早渕 仁美

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/19 16:05
 
アバター
研究者氏名
早渕 仁美
 
ハヤブチ ヒトミ
URL
http://www.fwu.ac.jp/nh/hayabuchi
所属
奈良女子大学
部署
生活環境学部 食物栄養学科(教員)
職名
特任教授
学位
医学博士(九州大学), 家政学修士(お茶の水女子大学)
その他の所属
福岡女子大学公益財団法人 福岡アジア都市研究所

プロフィール

福岡県出身。お茶の水女子大学大学院家政学研究科、九州大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士・管理栄養士。
佐賀大学教育学部講師、(公)福岡女子大学助教授、同大学大学院教授を経て、2017年9月から現職。専門は実践栄養学(公衆栄養学、栄養教育)。日本食育学会常務理事、日本健康栄養システム学会・日本栄養学教育学会理事、日本高血圧学会減塩委員会委員等。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
奈良女子大学 生活環境学部食物栄養学科 特任教授
 
2000年
 - 
2017年
福岡女子大学 大学院人間環境学研究科 教授
 
1980年
 - 
2006年
財団法人放射線影響研究所 疫学統計部 臨時 / 非常勤研究員
 
1996年
 - 
2002年
九州大学医学部非常勤講師
 
1984年
 - 
2000年
福岡女子大学家政学部/人間環境学部 助教授
 
1981年
 - 
1984年
佐賀大学  教育学部 講師
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
九州大学大学院 医学研究科博士課程 社会医学専攻
 
1974年4月
 - 
1976年3月
お茶の水女子大学大学院 家政学研究科 食物学専攻
 
1970年4月
 - 
1974年3月
福岡女子大学 家政学部 食物学専攻
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
現在
日本栄養学教育学会  理事
 
2015年
 - 
現在
日本食育学会  常務理事・企画委員会委員長
 
2015年
 - 
現在
ふくおかエコ農産物認証委員会委員
 
2013年7月
 - 
現在
日本栄養改善学会九州・沖縄支部  幹事
 
2012年12月
 - 
現在
日本健康栄養システム学会  理事・評議員
 
2010年7月
 - 
現在
日本高血圧学会  減塩委員会委員
 
2009年4月
 - 
2017年
大牟田市  食育推進会議 会長・委員
 
2008年4月
 - 
現在
福岡市  水産業振興審議会委員
 
2008年
 - 
現在
福岡発食育&食環境整備ネットワーク  会長
 
2007年10月
 - 
現在
やずや食と健康財団  研究助成評議委員
 
2006年4月
 - 
現在
福岡市  食育推進会議 委員
 
2004年12月
 - 
現在
厚生労働省/農林水産省  フードガイド(仮称)検討会委員会委員
 
2003年
 - 
2017年
福岡女子大学食育ボランティア学生ネットワーク  顧問
 
2001年5月
 - 
現在
福岡県  青少年アンビシャス運動委員会 委員
 
1994年
 - 
現在
福岡市スポーツ振興審議会委員(福岡市教育委員会:1994~)
 
1988年
 - 
2007年
福岡ソフトバンク(ダイエー)ホークス栄養アドバイザー(1988~)
 
2012年11月
 - 
2015年11月
日本栄養改善学会  理事
 
2013年8月
 - 
2015年7月
厚生労働省  管理栄養士国家試験委員(総務委員)
 
2014年
 - 
2015年
科学研究費委員会(独立行政法人)日本学術振興会  専門委員
 
1995年
 - 
2014年
福岡市健康づくり研究委員会委員(福岡市健康づくり財団:1995~)
 
2010年4月
 - 
2013年3月
文部科学省  大学設置・学校法人審議会大学設置分科会専門委員
 
2012年4月
 - 
2013年2月
平成23年度『東北復興に向けた地域ヘルスケア構築推進事業  私の安心健康づくり事業コンソーシアム総括委員会委員
 
2009年
 - 
2012年
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員審査専門委員及び国際事業委員会書面審査員
 
2001年8月
 - 
2011年8月
厚生労働省  管理栄養士国家試験委員
 
2006年5月
 - 
2011年3月
福岡県  親子で楽しむ朝ごはんコンクール審査委員会 委員長
 
2005年8月
 - 
2011年3月
福岡県  スポーツ振興審議会 委員
 
2009年8月
 - 
2010年3月
厚生労働省  日本人の食事摂取基準活用検討会作業部会委員
 
2007年5月
 - 
2010年3月
農文協財団  農林水産省食育展示会等促進事業推進協議会委員
 
2007年5月
 - 
2010年3月
農文協財団  農林水産省平成20年度にっぽん食育推進委託事業委員
 
2007年5月
 - 
2010年3月
農文協財団  農林水産省食育コンクール推進委員会委員
 
2008年
 - 
2009年
文部科学省  科学研究費補助金新学術領域研究「研究科課題提案型」審査員
 
2003年1月
 - 
2007年8月
農林水産省  九州地域食育推進協議会 委員・座長
 
2001年9月
 - 
2007年3月
福岡県  農業農村振興審議会委員→副会長・会長
 
1998年
   
 
日本食生活学会  評議員
 
1988年
   
 
日本家政学会  九州支部役員
 
1987年
   
 
日本調理科学会  九州支部役員
 
 
   
