二宮 善彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 21:01
 
アバター
研究者氏名
二宮 善彦
 
ニノミヤ ヨシヒコ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=%E4%BA%8C%E5%AE%AE%E5%96%84%E5%BD%A6
所属
中部大学
部署
工学部 応用化学科
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学)
ORCID ID
0000-0002-3523-9666

研究分野

 
 

経歴

 
2003年4月
 - 
現在
中部大学 工学部応用化学科 教授
 
1992年4月
 - 
2003年3月
中部大学 工学部応用化学科 助教授
 
1983年4月
 - 
1992年3月
東京農工大学 工学部資源応用化学科 助手
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1983年3月
名古屋大学大学院 工学研究科博士課程後期 化学工学専攻
 
1980年4月
 - 
1982年3月
名古屋大学大学院 工学研究科博士課程前期 化学工学専攻
 
1976年4月
 - 
1980年3月
名古屋大学 工学部 化学工学科
 

受賞

 
2014年2月
日本エネルギー学会 学会賞(学術部門) 石炭の燃焼・ガス化プロセスにおける灰分の溶融過程解明および粒子状浮遊物質の生成と低減に関する研究
 
2001年10月
永井財団 永井財団賞学術賞 石炭灰の溶融および付着挙動に関する研究
 
1997年2月
日本エネルギー学会 進歩賞 石炭の高温ガス化過程における灰分の溶融挙動解明およびガス化反応速度との相関に関する研究
 
1991年2月
燃料協会 論文賞 フラックスを添加した石炭灰分の溶融特性に関する基礎研究
受賞者: 平戸瑞穂、二宮善彦
 

論文

 
Tomoaki Namioka, Kenji Okudaira, Masao Yukumoto, Yoshihiko Ninomiya, Hibiki Ito
Fuel Processing Technology   181 304-310   2018年12月
? 2018 Elsevier B.V. Nickel-catalyzed atmospheric-pressure hydrogenation and hydrogenolysis of trace light tar in biomass syngas were investigated with two different model biomass syngas compositions and benzene and toluene as model light tars. Th...
Iman Ja’baz, Song Zhou, Barbara Estchmann, David Paterson, Yoshihiko Ninomiya, Lian Zhang
Journal of Materials Science   53 11791-11812   2018年8月
? 2018, Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature. Synchrotron X-ray fluorescence mapping and micro-XANES were employed to characterize the spatial distribution of individual elements and the speciation of Cr on the cross secti...
Juan Chen, Juan Chen, Facun Jiao, Facun Jiao, Zhongbing Dong, Osamu Niyomura, Tomoaki Namioka, Naoomi Yamada, Yoshihiko Ninomiya
Fuel   222 538-543   2018年6月
? 2018 Elsevier Ltd This paper aims to clarify the effect of kaolin on the ash partitioning during combustion of a low-rank coal in O2/CO2atmosphere. The coal sample was mixed mechanically with 10% kaolin and then combusted in a lab-scale drop tub...
Facun Jiao, Facun Jiao, Norikazu Kinoshita, Masato Kawaguchi, Motoyuki Asada, Maki Honda, Keisuke Sueki, Yoshihiko Ninomiya, Dmitry Sergeev, Marc Bl?sing, Michael M?ller
Energy and Fuels   32 5433-5442   2018年4月
? 2018 American Chemical Society. This study aimed to clarify the roles of CaCl2, CaO, and their mixture in the vaporization of Cs from Cs-doped ash during thermal treatment. In particular, potential mechanisms of the synergistic effect of the add...
Hongwei Wu, Xiangpeng Gao, Xiangpeng Gao, Huiling Wee, Ling Ngee Ngu, Yoshihiko Ninomiya, Qunying Wang, Qunying Wang
Fuel   216 53-60   2018年3月
? 2017 Elsevier Ltd Collie coal is the only coal being mined in Western Australia and plays an important role in supplying cheap energy to the State's energy mix. This study reports a systematic investigation into the occurrence and characteristic...
Facun Jiao, Norikazu Kinoshita, Masato Kawaguchi, Motoyuki Asada, Maki Honda, Keisuke Sueki, Yoshihiko Ninomiya
Fuel   214 409-415   2018年2月
? 2017 Elsevier Ltd This study aims to clarify the vaporization propensity of Cs in simulated granular ash through thermal treatment in N2atmosphere at 1100?1500 °C with the addition of a mixture of CaCl2and CaO. XRD and XPS were employed to speci...
Yuta Inoue, Kiyoto Hara, Kenji Okudaira, Hibiki Ito, Yoshihiko Ninomiya, Tomoaki Namioka
International Journal of Hydrogen Energy   43 2394-2401   2018年1月
? 2017 Hydrogen Energy Publications LLC Optimum ceria content in nickel?ceria composite anode catalyst from the point of discharge performance is discussed. The ohmic loss increased when the ceria content was higher than 30 mol%. Even though the e...
Marc Bl?sing, Maria Benito Abascal, Yoshihiko Ninomiya, Michael M?ller
Energy and Fuels   32 651-657   2018年1月
? 2018 American Chemical Society. An investigation of the chemical form, the concentration, and distribution of lead species between the gas and condensed phase was carried out under gasification-like conditions. The influence of hydrogen sulfide,...
Facun Jiao, Norikazu Kinoshita, Masato Kawaguchi, Motoyuki Asada, Maki Honda, Keisuke Sueki, Yoshihiko Ninomiya, Dmitry Sergeev, Marc Bl?sing, Michael M?ller
Energy and Fuels   31 14045-14052   2017年12月
? 2017 American Chemical Society. The vaporization behaviors of the alkali metals Cs, K, and Na were investigated at 900, 1000, and 1100 °C in a lab-scale electrical-heating horizontal furnace using a Cs-doped ash with the addition of CaCl2and/or ...
