KINOE Yosuke

J-GLOBAL         Last updated: Jun 18, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
KINOE Yosuke
E-mail
kinoehosei.ac.jp
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Intercultural Communication, Department of Intercultural Communication
Job title
Professor
Degree
Master of Engineering
Research funding number
70343613

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1986
 - 
Mar 2001
日本アイ・ビー・エム㈱
 
Apr 2007
   
 
Professor, Faculty of Intercultural Communication Hosei University
 
Apr 2006
 - 
Sep 2006
Visiting Professor, Department of Electrical and Computer Engineering, McGill University
 
Oct 2006
 - 
Mar 2007
Visiting Professor, Swedish Institute of Computer Science (SICS), and Stockholm University, Royal Institute of Technology (KTH), Sweden
 
Sep 2016
 - 
Mar 2017
Visiting Professor, Dipartimento di Elettronica, Informazione e Bioingegneria, Politecnico di Milano
 
Mar 2017
 - 
Aug 2017
Visiting Professor, Department of Electrical and Computer Engineering, McGill University
 
Apr 1995
   
 
慶應義塾大学非常勤講師
 
Apr 2001
 - 
Mar 2006
日本アイ・ビー・エム㈱ 技術顧問
 

Education

 
 
 - 
1984
Faculty of Science and Engineering, Keio University
 
 
 - 
Mar 1986
Graduate School of Science and Technology, Keio University
 

Committee Memberships

 
Apr 2009
 - 
Mar 2010
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology(AIST)  Assessment Committee Member
 
Jul 2007
 - 
Mar 2009
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology(AIST)  Assessment Committee Member
 
Jan 2012
 - 
Aug 2012
International Conference on Ambient Systems, Networks and Technologies  Program Committee
 
Apr 2006
 - 
Dec 2007
International Conference on Control, Automation, and Systems (ICCAS)  Program Committee
 