 
九州代謝栄養研究会  世話人
 

受賞

 
2016年9月
特定非営利活動法人日本栄養改善学会 平成28年日本栄養改善学会功労賞
 
2015年9月
厚生労働省 厚生労働大臣表彰:平成27年度栄養士養成功労
 
2012年4月
公立大学法人福岡女子大学 学長表彰 食育に関する教育研究と普及推進
 
2011年7月
福岡県 知事感謝状 栄養士養成功労
 
2009年11月
福岡市 市長感謝状 スポーツ振興功労
 
2007年11月
福岡県 知事感謝状 農業農村振興功労
 
2003年11月
福岡市 教育委員会長表彰 スポーツ振興
 
2003年11月
社団法人全国栄養士養成施設協会 栄養士養成施設教員表彰 教育・研究功労
 
2001年6月
日本栄養士会 会長表彰 教育・研究功労
 

論文

 
Kimura Y, Yasuda K, Kurotani K, Akter S, Kashino I, Hayabuchi H, Sato M, Mizoue T.
1-9   2016年8月   [査読有り]
早渕 仁美,徳田 洋子,松永 泰子,黒谷 佳代,武見ゆかり
栄養学雑誌   74(5) 128-140   2016年   [査読有り]
Nishimura T, Murakami K, Livingstone MB, Sasaki S, Uenishi K, Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
The British journal of nutrition   114(4) 645-653   2015年8月   [査読有り]
Kashino I, Nanri A, Kurotani K, Akter S, Yasuda K, Sato M, Hayabuchi H, Mizoue T
Nutrition journal   14 58   2015年6月   [査読有り]
Murakami K, Livingstone MB, Sasaki S, Uenishi K, Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
The British journal of nutrition   113(8) 1308-1318   2015年4月   [査読有り]
Pham NM, Nanri A, Yasuda K, Kurotani K, Kuwahara K, Akter S, Sato M, Hayabuchi H, Mizoue T
European journal of nutrition   54(2) 205-214   2015年3月   [査読有り]
和食文化の継承と健康づくり~減塩食の取り組み~
早渕 仁美
栄養教諭   38 50-57   2015年   [招待有り]
Kobayashi S, Asakura K, Suga H, Sasaki S, Three-generation Study of Women on Diets and Health Study Groups
The journal of nutrition, health & aging   18(9) 827-839   2014年11月   [査読有り]
Pham NM, Nanri A, Kochi T, Kuwahara K, Tsuruoka H, Kurotani K, Akter S, Kabe I, Sato M, Hayabuchi H, Mizoue T
Metabolism: clinical and experimental   63(3) 400-408   2014年3月   [査読有り]
和食を科学する~和食なのに減塩~
早渕 仁美
都薬雑誌   36(11) 11-16   2014年   [査読有り]
勤労男性における上腕―足首脈波伝播速度と食習慣との関連性
福田里香,早渕仁美,出口純子, 井元淳,廣滋恵一,豊永敏宏
日本職業・災害医学会会誌   62(5) 336-342   2014年   [査読有り]
次世代の食育における減塩への取り組み ~「和食文化の継承」と「減塩」~ (特集 今,改めて,日本における減塩対策を考える : 健康寿命の延伸に向けて
早渕 仁美
保健の科学   56(3) 179-183   2014年   [査読有り]
妊婦における血圧の規定要因-食塩摂取量と尿酸についての検討-
榊美奈子, 土橋卓也, 荒川仁香, 船元智子, 早渕仁美
痛風と核酸代謝 38(1), 52, 2014.   38(1) 52-52   2014年   [査読有り]
Tsuchihashi T, Kai H, Kusaka M, Kawamura M, Matsuura H, Miura K, Ando K, Maruyama S, Hayabuchi H, Takagi Y, Nakahigashi N, Sato T, Kawano Y
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   36(12) 1026-1031   2013年12月   [査読有り]
Murakami K, Sasaki S, Uenishi K, Japan Dietetic Students’ Study for Nutrition and Biomarkers Group
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   29(11-12) 1315-1320   2013年11月   [査読有り]
Murakami K, Sasaki S, Uenishi K, Japan Dietetic Students’ Study for Nutrition Biomarkers Group
Nutrition research (New York, N.Y.)   33(8) 653-660   2013年8月   [査読有り]
Akter S, Kurotani K, Nanri A, Pham NM, Sato M, Hayabuchi H, Mizoue T
Nutrition research (New York, N.Y.)   33(4) 286-292   2013年4月   [査読有り]
Pham NM, Nanri A, Kurotani K, Kuwahara K, Kume A, Sato M, Hayabuchi H, Mizoue T
Public health nutrition   1   2013年7月   [査読有り]
Pham NM, Nanri A, Kurotani K, Kuwahara K, Kume A, Sato M, Hayabuchi H, Mizoue T
Public health nutrition   17(3) 1-9   2013年3月   [査読有り]
櫻井久美子, 下村美恵, 松永泰子, 早渕仁美(責任著者)
日本食育学会誌   7(3) 197-204   2013年6月   [査読有り]
家庭血圧における複数機関の測定アドヒアランスと記録の選択バイアス.
高橋彩夏, 早渕仁美, 他(8人, 責任著者)
血圧   20(6) 92-97   2013年5月   [査読有り]
Pham NM, Nanri A, Yi S, Kurotani K, Akter S, Foo LH, Nishi N, Sato M, Hayabuchi H, Mizoue T
Metabolism: clinical and experimental   62 561-567   2013年4月   [査読有り]
Nanri A, Hayabuchi H, Ohta M, Sato M, Mishima N, Mizoue T
Psychiatry research   200 349-353   2012年12月   [査読有り]
美味しい減塩レシピと減塩食品
早渕 仁美
血圧   19(9) 798-804   2012年10月   [査読有り]
