寺井 政憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 10:05
 
アバター
研究者氏名
寺井 政憲
 
テライ マサノリ
URL
http://www.tau.ac.jp/
所属
東京有明医療大学
部署
保健医療学部 柔道整復学科
職名
教授
学位
博士(歯学)(東京医科歯科大学)
その他の所属
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター
科研費研究者番号
70359917

プロフィール

Judotherapy is a branch of Japanese traditional medicine with a history of about 1,300 years, having developed as a means of treating injuries associated with Judo. Judotherapy is similar to orthopedics in some respects, but does not employ surgery or drugs. The Japanese health insurance system recognizes treatment only for trauma such as fracture, dislocation, bruising, or distortion. Judotherapists are accomplished in palpation skills, and use manual closed reduction and fixation for patients with trauma, thus contributing to human health and medical science, and the Japanese health insurance system recognizes these skills as a valid branch of medicine.

Currently, the educational curriculum for Judotherapy provides instruction for students in human body dynamics, fractures, bruises, tendon damage, nerve damage, and sinew damage. Students then move on to study how to reduce and fix fractures, and provide aftercare. Various aspects of the upper limbs, lower limbs, and spinal cord are also included. As the curriculum has adopted modern medical terminology, it has become more rational and easier to understand. With the ageing of society, Judotherapy has expanded into new fields, such as treatments for the knee, lumbar region, and shoulder in the elderly.

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東京有明医療大学 大学院保健医療学研究科 教授
 
2009年4月
 - 
現在
東京有明医療大学 保健医療学部柔道整復学科 教授
 
2003年8月
 - 
2009年3月
国立成育医療センター研究所 生殖医療研究部 研究員
 
2002年9月
 - 
2003年7月
徳島大学 歯学部 助手
 
1999年10月
 - 
2002年8月
アルバートアインシュタイン医科大学 研究員
 

学歴

 
1995年4月
 - 
1999年3月
東京医科歯科大学 大学院歯学研究科 口腔病理学
 
1989年4月
 - 
1995年3月
東京医科歯科大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2014年11月
 - 
2018年10月
日本再生医療学会  代議員 基礎(歯学)
 
2014年3月
 - 
現在
昭和大学江東豊洲病院  臨床試験審査委員会委員
 
2013年2月
 - 
現在
日本柔道整復接骨医学会  査読委員
 

受賞

 
2006年
東京医科歯科大学 第8回東京医科歯科大学研究者奨励・最優秀論文賞
 

論文

 
Quantitative fluorescence in situ hybridization for investigation of telomere length dynamics in the pituitary gland using samples from 128 autopsied patients
Naoki Hiraishi, Masanori Terai, Mutsunori Fujiwara, Junko Aida, Naotaka Izumiyama-Shimomura, Naoshi Ishikawa, Ken-ichiro Tomita, Yoko Matsuda, Tomio Arai, Kaiyo Takubo, Toshiyuki Ishiwata
Tissue & Cell   53(4) 1-7   2018年8月   [査読有り]
Terai M, Izumiyama-Shimomura N, Aida J, Ishikawa N, Kuroiwa M, Arai T, Toyoda M, Nakamura KI, Takubo K
Tissue & cell   46(6) 470-476   2014年12月   [査読有り]
Determination of Telomere Length by the Quantitative Fluorescence in Situ Hybridization (Q-FISH) Method
Junko Aida, Naotaka Izumiyama-Shimomura, Ken-ichi Nakamura, Naoshi Ishikawa, Masanori Terai, Yoko Matsuda, Shinsuke Aida, Tomio Arai, Kaiyo Takubo
American Journal of Analytical Chemistry   5(12) 775-783   2014年9月   [査読有り]
Terai M, Izumiyama-Shimomura N, Aida J, Ishikawa N, Kuroiwa M, Poon SS, Arai T, Toyoda M, Akutsu H, Umezawa A, Takubo K.
Tissue & Cell   45(6) 407-413   2013年12月   [査読有り]
Standardization of Stem Cells for Practical Application
TERAI Masanori
Annals of Clinical Pathology   1(1) 1002   2013年11月   [査読有り]