Naoomi Yamada, Ryuichiro Ino, Haruka Tomura, Yuumi Kondo, Yoshihiko Ninomiya
Advanced Electronic Materials   3    2017年12月
? 2017 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Transparent p-type CuI layers with high hole mobility can be fabricated on flexible plastic sheets, a system which has been unattainable with p-type transparent oxide semiconductors. Mildly heat-...
Xiang Cao, Fumio Kawamura, Yoshihiko Ninomiya, Takashi Taniguchi, Naoomi Yamada
Scientific Reports   7    2017年12月
? 2017 The Author(s). Pseudo III-V nitride ZnSnN2is an earth-abundant semiconductor with a high optical absorption coefficient in the solar spectrum. Its bandgap can be tuned by controlling the cation sublattice disorder. Thus, it is a potential c...
Naoomi Yamada, Masayoshi Yamada, Haruna Toyama, Ryuichiro Ino, Xiang Cao, Yuuki Yamaguchi, Yoshihiko Ninomiya
Thin Solid Films   626 46-54   2017年3月
? 2017 Thin films of near-infrared (NIR)-transparent and highly conductive Mo-doped In2O3(IMO) were prepared as transparent electrodes in thin-film photovoltaic cells and energy-efficient windows. The fabrication process was rapidly optimized by t...
Anthony De Girolamo, Natalia Kelly Lameu, Lian Zhang, Yoshihiko Ninomiya
Fuel Processing Technology   156 113-123   2017年2月
? 2016 Elsevier B.V. In this paper we have examined the potential of Yallourn brown coal char (collected from an industry-scale pyrolyser) to be used as a pulverized coal injection (PCI) fuel, its size-dependent properties, ignitability and combus...
Xiang Cao, Yoshihiko Ninomiya, Naoomi Yamada
Physica Status Solidi (A) Applications and Materials Science   214    2017年2月
? 2016 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Polycrystalline and epitaxial zinc nitride (Zn3N2) films were grown by a reactive rf-magnetron sputtering technique. Phase-pure films were grown but XPS results indicated that a small amount of o...
Iman Ja'baz, Juan Chen, Barbara Etschmann, Yoshihiko Ninomiya, Lian Zhang
Fuel   187 68-83   2017年1月
? 2016 Elsevier Ltd Detailed speciation analysis has been conducted on the corroded tubes coated with two different ash deposits collected from the combustion of a lignite, namely Xinjiang coal mixed with and without external silica in both air- a...
Facun Jiao, Facun Jiao, Norikazu Kinoshita, Masato Kawaguchi, Motoyuki Asada, Maki Honda, Keisuke Sueki, Yoshihiko Ninomiya
Chemical Engineering Journal   323 114-123   2017年1月
? 2017 Elsevier B.V. We studied the vaporization mechanisms of water-insoluble Cs from Cs-doped ash by using CaCl2and MgCl2additives during thermal treatment. The ash sample was mixed with different amounts of CaCl2or MgCl2and treated at 900?1200?...
Xiujin Liang, Xiujin Liang, Qunying Wang, Facun Jiao, Jian Chen, Guangwei Ying, Tomoaki Namioka, Yoshihiko Ninomiya
Journal of Chemical Engineering of Japan   50 351-357   2017年1月
Copyright ? 2017 The Society of Chemical Engineers, Japan. This study aims to clarify the influence of moisture on the formation of fine particulate matter during coal combustion. Coal samples (A and B) with different moisture contents were pyroly...
Iman Ja'baz, Facun Jiao, Xiaojiang Wu, Dunxi Yu, Yoshihiko Ninomiya, Lian Zhang
Fuel Processing Technology   167 193-204   2017年1月
? 2017 Elsevier B.V. This study aims to clarify the roles of sulphur (S) in both lignite ash deposits and bulk flue gas on high-temperature corrosion. In particular, the potential synergism between these two different S sources during the oxy-fuel...
Iman Ja'baz, Song Zhou, Lian Zhang, Facun Jiao, Dunxi Yu, Barbara Etschmann, Yoshihiko Ninomiya, David Paterson
Fuel Processing Technology   167 31-42   2017年1月
? 2017 Elsevier B.V. This study aims to explore the effects of lignite ash deposit, in particular the Ca-bearing species in ash on the tube corrosion under the oxy-firing mode. Two tubes, low-alloy steel T23 and austenite SUS347 have been coated w...
Iman Ja'Baz, Juan Chen, Barbara Etschmann, Yoshihiko Ninomiya, Lian Zhang
Proceedings of the Combustion Institute   36 3941-3948   2017年1月
? 2016 by The Combustion Institute. Published by Elsevier Inc. This study has examined the corrosion of tubes exposed to Victorian brown coal fly ash under the oxy-fuel combustion mode. The temperature of 650°C, flue gas composition (steam 30 vol%...