Kobayashi S, Murakami K, Sasaki S, Uenishi K, Yamasaki M, Hayabuchi H, Goda T, Oka J, Baba K, Ohki K, Watanabe R, Sugiyamama Y
Nutrition journal   11 91   2012年10月   [査読有り]
Kuroda M, Ohta M, Okufuji T, Takigami C, Eguchi M, Hayabuchi H, Ikeda M
Journal of the American Dietetic Association   111 137-142   2011年1月   [査読有り]
妊婦における食生活と精神健康およびその関連性
33. 田中みのり, 足達淑子, 小竹久美子, 佐々木靜子, 佐藤千史, 久保田俊郎, 早渕仁美.
健康支援   13(2) 17-24   2011年   [査読有り]
早渕 仁美, 松永 泰子, 永原 真奈見, 吉池 信男
榮養學雑誌   68(3) 193-200   2010年6月
Kuroda M, Ohta M, Okufuji T, Takigami C, Eguchi M, Hayabuchi H, Ikeda M
Appetite   54 538-543   2010年6月   [査読有り]
大塚 百香, 居石 哲治, 内田 夕希, 岩崎 昌子, 井樋 涼子, 川口 巧, 谷口 英太郎, 伊藤 実, 梅木 陽子, 早渕 仁美, 佐田 通夫, 田中 粹子
日本病態栄養学会誌   13(1) 41-47   2010年4月
田中 恵美, 早渕 仁美, 廣瀬 美咲, 鶴田 陽子, 梅木 陽子, 松永 泰子
福岡女子大学人間環境学部紀要   41 17-23   2010年3月
廣瀬 美咲, 鶴田 陽子, 田中 恵美, 梅木 陽子, 早渕 仁美
福岡女子大学人間環境学部紀要   41 25-31   2010年3月
Association between Hardness (Difficulty of Chewing) of the Habitual Diet and Premenstrual Symptoms in Young Japanese Women.
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Watanabe T, Kohri T, Yamasaki M, Watanabe R, Baba K, Shibata K, Takahashi T, Hayabuchi H, Ohki K, Suzuki J
Environmental health insights   3 53-61   2010年1月   [査読有り]
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
Br J Nutr   104 1-8   2010年
Neighborhood socioeconomic status and premenstrual symptoms: a cross-sectional study of young Japanese women.
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Watanabe T, Kohri T, Yamasaki M, Muramatsu K, Baba K, Shibata K, Takahashi T, Hayabuchi H, Ohki K, Suzuki J
Clinical Medicine: Women's Health   2    2010年
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi, the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
Nutrition   26 508-14   2010年
予備校男子寮生に対する食事バランスガイドを活用した食育とその成果.
田中恵美,早渕仁美,廣瀬美咲,鶴田陽子,梅木陽子,松永泰子
福女大紀要   41 17-23   2010年
Kuroda M, Ohta M, Okufuji T, Takigami C, Eguchi M, Hayabuchi H, Ikeda M
Appetite   54 538-543   2010年
スーパーマーケットにおける食事バランスガイドを活用した食育-男女別に食意識・食行動の変容
廣瀬美咲,鶴田陽子,田中恵美,梅木陽子,早渕仁美
福女大紀要   41 25-31   2010年
早渕仁美, 松永泰子, 永原真奈美, 吉池信男
栄養学雑誌   68(3) 193-200   2010年
早渕 仁美
日本計算機統計学会大会論文集   (23)    2009年5月
Association of trans fatty acid intake with metabolic risk factors among free-living young Japanese women
Yamada M, Sasaki S, Murakami K, Takahashi Y, Uenishi K; for the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
Asia Pac J Clin Nutr 2009   18(3) 359-371   2009年
Association between hardness (difficulty of chewing) of the habitual diet and premenstrual symptoms in young Japanese women
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, Watanabe T, Kohri T, Yamasaki M, Watanabe R, Baba K, Shibata K, Takahashi T, Hayabuchi H, Ohki K, Suzuki J
Environmental Health Insights   3 53-61   2009年
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, the Japan Dietetic Students’ Study for Nutrition and Biomarkers Group
J Am Diet Assoc   109 1606-11   2009年
Asakura K, Sasaki S, Murakami K, Takahashi Y, Uenishi K, Yamakawa M, Nishiwaki Y, Kikuchi Y, Takebayashi T, the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
Public Health Nutr   12(9) 1378-283   2009年
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
Nutrition   25 745-52   2009年
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
Nutrition   25 640-6   2009年
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group.
Public Health Nutr   12(8) 1092-8   2009年
Murakami K, Sasaki S, Takahashi Y, Uenishi K, the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group
Public Health Nutr   12(8) 1290-7   2009年

