   [査読有り]
Shibata A, Hanatani A, Izumi Y, Kitada R, Iwata S, Yoshiyama M
Heart and vessels   33(11) 1325-1333   2018年11月   [査読有り]
Imano H, Kato R, Tanikawa S, Yoshimura F, Nomura A, Ijiri Y, Yamaguchi T, Izumi Y, Yoshiyama M, Hayashi T
Journal of pharmacological sciences   137(3) 274-282   2018年7月   [査読有り]
Osada-Oka M, Hirai S, Izumi Y, Misumi K, Samukawa K, Tomita S, Miura K, Minamiyama Y, Iwao H
Journal of pharmacological sciences   136(1) 9-15   2018年1月   [査読有り]
Osada-Oka M, Shiota M, Izumi Y, Nishiyama M, Tanaka M, Yamaguchi T, Sakurai E, Miura K, Iwao H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   40(4) 353-360   2017年4月   [査読有り]
Woo E, Kato R, Imano H, Fujiwara Y, Ijiri Y, Okada Y, Yamaguchi T, Izumi Y, Yoshiyama M, Katsumata T, Hayashi T
Current vascular pharmacology   15(6) 589-598   2017年   [査読有り]
Nakagawa M, Owada Y, Izumi Y, Nonin S, Sugioka K, Nakatani D, Iwata S, Mizutani K, Nishimura S, Ito A, Fujita S, Daimon T, Sawa Y, Asakura M, Maeda M, Fujio Y, Yoshiyama M
Heart and vessels   31(9) 1574-1578   2016年9月   [査読有り]
Takahashi K, Tanaka M, Yashiro M, Matsumoto M, Ohtsuka A, Nakayama KI, Izumi Y, Nagayama K, Miura K, Iwao H, Shiota M
Cancer letters   378(1) 8-15   2016年8月   [査読有り]
Yoshida K, Kim-Mitsuyama S, Wake R, Izumiya Y, Izumi Y, Yukimura T, Ueda M, Yoshiyama M, Iwao H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   39(6) 482   2016年6月   [査読有り]
Tanaka M, Shiota M, Nakao T, Uemura R, Nishi S, Ohkawa Y, Matsumoto M, Yamaguchi M, Osada-Oka M, Inagaki A, Takahashi K, Nakayama KI, Gi M, Izumi Y, Miura K, Iwao H
Journal of proteomics   136 214-221   2016年3月   [査読有り]
Percutaneous Carbon Dioxide Treatment Using a Gas Mist Generator Attenuates the Development of Right Ventricular Dysfunction in Monocrotaline-induced Pulmonary Hypertensive Rats.
Yamaguchi T, Izumi Y, Yamazaki T, Nakamura Y, Sano S, Shiota M, Miura K, Iwao H, Yoshiyama M
Osaka city medical journal   61(1) 31-41   2015年6月   [査読有り]
Yamaguchi T, Yamazaki T, Nakamura Y, Shiota M, Shimada K, Miura K, Iwao H, Yoshiyama M, Izumi Y
Journal of pharmacological sciences   127(4) 474-480   2015年4月   [査読有り]
Tateishi Y, Osada-Oka M, Tanaka M, Shiota M, Izumi Y, Ishimura E, Motoyama K, Inaba M, Miura K
Journal of pharmacological sciences   127(2) 181-189   2015年2月   [査読有り]
Yamaguchi T, Izumi Y, Nakamura Y, Yamazaki T, Shiota M, Sano S, Tanaka M, Osada-Oka M, Shimada K, Miura K, Yoshiyama M, Iwao H
International journal of cardiology   178 239-246   2015年1月   [査読有り]
Izumi Y, Yamaguchi T, Yamazaki T, Yamashita N, Nakamura Y, Shiota M, Tanaka M, Sano S, Osada-Oka M, Shimada K, Wanibuchi H, Miura K, Yoshiyama M, Iwao H
Journal of atherosclerosis and thrombosis   22(1) 38-51   2015年   [査読有り]
Kato R, Nomura A, Sakamoto A, Yasuda Y, Amatani K, Nagai S, Sen Y, Ijiri Y, Okada Y, Yamaguchi T, Izumi Y, Yoshiyama M, Tanaka K, Hayashi T
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   307(11) H1626-33   2014年12月   [査読有り]
Ehara S, Hasegawa T, Matsumoto K, Otsuka K, Yamazaki T, Iguchi T, Izumi Y, Shimada K, Yoshiyama M
Heart and vessels   29(5) 638-644   2014年9月   [査読有り]
Tanaka M, Yamaguchi M, Shiota M, Kawamoto Y, Takahashi K, Inagaki A, Osada-Oka M, Harada A, Wanibuchi H, Izumi Y, Miura K, Iwao H, Ohkawa Y
Monoclonal antibodies in immunodiagnosis and immunotherapy   33(4) 261-269   2014年8月   [査読有り]
Sano S, Izumi Y, Yamaguchi T, Yamazaki T, Tanaka M, Shiota M, Osada-Oka M, Nakamura Y, Wei M, Wanibuchi H, Iwao H, Yoshiyama M
Biochemical and biophysical research communications   445(2) 327-333   2014年3月   [査読有り]
Izumi Y, Miura K, Iwao H
Journal of pharmacological sciences   124(1) 1-6   2014年   [査読有り]
Tanaka M, Mun S, Harada A, Ohkawa Y, Inagaki A, Sano S, Takahashi K, Izumi Y, Osada-Oka M, Wanibuchi H, Yamagata M, Yukimura T, Miura K, Shiota M, Iwao H
PloS one   9(5) e96785   2014年   [査読有り]
Yamaguchi T, Yamazaki T, Kawaguchi H, Tawa M, Nakamura Y, Shiota M, Osada-Oka M, Tanimoto A, Okamura T, Miura K, Iwao H, Yoshiyama M, Izumi Y
Journal of pharmacological sciences   126(2) 168-171   2014年   [査読有り]
Takahashi K, Tanaka M, Inagaki A, Wanibuchi H, Izumi Y, Miura K, Nagayama K, Shiota M, Iwao H
International journal of oncology   43(6) 1985-1991   2013年12月   [査読有り]
Ehara S, Nakamura Y, Matsumoto K, Hasegawa T, Shimada K, Takagi M, Hanatani A, Izumi Y, Terashima M, Yoshiyama M
Heart and vessels   28(5) 596-605   2013年9月   [査読有り]
Yamazaki T, Nakamura Y, Shiota M, Osada-Oka M, Fujiki H, Hanatani A, Shimada K, Miura K, Yoshiyama M, Iwao H, Izumi Y
Journal of pharmacological sciences   123(1) 58-66   2013年9月   [査読有り]
Izumi Y
Heart failure clinics   9(2) 225-31, ix   2013年4月   [査読有り]
Yamazaki T, Izumi Y, Nakamura Y, Yamashita N, Fujiki H, Osada-Oka M, Shiota M, Hanatani A, Shimada K, Iwao H, Yoshiyama M
Circulation. Heart failure   5(6) 794-802   2012年11月   [査読有り]
Sakaguchi M, Fukuda S, Shimada K, Izumi Y, Izumiya Y, Nakamura Y, Nakanishi K, Otsuka K, Ogawa H, Fujita M, Yoshikawa J, Yoshiyama M
Journal of cardiology   60(4) 283-287   2012年10月   [査読有り]
Shiota M, Hikita Y, Kawamoto Y, Kusakabe H, Tanaka M, Izumi Y, Nakao T, Miura K, Funae Y, Iwao H
Journal of cellular and molecular medicine   16(9) 2001-2009   2012年9月   [査読有り]
Osada-Oka M, Kita H, Yagi S, Sato T, Izumi Y, Iwao H
European journal of pharmacology   679(1-3) 9-15   2012年3月   [査読有り]
Yamazaki T, Yamashita N, Izumi Y, Nakamura Y, Shiota M, Hanatani A, Shimada K, Muro T, Iwao H, Yoshiyama M
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   35(1) 34-40   2012年1月   [査読有り]
Therapeutical Potential of Microvesicles in Cardiovascular Diseases.