書籍等出版物

 
演習化学工学第2版(共著)
共立出版   1991年   
石炭技術総覧(共著)
電力新報社   1993年   
21世紀を担うクリーンコールテクノロジー
大阪大学出版会   2004年   

講演・口頭発表等

 
CuI/a‐IGZO透明ヘテロ接合の自己駆動型UVセンサとしての可能性
近藤敬宏, 近藤祐未, 二宮善彦, 山田直臣
応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2018年9月5日   
帯電防止フィルターの除電性能評価に関する研究
藤井沙也加, 中村航洋, 二宮善彦, 山田直臣, 堀江永有太, 飯島伸介
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2018年3月13日   
Fe‐CeO2コンポジット電極触媒を用いたSOFCの発電性能の評価
奥平賢嗣, 井上裕太, 廣田智久, 伊藤響, 二宮善彦, 波岡知昭
日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2018年   
3-2-5 メタネーション反応条件下における微量ベンゼンの改質挙動
波岡知昭, 奥平賢嗣, 廣田智久, 二宮善彦
日本エネルギー学会大会講演要旨集(Web)   2018年   
炭化水素燃料供給時におけるNi‐GDC燃料極の発電性能評価
廣田智久, 奥平賢嗣, 波岡知昭, 伊藤響, 二宮善彦
日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2018年   
塩化揮発法を用いたセシウム濃度低減処理における化学反応と状態変化
木下哲一, JIAO F., 二宮善彦, 本多真紀, 末木啓介, 浅田素之, 川口正人
日本放射化学会年会・放射化学討論会研究発表要旨集(Web)   2017年9月1日   
CuIとアモルファスInGaZnO4による透明p‐n接合の作製
近藤祐未, 井野龍一朗, 二宮善彦, 山田直臣
応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   2017年8月25日   
焼却灰中に含まれるセシウムのCa系添加剤による塩化揮発
焦発存, 二宮善彦, 木下哲一, 浅田素之, 本多真紀, 末木啓介
化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2017年3月6日   
リン酸カルシウム析出サイトの形成を目的としたPLAファイバーの表面改質
鈴木葵, 鈴木葵, 永田夫久江, 稲垣雅彦, 二宮善彦, 加藤且也
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2017年3月1日   
ポリ乳酸‐アパタイトコアシェル型粒子の粒径増大因子の探索
花崎元春, 花崎元春, 永田夫久江, 二宮善彦, 加藤且也
日本セラミックス協会年会講演予稿集(CD-ROM)   2017年3月1日   