Published Papers

 
Yosuke Kinoe
Springer Lecture Notes in Computer Science book series (LNCS)   10927 334-347   Jul 2018   [Refereed]
Yosuke Kinoe
Advances in Intelligent Systems and Computing   827 340-349   Aug 2018   [Refereed]
Franca Garzotto, Mirko Gelsomini, Yosuke Kinoe
Springer Lecture Notes in Computer Science   10514 467-492   Sep 2017   [Refereed]
Yosuke Kinoe, Saki Tatsuka
Springer Lecture Notes in Computer Science (LNCS)   10273 539-553   Jul 2017   [Refereed]
This paper proposed a methodology which allows the detection of characteristic postural sways which relate to the invasion to preferred interpersonal distance. The result of empirical study revealed that, at least in most cases under the condition...
Marzia Degiorgi Politecnico di Milano, Department of Electronics, Information and Bioengineering Franca Garzotto Politecnico di Milano, Department of Electronics, Information and Bioengineering Mirko Gelsomini Politecnico di Milano, Department of Electronics, Information and Bioengineering Giulia Leonardi Politecnico di Milano, Department of Electronics, Information and Bioengineering Simone Penati Politecnico di Milano, Department of Electronics, Information and Bioengineering Noëlie Ramuzat Politecnico di Milano, Department of Electronics, Information and Bioengineering Jacopo Silvestri Politecnico di Milano, Department of Electronics, Information and Bioengineering Francesco Clasadonte Politecnico di Milano, Department of Electronics, Information and Bioengineering Marzia Degiorgi, Franca Garzotto, Mirko Gelsomini, Giulia Leonardi, Simone Penati, Noëlie Ramuzat, Jacopo Silvestri, Francesco Clasadonte, Yosuke Kinoe
RO-MAN, 2017, 26th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication   35-41   May 2017   [Refereed]
N. Mizuno
Springer Lecture Note in Computer Science (LNCS)   9755 pp   Aug 2016   [Refereed]
This paper describes an experimental study that investigated how
interpersonal distance varied depending on situational factors, as well as postures
and gender. The results revealed statistically significant simple main effects
of the “task”, “com...
N. Mizuno
Springer Lecture Note in Computer Science (LNCS)   9173 pp 15-24   Jul 2015   [Refereed]
This paper describes an experimental study that investigated how
interpersonal distance varied depending on situational factors, as well as postures
and gender. The results revealed statistically significant simple main effects
of the “task”, “com...
Qualitative Study for the Design of Assistive Technologies for Improving Quality of Life of Visually Impaired
A. Noguchi
Springer Lecture Note in Computer Science (LNCS)   8522 pp 602-613   Jul 2014   [Refereed]
Qualitative Study for Designing Peripheral Communication between Hospitalized Children and Their Family Members
C. Ojima, Y. Sakurai
Springer Lecture Note in Computer Science (LNCS)   8017 pp. 275-284.   Jul 2013   [Refereed]
中途視覚障がい者とその家族をむすぶ非言語的コミュニケーション支援の方法‐網膜色素変性症患者への調査を中心に
内冨亜矢子
人間工学   48    Jun 2012
Mihoko Noda
Springer Lecture Note in Computer Science (LNCS)   6722 pp. 147–156   Jul 2011   [Refereed]
Peripheral Telecommunications: Supporting Distributed Awareness & Seamless Transitions to the Foreground
Yosuke Kinoe, Jeremy Cooperstock
Springer Lecture Note in Computer Science (LNCS)   4541 pp.81-89   Jun 2007   [Refereed]
Relaxed Computing: Supporting Relaxed and Pleasant Experiences in Everyday Life
Kristina Höök, Toshiyuki Hama
ACM CHI 2007 Workshop "Supple Interfaces: Designing and evaluating for richer human connections and experiences"      Apr 2007
Framework for Understanding Everyday Situations through Interactions.
Toshiyuki Hama
International Ergonomics Association      Jul 2006   [Refereed]
Interaction in Relaxed Attitude
Toshiyuki Hama
Human-Centered Computing: Cognitive, Social and Ergonomic Aspects.      Jul 2003   [Refereed]
日常生活を観察すると、オフィスワークに代表されるゴール達成志向的な過程だけでなく、明確なゴールを持たない非ゴール達成志向的な過程が重要な役割を果たしている。日常生活のユーザーのリラックスした状態を損ねずに情報ソースにアクセスすることを目的としたディジタルメディア空間とインタラクション方式を、視点追跡装置とモーショントラッカーを用いて試作し、評価実験を行った。日常生活の場を包括するような空間型のメディア情報システムを設計するための方法論について論及する。 共同研究につき本人担当部分抽出不可能
Discovering Latent Relationships among Ideas: A Methology for Facilitating New Idea Creation
Hirohiko Mori
Lawrence Erlbaum Associates Human-Computer Interaction: Ergonomics and User Interfaces International Conference on Human-Computer Interaction '99      Aug 1999
アイディアとアイディアの間の、それまで気づかなかった隠れた関係性の発見を支援するための実験システムを構築し、それを用いて、「魅力あるソフトウェアを開発するための方策を考える」タスクを素材にしてケーススタディーを行い、方法論とシステムについての評価を行った。その結果、このシステムによる支援の有効性が示された一方で、人間が新しいアイディアを構築するプロセスには、①非常に分析的に洞察を深めていく静的な段階と、②それまでの自分の考えの枠組みを壊しながら、新しいアイディアの組合せを能動的に探索するダ...
ソフトウェア開発におけるユーザー・インターフェイス評価手法の位置づけのための枠組
情報処理学会論文誌 Vol.35, No.12   pp.2613-2622   Dec 1994   [Refereed]
ユーザー・インターフェイス設計の評価手法はそれぞれ問題検出特性が異なり、ソフトウェア開発プロセスのいつの時点にどの手法を適用するのかが最も効果的かについて適切なガイドを提供することが重要である。本論文では、各手法の①評価可能な時期、②発見可能な問題の数と種類、③評価に要する労力、④評価者の個人差の影響の4つに要因と、対象物が実システムか仕様書か、評価手続きが形式的か発見的か、対象が実ユーザーか想定ユーザーか、について考え、これらの観点に基づく評価手法の位置づけについて考察した。異なる4つの...
活気ある日常の実現に向けたHCI
人間工学会論文誌 Vol.30, No.1   pp.27-34   Feb 1994   [Refereed]
コンピューター技術の適用が日常生活のあらゆる範囲に達した状況下における、人間と人工物との共同作業の設計について分析し、GUIやVRに代表されるような、仮想世界Vと現実世界Rを隔離し、あくまでも仮想世界Vの高い完成度を追及する①「アミューズメント・パーク型の設計思想」に対して、それと対極的に、仮想世界Vと現実世界Rを隔離せずむしろ融合させ、仮想世界での作業Vwとその前後の現実世界作業との時間的連続性を実現することを指向する②「日本庭園型の設計思想」を提言した。日常生活を指向するヒューマン・イ...
An Adaptive Document Retrieval System Using a Neural Network
Elsevier Science Publishers International Journal of Human-Computer Interaction, Vol.12, No.2      Dec 1990
文献検索のための最適なキーワードの組合せを決定する作業は、検索ユーザーにとって困難な事柄の1つである。本論文では、検索結果に対するユーザーの評価(各検索結果ごとに、検索要求にどの程度適合しているかを評価)を積極的に収集し活用することによって、システムがニューラルネットワークを用いて学習し、システムが提示する検索結果の質を繰返し改良していく、適応型の文献検索システムを提案した。その実装とケーススタディーによる実験結果について検討を加えている。 全14頁267~280頁、共同研究につき本人担...
コマンドの認知科学的研究
情報処理学会 第34回情報処理学会全国大会      Mar 1987
コマンドを、人間とシステム間におけるコミュニケーションの言語体系として捉え、コマンド言語の違いによる人間の認知特性への影響を実験的に検証した。エディターシステムのための同一内容のコマンド言語体系を、①英字、②仮名、③漢字、④無意味カナ、の4通りの方式で製作し、各設計方式による人間の初期学習、再認、操作の効率や1週間後の記憶特性等の違いについて実験評価した。現行エディタで採用されている英字方式でのパフォーマンスが低く、漢字と仮名による方式でのパフォーマンスが優れている結果を得て、これについて...
類推による問題解決における図の効果
日本認知学会第1回大会発表論文集      Jun 1984   [Refereed]
社会に流通する情報量が著しく拡大するに伴い、人間が効果的、効率的に理解や判断を行う為には、情報の表現方法とデザインが重要な設計課題となりつつある。本研究では、情報の図的表現に注目し、課題文章に付与した図的表現の抽象度の違い、2次元表現にするか3次元表現にするか、等の違いによって、人間の問題解決のパフォーマンスに有意義な差が生じることを実験的に検証した。情報の図的表現が適切であるかどうかによって問題解決など人間の高次の情報処理過程が影響を受けうることを示した。 全2頁52~53頁、共同研究...

