ORII Yukiko

J-GLOBAL         Last updated: Aug 30, 2019 at 18:35
 
Avatar
Name
ORII Yukiko
Affiliation
Tokyo Metropolitan University
Section
Graduate School of Health Sciencs, Aomori University of Health and Welfare Graduate School of Health Sciences
Job title
Professor
Degree
Disability Science(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Professor, Graduate School, Tokyo Metropolitan University
 
1996
 - 
1999
Sendai Shirayuro Women's College, Research Assistant
 

Education

 
 
 - 
1999
Graduate School, Division of Medical Sciences, Tohoku University
 
 
 - 
1997
Faculty of Literature, Tamagawa University
 

Awards & Honors

 
May 2014
"A Trial of Developing the Japanese Brief Version of the Caring Assessment Report Evaluation Q-sort(CARE-Q): To Measure the Nursing Caring Behavior", Poster Award _ Outstanding Poster, 35th Internarional Association for Human Caring Conference
 

Published Papers

 
看護基礎教育と看護継続教育におけるシミュレータを用いた教育の実態調査
織井 優貴子, 黒田 暢子
日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集   9回 102-103   Mar 2017
黒田 暢子, 織井 優貴子
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   4 22-28   Jun 2016
看護基礎教育において、シミュレーション教育を実施する際、どのようなシミュレータや教材を用いているかを明らかにすることを目的に、日本看護系大学協議会の会員校234校の成人看護学領域の責任者又は、現在シミュレーション教育を担当している教員対象に、無記名自記式調査を行った。その結果、主に所有及び使用しているシミュレータは、タスクトレーナー、低忠実度シミュレータ、中忠実度シミュレータであった。使用率が高い演習・看護技術は、「吸引」「フィジカルアセスメント」など身体侵襲度が高い、又は異常所見の学習も...
織井 優貴子
日本シミュレーション医療教育学会雑誌   4 54-63   Jun 2016
【目的】本研究は、看護基礎教育における人体型シミュレータを用いたシミュレーション教育の有用性を検討した。【方法】看護基礎教育における1,260時間の臨地実習を終えた看護学生75名を対象に、看護技術到達度および、厚生労働省の定める「臨地実習において看護学生が行なう基本的な看護技術の水準」への到達度について調査した。その後、「手術を受けた患者の状態」を設定したシミュレーション教育プログラムの導入を試みた。シミュレーション教育プログラムは、40名を対象とし、Simulation Design S...
【"相互に学び合う"技術習得の場作り!シミュレーション教育・評価・定着の工夫】 デブリーフィング シミュレーション教育での学習のために必要な要素
織井 優貴子
看護人材育成   12(4) 34-40   Oct 2015
渡邉知子, 織井優貴子
秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻紀要   22(2) 137-145   Oct 2014
回復期リハビリテーション病棟から在宅移行後1年以内のブローカ失語症者の介護者36名を対象として、看護師による退院時の言葉に障害のある人への対応の指導の有無と、在宅移行後の言葉の障害への対応の実際を自記式調査票で調査した。退院時に言葉の障害に対する指導を受けた11名は、指導を受けていない25名に比べ「ご本人が話す時は、言葉以外に身振り手振りや絵、文字を使用してもらう」(p=0.002 Wilcoxon順位和検定)など失語症者に特有の対応方法を実施していた。このことから、看護師が退院指導で失語...
織井優貴子
臨床シミュレーション研究   1(1) 35   Jun 2011
池上敬一, 紙谷あゆ美, 岩本由美, 松本尚浩, 浅香えみ子, 織井優貴子, 三上剛人
医療の質・安全向上を目的としてシナリオをベースとしたフルスケールシミュレーターを用いた教育の有用性と遠隔教育の可能性 平成22年度 総括・分担研究報告書   22-31   2011
織井優貴子
日本がん看護学会誌   20(1) 19-25   Jul 2006   [Refereed]
織井優貴子
老年看護学   10(2) 85-91   Mar 2006   [Refereed]
ORII YUKIKO, KUMANO HIROAKI, MUNAKATA MASANORI, FUKUDO SHIN
心身医学   45(11) 849-854   Nov 2005   [Refereed]
Orii Yukiko, Kumano Hiroaki, Munakata Masanori, Fukudo Shin
Japanese Journal of Psychosomatic Medicine   45(11) 849-854   Nov 2005   [Refereed]
Objectives : The present study, using 485 subjects who received health examination, tested the hypotheses that the four personality types of Short Interpersonal Reactions Inventory influenced the biological factors involved in life-style related d...
YAMAMOTO KAZUE, NISHIDA SACHIKO, ORII YUKIKO, SHIDA MASAO, KANNO MINORU, HONMA TOSHIYUKI
日本建築学会計画系論文集   (586) 17-23   Dec 2004   [Refereed]
YAMAMOTO Kazue, NISHIDA Sachiko, ORII Yukiko, SHIDA Masao, KANNO Minoru, HONMA Toshiyuki
Journal of architecture and planning   (586) 17-23   Dec 2004   [Refereed]
This study is focused on care of watching by family to reveal the relationship. Between elderly and family. The validity of consecutive space as an effective tool for elderly in need of care is substantiated. 1) The activity of both care for famil...
