Kenichi Kuriyama

J-GLOBAL         Last updated: Dec 16, 2019 at 16:06
 
Avatar
Name
Kenichi Kuriyama
Affiliation
National Center of Neurology and Psychiatry
Section
Dept. Sleep-Wake Disorders, National Institute of Mental Health
Job title
Director
Degree
M.D.(Tsukuba University), Ph.D.(Tokyo Medical and Dental University)
Other affiliation
Shiga University of Medical Science
Research funding number
00415580

Research Areas

 
 

Education

 
2019
 - 
Today
Sleep-Wake Disorders, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry
 
2015
 - 
2018
Psychiatry, Medicine, Shiga University of Medical Science
 
2007
 - 
2015
Adult Mental health, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry
 
2003
 - 
2004
Neurophysiology, Massachusetts Mental Health Center, Harvard Medical School
 
1999
 - 
2003
Psychiatry, Tokyo Medical and Dental University
 
 
 - 
1999
Medicine, University of Tsukuba
 

Published Papers

 
Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kim Y, Kuriyama K
PloS one   9(1) e85734   Jan 2014   [Refereed]
Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kuriyama K
Scientific reports   5 10362   May 2015   [Refereed]
Sakamoto I, Igaki M, Ichiba T, Suzuki M, Kuriyama K, Uchiyama M
Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM   2017 6419439   2017   [Refereed]
Honma M, Yoshiike T, Ikeda H, Kuriyama K
Psychological research   82(3) 634-644   Mar 2017   [Refereed]
Yoshiike T, Honma M, Yamada N, Kim Y, Kuriyama K
Physiology & behavior   194 268-276   Oct 2018   [Refereed]
Yoshiike T, Honma M, Ikeda H, Kuriyama K
Neurobiology of learning and memory   166 107084   Dec 2019   [Refereed]
Yoshiike T, Kuriyama K, Honma M, Ikeda H, Kim Y
Psychophysiology   51(4) 396-406   Apr 2014   [Refereed]
Takaesu Y, Utsumi T, Okajima I, Shimura A, Kotorii N, Kuriyama K, Yamashita H, Suzuki M, Watanabe N, Mishima K
Sleep medicine reviews   48 101214   Dec 2019   [Refereed]
Ikeda H, Kubo T, Kuriyama K, Takahashi M
Journal of sleep research   23(6) 673-680   Dec 2014   [Refereed]
Igaki M, Suzuki M, Sakamoto I, Ichiba T, Kuriyama K, Uchiyama M
Sleep and biological rhythms   16(1) 77-84   Jan 2018   [Refereed]
Benedetti F, Avery DH, Bauer M, Bunney WE, Çaliyurt O, Camardese G, Colombo C, Dallaspezia S, Henriksen TE, Kasper S, Kuriyama K, Lam RW, Martiny K, Meesters Y, Mishima K, Schulte R, Suzuki M, Święcicki Ł, Uchiyama M, Veale D, Winkler D, Wu J, Kupeli NY, Yoshiike T, Yu X
The American journal of psychiatry   175(9) 905-906   Sep 2018   [Refereed]
Yoshiike T, Dallaspezia S, Kuriyama K, Yamada N, Colombo C, Benedetti F
Journal of affective disorders   263 72-79   Nov 2019   [Refereed]
Bright Light Exposure Triggers Earlier Onset of Selective Consolidation of Motor-skill Accuracy in Humans
Yoshiike Takuya, Honma Motoyasu, Yamada Naoto, Kuriyama Kenichi
NEUROPSYCHOBIOLOGY   76(1) 43   2018   [Refereed]
Kuriyama K, Honma M, Yoshiike T, Kim Y
Scientific reports   3 2227   Jul 2013   [Refereed]
Kuriyama K, Honma M, Yoshiike T, Kim Y
Neuropharmacology   64 424-431   Jan 2013   [Refereed]
Aritake S, Higuchi S, Suzuki H, Kuriyama K, Enomoto M, Soshi T, Kitamura S, Hida A, Mishima K
BMC neuroscience   13 153   Dec 2012   [Refereed]
Suzuki H, Uchiyama M, Aritake S, Kuriyama K, Kuga R, Enomoto M, Mishima K
Perceptual and motor skills   115(2) 337-348   Oct 2012   [Refereed]
Honma M, Tanaka Y, Osada Y, Kuriyama K
Biological psychology   89(1) 112-116   Jan 2012   [Refereed]
Honma M, Endo N, Osada Y, Kim Y, Kuriyama K
Scientific reports   2 749   Oct 2012   [Refereed]
Kuriyama K, Honma M, Shimazaki M, Horie M, Yoshiike T, Koyama S, Kim Y
Scientific reports   1 127   Oct 2011   [Refereed]