Misc

 
長期入院児童とその家族をむすぶコミュニケーション支援: ツール設計に向けたケーススタディ
尾島知夏 櫻井由李
人間工学   46    Jul 2010
暮らしエピソードの抽出とそれに基づくコミュニケーション支援ツールへの活用:離れて暮らす高齢者とその家族の支援に向けて
野田美穂子
人間工学   45    Jun 2009
Situation Analysis through Interaction: A Framework for Understanding Situations of Everyday Lives.
Toshiyuki Hama
Proceedings of the International Conference on Human-Computer Interaction. Lawrence Erlbaum Associates.      Jul 2005   [Refereed]
Applying Calm Technology for Building Information Space in Everyday Life
Hirohiko Mori, Daisuke Nakata
Proceedings of International Conference of SICE2003      Aug 2003   [Refereed]
This paper proposes a new human interface which allows users to build cooperation among multiple information appliances interactively. We also propose a unique software architecture which allows users to create cooperation among information applia...
Cross-Devices Temporal and Spatial Continuity: Essential Aspects for Designing Everyday Digital Life
Lawrence Erlbaum Associates Proceedings of the International Conference on Human-Computer Interaction ‘01      Aug 2001
日常生活を現実世界での作業(Rww)と仮想世界での作業(Csw)が織り成す連続として捉えなおし、日常生活における作業の時間的連続性と空間的連続性の2つの側面に注目した、ヒューマン・コンピュータインタラクション設計の新たな枠組みを提案する。この枠組みに基づいて解析することにより、拡張現実感(AR)技術を日常生活に応用する場合には、作業の空間的連続性についての改良を期待できるが、時間的連続性の観点からは新たな拡張を必要とすることを論及した。 全4頁 編者:G.Salvendy and M....
特許 UI to Assist Aged / Handicapped People (JA3-99-062)
   Mar 1999
特許 Object Selection Method for 3D Model(JA9-98-079)
   Jul 1998
特許 Flexible 3-Dimensinao Icon (JA9-98-0 )
   Jan 1998
特許 Method of Search Range Adjustment (JA9-97-192)
   Nov 1997
Toward Inspiring Creative Thinking
Finish Inst. of Occupational Health, International Ergonomics Assoc. 1997 Vol.5, (ISBN 951-802192-9). 13th Triennial International Congress of the International Ergonomics Assoc. 1997,      Jun 1997
人間の創発的な過程を支援することを意図する「発想支援システム」では、ユーザーの意識をアイディア産出に集中するために、システムの操作を殊更意識する必要ができる限りないようにする必要がある。したがって、タスクを行う際の時間的な意識の連続性を妨げないことが重要な設計要件となる。本研究の提案する発想支援システムでは、これを実現するため、システムのインタラクション方法としてユーザーの現実世界で行う行動様式をそのまま採用する方針をとり、現実世界のオブジェクト(紙に書かれたアイディアカード)と仮想世界の...
Intelligent Support for Discovering Latent Relationships among Ideas: Methodology Based on Genetic Programming
Finish Inst. of Occupational Health, International Ergonomics Assoc. 1997 Vol.5, (ISBN 951-802192-9). 13th Triennial International Congress of the International Ergonomics Assoc. 1997,      Jun 1997
人間があるアイディアとあるアイディアの間にそれまで気付かなかった隠れた関係性を発見することを支援することを目的とした実験システムを構築した。ブレーンストーミングなどで得られる膨大なアイディアの切片を、様々な観点からIndexingしてストアーしておく。各アイディア間の関係性を一つ一つの遺伝子と見なし、遺伝的アルゴリズムの自然淘汰のメカニズムによりユーザー(分析者)のダイナミックに変動する「意図」を推定し、ユーザーの注目しているアイディアと隠れた関係を持っていそうなアイディア候補をユーザーの...
遺伝的アルゴリズムと人間工学への応用
人間工学会論文誌 Vol.30, No.6      Dec 1995
情報システム設計のための人間工学研究は、従来のように、人間の持つ制約事項の諸側面を究明して、システム設計を人間の持つ制約に合わせていくだけではなく、人間のもつ優れた能力を情報システムの支援によってさらに引き出そうとするアプローチが今後一層重要になると思われる。本研究では、遺伝的アルゴリズムの学習メカニズムを用いた発想支援システムを提案する。このシステムでたとえば、「それまで思いもよらなかった事柄と事柄との間に、ふとしたきっかけから隠れた関係性を発見して驚く」といった知的体験、知的能力の拡張...
Toward Augmented Creativity: Intelligent Support for Discovering Latent Relationships among Ideas
Elsevier Science Publishers Symbiosis of Human and Artifact International Conference on Human-Computer Interaction '95      Jul 1995