寺島美樹, 山本和恵, 織井優貴子
日本建築学会学術講演梗概集E-1 建築計画1   2004 469-470   Jul 2004   [Refereed]
YAMAMOTO Kazue, ORII Yukiko, TERASHIMA Miki
Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. E-1, Architectural planning and design I, Building types and community facilities, planning and design method building construction system human factor studies planning and   2004 471-472   Jul 2004   [Refereed]
山本和恵, 織井優貴子, 寺島美樹
日本建築学会学術講演梗概集E-1 建築計画1   2004 471-472   Jul 2004   [Refereed]
TERASHIMA Miki, YAMAMOTO Kazue, ORII Yukiko
Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. E-1, Architectural planning and design I, Building types and community facilities, planning and design method building construction system human factor studies planning and   2004 469-470   Jul 2004   [Refereed]
織井優貴子, 宗像正徳, 熊野宏昭, 福土審
心身医学   44(2) 151   Feb 2004   [Refereed]
YAMAMOTO Kazue, ORII Yukiko, SHIDA Masao, KANNO Minoru, HONMA Toshiyuki
日本建築学会東北支部研究報告集. 計画系   (66) 299-302   Jun 2003   [Refereed]
YAMAMOTO KAZUE, SHIDA MASAO, ORII YUKIKO, NISHIDA SACHIKO
住宅総合研究財団研究年報   (29) 205-215   Mar 2003   [Refereed]
KUMANO HIROAKI, KUBOKI TOMIFUSA, ORII YUKIKO, FUKUSE TATSUO, HIRATA TOSHIKI, SHINOHARA KAZUHIKO, SETO MASAHIRO, AGARI ICHIRO, SAKANO YUJI
心身医学   41(8) 593-599   Dec 2001   [Refereed]
Kumano Hiroaki, Kuboki Tomifusa, Orii Yukiko, Fukuse Tatsuo, Hirata Toshiki, Shinohara Kazuhiko, Seto Masahiro, Agari Ichiro, Sakano Yuji
Japanese Journal of Psychosomatic Medicine   41(8) 593-599   Dec 2001   [Refereed]
We examined the discriminant validity of the Japanese brief version of the Short Interpersonal Reactions Inventory(SIRI 33) which aims at measuring the cancer-prone(type C)personality. The SIRI 33 was answered by 30 lung cancer and 10 alimentary t...
植木章三, 小崎浩信, 川上吉昭, 織井優貴子, 河西敏幸, 高戸仁郎, 坂本譲, 芳賀博
東北学校保健学会会誌   (48) 27-28   Sep 2000   [Refereed]
KUMANO HIROAKI, ORII YUKIKO, YAMAUCHI YUICHI, SETO MASAHIRO, AGARI ICHIRO, SAKANO YUJI, MUNAKATA MASANORI, SASAKI TADASHI, KUBOKI TOMIFUSA
心身医学   40(6) 447-454   Aug 2000   [Refereed]
Kumano Hiroaki, Orii Yukiko, Yamauchi Yuichi, Seto Masahiro, Agari Ichiro, Sakano Yuji, Munakata Masanori, Yoshinaga Kaoru, Sasaki Tadashi, Kuboki Tomifusa
Japanese Journal of Psychosomatic Medicine   40(6) 447-454   Aug 2000   [Refereed]
We revised the Japanese brief version of the Short Interpersonal Reactions Inventory (SIRI) which aims at measuring the cancer-prone personality and got standardized data in each sex. The SIRI with some parallel tests were answered by 1, 262 healt...
KUMANO HIROAKI, ORII YUKIKO, SUZUKAMO YOSHIMI, YAMAUCHI YUICHI, MUNAKATA MASANORI, YOSHINAGA KAORU, SETO MASAHIRO, AGARI ICHIRO, KUBOKI TOMIFUSA
心身医学   39(5) 335-341   Jun 1999
Kumano Hiroaki, Orii Yukiko, Suzukamo Yoshimi, Yamauchi Yuichi, Munakata Masanori, Yoshinaga Kaoru, Seto Masahiro, Sakano Yuji, Agari Ichiro, Kuboki Tomifusa
Japanese Journal of Psychosomatic Medicine   39(5) 335-341   Jun 1999   [Refereed]
We made the Japanese brief version of the Short Interpersonal Reactions Inventory (SIRI) which aims at measuring the cancer-prone personality.At first, the SIRI was translated into Japanese, which was checked by a bilingual and back-translated by ...
織井優貴子, 熊野宏昭, 宗像正徳
日本看護科学学会学術集会講演集   18th 326-327   Nov 1998
SHIRAISHI MASAKAZU, ORII YUKIKO
仙台白百合女子大学紀要   153-164   1996   [Refereed]