泉 康雄
J Genet Syndr Gene Ther   3 e107   2012年   [査読有り]
Yamazaki T, Izumi Y, Nakamura Y, Hanatani A, Shimada K, Muro T, Shiota M, Iwao H, Yoshiyama M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   76(5) 1203-1212   2012年   [査読有り]
Samukawa K, Izumi Y, Shiota M, Nakao T, Osada-Oka M, Miura K, Iwao H
Journal of pharmacological sciences   118(3) 391-400   2012年   [査読有り]
Rokutanda T, Izumiya Y, Miura M, Fukuda S, Shimada K, Izumi Y, Nakamura Y, Araki S, Hanatani S, Matsubara J, Nakamura T, Kataoka K, Yasuda O, Kaikita K, Sugiyama S, Kim-Mitsuyama S, Yoshikawa J, Fujita M, Yoshiyama M, Ogawa H
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   31(12) 2872-2880   2011年12月   [査読有り]
Yamashita T, Iwakura T, Matsui K, Kawaguchi H, Obana M, Hayama A, Maeda M, Izumi Y, Komuro I, Ohsugi Y, Fujimoto M, Naka T, Kishimoto T, Nakayama H, Fujio Y
Cardiovascular research   91(4) 640-648   2011年9月   [査読有り]
Nakao T, Yamane T, Katagami T, Shiota M, Izumi Y, Samori T, Hino M, Iwao H
Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis   22(4) 337-339   2011年6月   [査読有り]
Safty assessment of electronic cigarettes in smokers.
泉 康雄
Seikatsu Eisei   55 59-64   2011年   [査読有り]
Sugiyama A, Nakamura Y, Akie Y, Saito H, Izumi Y, Yamazaki H, Kaneko N, Itoh K
Journal of pharmacological sciences   115(2) 122-126   2011年   [査読有り]
Kawaguchi H, Miyoshi N, Miura N, Fujiki M, Horiuchi M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, Yoshida H
Journal of pharmacological sciences   115(2) 115-121   2011年   [査読有り]
Kaneko N, Itoh K, Sugiyama A, Izumi Y
Journal of pharmacological sciences   115(2) 112-114   2011年   [査読有り]
Novel microminipig model of atherosclerosis by high fat and high cholesterol diet, established in Japan.
Miyoshi N, Horiuchi M, Inokuchi Y, Miyamoto Y, Miura N, Tokunaga S, Fujiki M, Izumi Y, Miyajima H, Nagata R, Misumi K, Takeuchi T, Tanimoto A, Yasuda N, Yoshida H, Kawaguchi H
In vivo (Athens, Greece)   24(5) 671-680   2010年9月   [査読有り]
Izumi Y
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   136(2) 103-106   2010年8月   [査読有り]
Shiota M, Kusakabe H, Izumi Y, Hikita Y, Nakao T, Funae Y, Miura K, Iwao H
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   30(3) 491-497   2010年3月   [査読有り]
Machida Y, Kitamoto K, Izumi Y, Shiota M, Uchida J, Kira Y, Nakatani T, Miura K
Journal of pharmacological sciences   114(4) 464-473   2010年   [査読有り]
Kitamoto K, Machida Y, Uchida J, Izumi Y, Shiota M, Nakao T, Iwao H, Yukimura T, Nakatani T, Miura K
Journal of pharmacological sciences   111(3) 285-292   2009年11月   [査読有り]
Izumi Y, Shiota M, Kusakabe H, Hikita Y, Nakao T, Nakamura Y, Muro T, Miura K, Yoshiyama M, Iwao H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   32(8) 675-679   2009年8月   [査読有り]
Izumi Y, Okatani H, Shiota M, Nakao T, Ise R, Kito G, Miura K, Iwao H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   32(5) 339-346   2009年5月   [査読有り]
Shiota M, Kusakabe H, Hikita Y, Nakao T, Izumi Y, Iwao H
Journal of pharmacological sciences   107(1) 15-19   2008年5月   [査読有り]
Nakao T, Shiota M, Tatemoto Y, Izumi Y, Iwao H
Journal of pharmacological sciences   105(4) 334-341   2007年12月   [査読有り]
Nishiya D, Enomoto S, Omura T, Matsumoto R, Kusuyama T, Izumi Y, Iwao H, Takeuchi K, Yoshiyama M
Journal of pharmacological sciences   103(4) 391-397   2007年4月   [査読有り]
Sano M, Izumi Y, Helenius K, Asakura M, Rossi DJ, Xie M, Taffet G, Hu L, Pautler RG, Wilson CR, Boudina S, Abel ED, Taegtmeyer H, Scaglia F, Graham BH, Kralli A, Shimizu N, Tanaka H, Mäkelä TP, Schneider MD
Cell metabolism   5(2) 129-142   2007年2月   [査読有り]
Shiota M, Izumi Y, Nakao T, Iwao H
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   128(3) 161-166   2006年9月   [査読有り]
The effect of the intake of rice crackers containing indigestible dextrin on postprandial blood glucose levels in healthy adults.