従来コンピューターによるサポートが困難とされてきた、アイディアの算出など人間の創発的な過程を支援することを意図した「適応型の発想支援システム」を、遺伝的アルゴリズムの学習メカニズムを用いて遺伝子において行われる突然変異、交差、自然淘汰のメカニズムを取り入れることによって、ユーザー(分析者)のダイナミックに変動する「意図」を推定すると同時に、分析者がこれまで思いつかなかったアイディアとアイディアの間の隠れた関係性の発見を支援することが可能となった。 全6頁703~708頁、共同研究につき本...
Integrating Analytical and Creative Processes for User Interface Redesign
Elservier Science Publishers Human-Computer International Comference on Human-Computer Interaction, '93      Aug 1993
ヒューマン・インタフェース設計をユーザーからの評価結果に基づいて改良を行う場合、その作業は大きく2つの過程から構成される。すなわち、①問題となった現象の詳細な分析を行い、問題点を分類し、②抽出された問題を個別的ではなく統合的に捉え、それらの問題の包括的な解決案を算出するCreativeなプロセスの2つである。この2つの全く異なるプロセスを接合するために、①の問題分類のために行うindexingの結果を用いて、数量化統計手法と遺伝的アルゴリズムを応用したカードベースの支援システムを試作し、提...
Mutual Harmony and Temporal Continuity: A Perspective from the Japanese Garden
ACM SIGCHI Bulletin, Vol.25, No.1      Jan 1993
コンピュータによる仮想世界の中でだけで閉じた空間を作り、あくまでもその空間内での作業の完成度を追及する設計アプローチ(仮想現実感やGUIに代表される)の限界を指摘し、それと対極的な設計アプローチとして、①仮想世界Vと現実世界Rの融和的共存、および②仮想世界での作業Vwの前後を構成する現実世界での作業Rw間での意識の時間的連続性の保持、の観点から、日本の伝統的な庭園の設計に見られる空間接合様式を取り入れた新しい「日本庭園型のヒューマン・インターフェイス」についての提言を異なった。 全4頁1...
Cooperative Document Retrieval: Making Users' Ill-Defined Query Evolve
Elsevier Science Publishers International Journal of Human-Computer Interaction, Vol.3, No.3      Sep 1991
キーワードによる文献検索では、ユーザーの検索欲求自体が曖昧である場合も多い。感性を伴う検索欲求の場合、その傾向は顕著となる。本研究の提案するシステムでは、ユーザーが検索システムが提示する候補に対して評価と検索を繰り返し行うことによって、システムはユーザーが持っている「視点」をニュートラルネットワークを用いて学習し、徐々に適応していく。一方、ユーザーもシステムからの候補に対する評価を繰返すことによって、自らの検索欲求を明確化させていくことができる。本研究の提案するシステムは、ユーザーとシステ...
Assessing Usability Evaluation Methods in Software Ddevelopment Process
Elsevier Science Publishers Human Aspects in Computing(ISBN 0-444-88755X)      Sep 1991
ユーザー・インタフェース設計代表的な評価手法として4種類を取り上げ、各手法のユーザビリティー問題の検出力特性についてケーススタディーによる比較分析を行った。本研究で取り上げたのは、詳細なチェックリストによる問題発見、エキスパートによるヒューリスティック評価、言語プロトコル分析手法を用いたユーザビリティー・テスティング、使い捨てプロトタイプの製作による設計レビューの4つである。ケーススタディーとして各手法を同一製品のUI評価に適用し、発見できた問題の数と種類、評価に要したワークロード、適用可...
Applying Formal Verbal Protocol Analysis to a Practical Usability Evaluation
Elsevier Science Publishers Human Aspects in Computing (ISBN 0-444-88755X)      Sep 1991
コンピューター・システムで作業するユーザーの内的な過程に発生する様々な問題現象を、詳細かつ包括的に抽出・解析するための手法として、言語プロトコル分析を定形的な手順に形式化したVPA Method 手法を提案してきた。この方法論を、実際のLSI設計用CADの大規模ソフトウェア開発プロジェクトに適用した結果について分析を行った。その結果、数100に上る設計問題項目を幅広いカテゴリーにわたって、例えばシステムの操作手順の冗長性の問題から、メニューの構造、統合的LSI設計環境としての関連システムと...
ソフトウェア開発におけるユーザー・インタフェース評価手法についてのケーススタディー
計測自動制御学会 第6回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム論文集      Oct 1990
ソフトウェア開発プロセスにおいてユーザーインタフェース評価手法を位置付ける各観点について分析を行い、分類の枠組を提案した。まず大きく(a)有用性の高さ、(b)評価対象物が実システムにどの程度忠実か、(c)実ユーザーをどの程度シミュレートできているか、の3つの軸を設定した。有用性については更にブレークダウンを行い、次の4つの特性が高いとき有用性に優れているとした。①早い時期に評価可能、②多くの問題を発見でき、重要な欠陥を見落とさない、③労力がかからない④評価者による個人差・バラツキが少ない。...
An Adaptive Document Retrieval System
Adridged Proceeding of 3rd International Conference on Human-Computer Interaction,Boston MA International Conference on Human-Computer Interaction '89      Sep 1989
キーワードによる文献検索では、同一のキーワードが他の学問領域では全く別の意味で用いられる事が多くある。例えば、建築領域におけるArchitectureは、コンピューターサイエンス領域におけるArchitectureとは指示内容が異なっている。本論文では、検索者が複数の指示内容を持つような曖昧なキーワードを入力した場合、キーワードに託された検索ユーザーの意図をその検索ユーザーとの対話によって推定するための学習メカニズムについて提言を行い、ニューラルネットワークによって行った適応型システムの実...