Misc

 
栗山健一
総合病院精神医学   31(Supplement) S.144   Nov 2019
栗山健一
Dementia Japan   33(4) 423   Oct 2019
栗山健一
睡眠医療   13(3) 315‐320   Sep 2019
綾部直子, 吉村道孝, 栗山健一, 三島和夫, 三島和夫
日本睡眠環境学会学術大会抄録集   28th 106   Sep 2019
吉池卓也, 栗山健一
精神医学   61(8) 927‐933   Aug 2019
吉池 卓也, 栗山 健一
精神医学 = Clinical psychiatry   61(8) 927-933   Aug 2019
栗山健一
Clinician   66(672) 351‐356   Apr 2019
長尾賢太朗, 山本彬, 松尾雅博, 栗山健一
精神神経学雑誌   121(3) 229   Mar 2019
清水芳樹, 長尾賢太朗, 山本彬, 松尾雅博, 栗山健一
精神神経学雑誌   121(3) 236   Mar 2019
世一友子, 藤井彰夫, 高橋正洋, 栗山健一
精神神経学雑誌   121(3) 226   Mar 2019
河村葵, 栗本直樹, 山本彬, 栗山健一, 山田尚登
精神神経学雑誌   121(1) 70‐71   Jan 2019
山本佳樹, 吉村篤, 藤井勇佑, 眞田陸, 北村彰浩, 川合寛道, 栗山健一, 栗山健一
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   115th S.434   2019
角幸頼, 松尾雅博, 栗山健一, 鷹見将規, 角谷寛
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   115th S.591   2019
吉池卓也, 吉池卓也, DALLASPEZIA Sara, 栗山健一, 栗山健一, 山田尚登, COLOMBO Cristina, BENEDETTI Francesco
日本生物学的精神医学会(Web)   41st 37 (WEB ONLY)   2019
栗山健一, 中村元昭, 黒田裕子, 桜井新一郎, 中村真人, 田中陽子, 内山真, 西川徹
東京精神医学会誌   19(1) 5-10   Dec 2001
15歳女.小学5年頃より日中の眠気が悪化し,授業中の居眠りのために進級困難となった.ナルコレプシーとの鑑別を念頭において社会環境因子・心理因子の影響を評価し,カタプレキシーを欠くこと,multiple sleep latency testにおいて睡眠潜時が短縮していたことより,特発性過眠症と診断した.入院し長時間睡眠を確保したことで日中の過剰な眠気は軽減したが,実際の社会生活での継続は困難であったため,methylphenidate 20mgの内服を開始した.その結果,日中の眠気はほぼ改善...
松田有史, 吉村篤, 藤井勇佑, 眞田陸, 栗山健一
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   115th S.431   2019
内山真, 田ケ谷浩邦, 栗山健一, 亀井雄一
脳21   5(1) 61-67   Jan 2002
亀井雄一, 金圭子, 栗山健一, 尾崎章子, 山崎英明, 田ケ谷浩邦, 内山真
脳の科学   24(9) 877-882   Sep 2002
原発性不眠症の薬物治療として,benzodiazepine(BZ)系薬物が有効であるというエビデンスが示されていた.しかし,不眠のタイプや重症度,評価があいまいであり,いずれの研究においてもBZ系薬物の選択についてのエビデンスはなかった.BZ系睡眠薬の長期投与に関するエビデンスはなく,いつ薬物療法を減量,中止したらよいのか現段階でのエビデンスに基づいた指針はなかった.一方,認知行動療法(CBT)が原発性不眠症に対して有効であるエビデンスは示されていた.高齢者や副作用の出やすい原発性不眠症患...