泉 康雄
Seikatsu Eisei   50 84-88   2006年   [査読有り]
Microbubble destruction with ultrasound augments neovascularization by bone marrow cell transplantation in rat hindlimb ischemia.
泉 康雄
Heart   92 515-520   2006年   [査読有り]
Dominant-negative c-Jun inhibits rat cardiac hypertrophy induced by angiotensin II and hypertension.
泉 康雄
Gene Ther   13 348-355   2006年   [査読有り]
Omura T, Yoshiyama M, Izumi Y, Kim S, Matsumoto R, Enomoto S, Kusuyama T, Nishiya D, Nakamura Y, Akioka K, Iwao H, Takeuchi K, Yoshikawa J
Journal of cardiovascular pharmacology   46(4) 519-525   2005年10月   [査読有り]
Izumi Y, Kim-Mitsuyama S, Yoshiyama M, Omura T, Shiota M, Matsuzawa A, Yukimura T, Murohara T, Takeya M, Ichijo H, Yoshikawa J, Iwao H
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   25(9) 1877-1883   2005年9月   [査読有り]
Wake R, Kim-Mitsuyama S, Izumi Y, Yoshida K, Izumiya Y, Yukimura T, Shiota M, Yoshiyama M, Yoshikawa J, Iwao H
Journal of pharmacological sciences   98(4) 372-379   2005年8月   [査読有り]
Kusuyama T, Yoshiyama M, Omura T, Nishiya D, Enomoto S, Matsumoto R, Izumi Y, Akioka K, Takeuchi K, Iwao H, Yoshikawa J
Journal of pharmacological sciences   98(3) 283-289   2005年7月   [査読有り]
Matsumoto R, Omura T, Yoshiyama M, Hayashi T, Inamoto S, Koh KR, Ohta K, Izumi Y, Nakamura Y, Akioka K, Kitaura Y, Takeuchi K, Yoshikawa J
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   25(6) 1168-1173   2005年6月   [査読有り]
Kim-Mitsuyama S, Yamamoto E, Tanaka T, Zhan Y, Izumi Y, Izumiya Y, Ioroi T, Wanibuchi H, Iwao H
Stroke   36(5) 1083-1088   2005年5月   [査読有り]
Yoshida K, Kim-Mitsuyama S, Wake R, Izumiya Y, Izumi Y, Yukimura T, Ueda M, Yoshiyama M, Iwao H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   28(5) 447-455   2005年5月   [査読有り]
Omura T, Yoshiyama M, Matsumoto R, Kusuyama T, Enomoto S, Nishiya D, Izumi Y, Kim S, Ichijo H, Motojima M, Akioka K, Iwao H, Takeuchi K, Yoshikawa J
Journal of molecular and cellular cardiology   38(4) 583-592   2005年4月   [査読有り]
[Gene, biosynthesis, and function of angiotensinogen].
Shiota M, Izumi Y, Yukimura T, Iwao H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 3 17-21   2005年3月   [査読有り]
Angiotensin converting enzyme inhibitor prevents left ventricular remodelling after myocardial infarction in angiotensin II type 1 receptor knockout mice.
泉 康雄
Heart   91 1080-1085   2005年   [査読有り]
Effects of eplerenone on transcriptional factors and mRNA expression related to cardiac remodelling after myocardial infarction.
泉 康雄
Heart   91 1595-1600   2005年   [査読有り]
Additive beneficial effects of the combination of a calcium channel blocker and an angiotensin blocker on a hypertensive rat-heart failure model.
Kim-Mitsuyama S, Izumi Y, Izumiya Y, Yoshida K, Yoshiyama M, Iwao H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   27(10) 771-779   2004年10月   [査読有り]
Izumi Y, Izumiya Y, Shiota M, Yukimura T, Shiojima S, Yamada M, Kadowaki T, Katsuma S, Hirasawa A, Tsujimoto G, Iwao H
Journal of pharmacological sciences   96(1) 91-94   2004年9月   [査読有り]
Yoshiyama M, Hayashi T, Nakamura Y, Omura T, Izumi Y, Matsumoto R, Takeuchi K, Kitaura Y, Yoshikawa J
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68(6) 580-586   2004年6月   [査読有り]
Matsumoto R, Yoshiyama M, Omura T, Kim S, Nakamura Y, Izumi Y, Akioka K, Iwao H, Takeuchi K, Yoshikawa J
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   68(4) 376-382   2004年4月   [査読有り]
Omura T, Yoshiyama M, Kim S, Matsumoto R, Nakamura Y, Izumi Y, Ichijo H, Sudo T, Akioka K, Iwao H, Takeuchi K, Yoshikawa J
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   24(2) 270-275   2004年2月   [査読有り]
Izumi Y, Kim S, Yoshiyama M, Izumiya Y, Yoshida K, Matsuzawa A, Koyama H, Nishizawa Y, Ichijo H, Yoshikawa J, Iwao H
Circulation   108(22) 2812-2818   2003年12月   [査読有り]
Izumiya Y, Kim S, Izumi Y, Yoshida K, Yoshiyama M, Matsuzawa A, Ichijo H, Iwao H
Circulation research   93(9) 874-883   2003年10月   [査読有り]
Zhan Y, Kim S, Izumi Y, Izumiya Y, Nakao T, Miyazaki H, Iwao H
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   23(5) 795-801   2003年5月   [査読有り]
Nakamura Y, Yoshiyama M, Omura T, Yoshida K, Izumi Y, Takeuchi K, Kim S, Iwao H, Yoshikawa J
Cardiovascular research   57(1) 48-54   2003年1月   [査読有り]
Kim S, Izumi Y, Izumiya Y, Zhan Y, Taniguchi M, Iwao H
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   22(8) 1299-1304   2002年8月   [査読有り]
Gene transfer of dominant-negative mutants of extracellular signal-regulated kinase and c-Jun NH2-terminal kinase prevents neointimal formation in balloon-injured rat artery.
泉 康雄
Circ Res   88 1120-1126   2001年   [査読有り]
Effects of combination of ACE inhibitor and angiotensin receptor blocker on cardiac remodeling, cardiac function, and survival in rat heart failure.
泉 康雄
Circulation   103 148-154   2001年   [査読有り]
In vivo activation of rat aortic platelet-derived growth factor and epidermal growth factor receptors by angiotensin II and hypertension.
泉 康雄
Arterioscler Thromb Vasc Biol   20 2539-2545   2000年   [査読有り]
Important role of angiotensin II-mediated c-Jun NH2-terminal kinase activation in cardiac hypertrophy in hypertensive rats.
