竹内 薫

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/17 02:50
 
アバター
研究者氏名
竹内 薫
 
タケウチ カオル
eメール
ktakeuchmd.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
准教授
学位
医学博士(京都大学)
科研費研究者番号
00192162

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1997年3月
国立予防衛生研究所 研究員
 
1991年6月
 - 
1993年6月
米国ノースウェスタン大学 研究員
 
1997年4月
 - 
2002年3月
国立感染症研究所 主任研究員
 
2002年4月
 - 
2004年3月
筑波大学 基礎医学系 講師
 
2004年4月
   
 
筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
香川大学 農学部 農芸化学科
 
 
 - 
1982年
京都大学 農学研究科 農芸化学専攻
 
 
 - 
1986年
京都大学 医学研究科 病理系専攻
 

委員歴

 
2019年4月
   
 
産業技術総合研究所  微生物実験安全委員会 外部委員
 
2004年
   
 
日本ウイルス学会  評議員
 

受賞

 
1991年3月
内藤記念科学振興財団 内藤記念海外留学助成金
 

論文

 
Sugasawa, Takehito; Aoki, Kai; Watanabe, Koichi; Yanazawa, Koki; Natsume, Tohru; Takemasa, Tohru; Yamaguchi, Kaori; Takeuchi, Yoshinori; Aita, Yuichi; Yahagi, Naoya; Yoshida, Yasuko; Tokinoya, Katsuyuki; Sekine, Nanami; Takeuchi, Kaoru; Ueda, Haruna; Kawakami, Yasushi; Shimizu, Satoshi; Takekoshi, Kazuhiro
Genes   10(6) E436   2019年6月
With the rapid progress of genetic engineering and gene therapy, the World Anti-Doping Agency has been alerted to gene doping and prohibited its use in sports. However, there is no standard method available yet for the detection of transgenes deli...
Takada, Marina;Matsuura, Ryosuke;Kokuho, Takehiro;Tsuboi, Takamitsu;Kameyama, Ken-Ichiro;Takeuchi, Kaoru
Journal of virological methods   249 25-30   2017年8月   [査読有り]
Two defective bovine parainfluenza virus type 3 (BPIV3) strains were generated, one lacking the membrane (M) protein gene and expressing EGFP (ΔM-EGFP) and the other lacking the fusion (F) protein gene and expressing mStrawberry (ΔF-mSB), by suppl...
Matsuura, Ryosuke;Takada, Marina;Kokuho, Takehiro;Tsuboi, Takamitsu;Kameyama, Ken-Ichiro;Takeuchi, Kaoru
Archives of virology   162(8) 2409-2413   2017年4月   [査読有り]
The bovine parainfluenza virus type 3 BN-CE vaccine strain was obtained by serial passage of the BN-1 strain in chicken embryonic fibroblasts (CEF). We previously identified a substitution (L288I) in the fusion (F) protein between the two strains....
Kato, Sei-Ich;Nagata, Kyosuke;Takeuchi, Kaoru
Frontiers in microbiology   3 14   2012年4月   [査読有り]
Measles virus (MV) is an enveloped negative strand RNA virus belonging to the family of Paramyxoviridae, genus Morbillivirus, and causes one of the most contagious diseases in humans. Experimentally infected non-human primates are used as animal m...
Konishi, Misako; Ohkura, Takashi; Shimizu, Madoka; Akiyama, Masanori; Kameyama, Ken-Ichiro; Takeuchi, Kaoru
Genome announcements   2(6)    2014年11月   [査読有り]
Bovine parainfluenza virus type 3 (BPIV3) isolates are classified into three genotypes (BPIV3a to -c). Here, we report the complete genome sequence of the BPIV3c isolate for the first time in Japan. Our results indicate that new primer sets will b...

書籍等出版物

 
Molecular cloning of cDNA encoding gp68 of adult T-cell leukaemia-associated antigen: evidence for expression of the pXIV region of human T-cell leukaemia virus
竹内, 薫
1986年3月   
タンパク質発現プロトコール
永田恭介, 奥脇暢、浅加正充、加藤広介、川口敦史、五島直樹、杉山賢司、竹内薫、内藤忠相、朴三用、久武幸司、福田綾、村野健作、山口圭、若井ちと
羊土社   2010年4月   
ウイルス培養法
竹内, 薫
メディカルサイエンス 微生物学・近代出版   2008年1月   
医療従事者と麻疹
竹内, 薫;岡田宏美 (担当:監修)
感染対策ICTジャーナル   2008年7月   
ムンプスワクチン
竹内, 薫 (担当:監修)
VIRUS REPORT   2008年1月   