長尾賢太朗, 栗山健一, 栗山健一
精神医学   60(9) 973‐981   Sep 2018
有竹清夏, 栗山健一, 鈴木博之, TAN X, 渋井佳代, 亀井雄一, 大久保善朗, 田ケ谷浩邦, 内山真
脳と精神の医学   13(3) 317-323   Sep 2002
健常男を対象とし,夜間睡眠に影響を与える日中の活動量・睡眠を厳密に統制した上で,夜間睡眠中の覚醒試行を行い,睡眠中の時間認知について検討した.時間認知比は睡眠の前半から後半にかけて減少した.時間認知比は段階3+4出現率と正の相関を,段階REM出現率と負の相関を示した.時間認知比に最も影響を与える要因は覚醒させた時刻,即ち時間経過であった.睡眠障害のない健常成人では,夜間睡眠の始めから朝になるにつれ主観的には実経過時間より短く時間を見積もることが判明した
長尾 賢太朗, 栗山 健一
精神医学 = Clinical psychiatry   60(9) 973-981   Sep 2018
栗山健一, 田ケ谷浩邦, 内山真
臨床精神医学   (2002年増刊) 90-97   Dec 2002
松尾雅博, 栗山健一
アンチ・エイジング医学   14(4) 500‐505   Aug 2018
松尾 雅博, 栗山 健一
Anti-aging medicine   14(4) 500-505   Aug 2018
中林 孝夫, 栗山 健一
精神医学   59(6) 559-565   Jun 2017
眞田陸, 栗山健一
精神神経学雑誌   120(7) 577‐583   Jul 2018
稲垣 貴彦, 栗山 健一, 山田 尚登
精神科 = Psychiatry   33(1) 14-18   Jul 2018
内山真, 田ケ谷浩邦, 尾崎章子, 亀井雄一, 渋井佳代, TAN X, 栗山健一, 鈴木博之, 有竹清夏
精神保健研究   (16) 121-126   Mar 2003
山本彬, 山本彬, 栗山健一, 栗山健一
Depression Strategy   8(2) 7‐11   Jun 2018
亀井雄一, 田ケ谷浩邦, KIM K, 栗山健一, 尾崎章子, 渋井佳代, 有竹清夏, 内山真
臨床精神薬理   6(8) 1035-1047   Aug 2003
睡眠障害は極めて多様である.睡眠障害国際分類では77の睡眠障害が取り上げられている.症候からみても,不眠を呈するもの,過眠を呈するもの,睡眠スケジュールの異常を呈するものと多様である.したがって,睡眠障害に対する適切な医療を行うために,エビデンスに基づいた治療指針が求められている.そこで,代表的な睡眠障害である原発性不眠症,精神疾患に伴う不眠,ナルコレプシー,むずむず脚症候群・周期性四肢運動障害,概日リズム睡眠障害治療法についてEBMの観点から述べた
長尾賢太朗, 河村葵, 河村葵, 栗山健一, 栗山健一
臨床精神薬理   21(4) 479‐487   Apr 2018
長尾 賢太朗, 河村 葵, 栗山 健一
臨床精神薬理   21(4) 479-487   Apr 2018
栗山 健一
精神医学   58(6) 461-468   Jun 2016
非言語的な身体動作を伴い再現される手続き記憶において、睡眠中の神経プロセスが記憶定着・強化のために働いている証拠が多く示されている。また、一部の不安障害や心的外傷後ストレス障害の病理と密接に関係する情動記憶も睡眠中に何らかの処理が行われていると思われる。睡眠と記憶の関係について、1)陳述記憶は睡眠中に定着する、2)陳述記憶と手続き記憶、3)睡眠中の手続き記憶強化、4)REM睡眠中の情動記憶処理、に分けて述べた。
藤井彰夫, 中林孝夫, 清水芳樹, 高橋正洋, 栗山健一, 山田尚登
精神神経学雑誌   120(3) 227‐228   Mar 2018
野口俊文, 大井健, 柴崎守和, 濱川浩, 松村直樹, 松崎茂, 大門一司, 千貫悟, 稲垣貴彦, 辻本哲士, 辻本哲士, 栗山健一, 栗山健一, 高橋正洋, 高橋正洋, 藤井勇佑, 藤井勇佑, 吉池卓也, 吉池卓也, 山田尚登