泉 康雄
Hypertension   36 511-516   2000年   [査読有り]
Differences in time course of myocardial mRNA expression in non-infarcted myocardium after myocardial infarction.
泉 康雄
Basic Res Cardiol   95 316-323   2000年   [査読有り]
Chronic activation of glomerular mitogen-activated protein kinases in Dahl salt-sensitive rats.
泉 康雄
J Am Soc Nephrol   11 39-46   2000年   [査読有り]
Cardiovascular effects of combination of perindopril, candesartan, and amlodipine in hypertensive rats.
泉 康雄
Hypertension   35 769-774   2000年   [査読有り]
Increased JNK, AP-1 and NF-kappa B DNA binding activities in isoproterenol-induced cardiac remodeling.
泉 康雄
J Mol Cell Cardiol   31 2017-2030   1999年   [査読有り]
Contribution of extracellular signal-regulated kinase to angiotensin II-induced transforming growth factor-beta1 expression in vascular smooth muscle cells.
泉 康雄
Hypertension   34 126-131   1999年   [査読有り]
Differential activation of cardiac c-jun amino-terminal kinase and extracellular signal-regulated kinase in angiotensin II-mediated hypertension.
泉 康雄
Circ Res   83 752-760   1998年   [査読有り]
Angiotensin blockade inhibits activation of mitogen-activated protein kinases in rat balloon-injured artery.
泉 康雄
Circulation   97 1731-1737   1998年   [査読有り]
Cardiac mitogen activated protein kinase activities are chronically increased in stroke-prone hypertensive rats.
泉 康雄
Hypertension   31 50-56   1998年   [査読有り]
Extracellular signal-regulated kinase and c-Jun NH2-terminal kinase activities are continuously and differentially increased in aorta of hypertensive rats.
Biochem Biophys Res Commun   236 199-204   1997年   [査読有り]

Misc

 
レニン・アンジオテンシン系活性化による血管リモデリングとその細胞内分子機構について
泉 康雄, 岩尾 洋
血管   28(3) 95-99   2005年9月
Augmented O-GlcNAcylation of Glycogen Synthase Kinase-3Β and NF-Κ Bp65 Prevents Cardiac Hypertrophy Induced by Intermittent Hypoxia Relevant to Sleep Apnea(和訳中)
野村 篤生, 林 哲也, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 朝日 通雄
日本循環器学会学術集会抄録集   83回 PJ074-2   2019年3月
Role of Cardiac Steroidogenic Acute Regulatory Protein in Pulmonary Arterial Hypertension: A Novel Treatment with Mineralocorticoid Receptor Antagonists and Anticoagulant(和訳中)
山本 ゆい, 兼崎 絢汰, 尾形 竜樹, 松本 奨太, 細川 彩, 山本 華菜子, 野村 篤生, 禹 英喜, 今野 秀樹, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 岡田 仁克, 朝日 通雄, 林 哲也
日本循環器学会学術集会抄録集   83回 PJ126-3   2019年3月
リナグリプチンはdipeptidyl peptidase-4非依存的に心筋梗塞後のリモデリングを抑制する
山口 雄大, 泉 康雄, 塩田 正之, 松永 慎司, 三浦 克之, 岩尾 洋, 冨田 修平
血管   42(1) 45-45   2019年1月
肺動脈性肺高血圧症PAHに伴う右室リモデリングにおける選択的第Xa因子阻害薬とミネラルコルチコイド受容体拮抗薬の併用効果
兼崎 絢汰, 細川 彩, 近藤 俊介, 和田 拓樹, 野村 篤生, 今野 秀樹, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 朝日 道雄, 林 哲也
日本心臓病学会学術集会抄録   66回 O-113   2018年9月
間歇的低酸素負荷に伴う心筋リモデリングとXa因子阻害薬rivaroxabanによるNF-κB、MAPK、TGF-β/Smad経路を介した心保護効果
尾形 竜樹, 細川 彩, 奥村 希, 和田 拓樹, 近藤 俊介, 今野 秀樹, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 林 哲也
日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   39回 46-46   2018年6月
間歇的低酸素負荷に伴う心筋リモデリングにおけるPAR-1/-2の役割
高嶋 弘樹, 細川 彩, 熊井 あみ, 和田 拓樹, 近藤 俊介, 今野 秀樹, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 林 哲也
日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   39回 47-47   2018年6月
【「心血管リモデリングと循環制御」】心血管リモデリングにエキソソームが果たす役割
山口 雄大, 泉 康雄, 岡 真優子, 塩田 正之, 冨田 修平
循環制御   39(1) 4-6   2018年5月
Heat shock protein 72によるStromal cell-derived factor 2の保護はオキサリプラチン耐性ヒト胃癌細胞においてオキサリプラチン誘導性の細胞死を抑制する
高橋 克之, 田中 昌子, 八代 正和, 松本 雅記, 大塚 明日香, 中山 敬一, 泉 康雄, 永山 勝也, 三浦 克之, 岩尾 洋, 塩田 正之
大阪市医学会雑誌   66 40-41   2017年12月
低酸素負荷誘導性心筋リモデリングにおける微小血管病変と選択的Xa阻害薬rivaroxabanの組織保護効果
和田 拓樹, 坂井 伸次, 橋本 知明, 今野 秀樹, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 林 哲也
臨床薬理   48(Suppl.) S282-S282   2017年11月
Sugen5416-低酸素肺高血圧症モデルラットにおける凝固第Xa因子阻害の影響
森田 早貴, 禹 英喜, 坂井 伸次, 藤本 俊祐, 光永 圭佑, 加藤 隆児, 今野 秀樹, 井尻 好雄, 岡田 仁克, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 勝間田 敬弘, 林 哲也
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 369-369   2017年10月
心血管リモデリングと循環制御 心血管リモデリングにエキソソームが果たす役割
山口 雄大, 泉 康雄, 岡 真優子, 塩田 正之, 田中 昌子, 岩尾 洋
日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   38回 37-37   2017年6月
肺動脈性肺高血圧症モデルラットの右室心筋において低酸素中に進行しているのは何か(What is Going on during Hypoxia in the Right Ventricular Myocardium of Pulmonary Arterial Hypertension Model Rats?)