競争的資金等の研究課題

 
ハロゲン化揮発法による固体廃棄物に含まれる有害微量元素の高度分離除去技術の開発
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 二宮 善彦
石炭燃焼から発生する微小粒子状物質(PM)の粗大化に関する研究
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 二宮 善彦
近年、PM2.5など微小粒子状物質による健康影響が、我が国をはじめ、中国やインドなど石炭を大量に消費する国々において問題となっている。微小粒子状物質は、偏西風などの大気の流れによって長距離輸送されるため 、周辺諸国の大気環境にも影響する重大な問題であり、石炭燃焼から排出される微小粒子状物質が発生源の一つとして指摘されている。
本研究は、灰物性の異なる最適な石炭の混合燃焼によって、灰粒子同士の凝集を促進させて粒子を粗大化を図り、集塵効率の低い粒径範囲の粒子(0.1〜1μm)の発生量を減らすこ...
低品位石炭の高効率燃焼・ガス化利用における揮発性無機元素の挙動解析とその低減
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 二宮 善彦
低品位石炭の有効利用における課題を検討するため、まず燃焼時における無機元素の放出に及ぼす固有水分の影響を検討した。本研究では、モンテカルロ法による石炭鉱物のCoalescence-Fragmentationモデルに基づくPM生成モデルを作成して実験結果と比較した。また、低品位石炭の空気燃焼およびOxy-Fuel燃焼から発生するアルカリ金属蒸気など揮発性元素の低減を図るため、天然のカオリンおよびムライト固体吸収剤による吸収挙動を明らかにした。揮発性元素である鉛および亜鉛蒸気の冷却過程における...
燃焼プロセスから排出される気相析出型微粒子の生成機構の解明とその低減技術の開発
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 二宮 善彦
石英製ロータリキルン反応装置を使用し、高温燃焼雰囲気からの冷却ゾーンの温度域で、Pb,Cd,ZnおよびCu金属元素と共存ガス中のSO_2、HCl、H_2Oなどとが反応し、温度の高い方から硫酸塩、塩化物の順に気相析出(過冷却)の競争反応がおこり、種々の粒子状浮遊物質が発生するとともに、共存する金属元素と非金属元素とのモル比によって、気相析出微粒子の化合物形態が異なり、その結果として毒性が変化することを明らかにした。また、気相析出する金属種の化合物の予測を、熱力学データベースを利用した擬平衡反...
廃棄物熱処理プロセスにおける塩素の挙動解析と塩素化合物の低減法の確立
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 二宮 善彦
飛灰の無害化処理技術として、飛灰焼成法が注目されている。本方法は、飛灰の組成比率、調合組成、温度、滞留時間、炭素成分濃度(還元度)などによって、金属およびその金属塩化物の蒸気圧が変化し、その結果として飛灰への残存量やHCl濃度が変化する。さらに、処理条件によって有毒な塩素ガスが発生する可能性があるため、廃棄物熱処理プロセスにおける塩素化合物の挙動を理論的に解明する必要がある。3年間の研究から、下記の点が明らかになった。
塩素の発生に影響を与える成分は塩化水素と水蒸気である。塩素の発生量は塩...
廃棄物焼却炉の排ガスに含まれる微量重金属成分の化学形態分析とその低減法の確立
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 二宮 善彦