書籍等出版物

 
健康・栄養科学シリーズ「公衆栄養学第5版」
早渕 仁美 (担当:分担執筆, 範囲:食事の変化)
南江堂   2015年3月   
栄養学概論
早渕 仁美 (担当:分担執筆, 範囲:5.食生活・食行動麺から、6.食品面から)
同文書院   2013年3月   
臨床高血圧ワークブック~エビデンスを超えた次の一手~第3巻生活習慣修正指導のノウハウ
早渕 仁美 (担当:分担執筆, 範囲:食育と生活習慣)
医薬ジャーナル社   2013年1月   
公衆栄養学実習
早渕 仁美 (担当:分担執筆)
建帛社   2012年6月   
食事バランスガイドを活用した栄養教育・食育実践マニュアル
早渕 仁美 (担当:共著)
第一出版   2012年   
食事バランスガイド活用支援ソフト「独楽回師ver.3」
早渕仁美,松永泰子,久野真奈見,吉池信男 (担当:編者, 範囲:基本設計)
第一出版   2012年   
健康栄養科学シリーズ「社会・環境と健康」改訂第3版(共著)
早渕仁美 (担当:分担執筆, 範囲:食生活・食行動・食環境)
南江堂   2010年4月   
早渕 仁美
農山漁村文化協会   2009年3月   ISBN:4540082515
早渕 仁美
農山漁村文化協会   2008年1月   ISBN:4540072633
食生活セルフチェック「あなたは大丈夫?」
早渕仁美,黒谷佳代,松永康子,久野真奈見 (担当:共編者, 範囲:基本設計・総括)
http://wellsport-club.com/selfcheck/   2008年   