十川 尚喜, 禹 英喜, 加藤 隆児, 今野 秀樹, 井尻 好雄, 岡田 仁克, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 勝間田 敬弘, 林 哲也
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-369   2017年3月
間歇的低酸素負荷にともなう心筋リモデリングに対する選択的Xa阻害薬rivaroxabanの影響
坂井 伸次, 冨士原 あゆみ, 近藤 俊樹, 藤井 健治, 大丸 礎仁愛, 今野 秀樹, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 泉 康雄, 葭山 稔, 林 哲也
臨床薬理   47(Suppl.) S195-S195   2016年10月
低酸素負荷に伴う心筋リモデリングに及ぼすVEGFR2チロシンキナーゼ阻害薬Sugen5416の影響
橋本 知明, 近藤 俊樹, 冨士原 あゆみ, 大丸 礎仁愛, 藤井 健治, 今野 秀樹, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 泉 康雄, 葭山 稔, 林 哲也
臨床薬理   47(Suppl.) S195-S195   2016年10月
急性心筋梗塞に対するIL-11製剤オプレルベキンを用いた心筋保護治療
野元 陽太, 仲川 将志, 泉 康雄, 能仁 信一, 阪本 勇也, 水谷 一輝, 白井 伸幸, 杉岡 憲一, 高木 雅彦, 小和田 康子, 前田 真貴子, 中谷 大作, 朝倉 正紀, 藤尾 慈, 葭山 稔
日本心臓病学会学術集会抄録   64回 P-054   2016年9月
高血圧ラットにおける血中エキソソームの内皮細胞への役割
泉 康雄, 櫻井 絵未, 岡 真優子, 田中 昌子, 塩田 正之, 岩尾 洋, 三浦 克之
血管   39(1) 41-41   2016年1月
ドラッグ・リポジショニング研究と臨床薬理学 血小板減少症治療薬IL-11から心筋保護薬IL-11へ ドラッグ・リポジショニングにおけるアカデミアのこころ
前田 真貴子, 藤尾 慈, 大和田 康子, 藤井 比佐子, 大門 貴志, 中谷 大作, 朝倉 正紀, 泉 康雄, 葭山 稔
臨床薬理   46(Suppl.) S105-S105   2015年11月
肺高血圧による右室モデリングに対する炭酸ガスミストの有効性
泉 康雄, 山崎 貴紀, 中村 泰浩, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   38回 456-456   2015年10月
糖尿病におけるヘキソキナーゼ経路O-GlcNAc化と心血管保護作用 間歇的低酸素負荷に伴う心房リモデリングについて
吉村 芙美, 谷川 翔太, 野田 拓誠, 宝迫 昌吾, 中川 孝俊, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 朝日 通雄, 林 哲也
日本心臓病学会学術集会抄録   63回 130-130   2015年9月
PAHモデルラットにおけるVEGF発現遅延が右室リモデリングに与える影響
海野 真美, 宝迫 昌吾, 室谷 美咲, 川上 淳, 禹 英喜, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 林 哲也
日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   36回 18-18   2015年6月
間歇的低酸素負荷時の糖尿病マウス心筋に及ぼすO-GlcNAc化の影響
谷川 翔太, 吉村 芙美, 野田 拓誠, 中川 孝俊, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 朝日 通雄, 林 哲也
日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   36回 32-32   2015年6月
超小型ミニブタを用いたメタボリック症候群モデル作製
泉 康雄, 山崎 貴紀, 中村 泰浩, 島田 健永, 葭山 稔, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   37回 399-399   2014年10月
活性化マクロファージ由来エキソソームと血管内皮細胞障害
岡 真優子, 塩田 正之, 田中 昌子, 泉 康雄, 岩尾 洋
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   87回 [2T09p-10]   2014年10月
間歇的低酸素負荷が不全心に及ぼす影響 健常心と不全心での比較検討
室谷 美咲, 野村 篤生, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 田中 一彦, 林 哲也
日本心臓病学会学術集会抄録   62回 P-538   2014年9月
間歇的低酸素負荷がBio14.6心筋症ハムスターの心筋組織病変に与える影響
銭 瑶子, 野村 篤生, 加藤 隆児, 安田 侑紀, 藤原 祐治, 松井 美佳, 室谷 美咲, 川上 淳, 井尻 好雄, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 阪本 英二, 田中 一彦, 林 哲也
日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   35回 102-102   2014年7月
低酸素負荷におけるO-G1cNAc化タンパク質のオートファジーとアポトーシスへの影響
渡辺 明, 佐々木 泉帆, 古川 裕一, 野村 篤生, 上橋 和佳, 加藤 隆児, 井尻 好雄, 中川 孝俊, 山口 雄大, 泉 康雄, 葭山 稔, 朝日 通雄, 林 哲也
日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集   35回 122-122   2014年7月
慢性心不全に対する一過性四肢虚血コンディショニング効果
山口 雄大, 泉 康雄, 山崎 貴紀, 中村 泰浩, 岡 真優子, 塩田 正之, 葭山 稔, 岩尾 洋
血管   37(1) 29-29   2014年1月
トルバプタンはラットにおける心筋梗塞後の左室機能障害を改善させる
山崎 貴紀, 泉 康雄, 中村 泰浩, 山下 直人, 藤木 浩之, 岡 真優子, 塩田 正之, 花谷 彰久, 島田 健永, 岩尾 洋, 葭山 稔
大阪市医学会雑誌   62 38-39   2013年12月
血中Hsp72を用いたバイオマーカー探索
植村 遼, 田中 昌子, 西 智史, 川口 真紗子, 鰐渕 英機, 泉 康雄, 三浦 克之, 塩田 正之, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   142(5) 18P-18P   2013年11月
急性心筋梗塞に対するインターロイキン11(IL-11)製剤を用いた心筋保護治療の臨床試験のためのプロトコール作成研究
大和田 康子, 泉 康雄, 朝倉 正紀, 山本 晴子, 前田 真貴子, 葭山 稔, 藤尾 慈
臨床薬理   44(Suppl.) S248-S248   2013年11月
血管作動性物質研究の最先端 高血圧におけるエキソソームの役割
泉 康雄, 岡 真優子, 塩田 正之, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   36回 219-219   2013年10月
全身加速ベッドによる受動運動は末梢動脈疾患の有効な治療となりうる
六反田 拓, 泉家 康宏, 三浦 光年, 福田 祥大, 島田 健永, 泉 康雄, 中村 泰浩, 吉川 純一, 藤田 正俊, 葭山 稔, 小川 久雄
日本心臓病学会誌   8(Suppl.I) 558-558   2013年9月
高血圧モデルにおけるマクロファージ由来エキソソームの内皮への影響
泉 康雄, 岡 真優子, 西山 方規, 田中 昌子, 山口 雄大, 塩田 正之, 岩尾 洋
日本内分泌学会雑誌   89(2) 736-736   2013年9月
Dipperは本当にdipperか? 血圧日内変動パターンの変動性に関する検討
