Kenichi Kuriyama

J-GLOBAL         Last updated: Jan 17, 2019 at 18:18
 
Avatar
Name
Kenichi Kuriyama
Affiliation
National Center of Neurology and Psychiatry
Section
Dept. Sleep-Wake Disorders, National Institute of Mental Health
Job title
Director
Degree
M.D.(Tsukuba University), Ph.D.(Tokyo Medical and Dental University)
Other affiliation
Shiga University of Medical Science

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kim Y, Kuriyama K
PloS one   9(1) e85734   Jan 2014   [Refereed]
Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kuriyama K
Scientific reports   5 10362   May 2015   [Refereed]
Sakamoto I, Igaki M, Ichiba T, Suzuki M, Kuriyama K, Uchiyama M
Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM   2017 6419439   2017   [Refereed]
Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kuriyama K
Psychological research   82(3) 634-644   Mar 2017   [Refereed]
Bright Light Exposure Triggers Earlier Onset of Selective Consolidation of Motor-skill Accuracy in Humans
Yoshiike Takuya, Honma Motoyasu, Yamada Naoto, Kuriyama Kenichi
NEUROPSYCHOBIOLOGY   76(1) 43   2018   [Refereed]

Misc

 
【睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策】 高齢不眠症患者への非薬物療法
角 幸頼, 栗山 健一
Pharma Medica   35(3) 35-38   Mar 2017
【エビデンスに基づく実践の光と影-ガイドラインを診療実践にどう役立てるか】 その無作為化比較試験(RCT)の結果はあなたの患者に適用可能か 外的妥当性を検討する
稲垣 貴彦, 栗山 健一, 山田 尚登
精神科   33(1) 14-18   Jul 2018
【新薬展望2017】(第III部)治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 睡眠薬
栗山 健一
医薬ジャーナル   53(増刊) 458-462   Jan 2017
2014年に上市されたデュアルオレキシン受容体拮抗薬スボレキサント以降,新たに上市された睡眠薬はない。スボレキサントの臨床効果における特徴が徐々に明らかになりつつある。本稿では,国際的な臨床試験の結果を中心に,新規オレキシン受容体拮抗薬の開発状況を含めて,オレキシン受容体拮抗薬の臨床治療上の位置づけに関し,概説する。(著者抄録)
【向精神薬による不眠治療エビデンスはあるか?-現状と課題-】 不安障害の不眠治療はいかにあるべきか
眞田 陸, 栗山 健一
精神神経学雑誌   120(7) 577-583   Jul 2018
不安障害は,恐怖・不安感情の制御障害を基盤とする疾患であり,30%程度の生涯有病率が報告されている.多くの不安障害は不眠を高率に合併し,50〜90%の患者が何らかの不眠を訴える.恐怖・不安は不眠の慢性化における重大な促進・遷延因子であり,両病態は密接に関連し,不安障害患者は不眠の素地を備えた集団であるといえる.長年,不安障害治療の中心的役割を担っていたbenzodiazepine系薬剤は,不眠症に対しても有効であり,最高血中濃度到達時間や血中濃度半減期の長さにより,抗不安薬と睡眠薬との使い...
認知症と不眠、睡眠薬との関連
栗山 健一
日本心療内科学会誌   20(別冊) 70-70   Dec 2016

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Kenichi KURIYAMA
It has been well confirmed that sleep plays a crucial role in the development of skill learning. We clarified that working memory capacity, a higher cognitive function, also benefits from post-training sleep. The enhancement of working memory capa...
Sleep dependent memory consolidation
Emotional memory
Stress disorder