平石 界

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/11 18:15
 
アバター
研究者氏名
平石 界
 
ヒライシ カイ
eメール
kaihiraishikeio.jp
所属
慶應義塾大学
部署
文学部
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学), 修士(学術)(東京大学), 学士(教養)(東京大学)
科研費研究者番号
50343108
Twitter ID
kaihiraishi
ORCID ID
0000-0002-4486-3911

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 文学部 准教授
 
2014年4月
 - 
2015年3月
安田女子大学 心理学部心理学科 准教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
安田女子大学 心理学部心理学科 講師
 
2008年1月
 - 
2012年3月
京都大学 こころの未来研究センター 助教
 
2004年10月
 - 
2007年12月
東京大学 教養学部/大学院総合文化研究科 助教
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年9月
東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻生命環境科学系
 
1995年4月
 - 
1997年3月
東京大学 教養学部 人間行動学分科
 
1993年4月
 - 
1995年3月
東京大学 教養学部 文科III類
 

受賞

 
2011年9月
日本社会心理学会 奨励論文賞 共感性形成要因の検討:遺伝―環境交互作用モデルを用いて
受賞者: 敷島千鶴・平石界・山形伸二・安藤寿康
 
2007年9月
日本社会心理学会 優秀論文賞 一般的信頼に及ぼす遺伝と環境の影響:行動遺伝学的・進化心理学的アプローチ
受賞者: 敷島千鶴・平石界・安藤寿康
 
1997年6月
Human Behavior and Evolution Society 第9回年次総会 ポスター賞 Human Universality: Evidence from Japan (1) Cognition Studies
受賞者: Hasegawa, T., Hiraiwa-Hasegawa, M., & Hiraishi, K.
 

