中西 友子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/21 09:42
 
アバター
研究者氏名
中西 友子
 
ナカニシ トモコ
URL
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/lab/moleculargenetics/
所属
公益財団法人微生物化学研究会
部署
微生物化学研究所
職名
博士研究員
学位
博士(薬学)(大阪大学)
その他の所属
東京大学 医科学研究所 実験動物研究施設
科研費研究者番号
10344863

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
微生物化学研究所(微化研) 第3生物活性研究部 研究員
 
2015年11月
 - 
2017年3月
東京大学 医科学研究所 遺伝子解析施設 助教
 
2014年3月
 - 
2015年10月
東京大学 医科学研究所 実験動物研究施設 研究員
 
2006年12月
 - 
2014年2月
鳥取大学 医学部 分子生物学分野 助教
 
2002年5月
 - 
2006年11月
筑波大学 生命環境科学研究科 助教
 

学歴

 
 
 - 
2002年
大阪大学 薬学研究科 応用医療薬科学 博士後期課程
 
 
 - 
1997年
大阪大学 薬学部 製薬化学科
 

受賞

 
2013年5月
日本骨代謝学会 優秀演題賞 発光イメージングを利用したマウスにおけるリアルタイム骨形成活性評価
 
2013年4月
日本骨代謝学会 ANSBMS 2013 Travel award 発光イメージングを利用したマウスにおけるリアルタイム骨形成活性評価
 
2003年11月
日本疾患モデル学会 学会賞 キメラマウスを用いた精子の子宮・卵管移行メカニズムの解析
 

論文

 
Bilotta FL, Arcidiacono B, Messineo S, Greco M, Chiefari E, Britti D, Nakanishi T, Foti DP, Brunetti A
Endocrine   59(3) 633   2018年3月   [査読有り]
Oji, A., Amano, T, Maeta, Y., Hori, N., Hatsuzawa, K., Sato, K., Nakanishi, T.
Exp. Anim.   66(4) 367-378   2017年10月   [査読有り]
Pazienza, V., Panebianco, C, Rappa, F, Memoli, D, Borghesan, M, Cannito, S, Oji, A, Mazza, G, Tamburrino, D, Fusai, G, Barone, R, Bolasco, G, Villarroya, F, Villarroya, J, Hatsuzawa, K, Cappelloj, F., Tarallo, R., Nakanishi, T., Vinciguerra, M.
Epigenetics Chromatin   9 45   2016年   [査読有り]
Pazienza V, Borghesan M, Mazza T, Sheedfar F, Panebianco C, Williams R, Mazzoccoli G, Andriulli A, Nakanishi T, Vinciguerra M
Aging   6(1) 35-47   2014年1月   [査読有り]
Soma A, Sato K, Nakanishi T
Genesis (New York, N.Y. : 2000)   51(4) 259-267   2013年4月   [査読有り]
Nakanishi T, Saito R, Taniguchi M, Oda H, Soma A, Yasunaga M, Yamane M, Sato K
BioMed research international   2013 895706   2013年   [査読有り]
Yasunaga M, Masui E, Oji A, Soma A, Osaki M, Nakanishi T, Sato K
PloS one   8(4) e61821   2013年   [査読有り]
Nakanishi T, Kokubun K, Oda H, Aoki M, Soma A, Taniguchi M, Kazuki Y, Oshimura M, Sato K
Bone   51(3) 369-375   2012年9月   [査読有り]
Oumi N, Taniguchi KA, Kanai AM, Yasunaga M, Nakanishi T, Sato K
International journal of hepatology   2012 476820   2012年   [査読有り]
Yasunaga M, Oumi N, Osaki M, Kazuki Y, Nakanishi T, Oshimura M, Sato K
PloS one   6(9) e24956   2011年   [査読有り]
Takahashi, Y., Tsuji, S., Kazuki, Y., Noguchi, M., Arifuku, I., Umebayashi, Y., Nakanishi, T., Oshimura, M., Sato, K.
J. Biochem.   148(1) 29-34   2010年7月   [査読有り]
Kimura M, Kim E, Kang W, Yamashita M, Saigo M, Yamazaki T, Nakanishi T, Kashiwabara S, Baba T
Biology of reproduction   81(5) 939-947   2009年11月   [査読有り]
Nakanishi T, Ishibashi N, Kubota H, Inoue K, Ogonuki N, Ogura A, Kashiwabara S, Baba T
The Journal of reproduction and development   54(4) 244-249   2008年8月   [査読有り]
Kashiwabara S, Nakanishi T, Kimura M, Baba T
Biochimica et biophysica acta   1779(4) 230-238   2008年4月   [査読有り]
Nakanishi T, Kumagai S, Kimura M, Watanabe H, Sakurai T, Kimura M, Kashiwabara S, Baba T
Biochemical and biophysical research communications   364(1) 14-19   2007年12月   [査読有り]
Yamashita M, Yamagata K, Tsumura K, Nakanishi T, Baba T