岩田 真一, 泉 康雄, 花谷 彰久, 島田 健永, 葭山 稔
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   2回 117-117   2013年5月
心血管障害におけるエキソソームの役割
岡 真優子, 西山 方規, 泉 康雄, 塩田 正之, 三浦 克之, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   141(3) 25P-25P   2013年3月
げっ歯類と非げっ歯類では一酸化窒素合成酵素阻害薬に対する反応が異なる
泉 康雄, 岡 真優子, 塩田 正之, 三浦 克之, 岩尾 洋
血管   36(1) 28-28   2013年1月
ラット心筋梗塞急性期および慢性期に対するバソプレシンV2受容体拮抗薬の有効性
泉 康雄, 山崎 貴紀, 岡 真優子, 塩田 正之, 岩尾 洋
血管   36(1) 32-32   2013年1月
アンジオテンシンIIによるエキソソームへの影響
泉 康雄, 西山 方規, 岡 真優子, 田中 昌子, 塩田 正之, 三浦 克之, 岩尾 洋
血管   36(1) 39-39   2013年1月
【配合剤の現状と展望】Key words 相乗的薬理作用
泉 康雄
カレントテラピー   30(12) 1310-1310   2012年12月
慢性心不全モデルラットに対するバソプレシンV2受容体拮抗薬トルバプタンの効果
泉 康雄, 山崎 貴紀, 中村 泰浩, 高橋 延吉, 塩田 正之, 岡 真優子, 三浦 克之, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   140(4) 5P-5P   2012年10月
分子シャペロンHsc70を標的とした癌のストレス応答分子同定法の確立
田中 昌子, 塩田 正之, 三嶋 梨花, 下條 真未, 岡田 麻代実, 高橋 克之, 山形 雅代, 岡 真優子, 泉 康雄, 雪村 時人, 三浦 克之, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   140(4) 12P-12P   2012年10月
Nitric Oxide Synthase(NOS)阻害薬に対する種差
泉 康雄, 中村 泰浩, 山崎 貴紀, 花谷 彰久, 島田 健永, 葭山 稔, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   35回 427-427   2012年9月
糖尿病における全身加速ベッドを用いた受動運動の冠微小循環に与える影響
河野 靖, 福田 祥太, 島田 建永, 泉 康雄, 中村 康浩, 泉家 康宏, 小川 久雄, 葭山 稔, 藤田 正俊, 吉川 純一
日本老年医学会雑誌   49(5) 662-663   2012年9月
II度以上の未治療高血圧症例に対する高用量ARB投与の有用性 ARB/CCB併用投与との比較検討
中村 泰浩, 泉 康雄, 葭山 稔
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   1回 152-152   2012年4月
FGF2機能阻害抗体の作製と血管内皮細胞に対する作用の解析
山口 麻貴, 塩田 正之, 田中 昌子, 岡 真優子, 泉 康雄, 大川 恭行, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   139(3) 26P-26P   2012年3月
経皮的炭酸ガスミスト処置はラット心筋梗塞後の心機能低下を抑制する
泉 康雄, 高橋 延吉, 中村 泰浩, 山崎 貴紀, 塩田 正之, 田中 昌子, 山口 麻貴, 岡 真優子, 葭山 稔, 岩尾 洋
血管   35(1) 47-47   2012年1月
ラット心筋梗塞モデル慢性期に対するバソプレシンV2受容体拮抗薬トルバプタンの効果
泉 康雄, 中村 泰浩, 山崎 貴紀, 花谷 彰久, 島田 健永, 室生 卓, 葭山 稔, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   34回 410-410   2011年10月
II度以上未治療高血圧治療に対する高用量ARB投与とARB・CCB併用投与の降圧効果
中村 泰浩, 泉 康雄, 山崎 貴紀, 花谷 彰久, 島田 健永, 室生 卓, 葭山 稔
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   34回 484-484   2011年10月
薬物性QT延長評価モデル動物としてのマイクロミニピッグの有用性
桑野 康一, 松下 大輔, 平山 知子, 本門 忠文, 軸薗 竜也, 亀之園 剛, 和泉 博之, 洲加本 孝幸, 福崎 好一郎, 永田 良一, 川口 博明, 泉 康雄, 杉山 篤
The Journal of Toxicological Sciences   36(Suppl.) S172-S172   2011年6月
喫煙者を対象とした電子タバコの安全性確認試験
三浦 克之, 菊川 友子, 中尾 隆文, 東海 秀吉, 泉 康雄, 藤井 比佐子, 北條 泰輔
生活衛生   55(1) 59-64   2011年3月
ニコチンを含まない電子タバコの安全性について喫煙者を対象に検討した。電子タバコを28日間使用し、その安全性を確認した。20歳以上の成人男女で喫煙の習慣があり毎日20本以上喫煙しているボランティアを対象とした。完遂した被験者はすべて90%以上の使用日数であった。赤血球数、白血球数、血小板数、ヘモグロビン値およびMCHCは試験器具使用により影響を受けなかった。ヘマトクリット、MCV、MCH、血中アルブミン濃度、クレアチニン値、ASTおよびHDL-コレステロール濃度において電子タバコ使用4週後に...
心肥大に対する抗線維化薬の効果
泉 康雄, 山下 直人, 高橋 克之, 田中 昌子, 南野 優子, 文 沙耶, 山口 麻貴, 塩田 正之, 中尾 隆文, 岩尾 洋
血管   34(1) 45-45   2011年1月
熱ショック蛋白質70(Hsc70)は内皮機能におけるAktシグナル伝達に必須である(Heat shock cognate protein 70 (Hsc70) is essential for Akt signaling in endothelial function)
塩田 正之, 泉 康雄, 田中 昌子, 岩尾 洋
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 4P-0489   2010年12月
炭酸ガスミストによる虚血性疾患に対する新たな治療法の探索
泉 康雄, 山下 直人, 中村 泰浩, 山崎 貴教, 塩田 正之, 中尾 隆文, 葭山 稔, 岩尾 洋
臨床薬理   41(Suppl.) S253-S253   2010年11月
炭酸ガスミストが下肢虚血後の血管新生を促進する
山下 直人, 泉 康雄, 田中 昌子, 文 沙耶, 南野 優子, 塩田 正之, 中尾 隆文, 三浦 克之, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   136(4) 17P-17P   2010年10月
高血圧性心肥大に対する抗線維化薬の効果
泉 康雄, 山崎 貴教, 中村 泰浩, 花谷 彰久, 室生 卓, 葭山 稔, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   33回 316-316   2010年10月
実験技術 カニクイザルを用いた、たこつぼ型心筋症モデル作製
泉 康雄
日本薬理学雑誌   136(2) 103-106   2010年8月
たこつぼ型心筋症は、過度のストレスを受けることなどにより心尖部を中心に左室壁運動が低下する疾患だが、その発症機序は十分に解明されていない。我々は、雄性カニクイザルにエピネフリンの持続静脈内投与を2日(Day 1、Day 2)続けることで、Day 3には、「たこつぼ型」心筋症モデルの作製に成功した。慢性心不全に対して有効であるβ受容体遮断薬を単回投与(Day 3)することで、心筋症後の左室駆出率をより早く改善させ、心尖部に認めたエピネフリンによる心筋障害を軽減させた。Day 4の左心室心尖部...