論文

 
三浦 麻子, 小森 政嗣, 松村 真宏, 平石 界
エモーション・スタディーズ   4(Si) 26-32   2019年3月   [査読有り]
The present study explored social sharing of negative emotion on social media related to the 3.11 earth-
quake. A dataset was created from tweets that included one or more of the nuclear disaster at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (F1-NP...
Letters on Evolutionary Behavioral Science   9(2) 5-8   2018年8月   [査読有り]
Prosocial lie is an interesting subject in evolutionary psychology because generosity toward others is sometimes inconsistent with adherence to norms. People use justification to tell a lie without threatening the positive self-concept. Previous s...
Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji, Yamaguchi Susumu, Ando Juko
PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES   121 140-146   2018年1月   [査読有り]
平石 界
心理学評論   60(1) 111-115   2017年7月   [招待有り]
<p>Sometimes, we discriminate "sex differences" from "gender differences" implying that there are two types of differences between women and men: biologically based sex differences and socially constructed gender differences. One may even imply th...
Letters on Evolutionary Behavioral Science   7(1) 29-32   2016年   [査読有り]
Fiddick Laurence, Brase Gary L., Ho Ai Tee, Hiraishi Kai, Honma Atsushi, Smith Adam
JOURNAL OF RESEARCH IN PERSONALITY   62 6-18   2016年6月   [査読有り]
池田 功毅, 平石 界
心理学評論   59(1) 3-14   2016年   [査読有り]
Ando J, Fujisawa KK, Shikishima C, Hiraishi K, Nozaki M, Yamagata S, Takahashi Y, Ozaki K, Suzuki K, Deno M, Sasaki S, Toda T, Kobayashi K, Sugimoto Y, Okada M, Kijima N, Ono Y, Yoshimura K, Kakihana S, Maekawa H, Kamakura T, Nonaka K, Kato N, Ooki S
Twin research and human genetics : the official journal of the International Society for Twin Studies   16(1) 202-216   2013年2月   [査読有り]
Oda R, Okuda A, Takeda M, Hiraishi K
Evolutionary psychology : an international journal of evolutionary approaches to psychology and behavior   12(5) 888-900   2014年10月   [査読有り]
小田 亮, 平石 界
パーソナリティ研究   23(3) 193-196   2015年   [査読有り]
We examined the effects of altruism in daily life and the Big Five personality traits on professional hospitality. A web-based survey was conducted with 208 participants (ages in the 20's to 50's) who have been engaged in hospitality industries. W...
Hiraishi K, Shikishima C, Yamagata S, Ando J
Frontiers in psychology   6 373   2015年4月   [査読有り]
Shikishima C, Hiraishi K, Yamagata S, Ando J, Okada M
Frontiers in psychology   6 1712   2015年11月   [査読有り]
Naohiro Matsumura,Array,Masashi Komori,Kai Hiraishi
Tenth IEEE International Conference on Semantic Computing, ICSC 2016, Laguna Hills, CA, USA, February 4-6, 2016   465-470   2016年   [査読有り]
Hiraishi K, Sasaki S, Shikishima C, Ando J
Archives of sexual behavior   41(3) 711-724   2012年6月   [査読有り]
Oda Ryo, Kato Yuta, Hiraishi Kai
EVOLUTIONARY PSYCHOLOGY   13(3)    2015年   [査読有り]
中村 敏健, 平石 界, 小田 亮, 齋藤 慈子, 坂口 菊恵, 五百部 裕, 清成 透子, 武田 美亜, 長谷川 寿一
パーソナリティ研究   20(3) 233-235   2012年3月   [査読有り]
This study developed a Japanese version of the Machiavellianism scale (Mach IV) and examined its reliability and validity. A questionnaire survey of university, junior college and vocational school students showed sufficient internal consistency a...
Ryo Oda, Ryo Oda, Kai Hiraishi, Yasuyuki Fukukawa, Akiko Matsumoto-Oda
Journal of Evolutionary Psychology   9 283-293   2011年12月   [査読有り]
Possible effects of external and internal factors affecting prosociality in Japanese undergraduates were investigated. We employed social support as an external factor and helping norms, self-consciousness, other-consciousness, self-esteem, and re...
小田 亮, 山内 新作, 永縄 拓也, 平石 界, 松本 晶子, Oda Ryo, Yamauchi Shinsaku, Naganawa Takuya, Hiraishi Kai, Matsumoto-Oda Akiko
観光科学 = Journal of Tourism Sciences   3 23-33   2011年9月
We examined usefulness of the prosocial behavior scale (Kikuchi, 1988) from a view of evolutionary cognitive science. Relationship between an actor and a recipient is important in evolutionary studies of altruistic behavior. The prosocial behavior...
