基本情報

所属
跡見学園女子大学 非常勤講師
東京都市大学 非常勤講師
成蹊大学 アジア太平洋研究センター 客員研究員
学位
博士(法学)(2017年3月 慶應義塾大学)
修士(法学)(2011年3月 慶應義塾大学)

連絡先
ryuta0528akeio.jp
J-GLOBAL ID
201901016531164406
researchmap会員ID
B000363577

外部リンク

略歴

成蹊大学アジア太平洋研究センター客員研究員、課程博士(法学)。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同大学大学院法学研究科前期および後期博士課程修了。慶應義塾大学大学院法学研究科で研究員・助教(有期・研究奨励、同大学法学部(非常勤講師)、東洋英和女学院大学(非常勤講師)、日本国際問題研究所研究員、広島大学人間社会科学研究科および法学部を経て今に至る。跡見女子学園大学、東京都市大学等で非常勤講師も務める。これまで戦略研究学会編集委員、同学会書評小委員会副委員長、同学会大会委員、国際安全保障学会総務委員、コンシリエンス学会学会長・編集委員長、 Co-Chairs of RC12 in the IPSA Research Committees, Interim Co-Chairs of RC12 in the IPSA Research Committees, Session chairs of 2023 IPSA World Congress of Political Science (RC12), Committee of Best International Security Article (American Political Science Association)、Convenor of the 2023 IPSA World Congress, Convenor of the 2021 IPSA World Congress 等に従事。 

研究分野

政治学、国際関係論、研究対象とする主な地域・国(アジア、インド太平洋、ロシア、中国、日本等)、国際関係理論、安全保障論、比較政治学、外交史、認知・新領域、政治心理学、政治思想。これらを研究する方法・アプローチとして思想・哲学(科学哲学、道徳哲学等)、自然科学(進化論、心理学、脳科学、生物学等)も研究し、学際的研究に従事。

Main Publlications

Papers

Ryuta Ito and Tony Wohlers, “Biopolitics and Evolutionary Political Science: Tracing Evolution, Current Trends, and Envisioning Future Directions,” in Carmelo Cattafi ed., Perspectives on Reglobalizations – Insights from Political Science, IPSA (International Political Science Association) contribution (New York: Springer, 2024), forthcoming.

Ryuta Ito, “A neoclassical realist model of overconfidence and the Japan–Soviet Neutrality Pact in 1941,” International Relations, OnlineFirst (first published online December 6, 2023), pp. 1-24.

Ryuta Ito, ”Hubris balancing: classical realism, self-deception and Putin's War against Ukraine,” International Affairs 99:5, 2023, pp. 1959–1975.

Ryuta Ito, “Hybrid balancing as classical realist statecraft: China's balancing behaviour in the Indo-Pacific,” International Affairs 98:6, 2022, pp. 1959–1975. (Shortlist of International Affairs Early Career Prize 2023)

Ryuta Ito, “International Norms, Moral Psychology, and Neuroscience (Elements in International Relations),” International Relations of the Asia-Pacific 22:2, 2022, pp. 343-346. 

Ryuta Ito, “Reluctant Warriors: Germany, Japan, and Their U.S. Alliance Dilemma,” Japanese Journal of Political Science 21:4, 2020, pp. 206-209. 

Books

(共編著・論文集)永田伸吾・伊藤隆太編『インド太平洋をめぐる国際関係――理論研究から地域・事例研究まで   

 (戦略研究学会編集図書)』(芙蓉書房出版、2024年1月)。

(編著・論文集)伊藤隆太編『国際政治と進化政治学――太平洋戦争から中台紛争まで』(芙蓉書房出版、2023      

  年)。

(単著・研究書)伊藤隆太『進化政治学と平和――科学と理性に基づいた繁栄』(芙蓉書房出版、2022年)。

(単著・研究書)伊藤隆太『進化政治学と戦争――自然科学と社会科学の統合に向けて』(芙蓉書房出版、2021

  年)。

(単著・研究書)伊藤隆太『進化政治学と国際政治理論――人間の心と戦争をめぐる新たな分析アプローチ(戦略

  研究学会編集図書)』(芙蓉書房出版、2020年)。


論文

  33

MISC

  15

書籍等出版物

  6

講演・口頭発表等

  22

担当経験のある科目(授業)

  23

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

学術貢献活動

  3

メディア報道

  7