糖尿病における全身加速ベッドを用いた受動運動の冠微小循環に与える影響
河野 靖, 福田 祥大, 島田 健永, 泉 康雄, 中村 泰浩, 泉家 康宏, 川崎 俊博, 前田 久美子, 實正 哲, 田口 晴之, 小川 久雄, 葭山 稔, 藤田 正俊, 吉川 純一
日本心臓病学会誌   5(Suppl.I) 470-470   2010年8月
内皮機能におけるHeat shock cognate protein 70(Hsc70)の役割
塩田 正之, 泉 康雄, 中尾 隆文, 岩尾 洋
血管   33(2) 49-54   2010年7月
内皮機能におけるHeat shock cognate protein 70(Hsc70)の役割について検討した。臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)は、継代数3から5までのものを実験に供した。8週齢雄性C57BL/6Jマウスの左大腿動静脈を摘出することで下肢虚血モデルを作成した。Hsc70の機能阻害がAktを不活性化することが明らかになった。Hsc70をノックダウンした細胞抽出液を用いてAkt経路に関わる分子のリン酸化、総タンパク量の変化を検討し、PI3Kp110サブユニットのタンパク質発現が優...
FGF-2を介したプラバスタチンの内皮機能亢進作用
川本 由貴子, 塩田 正之, 泉 康雄, 中尾 隆文, 三浦 克之, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   135(3) 26P-26P   2010年3月
スタチンの血管内皮機能亢進作用へのFGF2の関与
塩田 正之, 川本 由貴子, 泉 康雄, 中尾 隆文, 岩尾 洋
血管   33(1) 20-20   2010年1月
【高血圧(第4版) 日本における最新の研究動向】臨床編 ARBの新たなエビデンス・展開
泉 康雄, 岩尾 洋
日本臨床   67(増刊7 高血圧(下)) 687-691   2009年11月
【高血圧(第4版) 日本における最新の研究動向】基礎編 薬剤の多面的作用と血管保護
泉 康雄
日本臨床   67(増刊6 高血圧(上)) 680-684   2009年10月
血管新生におけるプラバスタチンの効果
泉 康雄, 塩田 正之, 中尾 隆文, 日下部 裕美, 疋田 優子, 杉原 舞有子, 川本 由貴子, 三浦 克之, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   134(4) 6P-6P   2009年10月
Heat shock cognate protein 70はAktを介した血管新生に関与する
泉 康雄, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   32回 181-181   2009年10月
虚血後血管新生におけるAMPK経路を介したプラバスタチンの効果
泉 康雄, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   32回 324-324   2009年10月
PPARγ coactivator-1経路による心筋代謝制御機構
泉 康雄
日本薬理学雑誌   133(6) 362-362   2009年6月
プラバスタチンによる内皮細胞遊走とその機序の解析
塩田 正之, 泉 康雄, 川本 由貴子, 中尾 隆文, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   133(3) 25P-25P   2009年3月
内皮機能におけるHeat shock cognate protein 70(Hsc70)の役割
塩田 正之, 泉 康雄, 中尾 隆文, 岩尾 洋
血管   32(1) 24-24   2009年1月
カニクイザルを用いたたこつぼ型心筋症モデル作成とメトプロロールの効果
泉 康雄, 塩田 正之, 中尾 隆文, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   31回 340-340   2008年10月
心臓におけるmenage-a-trois 1(MAT1)の役割
泉 康雄, 塩田 正之, 中尾 隆文, 三浦 克之, Schneider Michael, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   132(3) 18P-18P   2008年9月
スタチンの多面的作用発現の分子機序の解析
塩田 正之, 日下部 裕美, 疋田 優子, 中尾 隆文, 泉 康雄, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   131(3) 26p-26p   2008年3月
Menage-a-trois 1は心筋代謝機能の維持に重要である
泉 康雄, 佐野 元明, 塩田 正之, 中尾 隆文, 岩尾 洋
血管   31(1) 22-22   2008年1月
心臓特異的なMAT1遺伝子欠失マウスは劇的な心不全を引起こす
泉 康雄, 塩田 正之, 三浦 克之, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   30回 146-146   2007年10月
HSP70はスタチンによるAktの活性化を制御し、血管内皮細胞遊走および脈管形成に関与する
日下部 裕美, 塩田 正之, 疋田 優子, 泉 康雄, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   30回 199-199   2007年10月
プラバスタチン依存的FGF-2発現は血管新生作用に関与する
疋田 優子, 塩田 正之, 日下部 裕美, 泉 康雄, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   30回 200-200   2007年10月
Ménage-à-trois 1は心筋のミトコンドリア機能に不可欠である
泉 康雄, 岩尾 洋
日本内分泌学会雑誌   83(2) 594-594   2007年9月
プラバスタチンはラット大動脈内皮細胞においてFGF-2の産生を増加させる
疋田 優子, 塩田 正之, 日下部 裕美, 泉 康雄, 中尾 隆文, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   130(3) 18P-18P   2007年9月
プラバスタチンはPI3K/Akt/mTOR/p70S6 kinase経路を介して血管内皮細胞の増殖を促進する
中尾 隆文, 塩田 正之, 泉 康雄, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   129(2) 22P-22P   2007年2月
プラバスタチンの血管内皮細胞増殖作用におけるmTOR/p70S6 kinase経路の役割
中尾 隆文, 塩田 正之, 泉 康雄, 岩尾 洋
血管   30(1) 25-25   2007年1月
【パスウェイ解析からネットワーク解析へ】スタチンのpleiotropic effectsとその分子機序
塩田 正之, 泉 康雄, 中尾 隆文, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   128(3) 161-166   2006年9月
スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)はコレステロール合成経路の律速段階であるHMG-CoA還元酵素を阻害することにより血清コレステロールを低下させる作用を有する。スタチンの冠動脈イベントの発症や進行の抑制は大規模臨床試験によっても証明されているが、コレステロールの低下作用だけでは説明のつかない他の作用機序によって動脈硬化性疾患の発症進展を抑制していることを示す報告が相次いでいる。血管弛緩を誘導する遺伝子の誘導、血管収縮遺伝子の抑制に加えて、抗凝固活性を有する遺伝子の誘導、炎症性因子、血...