乾燥下水汚泥および石炭、その混合物を燃料とし、流通式燃焼装置(試料供給量30g/h、内径50mmφ、長さ1800mm)を使用して、1200?1450℃、酸素分圧0?50kPaの条件下で燃焼実験を行った。燃焼時に発生する粒子状浮遊物質を、低圧カスケードインパクターに取り付けた石英フィルターおよびテフロンフィルターによって0.03?12μmの13段に分級して捕集した。各段のフィルターに捕集された粒子を蛍光X線分析装置、CCSEM(Computer Controlled Scanning Ele...
石灰石添加型CWMによる脱硫・脱ハロゲン同時除去燃焼プロセスの開発
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 1999年 - 2002年    代表者: 二宮 善彦
中国などの発展途上国においては、自国で産出する高硫黄石炭や塩素などのハロゲンを含む石炭を燃料として燃焼させ、発電や熱源として使用することが多い。本研究では、石炭スラリー製造過程において石炭スラリーに脱硫・脱ハロゲン、高度脱灰などの機能を付加させ、燃焼サイドでは新たな脱硫・脱ハロゲン装置を設置しないでも容易に炉内脱硫および煙道脱硫、ならびに脱ハロゲンを実現できる新しい概念のクリーンな燃料の開発と、この脱硫剤が高温燃焼場での最適な脱硫条件を見いだすことを目的に行った。
石灰石粒子を添加した石炭...
CCSEM分析システムの構築とゴミの焼却炉内で発生する焼却飛灰の生成機構の解明
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 二宮 善彦
本研究では、CCSEMを用いることによって、粒子一個一個の組成と、粒径分布のデータを、数千個レベルの情報を得ることを目的とし、次のことを行った。
1)画像解析ソフトからの粒径分布の検証及びEDS分析の補正値の検証
2)下水汚泥の燃焼灰のCCSEM分析
画像解析ソフトからの粒径分布の検証及びEDS分析の補正値の検証結果
SEM画像の輝度分布が粒径分布や、組成分析値に影響を与えることがわかり、輝度分布の最適値を見つけることができた。しかし、補正値については、必ずしも化学分析値に近い値が得られな...
石炭チャー燃焼におけるN_aO生成原因に関する分子軌道法的研究
文部科学省: 一般研究(C)
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 二宮 善彦
本研究では、NDDO 近似の半経験的分子軌道法パッケージであるMOPAC(Ver.7.0)を利用し、また一部の計算にはab initio計算が可能なGaussian92プログラムパッケージを利用した。チャー中に含まれる含窒素化合物は、主にピリジン型窒素とピロール型窒素であることをXPSを利用して確認し、その結果、含窒素化合物のモデルフラグメントとして、ピリジン型窒素としてイミン(CH_2=NH)およびピリジン(C_5H_5N)・ピロール型窒素としてピロール(C_4H_5N)を選び、反応ガス...
副生灰分をセメント材とする石炭効率ガス化プロセスの開発
文部科学省: 重点領域研究
研究期間: 1992年 - 1992年    代表者: 二宮 善彦
本年度の研究成果の概要は以下のとおりである。
(1)石灰石を添加したガス化スラグのセメント材評価に関する研究
本年度は、実験室規模のガス化炉から排出されたスラグについて、セメント評価試験(水和反応性、強度試験等)を行った。前年度の模擬スラグの結果と同様、CaOを30wt%以上含むスラグの水和反応性は、高炉スラグとほぼ同等の性能を示すこと、ポルトランドセメントをスラグに対して70wt%添加した混合セメントとした場合には、JIS規格の約1.3倍の強度となること、等を明らかにした。
(2)石灰石...