講演・口頭発表等

 
健康日本21(第2次)「適正な量と質の食事」を実践するために~個人の主体的取組と食環境整備の必要性~ [招待有り]
早渕 仁美
第36回 日本高血圧学会総会   2013年10月25日   
高血圧予防・管理のための食習慣質問票(DHQ-HT)試案~食塩・カリウム摂取量評価における意義と24時間蓄尿との関係~
早渕 仁美
第36回日本高血圧学会総会   2013年9月25日   
エビデンスの構築、学会の意義・活用~望ましい食生活の実践支援を業とするために~ [招待有り]
早渕 仁美
日本栄養改善学会九州沖縄支部   2013年8月28日   
公衆栄養における事業展開を理解する~望ましい食生活の実践支援~ [招待有り]
早渕 仁美
福岡県地域保健従事者新任研修会   2013年8月5日   
世界が注目する栄養バランスが優れた日本型食生活 [招待有り]
早渕 仁美
神戸薬科大学第10回健康食品講座   2013年8月4日   
行動変容に結びつく効果的な食育の進め方 [招待有り]
早渕 仁美
山口県栄養士会食育研修会   2013年6月13日   
うま味活用による減塩効果~食事バランスガイドに即したバランスのとれた食の提案 [招待有り]
早渕 仁美
第37回日本栄養・食糧学会   2013年5月25日   
世界が注目する栄養バランスが優れた日本型食生活~ 食事バランスガイドを活用して実践~ [招待有り]
早渕 仁美
九州農政局 (「日本型食生活」 ワークショップ in 福岡 基調講演)   2013年2月22日   
栄養摂取と運動 Ⅰ, Ⅱ [招待有り]
早渕 仁美
公益財団法人健康・ 体力づくり事業財団 (第 88 回健康運動実践指導者養成講習会)   2013年2月10日   
減塩指導の方略 [招待有り]
早渕 仁美
第1回ふくおか高血圧療養指導セミナー基調講演   2013年2月9日   
成人期における体重増加とアディポカイン、CRP、HOMA-IRとの関連
南里明子
第23回日本疫学会   2013年1月   
血中ビタミンB6濃度と抑うつ症状との関連について
第23回日本疫学会   2013年1月   
勤労男性における上腕-足首脈波伝播速度と食品群および栄養素摂取量との関連性
福田里香
第61回日本職業・災害医学会学術大会   2012年12月   
楽しくわかりやすい食育~食事バランスガイド活用術~
早渕 仁美
平成 24 年福岡県高等学校給食研究協議会研究発表会   2012年11月15日   
子どもの健やかな成長を願って~生活習慣や食習慣育成について~
早渕 仁美
食育講演会(福津市立神興東小学校)   2012年11月13日   
高齢者の栄養サポート~活き活きと生きるために~
早渕 仁美
福岡県立3大学連携県民公開講座 「食べる・噛む・生きる~ 食と生活を見直して元気で長生き~ 」   2012年10月9日   
栄養改善に有用な口腔機能に関する知識の習得状況について
第71回日本公衆衛生学会総会   2012年10月   
栄養改善に有用な口腔機能に関する知識の効果的な教育方法について
第71回日本公衆衛生学会総会   2012年10月   
在宅高齢者を支える栄養管理の試みについて
第71回日本公衆衛生学会総会   2012年10月   
血中葉酸濃度と抑うつ症状に関する前向き研究
第71回日本公衆衛生学会総会   2012年10月   
血圧が高めの健常男性における尿中Na・K排泄量と血圧との関係
第71回日本公衆衛生学会総会   2012年10月   
世界が注目する栄養バランスが優れた日本型食生活~ 食事バランスガイドを活用して実践~
早渕 仁美
福岡県バイオ産業拠点推進会議事務局 (バイオ研究・ ビジネス最前線)   2012年9月26日   
日本人若年女性における食事由来全抗酸化能と血清C反応性タンパク質の関連
第59回日本栄養改善学会学術総会   2012年9月   
健常男性の家庭血圧における複数回の測定アドヒアランスと血圧測定記録の選択バイアス
第35回日本高血圧学会学術総会   2012年9月   
生活習慣病予防のための減塩レシピの検討 -調理の工夫と新規減塩調味料活用の効果-
第35回日本高血圧学会学術総会   2012年9月   
自記式食事歴法調査(DHQL)調査によるNa・K 摂取量と血圧との関係
第12回日本健康・栄養システム学会   2012年6月   
美味しい減塩を可能にする調理の工夫と新規減塩調味料
減塩サミットin 呉 2012   2012年5月   
高齢者の栄養~食事バランスガイド
早渕 仁美
福岡県高齢者栄養サポート関係職員研修会   2012年3月9日   
家庭血圧測定における信頼性の検討
第37回九州代謝栄養研究会   2012年3月   
自記式食事歴法質問票を用いた食習慣調査結果とLDLコレステロールとの関係
第37回九州代謝栄養研究会   2012年3月   
簡易食生活診断ツール「食生活セルフチェック」の妥当性と有効性
第58回日本栄養改善学会   2011年9月   
幼児の食生活の実態をふまえた食育とその効果
第58回日本栄養改善学会   2011年9月   
新入生への栄養指導とその効果
第58回日本栄養改善学会   2011年9月   
幼児の食生活と生活習慣の実態と保育所における食育の取り組み
第58回日本栄養改善学会   2011年9月   
新規減塩食品を用いた減塩弁当提供の試み~第33回日本高血圧学会総会ランチョンセミナーにおいて~
第34回日本高血圧学会総会   2011年9月   
新規減塩食品を利用した減塩料理の開発~美味しい減塩はどこまで可能なのか!?~
