基本情報

学位
博士(理学)(名古屋大学)

通称等の別名
高島 佳子
J-GLOBAL ID
200901018498891777
researchmap会員ID
5000043987

出身 愛知県新川町(現清須市)
本籍住所 神奈川県横浜市
母校 新川町立第四保育園・新川小学校・新川中学校
愛知県立明和高等学校普通科
名古屋大学理学部物理学教室・理学研究科素粒子宇宙物理学専攻
家族 夫1人(おとなりの研究者)・子4人(女・女・男・女)
趣味 読む 食べる 走る
研究経験
現代の宇宙利用に深く関わる地球周辺の宇宙空間での物理学的現象に関する研究を行う。研究対象は主に宇宙空間に充満する様々な荷電粒子とその運動に関わる電場磁場で、電磁流体として扱えるプラズマ(数eV)から相対論的振る舞いをする放射線粒子(数百 MeV)まで、幅広いエネルギー帯に及ぶ。研究手法は、国内外の研究協力から得られる人工衛星や地上観測によるにその場(in-situ)観測データの解析とコンピュータシミュレーションである。観測データは、日本や欧米の人工衛星、極域地上レーダー観測網、国際地磁気観測網など、国内外の研究協力によって得られるものである。これまで主として扱った人工衛星は、宇宙航空研究開発機構JAXAのオーロラ観測衛星あけぼの、磁気圏尾部観測衛星Geotail、アメリカ海洋大気庁NOAAの気象衛星POESシリーズ、アメリカ航空宇宙局NASAのCRRES衛星など。JAXA、大阪府立大学、アメリカ国立加速器研究所SLACとの共同研究として、衛星実観測データに基づく宇宙環境モデルの開発研究とGeant4粒子追跡シミュレーションコードを用いて、あけぼの衛星搭載の放射線計測器の性能検証を行う。一貫して、学内および学外資金の獲得に積極的に取り組む。
教育経験
中部大学(愛知県春日井市)で2年間、年度契約の専任講師を務めた後、家庭の事情で関東に移り、任期付研究員に就いたため職務上の制約が生じるが、立教大学(東京都豊島区)で1年間と電気通信大学(東京都調布市)で3年間、非常勤講師を務める。直近3年間は、玉川学園(東京都町田市)にて任期三年の常勤講師として中学生と高校生の理科教育に専念(~2015年3月)。