Misc

 
がん看護学領域におけるシミュレーション教育の可能性と必要性
織井 優貴子, 小清水 浩子, 嵯峨 千春, 築地 清子
日本がん看護学会誌   30(Suppl.) 310-310   Jan 2016
看護学基礎教育におけるシミュレータを用いた看護教育方法の有用性に関する実態調査
黒田 暢子, 織井 優貴子, 福田 美和子
日本看護研究学会雑誌   38(3) 149-149   Jul 2015
介護老人保健施設に勤務する看護職者に対する急変対応時の教育プログラムの開発(第一報)
佐々木 雅史, 織井 優貴子
日本救急看護学会雑誌   16(3) 172-172   Oct 2014
学習意欲を高めるための授業設計:ARCS動機付けモデルを活用したシミュレーション学習のための授業(教授)設計
織井 優貴子, 布原 佳奈, 福田 美和子, 佐々木 雅史, 鈴木 克明
日本看護学教育学会誌   24(学術集会講演集) 97-97   Jul 2014
シミュレータ(高性能モデル人形)を用いたシミュレーション看護教育の実践 インストラクション・システムデザインを活用しましょう!
織井 優貴子, 藤田 あけみ, 佐々木 雅史, 鈴木 克明
日本看護科学学会学術集会講演集   33回 223-223   Dec 2013
がん化学療法看護認定看護師教育課程修了生を対象とした継続教育 A校における「オンコロジックエマージェンシー」研修の試み
織井 優貴子, 藤田 あけみ, 大崎 瑞恵
日本がん看護学会誌   27(Suppl.) 286-286   Jan 2013
佐々木雅史, 織井優貴子
日本救急看護学会雑誌   14(3) 229   Oct 2012
織井優貴子, 佐々木雅史, 藤田あけみ
日本救急看護学会雑誌   14(3) 165   Oct 2012
池上敬一, 織井優貴子
日本看護科学学会学術集会講演集   29th 165   Nov 2009
小野寺幸恵, 織井優貴子
宮城看護学会学術集会抄録集   2nd 30   Nov 2005
織井優貴子
日本看護科学学会学術集会講演集   25th 264   Nov 2005
相沢美智恵, 鈴木一枝, 山崎敦子, 谷口由美, 織井優貴子
北海道・東北地区看護研究学会抄録   2005 100   Sep 2005
岩脇陽子, 梶間和枝, 高宮洋子, 大平政子, 大津広子, 織井優貴子
日本看護研究学会雑誌   28(3) 175   Jun 2005
織井優貴子
日本看護科学学会学術集会講演集   24th 374   Dec 2004
織井優貴子
聖路加看護学会誌   8(2) 33   Sep 2004
小笠原あゆみ, 織井優貴子
聖路加看護学会誌   8(2) 32   Sep 2004
織井優貴子, 山本和恵, 志田正男, 菅野実, 本間敏行
日本建築学会学術講演梗概集E-2 建築計画2 農村計画 教育   2003 169-170   Jul 2003
織井優貴子, 山本和恵
日本看護研究学会雑誌   26(3) 277   Jun 2003
藤田三恵, 岩脇陽子, 大津広子, 梶間和枝, 沢田和美, 大平政子, 高宮洋子, 嶋田喜美子, 織井優貴子
日本看護研究学会雑誌   25(3) 358   Jul 2002
猪股芳文, 宗像正徳, 布川徹, 伊藤信彦, 織井優貴子, 吉永馨
日本職業・災害医学会会誌   48 95   Oct 2000
宗像正徳, 布川徹, 伊藤信彦, 吉永馨, 織井優貴子
日本内科学会雑誌   89 137   Feb 2000
A Study on Some Problems of Life of Autism and Its Care Services(I)
The Journal of Sendai Sirayuri Women's College   1(1) 153   1996
A study on Cancer prone related to personality and smoking
   1998
A Study on Cancer-prone reated to personality and Smoking
   1999
A Study on Cancer-prone reated to personality and Smoking
   2000