日本栄養・食糧学会第65回大会   2011年5月   
新規減塩食品の評価・検討
日本栄養・食糧学会第65回大会   2011年5月   
新規減塩食品を利用した減塩料理の評価~減塩料理は不味いのか!?~
日本栄養・食糧学会第65回大会   2011年5月   
妊婦における精神健康と食生活の実態および精神健康に関連する要因の検討
日本公衆衛生学会   2010年   
中国の看護系女子学生に対する中国版フードガイドを活用した食育講座の効果
第57回日本栄養改善学会   2010年   
高校ラグビーの強豪チームと一般チームにおける部員の体型と食習慣の比較
第57回日本栄養改善学会   2010年   
芸術系短期大学における食事バランスガイドを活用した食育の経年的効果
第57回日本栄養改善学会   2010年   
芸術系短期大学における食事バランスガイドを活用した食育講座と継続支援の効果検証
日本栄養・食糧学会第64回大会   2010年   
大学食堂食育フェアにおける食事バランスガイド普及啓発の経年変化
第4回日本食育学会   2010年   
百貨店およびスーパーマーケットにおける店頭を利用した食育とその効果
第4回日本食育学会   2010年   
中国の看護系女子大学生に対する食育講座の実施 ~看護系学生に対する中国版フードガイドの活用~
第4回日本食育学会   2010年   
芸術系短期大学における食事バランスガイドを活用した食育講座
第4回日本食育学会   2010年   
百貨店やスーパーにおける「食事バランスガイド」を活用した食育推進
第3回日本食育学会大会    2009年   
食堂における食事バランスガイドを活用した食環境整備
第3回日本食育学会大会   2009年   
食事バランスガイドを活用した『福岡の元気ごはんコンテスト』
第3回日本食育学会大会   2009年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
日本食育学会日韓シンポジウム座長:第4回日本食育学会学術大会,熊本
2010年
「食育推進都市を目指して~食育をとおした健やか住よかまちづくりとは~」シンポジウム座長:第33回大牟田市健康づくり市民大会,大牟田市
2010年
第33回日本高血圧学会総会 メディカル・コメディカル合同シンポジウム「どうする!上手な減塩!」シンポジスト, 福岡
2010年
「トップが語る食育の取り組み」スーパーバイザー:食育サポーターミーティング(熊本市)
2009年
第32回大牟田市健康づくり市民大会,今日の食育・明日の健康」スーパーバイザー
2009年
平成21年度食育先進地モデル実証事業, 「食育フォーラム」スーパーバイザー,福岡
2009年
農林水産省平成20年度食育先進地モデル実証事業「食育五輪 2008 in ふくおか」報告書
2009年
農林水産省にっぽん食育推進事業 平成21年度食育先進地モデル実証事業(市域)分担:いつでも、どこでも、バランスUP!!福岡
2009年
福岡県ごはん食推進事業:平成21年度親子で楽しむ朝ごはんコンクール審査
2009年
「食事バランスガイドを活用した食育&食環境整備」:平成20年度福岡県米飯学校給食セミナー 福岡
2009年
「食に関する指導と食事バランスガイド」:春日市学校給食会「食に関する指導研修会」(春日市教育委員会)
2009年
「スポーツと栄養」:平成20年度福岡市生涯スポーツ講座(福岡市教育委員会)
2009年
「食育を実践する~食事バランスガイド活用術!!」:トップが語る食育の取り組み 基調講演 食育サポーターミーティング(熊本市役所 健康づくり推進室) 熊本
2009年
「食事バランスガイドから見えてきた実態と食育における活用」:平成21年度 山口県栄養教諭・学校栄養職員夏季研修会,山口
2009年
他学会・協議会招聘講演等:24件
2009年
新聞・報道等:13件
2009年
農林水産省にっぽん食育推進事業 平成20年度食育先進地モデル実証事業(県域)代表:食育五輪 2008 in ふくおか
2008年
福岡県ごはん食推進事業:平成20年度親子で楽しむ朝ごはんコンクール審査
2008年
財)江頭ホスピタリティ事業振興財団研修会等助成事業:食事バランスガイドを活用した食育研修会開催・食育活動
2007年
三洋電機株式会社コマーシャルグループメディカルヘルスケア事業共同研究(代表):食事調査方法と評価手法、情報提供方法に関する基礎的研究
2007年
味の素(株) 食品研究所共同研究(代表):鰹節だし素材の健康機能、栄養改善機能に関する基礎研究
2003年
すこやか食育プロジェクト「食事バランスごまを上手にまわそう」報告書,平成17-19年度科学研究費補助金「食育推進のための教育ツールの開発~食物ベースの食事評価法の発展・応用から~」報告書、生活習慣病予防のための効果的な栄養教育手法に関する研究「職域における生活習慣病予防事業のための栄養教育手法の検討」報告書
2008年
学会・協議会招聘講演等:23件
2008年
新聞・報道等:18件
2008年
科学研究費基盤研究B(代表):食育推進のための教育ツールの開発 ~食物ベースの食事評価法の発展・応用から~
2005年
厚生労働科学研究費健康科学総合研究事業(分担):生活習慣病予防のための効果的な栄養教育手法に関する研究~特に職域における検証~
2005年
文科省委託研究費 平成19年度子どもの生活リズム向上のための調査研究事業(代表):ニコニコ健やか玄界っ子(宗像市食育)プログラム」
2007年
福岡県ごはん食推進事業:平成19年度親子で楽しむ朝ごはんコンクール審査
2007年
(株)コカ・コーラ東京研究開発センター共同研究(代表):炭酸飲料の健康機能に関する調査研究
