新保 史生

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:26
 
アバター
研究者氏名
新保 史生
 
シンポ フミオ
eメール
shimposfc.keio.ac.jp
URL
http://www.shimpo.org
所属
慶應義塾大学
部署
総合政策学部総合政策学科
職名
教授
学位
博士(法学)(駒澤大学)
科研費研究者番号
20361355

研究分野

 
 

経歴

 
1999年3月
 - 
2001年3月
(財)国際通信経済研究所第一研究部嘱託研究員
 
2000年4月
 - 
2000年8月
姫路独協大学法学部非常勤講師
 
2001年4月
 - 
2015年3月
明治大学法学部兼任講師
 
2001年4月
 - 
2003年3月
二松学舎大学国際政治経済学部兼任講師
 
2001年11月
 - 
2002年10月
(財)日本情報処理開発協会情報セキュリティ部プライバシー事務局研究員
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
法政大学 経済学部 
 
1994年4月
 - 
1996年3月
駒澤大学 法学研究科公法学専攻修士課程 
 
1996年4月
 - 
1999年3月
駒澤大学 法学研究科公法学専攻博士後期課程 
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
2019年3月
総務省  プラットフォームサービスに関する研究会
 
2018年3月
 - 
2019年3月
厚生労働省  医療等分野情報等連携基盤検討会委員
 
2018年2月
   
 
個人情報保護委員会  個人情報保護委員会専門委員
 
2017年11月
   
 
総務省  Society5.0を見据えた個人認証基盤のあり方懇談会委員
 
2017年10月
   
 
文部科学省  科学技術・学術審議会 総合政策特別委員会
 

受賞

 
2018年6月
情報通信月間推進協議会 平成30年度情報通信月間推進協議会会長表彰 情報通信功績賞
 
経済協力開発機構(OECD)デジタル経済政策委員会(CDEP)のデジタル経済セキュリティ・プライバシー作業部会(SPDE)の副議長を務めるなど、情報通信分野における国際的な制度枠組みの構築に多大な貢献をした。
2017年1月
公益財団法人KDDI財団 Nextcom 情報通信論文賞 ロボット法学の幕開け
 
2003年
電気通信普及財団 第18回「電気通信普及財団賞」 テレコム社会科学賞 奨励賞
受賞者: 新保 史生
 
2003年
モバイル・コミュニケーション・ファンド 第1回「ドコモ・モバイル・サイエンス賞」 奨励賞
受賞者: 新保 史生
 

論文

 
名誉毀損書込みを放置した電子掲示板の管理者の責任 ─ 2ちゃんねる(動物病院)事件
新保 史生
メディア判例百選      2018年   [招待有り]
医療分野におけるAIの活用に向けた法的課題
新保 史生
あいみっく   2018年Vol.39(No.3)    2018年11月   [招待有り]
The Principal Japanese AI and Robot Strategy and Research toward Establishing Basic Principles
SHIMPO Fumio
情報法制研究   (第3) 44-65   2018年5月   [招待有り]
AIに対して法はどう向き合うか
新保 史生
ビジネス法務   Vol.18(No.2) 73-75   2018年2月   [招待有り]
ロボット・AIと法をめぐる国内の政策動向
新保 史生
人工知能   32(5) 665-671   2017年9月   [招待有り]