Oda Ryo, Niwa Yuki, Honma Atsushi, Hiraishi Kai
EVOLUTION AND HUMAN BEHAVIOR   32(5) 372   2011年9月   [査読有り]
中村 敏健, 守谷 順, 平石 界, 長谷川 寿一
パーソナリティ研究   19(3) 278-280   2011年4月   [査読有り]
This study investigated the construct validity of the Japanese version of the BIS/BAS scales. A dot-probe task was used, which examined the degree of attention to a fear-conditioned stimulus. The results showed that the BIS-points, which measure t...
Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Sugimoto Yutaro, Takemura Ryo, Ozaki Koken, Okada Mitsuhiro, Toda Tatsushi, Ando Juko
INTELLIGENCE   37(3) 256-267   2009年5月   [査読有り]
Oda Ryo, Machii Wataru, Takagi Shinpei, Kato Yuta, Takeda Mia, Kiyonari Toko, Fukukawa Yasuyuki, Hiraishi Kai
PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES   56 206-209   2014年1月   [査読有り]
Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Neiderhiser Jenae M., Ando Juko
SOCIAL PSYCHOLOGICAL AND PERSONALITY SCIENCE   4(4) 434-444   2013年7月   [査読有り]
Oda R, Dai M, Niwa Y, Ihobe H, Kiyonari T, Takeda M, Kai H
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   84(1) 28-36   2013年4月   [査読有り]
Oda Ryo, Niwa Yuki, Honma Atsushi, Hiraishi Kai
EVOLUTION AND HUMAN BEHAVIOR   32(3) 166-171   2011年5月   [査読有り]
Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Sugimoto Yutaro, Murayama Kou, Ando Juko
INTELLIGENCE   39(2-3) 89-99   2011年3月   [査読有り]
敷島 千鶴, 平石 界, 山形 伸二, 安藤 寿康
社会心理学研究   26(3) 188-201   2011年   [査読有り]
Factors contributing to individual differences of empathy were examined using behavioral genetics methodology. Data related to individual levels of empathy and parental warmth received during childhood were collected from approximately 450 pairs o...
Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Shikishima Chizuru, Ando Juko
EVOLUTION AND HUMAN BEHAVIOR   29(2) 79-85   2008年3月   [査読有り]
Chizuru Shikishima, Kai Hiraishi, Juko Ando
Research in Social Psychology   22 48-57   2007年12月   [査読有り]
With the twin method, we tested the theory of general trust. Among data collected on 1,040 twins, data from 328 pairs of identical twins and 103 pairs of same-sex fraternal twins were analyzed to examine genetic and environmental influences on the...
Oda Ryo, Hiraishi Kai, Matsumoto-Oda Akiko
EVOLUTION AND HUMAN BEHAVIOR   27(5) 366-380   2006年9月   [査読有り]
敷島 千鶴, 平石 界, 安藤 寿康
社会心理学研究   22(1) 48-57   2006年   [査読有り]
With the twin method, we tested the theory of general trust. Among data collected on 1,040 twins, data from 328 pairs of identical twins and 103 pairs of same-sex fraternal twins were analyzed to examine genetic and environmental influences on the...
Kai Hiraishi, Kai Hiraishi, Kai Hiraishi, Juko Ando, Juko Ando, Yutaka Ono, Yutaka Ono, Toshikazu Hasegawa, Toshikazu Hasegawa
Psychologia   47 226-237   2004年12月   [査読有り]
On the Wason selection task with the Sharing-rule, there are three major response patterns; 1) to select those cards that detect resource-provider's non-cooperation to in-group, 2) to select those cards that detect resource-provider's failure to e...
平石 界, 長谷川 寿一, 長谷川 眞理子
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   9(4) 580-585   2002年12月   [招待有り]
Margie Wright, Eco D. Geus, Juko Ando, Michelle Luciano, Michelle Luciano, Danielle Posthuma, Yutaka Ono, Narelle Hansell, Narelle Hansell, Caroline Van Baal, Kai Hiraishi, Toshikazu Hasegawa, Glen Smith, Gina Geffen, Laurie Geffen, Shigenobu Kanba, Akira Miyake, Nick Martin, Dorret Boomsma
Twin Research   4 48-56   2001年2月   [査読有り]
A multidisciplinary collaborative study examining cognition in a large sample of twins is outlined. A common experimental protocol and design is used in The Netherlands, Australia and Japan to measure cognitive ability using traditional IQ measure...
Kai Hiraishi, Toshikazu Hasegawa
Thinking & Reasoning   7(3) 255-294   2001年10月   [査読有り]
平石界
認知科学   5(3)    2000年   [招待有り]