2007年
「知・選・活」の食育講座事業報告書「ライフサイクルと食育」,特定非営利活動法人元気な120才を創る会 他事業報告書2件
2007年
学会・協議会招聘講演等:31件
2007年
新聞・報道等:23件
2007年
福岡県ごはん食推進事業:平成18年度親子で楽しむ朝ごはんコンクール審査
2006年
.株式会社グリーム/食事調査システム開発に関するアドバイス
2006年
学会・協議会招聘講演等:30件
2006年
新聞・報道等:12件
2006年
独立行政法人国立健康・栄養研究所委託研究(代表):食品摂取量・摂取頻度調査(大川市)
2005年
フードガイド(仮称)検討委員会報告書:食事バランスガイド,p10-14, p51, 厚生労働省・農林水産省
2005年
学会・協議会招聘講演等:20件
2005年
新聞・報道等:4件
2005年
科学研究費基盤研究C(代表):健康日本21実践のための食事評価法に関する研究
2004年
独立行政法人国立健康・栄養研究所委託研究(代表):食品摂取量・摂取頻度調査(宗像市、平成17年度:大川市)
2005年
独立行政法人国立健康・栄養研究所委託研究(代表):食品摂取量・摂取頻度調査(宗像市、平成17年度:大川市)
2004年
平成15年度米飯学校給食郷土料理セミナー事業:報告書「福岡県の郷土料理~食文化と子どものいきいき健康づくり」p6-36,福岡県
2004年
味の素(株) 海外食品アミノ酸カンパニー/更年期女性の骨塩量・骨密度に関する研究調査
2003年
学会・協議会招聘講演等:15件
2004年
新聞・報道等:7件
2004年
だし食材の生理機能に関する基礎的研究
2003年
更年期女性の骨塩量・骨密度に関する研究調査
2003年
プロ野球選手の栄養管理
1988年
緑茶飲用と血清脂質に関する疫学的研究
1996年 - 1998年
魚卵膜を利用した機能性材料の開発
1998年 - 2000年
だし食材の生理機能に関する基礎的研究
2003年
更年期女性の骨塩量・骨密度に関する研究調査
2003年
健康日本21実践のための食事評価法に関する研究
2003年
子どもの健康・食とふるさとの味(地域農産物学校給食パネルディスカッション、福岡県農政部農業振興課)
2003年
九州地域食育啓発事業(九州農政局)
2002年
元気がでる食事学(健康21世紀福岡県大会シンポジウム)
2002年
健康日本21と食生活指針(福岡県学校栄養職員等研修会、北九州市栄養・健康づくり関連研修会)
2002年
NCMリーダー研修会講師-臨地実習指導概論(日本健康栄養システム学会分科会)
2002年
子どもの心と体の健康(米飯学校給食セミナー基調講演)
2001年
いきいきと生きる食生活(大野城市男女共生講座)
2001年
学校給食への地元農産物利用の現状と課題(福岡地域良質米麦大豆生産協議会研修会パネルディスカッションコーディネータ)
2001年
食に関する指導のあり方(北九州市栄養士研修会、山口県学校栄養職員研修講座講師)
2001年
プロスポーツ選手の栄養管理(アミノ酸スポーツ医科学研究会)
2001年
スポーツと栄養(福岡市社会体育指導者養成講習会)
2001年 - 2003年
栄養指導等に関する研究助成事業-「食べ方」の評価とその改善効果の判定プログラムの開発(社団法人日本栄養士会)
2001年
産学官共同開発事業-魚卵膜を利用した物質透過制御材料の開発(福岡県産業科学技術振興財団)
1999年 - 2001年
福岡県糖尿病フォローアップ推進事業支援(実態調査方法の検討、啓蒙事業)
1999年
福岡県地域食品振興対策事業支援 福岡県自主制作番組「アグリステーション福岡」への情報提供と番組出演
1999年
福岡県米食拡大推進事業「朝ごはんを食べようシンポジウム」基調講演(福岡県)
1999年 - 2001年
スポーツサミット2000「21世紀のスポーツと栄養」-福岡ダイエーホークス日本一への軌跡(栄養管理面から)
2000年
生命にかかわる怖い合併症糖尿病予防に食生活改善(読売新聞、ニューライフ特集「健康医療」)
2000年
栄養指導管理システム「食こそ医なり-公栄」(株式会社グリム)
1999年
福岡県中小企業活路開拓調査・実現化事業報告書「味噌に関する若年消費者ニーズと味噌業界の現状及び今後の課題」(福岡県)
1999年
女性の健康相談マニュアル「そっと聞こう女性の声を」
1997年
健康骨ドッグモデル事業報告書「福岡県における骨粗鬆症予防対策」
1997年
新メニューマニァル(福岡県)
1993年
健康づくりハンドブック(福岡市)
1994年
健康度診断マニュアル(福岡市)
1994年
名茱譜からみた中国料理の特徴
1992年 - 1993年
野球選手の食生活実態
1988年
骨粗鬆症予防の観点からみた中高年女性の食生活実態(福岡県)
1992年
健康づくりのための食習慣診断システムの開発(福岡市)
1991年
健康づくりガイドブック 2.食べる(福岡市)
1992年
県民ライフスタイル実態調査(福岡県)
1990年 - 1991年
地域外食産業近代化指針(福岡県)
1989年 - 1992年
総合健康教育システム開発 (財)健康体力づくり事業団
1990年
疾病予防からみた労働適性に関する疫学的研究(労働省)
1987年 - 1988年
福岡の郷土料理(福岡県)
1987年 - 1988年
簡易食事調査診断システムを用いた食習慣調査 (財)放射線影響研究所
1986年 - 1988年
郵送法による食習慣調査 (財)放射線影響研究所
1983年 - 1985年
寝たきり老人食生活実態調査(福岡県)
1991年
高齢者食生活実態調査(福岡県)
1990年
食生活実態調査診断システムの開発
1986年