Misc

 
自動運転の導入に向けた制度的課題 -国内外におけるルール作りの最新動向-
新保 史生
高速道路と自動車   60(3) 1-2   2017年5月   [依頼有り]
ロボット、AI、IoTと法
新保 史生
旬刊経理情報   No.1477(2017.4.10) 1-1   2017年4月   [依頼有り]
情報セキュリティの変遷とそのゆくえ
新保 史生
三田評論   (2月) 2-8   2017年2月   [依頼有り]
法学、経済学、倫理学、工学など学際的に議論進む:米国のロボット法学研究の熱気
新保 史生
日経Robotics   2016.08 2-5   2016年7月   [依頼有り]
自動走行システムによる自動運転に係る制度的課題をめぐる検討状況
新保 史生
高速道路と自動車   59(6) 1-4   2016年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Research Handbook on the Law of Artificial Intelligence
SHIMPO Fumio (担当:共著, 範囲:The principal Japanese AI and robot strategy and research toward establishing basic principles)
Edward Elgar Publishing Ltd   2018年   
わかる!図書館情報学シリーズ 第5巻
新保 史生
勉誠出版   2018年10月   
小堤康史,佐藤慶浩,篠原治美,鈴木靖,藤原靜雄(監修),新保 史生(編著) (担当:共著)
日本規格協会   2018年8月   ISBN:978-4542306776
ウゴ・パガロ (著)新保 史生(監修)松尾 剛行 (翻訳),‎ 工藤 郁子 (翻訳),‎ 赤坂 亮太 (翻訳) (担当:監修)
勁草書房   2018年1月   ISBN:978-4326403455
福田雅樹(編),林秀弥(編),成原慧(編)新保 史生 (担当:共著, 範囲:AIの利用と個人情報保護制度における課題)
弘文堂   2017年11月   ISBN:978-4335357121

講演・口頭発表等

 
人工知能と法 [招待有り]
新保 史生
中央大学海空法研究会   2018年6月11日   中央大学海空法研究会
Towards Establishing the Basic Principles for Underpinning AI and Robot Use [招待有り]
SHIMPO Fumio
The 2018 Uehiro-Carnegie-Oxford Conference on `Ethics and the Future of Artificial Intelligence'   2018年5月17日   The Uehiro Foundation on Ethics and Education, Tokyo,The Carnegie Council for Ethics in International Affairs, New York, The Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics, Oxford University
SHIMPO Fumio
Global Privacy Summit 2018   2018年3月27日   International Association of Privacy Professionals
While the privacy world watches the countdown to the GDPR, important changes are afoot outside the European Union. Some countries are tracking the EU model closely, in a bid to maintain or gain adequacy in the eyes of the European Commission. Othe...
APEC CBPR Regulator Discussion [招待有り]
SHIMPO Fumio
APEC Cross Border Privacy Rules Workshop   2018年3月26日   U.S. Chamber of Commerce
AI・ロボットをめぐる公法学的側面における諸問題
新保 史生
法と情報研究会・第2回公開研究報告会   2018年3月15日   法と情報研究会

担当経験のある科目

 

Works

 
ロボット法学の幕開け (特集 IoTとイノベーション)
その他   2016年
AI到達点と未来像<論点>
土井香苗   その他   2016年10月
改正個人情報保護法における個人データの第三者提供に係る手続 (特集 個人情報保護法・マイナンバー法改正)
その他   2016年2月
ビッグデータの取扱いをめぐる 法的責任と情報管理のあり方
新保 史生   その他   2013年2月
社会保障・税番号(マイナンバー)制度の意義と課題
浅岡 孝充;石井 夏生利;新保 史生   その他   2012年11月

競争的資金等の研究課題

 
IoT環境における自律ロボットの法的課題
公益財団法人KDDI財団: 公益財団法人KDDI財団2017年度調査研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 新保 史生
法・経済・経営とAI・ロボット技術の対話による将来の社会制度の共創
科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX): 「人と情報のエコシステム」研究開発領域
研究期間: 2016年11月 - 2019年10月    代表者: 新保 史生
AIや自律型ロボットが日常生活に於いて広く利用される社会の到来に向けて、法、経済、倫理及び社会の側面と技術開発との関係において検討が必要な課題の研究を行うことにより、それらの研究開発の推進と社会への普及に必要な社会精度及び法制度の構築に必要な研究を実施する。
ロボットとAI、IoTの組み合わせにより、プログラムの範囲内で動作する産業用ロボットとは異なる自律型ロボットの普及に伴い生ずることが想定される新たな課題への対応のあり方について研究及び提言を行う。
AI及びロボットの普及に伴う課題の検...
海外学会等参加助成
公益財団法人KDDI財団: 海外学会等参加助成
研究期間: 2015年11月 - 2016年3月    代表者: 新保 史生
ユーザ中心のプライバシー保護と個人情報セキュリティ確立に関する学際的国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: アダムス アンドリュー
ソーシャルメディア時代における組織ならびに個人の行動と個人情報保護に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: アダムス アンドリュー