Misc

 
心理学ワールド   (81) 32   2018年4月
心理学ワールド   (80) 32   2018年1月
心理学ワールド   (79) 32   2017年10月
心理学ワールド   (78) 32   2017年7月
心理学ワールド   (77) 32   2017年4月
心理学ワールド   (76) 32   2017年1月
心理学ワールド   (75) 32   2016年10月
心理学ワールド   (74) 32   2016年7月
心理学ワールド   (72) 32   2016年1月
平石 界, 敷島 千鶴, 安藤 寿康
日心大会論文集   71(0) 3AM019-3AM019   2015年8月
三浦 麻子, 鳥海 不二夫, 小森 政嗣, 松村 真宏, 平石 界
JSAI大会論文集   2014(0) 1H3NFC02b2-1H3NFC02b2   2018年7月
<p>災害情報の伝播においてソーシャルメディアの果たす役割は大きい.東日本大震災直後のツイッターで発信された情報は,リツイートが多くを占め,また被災地からの情報を非被災地の利用者が転送・拡散する傾向があったことが分かっている.本研究では,情報の伝播性(リツイート頻度の高さ)を規定する要因として,ツイートに含まれる感情語をポジティブ/ネガティブ,活性/不活性の2次元で分類し,災害の種類との関連を検討した.</p>
松村 真宏, 三浦 麻子, 小森 政嗣, 平石 界
JSAI大会論文集   2015(0) 2B4NFC02b1-2B4NFC02b1   2018年7月
<p>東日本大震災の際、情報を得るためのインフラとして活用されたツイッターは、他メディアに流れた情報を共有する「メタメディア」としても機能していた。震災関連情報の中には真偽の明確でない情報、悪質なデマ、賛否の分かれる事柄など、議論や論争を呼び起こすものが多かった。本稿では、ツイートログを対象として、メディアが誘発した投稿者の感情を分析し、メディアが投稿者の心理的な側面に及ぼした影響について探る。</p>
中垣 啓, 市川 伸一, 山 祐嗣, 平石 界, 繁桝 算男
日心大会論文集   70(0) WS061-WS061   2018年7月
Teaching motivation and altruism: a Japanse twin study
Ando Juko, Hiraishi Kai
BEHAVIOR GENETICS   47(6) 692   2017年11月
社会心理学における再現性問題:その契機と現状
平石 界
理論心理学研究   18(1) 82-83   2017年3月   [依頼有り]
Theory of mind and its relation to information superiority in reasoning : Investigation with the Amount guessing game
Tokita Mamino, Hiraishi Kai
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 579   2016年7月   [査読有り]
Searching for a Peace of Mind: Experimental Explorations to Reduce Negative Biases towards Fukushima Products
Ikeda Koki, Nakanishi Daisuke, Yokota Kunihiro, Hiraishi Kai
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 338   2016年7月   [査読有り]
Risk perception of radioactivity related risk factors: A web survey in Japan.
Hiraishi Kai, Nakanishi Daisuke, Yokota Kunihiro, Ikeda Koki
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 337-338   2016年7月
平石 界, 池田 功毅
生活協同組合研究   (480) 26-34   2016年1月   [依頼有り]
三浦 麻子, 鳥海 不二夫, 小森 政嗣, 松村 真宏, 平石 界
人工知能学会論文誌   31(1) NFC-A_1-9   2016年1月
In this article, we investigate "retweeting in Twitter" or information transfer behavior in social media to figure out some characteristics of our information processing behavior in emergency situation from social psychological perspective. We mad...
心理学ワールド   (70) 32   2015年7月
心理学ワールド   (69) 32   2015年4月
心理学ワールド   (68) 32   2015年1月
平石 界, 池田 功毅
心理学ワールド   (68) 5-8   2015年1月
心理学ワールド   (67) 32   2014年10月
放射能汚染は感染汚染か? 福島原発事故による放射能汚染への反応の実験的検討
横田 晋大, 平石 界, 池田 功毅, 中西 大輔
日本心理学会大会発表論文集   78回 207-207   2014年8月
心理学ワールド   (64) 32   2014年1月
Development and education of formal and informal logical thinking ability: A Japanese twin study
Yamagata Shinji, Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Ando Juko
BEHAVIOR GENETICS   43(6) 549   2013年11月   [査読有り]
Genetic overlapping among intelligence, educational attainment, occupational status, marriage, and having children: Japanese female twins
Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Kijima Nobuhiko, Ando Juko
BEHAVIOR GENETICS   43(6) 540-541   2013年11月   [査読有り]
Long-term genetic effects of working memory on cognition and personality in adolescence and adulthood: A 14-year longitudinal study of twins
Ando Juko, Shikishima Chizuru, Kijima Nobuhiko, Hiraishi Kai, Takahashi Yusuke, Yamagata Shinji
BEHAVIOR GENETICS   43(6) 506   2013年11月   [査読有り]
心理学ワールド   (63) 32   2013年10月