競争的資金等の研究課題

 
チームによる効果的な栄養ケア・マネジメントの標準化をめざした総合的研究
厚生労働省: 科学研究費助成金長寿科学総合研究事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 吉池 信男
食育五輪 2008 in ふくおか
農林水産省: 食育推進事業平成20年度食育先進地モデル実証事業
研究期間: 2008年8月 - 2009年3月    代表者: 早渕 仁美
生活習慣病予防のための効果的な栄養教育手法に関する研究
厚生労働省: 科学研究費助成金健康科学総合研究事業
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 山本 茂
ニコニコ健やか玄界っ子(宗像市食育)プログラム
文部科学省: 委託研究費平成19年度子どもの生活リズム向上調査研究事業
研究期間: 2007年5月 - 2007年3月    代表者: 早渕 仁美
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 早渕 仁美
飲食物の内容と量から主食・主菜・副菜等の料理分類を行う方法と基準、食事摂取基準等指標との関係を明確にし、食事状況を栄養素・食品レベルだけでなく料理レベル、さらに料理の組合せである食事レベルで示し、食生活の質を総合的に評価するための、食物ベースの食事評価方法を確立することを目的とした。また、栄養士等専門家向けの定量的データ(食事摂取基準)と、一般向け定性的メッセージ(食生活指針)をつなぐ、半定量的な食事ガイドとして、食物ベースによる食事評価の科学的根拠に基づく教育ツールを開発し、栄養指導や食...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 早渕 仁美
料理の組合せ方で食事を分類・パターン化する方法と基準を設定することにより、食事状況の料理レベルでの科学的な評価手法を確立することを目的とした。これにより、個人の食事状況の把握はもちろん、集団の食生活実態の的確な把握が可能になると考える。料理の分類方法については、中年男女や女子大生を対象に行った2,685日分の食事調査データを用いて、簡便性や汎用性・再現性・妥当性について確認、分類方法を決定した。また、料理の組合せ方から食事のパターン化を行い、個人の食事状況や、個人の集まりとしての集団の食生...
「食べ方」の評価とその改善効果の判定プログラムの開発
日本栄養士会: 栄養指導等に関する研究助成事業
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 早渕 仁美
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1989年 - 1990年    代表者: 早渕 仁美
1.エキスパ-トシステムによる食事診断システムの試作を行った。 対象を食事療法の必要がない標準体型の者に限り、平成元年度までに構築した知識ベ-スをエキスパ-トシステムの推論エンジン(EXSYS)で実行させ、プログラムと診断内容のチェックを行い、診断結果の出力方法を検討した。入力デ-タは46、過不足の判定ル-ル79、診断項目のパタ-ン化ル-ルは148、診断結果出力のためのル-ルは916となった。1人に出力されるコメント数は4〜9で、最終的にはエディタによって診断文としてまとめ、印刷するように...
パーソナルコンピュータによる食習慣調査方法の簡易化とその利用
文部科学省: 科学研究費助成金(症例研究(A))
研究期間: 1985年4月 - 1986年3月    代表者: 早渕 仁美
食事調査・食生活評価に関する研究・的確な栄養アセスメント手法の検討 
研究期間: 1983年   
1983~現在:食事調査や食生活診断にコンピュータを導入した研究を行っている。
食事記録調査、食習慣調査、食生活診断、食生活セルフチェックのための各種システムを随時開発、調整、改良している。
1985年度:科研費奨励研究A「パーソナルコンピュータによる食習慣調査方法の簡易化とその利用に関する研究」
1989~1990:科研費一般研究C「エキスパートシステムによる栄養指導効果の判定方法の研究」
1987~1991:福岡県巡回栄養指導車用システム開発・作成支援、各地の栄養改善事業に利用
19...

特許

 
黒田 素央, 早渕 仁美, 梅木 陽子, 石崎 太一, 野沢 与志津
富山 恭行, 大畑 克己, 早渕 仁美, 野村 善博
楽食人生」「米ばあば」と「むすび君」のイラスト,食育推進に資するため
商願2008-093200
食生活セルフチェックシステム
特願2008-49447
呈味性が改善されたアミノ酸含有組成物
特開2003-235512
ニュートラシューティカルチップスおよびその製造法
特開2003-310179
クリスピー食品およびその製造法
特開2002-136274
チーズ様魚卵加工食品およびその製造法
特開2002-136273
シート状魚卵加工食品およびその製造法
特開2001-178422
タラコの味噌調理加工法
特開平7-265015