Misc

 
再生医療はインプラント治療を凌駕できるか?
寺井 政憲
日本顎顔面インプラント学会誌   16(1) 11-17   2017年4月   [査読有り][依頼有り]
顎顔面領域における骨再生を基礎から考える 再生医療はインプラント治療を凌駕できるか?
寺井 政憲
Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   15(3) 129-129   2016年11月
【心臓のアンチエイジング】 テロメアは心臓の若さの指標になるか?
寺井 政憲
アンチ・エイジング医学   11(4) 503-509   2015年8月
石川直, 仲村賢一, 泉山(下村)七生貴, 相田順子, 寺井政憲, 寺井政憲, 豊田雅士, 田久保海誉
日本病理学会会誌   102(1) 315-315   2013年4月
寺井政憲, 仲村賢一, 泉山(下村)七生貴, 石川直, 豊田雅士, 相田順子, 田久保海誉
再生医療   14 320   2015年2月
『若い心臓』の指標は何か? 心疾患による心重量増加と心筋のテロメア短縮の関連について
寺井 政憲
Anti-aging Science   6(3) 177-177   2014年12月
敦賀陽介, 清野透, 松下通明, 葛西弘規, 高橋徹, 松本秀一朗, 蒲池浩文, 多田光宏, 寺井政憲, 梅澤明弘, 藤堂省
日本外科学会雑誌   108(臨増2) 471-471   2007年3月
【再生医療の将来と産婦人科】 間葉系幹細胞の老化
寺井 政憲, 梅澤 明弘
産科と婦人科   76(10) 1196-1202   2009年10月
寺井政憲, 清野透
Mon Book Derma   (97) 30-37   2005年2月
本章ではヒトパピローマウイルス(human papillomavirus;HPV)感染により,どのようなメカニズムで良性腫瘍(疣贅)あるいは悪性腫瘍ができるのか,分子生物学的及び細胞生物学的な知見を解説する.はじめに動物を含めたパピローマウイルスの特徴と分類を簡単に概説した後,パピローマウイルスの生活環と腫瘍形成との因果関係について解説する.パピローマウイルスの腫瘍形成および発がんにおける責任遺伝子は主にE6とE7であると考えられている.一部の例外を除き,E7にはRB結合モチーフが保存され...
病理学 臍帯血由来間葉系幹細胞を利用した再生医療
寺井 政憲
医学のあゆみ   226(2) 187-187   2008年7月
井沢俊, 渡辺恵, 石丸直澄, 新垣理恵子, 寺井政憲, 小林大, 林良夫
日本病理学会会誌   92(1) 223-223   2003年4月
敦賀 陽介, 清野 透, 松下 通明, 葛西 弘規, 高橋 徹, 松本 秀一朗, 蒲池 浩文, 多田 光宏, 寺井 政憲, 梅澤 明弘, 藤堂 省
日本外科学会雑誌   108(2)    2007年3月
渡辺恵, 石丸直澄, 新垣理恵子, 寺井政憲, 林良夫
日本病理学会会誌   92(1) 364-364   2003年4月
竹内昌男, 竹内喜久子, 小原有弘, 寺井政憲, 梅澤明弘, 水澤博
再生医療   6 215   2007年2月
寺井政憲, 石丸直澄, 新垣理恵子, 渡辺恵, 井沢俊, 林良夫
日本病理学会会誌   92(1) 204-204   2003年4月
梅沢明弘, 寺井政憲
Clin Calcium   15(5) 805-812   2005年4月
【骨粗鬆症と遺伝子】 間葉系幹細胞からの筋骨格系への分化
梅澤 明弘, 寺井 政憲
Clinical Calcium   15(5) 805-812   2005年4月
間葉系細胞とは骨,軟骨,脂肪,骨格筋,真皮,靱帯,腱といった結合織細胞を総称しており,発生学的に中軸中胚葉由来の細胞である.また,この中軸中胚葉の他に,心筋,平滑筋,血管内皮といった発生学的に臓側中胚葉由来の細胞がある.医療に用いられる骨髄由来の間葉細胞は,培養皿に付着し,増殖するものを指すことが多いけれども,筋骨格系細胞に分化し得る間葉細胞に共通する指標を明確にすることは,臨床的に極めて重要な意義を持つ.さらに,これらの指標は発生生物学的に妥当であり,神経幹細胞,上皮細胞,血液細胞といっ...
臍帯血由来間葉系細胞の細胞移植への応用に関する基礎研究
寺井 政憲, 宇山 太郎, 清野 透, 梅澤 明弘
Organ Biology   11(2) 176-176   2004年5月
口腔領域のHPV感染について 口腔領域におけるヒトパピローマウイルス(HPV)感染とパピローマウイルス(PV)の進化について
寺井 政憲
日本口腔粘膜学会雑誌   9(2) 85-85   2003年12月
Jayasooriya Primali R, Kurose Kazuyo, Terai Masanori, Sivagnanam Kandavanam, Siriwardana Samadarani, Tilakaratne Wanninayaka Mudiyansalage, Tagami Junji, Takagi Minoru
Oral medicine & pathology   8(2) 45-50   2003年6月
The presence of human papillomavirus (HPV) in two groups of oral squamous cell carcinoma (OSCC) from Sri Lanka were analyzed by PCR and direct cycle sequencing using consensus GP5+/6+ primers. The two groups of OSCC specimens analyzed were 68 form...
高木実, 蒋偉文, 寺井政憲, 妻鹿宏子
病理と臨床   19(3) 247-251   2001年3月
Felis domesticus papillomavirus (FdPV), isolated from a skin lesion, is related to canine oral papillomavirus (COPV) and contains a 1.3Kb non-coding region berween the E2 and L2 ORFs