心理学ワールド   (62) 32   2013年7月
心理学ワールド   (61) 32   2013年4月
Genetics of decision making: A Japanese twin study using the Allais problem
Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Ando Juko, Okada Mitsuhiro
BEHAVIOR GENETICS   42(6) 968   2012年11月   [査読有り]
福島原発事故にかかわる放射能リスクの認知 行動免疫システム仮説からの検討
平石 界, 池田 功毅, 横田 晋大, 中西 大輔
日本心理学会大会発表論文集   78回 216-216   2014年8月
Whose happiness increases, and why? A longitudinal twin analysis over a decade-long interval
Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Ando Juko
BEHAVIOR GENETICS   41(6) 936   2011年11月   [査読有り]
時田 真美乃, 平石 界
JCSS Japanese Congnitive Science Society   512-517   2013年
マキャベリアニズム尺度日本語版の作成とその信頼性・妥当性の検定
中村 敏健, 平石 界, 齋藤 慈子, 坂口 菊恵, 清成 透子, 武田 美亜, 長谷川 寿一
日本心理学会大会発表論文集   75回 58-58   2011年8月
指比(2D:4D)の双生児データ分析 遺伝率、出生前ホルモン移動、性的指向との関係
平石 界, 佐々木 掌子, 敷島 千鶴, 安藤 寿康
日本心理学会大会発表論文集   75回 1059-1059   2011年8月
【人間とは何か 霊長類の比較認知科学】 利他行動の進化理論について幾つかの補足 山本論文へのコメント
平石 界
心理学評論   53(3) 437-440   2011年1月
金本 麻里, 中村 敏健, 明地 洋典, 平石 界, 長谷川 寿一
日本認知心理学会発表論文集   2011(0) 63-63   2011年
サイコパシーは、反社会的特徴を持つ人格障害であり、他者の心的状態の認知能力の障害との関連が臨床研究により示されている(Blair, 2005)。先行研究(Ali et al., 2009;2010)では非臨床群を対象に表情・視線・音声刺激が表す感情についての認知課題が用いられ、高サイコパシー傾向者が感情理解に障害を持つことが示唆された。本研究では、その拡張として、感情的側面を含まない他者の心的状態の認知にも障害が見られるかを、大学生を対象に、Dumontheilら(2010)が成人を対象に...
Genetic correlates of syllogism-solving ability
Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Sugimoto Yutaro, Ando Juko
BEHAVIOR GENETICS   40(6) 812   2010年11月   [査読有り]
Heritability of cooperative behavior on a public goods game
Hiraishi Kai, Shikishima Chizuru, Ando Juko
BEHAVIOR GENETICS   40(6) 796   2010年11月   [査読有り]
向社会性とビッグファイブパーソナリティの関係
中村 敏健, 平石 界, 清成 透子, 長谷川 寿一
日本心理学会大会発表論文集   74回 62-62   2010年8月
中村 敏健, 守谷 順, 平石 界, 長谷川 寿一
日本パーソナリティ心理学会発表論文集   19(0)    2010年
Genetic and environmental factors contributing to educational attainment in Japanese society
Shikishima Chizuru, Ozaki Koken, Hiraishi Kai, Sasaki Shoko, Ando Juko
BEHAVIOR GENETICS   39(6) 680   2009年11月   [査読有り]
井村 裕夫, 吉川 左紀子, 平石 界
こころの未来   3 2-9   2009年
近藤 淳也, 内田 由紀子, 平石 界
こころの未来   3 42-52   2009年
An International Comparison of Etiologies of Remembered Parenting Using Japanese and Swedish Twins
Shikishima Chizuru, Hiraishi Kai, Yamagata Shinji, Ono Yutaka, Ando Juko, Neiderhiser Jenae M.
BEHAVIOR GENETICS   38(6) 648   2008年11月   [査読有り]
Associations between general intelligence and social attitudes: A Japanese twin study
Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Ando Juko
BEHAVIOR GENETICS   37(6) 793-794   2007年11月   [査読有り]
Parental warmth and empathy: familial influences reconsidered
Shikishima Chizuru, Yamagata Shinji, Hiraishi Kai, Ando Juko, Ono Yutaka
BEHAVIOR GENETICS   36(6) 985   2006年11月   [査読有り]
Syllogism and intelligence: g (Genetic Factor) of g (General Intelligence) revisited
Ando Juko, Shikishima Chizuru, Sugimoto Yutaro, Takemura Ryo, Hiraishi Kai, Okada Mitsuhiro
BEHAVIOR GENETICS   36(6) 953-954   2006年11月   [査読有り]
時田 真美乃, 平石 界, 小田 亮
日本認知科学会大会発表論文集 = Annual meeting of the Japanese Cognitive Science Society   23 406-407   2006年8月
川合 伸幸, 平石 界
認知科学   12(3) 137-141   2005年9月
菅原 ますみ, 安藤 寿康, 前川 浩子, 敷島 千鶴, 平石 界
日本教育心理学会総会発表論文集   46(0) S88-S89   2004年
平石 界
言語   31(1) 12-15   2002年1月
平石 界
心理学ワ-ルド   (13) 9-12   2001年4月
平石 界, 安藤 寿康, 大野 裕, 長谷川 寿一
基礎心理学研究   18(2)    2000年
平石 界, 安藤 寿康, 大野 裕, 長谷川 寿一
基礎心理学研究   17(2)    1999年

