共同研究・競争的資金等の研究課題

2010年 - 2011年

限界集落における独居高齢者の生と暮らしの持続可能性の探索

日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
  • 村上 佳栄子
  • ,
  • 星野 明子
  • ,
  • 大西 早百合

課題番号
22890161
配分額
(総額)
1,105,000円
(直接経費)
850,000円
(間接経費)
255,000円

本研究は、限界集落で暮らす独居高齢者を対象に健康の側面、住民のニーズを明確にしょうとするものである。独居高齢者が限界集落で生活し続ける意味と、その暮らしを支える要因を検討していくことを目的としている。A市の限界集落に在住するB集落の独居高齢者5名(うち1名息子と同居)の女性(平均年齢83.4歳)を対象に、半構成的インタビュー調査を実施した。分析の結果、対象者の限界集落における生活は、【地域で培ってきた人間関係】、【自然と共存する郷土への愛着】、【生活を支える精神的な強さ】、【健康への自負心】の4つのカテゴリーで構成されていたことが明らかになった。今後、さらに詳細な分析を重ねて、限界集落に住む独居高齢者の健康な暮らしを支える要因を検討し、専門職者による支援の視点について、示唆が得られると考える。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-22890161/22890161seika.pdf