Journal of General Virology   83(9) 2303-2307   2002年
British Journal of Dermatology   146(5) 885-890   2002年
Terai Masanori, Takagi Minoru
Oral medicine & pathology   6(1) 1-12   2001年6月
Human papillomavirus (HPV) cannot be efficiently propagated in tissue cultures or animal models. However, molecular biological technology has made it possible to clone vital genomes, which can then be compared and also used as reagents in clinical...
Characterization of a novel genital human papillomavirus by overlapping PCR: cnadHPV 86 indentified in cervicovaginal cells of a woman with cervical neoplasia.
Journal of General Virology   82(9) 2035-2040   2001年
TERAI M, TAKAGI M
Oral Medicine & Pathology   6(1) 1-12   2001年
Human papillomavirus type 16 variants and risk of cervical cancer.
Journal of the National Cancer Institute   93(4) 315-318   2001年
口腔前癌病変の癌化
病理と臨床   19(3) 247-251   2001年
KATANO H, IWASAKI T, BABA N, TERAI M, MORI S, IWAMOTO A, KURATA T, SATA T
Journal of Virology   74(8) 3478-3485   2000年
HIV感染者の口腔におけるHPV感染
寺井 政憲, 佐多 徹太郎, 岡 慎一
日本エイズ学会誌   1(4) 280-280   1999年11月
Terai Masanori, Sata Tetsutaro, Matsukura Toshihiko, Takagi Minoru
Oral medicine & pathology   4(1) 17-23   1999年6月
To clarify pathogenic roles of human papillomavirus (HPV) in tumorigenesis, 111 specimens of oral lesions were examined by Southern blot hybridization (SBH) and polymerase chain reaction (PCR) using a set of primers, L1C1/LlC2 and L1C2 m (L1-PCR)....
カポジ肉腫におけるHHV-8関連タンパクの発現
片野 晴隆, 佐藤 由子, 寺井 政憲, 馬場 信吉, 倉田 毅, 佐多 徹太郎
日本病理学会会誌   88(1) 333-333   1999年3月
口腔病変におけるヒトパピローマウィルス(HPV)の関与について
寺井 政憲
歯科基礎医学会雑誌   39(抄録) 473-473   1997年9月
桶田 理喜, 孟 楊紅, 田島 たよ子, 寺井 政憲
Neuropathology : official journal the Japanese Society of Neuropathology   17(0) 150-150   1997年5月
佐多徹太郎, 桜井範子, 寺井政憲, 佐藤由子, 倉田毅
HIV感染/AIDSの感染病態とその生体防御に関する研究班研究報告書 平成10年度   15-19   1999年
TERAI M, SATA T, MATSUKURA T, TAKAGI M
Oral Medicine & Pathology   4(1) 17-23   1999年
Oral Microbiology & Immunology   14(4) 201-205   1999年
Oral wart associate with human papillomavirus type 2.
Journal of Oral Pathology & Medecine   28(3) 137-140   1999年
長瀬 麻理子, 吉増 秀實, 寺井 正憲, 山田 隆文, 天笠 光雄, 岡田 憲彦
日本口腔科学会雑誌   48(1) 72-75   1999年
口腔粘膜におけるヒトパピローマウィルス(HPV)感染について
寺井 政憲, 高木 実, 佐多 徹太郎
日本癌学会総会記事   57回 291-291   1998年8月
岩崎琢也, 佐多徹太郎, 寺井政憲, 佐藤由子, 倉田毅, 山口和克, 柳沢昭夫, 坂井雄三
国立機関原子力試験研究成果報告書   37(1996) 67.1-67.6   1998年2月
佐多徹太郎, 寺井政憲, 桜井範子, 岩崎琢也, 倉田毅
HIV感染/AIDSの感染病態とその生体防御に関する研究班研究報告書 平成9年度   39-43   1998年
AIDSとHuman papillomavirus 感染と関連腫瘍
病理と臨床   16(7) 832-836   1998年
デスモグレインの口腔扁平上皮癌における動態の解析
寺井 政憲
日本病理学会会誌   86(1) 216-216   1997年4月
口腔扁平上皮癌及び白板症における基底層細胞及び基底膜の電子顕微鏡的解析
寺井 政憲
日本口腔科学会雑誌   45(5) 574-574   1996年12月
デスモソーム関連タンパク質の口腔病変における動態の解析
寺井 政憲
歯科基礎医学会雑誌   38(抄録) 473-473   1996年8月