Books etc

 
Integration of Analytical and Creative Processes for Enhancing Software, In book: International Encyclopedia of Ergonomics and Human Factors
International Encyclopedia of Ergonomics and Human Factors. In W. Karwowski (Ed.), Taylor & Francis (ISBN 041530430X).   Jun 2005   
人間工学における初めてのインターナショナルなエンサイクロペディアである。人間工学がいま解決に取り組む重要な研究課題、新しい実験手法・テクニック、概念に関する最新の研究成果が1冊の本に凝縮されている。著者は「遺伝的アルゴリズムを用いた分析的・発見的なソフトウェア再設計手法」の章を担当。
Analysis Method for Human Cognitive Processes.
Handbook of Human Measurement, In National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (Ed.): Asakura Publishers, (ISBN 4-254-20107-9).   Sep 2003   
ヒトを計る方法を集大成した本である。ヒトのカタチ、運動、生理、感覚、心理、行動、思考、ヒトのさまざまな側面や営みを計測する幅広い技法が実践的にまとめられている。疲労や覚醒状態、ストレスやモノゴトのわかりやすさ/使いにくさも計測対象なのであり、そこには方法論が存在する。この中で著者は、思考口述法の適用方法と、それにより得られたリアルタイムな言語報告を定式化された安定した方法で解析する方法論を担当。

Works

 
東京都墨田区肢体障害者作業施設「のぞみの家」支援ボランティア
Jul 1983