秦 健一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/05 23:05
 
アバター
研究者氏名
秦 健一郎
 
ハタ ケンイチロウ
URL
https://www.ncchd.go.jp/
所属
国立研究開発法人国立成育医療研究センター
部署
周産期病態研究部
職名
部長
学位
博士(医学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年10月
 - 
現在
国立研究開発法人国立成育医療研究センター 研究所 周産期病態研究部 部長
 
2002年11月
 - 
2006年9月
国立遺伝学研究所  人類遺伝研究部門 助教
 
1999年9月
 - 
2002年10月
マサチューセッツ総合病院(米国 ボストン) 博士研究員
 
1992年5月
 - 
1999年8月
九州大学 医学部 婦人科学産科学講座 医員
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1998年3月
九州大学大学院 医学系研究院 生化学講座
 
1986年4月
 - 
1992年3月
九州大学 医学部 医学科
 

論文

 
Katoh N, Kuroda K, Tomikawa J, Ogata-Kawata H, Ozaki R, Ochiai A, Kitade M, Takeda S, Nakabayashi K, Hata K
Epigenomics   10(9) 1243-1257   2018年9月   [査読有り]
Kasuga Y, Miyakoshi K, Tajima A, Saisho Y, Ikenoue S, Ochiai D, Matsumoto T, Arata N, Hata K, Tanaka M
Journal of diabetes investigation      2018年9月   [査読有り]
Kurokami T, Koeda T, Migita O, Hata K
Brain & development      2018年9月   [査読有り]
Narumi-Kishimoto Y, Araki N, Migita O, Kawai T, Okamura K, Nakabayashi K, Kaname T, Ozawa Y, Ozawa H, Takada F, Hata K
European journal of medical genetics      2018年9月   [査読有り]
Usui H, Nakabayashi K, Kaku H, Maehara K, Hata K, Shozu M
Genes, chromosomes & cancer   57(8) 409-419   2018年8月   [査読有り]

Misc

 
Dnmt3L cooperate with the Dnmt3 family of the novo DNA methyltransferase to establish material imprints in mice
Development   129, 1983-1993    2002年

講演・口頭発表等

 
Accurate prediction of chromatin conformation status using deep neural network model. [招待有り]
瓜生英尚、秦健一郎
Human Genome Meeting 2018   2018年3月12日   
Noonan症候群様症状を示す一卵性双生児の全ゲノム解析
青砥早希,岡村浩司,右田王介,高田史男,中林一彦,秦健一郎
第40回日本分子生物学会年会(2017年度生命科学系学会合同年次大会)(ConBio2017)   2017年12月9日   
『ARTとDOHaDの相互理解と将来への展望』-生命誕生とエピジェネティクス [招待有り]
秦 健一郎
第35回日本受精着床学会総会・学術講演会   2017年7月21日   

Works

 
国立遺伝学研究所共同研究
ヒト不妊症・不育症におけるエピジェネエティクス研究

競争的資金等の研究課題

 
生殖細胞の分化・形成機構
ヒト初期発生におけるエピジェネティクス