The Journal of reproduction and development   53(2) 255-262   2007年4月   [査読有り]
Iwase S, Shono N, Honda A, Nakanishi T, Kashiwabara S, Takahashi S, Baba T
FEBS letters   580(13) 3129-3135   2006年5月   [査読有り]
Kim E, Yamashita M, Nakanishi T, Park KE, Kimura M, Kashiwabara S, Baba T
The Journal of biological chemistry   281(9) 5634-5639   2006年3月   [査読有り]
Kobayashi S, Isotani A, Mise N, Yamamoto M, Fujihara Y, Kaseda K, Nakanishi T, Ikawa M, Hamada H, Abe K, Okabe M
Current biology : CB   16(2) 166-172   2006年1月   [査読有り]
Nakanishi T, Kubota H, Ishibashi N, Kumagai S, Watanabe H, Yamashita M, Kashiwabara S, Miyado K, Baba T
Developmental biology   289(1) 115-126   2006年1月   [査読有り]
Nakanishi T, Isotani A, Yamaguchi R, Ikawa M, Baba T, Suarez SS, Okabe M
Biology of reproduction   71(3) 959-965   2004年9月   [査読有り]
Nishimura H, Kim E, Nakanishi T, Baba T
The Journal of biological chemistry   279(33) 34957-34962   2004年8月   [査読有り]
Inoue N, Ikawa M, Nakanishi T, Matsumoto M, Nomura M, Seya T, Okabe M
Molecular and cellular biology   23(7) 2614-2622   2003年4月   [査読有り]
Nakanishi T, Kuroiwa A, Yamada S, Isotani A, Yamashita A, Tairaka A, Hayashi T, Takagi T, Ikawa M, Matsuda Y, Okabe M
Genomics   80(6) 564-574   2002年12月   [査読有り]
Yamagata K, Nakanishi T, Ikawa M, Yamaguchi R, Moss SB, Okabe M
Developmental biology   250(2) 348-357   2002年10月   [査読有り]
Gao XH, Kondoh G, Tarutani M, Hara M, Inoue S, Nakanishi T, Okabe M, Yamaguchi Y, Yoshikawa K, Itami S, Takeda J
The Journal of investigative dermatology   118(6) 998-1002   2002年6月   [査読有り]
Nakanishi, T., Ikawa, M., Yamada, S., Toshimori, K., and Okabe, M.
Dev. Biol.   vol.237,pp.222-231    2001年
Bilotta, F.L., Arcidiacono, B., Messineo, S., Greco, M., Chiefari, E., Britti, D., Nakanishi, T., Foti, D.P., Brunetti, A.
Endocrine   59(622) 622-632   2017年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
in vivo実験可能なダブルニッキング多重ガイドRNA発現アデノベクター:高効率と極低オフターゲット
中西 友子
第77回 日本癌学会学術総会   2018年9月27日   
Development of adenovirus vectors expressing highly multiplex double-nicking guide RNAs for in vivo genome editing aiming clinical application
中西 友子
第24回 日本遺伝子細胞治療学会   2018年7月27日   
超多重ガイドRNA発現アデノベクターの開発とin vivoゲノム改変への応用
中西 友子
第3回 日本ゲノム編集学会   2018年6月20日   
Utilization of humanized mice as a small animal model for measles virus infection.
中西 友子
国際ウイルス学会2017   2017年7月17日   
免疫系ヒト化マウスを用いた麻疹ウイルスの小動物感染モデル
中西 友子
第64回 日本実験動物学会   2017年5月26日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
安全かつ高効率なゲノム編集治療をめざした単一型多重ガイドRNA発現アデノベクターの開発
日本医療研究開発機構(AMED): 革新的医療技術創出拠点プロジェクト(橋渡し研究戦略的推進プログラム)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 斎藤 泉(分担)
HBVゲノムを多数同時切断し破壊する多重ガイドRNA発現アデノベクター及びモニター用蛍光誘導HBVゲノムの開発
日本医療研究開発機構(AMED): 肝炎等克服実用化研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 斎藤 泉(分担)
CRISPR/Cas9を用いたヒト生体免疫モデル動物の開発と麻疹ウイルス感染研究
基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中西 友子
HBVゲノムを多数同時切断し破壊する多重ガイドRNA発現アデノベクター及びモニター用蛍光誘導HBVゲノムの開発
日本医療研究開発機構(AMED): 肝炎等克服実用化研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 松浦 善治(分担)
発光イメージング技術を利用した妊娠期における母体の骨調節機構の解析とその応用
基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 中西 友子

特許

 
特願2018-179274 : 新規ウイルスベクターおよびその製造方法と使用方法
斎藤 泉、中西 友子