書籍等出版物

 
東京大学出版会   2018年5月   ISBN:413013311X
北神 慎司, 林 創, 杉森 絵里子, 榊 美知子, 村山 航, 清河 幸子, 平山 るみ, 米田 英嗣, 菅 さやか, 平石 界, 石井 敬子, 上野 泰治
ナカニシヤ出版   2015年   ISBN:9784779509537
パーソナリティ心理学ハンドブック
二宮克美,浮谷秀一,堀毛一也,安藤寿康,藤田主一,小塩真司,渡邊芳之 (担当:分担執筆, 範囲:パーソナリティと進化心理学(pp.29-35))
福村出版   2013年   
五百部 裕, 小田 亮, 山本 真也, 平石 界, 坂口 菊恵, 松本 直子
朝倉書店   2013年   ISBN:9784254523041
児童心理学の進歩2012年版 vol. 51
平木典子,稲垣佳世子,河合優年,斉藤こずゑ,高橋惠子,湯川良三 (担当:分担執筆, 範囲:進化と発達―生活史と向社会性の進化を中心に―(pp1-23))
金子書房   2012年   
箱田 裕司, 小松 佐穂子, Gerald Matthews, 菱谷 晋介, 平石 界, 安藤 寿康, 八田 武志, 大橋 智樹, 若林 明雄, 権藤 恭之, 石岡 良子, 中村 知靖, 光藤 崇子 (担当:共著)
北大路書房   2011年3月   ISBN:4762827371
ヒトの子育ての進化と文化:アロマザリングの役割を考える
根ヶ山光一,柏木惠子 (担当:分担執筆, 範囲:赤ちゃんポストの人間行動進化学的意味(pp.71-72.))
有斐閣   2011年   
展望 現代の社会心理学 第3巻 社会と個人のダイナミクス
唐沢穣,村本由紀子 (担当:分担執筆, 範囲:人間行動への進化的視点(pp.244-265.))
誠信書房   2011年   
発達科学ハンドブック2 研究法と尺度
日本発達心理学会/岩立志津夫,西野泰広 (担当:分担執筆, 範囲:生物・進化理論との関係でみた研究法(pp.186-196.))
新曜社   2011年   
やわらかアカデミズム 家族心理学
柏木惠子 (担当:分担執筆, 範囲:『赤ちゃんポスト』の古今東西―繁殖と自己生存のはざま―(pp.102-103.))
ミネルヴァ書房   2010年   
やわらかアカデミズム よくわかる認知科学
乾敏郎,吉川左紀子,川口潤 (担当:分担執筆, 範囲:「思いやりと利他行動」(pp.146-147)「信頼」(pp.148-149))
ミネルヴァ書房   2010年   
CARLS Series of Advanced Study of Logic and Sensibility vol. 3
Shikishima, C., Yamagata S., Hiraishi K., & Ando, J. (担当:分担執筆, 範囲:Development of a Simple Test of Syllogism Solving(pp.145-150.))
Keio University Press   2010年   
Reasoning and Cognition
D. Andler, Y, Ogawa, M. Okada, and S. Watanabe (Eds.)/Ando, J., Shikichima, C., Hiraishi, K., Sugimoto, Y, Takemura, R., and Okada, M. (担当:分担執筆, 範囲:At the Crossroads of Logic, Psychology, and Behavioral Genetics: Development of the Deductive Reasoning Test in the Keio Twin-Baroco Project(pp.19-36.))
Keio University Press   2006年   
朝倉心理学講座7 社会心理学
唐澤かおり (担当:分担執筆, 範囲:社会行動の起源―進化心理学からのアプローチ― (pp.163-177.))
朝倉書店   2005年   
現代の社会心理学
亀田達也・村田光二 (担当:分担執筆, 範囲:進化からみた社会行動 (pp.45-55.))
放送大学出版   2004年   
社会情報学ハンドブック
吉見俊哉,花田達朗 (担当:分担執筆, 範囲:進化とコミュニケーション(pp.6-9.))
東京大学出版会   2004年   
佐伯 胖, 亀田 達也, 神取 道宏, Rapoport Amnon, 大坪 庸介, 山村 則男, 太田 勝造, 竹澤 正哲, 亀田 達也, 中丸 麻由子, 長谷川 真理子, 平石 界, 内井 惣七, 山岸 俊男, 清成 透子, 谷田 林士, 森平 菜津子
共立出版   2002年   ISBN:4320094395
ことばと心の発達3 心の比較認知科学
渡辺茂 (担当:分担執筆, 範囲:進化心理学から見た心の発生 (pp.383-439.))
ミネルヴァ書房   2000年   