Books etc

 
Measurement of QOL in the field of health behavioral science
Medical bioethics and behavioral science   1998   

Conference Activities & Talks

 
Effect of nursing intervention using “expressive writing method” on immune function and quality of life in patients with cancer
ORII Yukiko
International Conference of Cancer Nursing   24 Sep 2018   
織井優貴子
日本老年看護学会学術集会抄録集   31 May 2018   
小規模の外来化学療法室で実施可能な患者サポート がん化学療法看護認定看護師が試みたがん患者サポートとしての「筆記療法」の効果と課題
織井 優貴子, 小清水 浩子, 嵯峨 千春, 目時 伸俊, 御供 優子, 野村 順子
日本がん看護学会誌   Jan 2018   
佐々木 雅史, 織井 優貴子, 渡邉 郁子
日本救急看護学会雑誌   Sep 2017   
老健施設に勤務する看護職を対象とした急変対応とアセスメント研修会の効果 ARCS学習意欲モデルの活用
佐々木 雅史, 織井 優貴子, 渡邉 郁子
日本救急看護学会雑誌   Sep 2017   
看護基礎教育と看護継続教育におけるシミュレータを用いた教育の実態調査
織井 優貴子, 黒田 暢子
日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集   Mar 2017   
シミュレーション学習のための授業(教授)設計 ARCS動機付けモデルの活用と評価
織井 優貴子, 福田 美和子
日本看護学教育学会誌   Aug 2016   
織井優貴子, 福田美和子
日本看護学教育学会誌   Jul 2016   
がん看護学領域におけるシミュレーション教育の可能性と必要性
織井 優貴子, 小清水 浩子, 嵯峨 千春, 築地 清子
日本がん看護学会誌   Jan 2016   
黒田 暢子, 織井 優貴子, 福田 美和子
日本看護研究学会雑誌   22 Jul 2015   
黒田暢子, 黒田暢子, 織井優貴子, 佐々木雅史, 福田美和子
日本看護学教育学会誌   Jul 2015   
織井優貴子, 遠藤麗, 目時伸俊, 渋谷幸子
日本がん看護学会誌   Jan 2014   
織井優貴子, 藤田あけみ, 佐々木雅史, 鈴木克明
日本看護科学学会学術集会講演集   Dec 2013   
Design of Educational Program Using Simulators in Basic Nursing Education: Effect of Simulation Education Using Instruction System Design [Invited]
ORII Yukiko
The 7 th Halla/Newcastle PBL Center INTERNATIONAL SYMPOSIUM CHEJU HALLA UNIVERSITY   25 Oct 2013   

Research Grants & Projects

 
Effect of Psychotherapy on Immune Function and Quality of Life in Patients with advanced Colonic cancer (A Psychoneuro immunological Study)
A study on cancer prone related to personality
A Study of QOL assessment scale -by the Japanese version of SF-36
cancer nursing, simulation based education for nursing, psycho-oncology