血管内皮細胞におけるスタチンのAkt機能に与える影響
塩田 正之, 泉 康雄, 中尾 隆文, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   128(2) 18P-18P   2006年8月
難消化性デキストリンを配合した米菓の摂取が健常成人の食後血糖値に与える影響 米菓80kcal摂取における検討
山崎 祥史, 福田 真一, 白石 浩荘, 泉 康雄
生活衛生   50(2) 84,94-88,94   2006年3月
健常ボランティア27名を対象にして,難消化性デキストリンを配合したサラダせんべい(試験品)と,難消化性デキストリンを含まないプラセボ品を作製し,血糖上昇抑制効果を二重盲検クロスオーバー試験において検討した.難消化性デキストリンを配合した米菓は,配合していない一般の米菓に比べて食後の血糖上昇が有意に小さく,難消化性デキストリンを配合することの有用性が示唆された
心臓の左室拡張不全期からでもアンジオテンシン受容体阻害薬は有用である
和氣 亮太郎, 光山 勝慶, 泉 康雄, 桑村 光, 塩田 正之, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   28回 116-116   2005年9月
【分子高血圧 最新の進歩】アルドステロンの心臓傷害における酸化ストレスの役割
吉田 華央留, 光山 勝慶, 泉 康雄, 岩尾 洋
血圧   12(3) 307-312   2005年3月
アルドステロンの心臓傷害を検討するために,ラットにアルドステロンを持続注入した.アルドステロンはラットの心肥大を起こすのみならず,単球・マクロファージの著明な浸潤を引き起こし,炎症反応を惹起した.さらに,その機序における酸化ストレスの関与を検討した.SOD様物質であるテンポールではアルドステロンによる昇圧反応を阻害したが,心肥大や炎症反応を阻害しなかった.一方,他の抗酸化薬であるN-acetylcysteinはアルドステロンによる心肥大,炎症反応,またオステオポンチンやMCP-1の発現誘導...
【臨床分子内分泌学 心血管内分泌代謝系(下)】レニン-アンジオテンシン系 基礎研究の進展 アンジオテンシノーゲンの遺伝子,生合成,機能
塩田 正之, 泉 康雄, 雪村 時人, 岩尾 洋
日本臨床   63(増刊3 臨床分子内分泌学(2)) 17-21   2005年3月
血管新生におけるapoptosis signal-regulating kinase 1の役割
泉 康雄, 塩田 正之, 和氣 亮太郎, 吉田 華央留, 三浦 克之, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   125(2) 25P-25P   2005年2月
血管傷害後の内膜肥厚にはapoptosis signal-regulating kinase 1(ASK1)の活性化が重要である-組み換えASK1遺伝子導入とASK1ノックアウトマウスでの検討
泉 康雄, 光山 勝慶, 塩田 正之, 和氣 亮太郎, 吉田 華央留, 岩尾 洋
血管   28(1) 13-13   2005年1月
傷害血管でのASK1の活性化と新生内膜の過形成におけるASK1の重要性
泉 康雄, 金 勝慶, 泉家 康宏, 吉田 華央留, 岩尾 洋, 葭山 稔, 吉川 純一, 小山 英則, 西沢 良記, 松沢 厚, 一條 秀憲
大阪市医学会雑誌   53(3〜4) 193-193   2004年12月
【心筋研究の最前線】Angiotensin II誘発心肥大の分子機構
泉 康雄, 光山 勝慶, 岩尾 洋
生体の科学   55(4) 314-318   2004年8月
ラット心傷害に対するAldosteroneとAngiotensin IIの違い
吉田 華央留, 光山 勝慶, 泉 康雄, 泉家 康宏, 和氣 亮太郎, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   124(2) 21P-21P   2004年8月
アンジオテンシンIIによる心臓リモデリングにはASK1の活性化が重要である
泉家 康宏, 金 勝慶, 泉 康雄, 岩尾 洋
血管   27(1) 2-2   2004年1月
【これからの臨床医に必要な分子生物学】循環器を理解するうえで重要な分子・現象 血管の形成と障害 骨髄細胞と動脈硬化
泉 康雄, 金 勝慶
Heart View   7(12) 262-265   2003年11月
アンジオテンシンIIによる心臓リモデリングにはASK1の活性化が必須である
泉家 康宏, 金 勝慶, 泉 康雄, 吉田 華央留, 岩尾 洋
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   26回 139-139   2003年10月
アンジオテンシンIIによる心臓リモデリングにはASK1の活性化が必須である
泉家 康宏, 金 勝慶, 泉 康雄, 岩尾 洋
日本内分泌学会雑誌   79(2) 519-519   2003年9月
血管内膜肥厚におけるASK1の役割 組み換えASK1遺伝子導入とASK1ノックアウトマウスでの検討
泉 康雄, 金 勝慶, 泉家 康宏, 岩尾 洋
日本内分泌学会雑誌   79(2) 528-528   2003年9月
ラットバルーン傷害後の血管内膜肥厚における骨髄由来単核球細胞の役割
泉 康雄, 金 勝慶, 泉家 康宏, 吉田 華央留, 岩尾 洋
日本薬理学雑誌   122(2) 6P-6P   2003年8月
ゲノム創薬と薬物作用ゲノミクス
泉 康雄, 岩尾 洋
ゲノム医学   3(3) 343-347   2003年6月
MAPキナーゼをターゲットにした血管内膜肥厚の遺伝子治療
金 勝慶, 泉 康雄, 占 育梅, 安本 秀男, 岩尾 洋
臨床薬理   34(2) 235S-235S   2003年3月
アンギオテンシンIIによる心臓リモデリングにおけるASK1の役割
泉家 康宏, 金 勝慶, 泉 康雄, 吉田 華央留, 岩尾 洋
血管   26(1) 4-4   2003年1月

競争的資金等の研究課題

 
心血管リモデリングにおける分子機序解明