講演・口頭発表等

 
平石 界
基礎心理学研究   2017年   
<p>Looking back at my own staggering research history, I will discuss and reflect on why and how people should forge their own identities as a researcher in psychological science.</p>
認知の個人差について考える
菱谷 晋介, 平石 界, 箱田 裕司, 行場 次朗
日本心理学会大会発表論文集   2013年8月   
菅 知絵美, 谷 伊織, 平石 界, 山形 伸二, Roberts Brent W.
日本パーソナリティ心理学会発表論文集   2010年   

Works

 
慶応双生児研究プロジェクト
1998年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 平石 界
利他性についての個人差とその起源を探るために、一般サンプルを対象としたWeb調査を実施した。当初計画では、利他行動にかかわる網羅的リストの作成を予定していたが、大学生を対象とした実用的な利他行動尺度が開発された(SRAS-DR; 小田ら, 2013, 印刷中; 申請者も共著者の一名)ことを受け、本尺度の一般成人サンプルへの適用可能性を検討することが、当初の研究目標の達成のために適当であると判断した。SRAS-DRをパーソナリティ、社会的態度と同時に成人対象者に実施した。調査結果から、大学生...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 平石 界
実験経済学で用いられる経済ゲームでの行動の個人差を双生児データを収集し、遺伝と環境の影響を検討した。統計分析に必要となる多量の双生児データを収集するためにWebサイトを用いて、戦略型の公共財ゲーム実験を実施した。282名の双生児を対象とした実験からは、他者の協力度が低いときの行動には遺伝、家族で共有する環境の影響とも小さいこと、他者の協力度が高いときの行動には、家族の共有環境の影響が大きいことが示唆された。また遺伝的個人差の進化にかんして、パーソナリティが内的環境として働き行動に影響すると...
思考の認知バイアスに関する進化心理学的研究
研究期間: 1997年   
推論の個人差に関する行動遺伝学的研究
研究期間: 1998年