精神神経学雑誌   120(3) 231‐232   Mar 2018
有竹清夏, 鈴木博之, 栗山健一, 尾崎章子, 渋井佳代, 亀井雄一, 阿部又一郎, 榎本みのり, 田ケ谷浩邦, 三島和夫, 松浦雅人, 内山真
臨床神経生理学   34(5) 438-439   Oct 2006
栗山健一, 鈴木正泰, 角谷寛, 吉中勇人, 山中真由美, 森梓, 大森崇, 久津見弘, 柏木香保里, 吉田政樹, 内山真, 山田尚登
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   114th S.273   2018
栗山健一
日本臨床精神神経薬理学会プログラム・抄録集   28th 112   2018
栗山健一
分子精神医学   5(1) 7-15   Jan 2005
近年,記憶の定着や技能の向上に睡眠が不可欠であることが明らかにされつつある.睡眠中に陳述記憶は固定化され知識を増やし,手続き記憶は強化されより巧みになる.また,睡眠をとることで課題を解決するための洞察を得ることが可能になるという.そして,徹夜をするとこうした効果がほとんどみられなくなる.睡眠による記憶の強化・固定化のメカニズムに関して,REM睡眠や深睡眠などの特定の睡眠段階が記憶の強化・固定化に関係するという説や,夢体験が関係するという説,皮質や辺縁系の活動性が関係するという説など諸説ある...
栗山 健一
Depression Strategy   6(1) 5-8   Mar 2016
栗本直樹, 栗本直樹, 栗山健一, 栗山健一, 山田尚登
日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   114th S.595   2018
梅田聡, 富田望, 平野好幸, 栗山健一
日本認知・行動療法学会大会抄録集(CD-ROM)   44th 77‐78   2018
栗山 健一
日本生物学的精神医学会誌   26(3) 161-167   Sep 2015
NMDA受容体部分作動薬であるD-サイクロセリン(DCS)およびHDAC阻害剤であるバルプロ酸(VPA)は恐怖記憶の消去学習を促進することが動物研究で確かめられている。我々はヒトにおけるDCSおよびVPAの消去学習促進効果を、視覚刺激と指先電気刺激を条件づけるパラダイムを用い検討した。さらに、恐怖記憶学習は睡眠中に強化・固定化プロセスが促進されることから、DCSおよびVPAの消去学習促進効果と睡眠依存性記憶強化プロセスとの交互作用を検討した。DCSおよびVPAのいずれも、恐怖消去の即時学習...
眞田 陸, 栗山 健一
精神神経学雑誌 = Psychiatria et neurologia Japonica   120(7) 577-583   2018
栗本直樹, 栗本直樹, 栗山健一, 角谷寛, 山田尚登
総合病院精神医学   29(Supplement) S.71   Nov 2017

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2009 - 2011    Investigator(s): Kenichi KURIYAMA
It has been well confirmed that sleep plays a crucial role in the development of skill learning. We clarified that working memory capacity, a higher cognitive function, also benefits from post-training sleep. The enhancement of working memory capa...
Sleep dependent memory consolidation
Emotional memory
Stress disorder