書籍等出版物

 
臍帯血移植の基礎と臨床
梅澤明弘、寺井政憲 (担当:分担執筆, 範囲:臍帯血に由来する間葉系幹細胞・間質細胞の分化・増殖能とその特性)
医学書院   2014年10月   ISBN:978-4-260-00962-1
様々な組織への多分化能(骨、脂肪、心筋、肝臓)を持つヒト臍帯血由来間葉系幹細胞の樹立及び不死化、樹立された細胞の染色体安定性に関する研究成果に基づき執筆した。

講演・口頭発表等

 
再生医療はインプラント治療を凌駕できるか? [招待有り]
寺井 政憲
第20回公益社団法人日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会   2016年12月3日   
寺井政憲、仲村賢一、泉山-下村七生貴、石川直、豊田雅士、 相田順子、田久保海誉
第14回日本再生医療学会総会   2015年3月20日   
寺井 政憲
脳心血管抗加齢研究会2014シンポジウム   2014年12月7日   
心疾患による心重量増加と心筋のテロメア短縮の関連について
寺井政憲、仲村賢一、泉山-下村七生貴、石川直、相田順子、 田久保海誉
第13回日本再生医療学会総会   2014年3月5日   
iPS細胞のテロメアは長くなるか、短くなるか?
寺井政憲、仲村賢一、泉山-下村七生貴、石川直、豊田雅士、 相田順子、田久保海誉
第13回日本再生医療学会総会   2014年3月4日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 寺井 政憲
ヒト体細胞を用いた再生医療の研究においても、必要な十分量の細胞数を得るのは困難であり、再現性を確認するのも一般に困難である。本研究は種々の組織由来の多分化能を有するヒト由来間葉系幹細胞(骨髄、臍帯血、月経血、末梢血など)について細胞寿命延長の機構の詳細を明らかにし、さらに臨床応用へ向けて細胞にダメージを伴わない遺伝子導入法による細胞延命増殖の方法を確立し、細胞をできるだけ正常なまま寿命延長する方法を開発することを目的として研究を遂行してきた。細胞の寿命を腫瘍化させずに延長させる実験系を中心...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2009年    代表者: 梅澤 明弘
ヒト由来間葉系幹細胞に着目し、培養方法の標準化を行った。培養方法については完全ヒト型培養法の確立を目指すとともに、分化誘導培養法の標準化も検討した。これらの培養で維持された細胞について、効率よく心筋細胞に分化させる因子を質量分析などにより網羅的に分析し、複数精製した。さらに、高い心筋分化効率を有する間葉系幹細胞株にのみ強発現している遺伝子を同定した。さまざまな臓器由来の間葉系幹細胞を単離し、限界稀釈法によりサブクローニング後、得られた各種間葉系幹細胞に細胞寿命の延長に関わる遺伝子を導入、高...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 寺井 政憲
臍帯血からの間葉系細胞のstrainの樹立さらに寿命を延長することに成功し、それぞれの細胞の特徴性格づけも行った。さらに月経血からの間葉系細胞の骨格筋への高率な分化誘導にも成功した。この技術はヒト正常体細胞を用いた将来の細胞移植治療の応用の際に大きな利益をもたらすと考える。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 寺井 政憲
口腔領域に発症する自己免疫疾患(シェーグレン症候群、ペーチェット病、天疱瘡など)の多くは原因が不明であり、病因論に基づいた根本的治療法は確立されていない。シェーグレン症候群はドライアイ、ドライマウスを主徴とし、涙腺・唾液腺を標的臓器として発症する原因不明の自己免疫疾患とされ、関節リウマチ、SLE、間質性腎炎、間質性肺炎など多彩な全身症状を併発することが知られている。現在これらの難治性疾患の特異的診断法および治療法は確立されておらず、臨床・病理を含めた総合的な取り組みが必要とされている。本研...
シェ-グレン症候群に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2002年