郷 通子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 01:03
 
アバター
研究者氏名
郷 通子
 
ゴウ ミチコ
URL
http://www.nagahama-i-bio.ac.jp/
所属
旧所属 お茶の水女子大学 
職名
学長

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
コーネル大学化学科博士研究員
 
 
   
 
日本学術振興会奨励研究員
 
 
   
 
九州大学理学部生物学科助手
 
 
   
 
名古屋大学理学部生物学科教授
 
 
   
 
名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻教授
 

受賞

 
2002年
内藤記念科学振興賞
 
2002年度

Misc

 
Toshikazu Yada, Masanori Gotoh, Takashi Sato, Masafumi Shionyu, Mitiko Go, Hiromi Kaseyama, Hiroko Iwasaki, Norihiro Kikuchi, Yeon-Dae Kwon, Akira Togayachi, Takashi Kudo, Hideto Watanabe, Hisashi Narimatsu and Koji Kimata, Chondroitin Sulfate Synthase・・・
J. Biol.Chem.   Vol. 278 No.32 pp. 30235-30247.    2003年
Toshikazu Yada, Masanori Gotoh, Takashi Sato, Masafumi Shionyu, Mitiko Go, Hiromi Kaseyama, Hiroko Iwasaki, Norihiro Kikuchi, Yeon-Dae Kwon, Akira Togayachi, Takashi Kudo, Hideto Watanabe, Hisashi Narimatsu and Koji Kimata, Chondroitin Sulfate Syn...
Masafumi Shionyu, Ken-ichi Takahashi and Mitiko Go, Variable subunit contact and cooperativity of hemoglobins.
J. Mol. Evol.   53, 416-429.    2001年

Works

 
多数

競争的資金等の研究課題

 
ゲノム機能予測法の改良、予測したゲノム機能の実験的検証、選択的スプライシングの意義の解明、細胞内の分子間ネットワークの解明、タンパク質と各種リガンドとの相互作用のシミュレーションによるゲノム創薬など、高次生命情報学を展開している。これにより、生物が40億年の進化を遂げた要因の理解とともに、バイオ技術が人々に幸せをもたらすよう、長浜バイオ大学の立地的優位性を活かした産学官民の連携を進めていきたい。
ゲノムの未知機能の予測、タンパク質の高次構造形成やリガンドとの相互作用のモデリングなど。