講演・口頭発表等

 
葉緑体工学を用いた水産用VLPワクチンの大量生産
中平 洋一;山下 浩史;土倉 みなみ;竹内, 薫;椎名 隆
第36回日本植物細胞分子生物学会   2018年8月26日   日本植物細胞分子生物学会
産資源の世界規模での需要拡大から、その安定供給には、持続性のある養殖システムの確立が不可欠である。とりわけ、低コスト・ 省力型ながらも有効性の高い“魚病防除法”が切望されている。遺伝子組換え植物を用いたワクチン生産には1)スケール・アップが容易、2)可食性植物を宿主とすることで、そのまま“経口投与”が可能、3)“細胞壁”が胃での消化に対する“防御壁”となり、ワクチンを腸管まで送達するデリバリー・ツールとしても有効等の利点があり、「水産用経口ワクチン」の創出においても有望であると考えられる。...
細胞培養によるE型肝炎ウイルス(HEV)の高濃度産生とヒト血漿由来HEVとの性状比較
井手野祥次;髙橋一惠;浦山健;前野英毅;竹内, 薫;岡田義昭
第42回日本血液事業学会総会   2018年10月2日   日本血液事業学会
【目的】日本の献血者におけるHEVゲノム陽性者は約千人に1人である。そのため、数万人からなるプール血漿を原料とする血漿分画製剤の製造工程で、HEVが十分に除去・不活化されているのか検証することは重要である。この検証には高濃度のHEV陽性血漿が必要となるが、高濃度のHEV陽性血漿を入手することは非常に困難である。そこで高濃度HEVの取得を試み、得られたHEVの性状が血漿由来HEV(pd-HEV)と同様であるのか検証した。
【方法】数種の肝癌由来の培養細胞にHEV合成ゲノムをトランスフェクショ...
SpyTag/SpyCatcherシステムを用いたパラミクソウイルスHA(HN)タンパク質のEGFP標識)
上田遥菜;竹内, 薫
第66回日本ウイルス学会学術集会   2018年10月28日   日本ウイルス学会
【目的と意義】
パラミクソウイルスのHA(HN)タンパク質を簡単に可視化するため、任意のタンパク質同士をイソペプチド結合により共有結合できるSpyTag/SpyCatcherシステムを用いてパラミクソウイルスHA(HN)タンパク質をEGFPで標識することを試みた。
【材料と方法】
麻疹ウイルス(MV)HAタンパク質遺伝子、牛パラインフルエンザウイルス3型(BPIV3)HNタンパク質遺伝子にSpyTag配列を付加しpCAGGSベクターに挿入した。EGFP遺伝子にSpyCatcher配列を付加...
トマト果実におけるE型肝炎ウイルス様粒子に融合させたインフルエンザウイルスM2抗原の生産
伊藤, 有梨;小野, 公代;森川, 一也;竹内, 薫;保富, 康宏;小野, 道之
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   日本分子生物学会
Sequence analysis and mode of swine hepatitis E virus infection and replication in the primary human hepatocytes
Oshiro, Yukio; Yasue, Hiroshi; Ideno, Shouji; Hattori, Shinji; Sakai, Kaoru; Suguru, Osari; Takeuchi, Kaoru; Nagata, Kyosuke; Ohkohchi, Nobuhiro
64th Annual Meeting and Postgraduate Course of the American-Association-for-the-Study-of-Liver-Diseases   2013年11月1日   

競争的資金等の研究課題

 
プラストファーミングによる新規ワクチンの開発
筑波大学遺伝子実験センター: 学内共同研究
研究期間: 2009年6月       代表者: 竹内 薫
植物の葉緑体にウイルス様粒子を発現させ食べるワクチンを開発する
口腔悪性腫瘍の浸潤・転移を制御する糖鎖分子の探索と分子標的治療への応用
学内共同研究
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 鬼塚浩司郎
悪性黒色腫の浸潤・転移の悪性挙動を制御する糖鎖分子の探索と新規分子標的治療の開発
学内共同研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 富樫真二
肝内胆管癌を標的とするハイブリッドペプチドによる新しいバイオ療法の研究開発
学内共同研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 石毛和紀
優れたワクチン開発のために技術開発
出資金による受託研究
研究期間: 2012年6月 - 2017年3月    代表者: 国保健浩
牛パラインフルエンザウイルス3型を使った組換え牛ウイルス性下痢・粘膜病ワクチンの作成